車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月22日 イイね!
FIAT600 ガソリンタンク・緑・赤研磨~クリアー塗装ロッソも研磨出来るまでに硬化してましたので
グリーンと一緒に耐水研磨から。






研磨したので全部艶消し状態になりました。


グリーンも艶消し状態。塗膜の凸凹が完全には取り切れませんでした・・・。


研磨終わりましたので側面のロッソ部分からクリアーウレタン吹付開始します。なるべく艶が出る様にガンを放して思い切ってトリガーを引きます。一度で概ね艶が出ました。


横倒しにして上になるグリーンの部分と側面をぐるりと一周吹付ます。
カップには塗料を大目に作ったのですがすぐに無くなり慌てて追加して継続。


グリーンの部分も一回で艶を出そうと欲張ったら、タレが出来てしまいました。失敗・・・
後日研磨してコンパウンド仕上げです。


正面部分はじっくりと吹付けました。
グリーンの部分の凹みは元々ですよ~。黒塗装では判から無かったのですが明るい色になるとはっきり判ります。何せ薄い鉄板ですから整備中にでも凹ましたのでしょう。惜しい部分です。


クリアーが乾燥するまで天日干しにして置き、その間バンドにクッション材を貼り付けました。
エプトシーラーを使用しました。


完全硬化までは時間が掛かりますが、触っても大丈夫な状態まで乾燥したので・・・

よからぬ考えが頭をよぎり、よせばいいのに仮置きをしてしまいました~!

スペアタイヤを降ろして入れるスペースを広くして、当て布を敷いて置いてます。


入れる時は大丈夫でしたが、外す時に配管バンドを引っ掛けて擦り傷を付けてしまいました~。
やはり焦ってはダメですね。研磨とコンパウンド掛けをしますが余計な仕事を増やしました。

タンクの作業でしばらく乗ってないのでバッテリー充電をしながらの作業です。
ボンネットの中が散らかっていて見栄え良くないです。

仮置きでしたが雰囲気は十分。来週はタンクの仕上げとクッション材をどの様に付けるか考察です。



Posted at 2017/03/22 18:59:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月21日 イイね!
FIAT600 ガソリンタンク・ロッソ塗装今日は雨の予報でしたので早めに準備をして
降り出す前にタンクのロッソ色の吹付作業を
しました。
(レッドでは無くロッソと書きます)

まずはマスキングからですが、リブ凸ラインの
下で塗り分けします。リブ部分にテープを貼り
真直ぐなラインを出すのに苦労しました。

ラインを決めたら広告紙で覆います。


マスキングが出来ました。


ロッソ主剤と硬化剤を撹拌して1回目吹きです。出っ張りが有った所はサーフェーサーが出てしまい少し黒くなっている所が有ります。


全体に色を載せた状態です。


そして2回目吹付後


まだ薄い所が有ります。


鉄板の小口部分はなかなか色が付き難く、数回スプレーガンを往復させてます。


色が濃くなって来ました。


正面側からです。今にも降り出しそうです。


そして3回目吹付後です。吹付中に雨が降り出してしまいました。


最近は空気が乾燥してたので、この程度の雨ならかぶりは出ませんでした。


正面側


ロッソの発色が綺麗になりました。


少し時間を置いて表面が硬化し出した所でマスキング剥しをします。


上面を見た所、レベルゲージの奥やパイプ廻りに塗料が回り難く念入りに吹付ました。


車に装着する向きから、ホワイトの幅が少し広かったかな~。
リブの左側までロッソにしても良かったかな〜・ ・。


前側から、やはりホワイトが広いかな~ ロッソとグリーンが強いのでホワイトを等幅にすると
バランスが崩れる様な…。


背中側、明るい方向に向けて撮影すると結構いい色合いかなと・・・。


こんな感じに出来ました。いかがでしょう? こうして見るとバランスもまずまずかと・・・。
クリアー塗装をしてないのでホワイトは艶消し状態でグリーンはまだ研磨してません。

明日は晴れの予報ですからグリーンとロッソを軽く研磨して、クリアーウレタン吹付仕上げまで出来ればと思います。
車に載せるのが楽しみになって来ました!
Posted at 2017/03/21 13:55:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月15日 イイね!
FIAT600 ガソリンタンク白塗装3回目研磨~バンド塗装~2色目塗装先週の3回目タンク塗装硬化後の研磨作業。

今朝は雪が降っていたので屋内での作業。
濡らしながら研磨するので浴室でしました。

キャップもしっかり色が付きました。




浴室内での写真は公開するには不向きなので別な部屋で拭き取った後の写真を・・・。


吹付けのダマや荒れがそこそこ・・・均すのに結構手間が掛かりました。
研磨したのでもちろん艶は無くなってます。屋内フラッシュ無での写真なので暗めになってます。


午前中の雪がやんだので吹付作業を始めました。最初はJAGUARのウッドパネルのウレタンクリアーを吹付て、次にタンクのバンド裏側を白塗装吹付しました。背景に雪の塊が写ってます・・・。


バンドの裏側は作業台上である程度吹付て最後はSカンで吊って表裏を吹付ました。


次の作業はタンクのマスキングです。マスキングテープを使ってラインが真直ぐになる様にぐるりと貼付けてから広告紙で覆いました。


さあ、そして2色目の吹付です。 そう「ウレタングリーン」です!


1回吹きではまだまだ色が薄いです。


そして塗料を足して2回目の吹付です。徐々に色がしっかり付いて来ました。


後ろ側から


さらに塗料を足して3回目の吹付です。もう下地は見えなくなりグリーンが濃くなりました。


吹付作業はここまでです。これ以上重ねると乾燥し難くなりますので・・・。


白以外の色が入るとぐっと鮮やかになります~。
少し硬化するのを待ってからマスキングを剥しました。
完全に硬化してからでは境がひび割れますので・・・。

じゃ~ん!いかがでしょうか? ベース色のままですが丁度良い色合いかなと思います。


屋外は暗くなり出したのでガレージの中で車のトランク上にそっと置いて撮影して見ました。


ほぼ真直ぐなラインが出来たと思います。来週はこれを軽く研磨して薄くなる所が無ければ次の色付に進みたいと思います!
一番最後に下地を整えてウレタンクリアーを吹いて艶出しをする予定です。

あれっ!色分けは左がグリーンで間違い無かったですよね・・・?
Posted at 2017/03/15 18:09:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月08日 イイね!
FIAT600 ガソリンタンク白塗装2回目研磨~3回目吹付昨日の吹付したホワイトウレタンはしっかり硬化してました。
研磨作業から始めました。

研磨作業をしている間は西寄りの強風で水を使用しての
耐水研磨は手が冷たくなりました~。

それでも午後からは風が収まるかも知れないので寒い中
やっとこ研磨を終えました。



研磨完了状態です。所々溶接のバリが有ったり、吹付のダマが有ったり時間が掛かりました。


2回吹付て(実質5層塗り)有るので下地が出てくるまでにはなりませんでした。


そして3回目の吹付をする前にもう一つの部品の剥離を・・・


そう、タンクのバンドです。所々錆びておりワイヤーブラシでは落とせず布ヤスリの出番です。
この作業をしている間は日差しが有り風も穏やかでした。


表に見えていた面の錆が大きくなかなか落ちません。そしてバンドの塗料はタンクとは全然違ってしっかり食付いてました。同じ所で作った部品ではないのでしょうか???


バンド下部側です。下側の方が錆が少な目。


タンク側はフェルトが付いていたので錆も少な目でした。


バンドも下地処理したので3回目の吹付に入ります。


バンドも一緒に吹付けます。


タンク右側面は昨日で完了しているので横倒しで作業します。


ほとんど見えなくなる背中側から底面・・・手を抜かないで同じ様に吹付ます。
表ばかり綺麗でも底から錆が出て来ては何の意味も無いですので・・・。


注入口側とキャップ廻り。キャップもしっかり色が載りました。


フロントになる面です。写真の上下寄りは後日別な色を吹付けるので大まかに色付です。


バンドは幅が狭いので付着が良くないと思いましたが案外と色が載りました~。

バンドの裏側は来週の休みに吹付します。
タンクのホワイトはこれで良しとして研磨してから他色の吹付け作業へと続きます。
しかし、毎週毎週休みにこんな事ばかりしていてと周りからは・・・誰からも苦言は有りません(^^。
気ままに好きな事をしております。早く暖かくならないかな~。
Posted at 2017/03/08 19:05:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月07日 イイね!
FIAT600 ガソリンタンク塗装研磨と2回目白塗装一昨日のホワイト吹付が硬化したので研磨して
2回目のウレタン塗装吹付作業です。

今日は風が強くて吹付出来るか心配でしたが
下地を整えないと出来ないのでまずは研磨から

最初の写真は本日の完了状態です。



研磨前の状態





耐水#600で研磨終えたところです。ホワイト塗装は全然判らない?ですよね。


みんからサイトの上限画素数では判らないと思いますが、ともかく研磨したのです・・・。


昼食後は風が収まって来たので吹付作業開始。
写真は撮り損ねましたが右側になる面を先に吹付ました。
前回吹付けて無かった底の面も出来る様にタンクを横倒しにして吹付たところ。


キャップが有る上面の状態


2回目でもなかなか下地が隠ぺい出来ません。吹付はシンナーで薄めるのでなおさらです。


底の面です。


キャップ廻りのアップ、注入口の立ち上がり部分のところがなかなか吹きにくいところです。
キャップを外して作業すれば良いのですが、キャップも一緒に着色したいので横着してます。


今日は2回吹付けて終わろうと思いましたが、もう少し厚く付けたいと思い3回目に挑戦。


注入口付近を重点的に吹付てます。タンクの両側は別な色を吹付けるのでおおまかに色が付けば良しとしてます。


底の面もそこそこに


3回吹付けてようやくホワイトがはっきりしました。やはり3回目まで吹付けて良かったです(^^。
しかしホワイト1色というのは画面でも映えないものですね。投稿前の確認画面見てもつまらなく感じてしまいます。

明日はしっかり硬化してたら研磨してさらにホワイトを重ねたいと思いますが、午前中は雪の予報が!・・・果たして作業可能か・・・
Posted at 2017/03/07 16:56:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
2012年にJAGUAR 3.8Sを購入、懲りずに2014年にFIAT600を購入。 旧車歴は浅いですが、休日は出来るだけ自分で整備する事が楽しみです。 最...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ブログカテゴリー
お友達
整備とレストア記録としてアップしてます。
たまにイベント参加のブログなども…。
同系列の車種の方は情報交換出来るかも…。
5 人のお友達がいます
KL5150KL5150 たすき1958たすき1958
osaka600multiplaosaka600multipla セイロクセイロク
カメロンパンカメロンパン
ファン
8 人のファンがいます
愛車一覧
ジャガー Sタイプ 3.8S(S-TYPE) 1964年式 (ジャガー Sタイプ)
20年以上前に旅行先でMKⅡを初めて見て以来いつか所有したいと思ってました。 値段・色・ ...
フィアット 600 FIAT600 2a Serie (フィアット 600)
1959年式の600です。 2a serie (最初期型のマイナーチェンジ型) スーサ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.