車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月18日 イイね!
星座に品のない
 海も空も不安定だった。西からはあいかわらず重たげな層雲が移動してきて、長い大きな白波がそっちからうねりながらやってきた。おそらくクトル・マーゴスの東の沿岸沖のどこかで発生し

た波だろう。島国の王としてガリオンはその現象が異常なものではないと知っていたが、それにしても、海面をなでる風が西へ吹いているのに、雲の動きでもわかるように、その風が上空では東

へ吹いているのに気づいたときには、迷信じみた不安を感じないわけにいかなかった。前にもたびたびこういう現象は見たことがあるが、今回は天候が自然の原因に反応しているのか、他のなに

かに反応しているのかよくわからなかった。ガリオンはぼんやり考えた。もし船が見つからなかったら、例のふたつの永遠の意識はどんな手を打っただろう。そんなことを考えたせいか、つかの

ま、海がふたつに分かれて海底を横切る広い道が見えたような気がした。おどろいている魚たちの散らばる道だ。自分自身に託された宿命の重みがだんだん軽くなってくるのを感じた。クトル・

ミシュラクへの長くつらい道をたどっていたときのように、ふたつの予言が対決へ向けて、コリムへ自分を導いているのだという確信がしだいに強まってきた。ガリオン自身が選んだことではな

いとはいえ、その対決はすべてがはじまったとき以来、宇宙全体が渇望してきた最終の〈出来事〉なのだ。不平がましい「なんでぼくが?」という疑問が、口もとにのぼった。
 すると、いつのまにかセ・ネドラがそばにいた。彼女はガリオンの腕の下にもぐりこんできた。自分たちがじつは愛しあっていることにようやく気づいたあの最初の陶酔の日々によくやってい

たように。「なにを考えているの、ガリオン?」彼女はそっとたずねた。宮殿で着ていた古めかしい緑色のサテンのドレスを脱ぎ、セ・ネドラは実用的なグレイの服に着替えていた。
「べつに。心配ごとが迫ってきてるせいだろう」
「心配するようなどんなことがあって? わたしたちは勝つんでしょう?」
「それはまだ決まってないよ」
「もちろんあなたが勝つのよ。いつだってそうだわ」
「こんどのはちょっとちがうんだ、セ・ネドラ」ガリオンはためいきをついた。「だが、ぼくが心配しているのは対決のことだけじゃない。後継者を選ばなけりゃならないんだ。そしてぼくの選

んだ人間が新たな〈光の子〉になる――そして神にね。まちがった人間を選んだりしたら、とんでもない神を創ってしまうことになるんだ。シルクが神だなんて想像できるか? かれなら他の神

々のポケットからものをくすねたり、落書きをしたりするよ」
「たしかにシルクは神にふさわしい性格じゃなさそうね」セ・ネドラはうなずいた。「わたしはシルクが大好きだけど、ウルは強く反対なさると思うわ。他にはどんな悩みがあるの?」
「知ってるだろう。ぼくたちのひとりが明日には命を落とすんだ」
「そのことなら心配いらないわ、ガリオン」彼女はいたずらっぽく言った。「それはわたしなの。はじめからわかってたわ」
「ばかを言うんじゃない。そんなことはさせないさ」
「まあ? どうやって?」
「どんなやりかただろうと、きみを傷つけるなら〈選択〉はしないと言ってやるんだ」
「ガリオン!」セ・ネドラは息をのんだ。「だめよ! そんなことをしたら、宇宙を破壊することになるのよ!」
「だからなんだっていうんだ? きみのいない宇宙なんてぼくにはなんの意味もないよ、わかってるだろう」
「うれしいわ、でもだめ。どうせあなたはそんなことはしないわ。異常に責任感が強いんですもの」
「どうしてきみは自分がそのひとりだと思うんだ?」
Posted at 2017/04/18 11:12:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月05日 イイね!
思いあたりませ1た。ないている子は、あごのとがった青白い顔をして、かみの毛は、細くてネズミ色。もうひと優纖美容りの子は明るいオレンジ色のちぢれ毛を、ふたつにわけて、むすんでいます。どういうわけか、ミルドレッドは、ないている子が、だれかにとてもにていると思いましたが、だれだか、ん。
「あの子たち、なぐさめにいってあげない?」と、ミルドレッド。「心細いのよ。わたしたちだって、こわくってしょうがなかったじゃない?」
 モードとミルドレッドは、ずいぶんおとなになって、かしこくなったような気がしながら、かわいそうなふたりの女の子のそばに、何気なく近づいていきました。
「こんにちは」と、ミルドレッド。「あなたたち、一年生ね」
「そうです」ふたりは、声をそろえてこたえました。
 ミルドレッドは、すすりあげている子の肩を、ぎこちなくたたきながら、
「なかないで。そうひどいとこでもないわよ」
 ところが、このミルドレッドのしんせつは、ことをよくするかわりに、いっそう悪くしました。すすなりきをしていた一年生は、わっと大声をあげてなきだし、ミルドレッドにすがりついてきたのです。
 ミルドレッドは、あわててしま搬屋いました。校庭にいた生徒全員が、こちらを見つめていますし、いつなんどき、ハードブルーム先生(一年生のときのおっかない担任の先生)が、あらわれて、かわいそうな新入生をなかしたかどで、ミルドレッドをしからないともかぎりません。
 モードが、いくらからんぼうに、一年生を引きはなして、肩をゆすぶりました。「今すぐ、ばかみたいに大声をはりあげるのをやめなさい!」モードはふきげんに、「あんたは、ミルドレッドを、イザコザにまきこもうとしているのよ。始業のベルが、なってもいないうちからね」
 ミルドレッドは、しわくちゃにされたマントをなでつけながら、ききました。「名前はなんていうの?」
「シビル」しゃくりあげながら、その子がこたえました。
「わたしは、クラリスです」もうひとりの子は、自分からすすんでいいました。
「ここの先生方は、おっかない?」シビルが、ブカブカのマントで、なみだをふきながら、ききました。
「そうでもないわよ」と、モード。
「でも、ハードブルーム先生は、こわいわよ」と、ミルドレッド。「ほんというと、うんとこわいわ。たぶん、あんたたちの担任になるわよ。わたしたちはよかったわ、ギムレット先生だから。あの先生は、やさしいのよ。でも、ハードブルーム先生は、ものすごいわよ。とつぜん、どこからともなくあらわれたり——」ここまでいうと、ミルドレッドは、話をやめて、あたりを見まわしました。ひょっとして、本当に、そのとおりになるかもしれませんから。でも、先生は、あらわれませんでした。
「それから、クラスのみんなの前で、ひどいことばでしかったりするのよ。自分がばかになったような気がするわよ」と、モードがあとをひきとって、続けました。楊婉儀幼稚園
「そのとおりよ」と、ミルドレッド。「それに、わたし聞いたわよ、ある生徒を、カエルにしちゃったことがあるんですって。授業に、たった二秒遅刻したっていうだけでね。ほんとかどうか知らないけど、裏庭の池には、たしかにカエルがいるのを、
Posted at 2017/04/05 11:33:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月24日 イイね!
巨大な大きさ潜み棲む恐怖の正体をNeo skin lab 美容
あばくため、テンペスト山の頂《いただき》にある無人の館へ出かけていった夜、あたりには雷鳴がとどろいていた。文学と実生活にあらわれる未知の恐怖に関して、わたしをひたすら一連の探求に駆りたてていた、怪奇なものと恐ろしいものとに対する愛情、あのときはその愛情にも無鉄砲さは結びついていなかったから、わたしはひとりきりではなかった。しかるべきときが来てわたしが呼んだ、信頼のおける屈強な男がふたり、わたしとともにいた。このふたりは驚くほどこういう仕事にうってつけの気質の持主だったので、わたしの怖気《おぞけ》立つような調査に、長いあいだたずさわってくれていた。
 わたしたちは、悪夢にも似た死をもたらした一ト月まえの冥《くら》い恐怖のあとも、立ち去りがたく村に残っている記者連中の目を避けて、こっそりと村を抜けだした。あとになって、力をかしてもらえたかもしれないと思ったりしたが、当時の心境としては、記者連中にはどうしても随行してもらいたくなかった。しかしあのときともに調査をしていさえすれば、あんなにも長いあいだ、ひとりで秘密を背おいこんでいなければならないことはなかったかもしれない。自分が気違いだと呼ばれたり、魔的な意味を知った世人が発狂したりすることをおそれて、自分ひとりの胸に忌《いま》わしい事実を秘めておく必要はなかったかもしれない。ともかく、くよくよ考えこんだあげく気がふれてしまわないように、事実を書き記しておこう。どうせこうなるなら、隠しだてなどしなければよかった。なぜならわたしが、それもわたしだけが、妖しい無人の山に潜み棲む恐怖の正体を知っているのだから。
 わたしたちは樹木の生い茂る登り道に達するまで、原生林や丘を小型乗用車で走りとおした。あたり一帯には、夜に麓《ふもと》から見る情景につねづね感じる以上の不気味さがあったから、調査に首をつっこむ野次馬連中がいないのを幸いに、麓の注意を惹くおそれはあったが、ときおりはアセチレンのヘッドライトをつけたい気分にもなった。暗くなってからのこの一帯ときたら、薄気味悪い場所を絵に描いたようなところで、そこに跳梁《ちょうりょう》する恐怖のことを知らなかったとしても、あたりに漂う病的な気配は十分に察知できただろう。野生の動物は一匹たりともいなかったが、あるいは彼らは、死が窺《うかが》い寄ったときには逃げだすという、賢明な術を身につけているのかもしれない。落雷をうけて裂けた古木は、不自然なほど大きくねじれあがっているように見えたし、植物は狂おしく密生し、雑草がはびこり、閃電岩《せんでんが日本旅行團ん》の認められる草深い地面に点在する奇妙な塚と土饅頭《どまんじゅう》は、にふくれあがった蛇、あるいは死人の頭蓋を思いおこさせた。
 潜み棲む恐怖は一世紀以上もの長期にわたってテンペスト山に巣喰っていた。この地にはじめて世間の関心を惹き寄せた、例の災害を報じたてた新聞に目をとおして、わたしはそのことを知った。問題の場所というのは、キャッツキル地方のものわびしい高地で、一時期オランダからの移民が定住の努力をはかなくしたものの、荒廃した館を二、三残しただけでひきあげ、所有権獲得のために入りこんだわずかばかりの堕落した者たちが、孤絶した斜面にあわれをもよおす小屋を建てていくつもの部落を作っている。一般の者は、州警察が設置されるまでほとんどculturelle 香港この地に足を踏みいれることはなかったし、今日ですら、州の騎馬警官がごく稀《まれ》に巡視する以外、あえて訪れる者もいない。しかし恐怖は近隣の村落間に古い伝承として存在しつづけている。それというのも、自分たちでは、手にいれたり、栽培したり、作ったりすることのできない素朴な生活物資と交換するため、ときおり手製のかごをもって谷間を離れる貧しい混血の部落民にとって、その伝承が単純な会話におけるとびきりの話題であるからだ。
Posted at 2017/03/24 11:22:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月14日 イイね!


泛民主派陣營改變策略,自己不推舉代表參選特首,而是利用逾三百張選委票待價而沽,利誘建制派的參Neo skin lab 呃人選人,要求其政綱或政治論述向泛民傾斜,以換取足夠提名票入閘,成為所謂「造王者」,打亂北京的部署。

有趣的是,泛民支持的曾俊華及胡國興均為建制中人,尤其是曾俊華,實在非常建制,這可從他最先提出的政綱中涉及政改及《基本法》二十三條立法的主張作為明證。曾俊華明言要以人大八三一框架為基礎展開公眾諮詢,此說法自然招惹泛民不滿,實在不難理解。尤有甚者,曾俊華直言基於政府的憲制責任,下屆政府必須為二十三條展開立法程序,並應該在五年內完成整個過程,也是意料中事。

泛民於是警告曾俊華,如不改弦更張,大幅修改相關的政綱或至少口頭保證,就不會按原來的構思行事,休想獲得泛民各主流黨派及專業界別選委支持,入閘肯定無望。

果不然,曾俊華迅速向泛民的雀巢奶粉要求靠攏,對政改及二十三條實行變調,令泛民選委感到相當悅耳。一個願買,一方願賣,最終各取所需,曾俊華入了閘,泛民則以「造王者」姿態向前邁進一大步。另邊廂,胡國興斯人獨憔悴,皆因雖然成功入閘,但泛民主流派近日揚言,將集中票源於民望最高的候選人,明眼人也看得出那人將是曾俊華;主流派更有不少選委認為胡國興堅持參選,既無望勝選,反而產生對曾俊華的鎅票效應,劉芷欣醫生有利另一候選人林鄭月娥。
學術統籌 宋立功

原文地址:http://orientaldaily.on.cc/cnt/news/20170314/00184_004.html



Posted at 2017/03/14 11:26:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月03日 イイね!
全國政協委員:中國需擴建更多發射塔架 仍和航天強國有差距 全國政協委員卓悅化妝水、中國航太科技集團公司科技委主任包為民3月2日接受新華社記者採訪時說,隨著我國宇航發射任務快速增加,發射基礎設施也亟須提升,建議擴建更多發射塔架,滿足我國不斷增長的宇航發射需求。
  據介紹,我國長征係列運載火箭今年將實施嫦娥五號、天舟一號等28次宇航發射任務,全年宇航發射次數再創歷史新高。
  “其實按原本計畫甩頭髮,有30多次發射任務,但受發射工位數量等因素限製,無法滿足這麼多發射任務。”包為民說,目前,中國在海南文昌、甘肅酒泉、四川西昌和山西太原的四個航太發射場擁有宇航發射塔架,但數量和世界上的航太強國相比還有較大差距。
  包為民說,中國國內的發射任務不斷增長,同時還要拓展國際市場,這要求我們必須突破宇航發射基礎設施建設的瓶頸。
  包為民建議,未來這些發射場可以結合重大航太任務,擴建一些發射塔架,例如海南文昌發射場可以建設更多的發射塔架Neo skin lab 退款,以其低緯度優勢,幫火箭節省推力攜帶更多的載荷。
原文地址:http://www.imastv.com/news/china/2017-3-2/news_content_142230.shtml
Posted at 2017/03/03 11:26:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「星座に品のない http://cvw.jp/b/2680801/39630603/
何シテル?   04/18 11:12
距離までアダ
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
愛車一覧
日産 NISSAN GT-R 日産 NISSAN GT-R
距離までアダ
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.