• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぽおる・ぶらっくのブログ一覧

2017年06月26日 イイね!

昨日は、、、

県議会議員補欠選挙&県知事選挙の投票に行った以外は外出しない一日で
車に乗る事はおろか触る事もしない日でありました。

そういう日だったので以前ある方に頼まれていた調べものをしていた他は、
読書するか、寝てるか、食べてるか、という感じでありました(苦笑)。

日曜に雨で車に乗らないのって結構久しぶりだったような…。

そんな中、220君絡みで悩ましい話も舞い込んだりして、
どうしましょうかねぇ、、、と悩み中です。

事故ってさえいなければ、好いお話ではあるので、
そんなに悩む事も無かったんだけどなぁ。
Posted at 2017/06/26 06:12:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月19日 イイね!

同い年

海外で220君と同い年の220SEbクーペの売り物を見付けました~。

距離は137000キロ走っていますけれども、
大切に乗られて来た事が伝わってくるような1台で御座います。





スリーポインテッドスター入りの泥除けがイイ感じ(笑)。



これまた運転席側の半分ゴム素材、半分ベロアのカーペットがオリジナルで残っています。



シフトレバーは残念ながら、ブッシュが崩壊しちゃってるのかもなぁ…。

赤内装は結構弱そうな気がするんですけど、
ヤレはそれなりにあるものの、かなり綺麗に保たれていると思います。





この2枚の画像を見て、おや?と思うようになったら、私と同じ病気です(笑)。

最初に220君と同い年だと書きましたけれども、あくまで生産年が同じという意味でして、
シートの縫製パターンからすると同じ1962年式でもこちらは前半のモデルなんですよね。

シートセンターのバスケット織り型押しの山が5山のタイプのこのシートは
実は憧れだったりするんですよね~。

まぁ、220君のバケットシートの方が希少ですし、気に入ってるからイイんですけどね(笑)。

ドアの内張りもこの手のオリジナル赤内装でこれだけ綺麗なのは
初めて見たかも知れません。



普通、雨染みがあったり、どこかが黒く薄汚れていたりするものなんですけど、
これは本当に綺麗だと思います。

ひょっとしたらここだけ張替え?なんて思ったりもしたけど、多分違うと思うんだよなぁ。

エンジンルームもまずまず綺麗。



パワステ無しなのは個人的にマイナス点かなぁ(笑)。

一寸残念なのは220SEbにはプラグコードを束ねる筒がある筈なんですけどそれが無くて、
コードがスッキリまとまっていない所ですね。

纏まりなく見えるのはデスビキャップ側のソケット形状も悪いんだろうなぁ・・・。

気になるのはブレーキブースターのシリンダーの上、コイルの下に見える物体。
これ、一体なんだろう???と思っております。

この個体、スウェーデンにある物件なんですけど、今のレートで大体400万円ほど。

カブリオレなんかは高くなっちゃってますけど、クーペはまだまだ安くていい個体が
ヨーロッパにはあるみたいですね~。
Posted at 2017/06/19 21:28:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月18日 イイね!

おさんぽ&給油&打ち合わせ

今日はコペンさんでお散歩に行って参りました~。

一寸雲の多い天気でしたが、何故か富士山は山頂からふもとまで綺麗に見えていました。



本当は蓬莱橋から富士宮入りする積りでしたが、そこまで行って気が変わり、
国道469号に向かいました。



先週あんなことがあったのにおバカな私は、
懲りずに狭い469号くねくねルートを走って来ました(笑)。

まぁ、220君でも普通に走ってた道で、それより車幅が37㎝も狭いわけですから、
全然余裕なわけであります。

と言っても一度だけバックする必要がありましたけどね(笑)。

今日は走りに徹したのであまり写真は撮って居りませんで(笑)、
国道139号線に出て、いつものポイントで富士山を撮影。



こうして写真で見ると普通なんですけど、
今日はいつもより空気が澄んでいたのか、
頂きの部分が横に広く見えたんですよね。

そしてお約束のソフトをば。



途中の気温計は17度だったのですが、朝霧は結構寒くて
Tシャツ姿だったのは私を含めて3~4人で、
Tシャツ姿でソフトを食べていたのは2人だけでした(笑)。

裏道で富士山をもう一度撮影。



オープンでは寒くて暫くヒーターを入れちゃいました。

そして車を乗り換えて、、、



プチドライブ。

あれ?なんで220君に乗ってんの?って感じですが、
先週、塗装屋さんに預けては来たものの、
これからの時期、暫く動かさない状況下でタンクの燃料が半分以下というのが嫌だったので
スタンドまで満タンにしに行ったのでありました。
※取るのが面倒だったのでダッシュボードカバーを付けっ放しで走行しております(笑)。

その後塗装屋さんと打ち合わせ。

前回のスカットル前全塗装の際にフロントフェンダーは剥離しているのですが
先日書いたリアフェンダーに加え、ドアもこの上に塗装を載せるのが厳しい状態なので、
全剥離するそうです。

その上で下地の状態がどうなっているかによってその先の事が決まってきます。

アジャスターさんも何度か見に来るだろうとの事でした。

で、以前修正をお願いしていたリアバンパーは今回の修繕中に間に合わせたい、、、
との事でしたが、かなり苦労されているようです。

リアバンパーの件もそうですが保険修理とは別口で追加作業もお願いするかもなので
やっぱり結構な長期戦になりそうです(汗)。

淋しいけど、まぁ、仕方ないですね~。
幸い、今はコペンさんがありますから、何とか寂しい日々をしのいでいこうと思います。

んで、お昼頃に塗装屋さんを後にして帰宅。
そして昼食後、部屋に入ったら睡魔に襲われてお昼寝。

気が付いたら夕方で御座いました。

コペンさんで帰ってくる途中、パラパラと少しだけ降られましたが、
その後にモロに降ったみたいですね。

夜、ちゃんと寝られるか少々不安は残りますが、久々のお昼寝は気持ち良くてスッキリしました。

220君が居ると何かと動いてしまうワタクシですので、
これから暫く、休日はゆっくりと体を休める事が出来るかもなぁ、、、と思っております(笑)。

それじゃ、面白くないけど(苦笑)。
Posted at 2017/06/18 19:32:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月17日 イイね!

プジョー タイプ5

最初期のプジョーの売り物を見付けてしまいました~。
年式は何と1894年式。

こんな車で御座いました。







この時期の車となると、ベンツにもダイムラーにもこんな車がありそうで、
これらの写真を見せられて、これがプジョーだとはとても判断が出来ませんよね(笑)。

少なくとも用意されている画像のどこにもPEUGEOTの文字を見付ける事が出来ませんでしたしね。

エンジンはV型2気筒565㏄。



挟み角は17度らしいです。

でね、このエンジンのクランクケース画像を見てみますと、、、



クランクプーリーならぬ、クランクスプロケットの左右斜め上に
それぞれプレートが付いていまして、
右側のそれには『PANHARD&LEVASSOR(パナール・ルヴァッソール)』とあり、
左側のそれには前半がクランク棒で隠れてしまっていますが『MLER』の文字が見えています。

この『MLER』はDAIMLERの後ろ四文字だと思われるのですが、
実はこのエンジンはパナール・ルヴァッソールがライセンス生産していたダイムラーエンジンで
ダイムラーの了承の下プジョーはその供給を受けていたんですよね。

因みにこれ、ダイムラーではシュタールラート・ヴァ―ゲンに載っていたエンジンでした。

こういう成り立ちがあるので、
私的にプジョーはMBの親戚のようなものだと思っております(笑)。

この車、お値段は応談で御座いました。

すぐお金の事が気になってしまうのが悪い癖ですが、
この手の車って一体どのくらいで取引されるものなんでしょうね?
Posted at 2017/06/17 20:56:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月11日 イイね!

長期入院かぁ~。

今日は朝から、こないだ東京へ行った時の220君の不調の調査をすべく、
いつものお散歩道をのんびり走って行って、



ソフトを食して、、、



来たわけなんですが、
同様の不調が起らないなぁ、、、と思いつつ、自宅に戻る途中に
すれ違いの厳しい狭い道で他車と接触事故を起こしてしまいました(涙)。

相手の方には大変なご迷惑をお掛けし、申し訳なかったです。

十分行けると思って徐行のまま止まらず行っちゃったんですが、
音がして、えっ、ウソ?って感じだったんですよね。

車両感覚が狂っちゃってるのかなぁ…。

すれ違いという事で速度もそれほど出ていない状況だった為、
幸い両者とも乗員に怪我はなかったようですが、
220君には結構重症を負わせてしまいました。

と言っても収めた画像を後から見ると結構判りにくいレベルなんですけどね。

具体的にはフロントバンパーからリアフェンダーのフレアまで摺ってしまっています。

画像で判るかなと思う部分だけアップしようと思います。







大きな凹みはないようなので、これが健常車だったら大した事がないんですけど、
ベースの状態が悪い車だから厄介なんですよね。

既にいつもお世話になっている塗装屋さんに持ち込んでおりまして、
先程二人で眺めて居ったのですが、
一番の問題はリアフェンダーで、そこは全剥離しないと治せないだろうとの事。

となるとクウォーターウインドウ下のパネルの
腐りにも手を付けなきゃならんことになりますからねぇ。

あと、以前中古で交換したフロントフェンダーもよくよく見るとフレアが押されて
ラインが狂っているのでこれも結構手がかかる作業となりそうです。

7月の後半にミーティングがあるんですけど、、、と言ったら、
塗装屋さんにそれは無理だなぁ、、、と言われました(苦笑)。

恐らくまた3カ月とか掛かるパターンだと思うので、
220君にはここしばらく夏休みをしていてもらうしかなさそうです。

そうは言ってもいつものように予定より遅くなるパターンが思い起こされるわけですが、
それでもまぁ、秋のミーティング前までにはなんとかなるのでは?と思っています。

幸い車両保険にも入っていますし、
それで状態が悪かった、右リアフェンダーが綺麗になると思えば、、、
と前向きに考えている所であります。

しっかし、去年大殺界が終わった筈なんですけど、まだまだダメみたいですね(とほほ)。
また暫く大人しく生活しようと思います(苦笑)。
Posted at 2017/06/11 15:01:21 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「あっ、昨日のうちに何シテルに『祝131周年!』と入れるのを忘れた(汗)!」
何シテル?   01/30 05:48
1962年式の220SEbクーペに乗っています。 物心ついた頃からMBファンである私が (何度も買い替え出来るご身分ではないので) 最初で最後のMBに...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ その他 メルセデス・ベンツ その他
1962年11月生産の220SEbクーペのウエスタン物です。 前のオーナーさんによると ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
レザーパックという奴らしいです(笑)。 プレオの不調を機に足車も楽しい車にと、購入しま ...
メルセデス・ベンツ その他 メルセデス・ベンツ その他
正式名は忘れてしまいましたがシティバイクです~。 暫く放置していたのでアルミフレームの ...
プジョー その他 プジョー その他
大学の時(92年)に買ったMTBです~。 ママチャリを買いに行った自転車屋さんで一目惚 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.