• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徒歩7分1000歩のブログ一覧

2017年10月15日 イイね!

ただいま、おかえり、行ってきます。

ただいま、おかえり、行ってきます。

「わ」ナンバー車生活が終了し、バレーノさんが帰ってきました。
スイフトさん、くたびれてはいたものの良い車でした。
免許取ってすぐの頃にこういう車に乗ると、きっと運転が好きになるでしょうね。

帰ってきたバレーノさんに給油し早速どこかへ行きたいなぁと思ったものの、時間的にあんまり遠出もできないので、友人と運動も兼ねて秋保大滝へ行くことにしました。
一般道を延々と進み、太白区茂庭を抜けると後はスイスイ。
少し足を延ばして二口キャンプ場の手前まで行きました。


スマホで撮るとのっぺりしてコロンとしか写りませんが、デジカメだとメリハリが出ますね。


紅葉はまだ先のようです。

ひっそりとした中で水の流れる音だけが聞こえてきて、心が休まります。


秋保大滝の所までは車が多いのですが、ここまで来ると静か。
やはりというか、『熊出没注意』があります。
どちらかというと野生生物たちの領域に踏み込んでいるわけですから、自分は大丈夫という慢心は捨てないといけないですね。

ちょっと黄色みがかってきているかな。

山育ちの人間ではありませんが、緑を見たくなる時があります。
冬になると見れなくなりますから、今のうちに見ておこう。


樹齢250年を超えるケヤキ。

あまりの立派さに、しばらく見入ってしまいました。

ぷっくりした後ろ姿。
木々が写り込んだバレーノさんが好きですねぇ。

緑を満喫できました。

秋保大滝の駐車場へ戻り、ここからは運動の時間。

結論から言うと、若い時には何とも思わなかったここの足場の悪さが、今となってはとにかく足腰にきました。
友人曰く、「お前とは20年前にもここに来たけど、お互い年を取ったな!」と。
まったくだね。





滝見台から撮影。
紅葉は紅葉で綺麗ですが、このぐらいの色合いも好きですね。

遊歩道をちょこちょこと歩いて、滝壺へと向かいます。


高所恐怖症の私には渡るのに勇気がいる高さ(笑)。
でも景色の良さを考えると悩ましい。


滝壺へ行く途中で渡る橋から撮影。
一応ここまで車で来て滝壺へ行くこともできます。

滝壺への階段。
体力的な問題もあり、すれ違うのも難しくなる所がありますので、譲り合いが大切です。
整備されてるように見えますが、段の高さはバラバラなので疲れます。


滝壺の所まで下りました。
苔の生えた石の上を歩くので、足元注意です。

この位置からだと、高低差がよく分かります。
こういう所ではマイナスイオンが大量に発生していて身体に良いようなことをかつて言ってたような気がするのですが、あれは何処へいったんでしょうね。

水飛沫が頬を湿らす。
これだけの量の水をずっと流し続けるのですから、山ってすごいなと思いました(小学生の作文みたいな感想しか出てこない)。

歩いてきた橋が随分と上に。

滝の水は名取川となって下流へ。



自然のフィルターでろ過された、透き通った水。
ここまで来て疲れが吹き飛びましたが、帰り道が上りなので再び疲労感に襲われます(笑)。


古い苔の上から新たな苔が。
自宅の駐車スペースにも植えたわけでもないのに苔が生えているのですが、意外とたくましい。


休憩できる茶屋があるのですが、疲れ過ぎたため足を止めずに友人と「もう帰ろう」と意見が一致。
お互い先が心配になるねぇ。
このまま大人しく帰りました。


給油してから秋保大滝を往復しての燃費。
少し渋滞にはまったのでこの数値になりましたが、モード燃費は1つの目安にはなるものの、しかしエコカー減税対象外のこの車。
何かなぁ…と思っちゃいますね。
明日か明後日に来るであろう、筋肉痛に怯えながら仕事に励みます!

Posted at 2017/10/16 02:25:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | バレーノ | 日記
2017年10月11日 イイね!

仙台うみの杜水族館 ~その2~

  仙台うみの杜水族館 ~その2~その1からの続きです。

展示スペースを見終わると、『うみの杜スタジアム』でイルカとアシカのショー。
着いた時、ちょうど始まるところでした。

ここもハロウィン仕様になってました。
来る時期によって内容が変わるようですので、年間パスポートを購入するのもありだなと思いました(当日の券を購入した日のうちであれば、切り替え可能です)。
パンプキンマンがショーの合間に悪戯をしながら、ショーは進みます。

イルカ。
思ってたより身体は大きいですが、動きは俊敏です。


信頼関係はばっちり!


アシカのペチペチした拍手は、いつ見ても分かっているのに笑ってしまいます。


抜群のバランス感覚。

練習の賜物なんでしょうけど、ここぞという時の勝負にとことん弱い私とは大違い。

ジャンプ!

人が同じことをやろうとしてもできませんから、すごい筋力なんでしょうね。

波乗りならぬイルカ乗り。

イルカたちにとって決して広くはないプールなのに、どこまで進んだら良いかとか考えて泳いでるんでしょうねぇ。
泳ぎ始めるのと同時に溺れる私とは大違い(笑)。

高跳び。

陸上で人がやっても、この高さは厳しい。

ショーの最中に餌を頻繁にあげていましたが、キロ単位の量を食べるんでしょうね。

本当に久しぶりに水族館のショーを見ましたが、何度見ても楽しめそう。
こうして人前で見せられるようになるまで相当の訓練をしたんだと思いますが、言葉の通じない相手とよくここまでコミュニケーションがとれるなぁと素直に思いました。

ショーが終わると近くでオタリアのパフォーマンスが。

このポーズの後、大ジャンプ!

最後はペンギンブース。
一番最初にお出迎えしてくれたのはこの子。

ずっとこのポーズのまま微動だにせず(笑)。
仙台だからジョジョを意識してるのか、はたまたVOGUEの表紙を狙ってるのか。


近くで見てると鳴き声が大きくてびっくり。
ちなみに帰るのに駐車場へ向かう時にも鳴き声が聞こえてきて、こういうところは鳥類だなと思ったのでした。

泳ぐと速い速い。


子供を見守る親なのか、それとも家政婦は見た、をやっているのか。

実はペンギンの視線の先には何もなく、何を考えているのかさっぱり分かりませんが、こういう構図を見ると笑ってしまいます。

穴の中には何が?


見ていて面白いのは、ペンギンたちのポジション。
何というか、良い場所にいるんですよね。


威厳のありそうな、凛々しいお顔立ち。


このポーズ、好きなんですかね?
同じポーズをしてる子たちが結構いました。


生きた化石といわれるカブトガニ。

昔ベネッセの進研ゼミでカブトガニの飼育キットが届いたことがあったなぁ。
確か名前にカニと付いているのにカニの仲間ではないとか、ゴキブリよりも歴史が長いとか。
子供の頃は何とも思いませんでしたが、今になってみると裏返すと見た目がアレな感じでしたね。


お土産売り場で買った塩ラーメン。

仙台うみの杜水族館の名前の入ったオリジナル商品。
最近ラーメンばかり食べてる気がしないでもないですが、どんな味がするのか楽しみ。
ちなみにお土産売り場の隣にはフードコートがあり、サバやシャケが出汁のラーメンが売ってました。

クラゲなぷるるんグミ。

水族館ならどこでも置いてありそうなサイダー味のグミ。
何気にコラーゲン配合。

今回仙台うみの杜水族館に行ってみて、内心では年間パスポートに切り替えたかったですね。
時間をかけて、じっくり見たいなぁと。
クラゲが売りの加茂水族館とはまた違った、海の生物たちを見ることができて楽しめました。
Posted at 2017/10/14 01:38:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年10月11日 イイね!

仙台うみの杜水族館 ~その1~

仙台うみの杜水族館 ~その1~仕事が休みだったので、『仙台うみの杜水族館』へ行きました。
お恥ずかしい話ですが、宮城県に住んでいながらここへ行くのは初めて。
いつでも行けるから…と言いつつ開館から2年が経過。
しかも今年は先に加茂水族館へ行きましたから、さすがに行かねばまずいだろうと家族と意見が一致し、行くことに相成りました。

ちなみに「わ」ナンバーのスイフトさん、なんだかんだ言いながらも借りてから1000km走ってました。
2度給油した感じでは…平均で燃費は20.1km/Lといったところ。
1リッターターボのバレーノとあまり変わらないものの、CVTがというか、副変速機の切り替えがどうにも気持ち悪い。
スプラッシュの時も感じてはいましたが、これほどではなかったはず。
4ATよりはCVT、と思っていましたが、2段増えて6ATにもなると考えが変わってこっちの方が…と思ったりして、我ながら風見鶏っぷりが酷いものです。

到着。

幼稚園の遠足(社会見学?)なのか、小さい子供達がたくさんいましたが、平日ということもあり人は少なめ。
入館券を購入し、中へ。
大人は入館料2,100円ですが、年間パスポートだと2回分の4,200円なので、何回も行くという方は年間パスポートの方がお得ですね。

最初はマボヤが歓迎。

水槽を見上げる感じ。


お約束の大群。

生き抜くための知恵ですが、見入ってしまいます。

タコ。

ここだけ照明が赤く、バーボンでも1杯ひっかけてそうな雰囲気。

カニ。

美味そうとか思ってると、この足で攻撃されそう。


妙にピントが合ってしまった魚。
顔をじっくり見ていると、誰かに似てるなぁとか思えてくる。


海藻がメインのように見えて、実は違います。

マンボウ!

恥ずかしがり?なのか、なかなか表に出てきませんでした。

アナゴ。

身を寄せ合って生きる。しかし狭くないかい?

カキ。

今が旬ですね。
日本とフランスの養殖方法の違いが展示されてて興味深い。

今月末のハロウィンに合わせてこんな飾りや展示も。



フサギンポさん。

何故か「さん」付けしたくなる落ち着きぶり。

黒い縦線が目にも入っていて、一体どうなってるの?と。

魚たちを見てると興味は尽きないですね。

カニ第二弾。

単独行動してるイメージですが、集団でも意外に平和そう。



でかい。

餌を投げ入れると動きに圧倒されます。

カエル。

子供の頃はよくカエルの卵を見かけましたが、今は見ることが無くなったなぁと思っていたら、種類や場所によっては絶滅危惧なんてことになっているようで。

少しだけですが田んぼ。

近所では稲刈りが終盤に差し掛かってますが、昔に比べて本当に少人数で作業してますね。
新米が楽しみだなぁ。

リス。

行ったり来たり、愛嬌を振りまく。


斑点がはっきり。
学生の頃、山へ自転車で行って渓流釣りをしたことがあったなぁ。
今じゃ到着前に力尽きてそう。


水族館は面積が限られているので、水の流し方1つにも気をつかって設計されているんだろうなと思います。

長くなってしまったので、その2へ続きます。
Posted at 2017/10/13 01:12:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年10月10日 イイね!

備忘録~誤配の巻~

備忘録~誤配の巻~今回はまぁ、そうあることではないと思うのですが…な話です。

amazonさんにオーディオ用の小物を注文していたのですが、仕事から帰宅すると家族から「荷物が届いてるよ」と。
あぁ、頼んでたものが届いたんだな程度に思っていると、「箱がちょっと重い」と付け加えられ、んん?っと。
私が頼んだものは500gにも満たない小さなもので、箱じゃなく紙封筒でも良さそうなもののはず。
それが重いとはどういうことか?

開けてみると…

なんじゃこりゃ?(※自分が頼んだものではないので、念のためぼかしを入れています)
ちなみに私が頼んだものは中央にある白いものと黒いものだけです。
本がたくさん入っているのだが…タイトルや帯の記載を見ると、全部ボーイズラブ(!)なものらしい。

ここで『家族が先に箱を開けてなくて良かった』と本当に思った。
もし開けていたら…帰宅早々、家族から詰問の時間が始まっていたことでしょう(笑)。
いや、違うんだということはすぐに証明できるのですが、モノがモノだけに堂々と説明するのも何かなぁ…って気もしますし、だからといってコソコソしてると怪しいし…こんな変な悩みはさておき、カスタマーサービスへメールで連絡することに。

8時間ほどして返信メールが届く。

これをプリントアウトして着払いで送れと。
返送期限が約1か月ありまして、そんなに長くて良いの?と余計なお世話ながら心配に。
上の宛先が書いてある方を箱に貼り、下の大きいバーコードの方を箱の中に入れます。

迷惑被った側が印刷しないといけないの?って気はするものの、このまま自宅に置いておくのは勘弁(自分に非があるわけではないのだから堂々としてれば良いのに、小物っぷりを遺憾無く発揮してしまう私)なので、メールにあったゆうパックの集荷依頼を利用して送る。

タイトル画像は集荷後の控え。
記入が必要といったこともなく、ただ箱を渡して控えを受け取るだけでした。

システム上しょうがないんでしょうけど、購入履歴を見ると今回購入したものに対して返品依頼をしたことになっててしっくりこないですね。
こういう当たりはできれば引きたくないですが、もう無いとも限らないので記録として残してみました。
Posted at 2017/10/11 02:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年10月08日 イイね!

道の駅 ~ばんだいと猪苗代~

道の駅 ~ばんだいと猪苗代~せっかくの連休なのでといつもよりはちょっと足を延ばして、福島・会津方面へ行きました。
と言いましても相変わらず「わ」ナンバーのスイフトですし、あんまり走行距離を伸ばすのも良くないかなぁ…と思ったものの、久々に晴れて内外装を見てみると思っていた以上に傷だらけ。
それなら良いかと開き直って、いつも通り寝坊しながらの出発。

東北自動車道を南下し福島県内へ入ると、大量の虫はねという嬉しくない歓迎を受ける。
交通量はやはり多めで、PAやSAでは渋滞ができていたので立ち寄らずに磐越道へそのまま入ることに。

我が家では高速道路を走行中に『春日部ナンバー』の車を見ると、どういうわけかテンションが上がります。
今回は6台見まして、見ると安全祈願というかラッキーナンバーというか…、今日は何事も無く、無事終わりそうだという気になるのです。
休日なので、やはり傍若無人な運転をする人はいましてヒヤッとすることはあったものの、無事に帰ってこれました。

まずは『道の駅 ばんだい』へ到着。

混んでました。
観光地的な見所は無いものの、ドッグランがあったり子供が遊べる原っぱがあったり、のんびりできそうな道の駅。
時間が合うと、すぐ近くを走っている磐越西線を見ることができます。


お昼は道の駅のなかの食堂で極太喜多方ラーメン(650円)を食べました。
太縮れ麺が売りの喜多方ラーメンですが、これはさらに太麺。
例えはよろしくありませんが、どん兵衛のうどんをもっちりさせた感じ。
食べごたえがあって、結構満腹感が長続きしました。

私の家族は太縮れ麺が苦手(細麺好き)なのですが、ここでこれを食べると太縮れ麺嫌いはどこへやら、帰りにこれを買っていました。


道の駅の屋内でブリヂストンのスタッドレスタイヤの即売会をしていました。
今シーズンはホイール・タイヤともに買い替え予定なので価格を見ると…バレーノさんのタイヤサイズだと15インチと16インチで随分値段差があります。
スプラッシュのおさがりでスタッドレスは15インチを履かせていましたが、今年は夏タイヤ同様16インチを履かせたいなと。
まずはお金を貯めないとねと(もう遅い?)。


『ばんだいとバンダイ』繋がりでこういうことになったらしい。
子供の頃ガンプラに大ハマりしていたので、買いたくなる気持ちを抑えながら次の目的地へ…


『道の駅 猪苗代』に到着。
ここへ来る際、カーナビに登録があったので設定したのですが、何故か猪苗代町役場へ連れていかれる(笑)。
今乗っているスイフトには三菱のカーナビが装着されていまして、考え方の違いのせいなのか自宅近辺の誘導でも異なる指示を出してきます。

純粋にナビ部分だけで言えばクラリオンの方が好ましいのですが、オーディオの音質については三菱が完勝。
昔のダイヤトーンとは違いますが、それでもスピーカーを取り替えたりイコライザーをいじったりしたバレーノよりも良い音を出されてしまって「頼むよ、クラリオン…」と参ってしまいました。

さて、ここの道の駅ですが…横に長い。
そういう意味では同じく福島県の国見町にある道の駅も似た感じでしたが、こちらの方が規模は大きめ。
混んでいましたが、建物内は意外と歩きやすかったです。
タイトル画像はここで撮影したものですが、山の上の方は少し赤っぽく色づきだしたかな?という感じでした。

紅葉シーズンはもう少し先ですかね。


ここで買ったものの1つ、笹だんごパン(200円)。
『限定』の文字に弱く、買ってしまいました。
パンの中にだんごというか、饅頭が入った感じ。
パン生地にも笹パウダーが入っており、味は…うん、勉強になったよと(笑)。

夜は用事があったので少し早めに猪苗代を離れ、家路に。
エンジンとトランスミッションに限ればスプラッシュと同じくK12Bに副変速機付きのCVTのスイフトですが、今になってみると「こんなだったかな?」と思ったり。

つくづく自分の感覚は適当だなぁと思ってしまうのですが、バレーノさん、実は結構バランスの良い車なんじゃないかと思えてくるのです。
返ってくるまであとちょっとの辛抱、でもそれが長い。
返ってきたらまずは何をしようかと、悶々としながら一日を終えるのでした。
Posted at 2017/10/09 02:46:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 道の駅 | 日記

プロフィール

「ただいま、おかえり、行ってきます。 http://cvw.jp/b/2691029/40582856/
何シテル?   10/16 02:25
徒歩7分1000歩と申します。現実は徒歩8分1000歩に後退中。 ひねくれ者ですが、よろしくお願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ バレーノ スズキ バレーノ
博打な気もしたんですが、インド製の車はどんな感じ?という興味に負けて発売前に購入しました ...
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
デザインが好きでどうしても乗りたかった車。 とても良い車でした。
マツダ AZ-ワゴン マツダ AZ-ワゴン
乗り潰すつもりでいたものの、不可抗力で突然のお別れ。
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
初めて購入した車。よく見かけるからこれ買っとけば大丈夫だろうと選んだが、今思うと故障やト ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.