• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どらもどきのブログ一覧

2016年06月19日 イイね!

ついに来というかなんというか

ついに来というかなんというかお久しぶりの日記です。
そして、おそらくS-tronicというか、DSGというか、DCTというか、デュアルクラッチミッションの車にお乗りの方にとっては(私も含む)、どこか頭の片隅にこびりついていて、自分の身に降りかからない事を祈る、そういう類いのお話になってしまう事を、悲しく思います。ああ、悲しい。

画像を見ていただければ、一目瞭然。あな恐ろしや。ミッショントラブル発生です。運転が継続できます、なんて書いてくれているけど、とても継続できる状態ではありませんでした。
職場に向かう途中、あと数百メートルで到着、というところ。いつものようにやや逆カントになった三叉路を右折したその瞬間、違和感が訪れました。
?あれ、なんか加速しない?てかミッションがジャダーでてる?
今までも30km/h程度で走っているとき、3速に入れようか入れまいか悩んでいるような挙動が出ることがあったので、今回もそれかな、と思ったのですが、程なく、明らかに違うことに気がつきました。クラッチ制御とエンジン制御が上手く出来ないようで、クラッチのつなぎがとにかく荒く、まともに運転できない。程なく、この警告がつきました。

小田和正の真っ白を聴いていたのですが、ほんとナイスタイミングですよね(血涙)。

その後なんとか2速固定で職場まで走りきり、3時間ほどしてから、「きっとあれは気のせい。なんかのセンサーエラーでエンジンかけ直したらきっと大丈夫。そもそもDSGでトラブル多いのは乾式7速であって、縦置き大容量マルチプレート湿式DSGであるDL501に限って、そんな、壊れるなんて事無いはず!」と期待を抱きながらエンジンをかけてみると……。



はい、全然ダメでした!
このあと車載車を手配していただき、その段になって、リバースギアまで失う始末。
明らかに重症ですね…。

悲しい。

延長保証に入っていなかったことが、心から悔やまれます。

悲しい。

預けて2日になりますが、まだ原因特定・見積もりも出ていない状況です。

さて、いったいどこが逝っちゃったのか。メカトロあたりなんだろーなと思いながら、ミッションASSY交換になったらまじめに死ねると思いつつ、震えて寝る日が続いています。

車に乗り出してかれこれ20年。あの「アルシオーネSVX」ですら出なかったミッショントラブルをいま経験することになるとは…いやぁ、長生きはするものですね。はっはっはっ。
Posted at 2016/06/20 00:12:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | AUDI A6 | クルマ
2014年04月01日 イイね!

久しぶりの日記なのですが

やっぱり時計ネタなんである。
minkaraでこんな事ばかりやってると、そのうち苦言を呈されるんじゃないかと若干の機具はあるのだが…趣味だから許して欲しい。それに車が嫌いになったわけではなく、うちのA6ちゃんは、順調に距離をのばしてくれているのである。もう30000kmこえて、すっかり大人の仲間入りなのですよ。

で、時計であるが、なぜ時計が好きなのか。特に機械式時計が。
一般的な「機械式時計は生き物で、メンテ次第ではずっと使える。受け継いでいける」なんて意見もある。私も実際そのようには思うのだが…
私が時計を好きなった理由は、きっと「萌え」である。
「萌え」である。大事なことなので二度言いました。
ちっちゃな歯車がぐるぐるまわる。雁木車にアンクルがかみあって、せわしなく振動し、輪列の回転運動を往復運動に変え、それをちっちゃなひげぜんまいが伸び縮みしながら、テンプが調速する。
そのけなげな動きが、シースルーバックから見える動きが、そして、チチチチ…という音が、萌えの対照なのですね。

HENTAI? OK,それは私にとっては褒め言葉だ。

ちなみにスプリングドライブは調速に電磁ブレーキを使用しており、完全スイープ運針、無音の仕様となっております。それなのに「萌え」なんて感じられるの?と疑問を持つ向きもあると思います。
あるんです。
運針はあくまであくまで、ただただ静かに、調速受けてることすら感じさせないような、なめらかなスイープ運針…だが、ひとたび裏スケから覗いてみると、そこには見えるのです。そう、ぐりんぐりんと高速回転する調速輪が。
あくまで針の動きは優雅なのに、調速輪は忙しく働く…優雅に水面を泳ぐ白鳥が、水面下では結構なかなか忙しそうな事をしてるのと同じように…

というわけで、久しぶりの日記は時計ネタになってしまいました(大事なことなので(ry)。

気が向けばまた何か書きます。いつもこんなネタばかりですみません。
Posted at 2014/04/01 23:32:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 時計 | 趣味
2013年09月03日 イイね!

くらりねっとこわしちゃった。

壊れたのはクラリネットでは無くて時計であり、壊したのでは無く、壊れたのではあるが。

壊れました。グランドランゲ1。
買ってから2ヶ月……ああ、君は今いずこ。

症状に気がついたのは8月29日の朝。前日にキッチリ合わせておいたはずの、私のかわいいクランドランゲ1ちゃん。ふと見てみると、5分ほど遅れている。
ありゃ、5分間違えて合わせちゃったかな、とその時は深く考えずに改めて合わせなおし、その日1日使って見て特に問題も無いことから、やっぱり前日合わせ間違っていたんかなー、年を取るってやだねー、なんて思って就寝した翌日。
つまり、8月30日。
ふと見てみると、明らかに時間がおかしい。30分以上ずれてる。遅れてる。なんだそれ。就寝前までは1秒進むか進まないかレベルのすばらしい歩度だったのに、一晩寝ただけで40分遅れるってなんだ。

天狗か、天狗の仕業か!

…どうも自分なりに分析してみると、日付切り替えの時になにかトラブルを起こしているんじゃ無いかという気がする。
28→29日は、一桁目の日付だけを動かせば良い。このため、若干遅れる程度で済んだのが、29→30日では、十の桁と一の桁、両方を動かす必要がある為、大きく遅れたのでは無いか。

いずれにせよ、自分の力でどうこうできない問題なので、現在正規ショップにお預け状態である。

滅多に使わない時計だけど、やっぱ手元に無いというのはさみしいものである。
万全の状態になって帰ってきて欲しいが、でも、早く帰ってきて欲しいという、非常に悶々とした日々を送る今日この頃であった。
Posted at 2013/09/03 22:03:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 時計 | 趣味
2013年06月26日 イイね!

ビビッとくる時計

見た瞬間、衝撃が走った。こんな美しい時計があるのかと思った。

1年前の私が、GS=グランドセイコーを見たときの感想である。
クォーツではなく、機械式の時計が欲しいと思い立ち、某量販店を訪れた。
本来なら、オメガのスピードマスターを買うつもりだった。みて、ふむ、カッコイイと思い、隣に置いてあるロレックスを見て、ひゃー、ロレ様はやっぱり良い値段するな、とおもい、そして、ふと目をやった先にそれはあった。

SEIKO Grand Seiko SBGR057。

こんな美しい時計があるのかと思った。日本でこんなに美しい時計を作っているメーカーがあるのかと感動した。
そして、衝動買いをしてしまった。

その後、時計に目覚めてしまった私は、セイコーのスプリングドライブに惚れ込み、SBGR057購入後すぐにSBGC001(スプリングドライブクロノグラフ)を手に入れてしまった。

そして、はじめてグランドセイコーを見たときと同じ、いや、それ以上の、魂を吸い取られるような感動を覚える機種に出会った。



A.Lange&Sohne グランド・ランゲ1。

もともと、ランゲアンドゾーネなぞ、正直、ゾンビブランドなんだろうと高をくくっていた。
だが、ある店でみせてもらった、グランド・ランゲ1は、まさに「そのふざけた幻想をぶちこわす」だった。
完璧にバランスのとれた配置。それ専用に開発されたムーブメント。裏スケから見られる4/3地金のムーブメント、テンプ支えに掘られた、まさに唯一無二のエングレイブ。

なんというか、惚れてしまったのです。

短絡的だが、私は日本とドイツが大好きなんだ。
スイスの名だたるメーカー、タグホイヤーやブライトリング、オメガ、ロレックスなどなどをみてもあまり心の琴線に触れなかった私だったが、GSとランゲは別格だった…。

自分でもHETAIと思うが、この感性を信じて、突き進んでみるのも面白いのかもしれない。
Posted at 2013/06/26 22:19:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 時計 | 日記
2013年05月26日 イイね!

A6の帰還

A6の帰還帰ってきたぞーっと。
修理の為入庫していたA6が帰ってきた。EPCエラーの詳細だけれども、どうやら今度は4番シリンダのカムポジションセンサーがエラーを吐いていたらしい。無償交換。
うむ。5番の次は4番ですか。順調に手前に来てますな……次は1番とみた!
いや、壊れてもらっちゃ困るんだけれども。

モニターを出し入れするときに「ガガガガガ」とかいってたのも直してもらった。モニターのレールを取っ替えてくれたようだ。無償対応。ありがたや。

ACC使用時のショック(信号停止後、先行車についていく為にACCのレバーを引くと「どかん」とショックが来る)は、許容範囲内とのこと。ディーラーにある試乗車も使ってためしてくれたらしいから、まぁこんなものと納得することにする。慣れればアクセルを使ってショック出さずに乗れることであるし。

ダストポーレンフィルター(いわゆるエアコンフィルタね)も交換してもらった。花粉の季節も過ぎ、これからは梅雨というクソ鬱陶しい季節がやってくるので、その備えに。推奨は3万キロごとだけれど、日本という気候の変動が激しい国では、年に一度交換した方が快適に乗られる気もする。ちなみに請求書が来てないのでお値段は不明です。V36は数千円だった気がするが、さて「ガイシャ様」であるA6はおいくらなんでしょうかね。

A7はすばらしい車だったけど、帰ってきたA6の運転席に座ると、なんか落ち着く。ドアを閉めると訪れる静寂(まぁこれはA7も同じだが……)、見慣れた4本スポークのハンドル、そして、ファイングレインアッシュナチュラルブラウンの落ち着いた色合い。思わず木目をなでなでしていたら、通りがかった人に変な目で見られた。とほほである。
Posted at 2013/05/26 16:35:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | AUDI A6 | クルマ

プロフィール

車と写真が好きなしがない中年(もうそんな年齢になりました)のオッサンです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ A6 (セダン) アウディ A6 (セダン)
2012年7月4日、正式に乗り換えました。
日産 スカイライン 日産 スカイライン
4月10日、ついに納車になりました。 しっかりとした足回り、ボディ。まだ慣らし段階ですが ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
仕事を始めて記念にとおもって買った車でした。納車の日に母親が亡くなるというイベントも重な ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
正確には私の車ではなく、嫁の父の車でした。4人乗りでいろいろと便利だったので私が良く乗っ ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.