車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月09日 イイね!
青空の下、車の健康診断である車検へ。

事前にテスター屋さんにて見てもらった際にマフラーの穴あきが発覚。

慌てて家に帰りアルミテープで補修。

なんてハプニングもあったが、無事検査終了。

また2年間元気で。ハチロク。


●費用

・重量税          25200円
・自動車審査証紙代   1300円
・自動車検査登録印紙代 400円
・用紙代             30円
・自賠責保険料     27840円

            計 54760円

※テスター屋にて

・光軸調整等       2000円
・トーイン調整       3000円
  
            計 5000円


Posted at 2016/11/09 23:51:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月11日 イイね!

本日、我が家にハチロクが 「納車」 された。



遠方からはるばるようこそ。

陸送会社との待ち合わせ場所に行く途中、積載車に乗った君の真っ赤なボディが見えた瞬間、思わずダッシュしてしまったよ(笑)


それでは・・・。


外観について第一印象。

「古い(汗)」

前に乗っていたときは古さを感じる事はなかったが、時代の流れにのり脳内がデジタル人間となってしまったのか、とにかく昭和感がハンパない。



続いて、内装の印象。

「懐かしい匂い(笑)」

匂いなのか臭いなのかどちらでもよいが、ばあちゃん家テイストがすこぶる高い。
おそらく、原因はカビであろう。



そして走りの印象。

思いのほかシャキっと走る。

もっとグニャグニャを予想していたのだが、これは良い意味で期待を裏切られた。

エンジンも調子が良いのか、とても静かである。


走りではないが、運転席、助手席ともにドアの閉まりがとても良い。一発で閉まってくれる。これもラッキー。


そういえば、重ステに対し油断があり、発信後あまりの重さにハンドルが切れずご近所様の家に突っ込みそうになった。



さて・・・。


なにはともあれ、ハチロクとの第二の人生の幕開けである。

あれこれ手をいれたいところはあるが、スローペースで楽しんでいきたいと思う。



あらためて、

みんカラのみなさま、今後もよろしくお願いします。




Posted at 2016/10/11 19:30:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月03日 イイね!

「ハチロク、新車出るらしいよ。」

20年ほど前に当時のバイト先の先輩が言った。


その時私は、それはないだろうと思った。

世界のトヨタが一部のマニアに人気の車種をわざわざ新車で出すはずがない。

それよりも、出さないで欲しいと思った。

ハチロクはハチロクであり、新車が出てもハチロクではない・・・。


しかしそれから十数年、それは現実となった。



第41回東京モーターショー2009

「FT-86 Concept」

FRライトウェイトスポーツ、未来型ハチロク。

トヨタが出品した。


私は、心躍った。

ハチロクである。まさかのハチロクである。

こんな夢のような話がありえるのか。

見たい。一目でいいから見たい。

その思いは打ち消すことができず、東京行きを決行してしまった。







当時撮影した画像である。


真っ赤なボディが鮮烈だった。

「AE86」 とは全く違う車であったがそんなことは問題ではない。

良いとか悪いとかどうでもよい。


力いっぱい、ユーザーの夢を叶えてくれたトヨタに感謝した。


「ありがとう。」







けど、やっぱり「FT」より「AE」の方が好きだ。


Posted at 2016/10/03 19:20:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月27日 イイね!

先のブログでも書いたが、現在納車待ちの状態である。

納車まで復習と予習を兼ねてこのサイトを閲覧する毎日であるが、ハチロク所有者の幅広い年齢層に驚いた。

運転免許をお持ちでない高校生~定年を迎えた方まで、様々な人たちがハチロクを所有している。

そして 「ハチロク愛」 が半端ない。愛車紹介文を読むとハチロクに対する所信表明が本気だ。


製造から約30年経ち、もうすっかり旧車となってしまった。

旧車といえばダンディー世代がいたわりながら乗り、年に数回の会合にておのおのにマシンの自慢話に花咲かせる・・・。そんなイメージ。

しかし、ハチロクは今でもバリバリの現役である。ここの人たちはハチロクに対し本気だ。


10年前と比べ、公道でハチロクを見かける機会はすっかり減ってしまった。

私の住む地域では半年に一回遭遇できればいいほう。

ポケモンGOで例えればラッキー・ラプラス・ポリゴンに遭遇するくらいの割合だ。

ハチロクを購入し一人で細々と思い出作りをしようと思っていたが、SNSを通じて共通の趣味を持つ方たちと幸せな交流が出来そうだ。


新たな出会いを楽しみにしたい。




関係ない話だが、上記3体を捕獲すればGOはコンプであるのでその出会いも楽しみにしたい。




お読みいただきありがとうございます。 「感謝」

Posted at 2016/09/27 10:36:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月20日 イイね!


2017年1月をもって私は30代を卒業する。

39歳の誕生日を迎えてから、ぼんやりとだが「40歳」という節目に相応しい何かを形として手にしたいと考え始めた。

時計が好きだからピゲ、学生時代にバンドをしていたからドラム、バイクが好きだかドゥカ、車が好きだから・・・

「ん、車?」

「おーいいねー。車ひさびさー。」


ここ10年すっかり車の世界から離れていたが、以前はハチロク(昭和の方)でぶいぶい言わせたもんだ(死語)。


さて、車種はどうするか。

R32 FC3S FD3S 80スープラ S13 ・・・。

良い車ばかりだ。

しかし私にとって車といえばやはりハチロクなのである。 あくまでも昭和の方だが。


久しぶりに中古車雑誌を読んでみた。 そして驚愕の事実を知ってしまった。


・3Dr白黒ツートンレビン 走行距離30万km 価格160万円

・同じくトレノ 走行距離13万 修復有 価格200万円


相場が半端ない。ここ数年の間に何が起こったのか。

よく見ると250万円オーバーの車両もざらにあるではないか。こうなるともう86(平成の方)が買えてしまう。

それはもう当時の価格で時が止まっている私にとって理解不能の価格設定である。

自慢じゃないが以前乗っていた上記同型レビンは走行15万km、修復有で65万円で購入した。

さらに言えば、2台目の同じくレビンは10万km修復無(超極上)で85万程であった。


走り屋が死語となり、それらに属する80年代は今や手ごろになってるかと思いきや正反対である。

峠を走る者がいないのに誰が買うのか。


ハチロクに200万円は勘弁してほしいところであるが、気持ちに一度火が付くと抑えきれない。

昔は昔、今は今。 現在の相場がそうであるなら潔く受け入れるしかない。


気長に探すこと5ヶ月。ようやく納得のいくハチロクを見つけた。


--- カローラレビン 3door 1600GTV ---


前期型、お色はレッド。現在納車待ち。


40歳までまだ4ヶ月あるが、少し早い自分への贈り物となりそうだ。


今後もハチロクとの人生をこのブログに綴っていこうと思う。





お読みいただきありがとうございます。 「感謝」



Posted at 2016/09/20 21:54:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
--------------------------------------------------------- ハチロクが人生を豊かにしてくれる。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
3 人のお友達がいます
ハチワレハチワレ * さえらさえら
つまくんつまくん
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
単なる車という枠で語るのはおこがましく、人知を超えた存在。
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
the first ~
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
the second ~
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
ハチロクとの違いに多大な衝撃を受けた。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.