• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

pangziのブログ一覧

2017年09月04日 イイね!

falcon号で琵琶湖ヨットセイリング

falcon号で琵琶湖ヨットセイリング大阪オフ会の翌日 9/3(日)。

この日は特に細かい予定は決めておらず、当てもなく京都か滋賀でも散策しようと思っていた。

朝7時に起き、大浴場の露天風呂に浸かり(ラッキーにもこの日も40分以上 貸し切り状態!)、部屋に戻って荷物を整理していると、

前日 オフ会でお会いした falconskipperさん から

「当初都合がつかなかった仲間が来れることになり、急遽ヨットを出すことになりました。もし良かったら、kameさんと一緒に乗りませんか?」 との嬉しいお誘いメールが届いた。

(前日の夜にも戴いていたみたいだが、眠気が凄くて気が付いていなかった・・・。失礼致しました!)

すぐに「我々は是非 乗らせて戴きたい。kameさんの御予定は朝食時に確認します」とお電話を入れ、朝食会場へ。

朝食はバイキング。 ついつい取り過ぎてしまう・・・。





朝食を採りながら kameさんもお誘いしたのだが、「どうしても外せない用事があり、残念ですが今回は」という事で、我々夫婦のみ、お邪魔することになった。



チェックアウト後、kameさんとお別れし、琵琶湖へ向かう。

ナビの案内では 名神道 京都南ICから乗り、京都東ICで降りるルートとなっていたが、京都東ICが渋滞中(本線からクルマの列が出来ていた)だった為、約3km先にある次の大津ICまで行き、そこで降りた。

すると全く渋滞無し。その後も順調。

以前もこのようなコメントを投稿したことがあるが、こういう機転って大事だと思う。 多少遠回りしても、空いているルートを選択した方が早いと思うのだが・・・。



途中、これも 前日にfalconskipperさんから「琵琶湖が一望できるので 走行して見る価値あり」と伺っていた「比叡山ドライブウェイ」を走行した。





ちょっと飛ばしがいのあるワインディング!

とても空いており、思わずGTEモードに入れた。 奥さんに文句を言われながらも 気持ち良く駆け抜けられた!



しかし 燃費はご覧の通り、最悪・・・。



景色の良いところで止まって撮影。










本来なら、比叡山延暦寺などを見学する為の道路の様だが、この日は時間が無いので素通り・・・。

終点で解った事だが、週末なのに空いていたのは、通行料がバカ高い(¥2380)事が要因らしい。 

30分も掛からない区間で この値段。

やはり、寺院等を見学しないと、割に合わない。



待ち合せ場所の「道の駅 びわ湖大橋米プラザ」には ほぼ予定通り11時前に到着。

そこから falconskipperさん の先導で マリーナクラブ リブレ へ。





すぐに到着!







琵琶湖大橋が見えて とても良い景色のマリーナ。





ここで falconskipperさん の 友人で 愛艇 「falcon号」のオーナーの I さんと御挨拶。

今日は お二人でヨットを操作? 運転? して戴けるそう。

またまた 気さくで良い方!  

他にも 顔なじみのヨット仲間の人々や、マリーナのオーナーさんともお会いしたが、皆さん本当に明るくて良い方だった!


falconskipperさん から 「水着はある?」 「湖に飛び込むと気持ち良いよ!」と言われたが、オフ会に水着を持ってくるわけもない(笑)。

しかし、私も家内も たまたま、速乾性素材のTシャツ、ズボン(最近はパンツ!というね)、下着(本当のパンツ)を着用していた。 後でそれがラッキーだったことになる。

しかし、家内は泳げないし、私も まさか湖に飛び込むはずがない と この時は思っていた

また、これもたまたま サブトランクにクロックス(サンダル)を入れていたので、それに履き替えた。

更に、オフ会の時に皆さんにお配り出来る様に 多めの飲み物とそれを冷やすICE PACKを入れたクーラーボックスを持ってきていたので、これも 本当に たまたま だが役に立った!

アウトドアが好きなので、普段からクルマにこういうモノを積んでいる。今回は偶然だが、本当に「備えあれば憂いなし!」。

私はボーイスカウトもやっていたので、そちらの言葉でいえば「備えよ常に」を実践できた という事かな(笑)。




そうこうしているうちに 「falcon号」がトラクター(?)に引かれて、湖へ進水。











いよいよ 桟橋から乗り込む





falconskipperさん カッコいい!





桟橋からはモーターで 沖へ。





琵琶湖大橋に向っていく







遊覧船とすれ違う。波が凄い!





琵琶湖大橋を下から見上げる! こんな経験 滅多にできない。








家内もかなりのハイテンション! (あえて口元だけ 隠していません!)





橋の奥に見えるのは 対岸の琵琶湖マリオットホテル





マリーナからこれだけ離れた






すると ついにセールを上げた!





ジブセールも準備





全開!







揺れる船上で 宴会!?  カンパ~イ!  こんな時も  I さんは 舵を離さない。



夕方まで クルマを運転しないので 私も1本だけ・・・。

天気の良い日に、琵琶湖のど真ん中にいるヨットの上で飲むビールは格別!



食べ物もたくさん用意してくださっていた。





しかし・・・。

私も 家内も 揺れが・・・。 おまけに調子に乗って ビールまで飲んでしまい、ダブルで酔いが。



天気も最高で、風も気持ちいいし、景色も良いし、快適なのだが、揺れだけは・・・。


・・・すると、それを察して戴いた様で、falconskipperさん が、船室からロープ付きの浮き輪を出してくれ、それをヨットの端に結んで湖に投げ込んだ。


「水の中の方が酔わないよ」
 と。


こうして、本当に飛び込むことになった。

一応、ライフジャケットも着用しているし、私は泳げるので。 

先程説明した通り、速乾性素材ではあるが、普段着ている服を着たまま、ダイブ!


浮き輪に捕まり プカプカ。


これが 予想以上に 気持ちいい!

水温も ちょうど良いし、海と違って塩分がないので、波が来て口に水が入ってもしょっぱくない。

肌もベタベタしないし。 鮫などに襲われる心配(?)も無い(笑)。


私の姿を見て、泳げない家内も 更にハイテンションになり、意を決してダイブ。

すると、子どもの様に 大はしゃぎ!

こんな経験、生まれて初めて。


あの大きな琵琶湖を貸し切り!


言われた通り、船上より 水に入っている方が酔わない。

天気が良いので、本当に気持ちが良い。

家内は もう大声を張り上げて大喜び(私は恥ずかしかったが・・・)



falconskipperさん が、その時の模様を撮影してくれていたので、


お恥ずかしいですが、掲載します。 

(動画も撮影して戴いたのだが そちらはホントに恥ずかしいので掲載は控えます)





太目の私は ライフジャケットを着用した上で浮き輪に入ったので、もうパンパン(笑)。

家内がはしゃいでいたのは、半分は私の姿を見て 笑っていたのです。


しかし、とても気持ちが良いので 1時間程、このまま浮んでいたと思う。

(温泉に浸かるより、こちらの方が気持ちいい!)

その間に、船上では お二人は 静かに 飲み続けていたそう。

後で聞いたら、毎回、乗船人数x6本のビールと ワインや日本酒、つまみ(料理)も しこたま 積み込んで沖へ出るそう。

朝11時から夕方までは船上で、夕方、船を桟橋に戻してからは桟橋に係留したままで、それから船を丘に上げてからは マリーナの庭で、更に 盛り上がると居酒屋へ。 夜の10時過ぎまで飲み続けるそうです・・・。

凄い!  あまり酒を飲めない私達夫婦は、この話を聞いて、この日ほど「お酒が強い」事を羨ましく思ったことは無い。

こんな楽しい事をしながら、気の合う仲間と 朝から晩まで 飲めるなんて ホントに素晴らしい!




15時半頃になり、桟橋へ。

我々は 先にマリーナでシャワーをお借りし、濡れた服を着替えさせて戴いた。


その間、お二人は桟橋で 飲み続けていらした。 我々も 酔いが覚めたので、少し合流させて戴き、ノンアルコール飲料を飲みながら、お話しをさせて戴いた。



春から秋まで毎月、このマリーナでヨットレースが開催され、falcon号も参戦し、何度も優勝しているそう。 レースの合間に、このように「遊び」で沖に出るらしい。

今季は、この様に湖にダイブできるのも「今週が最後」だそうなので、我々は本当にラッキーだった!


同じ PASSAT GTE を同時期に購入したことがきっかけで、みんカラでお友達にならせて戴き、前日のオフ会で初めて実際にお会いした 私達が、一生に一度、経験できるかどうかという素晴らしい体験をさせて戴いた。

出会いって素晴らしい!


オンラインだけ よりも オフラインの交流の方が こんなに素晴らしい事があります!



16時半頃に失礼をして マリーナを出発。


falconskipperさん I さん、 本当にお世話になり ありがとうございました!



さて、マリーナを出て、我々は湖西道路を北上し、高島市にある メタセコイヤ並木 へ向かった。


日曜日の夕方ということで、琵琶湖大橋に向かうR477や R161湖西道路の南行きは大渋滞。

我々は渋滞とは逆方向に向かうので、ガラガラで快適ドライブだったが、いつもの様に「なぜ、何も考えずに渋滞に並んでいるんだろう?」と不思議に思った。

時間をずらす とか、方法はあるだろうに・・・。




途中、道の駅に立ち寄り土産物を買ったりしながら、18時頃 メタセコイヤ並木に到着。

なるほど、綺麗でロマンチックな場所だ。


ただ、一応 撮影はしたが、雑誌やNETに掲載されている綺麗な場所は 人も多く、クルマの通行量も多いので撮影出来ず・・・。  こんな写真で御勘弁を。

(良い場所に陣取って、他のクルマの迷惑も考えずに撮影しているヤンキー仕様のセルシオやクラウンが多かった!)






夕方で、木の下なので ライトが点灯してしまった・・・。



その後、琵琶湖の北端を廻り、長浜へ抜け、高速に乗ろうと思ったが、渋滞情報を見ると 名神高速上りが大渋滞していたので、R365で大垣へ、そこから 渋滞が納まるまで、ファミレスで休憩しながらノンビリ下道を通って岐阜方面へ。

渋滞が終わった事を確認し、21時近くに岐阜羽島ICから名神道に乗り、新東名~東名~首都高で自宅へ。

岐阜羽島でナビを入力した際、自宅到着時刻は2時 となっていたが、ノンストップで走行し、1時に到着。

モチロン、全く渋滞なし。  渋滞を避けるようなドライブプランにすれば、快適に移動できます!







夕方 マリーナを出発してから(その前のデータはヨットに乗っている間に消えてしまった)自宅まで

536km。 燃費 17.7km/L。 勿論 充電なし。 AC ONで、新東名を少々飛ばし気味でこの数値。

最近、燃費を良くするコツを覚えた!  



今回の1泊2日の走行距離 1163km。 燃費は多分17km/L程度だと思う。




そうそう、最後に 愚痴。

新東名・東名を走行中、大型トラックが多かった。

トラックは走行車線を80km/h程度で走行している場合が多い。

乗用車は 80km/hでは遅いので、どうしても追い越し車線を走行することが多くなるのだが、トラックが急に追い越し車線に入ってきて、速度が上がらず、追い越し車線が詰まる ということが 数えきれないほどあった。

乗用車が急ブレーキを踏まなければならない状況も多々あった。

追い越せる速度を出せないのに、なぜ追い越し車線に出るのだろうか?

周囲の状況を理解できないのだろうか?
後ろから 乗用車が自分より速い速度で迫って来ていることは解っているはず!解っていない(ミラーを見ていない)としたら、それはそれで問題!

故意なのだろうか?  ただの自分勝手?

危険だし、乗用車を運転している側としては無駄なストレスがたまる。

無理な速度で追い越そうとしている訳ではなく、100km/hまたは+α程度の速度で巡航しているだけ。


トラック運転手側にも言い分はあるのだろうが、運転のプロなんだからルールは守るべき。

プロとはそういうものでは?



前日の往路の時間帯には大型車は少なかったが、復路ではこの様な状態だった。


今後は走行する時間帯の状況を良く確認し、ドライブプランを作ろうと思う。



今日も 長文 失礼致しました。


























































Posted at 2017/09/05 02:02:26 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月04日 イイね!

ALL PASSAT 大阪オフに行ってきた

ALL PASSAT 大阪オフに行ってきた9/2(土)に 大阪の「淀川スタジアム駐車場」で開催された ALL PASSAT 大阪オフ に行ってきた。

主催者は kame1000pさん(以下kameさん)。私はお手伝い・・・。

当初は 「11月頃に 大阪でALL PASSATのオフ会を開催する為の下打ち合わせ」という名目だったのだが、普段、ブログにコメントを戴いたり、個人的にメッセージをやり取りしている皆さんと、この機会に是非お会いしたい と思い、お声掛けをしていたところ、合計12台もお集まり戴けた。

とてもありがたいし、嬉しい事です!

今回は B8だけでなく、他の世代のPASSAT乗りの方にも参加戴けた事も とても嬉しい。

kameさんより、「いずれは皆さんも B8.5? B9? へと乗り換えて行くと思われるので、B8限定にしなくても良いのでは?」 という意図だと伺い、私も賛同させて戴いている。 




大阪へ とはいっても、私はクルマで琵琶湖を超えて西に行ったことは無い。

今年2月にGTEで旅行した福井県敦賀市が今までの最西端。

京都府・大阪府に進入(侵入?)するのは初めて・・・。未知との遭遇で少し緊張した。



9/2は AM2時半に起床し(家内は化粧があるので2時起床!)、3時に出発。

自宅出発時のメーター





関東はあいにくの雨



御殿場付近走行時は大雨、更に静岡辺りまで雨が続いた・・・。



やっと雨が上がりつつあり、





浜松あたりで 完全に上がった。





岡崎付近では事故車に遭遇 !  










事故を起こされた方には大変申し訳ないが、こういう場面に遭遇する度に「安全運転を心掛けなければ」と 気が引き締まる。




渋滞も無く順調に進み、6:20頃には豊田付近に、






岐阜県との県境の愛知県一宮付近で 愛車GTEの走行距離が20000kmに。

昨年10/29納車なので約10か月。自分でも驚くほどのハイペース。 

運転が楽しいクルマである証 ということで。

記念にGTEモードで!



(全て助手席の家内の撮影です・・・)





kameさんとは 名神道の養老SAで待ち合わせ。

私は東名・新東名ルート、kameさんは中央ルート なので、合流地点近くのココにした。


朝4時頃から、何度か電話で連絡を取り合いながら走行したので、7時過ぎ ほぼ同時に到着。



結局、私は自宅からここまで休憩なしのノンストップ。

走行距離 406km、 4時間15分。





無理をしたわけでは無い。 疲れないので、休憩をしなかったという単純な理由。 

今更 説明するまでも無いが、このクルマは ACC等の安全・快適装備のお蔭で 運転が本当に楽だし、安全。 

殆ど法定速度以内での走行なので、燃費もまずます。(AC ON、静岡までは雨という悪条件)






SAで朝食に きしめんを戴いた。

家内は冷やし海老天、私は 塩チャーシュー(ラーメンではありません・・・)









少し休憩をして 8時チョイ過ぎに SAを出発。




瀬田東ICから京滋バイパスに入り 巨椋ICまで。

そこから下道で 10時過ぎに枚方市内に到着。



私もkameさんも 雨の中、高速道を走行して来たので、クルマが汚い。

関西の皆さんに 初めてお会いする前に「化粧直し」を ということで スタンドで洗車。 

2台一緒に 同じスタンドで洗車を頼むと倍の時間がかかるので、R1沿いの別々のスタンドでそれぞれ洗車。

私は給油もした。





この内容は燃費記録を参照されたし。(¥134/Lと、自宅周辺より安かった、この辺は安いの?)




手洗い洗車でピカピカ。 (洗車代は¥2700だった、これは自宅周辺と変わらず)





 
洗車後、合流。 化粧直し後のkameさん号の後ろ姿。


ウインカー点滅時は、ブレーキランプのウインカーとCROSSする部分は 赤→オレンジに変わるの、皆さん知ってました?






昼食は falconskipperさん おススメの(事前に教えて戴いていた)麺屋 たけ井 さんにて。





11時半前に入らないと行列が凄くなる と聞いていたので、11時過ぎに入店。15分くらい待って ありつけた。

初めての店なので、出来るだけ多くの料理を注文。


我々夫婦は つけ麺、チャーハン、唐揚げ。 kameさんはラーメン。









さすが、全て美味しい。 我々が食べ終わる頃には長蛇の列。




昼食後、開催地の淀川河川敷へ。


お天気には恵まれた。家を出る時の雨が嘘のよう。皆さんの日頃の行いのお蔭?(笑)


待ち合わせ時刻の13時に少し遅れた方もいらっしゃったが、すぐに全員(全車)集合完了。

12台のPASSAT。















B6 1台、B7 1台、B8は CL1台、HL2台、2.0RL1台、GTE6台。



お菓子や飲み物などの差し入れもあり、お土産までくれた方もいらっしゃった。

暑い中ではあったが、和やかな雰囲気で談笑が続いた。





この駐車場には橋が掛かっており、日陰があるので、逃げ込める。

これがあるので、kameさんはこの地を選んだそう。さすが!





ココからは 私の独断トピックス


カヌー用のルーフキャリア  いいね!





最近、ひそかなブーム(?)の BLUEMOTIONサイドエンブレム





GTEには無い(羨ましい!)フォグランプ廻りの「メッキパーツ」。おしゃれ!





20インチ&車高調でダウン  カッコいい!







B6 と B7 PASSAT  ピッカピカ! 今に通じるデザイン





今回は 珍しく GTEが6台揃い、「GTE祭り」でもあった!!

これだけ揃うのはメーカーの発表会以来では!(爆)

VGJさん 注目してください!











GTE6台中 セダン1台、ヴァリアント5台。

ホワイトパール3台、ブラック2台、タングステンシルバー1台(MY2018で無くなってしまうのが残念!)

珍しくサンルーフ付きが4台も!!  

内装白も2台。




リアバンパーにGTEブルーの装飾をした方がココにも!嬉しい!





DRL比較 「C型部分のみ」 と 「ヘッドライトと両方点灯」 





手動運転装置を架装されたGTE  手動装置を使用せず、普通に運転することも可能だそう









恐らく、日本で1台のみ とのこと!




番外編

モッチ3900さんから伺ったのだが、コンソールのドリンクホルダーに照明がついているのは GTEだけ らしい。

知らなかった・・・。 皆さん 知ってました?








15時半頃、盛況のうちにお開きに。

当初の目的通り、11月に 再度 オフ会を開催する という事で全員一致。

ツーリング・オフもいいね という意見も。(個人的には ツーリング・オフがいいな!)



同じPASSATというクルマ好きが高じて知り合えた皆さん。

関西の方だから?(笑)、皆さん気さくで感じの良い方ばかり。

初の大阪オフでしたが、すんなり融けこめた気がします(自分がそう思っているだけかな?)。

この関係を大事にしたいと思いますので、皆さん 今後とも宜しくお願い致します。



今回、(私は)オフ会で初めて 全員揃って集合写真を撮影しました。クルマではありません!人です!

この写真はブログには掲載致しませんが、こういうことも大事ではないでしょうか?




オンライン(NET上)のみのお付き合いが良い という方もいらっしゃると思いますが、このブログを読んで、もし「オフ会に参加してみたい」と思う PASSATオーナー の方がいらっしゃれば、是非 御連絡ください。


また 今回も 我が家を含め、御夫婦での参加が3組いらっしゃいました。

家族ぐるみでお付き合いの出来る様になれるのも、素敵な事だと思います。


11月の関西オフの詳細は これから決めて行く様ですが、その前の10/14・15(土・日)には 東北(会津)ツーリング・オフ の開催予定もありますので、御興味のある方は 参加の御検討をお願い致します。

また、今後、近いうちに 北海道や九州、四国、中国など、各地でオフ会を開催し お会いしたい「みん友さん」がたくさんいらっしゃいます。

その際は 皆様 御協力の程、宜しくお願い致します。




オフ会 終了後は、kameさんと 予約していた京都のホテルへ移動。

「京都エミナース」








ゆっくり温泉に浸かって休もう と思ったのだが、2時半起き、約570km運転してきたので、部屋に入るなり バタンキュー。

夕食の時間まで起きられず・・・。



kameさんと 「お疲れさん」 のカンパーイ!




夕食のメニューは会席料理。















食後、部屋に戻って休憩後、やっと温泉へ。

広々していて、快適。 時間が遅かったせいか、広い浴室は私一人で小1時間貸し切り状態だった。


本当に疲れていたので、TVも観ずに、ぐっすり眠る事が出来ました。




今回も 長文、失礼致しました・・・。



























































Posted at 2017/09/04 17:43:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「Abt Sportsline PASSAT http://cvw.jp/b/2692739/40746936/
何シテル?   11/22 18:22
2016/10/29 パサート ヴァリアント GTE アドヴァンス 納車。 7代目の愛車。 車歴 ①日産ガゼールHB XE-Ⅱ(S110) ワインレッ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ニュー・モモちゃん。。。!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/22 14:07:17

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント フォルクスワーゲン パサート GTE ヴァリアント
フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント GTE アドバンス オリックスホワイト マザ ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
1990年、父親が初代エスティマ(TCR20W 2.4L 4WD ワインレッド)を発売と ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.