• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3000GT_VR4の愛車 [三菱 GTO]

巷で噂?の空力パーツ製作

カテゴリ : 外装 > エアロパーツ > 自作・加工
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2016年10月12日
1
この写真、何だかわかりますか?
そう、フロントバンパー下のアンダーカバーです。
例に漏れず、GTOにもノーマルでアンダーカバーがついているわけですが、ここに、コルトVer.R純正のエアカットフラップを、1/3程度に切って接着します。
2
続いて反対側も装着します。
接着に使ったのは、市販のシリコンボンドです(笑)

が、しかし!!

走り出してから観察してみると、目に見えて効果が現れてきました!

まず、発進してから時速45kmあたりまでは、タイヤノイズが聞こえていました。
しかし、45kmを超すやいなや、タイヤノイズはピタッ!!と消えます。

えぇ??

いや、気のせいではありません。そのまま高速走行もしようと近くのバイパスに乗り、90km手前まで加速してみたところ、あれだけナーバスな動きをしていたフロント廻りがドシッ!と落ちついています。
さらに、タイヤノイズも消えません。



しかし、これの装着により、地面とのクリアランスは、おそらく5cmほど?になってしまったため、結構段差で擦るようになってしまいました(笑)
ですが、素材が柔らかく、かつ空気が車の中央にくるような向きにして取り付けてあるため、力をうまく逃してくれるようで、なかなか剥がれません。

最近の新型車、現行車にはほぼ必ずと言っていいくらいついている、このストレーキ。
各メーカーがこぞって付けるだけのことありますね!

ちなみに、このアンダースパッツは、アンダーカバーと一体では無い構造のため、最低地上高の確保も不要で、車検も問題無し!
3
真正面から見ると、フロントタイヤの半分ちょいしか塞げていません。

しかし、そこまでの必要はないようです。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

クーラントがやたら減ると思ったら……。

難易度: ★★★

YAMATO?ウイング装着!

難易度:

GTOデモカー E-Z16A 燃料リターンホースの交換プラスアルファ?

難易度: ★★★

GTOデモカー E-Z16A プラグ交換

難易度: ★★

GTOデモカー E-Z16A 世界最強のオイル ロイヤルパープルオイル交換

難易度:

GTOデモカー E-Z16A ラジエーターファンの点検とエア抜き

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #GTO ツインターボMR純正、ブレーキ導風板 http://minkara.carview.co.jp/userid/2694349/car/2268781/3950969/note.aspx
何シテル?   10/18 21:04
GTO歴11年と8ヶ月になります。 20の時に、前期ボディに後期エンジンが搭載された希少な前期型を購入・所有し、乗り換えまでに10年で26万キロ走りました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

2 人のお友達がいます
PhenomⅡPhenomⅡ GTO TWIN TURBO@Z16AGTO TWIN TURBO@Z16A

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 GTO 三菱 GTO
USDM志向に仕上げ中の、後期型ツインターボです。 希少な当時モノのオプションパーツと、 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.