車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月16日 イイね!
これから独自の
 いつの夜も、窓には厚手のカーテンが引いてあり、視覚によって、内部の状況を知るのは不可能だった。一度、未知の国語のやりとりを洩れ聞いているとき、とつぜんカーテンに影が映って、ウィードンを驚かした。一七六四年の秋、ペンシルヴァニアのジャーマンタウンからきた男が、ハッチャーズ・ホールで演じてみせた、機械仕掛けのスペクタクル・ショー、そのなかに出てくる人形のひとつを、その影が想いださせたのだ。ショーの題名は、〈エルサレム、世界の都――エルサレムの市街、ソロモン王の神殿、その王座、有名な塔と丘、さらには、ゲッセマネの園からゴルゴダの丘の十字架に向かう主キリスト苦難のさま。人形芸術の極致。一見の価値あり〉と、長々しかった。影に驚いたことから、インディアンの老夫婦に気づかれて、犬の群れをけしかけられた。屋内の声はふつっと聞こえなくなった。カーウィンがその行動範囲を全面的に地下へ移行させた理由は、その夜の出来事にあったものと、ウィードンとスミスは結論した。
 地下に秘密の場所が存在することは、多くの事実から明白だった。母屋その他の建物から遠くへだたった位置の、大地以外のなにものとも考えられぬあたりから、ときどき悲鳴もしくは呻き声と思われるものが、かすかに聞こえてくるのだった。そしてまた、農場の裏手から、ポートゥックスト渓谷へ向かう険しい斜面に、石枠にかこまれたアーチ状の樫の扉が、灌木林に蔽《おお》いかくされているのが発見された。これが丘の下の洞窟の入口であることに疑いはなかった。いつ、いかなる方法で、この地下洞窟の掘鑿《くっさく》作業が行なわれたか、そこまではウィードンにも想像しかねたが、河からの経路をとりさえすれば、作業員の一隊を、人知れず建造現場へ送りこむのも困難でなかった。ジョゼフ・カーウィンは、異国生まれの海員たちを、まったく別個の用途にあてていたのだ! 一七六九年春の豪雨に、これら二名の監視者は、鋭い目を渓谷の急斜面にむけた。地下の秘密のなにかが、流出してくるのではないかと考え

たからだ。はたして、雨水のうがった深い溝に、おびただしい数量の人畜の骨を発見する幸運に恵まれた。もちろん、この種の現象には、さまざまな解釈が可能である。ここは酪農場の裏手にあたり、しかも、古くはインディアン墓地であった場所だ。しかし、ウィードンとスミスは、結論をひき出した。
 一七七〇年の一月、まだウィードンとスミスのあいだに、カーウィンの罪状の摘発方法について議論がつづいているうちに、プロヴィデンスの町民たちを興奮させるフォータレザ号事件が起きた。その前年の夏、ニューポート港において、ジョン・ハンコックの持ち船リバティ号の密輸問題にからみ、税関監視船が炎上させられた。これに激昂したウォーレス将軍は、麾下《きか》の艦隊に命じて、外国船舶の監視態勢を強化するにいたった。そして、ある日の早朝、ハリー・レシュ大佐の指揮するイギリス海軍の砲艦シグネット号が、怪しい外国船をみとめ、短時間の追跡の末、これを拿捕《だほ》した。これが、スペインのバルセロナに船籍を持つフォータレザ号で、船長はマニュエル・アルダ。その航海日誌に

よると、エジプトのカイロからプロヴィデンス港へ向かう途中だった。ところが、密輸物資を捜索したところ、意外な事実が明らかになって、レシュ大佐を驚かした。船荷の全部が、エジプトの木乃伊《ミイラ》であったのだ。送り先は、船員ABCとしてあるだけで、しかもこの男が、ナンキット岬《ポイント》付近で、船荷を艀に移す約束なのだ。アルダ船長は、商業倫理を理由に、船員ABCなる人物の正体を明かすのを拒否した。事件の処理はニューポートの海事裁判所に回付されたが、積荷がひとつとして禁制物資の性質を持たぬことから、裁判官たちはその処置に窮した。そしてけっきょく、収税官ロビンソンの意見を容れて、フォータレザ号は釈放し、その代わり、ロード・アイランド水域内のどの港にも入港を禁ずとの命令で妥協した。しかし、その後、スペイン船籍のこの運送船が、

公然とボストン港へ立ち入ることはしなかったが、ボストン港内に姿を見せているとの風評が立った。
 当然のことではあるが、この異常な事件はプロヴィデンスの町でも取り沙汰されて、積荷の木乃伊《ミイラ》をジョゼフ・カーウィンに関連させて考えない者はなかった。彼の異国人めいた研究と、異様な化学薬品の輸入は、だれもが知るところであ
Posted at 2017/01/16 11:46:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月16日 イイね!
互聯網時代的現在,每天幾乎有成千上萬個網站被建設出來,但是這些網站的建立是基於所有者的需要而創建出來的,而不是訪問者所需要而被創建出來的,所以流覽者被忽視了。那麼想要你網站的商品或者需要傳遞的資訊給訪問者輕易搜索到,選擇you find 網絡推廣公司幫你實現這個心願吧。

you find 針對客戶的網站在進行網頁優化的過程中,會根據產品的相關資訊而制定緊密的關鍵字,致使客戶網頁的內容和訪問者所需產品時的輸入能夠相聯系的。you find 網頁優化採取簡約的風格,不需要太過臃腫的內容,只需要簡潔和令來訪者心悅誠服的內容,立體化的資訊結構,更重要的就是不需太過繁瑣的內容,只有給來訪者一進你的網站就能夠通過簡約的描述馬上就能夠了解你網站表達的是什麼。

初期的網站建設者會忽略一些細節上的東西,那麼you find 網絡推廣團隊成員就能幫助你在網站的每一個方面細節都會仔細考慮到的。you find 網頁優化會針對網站的一些元素,比如網頁的顏色、架構改變後再整體上是否會給來訪者視覺上有衝擊感的。更是會指引來訪者在搜尋自己需要的產品時能夠通過相關鏈接或者導航菜單輕易進到,從而降低來訪者在流覽網站時的挫敗感,提高來訪者成為會員的轉化率的。
Posted at 2017/01/16 11:45:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月05日 イイね!
情況がそんなわけたしにはできなかった。結局のところ、わたしはこれまでにえた情報から、当然覚悟しておいてもよかった事柄以上に、何か思いがけないことを聞いたのであろうか。また結婚 統籌、名も知れぬ宇宙人がこの屋敷に自由に出入りしているということを、わたしはいままで知らずにいたとでもいうのか? むろん、エイクリーは彼らが不意にやってきたのに驚いたであろう。しかし、その断片的に聞きとれた話のなかの何ものかのせいで、わたしは測りしれぬほどぞっと気味の悪い思いをし、きわめてグロテスクで恐ろしい疑惑を持ち始め、いつまでも寝ずにいて、すべてが夢であることを証明してやりたい、という熱意を奮《ふる》い起こしたものだった。わたしは自分の潜在意識が、まだ表面意識の気がついていない何かしらを把《つか》んだのにちがいないと思う。だが、エイクリーはいったいどうなっているのであろうか? あの男はわたしの友人ではないのか、それに、もしもわたしに危害を加えるような動きがあったら、彼が抗議しないはずがあろうか? 階下《した》から聞こえる平和ないびきは、急に強くなったわたしの恐怖をからかっているように思われた。
 ことによったら、エイクリーも騙《だま》されて、わたしをあの手紙と写真とレコードと一緒に、この山中におびき寄せるおとりに使われたのではあるまいか? あの連中は、われわれPretty Renew 退錢ふたりが知りすぎたという理由で、ふたりを一緒に破滅させようとするつもりなのではあるまいか? エイクリーの最後の手紙とその一つ前の手紙とのちがいがいかにもだしぬけで、不自然であるのは、その二つの手紙のあいだに、なにか情況の変化があったにちがいないのだ、とまたしてもわたしは考えた。何か恐ろしく悪いものがある、とわたしの本能が教えてくれた。すべてが見かけどおりというわけではない。わたしがどうしても飲む気になれなかったあの辛《から》い味のコーヒー――あれは、毒を一服盛るというあの秘密で未知の連中のたくらみだったのではないのか? さっそくエイクリーに話して彼の均衡《きんこう》感覚を恢復させなくてはならない。彼らは宇宙の秘密を見せてやるという約束でエイクリーに催眠術をかけていたのだが、彼ももうそろそろ理性の命ずることばに耳をかさなければならぬ。手遅れにならないうちにこの屋敷から脱けださなくてはならぬのだ。もしも彼に、自由を目ざして脱出する意志が欠けていたら、わたしがそれを与えてやろう。また、もしも一緒に逃げるように彼を説得できなくても、せめてわたしだけは逃げだすことにしよう。たしかに彼は、わたしにあのフォードを使わせて、ブラトルボロの車庫にあれを乗り捨てさせるつもりなのだ。その車がこの屋敷の車庫にあるのをさっきわたしはちゃんと見ておいたのだ――ドアに鍵がかかっていなかったので、見つかる危険のないときに開けておいたのだ――だからわたしはいつでもすぐにそれを使える見こみは充分にあると信じた。夜、会話をしているあいだもそのあとも感じていたエイクリーに対する一時的な嫌悪感は、もういまはすっかりなくなっていた。彼もまた、わたしとひどく似た立場にいるのだから、たがいに協力しなければならぬのだ。彼の体のかげんの悪いことを知っていたので、わたしはこんな急場で彼を起こしたくはなかったが、ぜひそうしなければならないことはわかっていた。なので、朝までこんなところにじっとしているわけにはいかなかった。
 ついにわたしは、なんとかやってやれそうな気がしてきたので、筋肉を自由に動かせるように、元気よく身を伸ばした。慎重にというよりはむしろ衝動的に用心しながら立ちあがると、わたしは帽子を見つけてそれをかぶり、鞄を持つと懐中電灯の助けで階下《した》へおり始めた。緊張しながら、右手にピストルを握りしめたまま、左手ひ陳柏楠とつで鞄と懐中電灯の両方をあつかえるように気をつけていた。そのときでさえ、その屋敷にもうひとりだけ居合《いあ》わすエイクリーを起こしにいく途中だったのだから、どうしてそんなに用心をしたのか、ほんとうはわたしにもよくわからない。
 階下のホールの方へ階段を抜き足さし足でおりていく途中でも、さっきの寝息がいよいよはっきりと聞きとれたし、寝ているものが左手の部屋――夕方入いったあの居間――にいるにちがいない、とわかった。右手は、さっきの会議の人声《ひとこえ》の聞こえた書斎だが、それがいまはぱっくりと口を開けたような暗闇となっていた。掛金のかかっていない居間のドアを押しあけると、わたしはいびきのする方へ懐中電灯の明るく照らしだす円形のあとを辿っていき、しまいにその灯を寝ているものの顔に向けた。が、つぎの瞬間、わたしは急いでその灯をそらすと、猫のようにすばやくまた音をたてずにホールの方へ引っ返
Posted at 2017/01/05 11:21:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月22日 イイね!
るような気がしことがありますが、その録音された声を聞くと、村人たちははっと怯《おび》えて身をこわばらせたものです。それが(例のダヴェンポート論文にある森の中のがやがやという声)つまり村人のおばあさんたちがよく噂《うわさ》をし、真似をしてみせてくれたことのある声によく似ていたからなのです。「声を聞いたことがある」などという人間を世間では眉つばものだと見ることぐらいわたしも心得ています――が、そう決めつける前に、一度このレコードを聞いたうえ、村のだれかにそれをどう思うか、と訊いてごらんなさい。そんなものはまともに相手にできない、とお考えなら、それもいいでしょう。が、背後に何かあるにちがいありませんよ。ほら、「火のないところに、煙はたたぬ」というではありませんか。
 さて、あなたに宛ててこの手紙を書いているのは、議論を始めようというためではなく、あなたのような趣味をneostrata 果酸お持ちのかたならきっと興味をお感じになると思う情報をさしあげるためなのです。これは非公開の手紙です。おもて向きには、わたしはあなたに賛成です。というのはある事情のおかげで、わたしにはわかっているのですが、この件を世間の人が知りすぎるのはどうもよくないのです。わたし自身の研究は、今はもうまったく自分のためだけのものであって、人々の注意をひく発言をして自分の探検した土地に人々を誘うようなまねをしようとは思いません。あれは事実なのです――恐るべき事実なのです。人間でない生きものがたえずわれわれ人間をじっと見張っているというのは。われわれ人間のなかにスパイを入れて情報を集めているのです。そういうスパイの一人だったある卑劣な男から、わたしはこの件に関する手がかりの大部分を手に入れたのです。もっとも、これは、その男が正気だったとすればの話ですが(事実、正気だったとわたしは思っています)。あとでその男は自殺しました。が、スパイはほかにもいると考えてよいだけのわけがあります。
 その生きものは他の惑星から来たもので、惑星間の空間に住んでいて、見かけはぶざまでもエーテルに対して自由自在に抵抗できる力づよい翼でその空間を飛べますが、翼のあつかいかたがあまりにもへたなので、この地球上ではたいした役にはたたないようです。こういうわたしのことを気ちがいだといって追っ払うようなことを;

しなければ、あとでこのことをお話ししましょう。その生きものたちはあの山の下に探く掘った鉱山から金属を手に入れよう淨膚としてこの土地へくるのです。だからわたしは彼らがどこからやってくるのか、わかます。あの連中は、こちらがうっちゃっておきさえすれば、何も害はいたしますまい、が、こちらがあまりに詮索《せんさく》しすぎたらどういうことになるか、わかったものではありません。もちろん、男が大ぜいで出かければ、彼らの鉱山《やま》の居住地ぐら

い跡形《あとかた》もなく壊せるでしょう。彼らが恐れているのもそれです。だが、もしもそんなことが起こったら、もっとたくさん外《そと》の世界からやってくるでしょう――それこそいくらでも。その気になれば地球を征服することぐらい朝飯前でしょうが、いままでのところそんなけぶりもないのは、そうするにはおよばないからです。彼らも騒ぎを起こさずに、事態をそっといまのままにしておきたいの權證到期でしょう。
 思うに彼らは、わたしがあるものを発見したために、わたしを追い払うつもりでいます。わたしはここから東のラウンド・ヒル山の森の中で黒い大きな石を一つ見つけたのですが、その石には、なかば磨滅《まめつ》した未知の象形文字が刻まれています。それに、
Posted at 2016/12/22 11:54:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月12日 イイね!
強くののしるような
したが、その原因は、おもて向き伝染病のせいだということになった。……オーベッドに加担した仲間の窝轮ものと例の怪物や、じっとおとなしくしているもののほかは行方不明になってしまったし、……わたしの親父の消息もそれっきりになってしまった」
 この老人は、だんだん息が切れるようになり、汗をいっぱいかいていた。わたしの肩をつかんでいる手に、ぎゅっと力がこめられた。
「午前中に全部取り片づけられてしまった。……だが、なにか事件が起こったという痕跡はありありと残っていた、……オーベッドが音頭をとって、町の情勢はこれからいよいよ変わるんだといった……例の怪物どももわしらと一緒に教会に集まったし、またある何軒か瘦身の家では、この珍客をもてなさなければならないことになっていた……怪物どもはカナカイ族と行なったように、この町の人間を相手に混血を行なおうとし、オーベッドも、それをとめようなどとはさらに考えなかったようだ。行きすぎたまねをしたものだ、あのオーベッドも……このことに関するかぎり、まず気違いのようなものだ。奴のいうには、怪物どもが魚や宝ものを持ってきてくれる以上、今度は向うのほしがるものをやらなければならないというのだ……
 表だっては別になんの変わりもなかったのだが、ただ、われわれとしたら、どうすれば自分たちのためになるのかということを知っていながら、努めてこの変な連中を避けざるをえなかった。わしらはみんな、『ダゴンの誓い』をたてさせられた。するとそのあとで、また第二、第三の誓いをたてさせられたものだ。とくべつ役に立つものは、とくべつな報酬がもらえた――金塊かなにかだ。――もういくら邪魔をしても無駄だった。海底にはあいつらが何百万もいたからだ。奴らは陸地にあがってきて、人間を一掃しようなどと考えてはいなかったのだ。もっとも奴らを裏切って、そうせざるをえないようにしむければ、そのくらいのことはやりかねなかったろうが。わたしらは、南洋の土人たちがやったように、怪物どもにまじないをかけて、呪い殺そうなんてことはやらなかったし、またカナカイ族の土人も、そのまじないの秘訣を教えてはくれなかった。
 生贄《いけにえ》も、土人たちの飾り物もたっぷり与え、町でゆっくり宿泊できるようにしてやらないと、満足しなかった。よその土地で、こういう話を平気で――というのはお祈りもせずに、という意味だが――聞いていられるものは一人もいまい。秘密は万事、――あの『ダゴンの秘密教団』という忠実なる一派の手に握られていた――子供熊證牛證たちだけは、ぜひ生かしておいて、おれたち人間の究極の先祖である、母親のヒドラと、父親のダゴンのもとに、還って行かなければならんのだ――イア! イア! クトゥルフ・フタグン! フングルイ・ムグルウナフー・クトゥルフ・ル・リエー・ウガ=ナグル・フタグン――」
 ザドック老人は、急に、調子で早口にしゃべり始めた。わたしは思わずかたずをのんだ。可哀そうにこの老人は――酒のせいか、なんとも哀れな深い幻想におちいり、おまけに自分の周囲の荒廃、異常、疾病《しっぺい》に対する嫌悪のあまり、この豊かな空想を生みだすにいたったのだ! 彼は、いま、むせび泣き始め、しわのよった両頬には涙がつたわり、あごひげのなかを流れていった。
「やれ、やれ、わたしが十五の年から見てきたあのことは――メネ、メネ、テケル、ウプハルシン! ――行方不明になった人たち、自殺した人たち――アーカムやイプスウィッチといった町でこのいきさつを話した人たちはいまおまえさんがわたしのことをそう思っているように、みんな気違いだといわれた――しかし、ああ、わたしが見てきたあのことは――さよう、あいつらは、わたしに事情を知られているというので、ずっと前にわたしを殺そうとしたので、わたしとしてはオーベッドに背《そむ》くダゴンの誓いを一回目も二回目もするほかはなかったし、陪審員も、わたしが自分の見たことを故意に触れ歩いたということを証明できなければわたしをおとし入れるわけにはいかなかったのだ……――だが、おれは三度目の誓いだけはどうしてもしたくなかった――そんな誓いをするくらいならいっそ死んだほうがましだと思った。
Posted at 2016/12/12 11:30:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「これから独自の http://cvw.jp/b/2695195/39186170/
何シテル?   01/16 11:46
ですが、ある日のこと
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
愛車一覧
BMW 116i ファッショニスタ BMW 116i ファッショニスタ
ですが、ある日のこと
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.