• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hafafbafkfgのブログ一覧

2017年09月19日 イイね!

こもったようにな

こもったようにな「雨に遭われなすったんじゃな」老人がいった。「この家の近くにおられて、分別よく入ってこられたことをうれしゅう思うとります。わしは眠っとったんでしょうな。そうでなきゃ、入ってこられるのが聞こえたじゃろうに。もう昔のごと若くはありませんので、近頃はようけ眠らんといかんようになっとりますのじゃ。遠くからやって来なさったのかな。アーカムへ行く者もおらんようになったけ、そこん道で人を見かけることものうなってしまいましたわ」
 わたしはアーカムへ行くつもりだといい、勝手に家に入ったことをあやまった。老人はつづけた。
のだろうかと思った。純朴さが示されたことで、わたしがおぼえていた漠然とした不安はほとんどぬぐい去られ、老人が話しだしたときには笑みさえうかべた。
「絵が人間に考えさせるとは妙なものですのう。ほれ、この最初のほうの絵を見なされ。大きな葉をはためかせてる、こげな木を見たことがありなさるか。それにこの連中ときたら。絶対に黒人じゃありませんな。たまげはてた連中じゃて。アフリカにおっても、インディアンに似とるとわしは思うとります。ほれ、ここにおるのは猿というか、猿と人間のあいの子みたいじゃが、けどこっちにおるんは何じゃろうか。こげなもん聞いたこともありませんわ」老人は画家の空想上の生物を指差していった。鰐《わに》の頭をもつ龍に似た生物だった。
「じゃが一番いい絵を見てもらわんと。まんなかへんにあるんじゃが……」老人の声はすこしり、目が明るく輝いた。しかしページを繰る手は、見かけはまえよりぎこちなくなっていたが、その任務にはまことに適切だった。本は頻繁に同一ページが開かれたためでもあるかのように、ほとんどひとりでに開いた。あらわれたのは、食人の風習をもつアンジック族の肉屋を描いた忌わしい第十二図だった。わたしはまた心が騒いだが、おもてにはださなかった。とりわけ気味が悪いのは、画家がアフリカ人を白人のように描いていることだった。店の壁にぶらさがっている手足や四つ裂き部分は凄絶きわまりないもので、斧をもつ肉屋の主人はひどくふつりあいだった。しかし老人はわたしが嫌っているのとは正反対に、その図版をおおいに気にいっているようだった。
「どう思いなさる。こげなもんをご覧になったことはありませんじゃろう。わしはこの絵を見たとき、エブ・ホールトに『あんたを興奮させて血を騒がせる絵じゃな』とゆうてやりましたよ。聖書で人が殺されるようなとこ、ミデアン人が殺されるようなとこを読むとき、こげなものを考えとりましたが、はっきり思いうかべることはできませなんだ。ところが、ほれ、ここにははっきり描《か》かれとる。罪深い絵じゃとは思いますがのう。けど、わしらは皆、罪をもって生まれ、罪のうちに生きとるそうじゃありませんか。この切り刻まれとる男を見るたびに、わしはむずむずしますのじゃよ。それでいつも
Posted at 2017/09/19 11:45:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月08日 イイね!

くすべるよう

くすべるようわたしはバザル・エルトンといい、父や祖父の跡をついで、ノース・ポイントの灯台守をしている。灰色の灯台が海岸から遠く離れて建っているところは、ぬらぬらする岩礁であって、潮がひいたときにはあらわれ、潮が満ちたときには姿を消す。一世紀にわたって、七つの海の堂々たるバーク型帆船がこの灯台のそばを通りすぎていった。祖父の時代には航行する船は多く、父の時代になるとその数もへり、いまではあまりにも少なくなっているために、ときとしてこの星最後の人間になったかのごとく、不思議と孤独が感じられるほどであるageLOC TR90體型管理計劃配合均衡飲食、多做帶氧運動及不帶氧運動,加上NU SKIN優質健康產品,培養健康的生活習慣。飲食方面,實行3333+原則,培養正確的飲食觀,每天吸收足夠及均衡的營養。另外,鼓勵隨時隨地進行簡單的運動,以訓練肌力和肌耐力。

昔は白帆の大型帆船が、遠方遙かな海岸からやってきた。暖かい太陽が輝き、甘い香りが風変わりな庭園や華やかな神殿にたゆたう、東方遙かな海岸からである。年老いた船長たちがよく祖父を訪れては、こうしたことを話し、それを祖父が父に伝え、そして東からの風が不気味に吠えたける秋の夜長に、父がわたしに語ってくれた。まだ幼くて不思議の思いでいっぱいだった頃にもらった本で、わたしはこうしたことや、他にも数多くのことを読みふけったものだ。
 しかし老人の智恵や書物の知識にもまさって素晴しいのは、大洋にまつわる秘密の伝承である。青、緑、灰色、白、黒と色も変化し、なめらかなこともあれば、小波《さざなみ》をたてたり高波をおこしたりする大洋は、決して沈黙をつづけているわけではない。わたしは日がな一日、海をながめ、海に耳をかたむけているので、海のことはよくわかっている。まずもって海は、穏やかな渚《なぎさ》や近くの港の平凡かつささやかな話をしてくれただけだったが、歳月を重ねるにつれてさらに好意を寄せて、他のこと、時間と空間のいずれにおいても遙かに遠い、不思議なもののことを話してくれるようになった。ときとして、黄昏《たそがれ》どきに、水平線の灰色の靄《もや》が分かれて、彼方の光景を見せてくれることもあれば、夜に深い海が澄みきって燐光《りんこう》を放ち、深海のありさまをのぞかせてくれることもある。こうして瞥見《べっけん》したものが、現在の姿でもあり、過去や未来の姿でもあったのは、大洋が山脈よりも古く、〈時〉の記憶や夢をはらんでいるからにほかならない。
 満月が空高くにかかるとき、南方から白い帆船がやってきたものだ。南方からしごくなめらかに音もなく、海面をすべるようにやってきた。海が荒れていようと凪《な》いでいようと、追風であろうと逆風であろうと、帆をいっぱいにふくらませ、異様なまでに長い列をつくるオールをリズミカルに操って、常になめらかに音もなくすべるように進んでくるのだ。ある夜、わたしはその甲板に、髭《ひげ》をたくわえローブをまとう男を認めたが、麗《うるわ》しい未知の海岸に向けて船出しないかと、わたしをいざなっているようだった。その後も何度となく満月のもとでその男を目にしたが、いつもわたしを招いていたNeo skin lab 好唔好,從一次簡單的水漾肌膚護理療程就能夠看得出來。先進美容技術,美容顧問專業,環境又好,靠的是實力說話,好唔好看它的效果就知道了。


 月がひときわ明るく照り輝いている夜に、わたしはついに誘いに応じ、海の上にかかる月光の橋を渡って白い帆船に乗りこんだ。これまでわたしをいざなってくれていた男が、不思議とよくわかる耳に快い言語でわたしを歓迎してくれ、漕ぎ手たちの低く静かな歌声がわきおこるなか、船は海原を滑走し、あの美しい満月の輝きで金色に染まる神秘的な南方へと入っていった。
 そして夜が明けてあたりが薔薇色《ばらいろ》に輝いたとき、わたしが目にした遙かな土地の緑したたる海岸は、晴ばれとして美しく、わたしのいまだ知らざるものだった。海から堂々とそびえたつ台地には新緑の若葉を誇る木々が立ちならび、そこかしこでは風変わりな神殿の列柱や白い屋根がきらめいていた。緑したたる海岸に近づくにつれ、髭をたくわえた男が、その土地、ザルの国のことを話してくれたが、人間に訪れながらも忘れ去られた美の夢や思いがことごとく、ここにとどまっているのだという。そしてふたたび台地に目を転じたとき、まさしく男の言葉に嘘はなく、眼前に広がる景色のなかには、わたしがかつて霧を人氣護膚品牌!韓國保濕面膜可加強肌膚彈性及其屏障功能,減緩暗瘡及紅印;補濕則能令肌膚長效保濕;清潔毛孔款則能並溶解黑頭和粉刺,韓國面膜 推介加上可愛的粉紅調令人想全包呀〜
Posted at 2017/09/08 11:13:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月28日 イイね!

たえずやっかい

たえずやっかい乗客たちが下船の準備をはじめるごろ、ジェイコブは降下の途中、軽いトランス状態に入ってしまったことを思いだして、愕然とした。あのとき、おれはケプラーの上着につかまった視光師
くようにして身を起こした。新しい姿勢をとると、マーティンの目をまっすぐ見すえて、
「わたしは、彼らのことなど、気にしてはいない。ファ・ギンは、消極的、なロマンティストにすぎない。デムワは、愚か者、のように見える。ファ・ギンの友人は、みんなそうだ。
そうではなく、もっと気になるのは、いまや基地の、トラブル・メーカーとなった、ふたりの存在だ。ここにくるまで、知らなかった、ことだが、基地のスタッフには、ひとり、チンプがいるな。彼とあの、ジャーナリストは、われわれがここに、到着して以来、ごとを、巻き起こしている。ジャーナリストのほうは、基地の要員たちに、無視、されて、騒ぎたてているし、チンプのほうは、しじゅう、カラにまとわりついて……あれを、〝解放〟、しようとしている、ありさまだ。こんなことでは魚肝油 維他命……」
「カラが命令をきかなくなったんですか? たしか、彼の奉仕期間は……」
ババカブはばっと椅子からとびあがると、シュッと息を吐きだし、鋭い歯をむきだした。「話の、途中で、口をはさむな、この、人間、めが!」マーティンの隠えているかぎり、ババカブの地声を聞いたのは、これがはじめてだった。キーキーというかんだかい怒声は、ヴォーダーからのことばを圧して、耳に痛いほど響いた。
しばらく、マーティンは身も心もしびれたようになって、身動きもできなかった。
ババカブのこわばった姿勢が、徐々にリラックスしはじめた。ほどなく、逆立った毛皮は、ほとんどもとのようになめらかにもどった。
「謝罪、しよう、人間=マーティン。原始的種族が、このような、ささいな過失を犯した、からといって、激昂するぺき、ではなかった」
マーティンは音をたてないようにしながら、ためていた息を吐きだした。
ババカブはふたたび腰をおろし、「きみの質問、に答えよう。カラは務めを、忘れては、いない修身。親種族、の権利によって、わが種族、は彼の種
Posted at 2017/08/28 19:01:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月23日 イイね!

い方向に進んでおる

い方向に進んでおるり返って、
「また、来るからな、シオン………」
 初めて俺はまた来ようと思った。
 今までは辛い場所。思い出すだけでも辛い場所。
 でも、サトミのおかげで俺はまた来ようと思った。
 ちゃんと届いているのなら。
 それなら構わないと思えたから。
 足取りは来るときとは正反対に軽かった。

「ほうほう、しっかり覚えておったか」
「あんたが戻って来いっていったんだろ?」
 研究所に戻ってきて変態博士の開口一番がそれだったために、思わずそう言ってしまった。
「いやなに、戻ってくる可能性は五分五分だと思ってたからな。忘れるのではないか、と」
「たった1時間ほど前のことじゃないか」
 この研究所を出て、シオンの墓参りに行ってからまだ1時間ほどしか経ってない。
「なら、たったその1時間の間に、えらくいい顔つきをするようになったな」
 俺を見ながら、そう言う博士。
 うっ、鋭い。
「ああ、………まぁ」
 俺はお茶を濁しておいてた。
 サトミが何かいっているが気にしない。
「はっはっは。まぁよい。いのは間違いなさそうじゃしな。顔を見ればそれぐらい分かる」
 そういって、博士は俺のほうに向かっていた体をくるっと反転させ、研究室の机の方に向かった。
「で、何か用があるんだろ、博士?」
「うむ、そうじゃ。ちょっと待ってくれ………」
 そういいながら、ごそごそ。
 机の上をごそごそ。
 移動して、直径2メートルある、このウォンウォン動いている機械をごそごそ。
 あっちでごそごそ、こっちでごそごそ。
「で、いい加減見つかったか?」
 きっちり5分ほど経った頃になってようやく尋ねてみた。
「書類だけがどうにも見つからん………って、あっ
Posted at 2017/06/23 11:11:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月12日 イイね!

られてしまった

られてしまった
 さっき博士が紙を使ってやってくれたのはどういうことだ?
 俺は紙に沿って行くのが最短だといった。
 しかしそれは違う。避孕方法
それでは紙の上を沿っているのだから机に置いたときと変わらないはずだ。
 空中に浮かすと何が違う?
 最短距離?
 数光年が………数日?
「では、これが最後のヒントだ。光は………“曲がる”のだ。最短距離を通らずに………な」
 あっ………そういうことか!
 俺はハッと息を飲み、すぐにさっき博士がやっていたように紙の対角線上の隅を持ってΩの形になるように空中に持った。
 そして、俺は、その手に持っている2点を結ぶようにして視線を動かした。
 そうだ、最短距離はここじゃないか。
「………どうやら分かったようだな」
 博士はそう言ってうれしそうに笑った。
『おめでとう。ちゃんと分かったのね』
「ああ、時間かかったculturelle兒童益生菌けどな」
 俺はサトミの言葉に苦笑を浮かべながら肩をすくめた。
 何のことはない。簡単なことだ。
「ふむ、ちゃんと分かったようだが、一応ワシの口から説明しておこう」
 そういって、博士は俺の手にある紙を取り、机の方に向かっていく。
「簡単なことだった。光は曲がるのだ。決してまっすぐなど進んではおらんのだ。 ガイルは存在する。しかし、“そこ”には存在しないかもしれない。ガイルはもしかすると我々が見ている反対側にあるのかもしれない。 光は重力によって曲がる。光を曲げるほどの質量を持った物質———ダークマターが大量に存在するこによって歪め光は、決してまっすぐ進んではおらんのだよ」
 そう言いながら、博士はその紙を机の上において、再びこっちの方にやってきた。
「ダークマター………聞いたことがあるよ。この宇宙の質量の大半を占める物質だとか」
「うむ、それでほぼ間違いない」

 この博士のこういうところは好きだった。
 いつもその目は優しそうで、だから俺も決してこの人と一緒にいるのがいやではなかった。
 いやむしろ、一緒にいたいと思っている。
 かなり尊敬もしているし、幼成人益生菌いころに両親を亡くした俺にとって、博士は父親のような存在だ。
 ………まぁ、結構無茶苦茶な父親ではあるが。
 そんなことを思いながら、ワイズテリー航法について考えていると、ふと疑問に思うことがあった。
 あれ、じゃあどういうことなんだ?
Posted at 2017/06/12 11:49:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「こもったようにな http://cvw.jp/b/2695195/40434000/
何シテル?   09/19 11:45
ですが、ある日のこと
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
ですが、ある日のこと

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.