車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月29日 イイね!
の光輝くものだっわたしよりも経験を積んではいるが、想像力の劣る、同僚の医者や科学者には、まったく理解もできないような何かがあると。
 しかしスレイターからはっきりしたことは何も聞きだせなかった。わたしが調べてまとめあげたものによると、スレイターはなかば物質的な夢の人生において、人間には未知の果しない領域にある、光輝く驚異的な谷、草原、庭園、都市、光の宮殿を、さまよっているか、漂っているのだった。そこでは農夫でも堕落した者でもなく、誇らしげに威厳をもって進み、行手《ゆくて》をはばむのはある種の恐ろしい敵だけで、どうやらこの敵は、目には見えるものの、触知できない存在であるらしく、またスレイターがただ「もの」というだけで、人間といったことがないことからも、人間の姿であらわれるのではなかった。この「もの」がスレイターに恐ろしい、いいようもなくひどいことをしたので、この狂人は(狂っているとしての話だが)恨みを晴らしたがっているのだった。
 スレイターが出会いについてほのめかすその言葉づかいから、スレイターとその輝くものとが対等の立場で出会ったのだと、わたしは判断した。夢のなかでのスレイターは、彼自身、敵とおなじ種族たのだ。この印象は、空を飛んで、邪魔をするものを殺すと、スレイターが繰返しいうことで支持された。しかしこうしたことのすべてが、内容にはまったくそぐわない、ひどいなまりのある言葉で告げられるので、わたしとしては、夢の世界が実際に存在するなら、思考の伝達手段が口頭の言語ではないと、そう結論づけざるをえなかった。この劣った肉体に宿る夢の魂が、鈍重な男がどもりながら口にする単純な言葉では伝えられないものを、やっきになって話そうとしているようなことは、はたしてありうるのだろうか。もしも見いだせて読みとるすべがわかるなら、謎を解きあかしてくれるような、知的な流出物に直面しているというようなことが、はたしてありうるのだろうか。わたしはこういったことを年上の医師にはいわなかった。中年ともなれば、疑り深くて、皮肉ばかりいい、新しい考えをうけいれようとはしないからだ。それにこの病院の院長は、ごく最近、父親ぶった態度を見せて、わたしが働きすぎだといっていた。体だけではなく、心も休めなければならないと。
 わたしが長いあいだあたためていた考えは、人間の思考が、基本的には原子や分子の運動からなりたっていて、熱や光や電気のように
Posted at 2017/03/29 11:14:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月20日 イイね!
口を開きましたがミルドレッドは、両手で口をおおい、ハンカチをおしこもうとしましたが、とても間にあいません。さいごには、からだを折りまげて、本格的にわらい始め、あんまりわらいすぎて、おなかが痛くなってしまいました。
「ミルドレッド・ハブル!」dermes 脫毛とうぜんのことに、バット先生の声が、教室中にひびきわたりました。こんなばかさわぎは、許さないぞ、というだんことした声です。それでもやっかいなことに、ミルドレッドのわらいはおさまらず、静かになった教室にこだましています。
「ここに出てきなさい。すぐにです!」バット先生は、命令しました。
 ミルドレッドは、足どり重く、つくえの間を通りぬけ、ピアノの横に立ちました。ミルドレッドは、深呼吸をして、なんとかまじめな顔をしようとしましたが、顔は、わらいでゆがみ、頭の中では、まだイーニッドの声が聞こえています。
 バット先生は、おこったとき、いつも決まってふたつのことをします。ひとつめは、さかんにうなずきはじめることで(今、まさにそうしています)、もうひとつは、耳のうしろから指揮棒を取って、オーケストラに向かったときのように、ふりたてることです(これも、やり始めました)。ミルドレッドは、先生が心底おこっているのだと、わかりました。
「うかがわせていただきましょう、いったいどういうわけで、そんなにうかれて、おまじないの授業を、めちゃくちゃにするのですか?」バット先生は、冷たく問いただしました。「ほかにはだれも、わらっている人など、いないようですよ。なにがそんなに科研項目おかしいのか、教えてもらいたいものですね!」
 ミルドレッドは、モードとイーニッドをそっと見ました。モードはじっと自分の足もとを見つめていますし、イーニッドは、いたずらなんて知りませんといった、清純そのものの顔をして、天じょうを見あげています。
「あのう——」ミルドレッドは、、とたんにわらいが、こみあげてきて、またもやどっと、わらいくずれてしまいました。
 とうとうわらいが、おさまったときには、ミルドレッドは、すっかり息を切らしていましたが、口はきけるようになっていました。
「さて、ミルドレッド」バット先生は、はりつめたバイオリンの弦のように声をふるわせて、「わたくしはさっきから、納得のいく説明を待っているのですよ」
「イーニッドが、調子をはずして歌うのです」と、ミルドレッド。
「なんてこと!」と、バット先生。「このたわけたふるまいが、そんなあきれた理由からとは! とても信じられません。イーニッド、ちょっと、出てきてくださいな」
 イーニッドは、前に出てくると、ミルドレッドならんで、ピアノの横に立ちました。
「さて、イーニッド」バット先生は、やさしくいいました。「うまく歌えないからといって、はずかしがることはありませんよ。ミルドレッドが、あなたの歌をわらいものにしたこ阿柏西普となど、気にかけないでほしいと思います。さて、それでは、『ヒキガエルの目』の一小節か二小節を、聞かせてください。なにか、手助けができるかもしれませんから」
 イーニッドはしかたなしに、前と同じように、わざと音程をはずした調子っぱすれの声で、歌い始めました。
Posted at 2017/03/20 11:22:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月13日 イイね!
を捜しているんじ薄暗い空からさすかすかな光のなかでも、ガリオンは友だちが真っ赤になるのを見ることがNeo skin lab 呃人できた。
「それとどういう関係があるんだ?」ベルガラスがきいた。
「たんなる自説さ。証明はできん。おれがいま知っている女魔術師はポルガラだけだし、彼女は妊娠したことがないからな」
「いつかは説明してくれるんだろうな」
「それほどこみいったことじゃないんだ、ベルガラス。女の体は腹に赤ん坊がいると、ちょいと混乱をきたすのさ。感情や思考過程に妙な影響をもたらすんだな。〈意志〉を集めるには、精神の

抑制と集中力が必要だ。妊娠しNeo skin lab 美容た女はそのたぐいのことができなくなる。いいか――」ベルディンは妊娠にともなう肉体的、感情的、知的変化について長々と説明しつづけた。臆面もなく写実的

言葉でしゃべった。すぐにセ・ネドラとヴェルヴェットが断固エリオンドをひきつれてそばを離れてゆき、それからまもなくダーニクもいなくなった。
「ひとりでいまのことを全部解きあかしたのか?」ベルガラスはたずねた。
「ゼダーがトラクを隠した洞窟を見ているあいだに、じっくり考える暇があったのさ」
「すると、五百年もかかったわけか?」
「あらゆる可能性を網羅したと確信したかったんだ」ベルディンは肩をすくめた。
「どうしてポルにきかなかったんだ? すぐに教えてくれたはずだぞ」
 ベルディンは目をぱちくりさせた。「そのことは考えつかなかったな」
 ベルガラスは首をふりふり歩きさった。
 しばらくたったころ、突然金属をこすりあわせたような咆哮が、西の暗い空からつたわってきた。
「みんな伏せろ!」ベルガラスが押し殺した声で言った。「静かにしてろよ!」
「なにごとだ?」ザカーズが叫んだ。
「だまれ!」ベルディンが鋭く言った。「聞かれちまうぞ!」
 頭上からばかでかい翼のはばたきが聞こえ、すすけたオレンジ色に逆巻く火が見えた。次の瞬間、巨大な獣が劉芷欣醫生甲高い声をあげ、炎を吐きながら通過した。
「なんだったんだ、あれは?」ザカーズがまた言った。
「ザンドラマスだ」ガリオンはささやいた。「大声を出すな。引きかえしてくるかもしれない」
 一同はようすをうかがった。
「ポルの立てた音のほうへ向かっていくようだな」ベルガラスが低い声で言った。
「少なくともおれたちゃないわけだ」シルクがほっと安堵の息をついた。
「とにかく、いまのところはな」
「本当のドラゴンではなかったのだろう?」ザカーズが老人にたずねた。
「ああ、本物ではない。ガリオンの言ったとおり、ザンドラマスだったのだ。ドラゴンはザンドラマスのもうひとつの姿なのだ」
「いささか人目をひきすぎるのではないか?」
「ザンドラマスはそうしたくてたまらないらしい。なにかはなばなしいことをやらないと、攻撃的になれんのだ。女であることとなにか関係があるのかもしれん」
「聞こえましてよ、ベルガラス」セ・ネドラの脅しをふくんだ声が空き地の向こうから言った。
「わしが言わんとしたことはそういうことではなかったのだよ」老人は半分あやまるように言った。
 雪のように白い梟《ふくろう》が枯木の森から舞い降りてきた。つかのま焚火のそばで
Posted at 2017/03/13 11:49:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月01日 イイね!
この風呂桶を岸
「つまりさ、いつものダーニクはかれがそばにいることをこっちが忘れちまうくらい控えculturelle兒童益生菌目なのに、岸にいたときは、自分ひとりで取り仕切ってたじゃないか」
「ダーニクはいつだってそうなんだよ、シルク。ぼくたちのやってることがあまりよく知らないことだと、だまってついてきて目を見開いてる。だが、知ってることとなると、主導権をとって、やらなきゃならないことをやるんだ」ガリオンは愛情をこめて肩ごしに古い友人をふりかえった。それからいたずらっぽくシルクを見た。「ダーニクはおぼえるのもすごく早いよ。いまじゃ、シルクに負けないぐらい有能な密偵になっているんじゃないかな。メルセネで豆の市場をシルNeo skin lab 騙クが操作していたときもじっと観察してたからね。もしダーニクが密偵稼業をする決心でもしたら、シルクもヤーブレックも尻尾の羽の数をちゃんとおぼえておいたほうがいいよ」
 シルクの顔が少し心配そうになった。「まさかそんなことしやしないだろう?」
「するかもしれないさ。シルクはダーニクのことを本当には知らないんだよ、そうだろ?」
 太陽がさらに高くのぼったときには、霧が日光をおい散らし、まわりの世界はモノクロームになった――白い霧、先へ進んでいるのかどうか、進んでいるとしてもそれが正しい方角なのかどうかさっぱりわからない黒い水。ガリオンは自分たちが完全にセ・ネドラに頼っていることに、多少の違和感をおぼえた。かれらを針路からそらさない角度で手すりにつけられたしるしの延長線上に浮いている紐を見ているのは、彼女の目だけなのだ。妻を愛しているとはいえ、セ・ネドラには気まぐれなところがあるし、彼女の判断は常に最上というわけではない。しかし、右舷や左舷に向けるセ・ネドラの執拗な身振りは、ためらいのかけらもなければ、確信の欠如も示しておらず、ダーニクはおとなしくそれにしたがっている。ガリオンはためいきをついて、こぎつづけた。
 午前九時ごろ、霧が晴れはじめると、ベルディンがオールをひっこめて、ベルガラスにたずねた。「おれがいなくてもなんとかなるか? おれたちがどんなところへ突っ込もうとしてるのか、正確に知っとくべきだと思うんだ。ダーシヴァじゃあらゆるたぐいのいやなことが進行中だからな、そのどまんなかに上陸したくはないだろう柬埔寨旅行團
「こぐのにくたびれてきたんだな、え?」老人は皮肉たっぷりに答えた。
「その気になりゃな、おれは船をこいで世界をひとまわりすることだってできるんだ」ベルディンは樫の切株みたいな両腕を折り曲げながら言い返した。「しかし、こっちのほうが重要だろうが。に乗り上げたら、そこでナハズが待ちかまえてたなんてことに本気でなってもらいたいのかよ?」
「どうとでもおまえの正しいと思うようにしろ」
「いつだってそうしてるぜ、ベルガラス――たとえそれがときたまおまえを不愉快にさせようともな」薄汚い魔術師は船首のほうへ歩いていき、ことさらなまりを強調してセ・ネドラに言った。「せっかくだがね、かわいこちゃん、おれはここで失礼するよ」
「あのオールをこいでくれなくちゃ困るわ」セ・ネドラは反対した。「もしみんなが逃げだしたら、どうやって針路を保てばいいの?」
「心配ないって、かわいこちゃん」ベルディンはセ・ネドラの頬を軽くたたいた。次の瞬間、正体のない笑いを残して彼は霧の中へ姿を消した。
「ここへ戻ってきて!」セ・ネドラは怒鳴ったが、ベルディンはすでにいなかった。
 やがてあるかなきかの微風がそよいだ。ガリオンはそれがオールをこぐ汗ばんだ首のうしろをかすめるのを感じた。霧がわずかに渦まいて、さらに薄れてきた。
 するとぼんやりした黒いものがかれらを取り囲んだ。
Posted at 2017/03/01 11:58:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月21日 イイね!
たれた瞬間にピンと「大丈夫かい?」ガリオンはきいた。
「びっくりしただけですわ」ヴェルヴェットは答えた。「でも、たずねてくださるなんてお泰國旅行團やさしいんですのね」
「おやさしいだって!」ガリオンは急に腹がたった。「きみはぼくにとっては妹みたいなものなんだぞ、リセル。もしきみが怪我をすれば、ぼくはそれを個人的痛みとして受け止める」
「はい、陛下」ヴェルヴェットの微笑が突然部屋をあかるくした。
「ふざけないでくれ、ヴェルヴェット。勇敢にふるまおうとなんてするな。痛いなら、痛いというんだ」
「ちょっとした打ち身ですわ、ベルガリオン」ヴェルヴェットはさからった。その大きな茶色の目には真実がいっぱい浮かんでいたが、その大部分は見せかけだった。
「お尻をたたくぞ」ガリオンは脅かした。
「あら、それはおもしろいこと」ヴェルヴェットは笑った。
 ガリオンはその返事については一顧だにしなかった。ただ身をかがめて、リセルの額にキスした。
 彼女はちょっとびっくりしたようだった。「まあ、陛下」おどろいたふりをして言った。「いまのをセ・ネドラがごらんになったらどうでしょう?」
「なんとも思わないさ。セ・ネドラはぼくと同じくらいきみを愛してる。ポルおばさんにその肩を見てもらおう」
「ほんとうになんでもないんです、ベルガリオン」
「ポルおばさんと議論したいのか?」
 ヴェルヴェットは考えこんだ。「いいえ。やめたほうがよさそうですわ。わたしの手を握っていてくれるようにケルダーを呼んでいただけます?」
「ほかには?」
「よろしければ、もう一Neo skin lab 美容度キスを」
 ポルガラは治療者らしいそっけなさで、ヴェルヴェットの灰色のドレスの前を開き、注意深く金髪の娘の肩にできた紫色のあざを診察した。ヴェルヴェットは顔を赤らめて豊かな胸を慎み深くおおった。
「どこも折れていないと思うわよ」ポルガラは傷ついた肩をそっと探りながら言った。「でも、かなり痛くなりそうね」
「そのことはひょうに打きました」ヴェルヴェットが痛みにひるみながら言った。
「ねえ、サディ」ポルガラはきびきびと言った。「よく効く鎮痛剤が必要なの。なにがいいと思う?」
「オレトがありますよ、レディ・ポPretty renew 旺角ルガラ」宦官は答えた。
 ポルガラは思案した。「だめね。それだと体がしゃんとなるまで二日はかかるわ。ミゼスはある?」
 サディはいささかぎょっとしたようだった。「レディ・ポルガラ」抗議口調で言った。「ミゼスはすばらしい鎮静剤ですが――」と痛がっているヴェルヴェットを見た。「例の副作用があるじゃありませんか」
「必要とあらば、わたしたちでリセルをコントロールできるわ
Posted at 2017/02/21 11:37:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「の光輝くものだっ http://cvw.jp/b/2695195/39530973/
何シテル?   03/29 11:14
ですが、ある日のこと
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
愛車一覧
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
ですが、ある日のこと
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.