車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月24日 イイね!
が連立してるそその友人は職場のイビリが原因で、ものが食べられなくなり、拒食症状態で
体調がずっと思わしくなく、滋賀の病院に数年かかっていたのですが、
「月曜から奈良の病院に入院することになった」と聞いていました。
その彼女から土曜に「もうアカンかも…。意識がもうろうとして…」と
いうメールが朝の5時半に入り、こりゃヤバイとあわてて車を飛ばして家に行くと、
這うようにしてドアを開けてくれたものの、そのまま倒れて意識がなくなり
ケイレンし出したんです。
たくさんの子ども達と接している仕事柄、そういう場合の対応の研修も頻繁に
受けてはいたのですが、実際目の前で起こると「冷静な対処」も「正しい処置」も
ブッ飛んでしまい、とりあえず救急車を呼んだものの、「しっかりしてーっ!!」と
半泣きで叫びながらの電話説明をし、救急の人に大変ご迷惑をかけてしまいました。
救急の人から「落ち着いて話して下さい」、と言われる始末で、
「意識ありません、呼吸はしてますっ!!」と言えただけで、
「そちらの住所は?」と聞かれても「わかりません!(だってホントに知らないし)。
○○付近の市営か県営のマンションの1つ」、と情けない返答。
「住所がわからないと救急車を出せない。近くに目印は?」と聞かれ、近くに作業所が
あったのを思い出したけど、その作業所の名前がどうしても思い出せない。
「とにかく○○の近くで作業所があって、隣が幼稚園で、その道のどんつきの黄色い
蛍光灯のあるマンションです!!何とか調べてーっ!!」と無茶苦茶な説明。
それでも救急はスゴイ。ちゃんと調べてすぐに「場所、確認しました!10分で着くから
容態に変化があればまた電話して下さい」との返答。
ホントに10分ほどで救急車が来て、すぐ病院に運んでくれました。
素晴らしい、日本の救急隊!!
Posted at 2016/11/24 11:03:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月04日 イイね!
ら草引きやらでそして、幼いということは、ズバッと直球でものを言ったり、
残虐であったりし願景村 邪教ます。
だから、障がいを持つ子どもたちが過去に受けた心の傷の話を聞くと
それはそれは壮絶なんです。
そんな過去を持って来たデリケートな子どもたちなので、会話や対応
にも気を使います。
だいたい私はガサツだし大雑把。考えるより動く、何でもエイヤで
やってしまうアバウト人間なだけに、順を追って丁寧に説明して
気持ちに寄り添って一枚づつ殼をはがして心の引き出しを開けていく…
というのが一番苦手なタイプ。
それでも子どもたちになんとか自信を取り戻してほしい、人との
関わりかたを学んでほしいと日々頑張っているわけで、ハンパない
気遣いに疲れ果ててる毎日でyou beauty 美容中心好唔好す。

そんな私の初の息抜きとなったゴールデンウィーク。とはいえグ
チャグチャになってる家の片付けやら植木切りや
大半がつぶれましたが、日曜に母に誘われて空き家となってる
美山の家に行ってきました。
祖母が亡くなってから閉めっぱなし、家の戸は冬の雪の重みで
ゆがんでしまって開かないし、カメムシだらけだし、何より
維持費がたまらん。村社会は何をするにも「みんなで労働」。
墓への道掃除に山の芝狩りに川への道造り、毎月どこかの掃除が
ある(これを日役と言います)。
さらに、神社の祭りに寺の行事…住んでなくても家があるから
呼び出しが来る。
行けない場合は金を払わねばならんのです。
そして、住んでなくてもガス?水道?電機代に自治会費、
植木切りに庭の草刈り(隣のたんぼに草が進出するから定期的に
草刈りを頼まねばならん)の代行費用暗瘡印、家があるというだけで、
毎月3万は軽くかかるのです。
Posted at 2016/11/04 11:12:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月28日 イイね!
生き物探しに目
ヨシノボリなどなど、10年前と変わらぬ昆虫や魚がいて、生き物が住む
キレイな川が変わらずsculptra 效果そこにあることを実感し、うれしくなりました。

1才児をおんぶしながら川に入るお母さん、3才児の手を引き川に入り、
子どもほったらかして夢中で捕るお父さん、孫を連れて川を動き回る
お祖父ちゃんと、たくさんの人たちがを輝かせて
楽しんでおられました。
琵琶湖博物館の桝永先生から「こうやって網を草の下に入れて草の上を
足でグイグイ押すと捕れるよ」と教わり、みんなが先生とガサゴソグイグイ。
びっくりした生き物たちが飛び出して網に入ります。オニヤンマや
タイコウチなどの大物が捕れるとみんな大騒ぎ迪士尼美語世界

1時間ほど捕ったあと、それらをバットに分類し、先生からそれぞれの
特徴や生態を教わります。
「アメンボは「飴ん棒」と書く。飴の匂いがするからこの名前が
ついたんだよ」とか、「タイコウチは太鼓を打ってるような動きをするよ、
見てごらん」、とか、「オニヤンマのヤゴはトンボになるまでに2年かかる。
だからオニヤンマがいたら、少なくとも2年はこの川がキレイでトンボが
住める環境だったことがわかるんだ」など、いろんなことを教わり、
みんな気分は虫博士樂觀面對困難
Posted at 2016/10/28 11:36:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月20日 イイね!
幸福與安然便好深秋的夜晚,多的是壹些淒冷,也曾於薄涼的夜風中,感受那段炙熱的情感,還有在歲月中走過留下的旖旎風光。也曾把無數的相思寄語夜空的明月,回首間,少去壹份心酸,多壹份

。也曾將深深的牽掛德善健康管理,寄語劃過夜幕的流星,只要能在有妳的地點漂落,哪怕壹瞬也好,可這美好的願景,終經不起光陰的考驗。心冷了,壹切也就跟著寂滅了。

冰冷的晶瑩,寫滿了流光的淒語,滑落時,不止有刺熱,還有酸澀與種種困惑。

心字成灰,情隨緣滅,壹生顛沛流離,只是為了幸福,尋找心靈可以棲息的港灣。夢落瀟湘,只是為了幸福,尋找生命最後的歸宿。也只願花落時,不會再是曲終人散的結局。也只願易逝的流光裏言語治療


不會再有曲終人散的傷感。時光讓愛情的煙火隕落,故事裏的點滴也在慢慢的消失,昨夜的風堙滅了往事了無痕,昨夜的夢裏,也已沒有了妳我初遇時的心動。

曾經牽手走在時光的旅途裏,跟隨清風的腳步,我們都曾憧景過最美的幸福與浪漫,這壹路淒冷的風景裏只是壹個人的跋Pretty renew 雅蘭

幾度煙花絢爛,幾度淚影闌珊。行走在季節的風裏,思緒總會在停留時,留下壹絲黯然,回憶觸碰的疼痛,讓悲傷壹直在夢中延續。
Posted at 2016/10/20 11:08:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月13日 イイね!
文章というも
外国の人に対して礼儀に気をつけ、親切にすることは、文明国人たる者の
心がけるべきことであります。(資料「第四期尋常小学修身書巻五」)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうですよねPretty Renew雅蘭。むかしはしぜんに家庭の中で教わったことでしたが……。

短歌

友人とランチが楽し久しぶりわきでるごとに話しがとぎれず
俳句
秋の雨合間を縫って散歩する

久しぶり友とのランチばい美味し

あさおきて、かおをあらって、ごはんをたべて、それからがっこうへいきました……
そこでもう、ただ鉛筆を舐めている言語治療。その先へは進めない。
楽しかったことや、辛かったことも書いたらいい、と先生。
やすみじかんに、こうていで、やきゅうをしました……
それは楽しかったことだ。しかし文章にしてみると、すこしも楽しくなかった。

一日のあったことを、ありのままに書いたらいい、と先生。
ありのままに書くとは、どう書くことなんだろう。楽しかったことを、楽しかったこととして書くとは、どう書くことなんだろう。
そもそも、なぜ文章など書かなければならないのだろうか。
ぼくは書くことが苦手だった。というか、のが書けなかった。

ありのままを言葉にする。あると思えるものを言葉にするM 字額
Posted at 2016/10/13 10:52:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「が連立してるそ http://cvw.jp/b/2695207/38903064/
何シテル?   11/24 11:03
われは撤退を開始でき
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 1Mクーペ BMW 1Mクーペ
われは撤退を開始でき
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.