• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

われは撤退を開始できのブログ一覧

2017年06月15日 イイね!

ことになった

ことになったれというのも、雷雨の最中に山のなかをさまよったり、父親が二世紀まえのウェイトリイ家からうけついでいて、歳月と虫喰いによってぼろぼろになった、悪臭はなつ書物を読みふけったりするような、孤独な女だったからだ。学校に行ったことはなかったものの、父親の老ウェイトリイに教えこまれた太古の伝承を、雑然と頭に詰めこんでいた。隣家からも離れた農家が常に恐れられていたのは、老ウェイトリイが黒魔術をおこなうという噂のためであり、そしてラヴィニアが十二のとき、母親が不可解な変死をとげたことによって、この農家の評判は一層悪化してしまった。こうした尋常でない孤立した環境の影響をうけるまま、ラヴィニアはあられもない奔放な白日夢と風変わりな仕事にふけることを好むようになった。そしてひまな時間を家事に費すというようなこともなかったため、ごくあたりまえの秩序や清潔さといったものは、とうの昔に家から姿を消してしまっていた。
 ウィルバーが生まれた夜、山鳴りや犬の吠え声をしのいで絶叫があがったが、出産に際して医者や産婆が立ちあったという事実はなかった。隣人たちがウィルバーの誕生を知ったのは、一週間後、老ウェイトリイが雪のなかを橇《そり》でダニッチ村へ行き、オズボーンの雑貨店にたむろしていた連中にとりとめもない話をしたときのことだった。ありふれた家庭内の出来事にとりみだすような男ではなかったというのに、老ウェイトリイには以前とはうってかわったところがあったらしい――ふさぎこんでいるばかりか、妙に人目をうかがうところがあって、いままで人びとに恐れられていた老ウェイトリイ自身が何かを恐れるという、微妙な変化がおこっているようだった。そうではあっても、後に娘に気づかれるのとおなじ自尊心のいくばくかを示して、そのとき子供の父親についてしゃべった言葉は、それを聞いた者の多くが何年も忘れずにおぼえこむ。
「みんながどう思おうが、わしは気にもしねえさ――ラヴィニアの子供が父親に似とって、おまえたちの想像もつかねえ姿をするようになることはな。このあたりにいるのが自分たちだけだとは、おまえたちも思わねえほうがいい。ラヴィニアはちょっと本を読みかじって、おまえたちのほとんどが口先だけでしかいえねえようなすげえものをば、ちゃんと目のあたりにしとるのよ。わしが思うに、ラヴィニアの亭主は、アイルズベリイのこっちがわで見つけだせる最高の男だな。わしくらい山のことをよう知らねえかぎりは、教会で結婚式をあげたほうがええとか、あれこれラヴィニアにいわねえこった。ついでにいっとくが――ラヴィニアの子供がセンティネル丘のてっぺんで親父さまの名前を呼ぶのを、いずれそのうち耳にすることになるだろうよ」
 子供が生まれて最初の一ヵ月のうち、その子ウィルバーを目にしたのは、まだ堕落してはいないウェイトリイ家の年老いたゼカライア・ウェイトリイと、アール・ソーヤーの内縁の妻、マミー・ビショップだけだった。マミーが訪れたのは率直にいって好奇心にかられてのことで、それが証拠に見聞きしたことをあとで存分に吹聴したものだが、ゼカライアのほうは、息子のカーティスが老ウェイトリイに売ったオールダニー種の乳牛を二頭届けにいった
Posted at 2017/06/15 11:11:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月31日 イイね!

い義務となって

い義務となって、わたしたちは注意深く写真に撮《と》っているので、計画されているスタークウェザー=ムーア證券行比較探検隊の出発に対し、それに反対する訴えを支持するものとして、この写真を提示する用意がある。
 格納庫で死体を発見した後、わたしたちが次にとった行動は、雪で五芒星形の塚がつくられて一列にならぶ、異常きわまりない墓を写真に撮って、掘りおこすことだった。わたしたちはこの奇怪な塚が、一群の孔が開けられていることで、気の毒なレイクの描写する、不思議な緑がかった石鹸[#「鹵+僉」1-94-74]石に似ている点を見のがすはずもなく、鉱物が山のようになっているところで石鹸[#「鹵+僉」1-94-74]石そのものを見いだしたとき、その類似が顕著なものであることを知った。はっきりさせておかなければならないが、石鹸[#「鹵+僉」1-94-74]石の全体的な形は、始生代の実体の海星《ひとで》状の頭部を忌わしくも連想させるようなものだったため、疲れきったレイクの一行の過敏になった精神に、この連想が強く働いたにちがいないという点で、わたしたちは意見を一致させた。
 狂気――ただひとり生きのこっていると思われるゲドニーに収斂《しゅうれん》する狂気――というのが帝國金業黃金買賣、口にされた発言に関するかぎりでは、誰もが思わず知らずとった解釈だったとはいえ、正気であればつきつめて考え抜くのがはばかられる奔放な推測を、わたしたちの各自がもっていたかもしれないことを否定するほど、わたしとしても単純素朴な人間ではない。シャーマン、ピーパディ、マクタイは、その日の午後に、あたり一帯を飛行機で徹底的に飛びまわり、ゲドニーとなくなったさまざまなものを双眼鏡で探しつづけたが、何も見つからなかった。彼らの報告によれば、山脈が巨大な壁のように、高さや構造の変化なく、右にも左にも果しなく連なっているという。しかし一部の山頂では、規則正しい立方体や塁壁のような構造が目だって顕著で、レーリヒの描くアジアの丘陵の廃墟に驚くほど似ているとのことだった。雪が吹き飛ばされて黒ぐろとした山頂に点在する謎めいた洞窟は、見わたすかぎり存在しているようだった。
 あたりに恐怖が蔓延《まんえん》するにもかかわらず、わたしたちは純然たる科学的情熱と冒険心をもって、神秘的な山脈の背後に広がる未知の領域に思いをめぐらした。内容をおさえた報告で伝えたとおり、わたしたちは恐怖と当惑に満ちた一日が終わったあと、真夜中に眠りについた――もっとも、軽量化した飛行機に航空カメラと地質調査の機材を積み、翌朝から、山脈を越えられる高度で一度以上飛んでみるという、暫定的な計画を立てていた。ダンフォースとわたしがまずその任務につくことに決まり、朝早く計画を実行するため午前七時に起床したが、風が強くて――外の世界に向けて送信した簡単な報告で伝えたとおり――出発は午前九時近くまで延期された。
 十六時間後にもどってから、ダンフォースとわたしがキャンプのみんなに語った――そして外部にも伝えられた――あたりさわりのない話は、既に記している。いまわたしにとって恐ろしいるのは、その慈悲深い空白部分を、わたしたちが隠された山脈の向こう側で実際に目にしたものの暗示――結局ダンフォースを神経病におちいらせることになっpola 抗衰老た意外な事実の暗示――でもって埋め、この話を敷衍《ふえん》しなければならないということだ。ダンフォースが――神経病の妄想によるものであるにせよ――自分ひとりが見たと思っているものについて、率直な言葉を聞かせてくれればいいのだが。おそらくそれこそが、ダンフォースをいまの状態におちいらせることになったものなのだ。しかしダンフォースはかたくなに口をつぐんでうちあけてはくれない。わたしにできることといえば、わたしとと
Posted at 2017/05/31 11:34:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月18日 イイね!

れる原因になっ

れる原因になっ
 や槽生歯類動物の残骸Neo skin lab 介紹人、巨大な海龍の頭蓋骨の断片、恐龍の脊椎と甲殻の一部、翼龍の歯と翼の骨、始祖鳥の断片、中新世の鮫の歯、原始的な鳥の頭蓋骨、そのほか馬亜目、剣歯虎、暁馬、オレオドン、ティタノテレスといった太古の哺乳動物の骨と同定されるものがあるということだった。マストドン、象、駱駝《らくだ》、鹿、牛属の動物のような、比較的新しいものは一つとしてなかった。レイクはこうしたことから、最後の堆積が漸新世のあいだにおこり、空洞のある地層がすくなくとも三千万年にわたって、現在の乾き、死に絶え、近づけない状態にあったと結論づけた。
 一方、きわめて初期の生命体がふんだんにあることは、きわめて奇異なこととしか思えなかった。六放海綿綱のような典型的な化石があることからも、石灰岩の構造は断固まちがいなく初期白亜紀のものであって、それより古くはないはずだが、空洞内に別個に存在する断片には、これまで遙かに古い時代に特有と考えられていた生命体――シルル紀やオルドヴィス紀の原始的な魚類、軟体動物、珊瑚さえ――おびただしくあったのだ。これから推定されるのは、まさにこの場所において、三億年以上まえの生命体とたかだか三千万年まえの生命体に、他に例のない驚くべき連続性があったということだ。洞窟が閉ざされた漸新世以降、この連続性がいつまでつづいたのかは、およそ推測することもままならなかった。ともあれ、五十万年まえの更新世――この空洞の古さにくらべれば昨日のようなもの――に到来した恐ろしい氷が、通常の生存期間を超えて局所的に生きながらえた原始的な生命体を、絶滅させることになったにちがいない。
 レイクは最初のメッセージを送るだけで満謝偉業醫生足することなく、モウルタンがもどるまえに、また通信文を書いて、雪のなかをキャンプにもっていかせた。それ以後モウルタンは飛行機の無線機につきっきりになり、レイクが次つぎにもってこさせる追加情報を、わたし――そして外の世界に中継するためにアーカム号――に送信しつづけた。当時の新聞を読んでいた人びとなら、あの日の午後の報告――わたしが思いとどまらせようとしているスタークウェザー=ムーア探検隊が長い月日をおいて結成さた報告――によって、科学者たちが興奮したことを、よくおぼえているだろう。レイクが送ったとおりの文章を、わたしたちのベース・キャンプの無線通信士マクタイが、速記から反訳《ほんやく》したままに記すのがいいだろう。
 
[#ここから2字下げ]
爆破によって粉ごなになった砂岩と石灰岩に、ファウラーがきわめて重要なものを発見している。例の始生代の粘板岩にあるものに似た、明瞭な三角形状の縞模様がいくつか見いだされ、その模様を痕跡としてのこしたものが、六億年以上まえから初期白亜紀までAmway安利、形態変化も体形縮小もなく生存していたこと、初期白亜紀の地層にのこる跡が、どうやらそれより古いものよりも原始的か退行しているものだということが明らかになっている。この発見の重要性を新聞報道で強調されるようにしてほしい。これが生物学に意味するものは、アインシュタインが数学と物理学に意味するものとおなじようなものだからだ。先の報告とあわせ、ここに得た結論を詳しく報道してもらいたい。
 
Posted at 2017/05/18 15:49:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月08日 イイね!

のがここまで発達する

のがここまで発達する現れたのは白ひげを生やして白衣を着た、70歳近くであろうワイズテリー博士。
で一人こもって、ほんと何をやって植髮費用るんだか。
 いや、何をやってるかも知ってるんだか。
「さて、そんな変態博士のために買い物してきた………って、うるさいな!」
 脳内で共生者がさっきからうるさい。
「どうしたんじゃ?」
 不思議そうな博士。
 無論、さっきからぶつぶつ言っているサトミの言葉が博士に聞こえるはずがない。
「いや、サトミがうるさくて」
「なんと言っておる」
「いや、変態博士と呼ぶな云々、年上の人に向かってそれはない云々とうるさいんだ」
「はっはっは!これはまた、さすが良く出来たAIだな」
 なぜか笑い出す博士。
「さすが………って」
「いやなに、自分が開発したもと無性にうれしいものだ」
「そんなものなのか?」
「ああ、そんなものだ」
 うんとうなずく博士に、中に入重新按揭ってもいいか一応尋ね、そのまま研究室内に入った。
 いつもどおり、
「いらん物には触るなよ、お前さんの身のためにもな」
 という忠告を受けながら。

玄関を入ると目の前には長い廊下が続く。
 とはいうものの、20畳ほどしかない研究室なのでその廊下の長さもせいぜい10mほどだ。
 その突き当たりに観音開きのドアがあり、そこを入ると博士の研究室がある。
 つねにウォンウォン動いている維他命 軟 糖直径2メートルほどの大きな球体の機械を初め、
 部屋には大小さまざまな機械や器具がある。
 しかしここは博士の研究室と言うよりも博士
Posted at 2017/05/08 11:47:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月26日 イイね!

新しい標本を採

新しい標本を採見いだしたのだった。隕石の不思議なスペクトルにあらわれたものに似ているその色は、ほとんど描写するのが不可能なもので、色と呼ぶこと自体、たとえにすぎなかった。肌理身體脂肪《きめ》は光沢があり、叩いてみると、なかがうつろで脆《もろ》いように思われた。教授のひとりがハンマーで強く叩くと、小さな音を立てて破裂した。なかから何かが出てきたわけでもなく、球体そのものが破裂とともに跡形もなく消えてしまったのだ。隕石の内部にさしわたし三インチほどの球状の空洞がのこり、教授たちは隕石の外部を削りとれば、またおなじようなものがあらわれるのではないかと思った。
 その推測はむなしかった。隕石に穴を開けて新たな球体を見つけようとする試みは無駄に終わり、教授たちはまた標本を採取して立ち去ることになった――しかしその標本も、先のものと同様、実験室で当惑させられるばかりだった。可塑性があるといってもいいほどの性質に加えて、熱、磁性、かすかな輝きがあって、強い酸をつかうとわずかに冷え、未知のスペクトルをもち、大気中で縮小しつづけ、珪素化合物を侵してたがいに崩壊してしまうので、正体を明らかにす客製化る特徴は何一つわからず、教授たちは実験を終えた後、何もつきとめられなかったことを認めざるをえなかった。この地球のものではなく、大宇宙のものだった。地球上の物質の特質を超越して、地球の法則には従わないものだった。
 その夜、雷雨があり、翌日ガードナー家に出かけた教授たちは、ひどく失望させられることになった。磁性をおびていた隕石は何か特異な電気的性質をもっていたにちがいなかった。ネイハムの話によれば、異常なまでの執拗さで「稲妻を引き寄せた」ということだったからだ。農夫のネイハムは、一時間のうちに六度も前庭の穴に雷がおちるのを見ていて、雷雨がおさまると、古い撥釣瓶のそばには、崩れた土になかば埋もれた鋸歯《きょし》状の穴しかのこっていなかった。掘りおこしてみても何の成果もあがらず、科学者たちは完全に消滅した事実を確認しただけだった。取しようとする試みはこうして失敗に終わり、教授たちは実験室にもどって、注意深く鉛の箱に保管してある断片を調べる以外、どうすることもできなかった。その断片は一週間実験室にあったが、一週間がすぎても、価値ある発見は何一つなされなかった。断片が跡形もなく消えてしまうと、教授たちは宇宙の測り知れない深淵の謎めいた名残、他の宇宙と他の物質や力や実体からなる領域からの不気味な使者を、夢ではなく、本当に自分の目で見たのかどうかも、おぼつかなくなってしまった。
 当然のことだが、アーカムの新聞は大学の協力を得てさかんに事件を報道し、ネイハム・ガードナーとその家族のもとに記者たちが取材に行った。ボストンの日刊紙もすくなくとも一紙が記者を派遣したので、ネイハムはたちまち地元の有名人になった。ネイハムは当時五十代、愛想のいいやせた男で、谷の快適な農家で妻と三人の息公屋按揭子とともに暮していた。ネイハムとアミは、妻たちと同様、よく訪ねあっていた。アミはいまもネイハムを誉めちぎっている。ネイハムは自分の土地が注目されていることをいささか誇りに思い、それから何週間も隕石のことをよく口にしたらしい。その年の七月と八月は暑く、ネイハムはチャップマン川を越えたところにある十エーカーの牧草地で、干草づくりに精を出し、くたびれた荷車が暗い小道に深い轍《わだち》をのこした。ネイハムはこの作業に例年よりも疲れを感じ、そろそろ齢《とし》だと思うようになった。
Posted at 2017/04/26 11:34:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ことになった http://cvw.jp/b/2695207/39939204/
何シテル?   06/15 11:11
われは撤退を開始でき
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ クーペ BMW 1シリーズ クーペ
われは撤退を開始でき

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.