車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月19日 イイね!
生命躲著冷風去咆哮孤獨有壹種平凡,安靜自然,書寫人生的傲慢,花若離,人相扶,酸甜苦辣,是壹種夢想,是壹種淡泊,寧靜的咖啡,黎明的青春,書寫蕩然的花香鳥語,春風夜,秋晚殤,人間多少夢,壹段訴苦,壹陣清風,對的人,錯的情,看穿,才知道夢醒了,離別的浪費,依然回味,栩栩如生,安靜入夢,誰的夜晚煮了清風,誰的白晝看了劇終。

拒絕的自然,當年的加倍,風華的歲月,蕩然文章的小篆書寫安靜,平凡,過去的尋覓,澄清的歲月,無言貪婪的雪花醉了寧靜的開始,曾經風雪懂,現在心朦朧,奇怪的往昔,今天的世界那麽大,風景唯美,人生自然,誰誰網了內心的孤獨,是誰曲寫了往事的咖啡,煮壹杯人生快意,唱壹曲生命自然,才知道,春暖花開,面朝大海。

我有壹所大房子,智慧為夢,內心為門,不躲飆風,不怕嚴寒,走在心中的暖,交織邊際的愛,書寫的聆聽剔透,依然玲瓏嫵媚。曾經透著苦,想不出內心的理由,說什麽安靜無助,還有壹封無情的情書。雲海滄桑,誰懂了最後的夢,我想花開的最後,只是妳不懂的世界,愛是壹份枉然,人是壹份敬意,朦朧的花開,只是熏陶最後的祝福。

這是壹份過期的情書,,心中的幸福太遠,命運的冷酸太近,想著大海,想著風箏的雨露,人間淚裏,月亮偷著哭,心兒傷著笑,說不懂,看不懂,才知道最後的情,最後的願意,只是壹個撿不起的誓言,看不懂的句子,這該死的愛情,不懂溫柔,不懂放縱,什麽無怨無悔,只是壹道離別鉤,勾走了無情的情書。

黯然的心,淌著悲憤的憂傷,人海茫茫,十年生死,壹曲淒涼,壹段仿徨,寫出的憂慮,看到的字眼,妳是晴天,妳是思念的情眼,風多狂,夢多遠,妳在天堂是否記得我的名字,我在內心,書寫生存的願意和承諾。心,受傷了,夢,走遠了,方向錯過了曾經的街口,才知道妳是我今生的曾經最美。生命的最後壹個吻別,沒有溫暖,少了經意,多了現在的孤獨,沒有幸福,沒有清楚,不明不白的糊塗。

別哭,就算是窮,也得擡頭,告訴自己,努力就有希望。人生無常,眼淚不能解決問題,就算是再可憐,也得放得下怒氣,留得下時間,尊敬自己的生命,養活自己的心。願意哭的人,沒有好下場,擔心未來,願意笑的人,知道苦只是暫時的。人有苦,藏起來,不是每個人都理解自己,人有難,別說出來,不是每個人都願意了解自己。

別怨,別傷害自己,人走遠了,心傷透了,可是自己還有屬於自己的時間。沒有人願意接近有怨氣的人,沒有人願意聆聽抱怨的世界。風給了清爽,雨給了希望,人給妳經驗,讓妳知道體貼,不是讓自己發火。讀人,如燈如火,看事,如夢三分,怒氣大,朋友少,抱怨多,人緣淺。如果因為別人說話而憤怒,那就沒有必要再次走進人群。
Posted at 2017/01/19 12:28:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月11日 イイね!
在這錯綜復雜的現實世界裏保持著清醒的頭腦或許,最後時光還是沒有改變殘酷的現實,我們還是會輸得壹敗塗地,可是,至少我們曾轟轟烈烈走dermes 價錢
過屬於自己壹個人的青春。成功也好,失敗也罷,這些都不是青春的定義,因為從來都沒有人可以

給我們的青春下定義,除了妳自己。

壹個人行走的時光,或明媚,或悲傷,或平凡無奇,或驚天動地,但無論將來的我們是以何種形式存在於這個世界,到最後,那些曾經自己壹個人走過的路終將成為內心最美的風景。

不知不覺,壹個人也走過了很長的壹段路,有時候轉過身回頭看看,其實壹個人也並沒有什麽不好,簡單,快樂,自由,亦可以勇敢去追求自己想要的生活。不用對誰虛偽討好,亦不必在乎別人的異

樣眼光,並不是我們矯情做作,我們都只是用自己的形式去追逐內心的東西。壹個人努力地去嘗試過自己渴望的生活,雖然有些孤獨,有時亦會感到無助,但人生何嘗不是壹種孤獨?而這孤獨和無助

又何嘗不是壹種成長?

壹個人的時候,避開了俗世的紛擾,倒也落得個悠閑自在。壹個人,在風輕雲淡的日子裏,讀書,寫字,看風景,感悟人生。手捧著壹本書,認真地讀,用心寫下壹些感悟的文字,偶爾回頭看看這壹

路走過的風景和見過的人,或許理大腾讯
,日子久了,有些俗事,就看淡了;有些偏執,就放下了。而我們也始終可以在這錯綜復雜的現實世界裏保持著清醒的頭腦,不至於,被現實之亂所煩,為世俗之事所

困。

壹個人行走的日子,是被安靜下來的時光,是自己跟內心對話的最佳時期。讓自己可以有時間讀懂內心的獨白,認真去了解並清楚地知道自己到底想要什麽,追求的彼岸又在何處,甚至,未來的人生

路該如何走……這些,都是壹個人行走的時候,內心所要告訴我們的東西。

壹個人行走的旅程,註定是孤獨的,因為所有的風雨都得妳壹個人擋,所有的困難都得妳壹個人扛。或許,最後還是會敗北,還是會壹無所有,甚至我們還會失去原本的樣子,但無所謂,至少我們在

追求有價值的東西,而我們也沒有去過自己不想過的生活。

壹個人,壹顆心,背起夢想,說走就走,管它前面的路還有多長,夢還有多遠,壹直往前奔跑,每個人都可以找到屬於自己的風景澳門套票優惠。既然選擇了壹個人孤獨行走,哪怕到最後只剩下自己的影子陪著自

己,也要義無返顧地勇敢向前沖,直到有壹天,能夠理直氣壯地與壹切夢想的阻力抗衡。
Posted at 2017/01/11 11:35:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月11日 イイね!
you find 網絡推廣公司一直都在努力不懈的幫助客戶做到的不止止是提供一個專業的網頁設計,這裡提供的還有就是針對Google、Yahoo、Baidu等搜索引擎的分析研究,對選擇you find 的客戶進行網站精准的排名提升等服務的。

當一家公司的網站剛開始建設起來時,可以嘗試對網站搜索引擎優化,針對公司的產品相關聯的關鍵字進行優化。you find 網頁優化的同時就是針對CP值較高的關鍵字做優化服務的,這樣不僅提高關鍵字的排名,更是可以降低關鍵字相關廣告費用的。不要再市場上盲目的選擇這類網路推廣公司了,you find 網絡推廣擁有專業的團隊,更是有豐富的搜索引擎優化的經驗。

選擇you find 網絡推廣公司這裡的關鍵字優化流程讓客戶能夠在網頁優化的過程清清楚楚的。you find 網頁優化前會先設定客戶網站核心的關鍵字以及衍生關鍵字;當然不同難度的關鍵字以及想達到該關鍵字的排名效果,那麼給到的價錢也是不同的;再來就是簽訂合約的內容;接下來you find 網絡推廣公司會依據客戶所指定的合約內容指定SEO的方案,為客戶所期望的排名去優化網頁和保持關鍵字的排名狀況。只有好的網路推廣才能讓你的公司產品和知名度大大提升的!
Posted at 2017/01/11 11:34:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月30日 イイね!
人間に敵意を持っにはおよばないというのである。このノイズ氏――自分でそう名乗った――が、エイクリーの研究と発見探索四十 邪教とについて、どの程度まで心得ているのか、その点は見当がつかなかった。もっとも、この男のごく自然な態度を見ていると、どちらかといえば、この事件に無関係な人のように思えたが。エイクリーが並はずれた世捨人《よすてびと》の生活をしていたことを想いだしてみると、こういう友だちを即座に用立てられる点にやや意外な思いがした。が、だからといって、わたしはノイズから身ぶりで車に乗れと勧められると、その車に乗るのをためらう気にはなれなかった。その車は、エイクリーの手紙から想像していたような、小さい古風なものではなく、最新式の申し分のない大型車で――どう見てもノイズのものらしく、マサチュセッッのナンバー・プレートをつけていたが、そのプレートにはその年に創案されたおもしろい「神聖な鱈《たら》」のマークが入いっていた。案内役のノイズは、夏にタウンゼント地方へくる短期滞在客にちがいないな、とわたしは思った。
 ノイズはわたしの横に乗りこむと、さっそく車を走らせた。ノイズがあまり口をきかないのがわたしにはdermes 價錢うれしかった。というのはその雰囲気のどこかに、特に緊張するようなところがあって、わたしはあまり口をききたくなかったからだ。坂をひとつす早くのぼり、右に曲って大通りに出ると、この町は午後の陽《ひ》を浴びてとても魅力があるように見えた。その町がうつらうつらとうたた寝をしているところは、子供の頃から見憶えのあるニュー・イングランドのもっと古いいくつかの町と似ており、屋根と尖塔と煙突と煉瓦塀とがあちらこちらに配置されてあるところは、先祖伝来の感情といういわば深いヴァイナル絃楽器を合奏しているような姿を形づくっていた。切れ目なく積み重なった時間の累積《るいせき》するうちに、なかば魔力にかけられた地方の門口《かどぐち》にいま自分のいることがわたしにはわかった。それは昔の奇妙な怪物たちにも、彼らのいるという噂の流れたことのないおかげで、生長してそのあたりを去らずにいるチャンスのあった地方なのだ。
 ブラトルボロをあとにしたとき、圧迫感と虫の知らせるような感じとがいよいよ強くなってきた、というのは、空高くそびえて人を威《おど》すように切り立った花崗岩の斜面に、緑々《あおあお》と木の生い茂っているこの山国の不可解な特徴を見ると、ているのかどうかが明らかでない例の暗い神秘的な生きものや、遠い大昔の生き残りが、なんとなくいるように思えたからである。しばらくのあいだ、われわれの路は広くて浅い川に沿って進んだが、この川の水源は北にある未知の山脈から発していて、連れのノイズから、これがウェスト河だと聞かされるとわたしは身ぶるいをした。そうだ、この川の中だったのだな、とわたしは新聞記事を想いだしたのだ。あの蟹《かに》のような病的な生きものが一つ、洪水のあとで浮いているのが見つかったのは。
 われわれ二人を取り囲むあたりの風景は、しだいに野生的で荒廃した感じのものになってきた。山の谷間にある古風な橋は、むかしの姿のままに恐《こ》わ恐《ご》わと残っており、その川と平行に走っているなかば打ち捨てられた鉄道線路は、ぼんやりと見化粧課程える荒廃した空気を吐きだしているかのように見えた。大きな絶壁の切り立っているところには、谷間を通る曲りくねった路があり、ニュー・イングランドの汚《けが》れを知らぬ花崗岩が、山の斜面を這いのぼる樹々の隙間《すきま》に、青白くてきびしい岩肌を見せていた。絶壁のあいだには、それぞれ峡谷があって、その峡谷には荒々しい水流がしぶきをあげ、人跡未踏の山々に
Posted at 2016/12/30 11:32:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月16日 イイね!
けものの顔たるやそうやって見つめているうちに、わたしにも、「黒んぼ」がただいたずらに興奮しているのではないとい寶寶過敏うことがわかった。アラス織風の壁掛が実際に動いたかどうか、わたしにはわからない。ほんのかすかに動いたように思われるが、その壁掛のうしろに、鼠かはつか鼠の音が、低いけれどもはっきりと聞こえたとだけは、きっぱりと断言できる。一瞬、猫は壁掛に体ごと飛びかかってそれにぶらさがったので、その部分が破れて床に落ち、そこのところにじめじめとした古代の石壁が現われたが、その壁には、ところどころ職人が手を入れてつくろった跡があって、齧歯《げっし》類のうろついた痕跡は見えなかった。
「黒んぼ」は、壁のこの部分に近い床のところを行ったりきたり走りまわり、床に落ちたアラス織風の壁掛に爪を立て、その壁と樫材を張った床とのあいだに何度も前あしを入れようとしていた。結局猫にはなんにも見つからなかったので、しばらくすると大儀そうに、いつも横になっているわたしの足もとへ戻ってきた。わたしはなにもせずにじっとしていたのだが、その夜はもうそれっきり寝られなかった。
 朝になってから、わたしは召使全員に聞いてみたが、だれひとり怪しいことに気のついたものはいなかったが、ただ料理人の女だけは、窓がまちのところに寝ていた猫のようすが変だったことを憶えていた。その猫は、夜のなん時ごろだったかわからないが、ともかくひどいうなり声をあげたので、丁度いいあんばいに、料理人は目を覚まし、その猫が開いているドアから、まるでなにかを追いかけるように跳びおりて行くのを偶然に見たというのである。わたしはお午ごろまでうとうとしていたPretty Renew 銷售手法が、午後になるともう一度ノリス大尉を訪ねた。彼はわたしの話したことにすごく興味を感じたらしく、この妙な事件――ほんのささいではあるが大変奇妙な――は、彼の生き生きとした感覚に訴えるものがあり、そのために彼は、この地方に伝わる幽霊話をいくつも思いだしては話してくれた。わたしたち館のものが、鼠のでるのに弱っているのを見かねたノリスが、罠と殺鼠剤の花緑青とを貸してくれたので、わたしは館に帰ってくると、召使に命じて、その二つの武器を、鼠のでそうな要所要所に配置させた。
 わたしは眠くてやりきれなかったので、さっそく床についたのだが、思わず身の毛のよだつような夢に悩まされた。どうやらわたしは、ひどく高いところから、膝の深さまでたっぷり汚物の詰まった薄明りのさす洞窟を見おろしているらしかった。そして洞窟には、白いあごひげをはやした魔物の豚飼いが仲間と一緒に、ぐにゃぐにゃして締りのない体をしたけものの群れを追い回していたが、その、ただそれを見ただけで、もうなんともいえぬ胸くその悪い、むかむかするような気分になるご面相だった。それから豚飼いがひといきつき、自分の仕事をひとわたり見て、ふむこれでよしとうなずくと、それを合図に、すごい鼠の大群が、その悪臭ふんぷんたる洞窟の底に、どっとばかりに群がりおりるや、けものも人間も区別なくむさぼり食った。
 このもの凄い夢からふとわたしは、「黒んぼ」が身動きしたのでだしぬけに目が覚めた。この猫は例によってさっきから、わたしの足もとに寝ていたのだ。もうこん度はわたしも、どういうわけで猫がうなったりふうふういがんだりするのか、またその効果のほどはわからないが、どうしてわたしの足首に爪をたてるほど恐がったのか、そのいわれをあやしむにはおよばなかった。というのは、この部屋のなかのどの壁も、む香港物流公司かむかするような音でばかに騒々しくなっていたからである――つまり、飢えきった大きな鼠が、ぞろぞろ駆け回っていたのである。オーロラが消えていて、アラス織風の壁掛――その破れて落ちた部分は取換えてあった――は見えなかったが、わたしはたいして驚いてはいなかったから、さっそくあかりをつけてみた。
 電燈がついてさっと部屋が明るくなったとき、わたしは、いまいましくも壁掛が一面に揺れているのを認めたが、それはなにか特別な目的のために、不思議な死の舞踊を演じているように思われた。壁掛の揺れはほとんどすぐに静まってしまい、それと同時に音も聞こえなくなった。
Posted at 2016/12/16 11:42:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「生命躲著冷風去咆哮孤獨 http://cvw.jp/b/2695207/39197456/
何シテル?   01/19 12:28
われは撤退を開始でき
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 1Mクーペ BMW 1Mクーペ
われは撤退を開始でき
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.