• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Oh no! kazuyaのブログ一覧

2017年05月06日 イイね!

ぐるっと北東北の旅 ~最終日~

ぐるっと北東北の旅 ~最終日~旅の4日目、最終日です。

この日は特に決まった目的地はなく、新潟へ帰るのみです。その際に所々のハイドラCPに寄り道しながら帰ることにしました。
本当は早朝に盛岡八幡宮とか行こうかなと思ったのですが、この日の天気は雨の予報でしたし早く家で休みたかったので、また今度の機会に。




午前6時前に道の駅「紫波」を出発し、駅CPを巡りながら花巻空港へ。

空港CPや国道4号CPを取って北上へ。

北上の村崎野駅へ寄った所で眠くなり、近くのコンビニで仮眠をすることに。紫波を出発してからまだ1時間程度なのに。

午前8時頃、目が覚めて外を見ると雨が降っていました。



国道4号を南下して北上から金ケ崎に入ったところで24時間営業のラーメン屋があったので寄ってみることにしました。

ゆにろーず 金ケ崎店

看板に「にんたまラーメン」って書いてあるのでコレが店名かと思いきや、右下に小さく「ゆにろーず 金ケ崎店」とあったのでソッチが店名でした。

注文したのはこのお店の看板メニューのにんたまラーメン。

にんたまラーメン(味噌)


醤油・味噌・塩の3種類から選べます。背油が浮いているように見えるけど、コレはにんにくチップを揚げたもの。



美味しくいただいた後は、再びCPを取りながら先へ進みました。

東北本線・701系

主に駅CPを巡り、途中で列車を見かけては写真を撮ったりしました。



その後、宮城に入り、宮城県内のCP巡り(主に仙台)はまた今度ということで、東北道・大和ICから高速へ。

午後5時頃、ちょっと腹が減ったので磐越道・五百川PAで春の山菜とろろそばを。

春の山菜とろろそば



そんなこんなで、午後10時前に家に到着し、北東北の旅は無事終わりましたとさ。





…ということで、秋田と盛岡で名物食べれたし、各地で色んな風景を見たり、久々の遠出することが出来て楽しかったです。ただ、やっぱりドライブするなら自分の好きなクルマだったらもっと楽しかったかもですけどね。

今回は山を走ることが多かったので、軽のパワーだと上りがキツかったです。ターボなら少しはマシかもしれませんけどね。
あと、帰りの混雑した東北道を走ってるときに上り坂だとスピードがすぐに落ちてしまうこともあり、前車について走ってると上り坂で失速するクルマを結構見たので、ちゃんと意識して走らないとこういうのが渋滞の原因になるんだなと思いました。

来年夏あたりには自分のクルマ購入できればいいな、お金がある程度貯まってたらだけどもね。





今回の走行距離は1,785kmでした。





ハイタッチ!drive 【紫波~新潟】
2017年05月06日 05:42 - 21:45
490.68 Km 11 時間 52 分
19ハイタッチ、コレクション4個を獲得
バッジ84個を獲得、テリトリーポイント840pt.を獲得





     おわり




Posted at 2017/06/24 21:40:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2017年05月05日 イイね!

ぐるっと北東北の旅 ~3日目~

ぐるっと北東北の旅 ~3日目~
旅の3日目。旅の折り返しです。

午前5時半頃に浅虫海づり公園を出発し、この日は八甲田山~十和田湖~八幡平~田沢湖を巡り、夜は盛岡で飯や!、というルートを計画して青森から南下します。





 午前6時半  八甲田山


この日も朝から良い天気でドライブ日和です。
まずは、八甲田山にある青森の観光名所CPを目指しました。

八甲田山の山々

こちらの新緑はもう少し先かな。


途中にある豪雪地帯で有名な酸ヶ湯の地獄沼を見たりしながら八甲田山の雪の回廊を走りました。

酸ヶ湯は硫黄のにおいが漂っている。

八甲田山の雪の回廊

新緑が綺麗です。

標高が下がり、新緑の中や奥入瀬渓流を通り抜け、観光名所CPもゲットしたので十和田湖へ。




 午前8時  十和田湖


十和田湖に着き、とりあえず付近を散策。
近くに十和田神社というのがあるのでちょっとお参りを。

十和田神社

十和田神社の拝殿


その後、湖の方へ行き、乙女の像や湖畔の風景を撮ったり、ベンチに座ってジュースを飲みながらボケ~っと遊覧船や水上ボートが走ってる姿を見てたりして時間を潰していました。

乙女の像

静かな湖畔





 午後1時半  八幡平アスピーテライン


十和田湖から八幡平へ向かうときは一部高速を使うことにし、東北道・十和田ICから乗って八幡平アスピーテライン最寄の松尾八幡平ICで降りることに。

で、勘違いして十和田ICのすぐ次のICで降りてしまいました。あれ?こんなに近かったっけ?と思って地図を見たら、降りたICは松尾八幡平ICではなく鹿角八幡平ICでした。「~八幡平IC」としか覚えてなかったのでこれはうっかりでした。
鹿角側からもアスピーテラインへ行けるけど、田沢湖へ行くには途中で引き返さないといけないので、松尾側から行きたかったのです。同じ道を走るのは避けたかったからね。

高速を降りてしまったので、とりあえず国道282号を走り、並走している駅CPを取れる所だけ取りながら松尾へ。

遠くに岩手山が見える。

午前10時半頃、松尾八幡平IC付近に着いた所で眠くなったので、岩手山が良く見えるPで仮眠することに。



約2時間仮眠して、アスピーテラインへ向けて出発です。

ドライブコースとして有名なアスピーテラインは交通量が多かったです。
所々にある展望台では岩手山とか景色を眺めてる人も多かったですね。

アスピーテラインの展望台にて。

八幡平の雪の回廊

その後、八幡平の雪の回廊を駆け抜けて田沢湖へ。





 午後4時  田沢湖


7年ぶりに田沢湖を訪れました。

秋田駒ヶ岳をバックに、田沢湖のたつこ像

ココに来たのは単に秋田の観光名所CP目的で、コレで秋田の観光名所コンプバッジもゲットです。
で、せっかくなので湖一周し、たつこ像を見たりしてから本日最終目的地の盛岡へ。





 午後8時  盛岡・岩山展望台


田沢湖を後にし、国道46号で盛岡へ向かったのですが、県境の仙岩峠付近で渋滞にハマッてしまいました。
数分経ってもちっとも動かず、対向車も走って来ないのでもしかして事故か?…と。
しばらくすると後方からサイレンが聞こえて来て救急車やパトカーが走っていきました。実は田沢湖駅CPを取りに行っていた時に消防車が出動していたところを見ていたのでコレに関連しているようです。

その後、少しずつ動き始め、仙岩トンネルに入ると赤色灯が光っていたので、どうやらこのトンネル内での事故のようで、現場を見るとクルマ3台が絡む事故でした。(事故詳細→まとめサイト
ココが通れなくなると盛岡へ行くには大きく迂回しないといけないから事故は要注意ですね。



そんなこんなで、ようやく盛岡に到着し、とりあえず市内のCP巡りを。

盛岡市中心部の東にある岩山へ行って遊園地と動物園CPを取っていると、岩山展望台の標識を見かけたのでちょっと行ってみました。

岩山展望台からの盛岡の夜景

夜景を見るのは結構好きなのでちょうど良かったです。岩山にCPが無かったらスルーしてました。






 午後9時半  盛楼閣(せいろうかく)


さて、盛岡に来たら盛岡三大麺を食べたいな~と思って色々調べ、前回岩手を訪れた際に東北道・岩手山SAのレストランで盛岡冷麺を食べたことがあるので、今回はわんこそばが気になるな~、と。
でも、ひとりでわんこそばはなんか人の目が気になって恥ずかしいし、こういうのは友達と一緒に競ったりしてワイワイしながら食べるのが良いかな?と思って、今回も冷麺にしよう、ってことに。
じゃじゃ麺もあるけど、冷麺にひかれてしまいました。

盛岡冷麺の元祖と言われる「食道園」さんへ。午後9時半までやっているらしいのでコインPに停めて歩いてお店へ。
9時に着き、外から店内の様子が見えるので、店の前を素通りするふりをしてチラッと見るとまだ店内には結構お客さんがいました。
どうしようかな~と迷っていたら店の人が出てきて出入口のドアで何かやっていました。再度店の前に行くとドアにclosedの看板が…。ラストオーダーは営業終了30分前の9時までのようでした。


仕方ないのでもう一軒考えていた「盛楼閣」さんへ。ココは深夜2時まで営業しているので今度こそ大丈夫。それに盛岡駅前にあるので分かりやすいです。

よぐおでんした!…食べ物の「おでん」ではない。

盛岡駅にあるこの「よぐおでんした」の向こう、イチローさんの看板があるビル(ワールドインGENプラザ)の2階にお店があります。


GENビル2階に盛楼閣がある。

駅前のコインPに駐車し、地下道からビルへ向かうと、2階へ続く階段には長い行列が!でもココで諦めるわけにはいかないので順番待ちの紙に名前書いて並ぶことにしました。1時間くらい待つかなぁ?と思ってたけど、意外と早く行列が解消されて20分程で入店出来ました。

ココのお店は焼肉も美味いらしいので、食べ放題じゃなさそうですけどほとんどの人が焼肉食べていました。

盛楼閣冷麺(大盛)を注文し、届くまでしばらくスマホいじりながら待っていたんだけどなかなか来ず、30分ぐらいしてようやくやって来ました。

盛楼閣冷麺(大盛1200円)さっぱりして美味い!

麺は太くてツルツルでコシが強く歯ごたえがあり、辛さは普通にしておいたので程よい辛さでさっぱりとして美味しかったです。





 午後11時半  道の駅「紫波」

盛楼閣を後にし、今夜の車中泊する場所を探しながら南下し、国道396号沿いにある道の駅「紫波」に到着。クルマが少なかったのでココで車中泊することにし、旅の3日目は終了しました。





ハイタッチ!drive 【青森~十和田湖~八幡平~田沢湖~盛岡】
2017年05月05日 00:12 - 23:36
448.65 Km 15 時間 18 分
7ハイタッチ、コレクション1個を獲得
バッジ51個を獲得、テリトリーポイント480pt.を獲得





     つづく




Posted at 2017/06/17 22:00:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2017年05月04日 イイね!

ぐるっと北東北の旅 ~2日目~

ぐるっと北東北の旅 ~2日目~
旅の2日目。

道の駅「おおがた」で車中泊をしていたのですが、夜は日中よりかなり気温が下がって寒かったです。エンジンは掛けずに我慢し、毛布とかは持ってこなかったので途中何回か目を覚ましていました。とりあえず上着を重ね着して寒さをしのぎました。





 午前6時半  寒風山


4日午前6時前に出発し、まずは男鹿半島の付け根にある寒風山へ。
ここ寒風山は2010年5月にGTO乗りのyunoさんと東北ツーリングの時に訪れたことがあります。早いもので7年経ちました。

展望台の東側。八郎潟調整池が見える。

展望台の西側。ココでは火口が望める。

寒風山の第二火口。深い窪みである。

第一火口は浅い窪地だ。

男鹿の町が見渡せる。


早朝なのでまだ訪れる人は少なかったですが、今日も天気が良く、八郎潟や男鹿の町が良く見えました。





 午前8時  なまはげの里・男鹿


寒風山を下りて男鹿の町へ。

男鹿駅にて


そして、男鹿半島をぐるっと回りながら入道崎へ向かいました。

日南海岸で見た「鬼の洗濯板」みたいな風景。「なまはげの洗濯板」…なんつって。


で、走ってるとなまはげが!

わるいごはいねが~


寄り道しながら走っているとまた眠くなってきてしまったので、途中にあるPで仮眠しながら入道崎へ向かいました。

小さな漁村、加茂漁港。





 午前9時  八望台


「八望台をもりあげる店」…残念ながらもりあげられなかった。ネットでもネタになっている。

戸賀湾や二ノ目潟(一ノ目潟も)が見える。ココからの夕日もオススメだとか。





 午前9時半  入道崎


入道崎もツーリングした時に寄った所。前回訪れた時は夕方で閑散としていたけど、この日は天気が良くて観光客も多くて賑わっていました。

青い空と海。絶好のドライブ日和です。

白黒の入道埼灯台をバックに。





 午後6時半  道の駅「こどまり」


入道崎から日本海沿岸の国道101号を走り、秋田・能代から青森・五所川原へ。
JR五能線と並走しているので、ハイドラの駅CPは運良く取れた所だけでいいや。取れなかった所はまたいつか訪れた際に寄り道しよう…ってことで、ひたすら走って竜飛方面を目指しました。

夕方5時頃に五所川原に着き、ソコから国道339号へ。
竜飛崎で夕日が見たいなぁ~と思っていたんだけど、ココから竜飛崎まで約70kmもあり、残念ながら間に合わなさそうです。

竜泊ラインに入り、途中の道の駅「こどまり」で日没時間になりました。

「なかどまり夕陽ビーチ」ということで、ちょうど良かったのかも知れない。

あっという間に沈む。

ココから竜飛まであと20km。





 午後7時  竜飛崎・階段国道

薄暗くなった竜泊ラインを走り、竜飛崎へ。真っ暗になりつつあります。

竜泊ラインは絶景道路らしいので日中に走るのが良いかもね。



午後7時頃にようやく竜飛崎に到着し、龍飛埼灯台へ。

龍飛埼灯台にて。

竜飛の観光地。

ココにいるとどこからか石川さゆりさんの名曲「津軽海峡・冬景色」が流れてきます。



その後、ココには日本唯一の階段国道(国道339号)があるとのことで、もう辺りは暗いですが外灯頼りに行ってみました。

日本唯一の階段国道

階段国道案内図

外灯があるので夜でも大丈夫。

国道の標識

ココが下側の階段国道入口。テレビの音が聞こえたり生活音のする民家の脇を通って行く。

階段を下りて行くと住宅地の裏路地に出て、その民家の脇を抜けて道路に出ました。
下側にある案内図を見ると、道で上と下と繋がっているような図だったので実際はどうなっているのか周辺を散策してみました。
結局の所は岩場になっていて上の方には行けそうにないです。もしかしたらこの足場の悪い岩場を抜けていくと上に通じるのかも知れないけど、真っ暗でこれ以上進むのは危険なので引き返しました。


再び上に戻って飲み物を買いに自販機へ。そしたら…

津軽海峡・冬景色の歌碑。ボタンをポチッと押すと…?

この歌碑から曲が流れていたわけですね。ボタンを押すと流れる仕組みだけど深夜に押しても流れるんだろうか?まぁ、流れる時間が決まってるのかもですね。





 午後11時半  青森・あすなろ温泉


さてと、前日風呂に入っていないので、どこか温泉や入浴施設に入れる所はないかなと検索。
この近くにあるホテルも日帰り入浴出来たんだけど既に営業終了して入れず。
夜10時以降でも入れる所は青森市内へ行かないと無さそうです。

竜飛を後にし、クルマの通りも少ないのでJR津軽線の駅CP巡りしながら青森へ。



で、深夜0時まで営業しているという「あすなろ温泉」さんへ。

あすなろ温泉

入浴するだけなら大人350円と安いです。

昔ながらのゲームコーナーがある。

風呂上がりにコーヒー牛乳をグビッと。

温泉施設らしいけど、一見銭湯みたいな雰囲気の施設でしたが、夜遅くまで営業しているのはありがたいですね。




 5日午前1時  浅虫海づり公園


あすなろ温泉を出て八甲田山を目指して一旦南下したけど、どこか車中泊出来そうな所はないかハイドラCPを考慮して検索。色々調べると浅虫温泉付近が良さそうだったので真逆になるけど向かいました。浅虫温泉に国道4号CPがあるのでソレ目当てで。

で、海づり公園があるのですが一面砂利の広場となっており、まばらにクルマ停めても良さそうな場所だったので今日はココで車中泊をすることにし、日を跨いでしまったけど2日目終了となりました。





ハイタッチ!drive 【男鹿~竜飛崎~青森】
2017年05月04日 05:37 - 23:43
434.59 Km 13 時間 37 分
6ハイタッチ、コレクション2個を獲得
バッジ73個を獲得、テリトリーポイント680pt.を獲得





     つづく




Posted at 2017/05/20 21:36:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2017年05月03日 イイね!

ぐるっと北東北の旅 ~初日~

ぐるっと北東北の旅 ~初日~今年のGWは3日~7日までの5連休。
天気予報によれば晴れる日が続くみたいなので、せっかくの連休で家にこもるのは勿体無いのでどこか遠出することにしました。

今年GWの行き先は北東北(秋田・青森・岩手)へ行くことに。ただ、どこへ寄り道するかはその日の気分で、ついでにハイドラも兼ねて気ままに旅をすることにしました。


ということで、目的地を箇条書きにしてまとめ、画像にカーソルを合わせると説明文も表示されるので、良かったらご覧ください。





 午後1時  酒田・中の口橋


3日午前6時前に出発し、まずは山形の鶴岡・酒田方面を目指して国道7号をひたすら走りました。
しかし、天気が良くて暖かくてなんだか眠くなってきてしまい、村上のコンビニで仮眠をすることに。

起きたら11時前でいまだに新潟県内、すっかり出遅れてしまいました。予定では鶴岡近辺にいるはずだったんですけどね。まぁ、深夜遅くまで起きていたので仕方ありません。


午後1時前に酒田に到着し、ちょうど良さげな所で鳥海山の写真をば。

酒田市内を流れる新井田川(にいだがわ)に架かる中の口橋(県道40号)にて。銅像は「山のメロディー」というらしい。

その後、GW前に冬期通行止解除となった鳥海ブルーラインを走って鳥海山山頂へ行ってみることにしました。





 午後2時  鳥海ブルーライン


山形・遊佐から鳥海山へ

鳥海山の雪の回廊

ふもとの方は新緑が綺麗ですが、標高が上るにつれて残雪が残り、雪の回廊の中を走ります。


山頂付近のビジターセンターの駐車場は混んでおり、観光客で賑わっていました。

鳥海山(出羽富士)の山頂

秋田方面。遠くに男鹿半島が見える。

山形方面。庄内平野を一望できる。

ちなみに、ネットでブルーラインの意味を調べると「青い日本海、青い大地、青い空」だそうで、この日はまさにそのとおりの風景が見れました。

空が真っ青だね。





 午後6時  秋田駅周辺


鳥海山を降り、再び国道7号に出て、途中にある日本海東北道の無料区間を走行したりしながら秋田方面へ。

そして、午後6時頃に秋田市中心部に着き、CP巡りを。重要な県庁所在地だけは欠かせません。
秋田駅の駐車場にクルマを止め、ちょっと駅周辺を歩いてみることに。

秋田駅周辺

広小路と千秋公園(久保田城跡)。この外堀の下に「秋田中央道路」という地下トンネルが通っている。





 午後7時  夕闇のポートタワー・セリオン


道の駅「あきた港」にポートタワーがあるので行ってみました。

タワーの正式名称は「秋田市ポートタワー」である。様々なカラーにライトアップされる。

秋田港からの男鹿半島。





 午後9時  寛文五年堂 秋田店

秋田に来たら何かしら名物が食べたいものです。
思いつくのは、しょっつる鍋きりたんぽ鍋とか、あとは日本三大うどんの1つ稲庭うどん、…などなど。

色々と検索した結果、安く済ませられそうな稲庭うどんを食べることに。それで、今回訪れたのが「寛文五年堂 秋田店」さんです。
稲庭うどん発祥とされるのが寛文五年(1665年)なんだとか。

秋田駅や千秋公園近くにある「エリアなかいち」の商業施設内にあるお店。

稲庭うどんは乾麺が主流だそうですが、ココのお店は生麺もあるとのことで、食べ比べるメニューもあります。なので、その食べ比べをしてみました。

「乾麺・生麺の味比べ」(税込1025円)

左が生麺、右が乾麺。「鰹つゆ」と「ごま味噌つゆ」でいただこう!

左が生麺、右が乾麺です。
まずは、稲庭うどん本来の乾麺は平べったくツルツルした食感です。対して生麺は丸みのある麺でコシが強くて歯ごたえがあります。どちらも美味しいけど個人的には乾麺の方が好みかな。





午後11時  道の駅「おおがた」

寛文五年堂を後にし、翌日は男鹿半島を目指すことにして、ひとまず車中泊できる所を探しながら北上しました。
道の駅「てんのう」が見えてきたのでソコで休むことにして寄ってみたものの、車中泊のクルマで一杯で止められそうになかったので、やむを得ずもう少し先へ進むことに。
地図を見ると男鹿半島からちょっと離れるけど、八郎潟の干拓地・大潟にある道の駅「おおがた」へ行ってみることにしました。

コチラは「てんのう」よりも空いていたので隣を気にせず休むことができるので、ココで車中泊することにし、旅の初日は終了しました。





ハイタッチ!drive 【新潟~鳥海山~秋田~大潟】
2017年05月03日 05:59 - 23:22
423.05 Km 13 時間 32 分
6ハイタッチ、コレクション1個を獲得
バッジ67個を獲得、テリトリーポイント610pt.を獲得





     つづく



Posted at 2017/05/14 18:00:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2017年04月01日 イイね!

元愛車と久々の再会

元愛車と久々の再会
2017年4月、新年度が始まりました。
新生活が始まる時期であります。

さて、去年5月まで僕が乗っていたGTOは東京のKURENAI♪紅♪(へきる)さんの元へ行きましたが、そのGTOも新たなオーナーの元で新生活が始まったそうです。




その新たなオーナーさんとは、小田原のGTO TWIN TURBO@Z16Aさん(以下:GTOくん)という、そのまんま車名がニックネームの方で、しかも現役高校生なのでクルマの免許はまだ無いのです。
GTOくんが…と言うより厳密には彼のおじいちゃんがオーナーとなって数日後に友達申請があったので承認しました。ちなみに、彼のおじいちゃんは赤の前期GTOのオーナーでもあります。

で、友達承認したばかりでいきなりですが、早速会いに行ってみることにしました。
ココ最近、どこにも出掛けてなく、久々にちょっと遠出がしたいな~と思っていましてね。もし、都合良く会えるのなら、小田原の帰りついでにハイドラの限定バッジ(お台場と筑波)でも取りに行こうかなと。

メッセージを送ってみたら大丈夫とのことで、1日土曜に会うことになりました。




1日午前3時過ぎに出発し、関越道→圏央道→小田原厚木道路を走って一路小田原へ向かいました。
ワゴンRなので高速道ではあまり負荷掛けないように90km/h前後で走って、途中休憩したり渋滞にハマッたりしながら昼前に小田原に到着しました。

待合場所に着くとすでに赤いGTOが停まってあり、隣に停めたらお二人が出てきたのではじめましてのご挨拶を。



それで、ちょうど昼飯時だったので近くの来来亭へ。

来来亭のラーメン大盛


おじいちゃんからラーメンをゴチになりました。
会計時にポイントカードを持ってないみたいだったので、ちゃっかり自分のカードを出して…。



食後は元マイカーが置いてあるおじいちゃんの自宅へ向かいました。どうやらGTOくんとおじいちゃんの住まいは別々のもよう。



家は町外れの山の中にあるそうで、細い道を走っていきます。

山道を上っていく


場所によっては対向車とのすれ違いは大変そうですが、この道を走るのは走りなれてる地元民だけなのでその辺は大丈夫らしいです。



だいたい30分ぐらいかなぁ?急な坂道を上ったりしながらようやく到着しました。

GTOくんの祖父母の自宅にて



そして、約1年ぶりの再会です!

手放した時と変わらず、懐かしいなぁ。


4月中旬で車検切れのため、すでにナンバーは切ってあります。



久々にGTOの運転席に座り、GTOくんは助手席に座って、GTO関係の話やその他色々な話をしたり共感する所があったりして会話がすごく弾んで楽しかったですね~。



午後5時半頃、GTOくんのおじいちゃん・おばあちゃんが3人で夕食を食べに行くとのことで、自分はそろそろおいとますることに。僕も一緒に誘われたんだけど、夕食もご馳走してもらうのはちょっと申し訳ないと思い、ソレはまた今度訪れたときにでも是非、ってことで途中まで道案内してもらった所で彼らとお別れとなりました。



その後、久々にハイドラCPでも取るかなと思い、湘南海岸沿いを通って横須賀や八景島周辺のCP巡りを。

首都高に乗って大黒PAに寄ったりしながら限定バッジを目指してお台場へ。

そして、日付が変わってから最後に筑波サーキットの限定バッジをゲットと同時に前オーナーのへきるさんと偶然にも同着したので、今回のGTOくんの件やいつものようにハイドラネタを少し話してから帰路に就きましたとさ。





…ということで、急な訪問にも関わらずお会いしていただき、おまけにおじいちゃんにはラーメンもご馳走していただきまして大変ありがとうございました。

GTOは一応部品取りとして購入したらしいですが、GTOくんが気に入ったみたいでクルマを磨いたりランプ類をLEDに交換したり色々とやってるようだし、赤いGTOの方も色々と自分で部品装着や交換したり、将来整備士を目指しているだけあって卒なくこなしているようです。
現在、工業高校に通っていて自動車系の学科で3級整備士取得が目標なので是非とも頑張ってほしいですね。
ひとまずパワステ直せば楽になるんだろうけど、色々と交換する箇所があるので大変ですけどね。
まぁ、どう扱うかはGTOくんらに任せて、自分はみんカラを通じて見守っていこうと思います。

あと先日、このGTOに名前をつけて欲しいと言われましたが、僕は今までクルマに名前を付けたことは一度もないので、ソレは現オーナーが決めるべきかな。とりあえず思いつきで、色が「スーパーソニックブルー」だから『ソニック』とか?…って答えましたが。

それから、復活したらkazuyaさんにまた運転してもらいたい!…と嬉しいことを言っていたので、その時が来るのを楽しみにしています!





小田原でのフォトギャラリーはGTOの愛車紹介にてご覧ください。

新オーナーをたずねて九十里




Posted at 2017/04/08 22:30:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | GTO | クルマ

プロフィール

「弟と朝ラーメンを食べに「ラーメン 八」へ。
今日は18日で八のつく日は大盛無料で、つけ麺は特盛も無料だ。」
何シテル?   09/18 09:27
はじめまして。 元GTOツインターボ乗りのカズヤと申します。 ドライブや旅行が好きなので、日本各地を巡っています。 GTOで沖縄除く全国を駆け巡りまし...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

My GTO プロモーションビデオ? 
カテゴリ:車載動画集
2017/07/15 17:35:41
 
北海道の旅 
カテゴリ:車載動画集
2017/07/15 17:30:48
 
ドラぷら 
カテゴリ:道路交通情報
2010/08/08 20:55:41
 

お友達

車種問わずお気軽に誘ってください。
(コチラからはほとんどお誘いはしていません。)
57 人のお友達がいます
まさぴろん @2ndまさぴろん @2nd * 土の子??土の子?? *
大門隊長大門隊長 * KURENAI♪紅♪KURENAI♪紅♪
yunoyuno GTO TWIN TURBO@Z16AGTO TWIN TURBO@Z16A

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 GTO 三菱 GTO
※『 イイね!』を付ける前に※ 当方、イイね!(お返し的なイイね!)は一切付けておりま ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
R33が事故って次に買ったのが、大宮の激安中古屋で買った136,000kmの18万円のガ ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
初めての自分の車となったのは小学生の頃から好きなスカイラインでした。 本当は33より3 ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
亡き父が生前まで乗っていた2005年式の3代目ワゴンRである。 GTOを手放して次期マイ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.