• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年01月23日

片想いシリその②アルピーヌA610

片想いシリその②アルピーヌA610  やまけん@北摂さんが久し振りに再開されたんで、当方も気分変えて久々にこんなシリーズ書いてみようと思います(いちいちやることが後だし、苦笑)。

 第2回目は、このルノーのスポーツクーペ、アルピーヌA610。フランスクルマ好きに言わせればアルピーヌといえば例のA110、あれこそが本来の姿であって、それ以降は…という向きもあるやも知れません。

 確かにあのサイズ、今では考えにくい軽量ボディは確かに今でも渋いですが、当方が免許証を取得してクルマ選びを考える時代にはもう既に旧いクルマになりつつあったので。

 そんな時代、リアルタイムで生産されていたのがこのA610。91~95年あたりまで製造されていたようですが、そのスペックは250psと35.7kg/mを発揮するV6・3LターボをRRにレイアウトするものでした。

 当時、RRといえば911とこのアルピーヌくらいでしたが、911、そしてこの日本でも同時期に販売開始されたNSXと比較して価格的、数字的に比肩するものです。

 ただ、実際に走ってみるともう全くの高速番長で、911にもNSXにも曲がり、止まりは遥か及ばないとのようですが…

 しかし、このフランス車らしい先鋭的なルックス、また一応4人乗れるスペースがあること等、クルマ全体としての存在感は(抽象的な表現かもしれません)引けをとらないと思います。

 このクルマが生産終了して以降、ルノーは本格的なスポーツモデル(ルーテシアV6は専用設計でないので少々スポーツカーと呼ぶのは抵抗あり)を生産していません。
 先日10月、カルロス・ゴーン社長がアルピーヌの名をまたカタログモデルに戻す旨発言していました、まだ’10年頃と先の話のようですけれど、GT-Rを復活させた同社長だけに、その内容に今から期待します。
ブログ一覧 | 好きなクルマ他 | クルマ
Posted at 2008/01/23 22:49:12

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2008/01/23 23:22:29
恥ずかしながらやはりA110しかイメージできてませんでした(汗
こんなのもあったんですね。しかも結構最近まで作っていたなんて知りませんでした~。
コメントへの返答
2008/01/23 23:46:01
 どちらかといえばA110のほうがむしろよく見かけるかも知れませんね、先日もとあるワインディングで走っているのを見ました。

 大胆な造形です、最近のルノーはルーテシア、セニック、カングーとわりと保守的ですが、またデザインの最先端をいって欲しいと思います。
2008/01/23 23:47:07
コレってフランス車の合同オフミ”フレンチフレンチ”に来るみたいですよ♪
次回は3月下旬みたいなので206と参加してきますね~(^0^)/
コメントへの返答
2008/01/25 23:04:17
 どうも、レスが遅れました。
おとといの夜?返信したと思ったら何故かサーバーメンテに入って…

 いいですね、色んな国のクルマをお持ちの場合。
 当方もフレンチブルーミーティングには一回見学に行きたいと思います。
2008/01/23 23:55:36
アルピーヌって初めて知りました。
こんなのがあったんですね。
コメントへの返答
2008/01/25 23:06:29
 上記のとおり、返信が亀さんになりました(汗)。

 …ご存知ない??(驚)うーん下ねレーションギャップなのか、まぁ当方もまだそんな年齢とってないつもりなのですが(苦笑)。もしこんなんでもキッカケになれば幸甚です。
2008/01/25 12:50:32
過去に乗っていたので非常に懐かしく思います。
新車で買って最初の2年間はメンテナンスフリーで非常に良い車でした。その後、JAFに何度もお世話になる破目に、おまけにJAXがルノーから手を引いてから消耗部品以外は航空便でフランスから送ってもらわないと入らないって言われて手放しました。ラジエターのリザーブタンクのプラスチックキャップが1万円以上かかりました。
でも、ボンネットを開けてガソリンを入れる姿が爽快で、今も心に残る車ですね。
コメントへの返答
2008/01/25 23:10:40
 おまちしてました、元オーナーのコメント!
 本来このシリーズ(といってもまだ2回目)は知らない、あるいは乗ってみたいクルマを紹介しましてご意見お聞きすることですから…

 さて、やはり年数や距離を重ねると何らかの不具合は致し方ないようですね。

 当時はルノーは日本でマイナーな地位でしたし、Dラーも脆弱でしたからやむをえないでしょうか。

 また今後ともいいお話期待致します。
2008/01/25 23:23:10
A610はフロントのラジエターからリアのエンジンまで長いゴムホースで冷却液を循環してるのですが、それが劣化すると色々トラブルが出るので、2年毎にエンジンを下ろしてゴム類を全て交換する事が、ノートラブルで長く付き合う方法です。
僕は2年間全くトラブルが無かったから、何もせずそのまま3年目に突入してしまい、水温が高くなったり、エンジンが停止したり、色々なトラブルが出て買換えてしまいました。上記の情報は売った後でエンジニアから聞いた内容で、正直、少しお金がかかってもゴム類を全て交換していたら、僕の車歴も変わっていたかも?
コメントへの返答
2008/01/26 13:42:16
 どうも詳しい情報をありがとうございます。
 ルノー他ラテンのクルマはどうも樹脂やゴム類の交換のことをあまり考えて作られてこなかったようですね。

 先代のクリオ(日本名ルーテシア)RSも少し気になっていた存在なんですが、タイベル交換にエンジン脱着作業が必要、よって交換はDで10諭吉コースとのこと。
 フェラーリやマセラティじゃなく実用車なのに…と思って見送ったように覚えています。
 現行のルーテシアRS、何故か日本導入がやけに遅いですが、改良されたんでしょうか?
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「鈴鹿8耐、花火とともにフィナーレ。

本当にライダーはじめ関係者、お疲れ様でした。」
何シテル?   07/30 20:14
 クルマ好きが高じてこのようなミーティングやクラブにいくつか属して活動してます。  興味深いオフミやツーリング企画がありましたら何処でも何時でも東奔西走したい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

MACARS 
カテゴリ:ショップ関係
2008/07/19 14:10:52
 
BMW@Kansai  
カテゴリ:クラブ関係
2008/04/15 12:53:35
 
CLUB BMW 
カテゴリ:クラブ関係
2008/01/17 12:50:01
 

お友達

兵庫県近隣のBMWファン(2輪、4輪どちらでも)の方々、あるいはスポーツカー好き・モータースポーツ好きの方々、ミーティングなどで遊んでやってください。
 モデファイ、チューニング、メンテナンス等のDIY、あるいはドラテクに詳しい方は色々教えていただければ幸いです。
215 人のお友達がいます
まちゃひーろまちゃひーろ * waketonwaketon *
TAKE4TAKE4 * くろすけ ももくろすけ もも *
きよぼん@きよぼん@ hakkei_Nhakkei_N

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
iS、M3Bと通算して十数年?続いた36クーペとの生活に別れを告げ、アルファ等ラテンのク ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
(当時デジカメ所有していなかったのでとある場所より拝借)  近所のクルマ屋にあったものを ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.