車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月13日 イイね!
無限のぱわー!こんばんは。

まずはこちらの写真をご覧ください。
何かお気づきになりますでしょうか。



少しだけ角度を変えたものをもう1枚。



そうです。私は暗黒面に堕ちてしまいました。
爽やかなブルーのラインはもうすでに存在していません。

堕ちたきっかけはもちろん、あのオールトラック化の失敗です。
最愛のパドメを失う怖れから暗黒の力を手に入れようとしたアナキンと一緒です。

↓暗黒面へと誘う、深い漆黒の帯です。



通常の絶縁テープに使われているゴム系接着材と違い、アクリル系の接着剤を使用しているのでベタつきません。

最初は塗装の前の様子見としての雰囲気チェックだけのつもりでした。

シリコンオフで脱脂してからこのテープを圧着し、余分な箇所をカッターで切り落としただけなのですが、作業が済んだのと同時に私は暗黒面へと堕ちていました...。

もう塗装はせずにこのままの状態にしておくことにします。



暗黒のパワーは強いだけでなく美しく、さらなる深みに落ちてしまいそうです。
これからはダース・カメリンと名乗ろうと思います。

ウリャさん、"あんりみてっどぱわー!!!!"



Posted at 2017/03/13 22:12:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月05日 イイね!
いい夢を見させてもらいました...。こんにちは。

前回のブログで、愛車を「オールトラック・ルック」にする計画をお伝えしたことを憶えていらっしゃいますでしょうか。

ブログの投稿後にパーツの注文をしたのですが、今週末に最初の便が到着しました。

それがこれ↓。発注先はミラーカバーと同じでチェコの業者さんです。(今回は3つのパーツを注文しています。)
割と大きいパーツなのですが、この形で何のパーツかおわかりになりますか?



答えはフロントバンパーのアンダースポイラーです。



なぜこのパーツを注文したかというと、車全体を取り巻くPP樹脂のモールディングをきちんと一周させたい、という理由からです。

フロントバンパーは「コの字型のLED/DRL」からバルブのフォグランプへの交換がコーディング無しでは無理そう、というお話を前回させていただいたかと思います。

オールトラックのフロントバンパーカバー形状もなかなか魅力的ではありますが、特にフォグライトにこだわりがあるわけではありませんので、GTEのバンパーカバーはそのまま流用してアンダースポイラーだけを交換すればPP樹脂のモールディングが連続すると考えたわけです。

ただしこのアンダースポイラーは、上部のバンパーカバーとセットになっているものなので、GTEのバンパーカバーと組み合わせが可能かどうかは現物合わせをしてみないことにはわかりません。
もともとあまり期待はしておらず、付けられたら嬉しいという程度の思いで注文しました。(このパーツ、サイズは大きいのですが値段は8千円程度です)



続いてこちら。



フロントバンパーカバーに装着するホイールアーチモールです。
当初は、パーツ両端だけの噛み合わせで基本は両面テープで装着されることを想定していたのですが、パーツ注文後に色々と調べていくうちに、このパーツもオールトラック専用のバンパーカバーに複数の「爪」を差し入れる形で装着することが判明しました。
なので自車に装着する際には、爪の除去などかなり手間のかかる「加工」が必要だろうということは想定していました。
ここは今回の「オールトラックルック化」にあたり、最大の「難所」となると思っていた箇所です。


そして最後はこれ。



フロントフェンダーに装着するアーチモールです。
このパーツは想像していたように、基本的に両面テープで接着&パーツ両端の噛み合わせをするタイプなので安心しました。
自分でちょっと仮付けしてみた写真がこちらです。




こうして実際のパーツが手元に届くだけでも嬉しくなってくるのですが、完成系が想像できるとなるとさらにテンションも上がってきます!

早速、装着事前チェックの日取りを決めるためディーラーに連絡したところ、本日の午後なら時間が取れるとのことでしたので、子供のお昼寝時間を利用して早速出向くことに。


ちなみに、オールトラックルック化にあたっては事前にディーラーの担当者に相談をしていまして、おおよその作業工賃の見積もりをもらうとともに作業の段取りについても取り決めをしていました。

担当者曰く、やはりフロントバンパーカバーに装着するアーチモールがGTEのバンパーカバーにフィットするかが不明という点と、アーチモールを装着した際にどのくらい車幅が変わるのかが重要なポイント、とのことでした。

ご存知のように、車検証に記載されてある登録時の車幅より20mm以上大きくなる場合は「構造変更届け」を陸運局に再提出して車検証を作り替える必要があります。つまり「改造車」扱いになるということなのですが、担当者からは車の価値が大きく下落してしまうので絶対やめたほうがいい、との忠告をいただきました。

個人的にはVW含め輸入車の下取り時の「下落」を痛いほど知っていますので、思わず「改造しなければ"大きく"下落しないのかしら?」と嫌味を言ってしまいそうになりましたが、ぐっと飲み込みました(^_^#)。

とはいえ次の乗り換えについて具体的なプランはないものの、万が一「もしやのハバネロオレンジ」が導入されることも想定していましたし、まだまだ自車を下取りに出す可能性も高いので、構造変更をしてまでの改装は私も考えていませんでした。

そこで車幅の拡大が許される範囲(左右で20mm=片側で10mmを越えない)かどうかを、改装作業に入る前にまず確認しましょう、ということになり、左右どちらかの前後アーチモールを先に購入することになった次第なのです。

本来は前後のアーチモールを購入する予定でしたが、前が大丈夫なら後ろも大丈夫だろうという思い込みと、難易度が高そうなフロント周りの装着可否を確かめたくて今回の3点を先行注文しました。





さて、ディーラーに到着して早速バンパーに装着するアーチモールを見てもらいました。

担当者:「フムフム、やはり爪の部分は削ってならす必要はありますね。でもここを削ってこうすれば何とかつくかも... }

おお、いきなりのダメ出しでなくて安心です。が、つぎの瞬間、

担当者:「むむっ短いぞ!」

自車のバンパーにあてがってみたところ、やはりオールトラックとGTEのバンパー形状は思っていたよりも違うようで、アンダースポイラーとの境目にあるメッキモールまで届かないことが判明しました。

このチェック時の写真は撮影していませんでしたまで、帰宅してから再現した写真がこちらです。



正確に位置合わせをしての撮影ではありませんが、こんな感じの「見過ごせない隙間」が生じるのです。

これはあまりにも予想外のことで代替案も考えていませんでした。モールの連続性が途切れてしまう...。正直なところ、頭が真っ白になるくらいのショックです。

さらに追い討ちをかけるような担当者の叫び声が聞こえてきました。

担当者:「これ、厚みがかなり厳しいかも!!!」

見ると、フェンダーアーチモールを車体にあてがって延長幅を計測しているところです。

担当者:「ざっと見た感じでも10mmでは収まっていなさそうです。ちょっと検査員を呼んできちんと測ってみましょう」

結果は片側14mmのハミ出しでアウト。たかが4mmとはいえ決して無視のできない大きさです。ゲームオーバーの瞬間でした。


こちら↓も失意の中自宅で撮影した写真ですが、明らかに10mmでは収まらないハミ出しですね(泣。




当初取り決めていたように構造変更までするつもりはありませんでしたので、パーツ受け取り初日に早くもオールトラックルック化計画が終了してしまったのです。あっけないといえばあっけない終わりだなー。

ちなみにパーツの第2便がこの日の夕方に到着していました↓。



はるばるドイツから送られてきたパーツですが、開封せずに倉庫行きです(^o^)/

実はワタクシ、リアバンパーカバーの一式含め、ほぼすべてのパーツを注文していたのです。

何の根拠もなく拡大幅20mm以内で収まると考えたことと、残りのパーツはすべて中古品で賄おうとしていたので早めに買っておかなければ! と思ってのことでした。

いま注文時の状況を振り返ってみると、酒を飲みながらPCにかじりついていたのが悪かったかな、と。

冷静な判断力は失われていたようです。(まあ酒が入ってなくても冷静に判断ができた試しはありませんけれど)

哀しいけれど、このあとも使われるあてのない梱包が届くんですよね...。


オールトラックにオプション設定されている19インチのホイールを注文した時から始まった今回の「オールトラックルック化計画」ですが、約2ヶ月ちょっとの間とはいえ、本当にいい夢をみさせてもらいました…。

購入したパーツの費用が無駄になったのは痛いですが、この「いい夢」を鑑賞させてもらった高めの「お代」として考えようと思います。(いや、そこは普通に反省するところですね。自分の無計画さに)


今回も最後までお読みくださいまして、どうもありがとうございました!







Posted at 2017/03/05 15:42:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月22日 イイね!
おれはGTEをやめるぞ!こんばんは。

今週は立て続けに整備手帳やらパーツの投稿をしましたが、今回のブログ投稿の後はまたしばらく期間が空くと思います。

走行性能はよくわかりませんが、グレード名に「GT」がついているんだからそれらしくしなきゃ! という思いからちょこちょこと始めた数々のカスタマイズですが、ふと過保護というか「甘やかしすぎなんじゃないのか?」という思いが最近だんだんと膨らんできました。


何といっても今年から山行脚を再開することにしましたので、やれ「ハイブリッド、静かー。」、それ「モーター走行、ういーん。」などといっている場合ではないような気がしてきたのです。


山への道といっても大抵の道路は舗装されていますので、悪路を走ることはそう多くはないのですが、道は狭いし樹木ははみ出てくるし、駐車場(と呼べないような空き地も多い)も詰めて停めなきゃならない、山道具の積み下ろしでボディにガンガンぶつける・ぶつけられる、という過酷な状況が待っているのですから。


そこでそんなタフな状況にも負けないよう、我が愛車にちょっと「喝」を入れることにしました。


©集英社/荒木飛呂彦先生



現在の愛車の姿がこちら。




なんかちょっと「優等生」っぽくもあり、「チャラチャラ」してる感も垣間見えますね。

なので気合いを入れ直してこんな感じ↓に鍛え直そうと目論んでいます。



あれ、なんかどこかで見た事あるような....。

はい、そうです。単にオールトラック「ルック」にするだけなんですね。
ルックだけなので中身はGTEのままでもちろん4-Motionなんかではありません。ピュアなFFです。


残念ながら現在の計画ではフロントバンパーだけはオールトラックの物に換装ができなさそうです。

GTEにはC型LEDライトが装着されているのですが、これを普通のバルブのフォグライトに変更する際にどうしても「禁断のコーディング」が必要となるため、正規ディーラーでは作業をしてもらえないと予想しています。



情報通の皆さんは、今年のうちにオールトラックが導入される可能性が高い事をご存知だと思います。

私の予想ではディーゼルエンジンを提げて夏前に導入されるのではないかと考えていますが、実際はどうなるのでしょうね。

個人的にはガソリン2リッターエンジンで導入して欲しいところですが、R-Lineとかぶるので望みは薄そうです。

「それならもう数ヶ月くらいオールトラックの導入を待てばいいんじゃないの?」
そんな声も聞こえてくるかもしれません。

もちろん私もそう考えた時期がありました。昨年の11月までは。

ある事に気がつくまで、今年オールトラックが導入されるなら再び「漢をお見せしましょう」と本気で思っていたのです。

そのある事とは、もし私が買うなら「この色」と決めていた車体色が(本国含め世界中で)カタログ落ちした事です。
私を「漢」にさせる予定だったその車体色とは、そう。「ハバネロオレンジ」なのです。



© Volkswagen 2017

2017年モデルに切り替わったタイミングでの決定なのかもしれません。
それまでオールトラックのオフィシャルサイトではハバネロオレンジの車体がコミニュケーションカラーとして採用されていましたが、11月のタイミングでハーバードブルーに切り替わっていました。

元は↓こうだっだのが、


© Volkswagen 2017

こう↓変わっていたのです。


© Volkswagen 2017

新たに写真を用意したのではなく、シチュエーションはそのままで色だけ「レタッチ」されていましたので、もしやと思って英国のVWサイトへ飛びました。(ここのサイトでは設定されている車体色がわかりますし、何より英語なので読みやすいのです)
案の定、10月まであったハバネロオレンジの設定が物の見事に消えていました。


もちろん私はVWの中の人ではありませんので、本当にカタログ落ちしたどうかは断定できませんが、パサート好きの持つ「本能」が「ハバネロオレンジの終わり」を告げていました..。
まあ仮に本国で設定があったとしても、日本に導入されない可能性が高い色ですけれど。

わずかな希望としては、ザ・ビートルとトゥーランのR-Lineには現在も設定されているそうなので、「ハバネロオレンジ」カラー自体が消滅したわけではなさそうです。
導入時のみ"ローンチエディション"としてオレンジカラーが導入されることを期待したいところですが... 。


というわけなので、仮にオールトラックが夏に導入されたとしても慌てて買いたいと思わせる「色」がなければ、しばらく様子見でOK、それまではオールトラック「ルック」化に投資しようと考えた次第です。


ただパーツをすべてヨーロッパから取り寄せて日本で組み付ける、というのは想像以上にコストがかかるため、「漢」Kamerinといえども、なかなか一歩を踏み出せないところでもあります。

それに日本に導入されていないモデルのパーツなので、100%上手く付くかどうかも保証できないですしね。

つまりこのリスキーなチャレンジは、愛車に「喝」を入れるというよりも、自分自身の「漢」度合いを試すようなものなのかもしれません。(なんてあらためて言う事でもないいですけれど...)



次にブログを更新するときは、晴れてオールトラックルックへの換装が済んだ愛車をお見せできれば良いのですが、今回の話は全くなかった事にして「車高調入れました〜」的な話になっているかもしれませんがどうかご容赦ください。

我が愛車を”こんなシチュエーションが似合う車にしたい”、という熱い思いを込めた写真をご覧いただいてお終いとさせていただきます。




最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!
Posted at 2017/02/22 23:20:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月19日 イイね!
もう春が来たことにしました。こんにちは。

前回の投稿からもう2ヶ月近く経過していたんですね。

冬はキライな季節なので何もせずにじっとしていましたが(みんカラは読む・見るだけ)、ここ最近の天気がなんとなく春めいてきましたので、車関係のちょこちょこいじりを再開しました。


いじるといっても私は不器用なので今まではお店に作業を依頼していたのですが、今年は少しずつDIYにトライしてみようと思っています。



これは最初に取り掛かろうと思った「パーツ」で、今回はチェコからのお取り寄せになります。

パーツ自体はすでに1月のうちに届いていたのですが、なかなかDIYをする時間が取れなく、今日ようやく取り付けを済ますことができました。



取り付けにあたって準備したのがこちら。
「サクションカップ」と「幅広の内装剥がし」

勘の良い方であれば「何を交換したか」おわかりになるかもしれませんね。

作業の内容については明日以降の整備手帳にアップする予定です。

それではまた。







Posted at 2017/02/19 18:07:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月28日 イイね!
嫁入り準備で腰が痛いです。こんにちは。

早いものですっかり年の瀬ですね。
今年も残すところわずか3日。気持ちだけなんか忙しい感じになっちゃいます。

さて、実に一ヶ月ぶりのブログ投稿になりますが、今回はちゃっかりと「営業活動」をさせていただきます。

ちょっと前に「何シテル?」に投稿したのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ホイールとタイヤのセットをヤフオクで売り出すことにしました。




夏タイヤは保管サービスに預けたままでしたので、スタッドレスタイヤのまま出品していたのですが、この度夏タイヤに組み替えをしてもらって新たに出品をし直しました。

組み替えはディーラーに作業をお願いしたのですが、家に持ち帰ってクリーニングと簡易コーティングをして物置にしまう、という一連の作業だけでとても腰が痛くなっております。



みんカラオーナーさまのブログを拝見して、今年は自分でタイヤ交換を!と意気込んでいましたし、ツール類も買い足しして準備万端整えてはいたものの、すでに自力交換を諦めようかと弱音を吐いている自分がここにいます。



さて、お嫁に行くまでは物置には平置きでしまうことにしました。



1本目は楽勝ですよ!




2本目もまあ大丈夫かな。



3本目になると「持ち上げる」高さが果てしなく大きく感じるんですけど...。



4本目は頭の血管が切れるかと思いましたが、なんとか収納完了です。

まっすぐ積まれていないように見えるのは気のせいですからね(^ ^;)


決してお安くない金額なので嫁には行けずじまいかもしれませんが、興味がある方はぜひ↓を覗いてみてください。

みんカラオーナーさまで興味がある方は直接メッセージをいただいてもかまいません。
(ヤフオクは手数料が高いので、直接取引いただける場合は少し割引いたしますよ!)

※おかげさまで年明けに新しいご主人様のところへ嫁ぐことができました。

それではみなさん、よいお年をお迎えください!
来年も元気にここでお会いいたしましょう。




Posted at 2016/12/28 17:40:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「無限のぱわー! http://cvw.jp/b/2698510/39452619/
何シテル?   03/13 22:12
kamerinと申します。 2台目のVW車ですがとても気に入っています。 少しずつの投稿になりますが、どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
BILSTEIN B14 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/19 01:26:06
KW Kw Ver2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/14 23:25:40
KW STREET COMFORT 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/14 23:24:10
お友達
16歳で原付免許を取得してから、動力の付いている乗り物が大好きです。
年齢を重ねても、家族を持っても、クルマは今でも「自分の好きな時に、好きな所へ運んでくれる」大事な相棒と思ってます(頭の中では)。
なので車種・ジャンル問わず同じような想いの方であればお友達になってください。




12 人のお友達がいます
ネコ39ネコ39 * pangzipangzi
GTEGTE ♪すなっち♪♪すなっち♪
so-menso-men ウリャウリャ
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン パサートヴァリアント フォルクスワーゲン パサートヴァリアント
パサート愛に満ち溢れた「漢」、Kamerinです。 2015年の9月からフォルクスワーゲ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.