• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kamerinのブログ一覧

2017年09月14日 イイね!

【新品未使用】OBDelevenデバイス、いかがですか?

【新品未使用】OBDelevenデバイス、いかがですか?こんにちは。

今回の投稿は、
「OBDelevenのデバイス(新品未使用)、お譲りします」です。

OBDelevenのデバイスが日本で購入できなくなったこと、アプリもダウンロード不可になったことについては、先日のブログでお伝えしたかと思います。

アプリのダウンロード方法については既に投稿していますが、OBDelevenの正規販売元であるVoltas社から直接デバイスを購入することは配送先を日本にする限りどうも難しいようです。

今日現在、amazon・楽天・ヤフオクでも販売されている形跡が見当たりません。(以前はamazonで出品されていたような気がしたのですが..)

入手する方法としては海外のショッピングサイトしか残されていない、という状況です。

eBayで数点販売されていますが、正規の定価よりも上乗せされた価格なので割高になっています。

まあ上乗せしている金額が許容範囲であれば売ってくれるだけマシと考えて、自分のデバイスの予備として購入することにしてみました。

結果としてはフツーに買えてフツーに配達されました。

Voltas社から配達された時とまったく同じ郵便パッケージに収まっていましたが、同じリトアニアの業者から購入したので郵送手段も同じリトアニア郵便です。当たり前といえば当たり前ですけど。



で、今回は複数個を注文したのですが、1個余りましたので必要な方がいらっしゃればお譲りします。
お譲りするといっても無償ではなく、実費分はお支払いいただく必要はありますけれど(^ ^;)

OBDelevenを試してみたいけどフツーには入手できないので導入を見送った、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしよろしければ検討してみていただき、必要な場合はメッセージをいただければと思います。

金額は7,400円で、送料はまた別途になります。(この金額はeBayで購入した際の金額のままです)

今のところ接続さえしていない未使用品ですが、お買い上げが決まりましたら動作を確認させていただく予定です。

もともとビニール類で梱包されておらず、写真のように外箱+本体のみという、至極シンプルなパッケージングでした(^ ^)

ご不明な点・ご質問があれば遠慮なくメッセージでお問い合わせください!
ではでは。


--------------------------------------------------------------------
9/15(金)追記:

「売約済」となりました

たくさんの閲覧、どうもありがとうございました。
早々にお申し込みをいただき、「売約済み」となりましたのでご報告いたします。












Posted at 2017/09/14 10:09:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月02日 イイね!

祝DRL化! 言葉に惑わされちゃいました..。

祝DRL化!  言葉に惑わされちゃいました..。こんにちは、Kamerinです。

一昨日の整備手帳の最後でこう↓書きました。

OBDelevenで自車をスキャンした際にAudi車と認識してしまうので、VW車とは項目内容が一致せずコーディングできない、と。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2698510/car/2273615/4405247/note.aspx

ですが慎んで訂正を申し上げます。

項目名こそ違えど中身はどうやら一緒のようで、コーディングには問題がなさそうです。

直接コーディングに成功されている方々の投稿を拝見していると、Control Unit(初期画面の右下にある青いハンバーガーメニューから入るとこ)から「No.9 Central Electrics」から入るべし、と書かれているケースが多いです。

ただ私のOBDelevenではNo.9の箇所は日本語で「オンボードサプライ」と表示されます。
なのでまったく違う内容だと勝手に判断をしてしまいました。

中をのぞいて見てはみたものの、それらしい項目が見つからなかったので諦めた、というオチで締めくくっていたのはご存知かと思います。


で、昨日見た映画の中にこんなセリフが出てきました。

「目に見えていることの全てが"見えている"わけではない。」
「人は"見たい"と思うものだけを見て、それ以外の事柄を見逃しやすい」


正確にはちょっと違う言い回しかもしれませんが、主旨はこんな感じでした。


それでちょっと思い当たりました。

探していた「Central Electrics」が見つからなかったので、(実は中身が一緒の)「オンボードサプライ」の中を見ているつもりでも、実は「本当に」見てはいなかったのではないか、と。

そこで朝起きた後に、小雨の降る中もう一度トライをしてみました。
するとあっけなく成功できました。




つまり前回うまくいかなかったのはObdelevenのせいでも愛車のせいでもなく、単に私の「思い込み」によるものだったのです。

最初に「これは違うな」という思い込みが強かったゆえに、もともとあった正解を見逃していただけなのです。

いまさらながら私自身の「早とちり」「短絡的」という根本的な弱点を痛感しました(^ ^;)





でも「Central Electrics」と「オンボードサプライ=Onboard Supply」が同じ類いの用語である、とすぐにわかる人って一体どれくらいいるのでしょう...。

そんなわけでDRLを点灯した愛車をご覧ください(^_^)




DRLの1発コーディングができなかった、と投稿した際にすぐにアドバイスのメッセージを送っていただいた「as800e」さんには深く感謝をしております。

また、そこでご紹介いただいた成功例を今回参照させていただきましたが、投稿されていた「@(*ω´)」」さんにもこの場を借りてお礼を申し上げます。

どうもありがとうございました。とても助かりました。


友@(サ*`ω´ド)友@(サ*`ω´ド)
Posted at 2017/09/02 11:52:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月31日 イイね!

GTEを1年乗ってみて~賃貸共同住宅(アパート)に住むオーナーの本音~

GTEを1年乗ってみて~賃貸共同住宅(アパート)に住むオーナーの本音~こんにちは。Kamerinです。

今日は8月31日。世の中(の学生さんだけかな)、そして私にとっても夏休み最後の日となります。

あいにく首都圏はシトシトと小雨模様。
でもなんとなくお休みの最後にふさわしい、落ち着いた気持ちにさせてくれるお天気でした。


本日は愛車への最後のテコ入れを行う予定でしたが、取りやめてブログを投稿することにしました。

テーマは表題の通り、「賃貸共同住宅でPHEV(=GTE)ってどうなの?」です(^ ^;)




PHEV(or EV)に興味はあるけれど、共同住宅住まいなので充電設備を持つことができない、設置も叶わない。

過去の私を含めてそうお考えになられる方は多いのではないでしょうか。

もうすぐ所有して1年が経つ節目でもありますので、レビューをさせていただこうと思います。

ですが「GTE」という車そのものの良さについては、他オーナーさんがより詳しく・アツい投稿をされていますので、あくまでも、賃貸共同住宅居住者」としての日常的な目線を中心にお話しさせていただきます。

先に結論を申し上げると、「賃貸住宅であっても全く問題ありません」ということになります。

人によって価値観の違いもありますし、カーライフで何を重要視されるのかも多種多様だと思いますので、断言するつもりはありません。

あくまでも100%「私の主観」として述べている、ということをご留意いただければと思います。

さらに他車種のPHEVを所有したことがありませんので、私の愛車であるパサートGTEに限ったことになります。

私がここで書いたことが、全てのPHEVや他のパサートGTEにもいえる、ということではありませんのでご注意を。




私がPHEVを購入する際に最も気になったのは、やはり自宅に充電設備がないので大丈夫なの? ということです。

「バッテリーの電気残量が無くなったらどうすればよいのだろう?」といった漠然とした不安に囚われていました。

落ちついて考えてみると、ピュアEVでありませんのでバッテリー残量がなくともエンジンで発電&充電できますし、ハイブリット走行・チャージモード走行でも、発進時のモーターアシストはしてくれます。
(バッテリー残量がゼロと表示されていても、実際には多少のバッファを持たせているのだと思います)


とはいえ、カタログも隅々まで読んで幾度となく試乗をしているのですが、頭ではわかっていても実際に所有してみるまではそう簡単に不安が取り除かれるものでもありません。

その不安からゆえ、出先でも充電が出来るように「充電カード」を納車がされる前に申し込んでいました。




でも1年経過しての感想は「充電カードは特に必要ないよね」という感じです。

GTEのチャージモードはとても効率良く充電をしてくれますので、外部での充電を必要とすることがないのです。




週末に郊外のショッピングモールへ出かける際にチャージモードで往復を走るだけで、日常使用する分に必要な充電がされます。

もちろん、毎日自宅で充電ができる環境と遜色がない、とは間違っても言えません。

自宅で充電できるということは毎日フルに充電ができる(=EVモードで走行できる距離が増える)ということであり、明らかに大きなアドバンテージがあることは明らかです。(素直にウラヤマシイです。はい。)


ただ今回の論点は「自宅で充電できる環境との比較」ではなく、「賃貸共同住宅住まい」で乗っているオーナー(つまり私)の正直な感想を述べる、です。

充電の必要性が無いと判断した証として、本日付けで充電カードを解約しました。



全く充電をしなくても毎月1,400円の費用が引き落とされているのですが、まあ1,400円ならいいかとズルズルとそのままにしていました。

ですが先日(OBDelevenをいじるための)Androidフォン用にデータ通信用SIMカードを購入した時にふと考えました。SIMカードの月額の使用料がたったの900円ぽっきり。

全く使うことのない充電のために引き落とされる1,400円と、毎日どこでもネット接続環境が手に入るための900円を比べたら、このまま充電カードを契約し続けることがすごく馬鹿らしくなっちゃいました。

なのでとうとう解約をして緑の象さんに別れを告げました。全然使ってあげられなくてゴメンね。




さて、外部充電が必要なくなったとはいえ、自前のエンジンで発電をさせる訳ですからそれなりの燃料を消費します。
ですからもし「燃費を第一」に考えるのであれば、決してGTEはおすすめできるものではありません。

あくまでも感覚的なものですが、前車の1.4Lターボと比較して燃費は3割ほど落ちたように感じています。
ただ前車の燃費が良すぎたので、今の車でも全く不満はないのですけれど。


ということで、もしGTEに興味があるけど自宅充電設備なくて躊躇されている方(かつ低燃費を求めすぎない方)には、自信をもってオススメできるといえます。


ちなみにすべて手放しで褒めるつもりはなく、GTEに対してマイナス点と思っていることを書いて見ます。
(※ここからは充電環境の有無とは関係ありません)


その1. 車両本体価格が高い分、下取りの低さに愕然とします。

元々パサート自体のリセールバリューは低いのですが、GTEは最初の価格が高い分、落差がとても大きく感じられます。
やはりバッテリーの劣化が嫌われている原因なのでしょうね。
なので、GTEは程よく値のこなれた中古車で購入するのがお得だと思います。
(ちなみに中古車で売りに出されている額から100万引いた額が下取り額の相場です)




その2. エンジン車になかなか戻れない。

これも慣れだとは思うのですが、モーター走行に慣れてしまうとどうしてもエンジン走行に違和感を感じてしまうのです。

エンジン付きの乗り物が大好きだったのに、エンジンに対して拒否反応を示してしまう自分がいる。

これはある種とても危険なことだと思っています。車を判断する基準がスゴく短絡的なものになってしまいそうだからです。

モーターに比較して静かで滑らかではない、ということだけでエンジン車を否定してしまうのは、何か自分が大切にしてきたものを失ってしまうことに等しいのでは、といった漠とした思いも感じています。(少し誇張気味ですけれど)

この先クルマが電動化していくことは必然なので、モーター車は嫌でも乗らざるを得ないと思います。私だけではなく皆さんも、です(^_^)。

なので、次のタイミングでは(きっと最後になる)エンジン車に戻らなければ、といったヘンな義務感を感じている今日この頃です。


その3. 設定色が少ない

これはPHEVではなく、GTEのみにいえることなのですが、設定されている車両色が少ないです。

もし今年度にAlltrackが導入されず、2018モデルのGTEでナイトブルーが追加設定されたなら来年買い替えしても良いかと考えていました。(考えるだけならお金はかかりません(^_^))


ただ残念ながら紺色は今年も導入されませんでしたので、GTE→GTEへの買い替えは私の中では消えました。
(これゆえに、次の車は純エンジン車にしようと思ったワケでもあります。)





最後になりますが、他にも共同住宅住まいでPHEV車を所有することに何らかの不安・疑問がありましたら遠慮なくお問い合わせくださいね。

でも「安アパートにGTEって恥ずかしく無いっスか?」という質問はNGですよ(^_^)


それではまた!
Posted at 2017/08/31 18:08:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月26日 イイね!

これからOBDelevenを導入する方はご注意を!

これからOBDelevenを導入する方はご注意を!こんにちは。

そろそろ納車から1年が経つマイパサートですが、大切に慈しんできた「お客様モード」はぼちぼちお終いにして、内外ともにハードなテコ入れをして「下僕化」を始めようと思っている今日この頃です。

今年こそはと期待していたAlltrackの導入ですが、今年度も見送りのようでいったい何時になるやらわかりません。

買い替え時の下取りのことを考えて、できるだけ「控え目」に手をいれてきたつもりでしたが、もうあきらめようと思います。

しばらく様子見をしていたコーディングも解禁することにし、手法は「ODBeleven」を手始めに導入することにしました。

導入にあたっては「aku-kan」さんの投稿を大いに参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます。


さて、手始めに本国からスキャニングデバイス( と延長アダプター)を取り寄せて、到着する日時にあわせてスマホも新規に購入しました。(OBDelevenアプリはアンドロイドフォンのみの対応です)

デバイスは昨日のうちに届いており、注文していたスマホも本日届いたので早速アプリをダウンロードしていじり倒すぞ!と思っていたのですが、最初から思いっきりつまづいてしまいました...。






GooglePlayストアからアプリをダウンロードしようとしたのですが、「あなたの国では使えませーん」という表示が出たままでインストールボタンも表示されません。

「??? 」と思いながらも本国サイトのサポートページを探してみると、なんとそこには驚きの内容が!!!!



英語ですので、グーグル先生に翻訳してもらいました。



なんと2017年6月以降は、一定の国以外の国ではデバイスの販売もアプリのダウンロードもできない、とあるではないですか! 
そうなのです。日本は「一定の国」には入っていないので、GooglePlayストアからはダウンロードできなくなっていたのです。
ヂクジョー。もっと早く導入しておけばよかったー。

なのでこれから導入を考えている方は、まずスマホにアプリをインストールした上でスキャンデバイス(必要ならアンドロイドフォン)を購入するようにしましょう。私のように「先にデバイスを注文」して焦ってしまわないように..。


追記:
サポートの回答には2017年「6月1日」以降は販売もDLも不可と書いてありますが、私がデバイスを注文したのは8/17なんですけど...。注文した時にそんなこと一言も教えてくれなかったじゃないのよ。
何事もなくフツーに販売もしてくれて、フツーに配達されてるし...。



(再追記: 8/30)

現在、本国サイトではデバイス類含めて購入ができなくなっています。

購入者の住所が日本だと購入手続きが完了できないため、実際問題として購入は不可能ということになります。

どうしてもデバイスを手に入れたいのであれば、今ところeBayなどのECサイトから入手するしか方法はなさそうですが、かなり「上乗せ」されて販売されていますし、絶対数も多くありません。

みん友さんからのご質問で気がつくことができました。この場を借りてお礼を申し上げます。




ちなみに、これしきのことであきらめてしまってはデバイスの購入費やスマホの購入費がパーになってしまうので、あれこれ方法を考えて試行錯誤を繰り返してようやくインストールまでこぎつけました。



インストールが終わった時にはすでに18時を回っていました。あたりは暗いし最初のスキャニングがすぐには終わりそうにもないので、続きはまた別の日にしようと思います。

導入が済んだらアプリインストールの方法も含めて、あらためて整備手帳に投稿します。
Posted at 2017/08/26 22:24:12 | コメント(3) | トラックバック(1) | 日記
2017年06月12日 イイね!

とうとう下げてしまいました。

とうとう下げてしまいました。こんばんは。Kamerinです。

最近は投稿するネタもなくみなさんの投稿を拝見するだけの日々でしたが、ようやく投稿ネタが出てまいりました。

先に投稿させていただいた「シャランに乗り換え」で"ディーラーに1週間ほど預けた"と書きましたが、この期間の間に(ローダウンさせる)ダウンスプリングの交換作業を行なっていました。

ディーラーにはこれまでにも色々と無茶なお願いをしてきたのですが、さすがに社外品のサス交換まではやってもらえないだろうと思っていましたので、ローダウンさせることは半ば諦めていました。

色んなパサートオーナーの「車高調入れました」「ダウンサス交換しました」という投稿を目にしつつも、さほど優先度の高いカスタマイズではなかったため「いいなー。」「いつか交換したいなー。」と思うくらいでした。

しかし、みんとものウリャさんとのプチオフで車を並べてしまったのが良くありませんでした。
これで同じ車なのか? と思うくらい、低く構えたウリャさんのパサートはカッコよかったのです。色も渋いしね。

正確には「車高を下げたい」というよりも「ホイールハウスとタイヤの隙間を埋めたい」という思いでしょうか。
アイバッハのダウンスプリングを入れたウリャさんのパサートを見た後に私のパサートを見ると、「オールトラックか!?」と思うくらいに隙間が気になるのです。

パサートは「乗り心地」が気に入って選んだ車でもありますので、足回りの交換はしないでおこうと固く誓っていたのですが、そんな誓いは遠くへ吹き飛んでしまいました。

とはいえ、その時点ではまだGTEに適合する車高調・ダウンスプリングが日本では発売されていませんでしたので、またまたebayで海外から直輸入しようかと考えたのですが、問題は「どこで交換してもらうか?」でした。

先に書いた通り、ディーラーではやってもらえないものと思い込んでいましたし、持ち込みでマニアックスさんにお願いするのも気がひけるような思いでおりました。

そんなこんなで少しばかり時間が経った頃、マニアックスさんからGTEの適合品が6月下旬に入荷しますよー♪のお知らせが入りました。

うーん。港北に行くのも面倒だし、(作業を待っている間の)3時間、どうやって時間を潰せばいいんだろう、とは思っていたのですが、パーツ代と取り付け工賃で8万円以内ならお願いしようかな。という気持ちになりかけていました。

一応ディーラーのサービスマンに電話して、やっぱりダメだったらマニアックスさんで購入&作業予約をしようと決めていたのですが、電話してみると意外や意外、「OKですよ」とのこと。

ただ交換後に車高が規定の9cm以下になってしまうのはNGなので、パーツを注文する前に一度ディーラーで現状の車高を計らせて欲しい、とのこと。

アイバッハのダウンスプリングは3〜4cmほどの落ち幅ということなので、交換前の状態で13cm以上あるかを確認しておきたい、というのが理由です。

そこでいそいそとディーラーに車を持ち込んで計測してもらいました。「9cm棒」という手作りの車高チェックツール(ただの木の棒にマジックで目盛りを書き込んだだけのもの(笑))で測り、14cm程度という結果でとりあえずは一安心。


ということで、スプリングはマニアックスさんから購入して交換作業はディーラーで行なってもらうことにしました。
工賃は当然のことながらディーラーの方が割高なのですが、車高の変化に伴うACC用のカメラのセッティング・レーダー照射範囲等の調整やアライメント調整含めて行うとのことでしたし、何よりも「おつきあい」という一面を大事にしたいと思いました。別な言葉を借りれば「ギブアンドテイク」と言う感じかな。


そして先週の金曜日に我が家に戻ってきたパサートは...。とても「カッコよく」なっていました(^_^)/
"下がりすぎ"になることを一番心配していましたが、ほどよい下がり具合で「大人な感じ(笑)」です。

まだ遠出をしていませんが、いつものコースを走っている限りでは大きな乗り心地の変化は感じられません。
少しだけ硬めになったかな? と思えるのは時折コツコツと路面のインフォメーションを拾う時くらいでしょうか。

十分許容できる範囲なので、とても満足しています。

今日は妻を助手席に乗せて少しばかり走ったのですが、彼女は全く気がつきませんでした。
( ただパサートから代車のシャランに変わっていたことも1週間の間、全く気がつかない人なので...)


パサートに乗る前は2台ほど続けてSUVだったので久しぶりのローダウンですが、やっぱりいいですね。

I'm Lowrider Lover!







Posted at 2017/06/12 23:39:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #パサートヴァリアント フロントツイーター交換「#3 最後のヤマ場を乗り越える!」 http://minkara.carview.co.jp/userid/2698510/car/2273615/4476334/note.aspx
何シテル?   10/20 15:31
kamerinと申します。 2台目のVW車ですがとても気に入っています。 少しずつの投稿になりますが、どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

THULE ウィングバーエッジ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/23 21:45:19
リーフの音その2〜VWに欠けているもの 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/25 00:23:48
デイライトコーディング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/10 18:32:56

お友達

16歳で原付免許を取得してから、動力の付いている乗り物が大好きです。
年齢を重ねても、家族を持っても、クルマは今でも「自分の好きな時に、好きな所へ運んでくれる」大事な相棒と思ってます(頭の中では)。
なので車種・ジャンル問わず同じような想いの方であればお友達になってください。




22 人のお友達がいます
BahtzBahtz * aku-kanaku-kan *
pangzipangzi * kame1000pkame1000p
ウェイン。ウェイン。 ♪すなっち♪♪すなっち♪

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント フォルクスワーゲン パサートヴァリアント
こんにちは。Kamerinです。 2015年の9月からパサートヴァリアントのオーナーにな ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.