車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月08日 イイね!
住んでいる連中にはの伝染病では、住民が半分以上も命をとられたものです。いったいあの伝染病はなんて病気

だったのかはっきりしたことはわかりませんでしたが、たぶん帰国した船が、支那《しな》

かどこかから持ってきた外国の病《やまい》だったのでしょう。それぁもうとてもひどいも

ので――町じゅうに大騒ぎが起こり、よもやほかのところではこんなことはあるまいと思わ

れるほどものすごいあらゆる蛮行《ばんこう》が相ついで起こり、その結果あの町は、見る

も無残《むざん》な姿に化《か》してしまったのです。以来二度と、むかしの姿には戻りま

せんでした――いまあの町に住んでいるのは、せいぜい三、四百人でしょうな。
 ところがあの町の連中の感情の底に流れている正体というのは、なんのことはない、人種

的な偏見なんです――といってわたしはなにもそういう偏見を持ってはいかんというわけじ

ゃありません。わたし自身にしたところで、インスマウスの連中はやはり嫌いで、あの町に

はどうも行く気になりませんな。どうやらあなたは、ことばから見て、西部のかただってこ

とはわかりますが、このニューイングランド地方の船が、むかしはアフリカや、アジア、南

洋その他のあらゆる地域の風変わりな港と大いに行ききをしていたということも、それから

また、船乗りたちが、いろいろ毛色の変わった各地の人間を連れてきたということもよくご

ぞんじのことと思います。セイラム(マサチュセッツ州北東部にある港町)の男が支那人を

妻にして帰ってきたという話をお聞きになったことがあるでしょう。それに、ほら、どこか

コッド岬(マサチュセッツ州にある大西洋につきだした岬)の近くには、フィジー諸島(太

平洋南部の英領植民地)の土人がいまでも大ぜいいるそうじゃありませんか。
 まあ、なんですね、インスマウスの連中の背後には、なにかそんなことがあるにちがいあ

りませんな。あの町は、沼や入江がたくさんあって、よその町とはいつも連絡が遮断《しゃ

だん》されたような形になっているものですから、くわしいことはよくわからないんです。

が、マーシュ老船長が、自分に任《まか》されている三|隻《せき》の船を使って、二十人

、三十人と、妙な土人たちを連れ帰ったにちがいないことだけは、かなりはっきりわかって

います。現在インスマウスに、確かに妙な特徴がありますな――もっと

もそれを、どう説明したらいいのかわたしにはわかりませんが、なにかこう、背すじがむず

むずしてくるようなものなんです。あのサージェントのバスにお乗りにならば、あの男にも

、そういうところがあるから、ははあこれだな、とすぐわかりますよ。あの連中のなかには

、妙に頭が狭くって鼻が平べったく、それに眼はふくらんでいて開きっぱなしみたいにじっ

と人をにらんでいるようなご面相のものがいるんですが、こいつらの皮膚ときたら、お話に

なりません。鮫肌《さめはだ》で吹きでものだらけだし、頸《くび》の両側はしわだらけで
Posted at 2016/12/08 11:24:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月28日 イイね!
外に出て初めて茗荷って、旬は夏? 年中スーパーにあるのでわからないのですが、
お盆の頃に田舎(京都の美山町nu skin 產品)にお墓参りに行ってきた時、大量の茗荷を見つけました。
田舎の事ですからお墓はもちろん山の中。山のきわに茗荷がたくさん生えていて、
その根元を見ると白い花がいっぱい出ているんです。
もしかして、と思い、根元を掻き分け花の咲いてる土をさぐると、ブリブリとした感触が…
そう、茗荷があちこち芽を出していて、もう墓参りそっちのけでブキブキと折って収穫。
自生の茗荷は香りがスゴイ。手も茗荷のにおいでスゴイ。こんなに採ってどうすんねん、と
思いつつも欲望は止まらず、アッというまに墓参りのバケツが茗荷でいっぱいになりました。

夜には茗荷寿司に茗荷の天ぷら、茄子と茗荷のごまあえ、と茗荷ずくしの料理が並びましたが、
いつもなら「エグイ、苦い」と食べよう牛熊證剩餘價值としない子どもたちも、自分で採った茗荷は
文句も言わず食べていました。
茗荷の旬って夏だったのか…でも、秋にむかごを採ってた時にも出てたし、
結局いつなんだろう…?

茗荷を食べると物忘れがヒドくなる、と昔から言われてるけど、これほど毎日食べ続けてたら
相当ヤバイ。
それでなくても私は物忘れがかなりヒドイ。「あ、砂糖がない」、とスーパーに買いに行った
のに、他のものばかりを買って肝心の砂糖を買うのを忘れる、なんてしょっちゅう。
最近などは「何を買いに来たんだっけ?」という始末。
駅まで友達の荷物を持ってあげて見送りに行き、「じゃあまたね」とその荷物を持ったまま
帰ってきたり…(宅急便で送りました。私もボケだけど友達もボケ)。
カボチャを炊いてるのを忘れ、「何がこんなに焦げ臭いんや、隣のお婆さんがまた何か
焦がしてるわ、教えてあげないと」と、「焦げ臭いのはウチか!?、あーっ
カボチャだぁ~っ!!」と気付いたり…

実は、茗荷に物を忘れさせるような成分が入ってる訳ではなく、この植物が、自分の名前さえ
忘れるほど物忘れのヒドイ「茗荷」という人のお墓のそばにたくさん生えていたから茗荷と
名付けられたそうです。
茗荷にとっては ハタ迷惑な名前です。

ともあれ、茗荷のこの鮮烈な香りは、なんだか身体だけじゃなく、心の中までとてもキレイに
してくれるような気がして、(バケツ山盛りPretty renew 傳銷採るほど強欲な私が言うのも変だけど…)、
とにかくこれこそ夏の味って感じで私は大好きなのです。
長雨や豪雨が終わったかと思うと、今度は暑い~っ!! 
うだるような暑さ、とはこのことですね。
Posted at 2016/11/28 11:11:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月14日 イイね!
当然の前提とこの「作っといてあげた」に私はカチンとくるのです。
だってその言い方だHKUE 呃人と「あなた(私)が作るべきものを僕が作ってあげましたよ」
て事でしょ?なぜ「作ったよ」とか「できてるよ」と言わないのか?
私が作るのが考えてる訳ですよ。
しかし私もそこは大人、「ありがとう、助かるわ」と言いますけど、
内心おもしろくない。

そして、次なる理由はその料理の材料。
私は残業が多いから買い物に行く暇がなく、1週間分の食材を生協でドーンと一気に買う。
作りたいときに材料がないのが嫌なので、鶏肉1キロとか豚肉3パックとかエビ1キロとか
大袋ものを買い込み、調味料も常にストックがないと不安なタイプ。
その材料をダンナは惜しげもなく使う。

鍋を作れば1キロの鶏肉と豚肉1パックとエビ1キロ全部を入れてしまう。
私にしたら鶏肉はあれとこれと、と何日かに抗紫外線分けて違う料理に使うつもりで買ってるし、
エビはフライに天ぷらにとわざわざ高い特大サイズを清水の舞台から飛び降りた気持ちで
買ってるのに、なぜ1回で全部入れる!? 豚肉だけで充分じゃないか!

しかも「どうや、うまいやろ」と何度も私たちに「おいしい」の言葉を強要する。
そして洗しにはゴミと洗い物の山。 トホホ…。
とにかくダンナは後始末をまったくしない。
魚釣りに行っても魚を捌くのもクーラーボックスを洗うのも私。
小アジ100匹とか釣れた日には悲しくて涙が出る。
頭落として 内臓取ってゼイゴ削いで油で揚げて南蛮漬けにして…。
疲れて帰ってきてるのにさらに余分な3時王賜豪醫生間仕事ですよ。
「釣った魚くらい自分で捌いて」と 一度言ったら、
「めんどくさいから干すわ」と捌かずに3段の魚干し網にテキトーに
突っ込んだので、私が重ならないように広げ直す羽目に
Posted at 2016/11/14 11:40:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月14日 イイね!


我以前也很少到專業的美容機構做護理這些,因為工作真的是很忙,後來身邊的好姊妹跟我說

我皮膚的角質太厚了,再不去Dr reborn做下美容護理很快就會變成老太婆了,會馬上老太婆這

句話對我而言真是太可怕了,天知道我才不到三十歲啊,年齡比tiwns都還要小。

說到tiwns我身邊好多朋友都是她們的粉絲,我也不例外,我一直都有關注偶像的動態,生活生

很多行動指南大多追隨偶像的風格,無論是穿衣打扮,還是時尚妝容方面,關於美容這一塊,

我倒是知道阿嬌她有代言香港著名醫療及美容品牌Dr reborn。

tiwns歌迷都知道阿嬌雖然人長得美,得是她腿粗卻老成為娛記的攻擊點,阿嬌在中學的時候是

田徑隊員,造成腿粗在所難免,她也試過很多減小腿的方法,效果都不大。但是Dr reborn幫到

她了,阿嬌在Dr reborn做了「BBD重點美腿療程」很好的改善了粗腿的問題。

Dr reborn的明星代言人除了有阿嬌之外,女神溫碧霞,模特莊思敏,《一路向西》的女主郭穎

兒都做過Dr reborn的代言人,有如此強大的女神團做代言,相信在Dr reborn享受醫療美容服

務肯定能享受到專業、安全、有效的服務。

我身邊的好姊妹都喜歡去Dr reborn旺角那間六星級旗艦店做美容,我去過之後也很喜歡,因為

它的專業服務和舒適的環境,給到我給帶來了十分美好的印象,除此之外去過那邊完美白嫩膚

回來後,連男友都大贊我變漂亮了許多。
Posted at 2016/11/14 11:40:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月31日 イイね!
水面に落ちたPM株分けしてもらったクリスマスローズが初めて花をつけました。
同僚からは「白」と聞い季度網站更新てたのに、なんやらどす黒いピンク色。
同僚に言うと「家主の性格を反映してるんちゃうか」と失礼な事を言われ、
毎日「白くなれ」と念を送っているこの頃です。

世間は消費税アップ前の駆け込みの買い物で、
どこのスーパーもデパートも電気屋も賑わっていたようですが、
我が家は関係なし、金もなし、でいつも通りの3月末でした。

TPPも膠着状態のようで、最近はニュースでもな~んも言わないし、
PM2.5か花粉かわからんが、くしゃみまみれの日々に、
PMも花粉も放射能ももう何でもありの時代やなぁと諦め状態であります。

ちょっと前に 「琵琶湖オオナ張詠妍マズからPM2.5がけっこうな量検出(数値忘れた)。
でも食用じゃないから大丈夫さ」みたいなことをニュースで言うとりました。
「なんでオオナマズから?」と思ったら、をプランクトンが食べ、
そのプランクトンを小魚が食べ、その小魚をデカイ魚が食べ、
結局琵琶湖の生態系トップの琵琶湖オオナマズに蓄積される、ということらしい。
ほんまに中国、ええかげんにしてほしい。

そういえば遺伝子組み替えのニュースも全然見なくなりましたが、
詳しい人から聞いたところによると、アメリカの遺伝子組み替え作物を
一番輸入してる国は中国、だけど個人が食べてる量のトップは日本なんだとか。
私は買い物する時にはわりと表示を見て買う方なんですが、
「遺伝子組み替えでない」と書いてあるものがほとんどのような気がするのに、
どこにそんなに入ってるんだろうと聞いたところ、「油」とのこと。
加工食品もお菓子もみんな油を使って作る、その油(大豆)が大きいらしい。
そのままの大豆じゃなく何かに加工された迪士尼美語 世界り鶏や豚や牛の飼料となったりで、
Posted at 2016/10/31 11:45:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「住んでいる連中には http://cvw.jp/b/2700438/38973796/
何シテル?   12/08 11:24
henbalyyです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
2 人のお友達がいます
矢東タイヤ矢東タイヤ *みんカラ公認 ABESHOKAIABESHOKAIみんカラ公認
愛車一覧
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 1シリーズ ハッチバックに乗っています。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.