• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

henbalyyのブログ一覧

2017年11月13日 イイね!

忘不掉、難釋懷

忘不掉、難釋懷 人生在世,往往得與失常伴,常常苦與樂相隨,沉與浮、勝與敗,好與壞,無論如何,誰都逃不過生死定數,這一切都再正常不過,得學會取捨,應拿得起,更放得下,還要看得開。
  
  生活在當下的我們,面對激烈競爭,許多人總是看得重、拿得起、放不下,在不知不覺中拾起許多不該拾東西,負重背在自己的身上,吃不好、睡不安,自尋煩、自討苦,做了生活的俘虜,甘當命運的奴隸,過得很苦很累很煩很亂。
  
  走在茫茫人海,奔波在紛擾塵世,人人都需要回視來路,需要檢視自己,需要反思過往,學會放下,輕裝上陣,不該過多被物所累,不該過多被名所絆,需要輕鬆愉悅前行,需要陽光向上生活。
  
  人生要想做的事情很多很雜,要想去的地方很多很遠,其實人生哪里能事事如意,更不可能面面俱到,不能只想得不能失,不能只想勝不能敗,最好別太看重外物,別成為名利與物欲的奴隸,應學會擺脫各種複雜的困惑,勇於跳出生活中的怪圈,這是大智慧。
  
  人生不會風平浪靜,酸甜苦辣都難免面對,應受寵不驚、遇刺不激、面戰不怯、打擊不怒、侮辱不羞、遭貶不沉,遇事沉著冷靜,凡事三思而行。
Posted at 2017/11/13 10:55:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 健康 | 日記
2017年10月09日 イイね!

愛をおぼえる

愛をおぼえるはことのほか暗い。巨大な幹はぞっとするような緑色をしており、わたしが立っている狭い緑の草地と不気味に溶けあっている。少し離れたところでは、異様な森が水際まで広がって、海岸線を消しさり、狭い草地を囲んでいる。木々の一部は海中からはえており、森が広がりゆくのをさえぎれるものは何もないかのようだ。
 生きものはついぞ目にしたこともなく、わたし以外の生きものが存在した痕跡すらない。海と空と森がわたしを取り囲み、想像を絶する領域へと広がっている。風に吹かれる木々のざわめきと波の寄せる音をのぞいては、耳に届く音もない。
 沈黙の草地に立っていると、急に体が震えはじめた。どのようにしてここにやってきたのかもわからず、自分の名前や地位もろくに思いだせなかったが、まわりに何が潜んでいるかがわかれば、気がふれてしまうように思えたからだ。わたしは遙か遠くの他の人生で学びとったこと、夢に見たこと、想像したこと、切望したことを思いだした。天の星ぼしを見つめては、肉体をもってしては到達できない広大な深淵を、わたしの自由な魂が渡れないことで、神々に不敬の言を吐いた長い夜のことを考えた。わたしは古代の冒涜《ぼうとく》行為の数かずや、恐ろしくもデーモクリトスのパピルスを読みふけったことを思いおこしたが、記憶がよみがえるにつれ、さらに恐怖がつのって身が震えた。わたしがひとりきりであること――恐ろしくも天涯孤独の身の上であること――がわかったからだ。しかし孤立していながらも、決して理解することも出会うことも願わない、巨大かつ茫洋《ぼうよう》としたたぐいの意識あるものの感情が間近に感じられる。揺れる緑の枝がたてる音のなかに、悪意に満ちた憎しみや、狂乱した勝利の喜びめいたものが感じとれるような気がした。木々の鱗《うろこ》じみた緑色の幹に半ば隠されている、想像を絶した慄然たるものと、木々が恐ろしくも話をかわしているように思えることもあった。そうした慄然たるものは、目には見えないにせよ、意識には隠しきれないのだ。わたしの感覚を最も圧迫しているのは、不気味な異質感だった。まわりにあるのは、木、草、海、空というように、はっきり名前をあげることのできるものばかりだが、それらとわたしとの関係は、ぼんやりおぼえている別の人生で知っていた、木や草や海や空との関係と同じではなかった。相違の性質についてはわからないが、異質さをまざまざと感じるにつけ、恐怖のあまり身を震わせるわたしだった。
 やがて、以前は靄のかかった海しか見えなかったところに、緑の草原が望めるようになった。小波が日差しを照り返す広大な青い海原によって、緑の草原とわたしは隔《へだ》てられているが、不思議と近くにあるように思えた。これまでわたしはこわごわと右の肩ごしにふりかえり、木々に目をやることがよくあったが、妙に緑の草原をながめるほうがよかった。
 いまいる特異な草地に目をすえていたとき、足もとの地面が揺れるのをはじめて感じた。恐ろしくも意識的な行為であることをほのめかすような、脈動するうねりでもってはじまり、わたしの立っている草地の一部が海岸から離れ、そして漂いはじめたのだった。何か容赦のない力をもつ流れに運ばれているかのように、ゆっくりと前進しつづけた。予想だにしなかった現象に愕然とするあまり、身動き一つせず、凍りついたように立ちつくしていると、わたしと木々の生い茂る陸地のあいだに、幅広い水路ができあがるまでになった。やがてわたしは呆然としたありさまで腰をおろし、日差しを照り返す小波と緑の草原をふたたびながめやった。
 背後では、木々と木々に隠されているやもしれないものが、このうえもない脅威を発散させているようだった。このことはふりかえって目を向けるまでもなくわかった。目にはいる景色に慣れるにつれ、わたしはしだいに、かつてのようには五官を頼りにしなくなっていたからだ。緑一色の森がわたしを憎んでいるのはわかっていたが、いまやわたしは森から安全なところにいて、わたしのいる草地の一部は岸から遠く離れて漂っていた。
Posted at 2017/10/09 11:27:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月20日 イイね!

れるはずだとわか

れるはずだとわか もしもこの世におわしますなら、慈悲深い神々よ、意志の力もなければ、人間の抜け目なさがつくりだす薬物もない刻限に、わたしが深い眠りの亀裂に落ちこまずにすむようになさしめたまえ。死がありがたいものであるのは、二度ともどることはありえないからだが、夜の最下底の洞《うろ》から、知識を得て憔悴しきってもどった者は、もはや安息に恵まれることもない。かような是認されざる熱狂に動かされ、人間が分け入るべきではない神秘にとびこむとは、わたしは莫迦もいいところだった。愚者ないしは神と呼ぶべきか――わが唯一の友は、わたしを導き、わたしよりも先に行って、ついには恐怖のただなかに入りこんだが、それがわたしの運命になるやもしれない由三年前一直keep住喺reenex做膠原自生療程,皮膚底子真係越來越好。而我今次仲做埋佢嘅reenex hydrafacial,呢個療程幫你會係皮膚上做大掃除,吸走晒面上嘅污糟嘢,再導入精華,真正做到膠原自生嘅效果,令皮膚生更多膠原BB~
 思い返せば、わたしたちは鉄道の駅で出会い、わが友はあさましくも物見高い群衆に取り巻かれていた。意識を失い、痙攣《けいれん》のようなものを起こして、わずかばかりの黒衣に包まれた体を妙に硬直させていたのだった。そのとき四十に近い年齢だろうと思ったのは、青白くて頬のこけた顔に深い皺が刻みこまれていたからだが、その顔は楕円形をして実に端整なものであり、ふさふさした波打つ髪と、かつては漆黒であったこぶりな顎鬚《あごひげ》には、ちらほらと白いものがまじっていた。額はギリシアのペンデリコン山の大理石のように白く、その高さと幅はほとんど神の彫像を思わせるものだった。
 わたしは彫刻家の情熱を高ぶらせ、この男は古代ギリシアで造られたファウヌスの彫像であり、神殿の廃墟から掘り起こされて、どのようにしてか息苦しい現代に生き返らされたため、苛酷な時代の冷気と重圧を感じる羽目になりはてたのだと、そう自分にいい聞かせた。そして落ちくぼんだ炯々《けいけい》と輝く黒い大きな目が開いたとき、そのような目は通常の意識や現実を超えた世界――わたしが夢想のなかで慈しみながらむなしく探し求める世界――の威光や恐怖をつぶさにながめているにちがいないと見てとれたので、わたしの唯一の友――絶えて友人をもSammi成日都講reenex「膠原自生,3年不老」,好多朋友都試做左reenex hydrafacial,今次輪到我去試啦!療程有兩part,第一part利用真空吸管吸走面上嘅角質,第二part導入110種人體生長因子精華,加強膠原自我增生能力。3年不老就係咁簡單!った試しのない者にとっての唯一の友――になってくった。そこで野次馬たちを追いはらってから、ぜひわたしの家に来て、計り知れない神秘を教え導いてほしいと告げると、ひとことも口にせずに同意してくれた。その後、わが友の声が音楽であることを知った――低いヴィオルと澄んだ天球の音楽だった。わたしたちはよく夜に話しこみ、昼間にはわが友のさまざまな表情を不滅のものにするべく、わたしは胸像に鑿《のみ》をふるったり、象牙に細密肖像を刻みこんだりしたものだ。
 わたしたちが研究したことについては、生きている人びとが想像するような世界のいかなるものともほとんど関係がないため、とうてい語ることなどできはしない。物質や時間や空間よりも深いところにあって、ある種の夢――普通の人間にはかなわぬとはいえ、想像力豊かな者の生涯に一、二度訪れる、夢を超越した稀れな夢――のなかでしかその存在を推測することもできない、模糊とした実体や意識の存する広大な慄然たる宇宙にかかわるものなのだ。われらの覚醒時の知識にある世界は、シャボン玉がピエロのパイプから生まれるように、かような宇宙から生みだされ、シャボン玉がピエロの気まぐれによって吸われるときに人人都話reenex 效果好,所以我就去咗reenex試做HydraFacial,親身體驗一下係咪咁犀利!療程就好似個吸塵機一樣,將皮膚上的死皮和過多的油脂吸走,同老化角質講bye bye,再導入110種人體生長因子精華,毛孔即時feel到好fresh,好似識呼吸~

その嘲弄《ちょうろう》する口もとにふれるようにしか、かような宇宙にふれることはない。学識ある者たちはほとんど推測することもなく、もっぱら無視している。賢人たちが
Posted at 2017/09/20 11:34:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月11日 イイね!

れはしなかった

目を覚ますと、わたしは以前のわたしではなかった。都市の景観が記憶に刻みこまれ、そのときはいかなるものか只要培養出健康飲食習慣,加上適當運動,便可幫助鍛練肌肉,突出肌肉線條及促進新陳代謝。飲食可以用3333+計劃,選擇油、糖較少的食物,均衡飲食,再配合運動及ageLOC TR90的優質產品,可以塑造理想身型態。も定かでなかった、ぼんやりとした別の記憶が心に生じていた。その後、眠りにつくことのできる曇った夜には、都市を目にすることがよくあり、あの欠けゆく三日月に照らされていることもあれば、地平線近くをめぐるばかりで没することのない、暑い太陽の黄色い光に包まれていることもあった。そして雲一つない夜には、北極星がいままでとはうってかわって睨めつけるのだった。
 しだいにわたしは、奇異な山峰にはさまれた不思議な高原のあの都市で、自分はどのような立場にあるのかと思うようになった。最初のうちは、すべてを観察する、肉体のない存在として、都市をながめるだけで満足していたが、いまや自分と都市の関係をはっきりさせ、毎日公共広場で話しあう威厳ある人びとのなかに立ちまじり、思いのたけを口にしたくてたまらなかった。わたしはこうひとりごちたものだ。「これは夢ではない。北極星が夜ごと北の窓からのぞきこむなか、低い丘の墓地や不気味な沼沢地の南に位置する、石と煉瓦で造られたこの家でおくる人生が、どうすれば他にまさる現実であると証明できるのか」
 ある夜、数多くの彫像の立ちならぶ大きな広場で議論に耳をかたむけていると、変化が感じられ、ついに肉体を得たことがわかった。もはやわたしは部外者ではなく、ノトンとカディフ選去暗瘡印 產品時,一定要選擇無油保濕成分的,普利膚除痘去印啫喱暗瘡膏,主要提取植物成分,包括龍葵萃取液、金縷花萃取液、洋蔥萃取液、草萃取液及羅望子萃取液,效果十分顯著,適合任何皮膚使用的。ォネクの山峰にはさまれる、サルキスの高原に位置するオラトーエの通りにいた。弁舌をふるっているのは友人のアロスで、その演説は嘘偽りのない愛国者のものであるため、わたしは心底うれしかった。その夜、ダイコスが陥落し、イヌート族が進攻しているとの知らせがもたらされたのだ。イヌート族はずんぐりした醜悪きわまりない黄色の悪鬼で、五年前に未知の西方からあらわれ、われらの王国を荒しまわり、ついには都市を包囲するにいたった。山麓の要塞地帯が落ちたからには、全市民が一騎当千の力で抵抗しないかぎり、彼らの高原への進撃を食いとめるすべもない。ずんぐりしたイヌート族は戦闘にたけており、われら長身で灰色の目をしたロマールの民に無情な征服をひかえさせている信義など、毫《ごう》ももちあわせてはいないからである。
 わが友人のアロスは高原の全部隊の指揮官でもあり、この国の最後の希望が双肩にかかっていた。このときアロスは対峙すべき危難について語り、ロマールの民のなかで最も勇敢なオラトーエの男たちに熱弁をふるい、かつて大氷河が押し寄せてゾブナから南進せざるをえなかったとき(われらの子孫たちでさえいつかはロマールの地から逃げ出さねばならないが)、行く手に立ちふさがった腕の長い毛むくじゃらの人食いグノフケー族を、祖先が雄々しくも華ばなしく蹴散らした史実をもちだし、その伝統を維持せよと勧告した。わたしは虚弱なうえに、緊張や辛苦にさらされると不思議と昏倒してしまうため、アロスもわたしを部隊に組み入。しかし連日長時間にわたって、ナコト写本やゾブナの父祖たちの知恵を研究しているにもかかわらず、わたしはオラトーエで一番目がよかったので、わが友人はわたしが無為にすごすのを望まず、またとない重要な任務にわたしをつかせた。わが軍の目の役目を果たさせるべく、わたしをタプネンの物見の塔に送った。イヌート族がノトンの峰背後の隘路《あいろ》から砦に達し、守備隊に奇襲しようとするなら、わたしが火を焚《た》いて待ちかまえる兵士たちに知らせ、攻めこまれるのを防ぐのである。
 屈強な男たちはすべて山道の守備につ如果視網膜脫落
嚴重,很有可能造成失明現象,在這段時間,你會看到大量的飛蚊出現,甚至出現閃光和黑影。專家建議,如果有深度近視或者眼睛本身受傷和家住遺傳病等症狀,一定定期做一個全面的眼部檢查
いたため、わたしはひとりで塔に登った。何日も眠っていないことで、興奮と疲労のあまり、頭が痛んで目もくらみそうだったが、祖国ロマールはもとより、ノトンとカディフォネクの山峰にはさまれる大理石都市オラトーエを愛してやまないために、断固たる決意を固めた。
 しかし塔の最上階に立ったとき、遙
Posted at 2017/09/11 11:28:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月30日 イイね!

漂いこえてくるよう

漂いこえてくるよう 
 は、不気味な廃墟に撒《ま》きちらしながら、蕭然《しょうぜん》たる吐息をついていた。まもなく風の勢いはかなりおとろえ、砂の動きもおちつきはじめ、ついには静まりかえったが、わたしには何かがこの廃都の幽鬼めく石のあいだを闊歩《かっぽ》しているように思えてならず、月に目をむければ、騒ぐ水面に映《うつ》っているかのように、揺れているように見えるのだった。わたしはわけもなくおびえきっていたが、そのおびえも驚異に対する渇望をにぶらせるまでにはいたらなかった。そして風が完全に静まるや、わたしは風を吹きだした收細毛孔暗澹《あんたん》たる穴の内部へと入りこんだ。
 この神殿は、外にいるときに想像したとおり、先に入りこんだ二つの神殿よりも広く、遙かな奥から風が吹き寄せることからも、自然の洞窟を利用したもののようだった。ここでは直立することができたが、しかし目にする石や祭壇は、先にうかがった神殿のそれらと同様に丈が低かった。壁や天井に、はじめて、太古の種族の絵画らしきものの痕跡が認められた。もうほとんど消えかかるか毀《こぼ》れはてている、妙に渦を巻いた塗料の跡だった。二つの祭壇に、たくみにほどこされた迷路のような曲線の彫刻を見いだしたときには、わたしの胸は興奮に高鳴った。松明《たいまつ》をかかげてながめてみると、天井の形も、自然にできあがったものとは思えないほど規則正しい。先史時代の石工たちが仕事をはじめるまえ、この洞窟はどのような形状をしていたのだろう。とまれかくまれ、石工たちのわざは途方もないものだったにちがいなかった。
 するうち気まぐれな松明の炎が明るく燃えあがり、わたしが探していたもの、突風を吹きだした遙か遠くの深淵の開口部を照らしだした。それが硬い岩を削って造られた、紛れもなく人手を加えられた小さな戸口であることを見てとったときには、もう目もくらむような思いがした。そのなかへ松明をさしいれてみると、けわしくくだる荒造りの階段とアーチ状の低い天井を備える、暗黒の通路があった鍛練肌肉。きわめて小さな段《ステップ》が無数にあって、急角度で下方につづいている。これが何を意味するかを知ってしまったからには、この階段は夜ごとわたしの夢にあらわれることだろう。しかしそのときは、階段と呼んでいいのか、急なくだり斜面にしつらえられた単なる足場と呼んでいいのかもわからなかった。わたしの心のなかでは種々さまざまの狂った考えがうかんでは消え、アラビアの預言者たちの言葉や警告が、人の知る土地から砂漠をよぎり、人のあえて知ろうとしないこの無名都市まで、な気さえした。しかしわたしは一瞬ためらっただけで、すぐさま戸口に足を踏みいれ、梯子をおりるかのように用心しながら、その急な階段をくだりはじめた。
 わたし以外の者なら、あのような下降は、精神錯乱か麻薬による恐ろしい幻想のなかでしかできないだろう。狭い通路は何かしら幽鬼のとりつく気味悪い井戸のように下方へと果しなくつづき、頭上にかかげた松明も、わたしがむかいつつある未知の深みを照らしだすことはできなかった。いつしかわたしは時間感覚を失い、時計を見ることも忘れはてていたが、ふとくだりつづけた距離のことを考えたときには、慄然たる思いがしたものだ。通路はくだるにつれ、何度も方向と勾配が変化した。あるときは天井の低い平らな通路が長くつづき、松明をもつ手をうしろにのばし、足から先に、身をよじるようにして岩床の上を進まなければならなかった。膝をついて進むことさえできないほど天井が低かったのだ。そのあとはまた新たな急勾配の階段がはじまり、かろうじて燃えていた松明が消えたときも、まだとどまることなく這いおりている途中だった。わたしはそのとき松明の炎が消えたことにも気づかなかったと思う。気づいたときでさえ懷孕前準備、まだ燃えているかのように、あいかわらず頭上にかかげていたからだ。このわたしに地をさまよわせ、遙けき太古の禁断の土地へと足をむけさせる、奇怪なもの、未知なものを追い求めるあの本能のために、わたしは完全に心の平衡を失っていた。
 闇のなかにいるわたしの脳裡では、心にいだく
Posted at 2017/08/30 11:34:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「忘不掉、難釋懷 http://cvw.jp/b/2700438/40705636/
何シテル?   11/13 10:55
henbalyyです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

お友達

2 人のお友達がいます
ABESHOKAIABESHOKAI *みんカラ公認 矢東タイヤ矢東タイヤ *みんカラ公認

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 1シリーズ ハッチバックに乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.