• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月09日

愛をおぼえる

愛をおぼえる はことのほか暗い。巨大な幹はぞっとするような緑色をしており、わたしが立っている狭い緑の草地と不気味に溶けあっている。少し離れたところでは、異様な森が水際まで広がって、海岸線を消しさり、狭い草地を囲んでいる。木々の一部は海中からはえており、森が広がりゆくのをさえぎれるものは何もないかのようだ。
 生きものはついぞ目にしたこともなく、わたし以外の生きものが存在した痕跡すらない。海と空と森がわたしを取り囲み、想像を絶する領域へと広がっている。風に吹かれる木々のざわめきと波の寄せる音をのぞいては、耳に届く音もない。
 沈黙の草地に立っていると、急に体が震えはじめた。どのようにしてここにやってきたのかもわからず、自分の名前や地位もろくに思いだせなかったが、まわりに何が潜んでいるかがわかれば、気がふれてしまうように思えたからだ。わたしは遙か遠くの他の人生で学びとったこと、夢に見たこと、想像したこと、切望したことを思いだした。天の星ぼしを見つめては、肉体をもってしては到達できない広大な深淵を、わたしの自由な魂が渡れないことで、神々に不敬の言を吐いた長い夜のことを考えた。わたしは古代の冒涜《ぼうとく》行為の数かずや、恐ろしくもデーモクリトスのパピルスを読みふけったことを思いおこしたが、記憶がよみがえるにつれ、さらに恐怖がつのって身が震えた。わたしがひとりきりであること――恐ろしくも天涯孤独の身の上であること――がわかったからだ。しかし孤立していながらも、決して理解することも出会うことも願わない、巨大かつ茫洋《ぼうよう》としたたぐいの意識あるものの感情が間近に感じられる。揺れる緑の枝がたてる音のなかに、悪意に満ちた憎しみや、狂乱した勝利の喜びめいたものが感じとれるような気がした。木々の鱗《うろこ》じみた緑色の幹に半ば隠されている、想像を絶した慄然たるものと、木々が恐ろしくも話をかわしているように思えることもあった。そうした慄然たるものは、目には見えないにせよ、意識には隠しきれないのだ。わたしの感覚を最も圧迫しているのは、不気味な異質感だった。まわりにあるのは、木、草、海、空というように、はっきり名前をあげることのできるものばかりだが、それらとわたしとの関係は、ぼんやりおぼえている別の人生で知っていた、木や草や海や空との関係と同じではなかった。相違の性質についてはわからないが、異質さをまざまざと感じるにつけ、恐怖のあまり身を震わせるわたしだった。
 やがて、以前は靄のかかった海しか見えなかったところに、緑の草原が望めるようになった。小波が日差しを照り返す広大な青い海原によって、緑の草原とわたしは隔《へだ》てられているが、不思議と近くにあるように思えた。これまでわたしはこわごわと右の肩ごしにふりかえり、木々に目をやることがよくあったが、妙に緑の草原をながめるほうがよかった。
 いまいる特異な草地に目をすえていたとき、足もとの地面が揺れるのをはじめて感じた。恐ろしくも意識的な行為であることをほのめかすような、脈動するうねりでもってはじまり、わたしの立っている草地の一部が海岸から離れ、そして漂いはじめたのだった。何か容赦のない力をもつ流れに運ばれているかのように、ゆっくりと前進しつづけた。予想だにしなかった現象に愕然とするあまり、身動き一つせず、凍りついたように立ちつくしていると、わたしと木々の生い茂る陸地のあいだに、幅広い水路ができあがるまでになった。やがてわたしは呆然としたありさまで腰をおろし、日差しを照り返す小波と緑の草原をふたたびながめやった。
 背後では、木々と木々に隠されているやもしれないものが、このうえもない脅威を発散させているようだった。このことはふりかえって目を向けるまでもなくわかった。目にはいる景色に慣れるにつれ、わたしはしだいに、かつてのようには五官を頼りにしなくなっていたからだ。緑一色の森がわたしを憎んでいるのはわかっていたが、いまやわたしは森から安全なところにいて、わたしのいる草地の一部は岸から遠く離れて漂っていた。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/10/09 11:27:35

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ものは何もないか
lindayabyuさん

えぎれるものは
sieruikiさん

い義務となって
われは撤退を開始できさん

くすべるよう
hafafbafkfgさん

まだ記録に
henbalyyさん

にまつわる
われは撤退を開始できさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「愛をおぼえる http://cvw.jp/b/2700438/40550700/
何シテル?   10/09 11:27
henbalyyです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

2 人のお友達がいます
矢東タイヤ矢東タイヤ *みんカラ公認 ABESHOKAIABESHOKAIみんカラ公認

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 1シリーズ ハッチバックに乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.