• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

なにわの赤兎馬のブログ一覧

2017年09月18日 イイね!

初秋の中、ぶらっと丹波道をドライブ~♪ 良い店、見ぃ~つけた!(^-^)/

初秋の中、ぶらっと丹波道をドライブ~♪ 良い店、見ぃ~つけた!(^-^)/みなさま、こんばんは
季節は、すっかり初秋の季節になりましたね
3連休の最終日は丹波で下道をぶらっとドライブ楽しんできました~♪

本来は、この3連休は四国巡礼ドライブを計画してたのですが…
あいにくこの3連休は四国方面も台風18号の接近・上陸で、豪雨・強風になるとのことで四国詣では諦めまして…自宅で、おとなしく引きこもりしてたですが…

昨日は台風一過で、雨も強風も収まりましたので、「この機を逃すまじき!」と朝からドライブに出発です。

ドライブに出かけようとも、これといって行く宛てもなく…
そういえば…みん友さんが「3連休は自宅がある園部に行く」と申されてましたので、初秋の京丹波地方をのんびりとドライブしてきました。

たまには、あえて行く宛てはドライブしながら考えて、のんびりぶらっと季節の中を走るのも良いものですね~♪

ドライブしながら、地元の人と交流しながら…
お勧めのお店を教えてもらえると、新しいお店の探訪もできますし~♪


まずは第二京阪道で、前を行く赤のコペンさんを、さくっと追い抜いて…(笑)

<第二京阪道を快走中~♪>


で、京都縦貫道に乗り換えて「園部」方面に愛車を走らせます。
ここまで来たら舞鶴が近いし、ちょうど海も見たかったので、「舞鶴の赤レンガパーク」に行ってみようと、ハンドルを舞鶴方面に切りました。

<園部あたりを走行中>


舞鶴と言えば…「赤れんがパーク」
と言うことで、まずは「舞鶴の赤れんがパーク」に行って来ました。

<赤レンガパークにて>


国道27号線から港側に少し入ると広い無料駐車場があります。
祝日でしたが、駐車場は広く、比較的に空いてました

<赤レンガパーク駐車場にて>


駐車場からは、停泊中の海上自衛隊の艦船も観る事が出来て、軍港と言う雰囲気も感じられます。

<海上自衛隊の艦船を背景にして>




赤レンガパーク内に林立する赤れんが倉庫群は、旧海軍舞鶴鎮守府の軍需品等の保管倉庫として、明治35年(1902)に建てられたものです。

<赤れんが倉庫群>






舞鶴の赤れんが倉庫は明治時代に建てられ旧海軍の軍需品や水雷の倉庫として使われていて、今は倉庫の中でお土産の販売や、海軍カレー食べれるレストランがあったり、海軍資料館や旧国鉄中舞鶴線の資料館などがありました。

<海軍資料館の展示の様子>


展示されてるモノの中には、赤レンガつながりで、あのビートルズが演奏していた
キャバーンクラブの赤レンガも展示されてます。

<キャバーンクラブの赤レンガ>


お土産のショップでは、いろんな種類の海軍カレーが販売されてます。
どれを買おうかと迷いましたが、一番人気の海軍カレーを買いました。

<お土産ショップのいろいろな海軍カレー>


イベントホールでは、生ライブが行われてたり、大勢のお客で賑わってました。

<イベントホールでの生ライブ>


ここは映画やドラマのロケ地としても、よく使われているそうです。

赤れんが倉庫群の外観には古めかしい部分もチラホラ見られ、ノスタルジックな雰囲気の中で歴史を楽しむことができました~♪。

<赤レンガ博物館>



舞鶴の赤レンガパークを楽しんだ後は、篠山の「クワモンペ」さんの美味しいピザを食べに行こうと、丹南篠山口に向かいましたが…

篠山に着いた頃、「クワモンペ」さんに行くよりも新しいお店を探索したくなりまして…
コンビニに入って、レジのお姉さんにお勧めのランチのお店を聞いたところ、美味しいチキン料理のお店、「ペサパロ」さんを教えていただきました。

ということで、当初予定していた「クワモンペ」さんは止めて、372号線を反対方向に走って「ペサパロ」さんに行ってきました。

<お店の外観>


お店には、ツーリングやサイクリングの方も寄りやすい様にと、バイク置き場やスポーツサイクル専用置き場が整備されてました。
クルマの駐車場も広くて、ドライブの途中にランチで寄るにも便利です。

<ペサパロの駐車場にて>


このお店の料理は、地元の「丹波あじわい鶏」を使ったチキン料理がメインでして、洋食系メニューが多い感じで、どの料理も、丁寧に調理されていて、ボリュームもあるので食べ応えもあります。

ランチは和風と洋風の2つのメニューがありましたので、和風を選びました。

<ランチのメニュー>


内容は、ドイツ産ハムとグリーンサラダ、スープ、からあげ3個とフライドポテト、秘伝のたれのつくねだんご串2本、ご飯、和風のチキングリル、デザートです。

がっつりな内容に「食べれるかな?」と思えるかも知れませんが…
周りの女性客を見回しても、新鮮な鶏料理の美味しさに、みなさん余裕で残さずパクパク食べてましたので、女性でも大丈夫でしょう(^_^)
お水はセルフサービスで、レモンの香りがしておいしいですよ

<前菜1:ドイツハムとグリーンサラダ>
コショウとオリーブオイルだけで味つけされたシンプルなサラダですが、野菜が新鮮で、しゃきしゃきしていて美味しいですね~♪


<前菜2:から揚げ3個、つくね2本、ミネストローネ>
ジューシーなから揚げと、柔らかくてとっても美味しいつくね串、これだけでも十分にメイン料理になります。


<メイン:丹波あじわい鳥の和風グリル>
スパイシーに味付けられた柔らかいチキングリルが、しそと大根おろしによく合って、美味しかったです。


<アイスコーヒーとベークドチーズケーキ>
コクのあるアイスコーヒと濃厚なチーズケーキ美味しかったです。



このお店のオーナーシェフさん
2台のハーレーのオーナーさんであり、ミニクーバーのオナーさんであり、野球好きで、いろいろな話題でお話も楽しめる、気さくで明るい方でした。
次は、「アメ車を買おうと考えてる」と言うので、「是非、マスタングを!!」とマスタングの良さを、実車(私の車)を見せて、実際に愛車に乗ってもらって、いろいろお話してきました~♪
また、来月にでも行ってみようと思った、美味しくて楽しいお店でした~♪

<オーナー所有のハーレー2台>
ランチで立ち寄っただけなのに…食事のあとはガレージに行って、オーナさんとハーレーやアメ車…いろいろな話題で盛り上がりました~♪


<店内のオブジェ>
白くペイントされた壁にはノスタルジックな小物達が置かれています
レトロな扇風機にギター ラジオも懐かしいデザインですね~♪
オーナーさんの趣味が伺えます。


食事は美味しいし…
お腹いっぱいにもなりますし…
楽しいオーナーさんとの会話も楽しめますので、お近くにドライブに行かれた際は、是非、寄ってみて下さい。

お店は、国道372号線の篠山市今田町辺りをちょこっと北に入ったところに、外観は水色の爽やかなフィンランドログハウスです。
国道372号から曲がるべき所二カ所に案内の看板がありますので、迷わずにいけますよ。

<お店の前にて>



で、ペサパロでランチした後…
竹田城に登って夕陽の写真でも撮って来ようと朝来に向かって車を走らせながら青垣の道の駅でトイレ休憩してたら…
義兄から「舞鶴とれとれセンターで新鮮なサカナを買って来て」と電話が入りまして…

「ここからまた舞鶴まで戻るの!!」と一瞬思いましたが…
「ここは義兄に恩を売っておこう」と、ナビで舞鶴までのショートカットを検索すると国道429線を通るルートを選択です。

この国道429号線が、前日の台風18号の影響で酷道がさらにひどい酷道になってまして…、
斜面から土砂や木が流れ出てるし…
大きな石や木が道路の真ん中に転がってるし…
クルマから降りて大きな石や折れた木を道路横に移動させながら、愛車を傷つけないようにと、かなり慎重な走行になってしまいました。

福知山市内に抜けてきたときは愛車は泥だらけ、運転する私も喉がカラカラ状態でした。
ちょっとコーヒーブレイクしようと良さ気なカフェを探しつつ宮津街道(国道175号線)を舞鶴に向かって走ってますと…
右手に広い駐車場を有するカフェがあったので、このカフェでカフェブレイクです。

で、入ったお店は「KEKE」さん~♪

<お店の外観>


このお店は偶然ですが…舞鶴近隣では有名なフルーツパフェの店だそうで、休日は行列ができるほどの人気店らしいですね
私が訪問したのは16時頃という中途半端な時間でしたので運よく席は空いてました。

このお店、季節ごとに旬のフルーツを使った「季節限定パフェメニュー」が大人気だそうです。

<季節ごとのフルーツパフェメニュー>


お店の人に話を聞いたところ…
人気のパフェは5月から6月メニューの「苺パフェ」と、6月から8月の「メロンパフェ」だそうです。

苺パフェは自家製苺で使ったシンプルパフェだそうで、苺が10個くらい入ってるそうです。
メロンパフェは、メロン半分を豪快に使って、その上にアイスや生クリームや季節の果物で飾り付けたパフェだそうで、メロン半分を一人で食べることになるそうです。
このお店の季節限定のフルーツパフェ、フルーツ好きな人にはたまらない仕様ですねぇ~♪

で、人気のメロンパフェは、今月の初めで終了してまして、「ぶどうパフェ」に変わってましたが…
オーナーさんが自らぶどう園に出向いて完熟したぶどうのみを厳選したマスカット、巨峰…いろいろな種類のぶどうがいっぱい入っていて豪華で美味しかったです。

<季節限定のぶどうパフェ>


店内はウッディー調の造りで、お洒落で落ち着いた雰囲気です。
店の窓からは隣接する池や緑も眺められますし、オルゴールのBGMは落ち着けますね。

<店内の様子>


パフェ以外にもスタンダードなカフェメニュー(軽食やピザとか)もありますし、駐車場も広い(10台は余裕で停めれます)ですので、ドライブのコーヒーブレイクで寄るには良い店です。

<KEKEの駐車場にて>



で、「KEKE」でぶどうパフェを味わったあとは、そこから10分ほど車を走らせて「舞鶴とれとれセンター」に到着。

<舞鶴とれとれセンター駐車場にて>


奈良の十津川村と言う山奥に、仕事のためとは言えど長期間住んでると…「新鮮なサカナ」が食べたくなる義兄の心内、よく判りますし…
そういう私も、ドライブがてらに敦賀の「日本海サカナセンター」まで、新鮮で珍しいサカナ求めて買出しに行きますからね

ここで、さくっと義兄に頼まれた「さば」、「とろアジ」、「キス」と「イカ」を買って、舞鶴西から「舞鶴若狭道」に乗って大阪に帰りました。

<とれとれセンター内のお魚屋さん>



今日は丹波地方のグルメや下道ドライブまで、おなかいっぱい楽しめました(笑)

これだから週末のドライブは楽しいですね~♪

ごちそうさまでした。


季節は、もう秋ですね
ドライブに出かけたり、秋の味覚を楽しむには絶好の季節になってきましたね~♪
この季節、週末ドライブで愛車の走行距離がさらに伸びることでしょう~♪

みなさまも、ステキな秋の休日をお楽しみくださ~い(^-^)/

今日は火曜日、週末はすぐそこです!!(笑)

今日も私のブログへのご訪問、ありがとうございました。
Posted at 2017/09/19 22:19:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年09月02日 イイね!

古都と世界遺産の原始林の中をゆったりとドライブして万葉ロマンを楽しむ~☆

古都と世界遺産の原始林の中をゆったりとドライブして万葉ロマンを楽しむ~☆みなさん、こんばんは

残暑が去りがたいようで…日中はボディタオルやハンカチが、まだまだ手放せない今日この頃ですが、皆様、お変わりございませんか?

今日は、社内の災害時の安否報告訓練が朝の9時にありまして…、
安否状況の報告を、会社にはWEB上で、上長にはメールで報告しなければならず、週末ドライブへの出発が、いつもより遅くなりまして、今日は近場の奈良をぐるっとドライブしてきました。

会社には「状況は重症で出社不可能」で報告しました。
たとえ訓練とは言えど、週末ですから会社行きたくないですからね~(笑)


で、今日のドライブコースですが、まずは大阪から阪奈道路を通って、奈良公園に向かいます。

奈良公園の東側にある奈良奥山ドライブウェイへにハンドルを切って、万葉ロマンが色濃く残る若草山や春日山や高円山の三山を駆けるドライブを楽しみました。
その後は奈良公園で世界遺産や国宝の数々を観賞して、2017年版のミシュランに掲載されたステキなレストランでランチを楽しんできました。

奈良奥山ドライブウェイは、奈良公園の東側にある三山を走る有料ドライブウェイです。
奈良の夜景スポットとして人気の「若草山」をヒルクライムして、世界遺産に登録された原始林が広がる「春日山」を通り、万葉集にも詠まれた「高円山」の3区間を 、それぞれに個性ある景色や道路のドライブが楽しめるコースです。

このドライブウェイの入り口は、正倉院の北側(若草山)と高円山麓の南側(高円山)の2か所あるのですが、中間区間の「春日山」の5KMの区間は北から南への一方通行ですし、未舗装でかなり狭い有料道路でした。

全線のドライブをするときは、若草山側からスタートしなければなりませんので、ご注意くださいね。

奈良奥山ドライブウェイの若草山側入り口


若草山山頂駐車場にて


若草山の山頂に向かう道



■若草山
山頂から眺めると菅笠を三つ重ねたように見えることから「三笠山」の愛称でも親しまれています。

芝生に覆われた標高342メートルの山のあちこちに、愛らしいシカもいて思わず笑顔になれますよ。ただ、突然、車道に飛び出してくる鹿もときおりいますので、前方や道路わきに注意しながら走行する必要があります。

道路横の木陰で休む鹿たちです。


ドライブウェイからは、奈良市街はもちろん、眼下に東大寺大仏殿や興福寺の五重塔を眺められ、遠くに生駒屋山と金剛山の連山まで見渡せます。

若草山からの眺望






眺めの良い場所には駐車スペースもあるので、撮影スポットしてもGOODですね~☆



■春日山
世界遺産に登録された原生林の中を、一方通行の未舗装でかなり細い山道が5kmほど続きます。

原生林の中を走る春日山コース
これが有料道路か?と思えるほど、未舗装で細い道です。


世界遺産のモニュメント前にて


対向車の心配をしなくて良いので、道の真ん中を鹿が悠々と歩いていたり、横から出てきたり、鹿に注意しなければなりません。

途中、地獄谷付近で車を停めて、原始林の中を探検気分でけもの道を探検気分で10分ほど歩くと、800年頃に作られた極彩色の地獄谷石窟仏が原始林の中、たたずんでます。

地獄谷石窟仏に向かう山道の入り口


地獄谷石窟仏に向かうケモノ道


彩色の地獄谷石窟仏




■高円山
春日山の南にある標高462メートルの山です。
展望台からは三大和山や二上山なども望むことができます。

途中のパーキングから大和三山を望む


ここに聖武天皇の離宮があったそうで、狩遊の時の歌をはじめとして万葉集にも数多く歌に詠まれているところです。

万葉歌碑にて


万葉ロマンに思いを馳せるにはGOODですね。



奈良奥山ドライブウェイを走った降りてきた頃は、ちょうどランチタイムでしたので、前から行ってみたかった「ラ・テラス」さんに行って来ました。

奈良公園内にあるこのお店は、2017年版のミシュランにて新たに定められて「星なし」レストランです。
木漏れ日の緑豊かな景色の中にお店は佇んでいますので、若草山のすぐそばで森林浴をしてるようなシチュエーションも良いですねぇ~♪

ラ・テラスの外観
敷地はゲストハウスウェディングのバンケットスペースが半分、フレンチレストランのスペースが半分の設計になってます。


テラス席の真ん中には大きな木が生えていて、自然との一体感が良い感じを醸し出してます。




今日は、シャトルバスでウェディングのゲストも来てました。


ラ・テラスの内観
店内は屋根がガラス張りになっていて、自然光が降り注いで気持ちいいですねぇ~☆

店内の真ん中には巨大な桜の木が生えてまして、春には満開の桜の下、食事が楽しめます


敷地内にはチャペルもあって、このチャペルは高原風で涼しげです。
新緑の頃や夏のウエディングには良いでしょうね~☆



さてランチコースは、お手軽なハーフコースランチから、シェフおまかせのコースまで3種類ありました。
ハーフコースランチは、プリフィクスで前菜・スープ・魚か肉を1種類づつです。

フルコースランチは、前菜・スープ・魚・肉を1種類ずつ選び、フルコースとおまかせコースには「デザートがワゴンで来ます!」という言葉に惹かれて、もちろんフルコースランチをオーダーです(笑)


実は、今日は私にとって「大切な日」でして。
その事もありまして、今日のランチは、ちょっと贅沢にしてみました。

店内のテーブルに案内されて…ふと目の前のシャンパンの棚を見ますと、「HENRI GIRAUD ESPRIT BRUT」のシャンパンがあるじゃないですか!!
私、「HENRI GIRAUD 」のシャンパン、大好きなんですよねぇ~♪

HENRI GIRAUDのジャンパン




「HENRI GIRAUD」のシャンパンは芳醇で繊細で~~良いですね
暑かったので、しっかり冷えたシャンパンは特に美味しいでしょうが、後で車の運転があるので、ミネラルウォーターでガマンガマン

で、ミネラルウォーターには生ライムが添えられて出されたのは、さすがミシュランに選ばれただけある気が効くサービスでした。


ランチのコースは、まずは「シェフからのささやかなプレゼント」でした。
モチモチしたモッツァレラチーズに、爽やかな酸味のトマトのソースがかかって夏らしい前菜です

玉ねぎのタルト、その上にモッツァレラ。
このまろやかで香ばしいのがまた良いんです


前菜1は北海道産秋刀魚とエシャロット
新鮮な秋刀魚を酢でしめて、美味しかったです


前菜2は、オマール海老、白桃、フォマージュブランのハーモニーが最高でした


前菜3は、水を一切使わずトウモロコシだけで作った冷製コーンスープ
フォアグラのパウダーが、とっても良い隠し味になってました。


魚料理は、スズキとムール貝のアクアパッツァ
トマトの酸味とスズキの香ばしい香り、美味しかったです


肉料理は、大和ポークのロースとポークとひよこ豆とチョリーソーのソース
じ~~っくり低温ローストされてて、少しレアなんですが、ちゃんと火が通ってる。
ポークがふんわり甘くて旨みも攻めてきて、これもおいしいです~♪


で、デザート。
わぁ、なんかワゴンの中にいろいろ入ってる!
彩りを考えつつ、大好きなマンゴーのムース、クリームグリュレ、プチケーキにフォマージュのアイスを選びました。


デザートがいっぱい並ぶと、幸せで~す♪
ドリンクは珈琲をチョイスして、デザート共に楽しみました。
至高のひとときです~♪


最後に小菓子までついてきました。
大和茶のマカロンとプチカヌレです。
どちらもおいしいけど、マカロンが絶品!!
こんな小さいのにお茶の風味がほんのり香って優しい味です

最後の最後まで楽しめました~♪


この店では自家農園で化学肥料や除草剤は一切使わない無農薬で栽培したぶどうを原料に、醸造・瓶詰めまで自家製造を行ったワインが飲めるそうです。

最近は現代的多能なフレンチが多くなり、「これがフレンチ?」と思わず思ってしまう店も多くなりましたが…「ラ・テラス」の料理は、伝統的なフレンチ料理の良さに、上手く地産池消で奈良の食材を使って、現代風に進化させてる感じのメニューでして、シェフが、すごく本格的に伝統的フレンチ料理と向き合ってる感じが伝わって来ました✨

その上、料理も美味しいのはもちろんですが、こちらは接客もとても良かったです。
さすがミシュランに掲載されるだけのお店でした。✨

大切な人とのデートには、かなりオススメです✨

近鉄・奈良駅から歩くと少しありますが、タクシーでたぶんワンメーターくらいでしょうし、ココまで来る価値アリのお店です。

記念日やデートに使ったら、女性は喜ぶでしょうね。
今日も二組ほど、彼氏が彼女の誕生日のお祝いにこのお店を利用されてました。

おいしかった!(≧∇≦*)〃
「ラ・テラス」の素敵な雰囲気と食事…ごちそうさまでした✨✨✨


奈良奥山ドライブウェイでゆったり気分で古都・奈良の眺望を楽しむドライブしてたら、なぜか愛車が土ぼこりまみれになってましたので、帰りに洗車屋さんに寄ってきました。

愛車・赤兎馬、きれいに洗ってもらって嬉しそうです✨



最後に…
今日、ラ・テラスでウエディングを挙げていたカップルと、みん友のみなさまの、これからの人生の幸せと健康と交通安全も期して・・乾杯!!

ということでこの歌を貼っておきます。

Posted at 2017/09/03 01:46:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | グルメ探訪 | 旅行/地域
2017年08月05日 イイね!

自然豊かな比叡山を快走し、琵琶湖を眼下に望む絶景ロードを楽しむ~♪

自然豊かな比叡山を快走し、琵琶湖を眼下に望む絶景ロードを楽しむ~♪みなさん、こんばんは

猛暑日が連日続いてますが、夏ばて、体調不良にはなってませんでしょうか?

こう暑い日が続くと…「海が見たい…」と思う港町育ちの私ですが、大阪の町中に暮らすと、時折、海が懐かしくなります。

私のブログでも判ります様に、大阪から海に行くには、北の日本海側に出るか、西の明石や淡路島に行くか、はたまた東の伊勢志摩まで出かけるか、南の和歌山に行くか…いずれもそれなりに時間がかかります。

そんな時、遠方の海まで出掛ける代わりに、ちょっとしたドライブで気軽に行けるのが琵琶湖なのです。

ということで・・今日は下界は猛暑日なので、涼しい自然豊かな比叡山ドライブウェイをドライブしてまいりました。


★比叡山ドライブウェイ入り口★


比叡山ドライブウェイは、滋賀県大津市と標高848メートルの比叡山山頂を結ぶ全長約8キロの有料ドライブウェイです。

スタートは田の谷ゲートから入り、穏やかなワインディングが続く道からは、京都市街と雄大な琵琶湖を一望できます。

このドライブウェイには「夢見が丘展望台」をはじめとする絶景展望台も多数あります。
愛車のカスタムの途中のままドライブに出てきたので、この涼しさを利用しなければと、夢見が丘駐車場で残りのカスタム作業も行いました(笑)

★夢見が丘展望台駐車場にて★




★夢見が丘展望台から大津方面の眺め★


モーニングが美味しそうでしたので、夢見が丘展望台のカフェで、琵琶湖を眺めながら熱々のフレンチサンドをいただきました。

山稜からのすがすがしい風の中、絶景の琵琶湖の眺めは、夏の猛暑を忘れさせてくれますね。

★夢見が丘展望台のカフェにて★


さぁ、モーニングも食べて空腹を満たせましたので、本日の目的地・比叡山延暦寺に向かいます。


★比叡山延暦寺の入り口★


比叡山延暦寺は延暦4年(785)、伝教大師最澄によって建てられた天台宗の総本山です。
緑深い山寺は「東塔」「西塔」「横川」の3つの地区に分かれ、100以上の堂塔伽藍が点在してます。

中心的な存在の東塔には延暦寺の総本堂であり、世界文化遺産にも登録されている根本中堂を中心に世界文化遺産の建物が並び立ってます。

★延暦寺の大講堂★


根本中堂は昨年から約十年をかけ大改修していますが、工事の期間中も参拝は可能でした

★大改修中の根本中堂★




本尊は最澄が刻んだ薬師瑠璃光如来でして、その宝前に灯明をかかげて以来最澄のともした灯火は、1200年間一度も消えることなく輝き続けているので「不滅の法灯」と呼ばれています。

「不滅の法灯」の前に座りますと、身も心も洗われる気分です

秘仏の薬師瑠璃光如来さまに、世界平和、交通安全、家庭円満、健康長寿、良縁成就、おまけに安産祈願(笑)まで、祈願してきました。

天台宗の総本山ですので、祈願も欲張ってしまったかな?(苦笑)

根本中堂の入り口には、今年の言葉として「能行不退」が掲げられてました。

「常に精一杯の行動を行い、絶対に諦めるな!」という意味だそうで、私も、この「能行不退」の言葉を胸に刻んで、夢の実現に向かって頑張ります。

★根本中堂の入り口の「能行不退」の言葉★


今回は何十年ぶりの延暦寺へのお参りでしたが、良いお参りができました。

★根本中堂(左)と大講堂(右)のご朱印★


★延暦寺駐車場にて★


延暦寺のお参りを済ませると、ちょうどランチタイムになってましたので、本日のもうひとつのメインの目的地の[ロテル・ド・比叡]に愛車を走らせました。

ロテル・ド・比叡は延暦寺から5分程度走らせると到着です。

★ロテル・ド・比叡★


★ロテル・ド・比叡からの眺め★


「わー海みたい…」さすが琵琶湖は日本で1番大きな湖ですからね。
ここのホテルからの眺めと言いましょうか、このホテルの開放感は抜群です。
大津、瀬田などを眼下に、琵琶湖が一望できるのが、比叡山の山腹にある「ロテル ド 比叡」。

★ロテル・ド・比叡の駐車場にて★


[ロテル・ド・比叡]は琵琶湖を眼下に望むことができ、比叡の森に囲まれた星野グループのリゾートホテルです。

南フランス郊外の別荘をコンセプトに、フランス人デザイナーが設計を手がけたそうで、ホテル内にはフレンチスタイルのレストランやカフェがあります。

★ロテル・ド・比叡のエントランス★


ドライブ途中のランチなら、琵琶湖を一望できるテラス席がある「カフェ・ド・ レレル」がおすすめです。

「今日は琵琶湖を眺めながらの絶景のランチ~♪」と、さっそくホテルのレストランへ向かいます

「おぉー、やっぱり景色が眺められる方が気分がいい~♪」
外のテラス席にはウッドデッキにテーブルと椅子が並び、そこからの眺めは、本当に爽快&絶景です。

★「カフェド レレル」のテラス席★




ランチのコースメニューは、前菜、スープ、副菜、魚または肉料理、パン、コーヒーのコースメニューでした。
「お得感から選べばランチコースだなー」と、今回ももちろん肉料理を選び、ランチコースをお願いしました。

他にも、シェフ特製近江牛カレーセット、お茶だけでも楽しめるケーキセット、スコーン、ホットケーキ、ホットドッグなどもあって、気軽に利用できるカフェですね。

★ランチの前菜★
琵琶湖の虹鱒を桜ウッドのやさしい薫りでスモーク



★ランチのスープ★
ホタルイカとピストゥー香るミネストローネ



★ランチの副菜★
イベリコ豚とフォアグラのパテ



★ランチのメイン料理★


夏らしいライトグリーンの素敵なテーブルクロスの上に、白いお皿の中央に、上品に盛られた“京もち豚”のロース肉を比叡の土で育ったニンニクと蜂蜜でマリネ、良い香りがしますねぇ、オシャレですねぇ~♪。

京野菜も添えられて、目でも楽しませていただき、美味しゅうございました~♪。

夜には、ここは宿泊ゲストのバーになるそうで
「きっとここからの夜景もロマンチックでしょうねー♪」
ここは、関西の屈指のデートスポットとしても人気の場所ですし、ガーデンスタイルの結婚式も好評だそうです。

次回は、素敵な女性を伴って、ディナーと夜景を楽しみに、再訪問してみたいですね

ラストは、眼下に広がる琵琶湖ののびやかな景色えを楽しみながら・・
「いい眺めだなぁ~♪」と琵琶湖の絶景を眺めながら楽しむコーヒーは贅沢ですね

ごちそうさまでした(^0^)/

本日の総走行距離 164kmなりぃ~♪


Posted at 2017/08/06 00:18:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ探訪 | 旅行/地域
2017年07月17日 イイね!

海の日には、ミシュラン・二つ星地区まで愛馬を走らせる~♪

海の日には、ミシュラン・二つ星地区まで愛馬を走らせる~♪みなさん、こんばんは

3連休の最終日(17日)は、やっぱり仕事が溜まってしまいまして…
17日の夜は仕事の方を優先したために、
17日のドライブ紀行のブログが当日に書けずじまいで今日になっちゃいました。

3日遅れのブログですが…よろしければお付き合いください。

17日の「海の日」は、[Race Chip Ultimate]を搭載した後の初高速試乗のために
海の日でしたので高速を使って海を見にドライブしてきました。


★Race Chip Ultimateを装着★


まずは、ドライブの前日に搭載した[Race Chip Ultimate]の所感ですが…

あくまでも私個人の主観ですが、ターボに合わせてドカン!と来る感じでありませんが…
低い回転域から走りを補助してくれている様な車重が軽くなって…
搭載前よりすいすい走る感覚があり、特にロングドライブには良いですね。

同時に右足の使い方では「オオッ!」と楽しい瞬間もありました~☆

また「クセが無い」という点で使いやすい製品だと思えますし
上手く使えば燃費向上になりそうです。

音楽やグルメと同じで「ドライバーの感性(フィーリング)にビビッとマッチすれば
それはそれで楽しいアイテムだ」と私は考えています。
ということで…私にとっては、Race Chipはとても楽しめるアイテムですし…
容易に効果が体感できるのは嬉しいです☆


さて、話をドライブ紀行に戻しますが…

17日にドライブに行った地域は、大阪から北西に走って…
ミシュラングリーンガイドで★★(二つ星)を獲得している「宮津」と「伊根町」です。

宮津の天橋立には何度も訪問してますが、伊根町の1階に船のガレージを持つ舟屋が立ち並ぶ重要伝統的建造物群保存地区を訪問するのは今回が初めてでした。

大阪からは、まずは第二京阪道路を京都に向かって走り、京滋バイパスを経由して、京都縦貫道で京都丹波の山間部を「与謝天橋立」まで走って、その後は国道178号線を伊根町まで海岸線の下道を走る、片道165キロ程度のドライブコースです。

このドライブコースは道路も空いてますので、普通に走っても2時間半あれば伊根町に到着です。

★京都縦貫道 由良川を渡る橋★


井根町に着いたら、まずは伊根の舟屋群を海から眺められる「伊根湾遊覧船」に乗りました。

★伊根湾遊覧船駐車場にて★


乗船費用は¥680とリーズナブルで、30分の伊根湾の船旅が楽しめます。
残念だったのは、中国からの観光に来られたツアー客(バス2台)と一緒になりまして、乗船客の9割以上が中国人でして、とにかくうるさくて、大人しく乗船してないので、のんびりと落ち着いて船宿群の景色を楽しめなかったのは残念でした

★伊根湾遊覧船乗り場★
写っている乗船客たちは、すべてバスツアーの中国人です


★伊根湾遊覧船 ★


海から舟屋群を見るために遊覧船「かもめ5号」で、いざ出発!
遊覧船は、毎日9時から16時まで30分おきに出航してます。

遊覧船からの眺めは、とても美しい景観です。
伊根町には約230軒の舟屋が並んでまして、
重要伝統的建造物群保存地区となっています
舟屋には実際に住まれてますので、望遠での撮影は避けました。

★遊覧船からの舟屋の景観★






映画「釣りバカ日誌」で浜ちゃんが泊まった「えびすや」さんも、ありました。
★船宿 えびすや★


伊根湾を遊覧しながら、かもめにえさをやることもできます。
★遊覧船でのかもめのエサやり★


伊根湾遊覧を楽しんだ後は、愛車を日出地区から伊根の中心の平田地区に移動して、そこのパーキングに愛車を駐車して、徒歩で井根町を散策しました。
レンタサイクルもありますが、ゆっくりとこの街の風情を感じようと、歩いて散策しました。

★平田地区駐車場にて★


★伊根の通りの風景★


★伊根の舟屋★


★舟屋の内側の風景★


約30分の伊根湾めぐりを楽しんだあとはランチのお店へ。
海辺の町に来たら、やっぱり海の幸を食べないと!
ランチは舟屋の里公園に併設されています「活き魚料理 油屋さん」を選びました。
★油屋さん外観★


★油屋さん入り口★


★油屋さんの人気メニュー海鮮丼★


新鮮な海の幸がいっぱい乗っていて美味しかったです
ランチを食べながら、伊根湾の景色が眺められるのもいいですね


舟屋の里公園は、伊根湾を見下ろす高台にある道の駅で、山裾にある舟屋群や伊根湾を眺めるには絶好のビューポイントです。

★舟屋の里公園からの伊根湾の眺め★


舟屋の里公園の道の駅は、舟屋をイメージした建物でして…
この道の駅には、地元で揚がる新鮮な魚介が楽しめる「油屋」さんや土産物店が併設されています。

★「舟屋の里公園」の建物★


★NHKドラマ「ええにょぼ」の碑★
伊根町はNHK連続ドラマ「ええにょぼ(1993年)」放送の撮影地だそうです。


伊根からの帰りは、「お菓子の館はしだて」に寄って、お土産を買って帰りました。

本日の走行距離:363キロなりぃ~♪

★おかしの館 はしだての駐車場にて★
 愛車の後方には「天橋立」を臨みます


Posted at 2017/07/20 22:54:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | グルメ探訪 | 旅行/地域
2017年07月15日 イイね!

標高1,377mの天空のスカイテラスから…初夏のご来光を眺める~♪

標高1,377mの天空のスカイテラスから…初夏のご来光を眺める~♪みなさん、こんばんは
3連休が始まりましたね
皆さまは、この3連休をいかがお過ごしでしょうか?
今日も良い天気で、でもとても暑い日でしたね~(;´Д`A “

昨晩のあまりに暑い熱帯夜でしたので、どこか涼しいところに行こうと…海に行こうか? 山に行こうか?と迷いましたが…涼しさと絶景の景色を楽しみに岐阜県の伊吹山に登ってきました。(*^ワ^*)/


★伊吹山全景★


昨晩の「探偵ナイトスクープ」を見た後は、深夜からドライブに出発です~♪
ドライブ旅行好きの週末は深夜から行動ですよね(笑)

★深夜の出発★


『伊吹山』は岐阜県と滋賀県にまたがる標高1,377mの山であり、山頂近くまで有料道路で登れる山であり、伊吹山地の最高峰で日本百名山にも選ばれている歴史のある山です。

また伊吹山で1927年(昭和2年)2月14日に観測された11.82mの積雪は、世界山岳気象観測史上1位とされる積雪の世界記録を持つ場所でもあるそうです。
シベリアやアラスカではなく、日本に世界一の積雪の場所があるとは、驚きですね

さらに加えると…伊吹山の山嶺には、石田三成が関ヶ原の戦いで敗れた後に彼が逃げ隠れていた「オトチの洞穴」もあります。

★オトチの洞穴(昨年秋に訪問時の画像)★


伊吹山は登山やハイキングとして人気の山ですが…
「伊吹山ドライブウェイ」を利用すれば気軽に山頂まで登れます。
麓から山頂の「スカイテラス駐車場」まで約17kmでして、車なら天空のドライブウェイをドライブしながら30分あれば登れます~♪

おまけに360度の視界が開ける伊吹山は、ご来光を見るにも絶好のスポットです。

実は、今日(7月の第3土曜日)から8月末までは、ご来光を眺めるために毎日午前3時にドライブウェイのゲートがオープンしています。
1年でこの期間だけは、深夜にドライブウェイを登ってご来光を見に行けるチャンスです。

ご来光を眺めるのが大好きな私は、この日を待ってまして…今日は、夜中に出発して伊吹山からのご来光を眺めに行って来ました。

あるみん友さんに触発されまして、今朝は1時半に大阪を出発しました。
早朝は車も少ないので、自分のペースで、走りやす~いですしね(^^)

午前3時半には伊吹山ドライブウェイの入り口に到着して…愛馬・赤兎馬に鞭入れて暗闇のドライブウエイを一気に駆け登ります。

★伊吹山ドライブウェイ入り口★


あたりはとても静かで灯りもまったくない道路を、エグゾーストサウンドを響かせながら登ります~♪
シカやタヌキとか…ときおり遭遇するようですが、動物の飛び出しには気をつけて山頂を目指します。

途中には、きれいな夜景が眺められる場所もありました~☆

★登る途中の夜景スポットにて★


9合目にある「スカイテラス駐車場」に到着です、辺りは真っ暗です!
バックミラーからポニーマークのプロジェクターが暗闇にくっきりです

★暗闇の中のスカイテラス駐車場にて★


9合目の駐車場から山頂までは徒歩で登ります。
登山道の「中央登山道」を登れば、20分ほどで山頂にたどり着くので楽に山頂にアクセスできます。

★スカイテラス駐車場からの登山道★


午前4時半前に山頂に到着。
初夏とはいえど、山頂ではちょっと寒い気温でした…
今日(2017年7月15日)の伊吹山の日の出の時間は4時43分です。
夜が明けていく景色を眺めながら…今か今かとご来光を待ちます。

★伊吹山山頂の夜明け★


残念ながら、今朝の日の出の時間の伊吹山の山頂はガスってまして、ご来光は見る事はできませんでしたが…太陽が昇ってくるにつれて暗闇が白んできて、周りの景色が徐々に見えてくる様は神秘的でした。

★ガスってる中のご来光★


ご来光を眺めつつ、『2017年後半も、みなさまもご安全でありますように!!』と祈念しております


雲が下方の山麓から登ってきて、朝日の光を受けて、青空の中、雲に包まれる愛馬は、まるで「天駆ける馬」の如く、いい雰囲気をかもし出してました。

★朝日のあたる馬(笑)★


「The House(家) of the Rising Sun」ではなく…「The Horse(馬) of the Rising Sun」ですね(笑)

かなぁ~り古い曲ですが、この曲を貼っておきます
どこか哀愁が漂うメロディ~今朝、真っ暗闇から朝日が昇ってくるときにぴったりのメロディでした。



★山頂から5合目~9合目の登山道を眺める★


伊吹山山頂は、山頂スペースがかなり広いので手狭感は全く感じません。
芝生に寝転ぶと天気が良かったので、気分も気持ちも良いですねぇ~☆

★伊吹山山頂★


★伊吹山山頂付近の景色★


せっかく山頂に上ってきたので「伊吹山山頂」でカフェタイム~♪

今回はガスバナーとコーヒーを入れるためのアウトドアギアを持ってきたので、自前で山コーヒーを楽しみました。
山頂で飲む挽きたてのコーヒー…素晴らしい眺めの景色とも合わさって、とっても美味しいで~す☆

ドライブのブレイクタイムや、最高の景色の中で自前のコーヒーを味わうのは、私の至高のひとときです~♪

★山頂で山コーヒを楽しむ~♪★


ひととき山頂でコーヒーを飲みながら絶景を楽しんだあとは、「スカイテラス伊吹山」に降りてきました。

★スカイテラス伊吹山にて★


ここでは、23種類の薬草を粉にして練り込んだ「伊吹薬草ソフトクリーム」が販売されてまして、ここでしか味わえない人気スイーツです。

★伊吹山薬草ソフトクリーム★


この夏の季節、伊吹山ではご来光や夜景を見ることができますし、ドライブも自然も楽しめる『伊吹山ドライブウェイ』
友だちや家族と訪れたり、ドライブデートにもおすすめですので、ぜひ感動の絶景を楽しみにお出かけされてはいかがでしょうか~♪

★伊吹山ドライブウェイの地図★




で、ランチは、この春に食べに行って以来、いつも岐阜県・関ヶ原近くにドライブに来ると食べたくなる「やきにく藤太さん」に行ってきました。
「やきにく藤太さん」は、TV番組「人生最高レストラン」で山本耕史さんがお勧めの店として紹介していたお店です。

伊吹山スカイラインを下ってきて、ノンビリと下道を走って、30分程度で到着です。
案の定、人気のお店だけに待たされましたが、美味しい肉だけに待つのも平気ですね。

★藤太さんの外観★
大勢のお客様が開店早くから待ってます。


今日は奮発して…「特上セット(特上タン、特上ロース、特上カルビ、特上カイノミ、焼き野菜)」と「馬ユッケ」と、伊吹山のように野菜が盛られた「藤太サラダ」を注文です

★特上セット★


★馬ユッケ★


★藤太サラダ★


毎度ながら美味しいお肉ですねぇ~♪、おまけに抜群のCPです!
養老のいわゆる焼肉街道にある焼肉屋さんには他にもたくさんの焼肉屋さんがありますが、藤太さんはその中でも一番のお店ですね。

ごちそうさまでした、また伺います!v(*'-^*)ゞ

★やきにく藤太さん前にて★


本日の走行距離:323kmなりぃ~ヽ(・∀・)ノ♪

皆さまも引き続き楽しい連休をお過ごしください~♪

明日は車庫で、このブツの取り付けに勤しみま~す
このブツ付けたら…さらにドライブが楽しくなりそうで~すO(≧∇≦)O イエイ!!



Posted at 2017/07/15 21:14:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | グルメ探訪 | 旅行/地域

プロフィール

「@赤いPonyのこうちゃん、中国への出張、お疲れ様でした。
早く帰宅して、今夜はゆっくり休んで下さ〜い(^-^)/
機内の映画、ワイルドスピードを上映してたのですね〜🎶
来月DVDが発売ですので…シリーズとして揃えてますので買う予定です(^-^)」
何シテル?   09/21 20:18
なにわの赤兎馬です。よろしくお願いします。 フェアレディー240ZGから始まり、BMW、RV車、アメ車のミニバンと・・いろいろな車を乗り継いできましたが・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

最近 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/21 20:28:53
四国、巡業。(2014まとめ編+2016まとめ編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/23 08:26:22
「強者どもの夢の跡」を偲ぶ ・ 関が原古戦場跡にて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 16:21:33

お友達

車種やジャンルは何でもOKです。
よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯
41 人のお友達がいます
MarkTMarkT * Mick.Mick. *
みやんRみやんR * M.NaganoM.Nagano *
scottieescottiee * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

フォード マスタング クーペ 赤兎馬 (フォード マスタング クーペ)
赤のフォード マスタング クーペ(50周年限定車)に乗っています。 現在はオリジナル状態 ...
シボレー アストロ MOBYDICK(白鯨) (シボレー アストロ)
MUSTANGに乗り換えるまで乗ってました。 税金対策で、キャンピングカー仕様にして88 ...
レクサス RXハイブリッド 白龍 (レクサス RXハイブリッド)
私が管理してます社有車です。 マスタングばかり乗ってますので、走行距離がわずかです(苦笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.