車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月31日 イイね!
とうとう大晦日

今日は

JRCのオペアンプ

MUSES8920



MUSES8820

の聞き比べをしましたよ

使用した機器はいつもの

Nakamichi MB-100

以前、MUSES8920に交換したところ

かなり好感触でこれ以上オペアンプを交換する必要ないのではと思いますが…


とはいえMUSES兄弟の評価も高いようなのでMUSES8820も興味津々


視聴したCDはいつもの加藤ミリヤ


まずは美麗、ナチュラル傾向と噂のMUSES8920から

やはり女性ボーカルのリアリティが凄い!

美しく濃密なボーカルが堪能できる

美麗、ナチュラル傾向なのは間違いないけど解像感、迫力もかなりハイレベル

全て面でノーマルを上回り、特に女性ボーカル、アコースティックな響きが得意なよう

音場は広く女性ボーカルがしっかり前に出てくる

あまりに濃密なボーカルなため中島美嘉を視聴すると少々違和感が

中島美嘉の美しくも壊れそうな繊細さが少々力強く表現されてしまう

とはいえ女性ボーカルに関してはこれ以上のモノが見当たらない



ささっとMUSES8820に交換

こちらはダイナミックでグイグイ傾向らしいけどドンシャリにならないか少々不安に思いながら音出し


不安は一瞬で払拭

中音のエネルギーが充実してダイナミック

期待していなかった女性ボーカルの声質もMUSES8920ほどではないが心地よい

ダイナミック傾向ということで期待していた低音は思ったより派手さはなく控え目に感じるがエージング不足だから?

グイグイ傾向だが音場は広め

こちらのオペアンプも全ての面でノーマルを上回り、POPSはもちろんオールマイティに使えそう

視聴を終えてみて、どちらのオペアンプも魅力的で捨て難い

ネットでは「MUSESなんて視聴するまでもなくデータシートを見れば駄石なのは明らか」

なんて言う人もいるみたいだけど

一度視聴してみてもらいたいもんです
Posted at 2016/12/31 21:24:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月19日 イイね!
さてさて

以前

Nakamichi MB-100



DENON DCT-A100

を視聴してNakamichi MB-100の完敗だったのが個人的には許せないわたくし


MB-100のオペアンプをJRC MUSES8920に交換したので再対決です



視聴したCDは加藤ミリヤ アルバム リバティ


まずはDENON DCT-A100から


やはりさすがの美麗サウンド

音場の広さ、レンジ感も問題なし



ささっとDCT-A1へ交換


こちらもさすがの美麗サウンド

そしてDCT-A100にメリハリが加わり、華がある

やはり8万円の価格差があるだけある

さっきまで視聴してたDCT-A100が平坦、のっぺりに感じてしまう


ハードルを目一杯上げておいてNakamichi MB-100(改)

に交換

ハードルは高ければ高いほど



くぐりやすい



出てきた音は先程までの2台とは異質のもの


スッキリ系というか

ボーカルしか聴こえない ←かなり大げさです

MUSES8920というオペアンプが女性ボーカル、ナチュラル感スペシャルなオペアンプらしい

その女性ボーカルの声質、ハリ、響き、そして何よりリアリティが凄い


声の密度がしっかりしていて心に響く

わたくし的には大好きな音です


女性ボーカル至上主義のわたくしはこの3台のなかではNakamichi MB-100(改)が一番好きですね

女性ボーカルに限らず総合点で点数を付ければDCT-A1が一番かな

以前MB-100に完勝したDCT-A100は今となっては

ただ綺麗な音

面白くない、つまらない、薄っぺらい

女性ボーカルにリアリティを感じない

悪く言うと

女性ボーカルが嘘くさい


こんな評価に成り下がりました


Posted at 2016/12/20 00:09:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月02日 イイね!
ロックフォード RFX 9200 視聴飽きずにまたまたCDプレーヤーを入れ替えて視聴です。

今回はアメリカンなロックフォード

RFX 9200

でございます


このデッキはアンプ内蔵ながら銅メッキシャーシで日本で言うとDENON DCT-R1やR10みたいなの?


詳しいことは分かりませんがシガーライターから電源を取って早速視聴です。


視聴したCDはいつもの加藤ミリヤ アルバム リバティ

内蔵アンプは使用せず外部アンプ接続


音が出た瞬間


爆音!!


プリアウト何vなのよ?

慌ててボリュームを絞る


やたらと低音がギンギンガンガン

初代DRX9255を思いだす

ラウドネスを探しても見当たらない?

PUNCHってのがある

offにしてみるとまともに聴けるように⭐


それでも低音が少々でしゃばり気味な気がするけど


グイグイ系のデッキのようで音場の広さは感じず各音が我も我もと迫りくる

ボーカルの立ち位置は悪くなさそうだけど他の音も前に出てくるので2歩ばかり下がったようにも聞こえる


「美音を響かせる」

と言うつもりは無いらしくとにかく勢い、迫力がある

DENON,サウンドモニターとは真逆?

楽しさのロックフォードという噂は本当のよう


しかし女性ボーカルを余韻たっぷり美しく聴きたい人に向かないと思う


今回は中島美嘉も視聴

粒は少々荒く感じるし

声質が男性的に聞こえる



さらにPerfumeのストーリーという曲も視聴

Perfumeらしからぬ低音ズンドコな曲です

こちらは素晴らしく聴けた

わたくしのシステムからこんなに低音が出るとは思ってなかった

低音の量感たっぷり

低音の解像度くっきり

これは楽しい


女性ボーカル至上主義のわたくしの好みのデッキではないけどズンドコしたい気分の時にちょうど良さそうだしコレクション入りかな
Posted at 2016/12/02 22:05:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月29日 イイね!
Nakamichiナカミチ CD-35 修理Nakamichi CD-35はオートバックス専売の1DIN CDプレーヤー

おそらくベースのCD-45Zからチェンジャーコントロール、Rアウト、SWアウトを省略してDAコンバーターが20bitから1bitへ変更された機種

前からボリュームがカラ回りする故障したCD-35を持ってたんだけど使い道もなく仕舞ったままでした


んでハードオフを徘徊してたら

電源が入らないジャンク品のCD-35を発見

ハーネスも付いてるし迷わず購入

帰ってテストすると


普通に動作してますけど?


でも良く見るとディスプレイの一部が消えてる


というわけでニコイチ作戦です


まずは天板を外します

フェイスを取りはずします


ボリュームつまみは引っ張るだけで外れます


今回最大の難所
フェイスの台座?を外します
片側の爪を解除しながら両面テープを少々強引に剥がしながら分離


フェイスの裏蓋を外します




基盤を外します


アルプス電気の9型ボリューム


ハンダ吸い取り線でハンダ除去



ボリュームが外れます


2台とも同じ作業してボリュームを入れ替えます

組み立ては逆の手順で

無事に普通の1台と

ボリューム、ディスプレイの壊れた1台が出来あがり

Posted at 2016/11/29 16:56:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
サウンドモニター CDT-300X 視聴ちょいマニアック&マイナーなアンプレスデッキ


サウンドモニター CDT-300X

が手に入ったので視聴です



本当は350か400か450か500が欲しかったけど高値安定なので…


このデッキはDAコンバーターがBB PCM69AU 18bit

オペアンプは主にJRC 4560みたい



視聴したCDはいつもの加藤ミリヤ


音場は広めで軽めのタッチ

中音、高音はかなり薄味で迫力、リアリティー、立体感はあまり感じられない

低音は少々でしゃばり気味なのはいつものシステムにポン付けしただけだから?


女性ボーカルの声質は薄味ながらかなり心地良い

立ち位置は少々後ろ

全体に薄味で少し離れたところで美音が響く

そんな感じでした



オールマイティーで使えるデッキではなくロック、ピコピコ系は苦手みたい



※何かおかしいと思ってたら初期設定でラウドネスがONになってました


ボリューム長押しでラウドネスをOFFにすると出しゃばり気味だった低音が落ち着きました


しばらく視聴したけど薄味なのはやっぱり変わりませんね
Posted at 2016/11/27 22:53:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「MUSES8920 MUSES8820 聞き比べ http://cvw.jp/b/2703826/39096927/
何シテル?   12/31 21:24
エイジ☆です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
愛車一覧
スズキ MRワゴン Wit スズキ MRワゴン Wit
スズキ MRワゴン Witに乗っています。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.