車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月06日 イイね!
古き良きアメ車新型シボレー カマロが、来年に正規輸入になるとのこと。
実際に街中を走り出すのは、秋くらいみたいだけど。
最近は発表時期がいやに早いから、困ったもんだ。

フル サイズなアメ車の2ドア クーペ、日本では相当ピンポイントなクルマ。
間違いなく採算は合わないけど、それでも輸入するインポーターに天晴れ二つ桜桜

もう日本では、2ドア クーペは絶滅危惧種どころか絶滅車種になっているけど、なんとか生き延びて欲しいね。

アメ車と言えば、デカいボディに大排気量エンジンを積んで、余裕のトルクで走る直線番長のイメージだけど、これって大陸の大地をひたすら走り続けるアメリカ人の好みなんだろうね。
カマロのスゴイところは、このアメリカ人の好みが受け継いでます。
最新のカマロにも、6200cc V8エンジンがライン ナップされているところ、しかもOHVげっそり
時代が進化しようとも、大排気量の OHV サウンドがアメリカ人の永遠のこだわりね。
ハーレーのVツインと同じだね。
15年ほど前にスーパー GT で大排気量 OHV のモスラー MT900というマシンが、GT300に参戦していましたけど、実際に観に行ってその独特のサウンドに痺れました。

とは言え、現代にマッチするエンジンもライン ナップ。
2000cc 直4DOHC ター坊エンジン…おいおい本気かぁ?
日本ではこれを500万円を切ったプライスにして、量産モデルにしようとしているんだろうね。
しかしマッスル カーのカマロが直4の2000cc とは、全く想像もできないね。
フル サイズに直4の2000cc は、あまりにもアンバランスな組み合わせ。
ちゃんと6200cc V8OHV も入ってくるからいいけど。

省燃費、最先端の安全機能装備等の理屈抜きに 『 このクルマがいいんです 』 というクルマへの拘りは、私としては高く評価したい決定
Posted at 2016/12/06 05:49:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2016年12月05日 イイね!
面白そうソフト99と言えば、伝統の銀色缶のハンネリ WAX 。
もう40年以上の歴史を刻んでいるんぢゃない?

そんなソフト99が、面白い企画を立ち上げた。
その名も 『 レトロカー再生への道 』 手(チョキ)

ソフト99の 『 99工房 』 なる補修商品で、1995年式のパンダをどこまで蘇らせることができるかという内容。

サンプル カーは中々のヤレ具合。


20年余りの道具的な使用感、これはこれで味があっていいと思うんだけど…それぢゃあ 『 レトロカー再生への道 』 にならないねわーい(嬉しい顔)
ボディ カラーは、変退色の王様ソリッドな赤。
当然アルファ ピンク並みに変色しております。
無塗装の樹脂も白濁化しております。
勿論、こえがピカピカの新車のようになるんだろうけどうれしい顔

さあ、これがどう変わるのか…そのお披露目の場は来年1月のオートサロンってウィンク
Posted at 2016/12/05 05:17:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2016年12月04日 イイね!
超久に行ってみた早朝山歩き、昨日は3年と1か月ぶりに長距離ハイクに。

12月初めながら、気温は高め、天気もいいし。
体力低下の不安がありながらも、再度長距離生藤山にチャレンジパンチ

朝6時半に高尾山口駅をスタート。
終着のバス停は山梨県、しかもバスは1時間に1本がまん顔
とっとと、高尾山を通過しないといけません。
ここ数日は天気も良かったので、山道のぬかるみも無くなっていたかと思っていたけど、のっけからヂュルヂュル山道がまん顔
端っこの端っこを歩くことに。
先が思いやられますがく~(落胆した顔)

この日は長距離だったので、いつもよりペースを落としながら高尾山山頂に。
ここから久しぶりの北高尾ルートに。
高尾山を過ぎて、本当の富士山の見どころの一丁平での富士山富士山


撮影だけを済まし、ドンドン先に。
殆ど休憩なしに陣馬山に到着。
さすがにかなりの疲労が蓄積がく~(落胆した顔)
ここで15分程栄養補給。

ここからが3年と1か月ぶりのコースに突入。
かつての記憶では、ここからはアップ&ダウンが激しく、油断できません。
予想通りペースが鈍り、疲労も加わって耐久勝負に。
この日はトレランの大会と重なっていて、殆ど同じコース。
道を譲りながらも、さすがにトレランな方々は挨拶には気を使っておりました。
大人の世界ですね決定

最後はロック クライミングよろしく、生藤山山頂に到着モータースポーツ
しかし最終地点はバス停。
まだ距離が残ってます。
早いペースで下山して、予定より1時間早くバス停に到着。
1時間に1本のバスの時間に、20分の余裕をもって到着したことにわーい(嬉しい顔)
来たバスは、卸したての新車ぴかぴか(新しい)
当然おーとま。
エンスト機能はない感じ。
無事 JR 上野原駅に到着し、本格的な帰路に。
車内は、お仲間の中高年のハイカーだらけげっそり
いやぁ、みんな元気だ。
しかも、一流ブランドのコスチュームに身を包んでおられます。
やっぱ、シニアはお金持ちねドル袋

歩数計によると歩数は、43,085歩、33.17km 。
まぁ、実際の距離は60%くらいぢゃないかな?

爆睡した今朝も、軽く高尾山をシバいておくかパンチ
Posted at 2016/12/04 05:10:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山歩き | クルマ
2016年12月03日 イイね!
こちらも意識しないと既に習慣化した早朝山歩き。
体力づくりというよりも、肉体の退化速度を減速させるためという悲しいお年頃涙

お陰で退化速度はそれなりに落ちた感じはするけど、今度はずっと放置状態だった上半身の退化がクローズ アップされてきた。
自分自身でも腕や胸の筋肉は落ちたと実感していたので、チョットなんとかしないといけないとは思っていました。

決定的になったのは、先日握力計があったので試しに計ってみたら、その数値に愕然がまん顔

元々握力はあった方で、ずっと60kg はキープしていました。
まあ歳だし50㎏ 台前半くらいかなと思っていたら、なんと42kg げっそり
私の年代の平均値以下という有様涙

さすがにショックを受けて、上半身の肉体改造に着手することを決意。
お手軽なトレーニングと言えば、やっぱりダンベルではないかい。
ということで、まずは店頭へ重量チェックに冷や汗
やっぱり筋力が落ちているのがわかり、20kg ×2のダンベルを買おうと思っていたけど、回数をこなすことを考えると、ここは1ランク下の10kg ×2が相当かと判断。
情けない肉体になったモンだ涙

で、本命のネットで検索すると、これがまた安いのがゴロゴロしてました。
安いのは鉄製でなく、強化プラスティックの中に鉄とコンクリートを入れて重量調整しているコスト最優先の商品。
別に重量負荷を加えるだけなので、これで十分な感じ。
安いだけあって売れているみたいで、評価コメントも多い。
中には粗悪っぽいのもあり、一番無難な商品をポチッとなパソコン

速攻で到着し、組み立ててみた。
たった片側10kg なのに、大層デカイ。
やっぱ鉄の方がコンパクト。
まあ別に邪魔にならないし、20kg を持ち上げているんだと自己満足しよう。
プレートが3枚あり、組み合わせで5kg 、7kg 、10kg と調整可能。
左が10kg で、右が5kg 。
別にボディ ビルダーになるわけぢゃないから、これで十分。
コスパは非常に高いと感じます。

やっぱ5kg から、ゆっくりと慣らしていこうわーい(嬉しい顔)
Posted at 2016/12/03 05:06:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2016年12月02日 イイね!
初めて見た鴨以前ここに止まっていたのは、超レア品のルーテシア ゴルディーニ RS 。

知らぬ間に手放されて、アルファロメオ4C に替わっておりました。
立派な一軒家だし、お金持ちはいーねー目がハート
また高級車なのに青空保管なんて、より一層お金持ち感が漂ってくるねドル袋
ガンメタは珍しいカラー、レーシーでいい感じ。

スーパー カーのデザインなんで、走っていると注目度№1だね目

そう言えば、この4C の前に8C という台数限定車があったけど、こっちは世界でたった500台だから、もう幻のクルマ。
買えなかったお金持ちな方が、4C を買っているのかなわーい(嬉しい顔)
車両価格が8,067,600円なんで、総額は1,000万円くらいいるんだろうな。

日本も格差社会が、ドンドン加速ちう走る人
Posted at 2016/12/02 05:37:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | イタ車 | クルマ
プロフィール
「久しぶりの晴天の山歩き。一気にスゴイ人出!」
何シテル?   10/02 11:33
07年7月にLUPO GTI(中古車05年式)を購入した記念にブログを始めました。09年9月にPANDA100HPへと。 そして14年8月、人生初の軽自動車N...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
34 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
最近の軽自動車の進化に驚き、人生初の軽自動車に乗ることに。 久しぶりの最新国産車となり、 ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
09年9月26日にめでたくイタ車復帰致しました。 今度もマニアックな限定車、PANDA1 ...
フォルクスワーゲン ルポ フォルクスワーゲン ルポ
色々と迷った末に、非常に評価の高いLUPO GTIを選びました。もう新車がないので、05 ...
ランチア イプシロン ランチア イプシロン
イタ車が忘れられず、いきなり路線の違うセレブカーをチョイス。初めての中古車で、中古、並行 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.