• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MOGUL-Mのブログ一覧

2013年01月31日 イイね!

やっぱり愛本?

やっぱり愛本?須磨歩に変更して早2ヶ月、旧人類丸出しでございます冷や汗

買うときに迷ったのが、i OS かAndroid OS か。
大多数を占めていくのは、Android とはわかっていたし、この先スティーブ・ジョブズのいない愛本が果たして主導権を握られるのか?なんて少し悩んでましたが、

① Android 端末はメーカーによって仕様が異なるので、機種の陳腐化も考えると実際の使用範囲に制限が出てくる。

② よくよく考えると、愛本が1機種として一番普及している端末と言える。
③ ギャラクシーなんかより愛本持ってる方が断然オシャレに見える。
④ 直感操作に優れており、使い方に悩むことが少ない。
⑤ 近くに愛本五ユーザーが 多いので、手軽にアドバイスしてもらえる。

等々、愛本の方が満足感は高いと判断しましたが、最終的にはこのセキュリティな安心感が大きかったです。
通常のPC同様に Android は、ウィルスやフィッシングの危険に常に晒されています。
その点愛本は、まず App Store でガードされているので、アプリからの感染の心配は今のところないし、ウィルスソフトなんてのもインストールしてません。

ただソフト開発側にとっては全てがアップル社の管理下にあるので、何かと制限が多くて、Android のような自由度がないのがツライところですけどね。

まだまだ須磨歩を使いこなしていませんが、携帯PC化が進んでいき、日常生活では自宅PCよりも須磨歩がメインの情報機器になるのは間違いないでしょうね。
それだけにセキュリティについてはしっかりと意識しないとね。
Posted at 2013/01/31 06:53:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2013年01月29日 イイね!

いやぁ、スゴい方だわげっそり

いやぁ、スゴい方だわこの方、昨年5月に日本人唯一の8,000m峰全14座登頂を成し遂げた竹内洋岳氏です。
因みに8,000m峰11座への無酸素登頂も、日本人最多記録。

漸く最近になって12月に放送された登頂のドキュメントの録画を見た次第でつ、1ヶ月遅れ冷や汗
いやぁ、感動しましたね。

登山って自然との戦いなので、特に雪崩で命を落とす危険が高く、また亡骸も雪の中に埋まったままで、遺骨の回収もままなりません。
当の竹内氏も雪崩に巻き込まれて瀕死の重傷を負いながらも、登ることを止めることはありません。
山の魅力にとりつかれた人には、こういった恐怖なんてないんでしょうかね?

しかし登山家の肉体は、スゴイですね。
単なる筋トレでは無理です。
高地トレーニングもしないといけないし、1登山の準備は大変なモンだわ。
相撲取りみたいに選ばれた人しか出来ないね。

また1登山にかかる費用も、相当な額でしょうね。
F1レーサーみたいにスポンサー探しが大変だな。
今回は無事記録を達成できたからいいけど、悪天候が続いたり、不測の事故が起きたりと様々な要因で断念することになれば、リベンジの費用捻出は厳しいんでしょうね。
ホント根っからの山好きでないと、できませんね。

このドキュメントを見て、成功すれば講演に引っ張りだこになるのがよくわかります。
私も聴きに行ってみたいなと思います。
とりあえず、本を読んでみようかと思ったんですけど、この方これだけのことしていながら、今まで本が出てないようです。
ゴーストライターにでも書いてもらったら、よく売れて次回の軍資金にもなるのにね。
特大痔みたいなミジメなことやったら、イメージダウンも甚だしくなるけど、今なら登山ブームにも乗ってベストセラー間違いなし!

早く出版されないかな。

Posted at 2013/01/29 06:53:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2013年01月28日 イイね!

初めて買ってみた本

初めて買ってみた最近は、クルマ雑誌は廃刊ラッシュで寂しい限りですが、こと山系やランニング系雑誌はドンドン見慣れないタイトルの雑誌が出版されていますね。

登山にはあまり興味はないのですが、頻繁に早朝高尾山散歩に行き始めてから、山ファッションとメジャーとなった山歩きとはどんなものかという形の部分にはチョット興味があったので、ビギナー向けのこんなお手軽雑誌を買ってみました。

ワンダーフォーゲルという隔月発行の雑誌。
山系雑誌を買ったのは、初めてです。
特集は、『 山の新基本200 』。
なるほど、このウェアのパーツはこーゆー時に使うのかとか、このグッズはこーゆー時のためにあるのかなど、ビギナーにはいい勉強になります。

ホームマウンテン?の高尾山には、ホント様々なコスチュームな方々がいらっしゃいます。
普通の街歩きの延長な人、ジョギングスタイルの人、山ガールに代表される本格的なコスチュームな人など、千差万別わーい(嬉しい顔)
かく言う私もその一人で、通い始めた頃からすると、随分とコスチュームは変化しましたね。

移り住んだ最初は春だったので、普段着でした。
初めての冬は完全防寒を意識して、スキーアイテムに身を包んでおりました冷や汗
さすがにチョット上るとドンドン熱くなり、軽装になっていく自分に、冬の散歩は温度調節が非常に重要と学習しました冷や汗

山といっても所詮早朝散歩なんで、適当なカッコで十分なんですけど、ここ高尾山はファッションにうるさい山と化しておりますので、社会人として恥ずかしくないカッコが要求されます、そう、バブル時代の苗場プリンススキー場のようなうれしい顔

昨秋からの山関連ウェア、グッズの購入で、それなりにスタイルを確立してきました。
現在は、ジョギングと山を半々に取り入れております。
所詮個人差があるので、経験を積んで自分のスタイルを見つけることですね。
スキーと同じかな?

最近街着がアウトドアウェアに染まってきたような…冷や汗
Posted at 2013/01/28 06:35:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | BOOK | クルマ
2013年01月27日 イイね!

思い出したよーに冷や汗

思い出したよーに何を思い出したかとゆーと、この三脚
2年チョット前に雑誌の付録で付いてたヤツ。
買って満足しておりましたうれしい顔

夜景を撮る時に重宝すると思ったけど、適当な台を見つけて撮ってる始末。

いつしか持ち出さなくなったけど、年末から早朝高尾山散歩に携帯するようになりました。

適当な台を利用すると、アングルの自由度がなくなるがツラいところ。
特に晩秋から晩冬にかけて、早朝の撮影では明るさが足りない場面が多く、カメラの搭載する夜景モードとかではおっつきません。
そこで三脚の登場と相成るわけですが、コンデジでわざわざ仰々しい三脚も場違いなので、この付録品のご登場になりました。
所詮付録なんでちゃちいですが、この手のコンデジの重量なら何とか大丈夫です。
このフレキシブルな脚が如何なく威力を発揮するのは確かなんですが、ベストなアングルにするのが思いのほか難しい。
カメラ本体と三脚との接合部分にフレキシブルに動くジョイントが必要だな。

やっぱお金出してまともなのを買おうかな冷や汗

因みにこの画像は、これで撮りました。
3年チョットも古いのに、さすが高級コンデジ、やっぱり基本性能は違うと実感冷や汗
Posted at 2013/01/27 10:12:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2013年01月26日 イイね!

こっちの山を選んだ富士山

こっちの山を選んだ2週間ぶりに山へ出かけしようと思い、高尾山にするか富士見にするかで迷っていましたが、朝の天気予報をチェックして、この寒波で諏訪周辺の道路事情は脳丸のナンチャッテには微妙なのもあるんですが、何より雪マークの中でなんでわざわざスキーをするのか?という 『 大名スキーヤー 』 にはあるまじき行為と判断し、早朝高尾山散歩へとうれしい顔

寒波が来ているので、心してかからないとと思いましたが、思ったほど寒くなかったですね。

もち、アンダーは厚手のアンダーアーマー。
いや、暖かいわ手(チョキ)
上に着るウィンドブレーカーも厚手にしたので、寒さ知らず。

久しぶりの高尾山でしたが、若干日の出が早くなってきましたね晴れ
もう冬至から1ヶ月も経っているだもんね。
さすがに夜明けが早くなると、安堵感がありますね。
今日はゆっくりめに歩いたので、頂上の富士山もいい感じで見えるようになってきましたね。

下りの吊り橋コースに行こうかと思いましたが、北側ルートなので残雪が完全に凍結していて、無理せずピストン往復にしました。

寒波到来でも、高尾山を目指す人たちは跡を絶ちませんね。
今日も7時を過ぎる頃には、わんさかわんさか繰り出してきていましたとさわーい(嬉しい顔)
Posted at 2013/01/26 09:22:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ

プロフィール

「@j-toro もうディーラーのガレージにあるんぢゃないでつか?やっぱ新車はいいでつねぇ~(羨)」
何シテル?   12/12 14:19
07年7月にLUPO GTI(中古車05年式)を購入した記念にブログを始めました。 紆余曲折を経て、再びオープンカーを手中に。 人生初のプチ旧車、果たしてこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
長い回り道をしながら、漸くたどり着きました。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
最近の軽自動車の進化に驚き、人生初の軽自動車に乗ることに。 久しぶりの最新国産車となり、 ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
09年9月26日にめでたくイタ車復帰致しました。 今度もマニアックな限定車、PANDA1 ...
フォルクスワーゲン ルポ フォルクスワーゲン ルポ
色々と迷った末に、非常に評価の高いLUPO GTIを選びました。もう新車がないので、05 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.