• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MOGUL-Mのブログ一覧

2015年06月30日 イイね!

これは売れているのか?ボケーっとした顔

これは売れているのか?とりあえず新型ロードスターは、よく売れているみたい。
リリースして1ヶ月、5,042台の受注状況。
月間販売目標の10倍exclamation
こりゃ、バカ売れぢゃないのげっそり…って、世間の人は驚いているのかな?

この勘違い手法は、いつも使われる常套手段。
新製品でリリース直後にバカ売れしないと終わりだもんね。

月間販売目標は、平常時の台数だからね…1年後くらいの想定かな。
1年以上前からのジラしチラ見せ作戦 + 事前ネット予約販売とここまでやって2倍の1,000台なんて結果だったら悲惨だもんね冷や汗
ところで、ここまで売れた10倍という5,000台という結果は、手放しでスゴイといえるのだろうか?

初代から、フルモデルチェンジ毎にいつも注目の的だったロードスター。
この流れからしたら、最低でも10,000台くらいの受注があるべき姿のような気がボケーっとした顔
ひょっとしてマツダは、この姑息なジラし作戦で、20,000台くらいの初期受注を計算してたのかも知れないねあっかんべー
今から受注ベースがアップすることはないから、盛り上がりに欠ける4代目のデビューになった感じ。

個人的にスタートダッシュできなかったと感じるのは、まずはお値段がかなり高いこと。
1500cc で総額300万円を軽く超えるのは如何なものか?
次に北米用に2000cc を用意しているところ。
やっぱ2000cc の選択肢はありと思うな…みんなウェイティングしてんぢゃないうれしい顔
あとは、チョロ出しジラし戦略をしている間に、消費者が冷めてしまったような気がするな。
秘密主義のスズキのハスラーの大成功とは対照的。

これだけジラしまくったロードスターだから、作り込みもそこそこやってるだろうね。
マツダの上から目線的見込み違いで、今注文しても1ヶ月くらいありゃあ納車される鴨ひよこ

まあクルマの完成度は高いらしいから、堅調に売れていくんだろうね…まさに月間販売目標の500台かなわーい(嬉しい顔)

生き残りがかかっている今のマツダは、海外マーケットに賭けるのは当然だけど、日本の若者に需要喚起する気もなく、見事にどのモデルも高価なクルマばかりになりになりました。
ホント富士重工とよく似ているね。
このサイズの自動車メーカーは、生き抜くのに余裕なんて無いのも事実だけどがく~(落胆した顔)

『 マツダ地獄 』 の再来にならない程度に、もう少しリーズナブルなモデルが必要な気がするなわーい(嬉しい顔)
Posted at 2015/06/30 05:36:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2015年06月29日 イイね!

ツーと言えばわーい(嬉しい顔)

ツーと言えば懐かしいクルマが止まっておりました。
フォードの ka ですね。
16年前に売ってたクルマ。
全然売れなくて、すぐ消え去ったフォードらしいクルマうれしい顔

何しろ5速マニュアルのみという大胆な戦略。
しかもスタイル優先のボディデザインで、2ドア、室内はかなり狭く、内装もかなり安っぽく、国産車のエントリーグレード以下だった鴨ひよこ

エンジンも骨董品の OHV エンジン積んでいたもんなぁ。
どう考えても日本では売れるわきゃないわながく~(落胆した顔)

残念なクルマでしたが、スタイルはそう悪くないと思うけど、大胆な無塗装樹脂バンパーはどうだったんだろうね?
ボディと同色に塗っていた Ka は、結構好きだったんだけどなわーい(嬉しい顔)

ベースのフォード Ka を日本で売るには、相当の手直しをしても売れるのか微妙なクルマなのは誰の目からしても明白だったのにね。
マーケティング無視の日本フォードの大胆さは好きだけどね。
今もエコスポーツなんてのを売ってるし、これは日本フォードの伝統なんだねうれしい顔

面白半分で売るのもいけど、しっかりと採算とってよ。
とりあえずフィエスタ、フォーカスに集中しよう、ワールドワイドで売れてんだし。
でないと、また日本市場撤退になるよ…撤退も何回やったかなうれしい顔

15年後はエコスポーツ撮って、ブログ書いてたりしてあっかんべー
Posted at 2015/06/29 05:33:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2015年06月28日 イイね!

いよいよデビュー目がハート

いよいよデビュー以前ご紹介した関西の友人ですが、先週末アルトター坊 RS が納車となりました手(チョキ)
当初の予定通りの6月中旬の納期、3ヶ月ほどのインターバル、出た当時のハスラーからしたらマシかわーい(嬉しい顔)

ちゃんとシートにはビニールがかかっていて、御成約車なんて書いてありますよ。
パールホワイトがピカピカ光っていますぴかぴか(新しい)
仕様はフルノーマルで、フロアマット、バイザー、ナビ等の必需品だけ取付けたそうです。
このオーナーは派手にいじくるタイプではないので、多分このままでしょうね。

でも AGS に試乗して、突然若かりし頃のマニュアルドライブを思い出したくらいだから、また何が勃発するかわからないなうれしい顔

早速試乗以来の、AGS チョイ乗りの感想が参りました。
交差点を曲がった直後の加速の瞬間に感じる空走タイムを何とかしないと…最初から AGS 様あってのドライバーに成り下がっておりますうれしい顔
間違いなくオーナーは基本的におーとま走行なので、アクセルの踏み加減などを一所懸命に習得中なんでしょう。
彼は毎日アルトター坊で仕事で大阪府下を走っているので、すぐに攻略法は習得しますね。
とりあえず、また近いうちにレポートが送られてきます。

多分舞い上がっているから、信州の自宅にも頻繁に乗って帰ってくると思い松。
早速押しかけて、信州のワインディングを楽しませてもらおうわーい(嬉しい顔)

このアルトター坊ですが、やっぱり来春にマニュアル車がご登場するみたいな目がハート
どこまでワークスになるのかはわからないけど、とりあえずマニュアル車は確実のよう。
コペン、アルトター坊と悩みが尽きないなぁ…冷や汗
Posted at 2015/06/28 05:17:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 軽自動車 | クルマ
2015年06月27日 イイね!

おっ、いーねぇ手(チョキ)

おっ、いーねぇもうドップリとはまっている軽自動車。
あれだけ気に入っていたイタ車も、とうに忘れてしまっている変わり身の早さ。
いつもことだけど、我ながら感心わーい(嬉しい顔)

で、久しぶりに見たフィアットのお手軽色替え限定車。
今回はパンダ4×4の色替えね。
おっ、このブルーいい色だわ手(チョキ)

なになに、この色はたった20台の限定?
急いでディーラーに行かないとなうれしい顔

まあイタ車の画像の色はホント当てにならないけどね。
間違いなく、実車はこんなイメージぢゃないんだよなぁがく~(落胆した顔)
これもメタリックカラーかと思ったけど、どうもソリッドみたい。
ソリッドではこんな光り輝き方しないもんな。

色の他には、フルオートエアコン、プライバシーガラスと、国産車からはプッ!と笑いが出るような特別装備。
これでお値段が、2,581,200円、ひぇ~exclamation×2
相変わらずのボッタクリ価格NG
イタリアのAセグ、875ccター坊でっせ。
価格だけ勝手にドイツ車の仲間入りしたらあきまへんで、安っちい内装なんだからがく~(落胆した顔)
フィアット500以来、ホント高くなった。

でもこのパンダ4×4、ミッションは6速まにやるだし、マニアックさだけは健在だね。
しかし今の軽自動車を知ってしまうと、もうこのクラスは割高過ぎて全く買う気にならなくなってしまったなわーい(嬉しい顔)
もう昔のピッコロ・イタリアンの魅力もないし、アルトター坊 RS の方が、よっぽどピッコロ・イタリアンだわ、セレスピードだしうれしい顔

今度は8月に出るダイハツのハスラー対抗車に興味津々目がハート
Posted at 2015/06/27 06:01:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | イタ車 | クルマ
2015年06月26日 イイね!

やっぱり純正オプションわーい(嬉しい顔)

やっぱり純正オプションちゃんと動いているだろうと思う、イクリプスのドライブレコーダー。

購入動機は二つ、国産車メーカ-の純正オプションに多数採用されていることと、日本製であること。
ドラレコはユピテルとかが幅を利かせているようですが、所詮支那製なんで不良率がかなり高いのが大きな不安がく~(落胆した顔)
車内温度が高い夏場、低い寒冷時にはまともに動かないとかのユーザー評価もネットで多く見受けていたし。

これでは取り付けた尻から取り外し作業とやってられないし、良品だったとしても耐久性にも大きな不安を抱きます。
ということでイクリプスを選んだんですが、国産車メーカーの純正オプションというのは、実際には確認してませんでした。

で、これは先日試乗したコペンのカタログに入っていたリーフ。
見事にイクリプスのドラレコぢゃあ、あ~りませんかわーい(嬉しい顔)
よかった、ホントだったわうれしい顔
ただ市販品には、GPSなしモデルはなかったな。
お値段は本体価格25,920円、やっぱり純正オプションはかなり割高。
最安値は18,000円切っているもんなぁがく~(落胆した顔)

因みにアルトター坊 RS のオプションカタログも見てみると、これまたイクリプス。
御見それしました冷や汗

やっぱり、日本製が一番安心。
N-ONE にしてよかった…あっ、支那の粗悪パーツ満載だったわがまん顔
一番高い買い物が、大失敗泣き顔
Posted at 2015/06/26 05:10:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ

プロフィール

「@j-toro 激しくイイね!( ◠‿◠ )」
何シテル?   09/21 12:01
07年7月にLUPO GTI(中古車05年式)を購入した記念にブログを始めました。 紆余曲折を経て、再びオープンカーを手中に。 人生初のプチ旧車、果たしてこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

お友達

22 人のお友達がいます
aranao_R32aranao_R32 * shirakabashirakaba *
おぬまおぬま ym-tkym-tk
OK-esOK-es nomusannomusan

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
長い回り道をしながら、漸くたどり着きました。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
最近の軽自動車の進化に驚き、人生初の軽自動車に乗ることに。 久しぶりの最新国産車となり、 ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
09年9月26日にめでたくイタ車復帰致しました。 今度もマニアックな限定車、PANDA1 ...
フォルクスワーゲン ルポ フォルクスワーゲン ルポ
色々と迷った末に、非常に評価の高いLUPO GTIを選びました。もう新車がないので、05 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.