• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MOGUL-Mのブログ一覧

2016年08月31日 イイね!

実力差がありすぎた大衆車ボケーっとした顔

実力差がありすぎた大衆車カローラが誕生して今年が丁度50年だそうで、50周年の記念車なんて出してんのね。

カローラが50年経ったのと同じように、カローラ オーナーも単純に50歳も年老いてしまっているんだろうねわーい(嬉しい顔)

クラウンと全く同じ運命を辿っている感じ。
いや今のクラウン オーナーは、まだ少し若返ったように思うな。

カローラが発売された時は、日本が高度成長していく頃。
明確な立ち位置があった軽自動車からのステップ アップとして新たに大衆車が台頭してきた。
その中心となったのが、カローラとサニー。
露骨な宣伝をしながら熾烈な戦いが始まったけど、意外とあっさりカローラに軍配が上がった感じ。
走り派はサニーをチョイス、快適ファミリー ドライブ派はカローラが基本かな?
サニーに搭載されていた A 型のエンジンは、今もヒストリック カー レースでは元気に走っているね。
でもカローラも TE27になってからは、ご存知レビン、トレノの2T-G 型エンジンのラインナップで、一気にサニーの影は薄くなってしまったがく~(落胆した顔)
またカローラは、節操の無い名前だけ派生車をドンドン投入するものだから、サニーとの販売台数の差は開くばかり。
個人的には、1970年後半からは、カローラの方が魅力のあるクルマだったね。
レビン、トレノもあったカローラに対し、個性がイマイチ感じられないサニーは、いつしか混迷期の日産を象徴するようなクルマになってしった記憶が。
今となれば、既にサニーという車名も消えてしまい、完全に過去のクルマとなってしまいました涙
ホント数少なくなった日産のライン ナップの中から後継車をこじつけると、さしずめラティオにでもなるんだろうか?
労働争議に明け暮れて、本来の企業経営が疎かになって、格下だったルノーに助けてもらった元祖日産を象徴するような悲しいクルマ涙
カローラ VS サニー以外にも、クラウン VS セドリック、グロリア、セルシオ VS シーマ、ソアラ VS レパード…みんなトヨタの圧勝。
厳しい現実だがまん顔

ゴーンは日本市場は興味ないから、電気、軽自動車を柱に北米のデカいクルマを加えて適当にやっていくような感じ。
国内シェアが10%切るのも当たり前か?

この先トヨタに圧勝できる日産車は、果たして出てくるのだろうか?ボケーっとした顔
Posted at 2016/08/31 05:28:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2016年08月30日 イイね!

逆買い手(チョキ)

逆買いなんのこっちゃ?とのっけから理解不能なお題目と画像。

とりあえず、このワン ショルダー バッグは買いました。
しかも、ほぼ衝動買い。
全く意味不明ですねわーい(嬉しい顔)

では順を追って、ご説明致しましょう。
まずこの商品を知ったのは、web 。
どっかのサイトを見ていた時に、横に出てきたコロンビアの広告画像に目が止まり、それがこのバッグでした。
で、クリックして詳細の確認目
お決まりの30%OFF だけど、まあ許せる範囲。

ただ、ワン ショルダー バッグは、担いだ時のフィット感が商品ごとにかなり違うので、実際に担いでみないと判断できない。
コロンビアなので、大型アウトドア店に行けば問題なくモノが確認できるだろうと、定点観測店の1店に出向くことに。
予想通りありました、オマケに全色揃ってました手(チョキ)
勿論30%OFF。
で、担いでみてフィット感を確認。
まあ問題なさそう決定

そこで店頭と web とどっちが得か考えてみると、店頭はカード会員なのでポイントが付く。
その場で手に入れられるしということで、店頭で買いましたわーい(嬉しい顔)

店頭は展示場と化している昨今、珍しく web で発見して店頭で購入するという何をし出かすか見当もつかない旧人類のショッピングでしたウィンク
Posted at 2016/08/30 05:20:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXTRA | クルマ
2016年08月29日 イイね!

立て続けにシュッシュわーい(嬉しい顔)

立て続けにシュッシュ洗車と3カ月ぶりのシュッシュをしてピカピカだったのに、シュッシュ後の初ドライブは雨中の200km 走行となり、やっぱり汚れてしまいました…当たり前わーい(嬉しい顔)

平日は地下に格納されているので、とりあえず洗うことに。
さすがにシュッシュしたばっかりだったので、軽く洗うだけで汚れは落ちました。
いやぁ、お手軽ゼロ ウォーターの実力は侮れないね。
軽く洗って、アッという間に洗車終了。
あまりにもあっさりと終わってしまったので、またもやシュッシュ行為をやってしまいました冷や汗
しかし、これまたあっさりと終了。

あとは…そうそう、フロント ガラスにガラコ塗っておこうっと。
ガラス コーティング剤もお気に入りのケミカル用品の一つで、雨の日の視界確保に非常に役立つアイテム。
高速なら60km/h 以上で巡航できたら、いつもノー ワーパーだもんね。

あとは…そうそう、タイア ワックス吹いて終了。

ホント、軽自動車は作業も 『 軽 』 で、いふことなし手(チョキ)
Posted at 2016/08/29 05:18:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-ONE | クルマ
2016年08月28日 イイね!

最後の給油ガソリンスタンド

最後の給油『 目指せexclamation夏期休暇800km 走破プロジェクトexclamation×2 』 、最後の給油となりました。

中距離走のスケジュールを予定通りこなし、なんとか827.9km を走破して帳尻を合わせました。
久しぶりのドライブ三昧な月となったな。

今回は石和方面の辺境グルメ ツアーの燃費。
順調に23km/L 台の燃費をキープしていたけど、柳沢峠からは一転、ドンドン数値が落ちてきて、最後は19km/L 前半まで悪化。
まあエアコンかけてワインディングだから、どうしようもないね。
石和からの戻りは、甲州街道で帰ることに。

一転して自動的に燃費走行。
豪雨に遭いながらも無事帰宅。

最後は大してガソリンは減っていなかったけど、一応区切りということで給油することに。
走行距離は、203.6km 。
実燃費は、20.19km/L と何とか20km/L をキープ。

今回の偽装燃費は、23.1km/L 。
偽装指数2.91km/L と本来の偽装の実力を発揮。
やっぱ走行パターンが様々に変化すると、その走行パターン毎に偽装が行われるということだなうれしい顔
しかし、これで偽装燃費を実燃費と信じているオーナーが多いとなると、これも大きな社会問題だ。

この偽装工作にも、国交省にメスを入れてもらわないとねちっ(怒った顔)
Posted at 2016/08/28 05:42:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | N-ONE | クルマ
2016年08月27日 イイね!

いいぞコレ手(チョキ)

いいぞコレもうチョット前のことになりますが、夏休みのテーマ 『 目指せexclamation夏期休暇800km 走破プロジェクトexclamation 』 で繰り出した信州、もう一つの目的がございました。

画像をご覧頂ければ、一目瞭然うれしい顔
そう、お友達のアルトター坊 RS に試乗させて頂きました。
昨年の予定だったのが、お互いの予定が合わずに実現できませんでした。
念願叶ったこのター坊も、既に1年を過ぎてます。

その間にアルト ワークスが出て、今やター坊 RS は忘れ去られてしまった感じ。
いつものように、時の流れは無情なくらい早いです。

とはいえ、何もわからないディーラーの試乗以外で乗ったことがなかったので、興味津々揺れるハート
早速キーを受け取り、近くのワインディングへと。
久しぶりにセレ スピードに乗ったけど、思ったほどの低速のギクシャクを感じなかった。
もう体がシングル クラッチ対応になってしまったのかわーい(嬉しい顔)

チョット市街地を走って、いざワインディングへ。
ん~ん、CVT と違ってダイレクト感があるわ。
特にシフト ダウンは、ベストなブリッピングが入り、もう秀逸手(チョキ)
3ペダルを離れて2年、物忘れが早いシニアには、もう踵&つま先は無理だね涙
ただ3ペダルに乗ってますというレベルだわ。
ホンダ内製の CVT なんか、シフト ダウンの度にベルトが切れるんぢゃないかと思うような不快なショックばかりで、ワインディングは楽しくないNG
出来損ないのホンダ製 CVT をベンチ マークにするのはフェアぢゃないけど、同じ操作ながらギアでないベルト制御の CVT は全くダメダメNG

走りは、やっぱり車体の軽さを実感するね。
870kg のナンチャッテぷれみあむに対して、ター坊 RS は670kg と200kg もの差。
たった660cc のちっぽけな排気量では、この差はド素人の私でもハッキリとわかります。

シートも、ナンチャッテぷれみあむのようなサイド サポートのない平坦なシートと比較すると、断然サポート感がいい。

いやぁ、久しぶりに楽しかったなわーい(嬉しい顔)

ただ200kg の軽量化…コスト ダウンの弊害で、全体的に薄っぺらなクルマがく~(落胆した顔)
ベースがロー エンドのアルトなので、全てにおいてチープ感が漂って松。
ナンチャッテぷれみあむが、プレミアムに感じてしまうほどうれしい顔
316,160円もの価格差は、ここにあるのは否めない。
やっぱりアルトには、47万円精神が脈々と受け継がれていると実感ボケーっとした顔
これが正しい軽自動車だと割り切られる気持ちが、何よりも大事と思った。
とはいえ、このコスト パフォーマンスは、十分に評価できる。

このアルト ター坊 RS は、短命に終わりそうな気がするな。
ワークスにはセレ スピードまでラインナップしているし、ター坊 RS はもうそんなに売れていないようだから、試乗車も激減している。
人知れずラインナップから消えていくんだろうな涙

今回じっくりと乗ったター坊 RS は、十分に次期車(あるのかどうか?冷や汗)候補になるね。
安く買えそうだし、消費税が10%になる前に考えてみる価値はあるな。
どうせジムニーはあと10年はフル モデル チェンジしてくれないんだろうしうれしい顔
Posted at 2016/08/27 06:01:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 軽自動車 | クルマ

プロフィール

「@j-toro 激しくイイね!( ◠‿◠ )」
何シテル?   09/21 12:01
07年7月にLUPO GTI(中古車05年式)を購入した記念にブログを始めました。 紆余曲折を経て、再びオープンカーを手中に。 人生初のプチ旧車、果たしてこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
長い回り道をしながら、漸くたどり着きました。
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
最近の軽自動車の進化に驚き、人生初の軽自動車に乗ることに。 久しぶりの最新国産車となり、 ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
09年9月26日にめでたくイタ車復帰致しました。 今度もマニアックな限定車、PANDA1 ...
フォルクスワーゲン ルポ フォルクスワーゲン ルポ
色々と迷った末に、非常に評価の高いLUPO GTIを選びました。もう新車がないので、05 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.