• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

盆栽の新人のブログ一覧

2017年09月19日 イイね!

藤だらけです…

先日、モールへ行ったら前に大きなホームセンターがあり、帰りに寄ってみた。
盆栽の所に小さな小さな盆栽がいくつもあり、漢字が読めない(汗)

この中に子藤と言うのがあって1個購入した。
夕方になってしまったので、次の日に植え替えした。


調べると花がなかなか咲かないらしい。
咲かないとなれば興味が薄れ、他を買おうと思っていたがやめた。

この時に1メートルくらいの高さの藤を見つけた。
口紅藤と藤(赤)の2種類

家に帰って見てみると白~赤?紫?の色になるようだが、何色になるのかがわからない…

1才藤を3株持っていたが、2株咲いて両方紫だった。
なので、確実に赤との色分けなら良いが紫との色分けならなぁ~と却下。

藤(赤)
こう検索したらピンク色の藤が出て来た。
近くのホームセンターに行ったが無かったので結局見つけたホームセンターへ走った。
愛車フィガロはエアコンに穴が開いていてガスが漏れる…
だからエアコンはきかない。
皆さんのフィガロはエアコンがきくのだろうか?

夏の間は暑くて暑くて乗らずにいたらバッテリーがあがって動かなくなっていた。
ボンネットを開けて充電。
1時間くらい走る為に藤を求めて走った。



これが求めた赤藤
1メートルくらいの高さがあるが、根元の太さは持っている一才藤の太さとあまり変わらない。

枝が3本に別れている。

ココは取り木をして高さを低くするつもりで3株を増やすつもりだ。

取り木の方法だがあるページで5センチほどのビニールテープをミズゴケをビニールで覆った上に包帯のように巻いて止める方法を書いたのを見つけた。
この方法だと動かないので根が出やすいように思う。

赤藤を植え替えとポットから抜いたのだが、これだけ大きな木なのにポットは小さく根がはびこり、土を抜くことが全くできず…
少量の土を取っただけであきらめて別の鉢に植えた。
調べると1/3はとった方が成長が良いらしい…

仕方がない…
春に花が咲くのが楽しみだ。
これから寒くなり葉が黄色くなるのだろう
Posted at 2017/09/19 06:22:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年09月17日 イイね!

「盆栽入門」著群 境介さんの本

この本は盆栽を始めるにあたって購入した本です。


盆栽教室には月、2回通っています。
生徒さんの中には30年の盆栽を育てている人がいるので、先生から習っていると言っても、私にとって生徒さんと言う名前の若先生になります。

習う中で専門用語や聞いた事の無い樹木などがあれば、この本で調べます。

これまで、用土の種類や作り方
樹木では先生が素晴らしいカエデを持って来て下さるので、先生の作品を見るだけでなく、いつか手にする時の為に読んだりします。

この本の面白い所は改作の所です。
盆栽を作るとドンドン高さが増します。
大きくなるのを押さえる為、幹の主を変更して元の主を取り、新しい主に変更するのですが、この方法が素晴らしいと思います。

チリメンカヅラも先生の作品がすごく幹が太く、何年ものだろう?
写真があれば良かったですね…次回撮っておきます。
生徒さんから盆栽が多すぎたからとチリメンカヅラを頂きました。
かなり背が高くなっているので、先生に相談しながら改作して高さを低くしたいと思います。

先生から5株の寄せ植えを習い、銀杏で作ったら植え替えされて(汗)。
直されたのを手本に銀杏作ってみて手直し無しと褒められました。

銀杏の殻がついた株が一番小さかったので、一番奥に配置し、中央に銀杏の殻を置いています。

紅葉の寄せ植えは立ち上がりが悪いと手直しになり、植え替えは春に先生にお願いする事となりました。


ここで先生から銀杏の寄せ植えを5鉢作るように言われているですが、お花の無い木は寂しくまだ作っていません。

群さんのサイト
http://www.mini-bonsai.com/
こちらのツィッターでユキヤナギの盆栽を見つけました。
ネット違反の可能性があるので、群さんのホームページから入って臭さい。
どこにでもあるユキヤナギですが、こんなに根っこが太くなるものか?
切り花にしても花びらが落ちて床が汚れるし…ってイメージだったのですが、こんなにキレイになるものか!と驚きました。

ふと、家で育てているポットの中に隣の家のユキヤナギの種がこぼれて目を出しているのを思い出し寄せ植えを作ってみました。




今年出た苗なのでとても補足針金が太かったのか巻くのが大変でした。
これは次回まで枯れなかったら先生に見てもらおうと思います。
針金の掛け方が悪く枯れてしまう可能性が高いです…
Posted at 2017/09/17 21:52:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 盆栽教室 | 日記
2017年09月09日 イイね!

先生の作品

今日の盆栽教室は私と生徒さん1人の合計二人だった。
皆さん、なかなか忙しいのだろう…

先生の作品

松の断崖






15歳との事
木が小さいのに幹が古さを出している。
小さい内から立ち上がりを寝かせて作ったらしい。
長い葉が無くみんな小さい葉になっている。
完全に干してどぶ付けをすると葉が小さくなると聞いた。
1週間ごとに鉢の向きを変えて後ろにも日光が当たるようにする!

盆栽もすごいが、台のすごさにも驚きました。
1つの木ですべて彫刻で掘り抜いてあるのです。
一刀彫ってものでしょう。 
かなり大きな木だろうと思います。

苔玉






先生の苔玉はやっぱり普通の苔玉とは違う!
苔を杉苔を使っています!
普通はハイゴケなのだけど、やっぱり先生のやり方がすごすぎて…
そのスギゴケの間に銀ヒバが植えてある。
自然に増えたらしいのだが、まばらな感覚になっているのもすごい
これから色が変わるらしい

持っている苔玉に先生の真似をしてみた。

銀ヒバは以前から植えてあった物
ここにスギゴケも持っていたので足してみた。
しかし、スギゴケが小さいので大きくなればと楽しみだ


両方とも銀杏の苔玉だ。
次回先生に見てもらおう。

前回の宿題のしだれ桜
針金を掛けて持って来る様に言われていた。

2ミリの青の針金を掛けて先生に見てもらったところ


2.5ミリの針金を先生が追加して曲をつけて下さった。
ピンク色が先生の掛けた針金
下の枝は「捨て枝」と言い、木を太らせる為に取らずにつけておく。
上の小枝は細い針金でしだれるように下向きになった。

今回の宿題の銀杏の寄せ植えは奥に小さい木、手前に大きな木。
正面から見て気が重ならない様に配置になっており、先生から合格をもらった。



この時に銀杏の苗が無かったので、神社に行って取って来て作ったと話した。
ぼうぼうに生えてたと言うと先生が練習だから5鉢位作ってみなさい!と言われた。
え~~~~と思ったが、5鉢の中から良い物だけをチョイスしてより良い物を作るのだそうだ。
余ったのは欲しがる人がいるから気にしないでも良いとの事。

もみじの寄せ植えは手直しをもらった。



一番左のもみじの立ち上がりをまっすぐに直された。


この時に「刺し棒」が無いか?と言われて割りばしを出した。
土を入れた後に棒で土を刺して土の空きが無いように均等に土を入れる事を忘れていた。

植える場所は3月に入ってから手直しになるとの事。
小さい粒と中の粒に分けて赤土を用意して先生にお願いするとの事

自分が使っていて便利だった100円ショップのミニスコップを先生にプレゼントした。
自分は使い勝手が良い程度で使っていた。
石灰を少しとか肥料を少しとか鉢の草が短い時にこそげるとか
先生は裏側をよく見て「強くてしっかりしているので使いやすそうだ」と言われた。
なるほど…
いろんな道具を使っていらっしゃるので見た程度でわかるのでしょうね。

先生の盆栽は年齢が高く根が張っているので、入れる土の量が少なそうで少ない土を入れやすいようにと思ったのです。
でも、先生の頭の中で色々と使えるって事は即座にわかったみたいです。

生徒さんが持参したのは「コメツガ」と「エゾマツ」
どちらも年齢が高くエゾマツは30歳にはなっているだろうとの事
転勤のたびに連れて歩き日本中を回ったとか(笑)

先生がコメツガのこの枝を切ったらどうだろうと言われて落とした枝がノートに挟まって持ち帰ってしまったので挿し木してみた。



小さいので何も考えず刺した。
本当は切り先をもう一度切った方が良かったと思うが…
もう遅い…

「コメツガ」と「エゾマツ」を見て思った事だけど…
盆栽向きに葉がすごく小さい
この二つを育てたいかと聞かれたらう~~~んとなる。
まず、花が無い。
否定するつもりはないが、花や実のある物が良いなぁと…
庭をウロウロしていたらローズマリーが花をつけていた。

これは木でしっかりとした幹がある。
葉は小さく花が咲く。葉の香りも良い。
枝を触ると長いので針金がかかりそうだ。
先生の考えはどうだろうかと思うが、自分の考えは懸崖じゃないかなぁ…


こっちは幹がすっかり固くなって針金がかからない。
形も悪いし無理なんじゃ…
新しいローズマリーを探してみようと思う。

シルバータイムもあるのを思い出した。
日陰な所に置いていたので木は細く頼りない。
葉は小さく幹も細い。
植え替えをしたら3株になった。
幹が太るのかどうかは不明


大きい株は習った通り筏吹き(いかだぶき)にした。


先生に言われていた事。
コンクリートの場合は台を置いて盆栽を置く事
コンクリートが熱を持つので鉢や植木が熱を持つ。
熱を遮断する意味で台の上に鉢を置く。

前回、生徒さんの家に寄せてもらって盆栽の台を見せてもらった。
この家もコンクリートの上だった。
ブロック?で台を作り、板が敷いてあった。

うちはさび付いた三脚がいくつもあり、夏の間にサビを落とし、さび落としとペンキを塗った。
板を置いて手前から少しずつ高くなるように並べてみた。
奥の方から昼から建物で陰る所なので環境は良いと思っている。
手前の三脚の場所は一日中日が当たる。
Posted at 2017/09/10 11:09:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 盆栽教室 | 日記

プロフィール

「[整備] #フィガロ 日産フィガロのアイドリング数のアップ! http://minkara.carview.co.jp/userid/2717043/car/2296671/4038866/note.aspx
何シテル?   12/23 17:01
盆栽の新人です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

1 人のお友達がいます
フィガロスタ―フィガロスタ―

愛車一覧

日産 フィガロ 日産 フィガロ
日産 フィガロに乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる