• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月06日

芭蕉の滝 静岡県の宝物_20180205_撮影_芭蕉の滝

芭蕉の滝 静岡県の宝物_20180205_撮影_芭蕉の滝

ボクの住む静岡県には、

まだまだ自分の知らない

自然が作り出す数多くの宝物が

眠っているんですよ。

その中でも冬季に一定の条件を満たすと、

凍ってしまうという滝、『芭蕉の滝』は、

一度でも出逢っておきたかったんですよね。



(芭蕉の滝へは、危険を伴います。このブログの文末に


             危険性を記させていただいております。)





結論から言うと、ようやく出逢えることができましたよ。

この氷瀑(ひょうばく)を目の前にした時、

それまでの苦労が一気に吹き飛びました。










これまで色々と情報をかき集めては、

何度トライしてもたどり着くことができませんでした。


しかしながら、とても貴重な情報を提供してくださった

Night Rider さん、本当にありがとうございました!

おかげさまで、素晴らしい大自然の宝物に出逢えることができました。

この場を借りて、感謝申し上げます。



























凍結率90%以上!(目測値)
alt




























ただただ、圧倒される。
alt


























なんか落ちてきたと思ったらデカい氷柱(つらら)!頭上注意です。
alt



































夢中になっていると時間を忘れてしまうので注意です。
alt




































この日は天候もよく、運が良かったです。
alt





































alt




































リモコンで撮影!
alt





































alt





































alt





































alt





































alt





































alt




































alt





































alt




































雲に隠れていた霊峰富士も、帰りに見ることができました。
alt




































今日無事にここにたどり着けたこと、
今日無事に帰ることができたこと、
全てに感謝ですね。
alt





2018/02/07 02:50 追記---芭蕉の滝 リスク周知

この『芭蕉の滝』への到達は、かなりの危険を伴います。

危険度が高いゆえに、今回上げさせて頂いたブログの内容では、

ネットで調べられる以上の詳細な位置やデータは

伏せさせて頂いております。


軽装備と安易な知識で行くことのないよう、十分ご理解ください。


上述したことから、以下に危険性を記させて頂きます。



滝への入り口からは、長期的管理が出来ない等の理由によって

遊歩道が風化・崩落、欠損したままになっております。

すなわち、現在ではもはや遊歩道でもなんでもありません。

このように原則、通行止めとなっております。

alt





道幅も極めて狭く、足を踏み外した場合、50~60m下へ滑落し、

命を落としてもおかしくない非常に危険な道
となっております。


滑落すれば落命する可能性



積雪量が多い場合、足を取られてバランスを崩し、


それが起因して転落する可能性も十分にありえます。

足を取られるリスク


雪の重みに耐えきれず、折れてしまい

木が落下してくる危険性もあります。

枯れた木が風化して倒木の危険性も有ります。

強風で倒れていた木





途中、虎縞(とらしま)ロープがありますが、これもまた

経年劣化・風化により、摩耗しております。いつ切れても


不思議ではありません。


従ってこのロープを命綱代わりに使用してはなりません。


このロープは安全帯ではありません。


劣化したトラシマロープ






雪の積層と滑落について

気象条件によっては、何度も積雪が重ねられたことによって

何層かの層(積層)になっております。おおむね三種類の層になっている

ケースが多いです(ここではわかり易いように三種類の層で説明します)。


一番上に積もった雪は、時間がたって若干融雪しかけた

少々固めの層です。雨風にさらされ、比重は高めです。

一番下は雪が圧縮され、堅くなった滑りやすい層になっています。

気象条件によって一度融雪しかけてから圧縮され、また、

その上氷点下の外気にさらされることによって、アイスバーンに

なっている場合が多いです。つまり、滑ります。


一番上の層と、一番下の層に挟まれた中間層は、

密度が比較的低い、一番柔らかな層となっております。

概ね、乾いたパウダー状の雪となっています。


滑落の要因は様々ですが、一例としましては以下の通りとなります。

スパイク機能のない滑りやすい靴底の元(軽装)、

不安定な態勢で、上記の表層と中層部分の雪を踏みこみますと、

最下層の滑りやすい部分を残したまま、表層と中層部分の雪ごと

滑り落ちてしまいます。

場合によっては、

命を落としてしまいます(リスクアセスメントでは『落命』レベルです)。





それ以外にも、滝エリアに到達してからは、上空からの飛来物・落下物に

注意が必要
です。

氷結した滝は、自重によって

その全体が大小無数の氷柱(つらら)と化します。

上からの落下物に注意



場合によっては、この氷柱は様々な理由によって

折れて数十メートル上から落下してきます。

重さは数キログラム程度ですが、これが数十メートル上から

落下してきますので、当たれば鈍器で頭部を殴打した場合に匹敵する

凶器になりえます(落石についても同様です)。

これにより、打撲以上の怪我、場合によっては骨折~致死レベルですので、

これにも十分に注意が必要
です。



以上のケース以外のリスクも無数にありますが、

長くなってしまいますので、リスクの代表例を挙げさせて頂きました。



どうか、これらのことを最低限知っていただきたく、

追記として、芭蕉の滝への到達及び滝エリアでの危険性を記しました。


また、最後に・・・。


危険だと思ったら、引き返す勇気を持つことです。

これこそが、命を守る最大の装備
といえると思います。

危険を冒しても見てみたい風景はたくさんありますが、

現実には、

命を落とすリスクを抱えてまで見る景色なんて、

本当はどこにもないのだと、ボクは思います。

命があってこそ、その後、見てよかったと思えるものだからです。

あなたの帰りを待っている人が必ずいます。

行く前に、そのことを頭と心の中で今一度、思い描いてみてください。


芭蕉の滝へのリスク周知については以上です。



ブログ一覧 | 日常 | 日記
Posted at 2018/02/06 01:37:24

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

緊急提言 芭蕉の滝 注意喚起」 From [ ☆変なアート by  Night Ri ... ] 2018/02/06 20:29
この記事は、静岡県の宝物_20180205_撮影_芭蕉の滝について書いています。 NRが今年の芭蕉の滝を踏破してから一日後 みんカラお友達のVISORⅦが見事に踏破されました 彼のブログではその危 ...
関連記事

クレイジージャーニー 佐々木大輔
silverstoneさん

滑3 湯の丸
英叔父さん

緊急提言 芭蕉の滝 注意喚起
Night Riderさん

2月日帰りスキー、清里でレッスンを ...
capt ukさん

雪道走行、福島へ。
147-TSさん

ドライブに連れてって~
あきちゃ~さん

この記事へのコメント

2018/02/06 20:36:13
VISORⅦさん この度は芭蕉の滝踏破おめでとうございます。
幾多の危険があったにもかかわらず無事のご帰還何よりです

あの虎ロープは想像以上の危険度でしたでしょう?
あの足下の雪が表層ごと一気に滑ったらと思うと
神様が支えていてくれたのかもと感謝しております。

この芭蕉は不思議な物で一度到来すると何度もその神秘的な姿を拝見したくなるんですよねきっと貴殿もそうなると予感しております。

また今後のご発展を祈ります。NR

追伸ブログでの紹介をどうもありがとうございます。
コメントへの返答
2018/02/07 04:10:02
NRさん、こんばんは。
ありがとうございます。お陰様で無事に
目的地へたどり着くことができました。
こうして無事に帰ってこれたことにも
感謝申し上げます。
先遣していただいたおかげで、ツゲ峠との
分岐も間違えずに滝方面へ進むことが
できました!(十中八九)NRさんの足跡が
道しるべになりました。本当に助かりました。

http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/album/000/000/466/902/4023037/4023037.jpg?ct=f3ab3ccb6fd2

あの傾斜は本当に危険そのものでした。
http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/album/000/000/466/902/4023038/4023038.jpg?ct=f3ab3ccb6fd2

滑落せぬ様、時間を掛けて一歩一歩進みました。
大地の神様が受け入れてくださったことに
感謝しております。

仰る通りですねw
あの光景は何度見ても飽きません。
また足を運ぶに違いないでしょう。
大自然が創り出した素晴らしいあの景色は、
見る者を魅了する強い力が存在すると思います。


※芭蕉の滝へのリスクを
このブログの文末に追記させて
頂きました。誤記などありましたら、
コメントなどにてお知らせください!!

ありがとうございました!!ではまた!
2018/02/07 20:33:55
VISORⅦさんこんばんは
追記してくださった注意事項の記載には経験者しか知り得ない
貴重な情報が詰まっていて今後この芭蕉の滝の情報源として
このサイトが存続しうる限りメモリアルとして刻まれる物でしょう

私の足跡に間違いないとこちらも確信しております

今後ますますメインルートが荒廃する気配もありましょうが
ここまで散策する楽しみ 奇跡の氷瀑に出会える感動に
再び会えることを祈念しております。

今回のこの滝を通じての出会いは大変貴重で嬉しい出来事になりました
どうもありがとうございます。
コメントへの返答
2018/02/08 00:16:32
NRさん、こんばんは~

どのような危険が潜んでいるかという
点について重点的に記述させて頂きました。
こうすることによって、リスクが高いことを
周知することが狙いです。

また、現在ネット上で調べられる限度を超える
詳細な行き方や位置情報も避けておきました。
これも安全のための配慮ですね。

NRさん、アドバイス等
ありがとうございます!

ボクもきちんと下調べをして何度か足を運んで
現地の状態を確認することを重ねてきました。
事前にきちんと準備することが
命を守る大切なことだと思いますから、
せっかく来たいと思った方々が、
この情報を元に、安全最優先で十分に
準備を整えてから大自然の景色を
楽しんでいただけたら幸いです。

いえいえ!こちらこそ、貴重な情報と
危険周知のブログに感謝いたしますよ!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

申し遅れました。 『損するブログ』でおなじみ『バイザーセブン』と申します。 お呼びの際は、お近くの呼び鈴を鳴らしていただくか お手元の笛を吹いてくださ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

お花の図鑑♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/08/25 23:09:08
 
10min.BOX 理科3 
カテゴリ:■デジタル教材【今後の教育の参考】
2011/03/02 05:41:28
 
10min.BOX 理科2 
カテゴリ:■デジタル教材【今後の教育の参考】
2011/03/02 05:40:34
 

お友達

ジャレあう感じで よろしくお願いします。
9 人のお友達がいます
晴馬晴馬 Daisy@na8cDaisy@na8c
VVVF-EUROBEATVVVF-EUROBEAT Night RiderNight Rider
lanthaniclanthanic みしま♪みしま♪

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ティアナ ティアナちゃん (日産 ティアナ)
【日産 TEANA】:ティアナ ■運転後は 必ず『安全に運んでくれてありがとう』って ...
日産 ティーダラティオ ラティオちゃん (日産 ティーダラティオ)
・世界の終焉まで連れ添う予定。 いや、あくまでも予定だからね? ・運転後は、必ず 『 ...
その他 その他 その他 その他
風景っていいですよねぇ~ 自然っていいですよねぇ~ 主に一眼レフカメラで撮影した写真を ...
その他 その他 その他 その他
島田 勘兵衛 「守るのは攻むるより難しいでな・・・」

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.