• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2016年11月27日 イイね!

灯火類LED化

灯火類LED化初代R2、初年度平成16年

ヲレの中では破壊的に最近のクルマの部類ではあるが・・・みんなは知らないかもしれないから教えてあげるけど、実は今年は平成28年。。しかも終わりかけである。

一般的にみたらちょこっと古めのクルマなのかも知れません。


カタチこそ今見ても遜色ないくらい前衛的ではあるけれど、ヘッドランプは伝統のハロゲンのH4、フォグランプはHB4、あとのバルブはT10とかT20のウェッジ球である。

暗くて困るって程ではないけれど、
純正でもキセノン・LED全盛のこのご時世ではちょっと物足りない感じ。


妻も目があまりいい方ではないので、少しでも夜間の視認性を上げるためにヘッドランプなどの灯火類を明るいものに替えることにしました。


ヘッドライトには今回初めてLEDを投入してみます。
HIDの方が明るそうですが、UVの影響で樹脂レンズの劣化を早めそうなので、発光ダイオードを試してみます。

片側で4000ルーメンという光量の大きなものを選択。



フォグランプはもはや伝統の中華キセノンキット35W・3000ケルビンタイプを使用。
信頼性は折り紙付きである。

フォグは黄色を選択しておくと、配光が広範囲でもパッシングされにくい。
悪天候時や薄暮時に見やすいのも○。



バンパーを外さないとちゃんとした作業は出来無さそうです。



スモールランプもLED化して、前面ライトはフルチューンw




取り付けはキセノンのキットよりも簡単でしたね。
LEDバルブユニットから繋がるコンバーターに純正カプラーを差すだけでした。

キセノンキットの多くに見られるブーツの取付不良を補うシーリングも必要ない。
純正のブーツがきちんと取り付け出来、防水性は充分。



ただ、構造上の問題で、照射範囲が灯台のように背中合わせの二面から広がる光なので、座金に対して発光面が調整できる仕組みになっている。

これが逆に問題で、どの位置が車検上もしくは実質の使用上ベストの光軸が得られるのかが判らない。

初めはドセンターで合わせてみたけど、
運転席から見てやたらと左上がりの光軸となってしまった。


右前が暗い。


何故だろうと思ってよく見てみると、そもそも日本車のヘッドランプというものが、左上に飛ばす構造になっているらしく、ランプユニット内部のリフレクター自体が左右対称でなく、助手席上がりになっている。

バルブの座金の取付面そのものも、正面から見て時計回りに10度ほど傾いているくらいだ。

バルブの調整真ん中だと、LEDバルブの特性上上下の光の広がりが少ないので、ランプユニットの構造が顕著に表れすぎて左上スラッシュアップ照射になってしまうようだ。

なので、ユニットの構造にやや逆らって左右ともバルブを向かって逆時計回りにひと目盛り回してやると、光の広がりがほぼ水平に。

どうしても出るグレアが対向車を眩惑しないように、運転席側の光軸だけやや下げてやることで、充分な光量と社会協調性を両立することが出来ました。




折角なので、それぞれのビフォーアフターを比較してみましょうか。


まずは、純正ハロゲンのフォグランプのみ。
光軸が下過ぎることもあるが、あまり役に立つとは思えない。


社外HIDのフォグランプのみ。
光軸もやや上げたが、やや暗めと言われる3000ケルビンでもこの光量。
ぶっちゃけこれだけで充分走れる。




次は、純正ハロゲンのフォグプラスヘッドランプロービーム。
別に見づらいとは言わないが、従来的な照度である。
写真では露光時間の関係で割と明るく見えるが、実際は黄色い標識辺りまでがやっと見える程度。


社外HIDフォグと、LEDヘッドランプの組み合わせ。
圧倒的な光量が道路の奥まで照らしている。
とにかく光量が大きいので、対向車の為にも光軸調整はしっかりしたい。




純正バルブフォグプラスハイビーム。
奥はしっかり照らしているが、フォグの光軸の関係で真ん中がすっぽり抜けてしまっている。


HIDフォグランププラスLEDヘッドランプハイビーム。
言うに及ばずだが、扱い方を間違えると対向車の事故を招いてしまうだろう。
近年浮上してきた新常識では、この状態が常用灯という事になるが・・・クルマの多い街中ではとても無理だね。




LEDヘッドランプのローだけでもこの明るさ。


これで夜間運転の不安はかなり軽減できるはずである。



あとは、後方視界が悪いとされるR2のバックランプもLEDで明るくしよう。
リヤウインドウが小さいので、近付き過ぎると後方が見づらいのだ。



一般的なT20型のウェッジ球。


まるで行燈である。
何か照らせるのかよこれで。。



なので、こんな感じのヤバそうなチップのLEDに換装。



これはヤバイ、直視できない程だ。

これで夜の暗い駐車場でも、遠くから駐車スペースを照らせる。
一番大事だったのはこれだったのではないか。




ついでなのだが、暗くて困っていたヲレのGC8のバックランプも交換。



右側のランプはバックフォグに作り変えてしまっているので、ただでさえ片目のバック灯である。
元々LEDバルブにはしていたのだが、全然明るくはなかった。


R2に付けたような強そうなのに交換。
爆光とはこのことである。


これまでバックランプが眩しいと思ったことは一度もなかったのだが、
R2が初めてで、これが二回目であるw

LEDというのはフィラメントバルブを廃絶に追い込む程の照明界の革命であったことが良く解る。



自分は性格的に新しいものをすぐには信用せず、オリジナルを極力守っていくタイプなんだけど、HIDとかLEDとかっていうのは、値段が下がってからはデメリットが少ないので積極的に使うようになりました。

純正ヘッドランプとの相性とか光軸が出にくいとかの問題も若干あるけれど、そこは工夫と調整と割り切りで全然何とかなります。

プラスの方が大きいですね。

夜間の良好な視界の獲得は、下手なチューンより余程効果的。
より安全に走れるという事は、より速く走れるという事です。




灯火類のチューンは効果が判りやすくていいね、楽しいじゃない。



ところが、そんな矢先に妻がちょっとぶつけてくるっていう・・・










Posted at 2016/12/10 01:39:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | マニュアルなのでR2 | クルマ
2016年11月02日 イイね!

マニュアルの軽自動車

マニュアルの軽自動車ポチったのはこの子でした。

CBA-RC1前期型R2。


自然吸気のツインカムエンジンのFWD。
勿論、マニュアルトランスミッション。



なかなかMTが出回っていないので、手頃なのを見つけるのに時間が掛かりました。
距離は約10万キロ走ってますが、機関良好タイベル交換済み。
内外装状態が良く、使用感僅少、ボディーカラーは願ってもないソリッドの白である。

なんだよ・・・エンジンの慣らしが終わっただけの新古車かよ!
EN07の10万キロなんて準備運動が終わった位のもんです。



妻が通勤&保育園送迎に使うのがメインなので、
狙いは最初から二駆のNAでした。

しかし、NAモデルにもSOHCエンジンのiと、DOHCエンジンのRと二種類の仕様があり、
約10馬力近いパワーの差もさることながら、Rの方がカタログ燃費がいいという不思議。

iを選ぶ理由がないよなぁ・・・

ツインカムによる高回転化とフリクションの増大よりも、IVCS装着による低速のバルブタイミング適正化の方が、低燃費に対する恩恵が大きいのかも知れない。



ツインカムヘッドとIVCSかぁ・・・今更だけど、EN07も進化したもんだ。
よく見ればダイレクトイグニッションじゃないか。
スロットルもフライバイワイヤだし、見れば見るほど違うな。


但し、電スロはちょっと違和感を感じる部分があるな。
レスポンスが遅いとかはそれほど感じないけどね、シフトチェンジでクラッチを切った時に、回転の落ち待ちみたいなのがあって、落ち込みを見越してアクセルを煽ると回転が上がり過ぎてしまう。。。

親切の設定なんだろうけど、回転合わせは癖なんでなかなか慣れないね。


妻が乗る分にはいいのかも知れない。



自分が乗った感想としては、想像はしていたけど足が凄くいい。
いいというのは、ハーシュネスのいなしがとてもいいので車体が揺すられず、リヤサスの限界が非常に高い。

これは言うに及ばずリヤサスが独立懸架のお蔭だろう。

スバルの軽自動車がダイハツのOEMになる直前まで守られた、全車四独サスの伝統は伊達ではない。

現行のプレオとルクラだかオクラだか何だかよく分からないクルマは、只のダイハツミラとタントであり何故スバルが一生懸命販売しているのかは未だによく分からない。


話は逸れたが、ブレーキが意外といい。
リヤはドラムブレーキだけど、カチッと剛性感があって不安を感じない。
きちんとエンジンブレーキを活用していけば、ブレーキのキャパが極端に足りないというシーンは殆どないだろう。

表現が重なるが、ステアリングも剛性感があっていい。
スズキの中古車に良くみられるがたつきや、引っかかるような違和感は皆無。
軽自動車である事を忘れてしまうような、しっかりとした操作感がある。



インテリアは当時ガチで作ったことを伺わせる、質感の良さがある。
インパネのデザインもスタイリッシュで結構好きな感じだ。


ネットのインプレでは、リヤビューの悪さや室内の狭さを頻繁に挙げられているが、どちらもそれほど気にならないな・・・そもそもバックミラーからのリヤビューって運転には殆ど影響してこないし、ドアミラーが大きいから充分でしょ。
キャビンスペースも、旧規格の軽の広めのモデルと変わらないくらいあるので、窮屈とも思わない。
必要にして充分。

ヲレが助手席に座って、後ろにチャイルドシート2脚でも問題無し。


通勤と子供を送り迎えするのがメインなのだから、これ以上無駄に空気ばかり運んでも仕方がないのだ。


ちゃんとタコメーターがあるメーターパネル。
今となっては前時代的なのかもしれないけれど、こういう無駄なものがいい。


何でも簡単・簡潔・簡略化していってしまい、ブレーキとかハンドル操作とかまでクルマに任せるとか、バック駐車までやってくれるクルマもあるんでしょ?

それが当たり前になった分だけ人間が退化する訳だからね、なんだかな。


全てのイニシアチヴをクルマに持っていかれる日も近い。



何でも安心安全が皆の願いなんだろうか。

どんどんどんどん何一つ自分でやらなくなって、出来なくなって、必要なくなって、
手も足も目も耳も鼻も口も使わなくなって、インプラントとサイバネティックスとWi-Fiで意識と情報伝達を仮想空間で統合し、段々攻殻機動隊みたいになっちゃうんだろうな。

自分で選択するという自由を捨てて、安心安全延命を獲る。


そんなにラクするばっかりが楽しくて幸せだとはヲレは思わないが・・・


まぁ、クルマは命をとる乗り物だからね・・・より安全に、というのは自然な流れなのかも知れないけれど、自分で運転するのは面倒だけど、マイカーの便利さは捨てがたい・・・って事なんだろうね。


・・・逆に我儘だなぁ。
無責任な雰囲気も若干ある。


クルマの運転が好きじゃなかったら、ヲレなんかは不便でも乗らないけどね。
怖いじゃん。

バス電車でいいです。

別に必需品じゃないよ、クルマなくてもどうにでもなると思う。



クルマの免許取って自分でハンドル握ってる人って、少なからず運転することが好きで、自由を求めてる人だと思ってるから、何だか矛盾するんだよね。



自動運転技術。


そんな下らないものはどうでもいいから、もっとスゲーエンジンとか、スゲー楽しいクルマとか、本気で造って欲しいよね。

2000年以降ぶっちゃけジリ貧です。


はい、また話は逸れたけど、免許取り立ての妻のマニュアルR2生活が始まりました。

ヲレの価値観を押し付けるつもりはないけれど、MTから始めれば、これからの安全運転の基盤と運転の深みが変わってくると思うんだ。


何よりも、運転が楽しいってことを知って欲しいんだ。




お母さんをよろしく頼むな。

きっと大丈夫。










Posted at 2016/11/05 03:47:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | マニュアルなのでR2 | クルマ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
風越 龍風越 龍 * IIcx@赤GF8IIcx@赤GF8 *
みやGC8+L880KみやGC8+L880K 中部の猪中部の猪
萌ラジ@ゆかりす萌ラジ@ゆかりす らいぽんちゃまらいぽんちゃま

ファン

243 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.