• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2014年09月25日 イイね!

Autumn

Autumnもうすっかり涼しくなりましたね。
暑い日もあるけれど、湿度がないし空気が違うよね。


いい時期になってきました。




何だか矢鱈と忙しいけれど・・・

色づく山々を見ながらドライブしたり、登山にも行きたいなぁ。



あともうひとつ。

来月4日。
いつもより少し遅いけれど、そろそろ恒例のアレをやりますか。


ちょうどシーズンだからね。


レギュラーには追ってチケット配布

Posted at 2014/09/27 01:19:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2014年05月19日 イイね!

今度は僕たちが

今度は僕たちがここの所、YouTubeでCHAGE&ASKAの昔の曲ばかり再生しています。

あのASKAがまさか・・・
信じたくないけれど、きっと事実なんでしょう。。。

自分などは、チャゲアスをリアルで聴いて育った最後の世代だと思います。

小学6年生位の頃に「LOVESONG」や「太陽と埃の中で」
ASKAソロの「恋人はワイン色」などを聞いて衝撃を受け、一生ついていこうと決めたものでした。


心に直接届く魔法のような詩と、ダイナミックと優しさが混在するカッコよすぎるギター。
僕の中では完璧なスーパーアイドルであり、神のような存在だった。


僕は音楽は全然できないけれど、違うアプローチでいいから少しでも近づきたかった。



なぜあんな素敵な音楽が作れるのか。

説明が出来ないほど格好良かった。



出来損ないの僕なので、これまでの人生にはどうしようもなく苦しい局面がいくつもあった。

根拠もなく自信過剰だった僕は、
心の支えを失ったときにはどうしようもなく脆かったんだ。


そんないくつかの窮地で、いつも支えてくれたのはASKAの歌だった。
寄り添うように支え、そしてそっと背中を押してくれるような曲が、本当に厳しい時を助けてくれた。



だから、前を向けたんだと思う。



たくさんたくさん助けてもらったから、今度は僕たちが助けてあげなきゃね。

大したことは出来ないけれど、僕はいつまでも待っています。


まだ幼かった僕たちに大人の恋や夢や、優しさを教えてくれたASKA。





いつかまた二人でステージに上がってくれることを信じています。





<object width="605" height="340"></object>

<object width="605" height="340"></object>

<object width="605" height="340"></object>
珠玉の3曲をじっくり聞いてみて欲しい。

いつか本当のPRIDEを取り戻して。

Posted at 2014/05/20 00:32:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | ひとりごと | 音楽/映画/テレビ
2013年10月26日 イイね!

あまちゃん

あまちゃん今年ハマったものが幾つかある。

進撃の巨人、半沢直樹、
そして・・・あまちゃんである。

今更なんだこのバカ。

と、いったところであろうか。


鉄板中の鉄板ばかりで、またか、お前もか、みたいな感じになっちゃったけど。
ヲレは案外ミーハーで普通なのであるw

あれだけ騒がれてれば面白いんだろうなぁ・・・とは思っていた訳だけど、


やっぱり面白かった訳でw


ヲレが会社で、あまちゃんあまちゃん、納年ノーネンと呟いているのでノリさんが・・・



「だ い さん、今年は随分やられちゃいましたね・・・。」

「そうだね・・・進撃に半沢に・・・」

「ももクロはまぁ、仕方がないとして、今度はあまちゃんですか。」

「そうだね・・・クドカンだから鉄板だとは思ってたけど、アレはガチだね・・・。」

「そんなにかぁ・・・」

「二晩で30話くらい観たけど、5回泣いた。」

「それはヤバイですね。」

「贔屓目に見なくても、当分あまちゃん超えはないだろ。」

「マジですか。」

「ノーネンちゃんが可愛いというのもあるが、それだけの単純なドラマじゃ、全国が夢中にはならんだろ。」

「それに、ノリさんの好きな美保純も大事な役だわ。」

「帰って観ますわw」



昔は、流行りもの程嫌いだったけど、結局ひねくれてるだけで食わず嫌いだったのよね。
マジョリティーに反応しないことで、自分は特別なんだ的な選民意識が痛かったなぁ。

だけど、歳をとって、つまらない拘りも気がついたらなくなって、
いい言い方をすれば、ある程度視野が広くなってきたあたりで気が付くのは、
自分もただのオッサンだったってことw


いいものはいいと、素直に認めることが出来るようになったことは嬉しい。


なぜ昔は、それができなかったんだろうな。

みんなと同じなことが、恥ずかしかったんだろうか。

個性を主張しないと埋もれちゃう、と思ったのかもしれないな。


今じゃそんな余計なこだわりは全くなくなって、単純にいいものや面白いものを要求するようになった。



世界で最も正確な学問は統計学。

数は嘘つかないんだよな。



あまちゃん、まだ見終わってないんで・・・当分しあわせな時間が過ごせそうです。


アキちゃん可愛すぎて噴いた;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )



「それより今日の帰りお願いしますよ・・・」

「わかってるよクルマ屋だろ、納車だもんな。」

「いや~しかし、クルマ楽しみですよ~。」

「どれだけ遅いか・・・だろw」

「どれだけ遅いか楽しみですwww」


ノリさんの買ったクルマが今日納車だと言うんで、
会社の帰りにクルマ屋まで送っていくことになっていました。





今更なんだこのwww

クルマ受け取って、少し走り回ってちょっとコンビニ。


「どうだった?」

「遅いですwwwww」

「FDからの乗り換えだからな・・・でも、回せばそこそこだと思うよ。」


ちょっと自分が運転させてもらって、田舎道で踏んでみます。


うん・・・何ともいえませんwww

フライホイールのせいなのか、旧い電スロのせいなのか分からないケド、
アクセルのツキがクソだな・・・

パワーが無いから加速もイマイチだ。

速くはないけど、馬鹿にして唾かけるほど遅くもない。


乗った感覚だと・・・175馬力くらい?(爆
ターボ無しの13シルビア思い出したな。


でもまぁ、ここまでは想定内。

電スロも直結機械式にして、フライホイールの重さ半分位にすれば、
レーシングのレスポンスはだいぶマシになるだろ。

エンジンも予想通り、回すと結構トルクが出てきて意外といいよ。
デュアルVVTiのお陰なのかな、2000のNAにしてはいい方だと思う。

レスポンスだけ改善できれば、
我慢できるレベルにはもっていけそうだ。


それよりも、想定外に良かったのは、ハンドリングとLSDだね。


トヨタのくせにノーマルの足が意外と悪くない。


途中でサイド引いてサブロク決めてみたんだけど、十分回れるね。
インナーシューなのでサイドもガツンと効くし、純正トルセンのLSDもきちんとロックしてる。

少なめのオーバーハングと、ダブルウィッシュボーンのサスがいいのかな、
反応がいいのに、不安定な感じがしない。

いいタイヤ入れたら結構突っ込めるよコレ。


車重の割にパワーが無いということ以外は、何でも出来る感じ。



ハチロク乗り継いでたノリさんなら、結構速く走らすだろうね。

久々に面白いクルマだなと思ったよ。
もっとファンがいても良さそうだな。


そもそもヲレが焚きつけたんだよね。

またクルマ買おうと思ってるけど何がいいですかね、なんて言ってたから・・・
安くて壊れなくて、家族も乗せられて、そこそこ遊べるヤツってリクエスト。


今更旧めのインプだレガシーだって言ったって、壊れてあとで金は掛かるわ、
燃費は悪い方だわで、コスト重視でいくとぶっちゃけ割に合わない。

ターボなくてもそこそこで、マニュアルで、FRで、4枚セダンで、いじらなくてもまあまあ遊べる完成度・・・


アルテッツァ買っとけよみたいな。


実際今までに周りに乗ってる香具師いなかったし、ちゃんと乗ったことなかったんだけど、見た目の雰囲気と、コンポーネンツから想像できるパフォーマンスが・・・

エンジンが想像よりちょっとマイナスで、

ハンドリングが想像よりちょっと良かった。


ちょっとの手入れで結構楽しい車になりそうな気がする。

あと、壊れないだろうな。
エンジン3SのNAとか、壊す方が難しいだろ。


ミッション・デフもキャパありそうだし、何の心配もせずに全開で行けるわ。


もう自分も、とことんの速さを追求するトシじゃねーし、
正直、ヲレもこれで充分な気がするな。



クルマって単純に、速い=楽しいじゃないからね。


トルセンでも定常円できるんだなぁ・・・。



Posted at 2013/10/27 04:06:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ひとりごと | 音楽/映画/テレビ
2013年01月19日 イイね!

機微

機微ストリートを走るうえで大切になるリスクマネージメント。


簡単に言えば、事故しないための計算だ。


方法でもルールでもない。
まさに「機微」としか言えないような、かなり感覚的なものが大部分を占めて走っていると思う。

若い頃、自分もよく事故をしたなと思うけれど・・・
殆ど事故をしなくなった(!?)今の自分と比較して思うのは、
運転の上手い下手の違いではなくて、単純に先が読めるようになったからだと思う。
読むようになった、かな?


一言でいえば危険予知だよね。


もちろん確率論でしかないのだけど、こういう状況の先では、大体こうだよな?
っていう予想の正解率が、昔に比べて高くなってきているということだろう。


サンキューの右直事故なんかは、口が酸っぱくなるくらい免許センターで教えてくれるけどさ、それ以外にもある膨大な危険事例の掌握と回避方法を・・・
ただただ永い事ハンドル握ってきていれば自然と身につくかと言ったら、実はそんなことない。

日頃から、様々な局面を自分でイメージしたり予想したり、
実際に目の当たりにして裏付けを取りながら、漸く身に付いていくものなんだと判ったよ。

高い危機感を常に持ちながら、ネガティブをシミュレーションし続ける事が必要なんだよね。


そんなの峠や街中で無茶してる走り屋だけが気にすることだろ?
と思う奴がいるかもしれない。


ヲレは交通法規守って安全運転してるから大丈夫。

ヲレの方が優先道路だから、何があってもコッチは悪くないだろ。


的なタカを括ってる奴ほど、下らない事故を起こしたり巻き込まれたり・・・。
ヲレは人よりうまいから大丈夫。
そう思ってる奴ほどクルマを潰してるね・・・。

ヲレが実際そうだったから間違いないw


自分が悪くないなら・・・事故に巻き込まれても仕方ない、我慢できるっていうんだったら
自由だから勝手にしろって話だけど。。。

それで死んでもヲレは悪くないんだから、であの世で納得でもすりゃあいい。


・・結局、殆どの人は逆にストリートしか走らないんだから、走り屋かそうじゃないかの如何に関らず、
そこでコトを起こさない為には、どうすることが一番いいのか?
と言われれば、

最前の危険予知力をどんどん先鋭化させる事がそもそも先決なのである。



ヲレはB型で雑だし、楽観的だからね。
高校生くらいの頃には、まわりに絶対にクルマの運転とかやめた方がいいって言われてたし、

正直ヲレも不安だった。

でも楽観的だから、大丈夫だろうで始めてしまうんだ・・・


まぁ、大方の予想通り数々の洗礼を受けるわけだが、
死んだり死なせたりしてしまう前に、続けていく秘密を見つけ出さなくては・・・

「郷に入らば郷に従え」

クルマの運転の全てを知らなければいけない・・・



おかしな事だが・・・自分が事故をしなくする為に、走りの道に入ったんだ。


F1やWRC、GT選手権に対する憧れは一切なかったし、今でも大して興味がない。
正直、クルマが好きで始まったことではなく、便利なクルマに乗り続けたいけれど、事故が心配だったからどうしたらいいかって正攻法で考え詰めたら、「走る」しかなかった。

みたいな。


マジでそれだけ。




クルマを自分で弄るのだって、クルマって金がかかるなって思ったから、とりあえず全部自分でやればいいっやって思っただけで、実際ちゃんと勉強して、努力すれば結構出来る。

誰かしら人間がやってる事なら、自分だって出来るハズだみたいな・・・結構おろかだがw



話を戻して総括的にまとめると、人間の能力は想像している以上に限界がない。

と思うんだよ。

何かのCMじゃないけれど、想像できるレベルの事であれば、大概実現できる。
出来るか出来ないか、ではなくて、やるかやらないか、の差でしかないと思うんだ。


運転中のリスクマネージントの話で言うと、ヲレが昔に比べて出来るようになったのは、
信じられないほどの膨大な情報処理、と言っていいかも知れない。

前を走るクルマが、すれ違うクルマが、路地から出てこようとしているクルマが・・・
いつ頃のなんていうクルマなのか、男が乗っているのか女が乗っているのか、幾つくらいのどんな奴なのか、クルマの中で今どんな仕草で、何を見ているのか、次に何をしようとしているか・・・

どんな気持ちでいるのか・・・


拾える情報は全て拾う。

ウインドウ越しに見える頭の動きだけで、
ウインカーすら出さずに左折するクルマが読めるようになってくる。

春先の農道を横切ろうとする、小さなアマガエルに気付いてかわす。


昔のヲレなら、そんなバカなと思った事だろう。
でも、訓練次第で出来るようになってくる、当たり前になってくるんだよね。

人間、咄嗟の事はなかなか出来ないけれど、心の準備が出来ていれば、対処ができる。
こうなるかも知れないと思ったことに対して、常に逃げ道を作っておけば、最悪の事態は免れる。


つまり、わかっていれば避けられるって事なんだ。


どうすれば、周りの動きが判るかって?
さっきも書いたけれど、対象者がどんな気持ちでいるのか・・・これを把握するのが一番早い。

心理学的な人心掌握についてここで書く積りはないけれど、

自分が一番判りやすいと思うのは、相手の眼を見ることだと思います。

人の目力って凄いからね、ガラス越しでもミラー越しでも、
きちんと意識しているとちゃんと感じ取れる。


そして、こちらに気付いてもらう事。
不快にさせない範囲で、存在をアピールすることも大事なんだね。


こういう事に気を付けるだけでも、相手がいる事故はガクンと減少する。


自爆パターンが多い奴は・・・
全く同じ理由で、自分の動きや自分の気持ちをただ理解していないだけ。

自分を読めていないという事。


結局のところ、運転がウマイとか下手って事じゃないんだね。



理屈やセオリーを超えたところにある、相手や自分の気持ちを汲むような「機微」。
「空気を読む」というニュアンスも近いかな。
危険や不穏をいち早く察知し、最大限の回避や改善行動に移る。


走るうえで一番大事なことだね。


口にすれば当たり前の事ばかりだけど、これを如何に片時も疎かにしないか・・・
って事が、課題なんだよね。


でも今でも、もっと更に鋭くとがらせようと思う。
もっと判れると思う。

それが「走り」の追求な気がするし、もっと安全に速く走れる気がする。

昨日のヲレより今日のヲレの方が、判ってる気がする。



クルマの免許取ってまだ20年弱だけど、あと20年この調子で走ったら、
今想像もしてないことを多分平気でしてる気がする。何をしているかは想像もできないが・・・

もっとヤバイぞw







でも、ヤメたらそこで終わりだもんな。







みんなの20年後はどうかな?


20年前に今の自分は想像できなかったなぁ・・・
Posted at 2013/01/19 03:16:03 | コメント(8) | トラックバック(0) | ひとりごと | クルマ
2012年12月26日 イイね!

その向こうへ。

その向こうへ。クリスマスを過ぎたら、一気に暮れの雰囲気。
もうあと数日で今年も終わりだね。

25日の「ももいろクリスマス2012さいたまスーパーアリーナ大会」2日目。
ヲレはどうしてもチケットを取ることが出来ず、嫁のみの参戦となりました。

羨ましすぎて吐きそうになった・・・。


悪い毒を全て浄化してもらったような顔で帰ってきたケーコ様。


「おい、どうだったんだ!昨日とセトリは違うのか!?」

「ちょっとだけ違ったみたいだけど内容はほぼ一緒みたいだよ。」

「オープニングがヤバイって話だけど・・・」

「ヤバイよ・・・本人たちが出る前に号泣しちゃったよ。」

「ももかは、ももかはどうだった???」

「ももかより今回はかなこがヤバかったよ・・・最後我慢できなくて話せなくなっちゃって・・・。」

「あのかなこが・・・グギギ。。。」



取り敢えず、頼んでた物販のグッズは全部希望の物が買えたようで良かった。
仕方ない、今回はこれで我慢・・・。


最近は一段とももクロがブレークした感じになって、またチケットが難しくなるな・・・。


<object width="560" height="315"></object>
何故か泣けてくる神動画
Posted at 2012/12/29 12:42:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | ひとりごと | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
中部の猪中部の猪 * 萌ラジ@ゆかりす萌ラジ@ゆかりす *
らいぽんちゃまらいぽんちゃま * くろぽこくろぽこ
なべ管理人っす!なべ管理人っす! みやGC8+L880KみやGC8+L880K

ファン

243 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.