• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2010年06月26日 イイね!

それでも残りを・・・

それでも残りを・・・一番起きて欲しくなかった
リヤファイナルドライブギヤセットブロー。

新品で買うと高いんだコレが。

GC8のR180は珍しいから、
中古もなかなかタマがないんだよな。

全力で捜索しなければ・・・

ヲマエラ当分ヤフオクでR180買うんぢゃねーぞw

でも、安くお譲りしますなんてのは大歓迎だ。

ま、デフは一番最後でもOKな部分。
キャリヤが出来上がれば30分でクルマは走らせられるものね。

へこたれずに他を進めないと・・・


ヘコんでる暇すらないだ い 。



クッタクタのリヤデフマウントがまだ残ってた・・・
コイツの交換もサイテーにメンドクサイ。

Dなどはクロメンごとの交換を勧めてくる部位だ。


クロメンごとなんて買えるか!ボケロや!!!


エアソーで外側のカラーを割って、テンションを外します。
これでも、叩く位では抜けてこないよ。

ここからプレス使ってやっと押せるレベルの嵌合力。

押す時もの凄い摺動音がしましたよ・・・

タイヤのビートが上がってくる時よりデカイ音でした・・・。



新旧デフマウント。

ゴムブッシュってのは、
ヘタると軟らかくなるというか・・コシがなくなるんだね。
硬化後、組織の断裂でダメになるようだ。


フルブレーキング時、ゴトンってデフから凄い音がしてたからね・・・動きすぎてたはずだ。




少しは違うだろうと、ブッシュを冷凍してから圧入へ・・・

知らなかったんだけど、
このテの圧入部品は、相手に対して真円ではないんだね。

仮で打ち込もうとするにも、2点でしか当たらないからなかなか決まらない。
最初にどうしてもナナメに入ろうとするんで、入口で高いところだけ押したり、修正しながら、
やっと全押し。


プレス使っても難しいなんて・・・Dも嫌がるわけだね。



なんとか打ち換え完了。

GDなんかは、ブッシュ部分が取り外せるバーになってて、
圧入済の部品を換えるだけで済む構造に変更しているね・・・サービスで手を焼いたんだろうね。


ラテラルリンクも、ついでなんでブッシュを打ち換えます。

カラーの入ってないゴムブッシュなので、
丁度いい冶具があれば、打ち換えはカンタンですね。

これまた、なんかのクルマのハブベアリングレース。

この手の外した部品は、冶具に最適なんで、全て棄てずに持っています。


塗装を施して、ちょっとお洒落になりますた。



無料アクセス解析
名づけてニセクスコブルーメタリックw


Posted at 2010/06/26 22:08:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | GC8メンテナンス | クルマ
2010年06月26日 イイね!

痛恨の伏線

痛恨の伏線アレもコレもオーバーホールで
精魂尽き果ててるだ い です・・・(;´д`)

シールリングと冶具待ちの
ステアリングラックはうっちゃって、

進められるものから、
ドンドン終わらせなければだ。



先ずはミッションとトランスファのOH。

トップの写真の工具は、ベアリングフォルダ調整用SST。
即席で作りましたよ。コレがないと回せないです。


オイルシールやOリングは全て交換。
ややガタつきのあったトランスファーのアウトプットシャフトのベアリングも交換。

新品の紙パッキンと液体ガスケットを使って組み立てます。



シフトフォーク先端のブッシュが脱落してないかよく確認すること。
コレが減ってたりなくなってると、シフトの入りが悪くなったり、ギヤ鳴りがする。


シャフトのベアリングの受けに位置決めのピンが出ています。
知らないで、決めずに組みつけてしまうと、ミッションブロー不可避。

このほか、メインシャフトの位置決めのリテーナーと、
ドリブンシャフトのベアリング部のシムが、干渉する位置でも組めてしまうので、
重ならない向きで組み付けるなどの注意点があるようだ。



ようやくミッソン組立。

しかし、しかし。

一番怪しいといえたトランスファのベアリングも、実際外してみると、
思ったほどダメな感じがしない・・・

まぁ、こういうものは、負荷を掛けてみないと何ともいえないものだけど・・・

もう少し、コレで間違いないなっ、てものがないと、
組むのも不安になるね。


また降ろすのイヤだもん・・・。


でももう、思い当たるものがないのだから、組んでしまうしかない。
僕だって、前に進まなくてはならないのだから。


そして、最後にリヤデフのオーバーホール。
ピニオンのフランジからオイルたくってるし、面倒でもドライブピニオンの分解整備だなぁ・・・
なんて、カバーを開ける。







ウヲ!








ファイナルヲワタ
\(^o^)/



無料アクセス解析
そうだったんです全てはコレだったんですorz
Posted at 2010/06/26 21:20:17 | コメント(9) | トラックバック(0) | GC8メンテナンス | クルマ
2010年06月20日 イイね!

テフロンシールリング

テフロンシールリング手間考えたら、リビルト買うより高く付いてしまう
ステアリングラックOH。

でもまぁ、勉強したいしね、

リビルトに逃げた事に禍根を残しそうなので、
リビルト単価を超えない限りは、
なるべく全て自分でやりたい。

ハチロクの重ステくらいなら判るんだけどね、
パワステは全く違う。

高圧のシールリングの交換がネックになるからだ。

これが難しいのは知っている。

じゃあ、何故やるのか。

難しい難しいってみんなが言うからさ。



難しい・・・゚・(ノД`)・゚・。

高圧部のシールリングは、テフロン樹脂を使っていて、伸縮性がない。
力の掛け方が悪いと、曲がったり伸びたり(戻らない)切れたりする。

シャフトの端から入れて、幾つかの段差を乗り越えて
目的のミゾに入れなければならないのだけど、失敗してしまった。
精密ドライバーなんかじゃ無理だなぁ・・・。ヲレ指先不器用なんだよ・・・

Dに単品で部品が取れないか聞きにいくと、
リペアキットのセット品なので、単品では出ないと・・・

参ったなぁ・・



「ああぁぁ・・・あそこかぁ・・もういつやったか思い出せないくらい何年も前ですね最後が・・・」

「リビルトで入替えないバカは滅多にいないってハナシですね。」

「特工(SST)でしか入れられないハズですけど・・・ウチでも持ってません・・・」

「東京スバル全部あたって貰っていいですか?」

「見つかりましたらご連絡します・・・。」



こんな特殊なスリーブ自作も難しいなぁ・・・。


無料アクセス解析
さぁ、みんなもチャレンジだm9(・∀・)
Posted at 2010/06/20 23:39:54 | コメント(7) | トラックバック(0) | GC8メンテナンス | クルマ
2010年06月19日 イイね!

オランダ戦の裏番組

オランダ戦の裏番組無事入梅も済み雨続き。

部屋でひたすら内職内職の日々。
ステアリングラックを全バラにしたあたりで・・・
ヽ(`Д´)ノウヲラ! 
ドッカイキテーヨオォォォ!!



ってなってしまいました。

偶然雨の上がった週末。
クネ太郎のGDで千葉の突端までドライヴです。

館山の里山の奥に、ホタルで有名な場所があるんですが・・・
なかなか行く機会がなくて、今回初めて行く事に。

数百という個体数が乱舞しているというのですが、、


明るいウチはちょっと鋸山に寄り道。


紫陽花の季節ですね。





それにしてもこの鋸山ってのは・・・
まるでアンコールワットの一部をそのまま持ってきたような・・・

秘境というか魔境というか・・こんなスゲートコだったのかとビックリしてしまった。

ひとも居ないし、尚更ミステリアス。


しかし、ここの登山は・・腰痛のヲレには優しくない・・・。



さらにGDBを南下させて、安房の国。
館山まで下ってきました。



目的地周辺です。



トトロが出そうな田園風景。
千葉は上総、下総、安房までみんなこんな感じです。

ホタルの具体的なスポットを聞きたくて、ワンコを散歩させているお母さんをクリックしてみると、
延々15分くらい捕まってしまった・・

やれマムシに気をつけろ、狐狸ムジナ、ハクビシンが出るぞ、
サルが50頭の集団で攻めてくるとか・・・
取り合えず、つながれたシーズーが帰りたそうだw

此処のポテンシャルは判った。


夜の帳が降り、湿った風が木々をなでる音だけが聞こえる。

風が強い。

コンディションとしてはあまり芳しくない。
ホタルは飛翔時のネオンサインで異性にアピールしているのだ。

風に流されまいとしがみついているだけでは、婚活どころではない。

しかし、気温はある。
湿度も、服が濡れてしまいそうな程ある。

昆虫は、湿度の高い夜に飛びたがる。
カブトやクワガタも小雨の晩などは何故か飛び回っているのだぁ。


時間は7時をまわった。

ジッと待っていると、あちこちで何かが瞬いた気がした。

「夜露が光っているだけか?」

あっちでもこっちでも、
誰かの号令を待っていたかのように、緑白色の明滅が始まった。


光の大きさと、明滅の気忙しさからしてヘイケボタルと確認。

飛び回る個体は少ないものの、
木陰に潜みながらも婚活スタート。

「もしかして・・・もの凄い数じゃないか?」

「数百って数じゃないね・・・数千だね・・」

クネもはじめて見る個体数に目を疑っているようだ。


慣れてないカメラで、なかなか写しこむのが難しいのだけど、
全開放の30秒ではこの辺が限界ですね・・。

もっときちんと写しこむ方法がありそうだけど・・・使い方がワカランw

ワイヤーレリーズ準備して、バルブで露光時間をとりたかったなぁ・・・
準備時間がなさ杉。


写真では光量の少ないものは映り込んでいないのですが、
肉眼では凄まじいものでした。

風が無く全てが飛び回っていたら・・・そこが残念でしたね。




日本中がオランダ戦に釘付けになる中、
オトコふたりは千葉の南端でホタル狩り。(捕まえないよ)

来シーズンはゲンジボタルの時期に、
願わくば無風に恵まれたいな。




無料アクセス解析
さーてラック組まなきゃ。




Posted at 2010/06/20 14:36:10 | コメント(9) | トラックバック(0) | Nature's | 日記
2010年06月13日 イイね!

歯車(ギヤー)の世界

歯車(ギヤー)の世界EJという縦置きエンジンに対応する為に、
縦置きのFFミッションという特殊なコンポーネントを持つインプレッサ。

パッと見はFRのトランスミッションに
フロントアクスルが生えただけのようにも見えるが、

とんでもない。

中身は全くの別物だ。

メインシャフトとカウンターシャフトの2軸で構成される
ことに変わりはないけれど、
フロントにファイナルドライブがあるんだよ?

ちょっと詳しい人なら、少し違和感を覚えるはず。

ミッションの後端に接続するトランスファーにあるセンターデフと、カウンターシャフトが同軸上にあり、
フロントに向かってドライブピニオンギヤを飛ばさなくてはならないのだ。

答えはカンタン。

ドライブピニオンがカウンターシャフトを貫通しているんだ。
当然別々の速度で動くことになる。

GTRのように、ミッションの外にフロントプロペラシャフトが走っている訳ではないのだ。


ここがスバルらしさであり、
飛行機のノウハウからシンメトリ機構に拘る所以だ。

これはプロペラ機のトランスミッションなのだ。


ガラスのミッションと謂われるが、どうなんだろう。

12万キロ全力で使ったけど、歯あたりも悪くないし、きれいなものだった。
乱暴に、雑に扱わなければそうそう壊れる物ではないと思う。

まぁ、RAはクロスなだけではなくて、材質も違いますけど。



カウンターシャフトのセンターデフ挿入部
フロントドライブピニオンとの2軸のスプラインが切ってある。

細い方がピニオンシャフトだよ。


一番奥(フロント側)が1速、次のスパーギヤがリバースとなっている。
歯が細く、シンクロもないギヤなので、丁寧に操作すべきだ。




自慢じゃないが、何てキレイな2速シンクロナイザ。
回転差を作らない操作をしていれば、シンクロなんてそもそも傷める事はないハズだ。


それにしても、美しいギヤ群。

ヘリカルギヤーや、複雑に切られたチャンファ。

機械が織り成す造形美には溜め息がでてしまう。

この手で触れると、彼らの言いたい事が判るような気がする。




バラした晩など、ピニオンシャフトを手で抱えたまま眠ってしまっていました・・・。

異音の原因判りました・・・時間掛かったぁ。


あと、組む時気をつけなきゃいけないポイントが幾つかあるな・・・
気付かなかったらミッションオシャカだ。

整備書ないから・・・気付いてヨカッタァ。



無料アクセス解析
それにしても部屋がすごい事に・・・

Posted at 2010/06/16 02:03:12 | コメント(11) | トラックバック(0) | GC8メンテナンス | クルマ

プロフィール

「運動会は18日で決定いたします。」
何シテル?   11/11 01:05
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
884_884_ * 黒スカ黒スカ *
クネクネ * hachi84hachi84 *
M39CZ75M39CZ75 ニコチンマニアニコチンマニア

ファン

244 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.