• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2010年10月31日 イイね!

天国と地獄

天国と地獄台風一過も晴れ渡らず・・・雨ばかりでしたね。
みなさま如何お過ごしでしょうか。

先週、親不知の抜歯をしてから
早六日が経つものの・・・
痛みが引かずゲンナリなだ い です。

扉の見苦しい物体は、美人女医の激しい折檻によって摘出された、ヲレの親不知です。


親不知が自然にボロボロと砕けて崩落し出したのは、もう数ヶ月も前のこと、
子供の頃の虫歯の治療痕の多いだ い は、
旧い詰め物でも取れてしまったのかと、訝しみつつ・・・当分放置。

ところが、だんだんズキズキと痛みが伴うようになってしまい、
近所の歯医者に駆け込むと・・・

当院にて治療不可と出ました。

市民病院に紹介状書くから、口腔外科で診療を受けろと・・・。


紹介状を持って口腔外科へ行くと・・・診察してくれたのは若い女性ではないか!

「コレは来週抜歯になりますね、歯茎を切開したり、簡単な手術になりますよ★」

「それは困りましたネ☆」


若い美人女医に浮かれ、所詮抜歯だなどと少々ナメていたかも知れない。

ま、ナメていようが、不安がろうが、避けては通れぬ道。
不気味なクソオヤジよりは、そりゃあ、女の子の方がイイさ。

え、技術?
そんなもん、コッチから判断できることなんか一つも無いし。

あとは為されるがままよ。


そして抜歯当日。

手術だけは、ガマガエルみたいな顔したオヤジが代わったら嫌だな・・・
という懸念は杞憂でしかなかった。

担当の美人女医はオペ用の着衣に着替え、帽子とマスクをしていた。
エクステンションされた睫毛は美しくに整列し、うっすらとゴールドのアイラインを引いている。
意外と眼の大きい女性だなと思った。

清潔感のある水色の手術着は、深いVネックになっているにもかかわらず、
アンダーシャツの類は覗いていない。
下着に直に着ているようだった。
かがむ度に、Vネックから下着が見えてしまいそうなのが気になって仕方がなかった・・。

電動のシートが静かにリクライニングし、次に高さの調整、
スポットライトが口の中を照らしだす。


「もっと私の方を向いてもらっていいかしら。」

「は、はひ。」


不謹慎なハプニングを期待し過ぎて、抜歯への恐怖をまったく忘れていたと言ったら。
みんなはヲレをアホだと言うだろうか・・・。

ゼリー状のものを優しく塗りこまれると、少し痺れたようだった。


「少し痛いかも。」


注射を何本か打たれた。

注射器を見てしまうと痛みをイメージしてしまいそうだったので、
眼を閉じていればいいのに、女医の首筋あたりをじっと見ていた。

恐ろしく肌がきれいだと思った。

透き通るような白い肌だ。
浮き出る血管の脈動まで見えるような距離だった。


それほど鋭い痛みを感じる事無く、局部麻酔は完了したようだ。

そこから先は、痛みを感じることは殆どなく、
ルーターのような・・・小型のプッシュグラインダーのような機械で激しく削って、
鉗子というのかな?ペンチみたいなのでバキバキ砕いたりを繰り返す。
世にも恐ろしいサウンドが、頭蓋にまで響き渡ってくる。

メスも入れたようですが、殆ど判りませんでした。(麻酔が効いてるのでアタリマエですが・・)

そして、最後にヤットコのような鉗子でつかんでグイグイやられます。

ほぼ90度に生えている親不知は抜きづらいのか、女医も苦戦している模様。
ヲレもいい加減顎が疲れてきた。

もう上品にはやっていられない、という覚悟を決めたようだった。
気迫が眼差しからも伝わってくる。

そして遂にハプニングは起こってしまった。

女医は、左手でヲレの頭を抱え込むように自分に引き寄せ、胸元に押し付けた。
ヲレのこめかみの辺りは、柔らかい膨らみに沈み込む・・・温かさを感じた。

なんて素晴らしいんだ・・・。


キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!




夢と現の判別確認もままならぬまま、激しい折檻は始まります。
激しい軋み音が、聞こえてくるのか伝わってくるのか・・・頭ごとグイグイ揺すられます。
きっと今ヲレは、骨折をさせられてるようなものなんだろう・・・

ギシギシ揺すられる度に、女性の優しい弾力を 感じていた。

なんだろう・・・この飴と鞭は・・・何プレイと言うんだろう・・・。

もう少し粘ってもいいぞ・・・ヲレの親不知よ・・・。


意外と長い格闘の末・・・工事は終了したようだった。


うーむ・・・何だか得したような診療だったなぁ。
しかし、ヲレの口の中はどうなってしまったんだろう・・・。


束の間の天国も急転直下・・・地獄の日々が待っていることになろうとは・・・。


最初の2日間は、基本痛いのは仕方ない・・・。
痛み止めでやり過ごす日々。


3日目、痛み止めが万能ではなくなってきた。
3時間もすると、厳しい疼痛が戻ってくる・・・
その度に投薬していたら、飲みすぎてしまうのだ。

痛みが増しているのか、薬効に耐性が出来てしまったのか・・・それは判らない。


食事が厳しい・・・。
異物が傷口に触れると、激しく痛みがあります。
ご飯粒とかが結構キツイ。

試しに食べたカップ麺は意外と良かった。

食べた後は、歯磨きと、うがい消毒。
これも、気がふれそうになる程の激痛と戦いながらの作業・・・
倒れこみたくなるほど消耗します・・・。

痛みで明け方頃目が覚めてしまう。
空腹なのも構わず、痛み止めを服用。

女の子のように正座を外側に崩した格好のまま、
まだ薄暗い部屋の梁のあたりを当分眺めるしかなかった。

右の眼から静かに涙が流れた。


4日目、痛みが激しい。
休日出勤で仕事にも行ったのだけど、カラダを動かしていると、
薬も殆ど効いていないのではないか、という位疼く。

津波のように押し寄せる痛み、「おー」とか「うー」とか声をだしてしまう。
時折、足を小刻みに動かして、天井を見上げてわなないた。


5日目、日曜日。
ここまで痛いものだろうかと不安になり、休診日なのも構わず電話をしてみる。
当直の医師に診てもらう事にしました。

瑛太を短髪にしたような爽やかな当直医は、カーゴパンツとポロシャツに、
白衣の上着を羽織っただけのラフな格好だった。

「傷口もきれいだし、大丈夫だよ。今はまだ痛いだろうケド、もう少しの辛抱かな。」

短髪瑛太は笑顔でホザいた。

痛み止めを少し多めに貰ってきました。
痛かったら、規定の間隔守らなくても飲んでよいと言われ、少し安心・・・。


6日目、僅かではあるが、やっと少し痛みが和らいできた。
相変わらず食事と歯磨きは厳しいけれど、どうにもならないほどの激痛には見舞われなくなった。
やっと右肩下がりだろうか。

しかし、非常に緩やかな下降線だ。


奥歯をバキっと折り取るわけだからね・・・そりゃあ、脱臼ですよ、骨折ですものね。
痛いに決まってる。

しかし、この科学技術の進歩したこの現代にあっても、
結局はヤットコみたいなので力任せにバキッとやるしかないものなのかね・・・。

結構原始的なままなんだなぁ・・・なんて思ってしまう。


それにしても・・・抜歯であれだけイイ思いをしたところで、これだけリバウンドすると、
差し引きマイナスだなぁ・・・。


コレは合わない。


ま、コレでオペがガマガエルオヤジだったら、もう借金ぢゃねーかW


雨の中、クルマで帰ると・・・車道にはガマ子さんが。

関東の個体はアズマヒキガエルといって、西日本のニホンヒキガエルとは別の種類なんだよ・・・
関係ないけどw

冬眠前に踏まれちまうぞ。プクプクに太りやがって。

目指してたっぽい公園まで手のひら輸送。
優しく持たないとテトロドトキシンが出まつ。

灯油缶と雨傘を片手で持って・・・重てえなぁ。
結構歩くんだよな・・・。


まったくよー、
何度も言うけどさ、



いい加減恩返ししろよな。



無料アクセス解析
まったく・・・全てはあわせて100で出来ている。
Posted at 2010/11/01 03:27:15 | コメント(9) | トラックバック(0) | days | 日記
2010年10月24日 イイね!

懐かしい色。

懐かしい色。赤城山【あかぎやま】

群馬県のほぼ中央に位置する、1500~1800メートルの山々で構成される山岳地域の総称で、火山である。

名称の由来には諸説ありますが、秋にはまさにと言いたくなるほどに、
真っ赤な城砦の如く、紅葉に彩られる。

美しい景勝地です。


10年くらい前かなぁ・・・友人のユーノスロードスターで群馬の紅葉めぐりをしていた折、
最期に訪れた、茜差す赤城山の西側斜面の美しさは、息を呑むほどだったのが忘れられない。



赤や黄色のゲートをくぐりながら、アクセルを踏み込んで標高を稼いでいくと、
植生が徐々に変化していろどりが変わってくる。


「おお~!」などと声を出してしまうよ。




ひたすら攻め易い中速コーナーに終始するコースは楽しく、
昼間にも関わらず、オーバー姿勢に持ち込みたくなってしまうw

昔は、夜に遊びに来たりもしたことあるよ。



広い駐車場が多く、円書きして遊んだりしたなぁ・・・14、5年前かぁwww

今でもブラックマークだらけだねぇ。
こういうトコは山奥だし、誰にも迷惑が掛からないから、徹底排除って感じにはなってないんだなぁ。

どっかで勘弁してやらないと、
街中でハッチャケる馬鹿が出てくる事を当局も知っているのだ。


ま、ゴミとかだけは捨てないようにな。




美しい山頂からの眺め。

赤城山はカルデラ湖を擁する火山で、まだ活火山だという説もある。
大沼、小沼、覚満淵と、箱庭のような美しい風景があるんですよ
 




久々にケーコと一緒のドライヴ。

ヲレの運転を最も信用していない人間だw


連れて行っても運転のことで文句を言われることが多くマンドクーサなのですが、
ブッ飛ばしても速いと感じさせない乗り方が、最近段々カタチになってきたのか、
とやかく言われることが少なくなった。

最期までゴタゴタ言われないで済んだ・・・。ヲレ運転上手くなったのかなぁw 




帰りは渋川の夜景を横目に一気に駆け下ります。

天気がいいとサンシャイン60が見えるらしいですが、雨が降ってきてしまった。
ここのところの週末は、カラっとした秋晴れになかなか恵まれないね。


今年はもう少し見て廻りたいよ。



無料アクセス解析

Posted at 2010/10/25 01:13:21 | コメント(7) | トラックバック(0) | Nature's | 旅行/地域
2010年10月23日 イイね!

GDBもデフ換装

GDBもデフ換装「だ い ちゃ~ん、そろそろデフの音直したいんだけど・・・。」

クネガレ閉鎖中の為、
久々にコッチまでやってきたクネGDB。


「遅くなるとダリーから朝早く来いよ~。」

「いや、色々あってさ・・・昼頃には行くよ。」


正午にやってきて、準備だ何だかんだで13時頃から始めることになり、買い食いしながらダラダラやってたら・・・積み込み時には暗くなってました。

ま、LSD開けないし、マンドクサな所がないんで、ラクショーだぬ。



デフオイルはほぼ最強クラスの粘度を使うので、油温は上がってるでしょうね。
バックラッシュ過近接はちょっとリスクが高かった。


中古で購入のデフバックラッシュは0.16㎜位。
LSDの付け替えだけだったんで、
シムは0.05㎜程度ピニオンに寄せただけで、
バックラッシュは0.10㎜あたりで調整。
大幅な変更はナシで済みました。

デフオイルはシングルミネラルの#140を投入。

ほぼロックですので、もはやオイル粘度は効きを左右するものではなく、
リングギヤの保護性能を担うだけのもの。

目一杯硬いものでいいだろう。

マルチグレードなんてものでは、デフブローを早めるだけですね。



さて~、メシでも食いにいこっかぁ。


無料アクセス解析
最近デフばっかで飽きたなぁ・・。

Posted at 2010/10/24 12:04:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2010年10月20日 イイね!

ドラムブレーキ

ドラムブレーキヲレのジョグ吉くんは、当分の間ブレーキが全然効かなかった。

フロントブレーキは、
一番詰めてもシューがドラムに届きもせず・・・
リヤは、ワイヤーの固着で制動力が1/2程度に・・・
両方全力で握っても、バイクを押して動くほどにしか効いていなかった・・・。

その状態で4ヶ月位乗ってたかなぁ。
通勤だけだけど、結構怖い。

前後ドラムブレーキのままにも関わらず、
エンジンだけは7.2馬力のものに載せ替えちゃってるんで、

尚更止まらん。


もう、急に止まるということは諦めるようになる。

そうすると、他の能力に頼るようになるのだ。

危険予知と動体予測。

究極的な周辺警戒。

周囲の動きの一歩先が判るようになり・・

死角への洞察力が超人的になってくる・・・。

それは何故なのか・・・・・・・・・・・・・・死にたくないから。


ひとつだけ言える事は・・・



絶対マネしちゃダメだ。

コレはマヂで危ねぇゾ。


死にたくないんで、ブレーキドラム(てかホイールごとですが)とライニングの交換。
リヤブレーキの分解調整。

リヤブレーキのワイヤー固着はイマイチ良くならないナ。交換しかないか。

あとは、スロットル全閉でも吹け上がる樹脂インマニの亀裂を、液体ガスケットで補修。


取り敢えず人並みには止まるようになりました。


無料アクセス解析
ディスク化しないと・・・。

Posted at 2010/10/20 01:48:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | JOGがやってきた | クルマ
2010年10月17日 イイね!

お墓参り。

お墓参り。半端無く暑かった夏が一瞬で終わり、

一気に寒くなったなぁ・・と思ってたら、

また蒸し暑くなって・・ようやく例年位の気候かな。


漸く、色んな事が出来るようになりましたね。



お盆もお彼岸もお墓参りに来られなかったので、
妹が一時帰省している内に、千葉の公園墓地まで。

平和公園という山の中にある閑静な墓苑ですよ。

ココ何年かは、妹と二人で来ることが多かったんですが、
今回は母と、イヴも連れてアクアライン経由で約1時間ちょい。

千葉も近くなったなぁ。




墓石の合間をひとしきり走り回り、
無邪気なやんちゃぶりを発揮しては、涼しい芝生でペッタンコ。


涼しい今の時期がちょうど良かったよ。
今年のお盆じゃ、人間も犬も熱中症だったなぁ。



蝶よ花よって感じだなぁ・・・。

きっとお袋は、イヴの事しかお願いしていないだろう・・・w



無料アクセス解析
Posted at 2010/10/19 02:03:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | 家族 | クルマ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
速水シュンジ速水シュンジ * シャケ_シャケ_ *
ー岩ーー岩ー * 萌ラジ@ゆかりす萌ラジ@ゆかりす
M39CZ75M39CZ75 マッキ--マッキ--

ファン

242 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.