• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2011年02月28日 イイね!

外装修理

外装修理おろかな雪山ニ連荘で、ほぼ捨てるクルマになったレーサーのBHレガシィ。

左右フロントフェンダー、エンジンフード、バンパーフェイスは再使用不可、キセノンのヘッドライトは片方粉砕。
コアサポートからヘッドライトバッフル、フェンダーエプロンにかけては、大きく潰れてしまった。

ゑ!?前期のBH5の走行距離が22マソ㎞で、来月車検だって???

普通は廃車ですねw


「ヲイ、今ならまだ直すのやめられるゾwwどーする???」

「イヤイヤ・・・直しますよ~部品全部買っちゃったんスから・・・^^;」




電柱との格闘や、高速での熟睡オートクルーズの結果、
たったの二日間で見事に廃な雰囲気に。


灯火は片方全く点かないは、バンパーは下半分が無くなってるは、
フェンダーはクシャクシャだわで、ビジュアル的にも早く何とかしてやらないと可哀相。

早速、フレームの修正と、外装の組替えです。





ライトとフェンダーが取付できるように、コアサポートまわりのフレームを修正します。
思ったより入ってましたね・・・結構引っ張った。

3次元寸法も大体出たね、長穴加工とかはしないで済みましたよ。



チッピング(防錆用の塗装)が乾くまで、ダベダベ休憩。



チリやツラの調整をしながら、組付け完了。

見えないところはそんなに丁寧に叩いてないけど、寸法だけはちゃんと出した。
組んじゃえば、ちょっと見たって判らない位にはなったかな。


中古のバンパーやフェンダーがちょっと小傷だらけだったけど、
そのうち塗りなおしてキレイにしようね。


割れたドアミラーも換えて、ボロボロだったステアリングもついでに交換。
クラッシュ前より良くなったんじゃない?wwwww


これで目指せ30万キロ・・・だね。



次はGDBの板金かな・・・。


無料アクセス解析
←ヲレなら棄てる!って方はポチっとw
Posted at 2011/02/28 22:42:53 | コメント(8) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2011年02月26日 イイね!

卒業

卒業久しぶりの更新となりました。


雪山での遊び過ぎが祟ったのか、
いい加減身体が「休ませろゴルァ!」とスト突入。
流感をこじらせてしまって、ほぼ一週間ほどダウンしてました。

年末・年明けからずっと、仕事が切羽詰ってたもんだからね・・・
その合間で寝ないで遊んでたんだから仕方がない。



39度を超える熱で脳細胞が結構死んだのか、
ブログを書くようなこころの動きが当分無かったよ。

でもまぁ今シーズンは、回数こそ少ないものの、中身の濃い雪遊びが結構出来たよ。

これも、一緒に走ってくれた仲間達がいたからこそ、


感謝、感謝だよ。

最近は特に思うんだけどね、クルマに限らず何でもそうだけど、
やっぱ、友達と一緒に遊ぶから楽しいんだよね。

たまには独りでストイシズムに浸るのもいいかもしれないけれど、
そればっかりじゃやっぱ暗いよ。

僕は多分、一緒に走れる仲間がいなかったら、走りに行かない思う。

逆に、仲間がいるウチは走りに行きたいw


タイトルにもあるけれど、もうすぐ「卒業」シーズンですね。

新年度になり、生活や環境が大きく変わり、走れなくなる人も多いみたいです。

それは建て前的な理由であったり、経済的な理由であったりで、社会的な圧迫が増すと、
あくまで遊びで、二の次なクルマは一番のリストラ候補になりやすい。

ここでクルマ好きな馬鹿どもは、正しい風に負けまいと必死で抵抗したりするわけだが、
努力も虚しく破れていく者も多い。


それは結婚を理由にするものであったり、

借金を理由にするものであったり、

家族の反対を理由にするものであったり・・・


自分の知り合いでもたくさんの方々が、クルマに情熱を燃やし、そして卒業していきました。
僕は、学業の修了以外のことで「卒業」という言葉を使うのは好きではありませんが、
様々な理由こそあれ、「気が済んだ」と気持ちに区切りをつけられるなら、それは一つの「卒業」と言えるのかもしれない。


ただ。

それは、自分にはいまいちピンと来ないものだ。


辞めていった人たちを見ていていつも感じるのは、
もう少しのところで、自分のものに出来なかったんだなぁ・・・というトコロ。


うまく口では言えないんだけど、自分の感覚で見たある一定のラインを超えてる連中は、
どんな理由があっても、クルマを辞めるということがないだろうなという安心感があるんだよ。

この一定のラインというものは、一概に上手い下手という事ではなくて、
クルマとの向き合い方・・とでもいうのかな。

自然体で無理をしていないけれど、誰よりもこころで追求している奴ら。

クルマが好きと言うよりは、走ることをメシを食うとか、クソをするとか位にしか考えてない。
切り離せない当たり前のことになってしまっているんだ。
どんなに安普請で家を建てたって、勿体ないからトイレは割愛しようって施工主はいないだろ。
最悪二階には要らないや、とか、ウォシュレットじゃなくてもいいや、はあっても、無くてもいいにはならない。

クルマにたいしてもそういう発想だ。



辞めざるをえなくなってしまった連中に共通している事は、


クルマが大好きだってこと。


好き過ぎるが故に、自分を追い込み過ぎてしまうんだ。

自分の理想のカタチを実現できないならば、いっそ無い方がいい。
惨めな思いをするくらいなら、終わらせてしまった方がいい・・・そんな風に思うのだろうか。
中途半端が嫌と思ってしまうのか、

憧れのビジョンが大きすぎて、潰されてしまう。

結実しない恋を悲観して、片思いの相手や恋人を刺すタイプだよ。
0か100かの逆上型・・・最近多いよ、そういうの。


辞めなくちゃいけなくなるのは、まだ趣味と思っているから。
順番をつけて切り離せるからだよ。


十数年前・・友人のNA6にて。

僕は思うんだ。

クルマは遊びじゃない。

ハンドルを握る事は業務であり、仕事なんだと。
生活の一部なんだと。

職業ではないよ、自分とは切り離せないアイデンティティなんだと思うんだ。


クルマのハンドルを一生握らないと決断するなら、それを辞めると称するのも致し方ない。
でも、大概の人は生活の一部として、今日も明日もハンドルを切っていくと思う。


「走り」とは、趣味ではなくて概念なんだ。


もっとクルマを上手く操れる様になりたい。

もっと楽しく運転したい。

もっと安全に運転できるようになりたい。


こんな風に思うことも辞めてしまうのだろうか。
僕だったら、クルマを手放してしまったとしても、これらをこころから消す事は不可能だ。

走りのクルマから、ミニバンや、軽自動車に切り替えてしまったとしても、
これらを意識しなくなるのは不謹慎な事にさえ思う。


僕はね、みんな少し、見栄っ張り過ぎると思うんだ。
何に乗るって事とかに、拘りすぎてる。


フェラーリF355からインプレッサに乗り換えたら屈辱?

ワンエイティーからヴィヴィオに落としたらカッコ悪い?

大好きなRX-7を降りる位ならもう走らない?


何でなんだ・・・誰も君たちの事なんか見ていないのにw
結局走って楽しいかどうかという事よりも、
自分の拘りを通せない事が恥ずかしいと感じる方が上なんだ。


僕は多分、明日からインプレッサがプレオになっても、何の未練もない。
限られた条件の中で、目イッパイ楽しむ方法や、速くなる方法を模索するだろう。

単純にそういうことが楽しくて、クルマに対して求めている事はきっと満たされていく。


僕にとって、クルマや走りは、そういうもの。

概念であり、スタイルなんだと思う。


見栄で走るような人は、きっと走りも未熟で、
カッコつけようとして通学中の学生の列に突っ込むクチだよ。

好き過ぎるだけのクルマなら辞めていい。
周りに迷惑が掛かるから。


でも、走ることはライフスタイルであり、自分自身だと思うのなら、

きちんと自分のものにして欲しい。
 時間が掛かっても諦めないで欲しいよ。
これからもハンドルを握るのならそれは義務だよ。


ミラだってトゥディだって何だっていいじゃん。
ムーヴなのに僕達より速い人だっているんだよ。

下らない見栄を捨てたら、お金なんか掛からないよ。


いつまでに、どれだけ上手くならなきゃいけないなんてない。
そんなものは、一生がかりの目標にでもしておけばいいよ。


大事なのは、いま自分がどうあるかなんだ。

どんな気持ちで目の前のハンドルを握るか、

明日には死ぬかもしれない人生のなか、今を全力で生きる事と同じ大事さで、

走る気持ちと向き合って欲しいよ。


人生と深遠なる走りの世界には「卒業」など存在しないのだから。


無料アクセス解析

走りへの想いには、辞めるとか無いと思うんだ。
Posted at 2011/02/26 04:44:26 | コメント(11) | トラックバック(0) | ひとりごと | クルマ
2011年02月16日 イイね!

白銀のおろかな二日間 [二日目]

白銀のおろかな二日間 [二日目]「だ い さ~ん、マジで今日も逝くんすか?」

「まあな~、もう関越だよ。」

「今日誰来るんすか?」

「クネとのだめっちだよ。」

「マジすか・・・じゃあ、ヲレも今から出ます!!!」


レーサーダブル出動決定!
もう、出動っていうか、出勤だなwww

まぁ、ヲレも仕事だったけど(しかも、朝帰ってる時間無くて、会社直)
早めに仕事終わらせて、少し仮眠とれたからね・・・ヲレはなんとか大丈夫そう。


「ヲマエ・・・大丈夫なのか???」

「今日逝かなかったら、何の為にレガシー乗って雪山やってるんスか~。」


やるな~さすがヲレが見込んだオトコだwww
もう、漢気通り越してアホだな・・・狂ってる。

今日は来ないだろうと思っていたが、
そういう常識をひっくり返して来る野郎はヲレは大好きだ。

ヲレはちょっぴり遅れつつ、クネ・のだめ組とPAにて合流。
のだめさんも完全にハマってるナw


レーサーさんは到着が遅れそうなので、群馬県某所に先入り。
ヴィヴィオに根こそぎブッチされたあのコースへ。

あとで聞いたら、あのヴィヴィオ、アレックスの大将の一味じゃないか。
クネは知ってるひとだったようだ。
元全日本ラリーの選手で、〇コーズの専属メカだったよ・・・。

何故かちょっと安心(*´ー`*)ーЭ

界王神様の一味じゃしょーがねーやw
幾ら雪山で有利な軽とはいえ、
ちょっとあれがシロウトだったら、ヲレ達辞めたくなるほどの遊ばれ具合だったものなwww

赤帽の赤ヘッドに載せ替えてあるFFヴィヴィオ恐るべし!!!


今日はそんな猛者に遊ばれることなく、東側より登坂。

アルトやヴィヴィオがいっぱい麓で待機してたけど、
ちょうど帰るとこだったようで、ほぼ占有。
は、いいけど・・・東側は雪が完全に掃けててアイスバーンでしかなかった。

シルビアののだめさんがキツそうだ。

ヲレも一発スピンしたけれど、追いついてこなかったw
完全にメリーゴーランドだったんだろう。


着雪した木々のトンネルは息を呑むほど美しい。
いちいちクルマを停めて写真を撮りたくなる。

真っ白な峠道という、非日常を僕達は楽しみたいだけなのかもしれない。


スッキリと晴れ渡り、満天の星空に映すのは、
小さなスノーアタッカーたちの煌めきだ。

この一瞬は何かに遮られることなく、永遠へと変わっていく。


見晴のいい山頂付近。

きれいだなぁ・・・なんて言ってられないほど寒い!
車外活動は持って数分。


何だか、ココのコースは全てがきれいだなぁ・・・。

西側コースは路面の状態も良く、月光に照らされながら何往復かトライ。
うーむ、楽しい・・・。



<OBJECT width=480 height=390>
</OBJECT>
昨日の長野とは打って変わって走りやすいな。

のだめさんもタガが外れたようで、ガンガン雪を頬張ってきてるしw
バンパーの固定が何度か千切れるものの、その場で応急処置してまた突っ込むw
純正バンパーの重要性がここでハッキリと出る。

ファイバーのエアロじゃ、粉々になって終了でしょー。


<OBJECT width=480 height=390>
</OBJECT>
のだめさんは、前回とは打って変わって、かなりアグレッシブに攻め始めたね。
この一日だけでも、前半と後半でかなり動きが違う。

このまま続けたら、どんどん速くなってしまいそうだ。

ホーム20回券と雪山一回券だったらドッチを取るか、という
しょーもないクネの質問に、雪山券を取ってしまったというのだめ様。

ヲレやのだめさんが、FR練習期に何年掛けてどれくらいドリフトを練習したかは判らないが・・・

間違いなくこの一晩で、その数年の練習量を超えたはずだ。


そしてレーサーさんも合流し、第二のワンダーランド群馬の各コースをひた走る。


<OBJECT width=480 height=390>
</OBJECT>
完全にドリフトサーキットと化した某コース(貸切)
そして、食いつきがよく、安定した路面が気持ちいい。

<object width="480" height="390"></object>
前日のクラッシュをものともせず、猛然と踏み抜いていく、レーサーレガシィ。
もう、この二晩走り切っただけでも、このクルマに乗ってきた元は取っただろ。
もう、約10年オチのBH。


・・・え?直すの(爆


ハハハ、ヤフオク様様だね。


場所を移しては遊び・・・


場所を移しては遊び・・・

最後は、除雪ゼロの林道で遭難しかけて・・・(軽一台分だけ轍があったけどマッキーだろw)

スノーアタック終了~。
マジで一年分くらい走ったかな。
これでシーズンオフでも思い残すコトは無いかも。

夏のホーム100日走ってもこんなにドラマチックな事は無い。

だからかな・・・余り夏山に出撃しなくなったのは。

ガス以外に減るものが無く、夏山の何十倍も練習できて楽しいときたら、
雪山メインになってしまうのも仕方が無いでしょ。

緊急回避や、危機管理能力もかなり先鋭化するよ。ま、回避し切れてないけれど・・・
これはサーキットでは学べない。

それより何より、走りきった後の
この、全力でマシンコントロールに打ち込んだ充実感といったら何だ。

何だ?w

何だと言われても困るだろうけど・・・www

ひとことで言ったら、変なクスリをやってるような状態ではないだろうか。
夏山じゃ、まず到達しない領域に常に晒され、限界を一歩踏み越えたところで
ギリギリの集中力とコントロールに全神経を集めるわけだ。

何かが分泌されるんだろう。

突っ込んでも達成感(爆

雪山は不思議だね、ぶつけたって笑えちゃう。



そして鬼門は朝の高速帰路。
どんな超人でも眠気には勝てないんだ。

休憩ポイントのPAまでは頑張って欲しいが・・・


「なぁ、レーサー。眠くてヤバかったら遠慮なく電話して来いよ。」

「OKです~、何とかイケそうです。」

「PAで早めに休憩とればいいんだから。」

「了解です~。」



も~、寝るなって言ったのにぃ(怒

左フェンダーとミラーまで交換可能な状態にw

のだめさんも眠ってしまい、何かに乗り上げたらしく遅れて到着。
だ、大丈夫なのか???


4台中2台が884君状態に・・・。
これはもう、高速で眠ってぶつけちゃうことを884と名付けようw

なんだろう・・・言いづらいのかな・・・
遠慮なく、「もう無理ッス」って電話くれればいいのに。

これからは問答無用で早めに休憩取ることにしようかね・・・。



最後は洗車機のあるPAで仲良く洗車。


みんなボコボコなのによく洗車する気になるなwww



無料アクセス解析
ホント、高速で寝ちゃダメ!



Posted at 2011/02/16 18:08:21 | コメント(11) | トラックバック(0) | 雪まつり | クルマ
2011年02月16日 イイね!

白銀のおろかな二日間 [初日]

白銀のおろかな二日間 [初日]先週末の久しぶりの荒れ模様。

金夜か?土曜の晩か?なんて打診しながら、
土曜狙いでコケたら、金曜逝っとけば良かった・・・
となるので、土曜日仕事だけど金晩出動。

ヲレとクネ、レーサーの3台が先発し、yuu君が後に合流の手筈に。

ニ連荘になるなら、一晩目は近場がいいよねぇ。
ということで、ホーム周辺の情報を収集するものの・・・

クネの知り合いが聖地に斥候で上がったようだけど×。

こりゃもうひと山内陸側だな、という事で、K峠から湖へ抜けることに。
K峠が軽くヒット。
除雪の入った適度な圧雪にテンションが上がり、軽く2往復半。
もう少し遊んでもいい感じだったが、yuu君到着まで路面持たないし、
合流し易い、Mみちまで場所を移す事に。


本コースは全く雪なし。

とりあえず、曰く付きの幽霊トンネルのある旧道入口まで来てみた・・・
走れそうだけど、、まぁ・・・逝かないよね^^;

yuu君との合流を前にして、走れるところナシ。

じゃ、yuu太郎があまりにも可哀相なので、ちょい遠征になるが、
ヲレ達の雪のホームコース長野まで行くことに。


「なぁ、レーサー、明日仕事だったら無理する事ないぜ?ヲレも仕事だけど・・・

「何言ってんすか~、ここまで来たら帰れないっしょ。」


うーん、熱い。
ヲマエのそういう所がヲレは好きだぜ。


中央道上でyuu君と合流し、追い越せない除雪車に捕まりながら、
雪山ワンダーランドへ。

高速降りて山を上がるとコースなんだけど、ありゃりゃ?
さっきのコースとは打って変わって、全く掻かないな。

即席でエア圧を落としたりしたので、様子見でシンガリに付いたんだけど、
どんどん置いていかれちゃうナ。
ヤバイこの路面・・・超怖い。


なんでみんな平気なのかな?


路面の状態によって、食ったり食わなかったり、
がハッキリ分かれるようになってしまった。

昨シーズンまではそんなこと無かったのになぁ・・・タイヤなのか?

クルマは乱れ易くなるものの、センターデフをほぼロックで追い上げ、
ヲ、yuu太郎のテールが見えてきたぞ・・・で卍状態になりながらもフルスロットルでチャージ。



雪壁にドーン!

ドア開かないトコまで深く刺さったw

引っ張ってもらわないと抜けないかな・・・と思いつつ、
前進・バックを35回位繰り返して、何とか脱出。

あれだけ派手に逝ったら、何かに届いちゃったんじゃないかと心配したものの、
セーフ、無傷だったよ。

うーん、今日の路面ヲレはダメだわ・・・。


「いや~悪りぃ・・・派手に雪壁に突入しちゃったよ・・・みんな待ってる?」

「え~、まだ誰も来てないよ・・・だ い ちゃんが来ないから途中で待ってるんじゃない?」


ちょっと見えない位でいちいち待たないだろ・・・と思いつつ、嫌な予感。



レーサー突撃・・・。

あらら・・・どういう状況だ?

緩く誘い込んで奥が深い複合コーナー。
予想外の深さにクルマが乱れたようだよ。

レガシィはリヤ安定だからね・・・進入で角度が足りないとツブシが利かないんだよね。

深く刺さりすぎて、yuu太郎の牽引ロープが切れたらしく、
スコップで掘り出す作業に。

そのあと、GCで引っ張るものの、GCじゃ軽すぎて引けないね。
GDBとバトンタッチで漸く発掘。
こういうところでも、重さによるトラクションの差がハッキリ出るなぁ。



うーむ・・・約1600キロの車体が真っ直ぐ逝ったからね。
電柱に届いちまった。

「いや~久々やっちゃいましたね・・・。」

右前がクシャクシャですが、アシは平気そう。
フレームも喰らってないね、ガワだけか・・・軽症だよ。
突っ込んでる絵だけ見たら、廃車以外何者でもないけれどwww



明日仕事なのに、何だかんだで、4時を回りそろそろお開き。
冷や冷やものの路面に苦戦しながらも、シッカリ走れたね・・・結構お腹イパーイ。

しかし、、、後は下るだけってあたりで油断すると、大体オマケが付くもんだ。



<OBJECT width=480 height=390>
</OBJECT>



ヲレがもうちょっと回りきれば良かったんだろうけど・・・ブレーキ踏んじまったよ・・・。
クネもちょっと車間を詰めすぎてたし、かわし切れなかったね・・・残念!


ヲレはクウォーターパネル、クネはフロントフェンダーを献上と相成りました。

一日目一軍機3台受傷。


無料アクセス解析
ま、しょうがねーってコトよw
Posted at 2011/02/16 14:40:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雪まつり | クルマ
2011年02月06日 イイね!

エンジン内部洗浄。

エンジン内部洗浄。カーボンスラッジの堆積が酷く、そのままブン投げてしまいたくなるような中古エンジンでしたが、頑張って掃除しました。

オイルパンも外して、クランク廻りも洗浄剤をかけてブラシでゴシゴシ。ロッカー廻り程ではないにせよ、こすらないと落ちない汚れは結構ありました。

ガスケットリムーバでスラッジを浮かせて、ブラッシング。
シリコンオフで流して、エアブロー。これを数回繰り返して、大分キレイになったかな。


コッターなんか、スラッジが固着してましたよ。

塊になってるところは崩して、
後で剥離してきそうなところをなくします。

多少の焼けは目をつむろう。


もうこれ以上はやる気にならん!

バルブやカムがついたままでは、この辺が限界かな。
意地でもヘッドはバラさなかったゾ!!!


あとは、新品シールを入れ直して、組み立てだね^^


無料アクセス解析
つっかれた^^;
Posted at 2011/02/07 00:28:53 | コメント(7) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/2 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
86 人のお友達がいます
ニコチンマニアニコチンマニア * TATSU.TATSU. *
くろぽこくろぽこ * マッキ--マッキ-- *
Branos LatodaBranos Latoda Fukui@神戸Fukui@神戸

ファン

243 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.