• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2013年02月16日 イイね!

思い込み。

思い込み。久しぶりに、風越龍さんのテリオスのを弄る事になりました。


ヲレたちのフリースペースpon/on野外作業場での作業www


内容は、このクルマで二回目のタイミングベルト交換。
総走行距離もう18万キロ程度で、前回が8万キロ弱くらいで交換しているから、そこからは既に10万キロ以上ですね。

なかなかに凄い走行距離。
このクルマでここまで走る人は他にいない気がする・・・w


今回はこの他、タペットカバーのパッキンを換えて長年のオイル滲みを解消し、一度も交換されたことがないであろう、ファンカップリングを交換して冷却不安を払拭します。


タイベルのカバーを外してみると、長年にかけてウォーターポンプから漏水していることが伺える跡がありますね。

ついこの間から漏れ出したっ、て雰囲気じゃないです。

年間の距離を走る人なんで、前回の交換(タイベル交換に伴うウォーターポンプの交換)から4年程度だということですが・・・もう、換えてからすぐにでも漏っていたんではないか・・・

そんな感じがします。


バラす前の全体像を確認しておきます。

ウォーターポンプからの水漏れは一目瞭然として、カムやクランクのシールからのオイル漏れも若干あるかな・・・と思ったら、ヘッドカバーパッキンからのオイル漏れだったみたい。

初めてのエンジンなので、ポンチマークや圧縮上死点位置合わせの印などを確認。

右下の突起にスプロケのポンチマークを合わせればいいことを確認。



プッシュアーム式16バルブシングルカムエンジンだ。
割と古風ではあるが、少ないフリクションで下からトルクを出せる優秀で丈夫なエンジンだよ。

それにしてもキレイなヘッドまわり。

マメなオイル管理をしていることは、言われなくても判る。


恐らく初めてであろう、タペットカバーパッキンの交換。
カチカチに硬化していて、外すのが大変だった。


新品ベルトの取付け。
カムスプロケのポンチマークと突起を合わせます。

ウォーターポンプの取り付けには、付属の紙ガスケットだけでは心許なかったので、併せて液体ガスケットを塗布しました。


クランクスプロケも突起とポンチマークで合わせます。

ここでちょっと問題が発生。
新品ベルトに入っている位置合わせの2つの印が、ドコとドコにも合わない。

なんでだろうと思いつつ、その場でブラウザ検索するものの、テリオスのタイベル交換を個人で取り替えて内容を詳しく記したエントリーなど見つかるはずもなく・・・小排気量版のテリオスキッドで漸く発見。

カムスプロケが可変式になっている以外は、どうやら殆ど同じレイアウト。

やはり、カムスプロケの印と、ヘッド側の0時にある突起で位置合わせをしています。
クランクスプロケもこれと同じでいいようだ。

スプロケ側の刻印を信じよう。


これで組み直して、エンジンの始動確認。

シューーーーーン!

あれ、掛からねぇ・・・ていうか、クランキングの音がおかしいな。
全く圧縮掛かってないだろ。

バルブが閉じきってないことは音で直ぐに判った・・・。

ちくしょう・・・寒いw

色々ググって調べてみたのだが、確定的なものが見つからず・・・
取り敢えず、最初のベルトでバラす前にマーキングしているので、元位置で組み戻して本来の位置を確認してみると・・・

クランク側の合わせマークで決めると、カムスプロケ側のポンチマークが3時の位置に・・・何故3時の位置???

ヘッド側のマークは直接合わせるものがありませんでしたが、スプロケのダイハツの刻印が地面と水平、カムのキー(位置合わせのイボ)の位置がこれでトップでした。

これで、ベルトの印が、3時のカムのマークと、クランクのマークで合うようになりました。

テリオスキッドで予習したことが仇になってしまった・・・情けない。


でもちょっと正直不親切な設計だなぁ。

マークとマークで合わせると違うって・・・何の為のマークだよもう・・・。


そうは言ってもヲレのミス。
事前のリサーチ不足と、自分の常識に囚われ過ぎたことが原因です。
もう少しメジャーなエンジンなら、大体判るんだけど・・・

幸いなのは、45°/720°の遅角で済んだので、バルブの干渉などには至らなかった点。

エンジンの載せ換えになる所だった・・・^^;


こんなエンジンもあるんだなぁ・・・と、いい勉強になりました。


カムスプロケ。
明確な印はないけれど・・・ちょうど90°の位置でポンチマークを合わせます。
ヘッドカバーとの繋ぎ目とぴったりかな?


クランクスプロケは右下の突起とポンチマークで合わせます。

これで、各ポンチマーク位置と新品ベルトのラインの位置が合致します。



これで組み直して無事完爆。

強烈な冷気の中、午後20時に発覚したバルタイ誤謬。
漸く0時頃に収束しました。


風越さんには遅くまで待ってもらう感じになって、申し訳なかったなぁ・・・。
これが、預かりではなく、日帰り整備の厳しさ。


久々に心が折れかけましたわ・・・(´ε`;)


簡単な作業に潜む、落とし穴の洗礼を久々に受けた感じです。



終わって良かった・・・。


ポンさんも、遅くまで環境の提供ありがとうございました~。
Posted at 2013/02/17 19:07:59 | コメント(7) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2013年02月15日 イイね!

多摩支部移転

多摩支部移転軽自動車の車検。
自分で行った事がある人も多いはず。

陸運局ではなくて、検査協会というところで検査を受けるんだよ。

今回、知り合いのミラの車検だったんだ。
只の継続だけなら相模が近いし勝手も判ってるんだけど、多摩支所が立川から府中に移ったというんで、試しに行ってみる事にしました。

初めに迂闊だったのが、移転して間もないので、周りにテスター屋や代書屋らしきものが一切ない・・・。

事務所のオバちゃんにお伺いを立てると、代書と自賠は中に入ってる保険屋さんがやってくれるということで、テスター屋に関しては詳しくは判らないけれど、甲州街道を右に出たところのガススタでやってるとかやってないとか・・・。

言い方が曖昧なんで半信半疑で行ってみると、ちゃんと光軸からサイドスリップ、珍しいけど、排ガスまで測れる機械を持ってて全部見てくれたよ。

新規飛び込み全部乗せで2千円は安いwww


そんなこんなで何の問題もなく車検継続をフラゲしてきた所で、
帰ってきてからの車検整備w



エンジンからのオイル漏れが酷くなってきたから、直して欲しいってハナシだ。

事前のチェックで、オイルエレメントブロックとエンジンの接合面からの漏洩は判っていたので、ここのOリングの交換、あとはノーメンテのATFや、ブレーキフルード・LLCなど、油脂類の一斉交換。


ココからオイル漏れしてるクルマって意外に多いよ。
軽に何故か多い。



奥のネジが角度的に外しづらいので、エキマニを外します。(ボルト緩めて少しどかせばいい)
Oリングはカチカチになっていましたよ。


すっかり組み戻してオイル漏れ修理は完了。

軽なんて何やるにしても狭いから、どんどん周辺の部品を外してスペースを作りながら作業した方が結果的に早い場合が多い。



ドブの水みたいなATFも複数回交換でだいぶきれいにし・・・


数年変えてないというLLCも新しいものに交換しました。

LLCは疎かにされがちだけど・・・古くなると防錆効果が落ちてエンジン内部が錆びてくるよ。
2年に1回は変えた方がいいよ。



その他の細かい作業と確認を済ませて、ミラの車検整備は終了。

みんなも、車検なんて自分で行けば安いなんて思ってるだろうけど・・・

安く上がってるのは、ただ単に整備も何にもしてないからってだけの事で・・・それだけだと危ないよ。
よほど普段から気をつけてマメに面倒見てるならまだしも、トラブルが出るまで何もしないって人が多すぎる気がするよ。

ちゃんと手入れしていれば20万キロでも30万キロでも乗れるもんなのに、
たった数年のノーメンテのせいで、枢要部分が致命傷とか・・・多すぎでしょ。

誰でも知ってるようなエンジンオイルの交換だけじゃなくて、ブレーキフルードや、パワステオイル、ミッションオイルに水回り、ホース類の交換。

消耗品はいっぱいあるんだよ。

何十万円、何百万円も出して買ってるんだから大事でしょうよ、
それなのに無頓着な人が多いこと多いこと・・・。


別に大事と思ってないのかな?


よく知らないから・・・なんて言い訳にならないぜ。

ドライバーには車を可能な限り理解して、毎日点検する義務が課せられているのだぁ。

長く乗るためにもっとよく調べて、
定期的にメンテナンスに出したり、面倒を見る意識をつけようぜ。


5・6年で見切りつけて、見捨ててしまうほど安い買い物じゃないはずだよ。



P.S:このクルマ・・・よく見たらムーヴだわwww


最低10年乗ろうよ。
Posted at 2013/02/17 12:23:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2013年02月10日 イイね!

ベストバウト

ベストバウト出動し損ねた金曜の心残りが尾を引きずり、どうしても三連休中に行っておきたいという気持ちが抑えられない。

あれほど、無駄な遠征は控えて慎重に行動しようと言い続けてきたのだけど・・・

時期的に見ても、ハイシーズンは今週か来週までだろう。
これ以降は明らかに暖かくなってしまい、マトモに走れることは少ない。


要するに今週を見送ってしまうと・・・
来週ダメなら今シーズンは終了といった感じになる。

これ以降は、運がよければ近場でちょいちょいって感じかな。


なので、クネとの協議の結果、かなり誤爆感があったのだけど、ライブカメラの僅かな情報を元にイチかバチかで逝ってみることになった。


普通なら出動するリサーチ結果ではなかった。

ヲレも家庭の事情で、行ける行けないが極端なので、クネも察してくれているのだろう。
ヲレが行こうといえば問答無用で付き合ってくれる雰囲気だった。


いい友だちだな(´∩ω∩`*)


敗色濃厚のフライングスタート、
新規開拓の現地調査の意味合いが強い遠征だったので誰かを誘うことなく出発。

そりゃそうだよ、あれだけの遠征だと、リアルな話、遠征費一発20.000円とかになるもんな。
車体の消耗とかまで計算に入れたらもっと上乗せだ。

誘われて行ったのに走れねーじゃんとか思われても合わないからな。


だがしかし、どうやって嗅ぎつけるのか・・・


さすがチームKの若手ナンバー1は、野生の勘が鋭いな。
わざわざ連絡してもらえないかも知れないことも視野に入れて、必ずマメに連絡してくる。


今回みたいな塩リサーチ内容でも、どうして「行くかも」と思うのか判らないが、嗅ぎつけてくるな。


「だ い ちゃん、レーサーから着信だけどどうする?無視しようか???」

「誤爆でもノークレームノーリターンでいいなら、来いよと言っておきなよ・・流石に可哀相だろ。」



未開拓の地へ、誤爆覚悟での出動でしたが、高速道路上でのまさかの吹雪。
ん・・・?これは・・・と思っていると、


「だ い ちゃん、今携帯で確認したけれど、S高原がドリフトパークだな・・・ヲレのガラケーではっきり判らないからスマホで見てみてよ。」

「K高原は?」

「あそこは今確認できないから、着く頃はまだだと思うよ。」

「今確認したけれど、S高原確実だ。」

「じゃ、予定変更ね。」

「先頭のレーサーに言っといて。」



急遽現場の雰囲気が変わったようだった。
ちょっと遠いんだが、奥の手の豪雪エリアが完全着雪。
ライブカメラでも確実に走れる路面だ。


雪山はこれだから判らない。

出発しないと判らない事が多々あるんだ。

だからこそ、各々の実況リサーチと、
自己責任に伴う出動判断が噛み合う仲間としか迎合が難しい。


よく、レポートをエントリーすると、「自分も誘って欲しかったです~」と言われることが多い。


なので、実際誘うと、「急なんでちょっと・・・」みたいなパターンが多い。
ま、当然だ・・・コッチも出動を決めたのが10分前。

当日の晩に、ギリギリまでリサーチして漸く出撃が決まるのだから。


そんな面倒なやり取りを、
本当に行きたいかどうか判らない無数の連中全員とやってはいられないからね・・・

放っておいても行くような連中が、今日辺り行きますよね、ドコですか?と積極的にアプローチしてくれて、やっと合流が実現するというのが本当の所だ。


ま、それくらいの気持ちの準備と覚悟が無いと、
無理して出動しても、いい結果は出ないだろうしね。


各々の気持ちひとつという訳だ。





いいね、フルコース積雪状態。
ここのコースで、ここ何回かで一番いいかも知れない。

何度も先頭を入れ替えて、7、8往復したかな。
1本5分以上のコースなんで、賞味2時間位走ったよ。


久々にブリブリ振り回して全開くれて、楽しかった~。

ここからの連続写真はクリックで拡大できます。





今回、昨シーズンFDで参戦していたノリさんを助手席に乗っけてきた。
雪山での4駆の動きを体感したかったんだと。

確かに、FRで慣らしたカラダには低μ路での4駆ターボのトラクションと加速は異常。


今日の経験は必ず、
これからの車選びの基準に組み込まれる事になるだろうw

クネのGDBや、レーサーの402の隣にも同乗したりして、いろいろと収穫はあったはずだ。


「だ い さんのタイヤ・・・何か食わない感じですね・・・。」

「ちょいちょい何もしてないのに飛ぶでしょ。」

「GDBとかレガシーは凄い安定してる感じでした。」

「ヲレのタイヤも昨シーズン降ろしたとはいえ、3年落ちの未使用品だったからなぁ・・5年目か。」

「何か、触ったら結構硬かったですよね!」

「まぁ、歴代履いてきたスタッドレスの中では食う方だから、いいよ別に。」

「エンジンもGDBとかは違うんですか?」

「まぁ・・・別物だよね、GCより1千以上下から使えるから回さなくていいんだよ。」

「でも、となり乗ったらGCで走るのが一番楽しそうでした。」

「ま、最早ハイパワー4駆界のハチロクみたいなもんだからなぁ・・・曲がらないしパワーないけど軽さと腕で勝負みたいなところがハチロクっぽいよね。」




ふうん・・・流石にちょっと乗っただけでよく見てるな。



2時間走って・・・そろそろ止めないと刺すな。

雪を走ってる連中なら判ることだけど、雪道ってのは、アスファルトや氷の上に雪が積もってる状態で、漸く走れる路面状態な訳だけど、何本も走ってると雪を掃き飛ばしちゃう。

4駆3台で走れば12輪全開で雪を弾き飛ばす訳だ。

ベストライン上の雪はなくなり、タイヤとの摩擦で若干雪は融け、大変滑りやすい路面になる。


安心して全開できるのはいいとこ4、5本じゃないかな。



走りながら、徐々に増していく路面のヤバさと戦い、下りながら・・・あと一本いったらもう判らないな。。
そう、感じたところでヤメることにしています。


カラダできちんと感じ取り、引き際を正確に管理することが壊さない秘訣。

意外と経験が浅いとできないもんだ。




雪山ってのは、技術だけじゃなく路面の読みや、集中力やメンタル面での自分の限界など、
ドライバーとしての相対的な能力が試される超常世界。

正直本気で攻めるとスゲー消耗するけれど、それがいいんだ。

家庭もある、子供もいる、
それらを守り切った上での全力のプッシュ。

生半可な覚悟と技術では続かないはずだが・・・


これまで無闇に積み重ねてきたことが漸く本当の意味を持つような・・・
 そんな充実感があるな。


このステージで付き合える連中は、ホントバカばっかだけどね・・・。
ここまで上がってくきて、当たり前のように生存してるってだけでもはえぬきのクズだと思っていい。

峠よりも、サーキットよりも、競技よりも・・・
って思うだけのものを、やっと見つけたダメな大人達。



輝いていますよ。



はっちゃけ過ぎてハーフスピンしたわw



Posted at 2013/02/11 21:48:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雪まつり | クルマ
2013年02月09日 イイね!

もうすぐ5回目の車検。

もうすぐ5回目の車検。壊れる大概のところは手が入ったであろう我が家のミニカトッポQ3。

エンジンも割と最近作り直して、マウントとか足回りのブッシュも全部取っ替えたので、結構調子いいんだ。
 もう15万キロとかになるけれど、もう10万イケるだろ。

ってな具合で、我が家のシティコミューターとしての重要な任務を続けるミニカ。

またちょっとお漏らししてるな・・・。


エンジン周りは漏るとこ無いはずなんで、どこだろうと見てると・・・


トランスミッションの周りだなぁ。



インヒビタースイッチのところしか考えられない。
板金屋の兄貴のところに部品を頼むと・・・


「え、これだけ?」

「調べたけどよ、これしか使ってねーよ。」



え~、ヤな予感。
Oリングが二つあるのは、種類が出ただけで、どっちかしか使わないみたい。



まぁ、小さいOリングはここだとして・・・


スイッチ本体とミッションの間のシールって・・・スイッチASSYで替えるしかないのかぁ。
壊れてもいないのにイヤだ・・・。


液体ガスケットで誤魔化そうw

これで多分大丈夫。


もう春にはウチに来て5回目の車検だからね・・・不具合ゼロを維持しなければ!
フロントのブレーキキャリパーも動きがイマイチだったから、二回目のオーバーホールかな。


みんなインプだセブンだハチロクだ、って遊びの車ばっかり面倒見て、家のクルマはボンネットも開けない・・・みたいな人が多い気がするよ。

おうちの軽自動車やミニバンだっておんなじクルマ。
毎日頑張ってるんだぜ!

定期的にちゃんと面倒見て、可愛がってやらないとそのうち裏切られまっせ。


調子が良くてきれいにしていれば、もう5年、もう10年全然乗れるよ。




そのウチの子も、さりげなくオールペンでもしようかな。



プレオのホイールが似合ってる!

Posted at 2013/02/09 19:06:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2013年02月05日 イイね!

NARDI→MOMO

NARDI→MOMOΦ36と、気持ち径が大きめだったので、そのうち交換しようかななんて思ってたナルディコンペⅡ。
GCを買ったときに最初から付いてたんだけど・・・

ヲレは昔からΦ35派なんだ。

クラシックとデザインは一緒なんだけど、コンペティションってモデルがあってね、ブラックのスポークにレザーのレッドステッチが格好良くてね、結局8年13万キロ使っちゃった。

流石に使い込んでボロっちくなっちゃったので、「そのうち」がやっと来たよ。



オクでポチった激安中古だけど、超キレーじゃんw
モモ「MOD.08」
サイズも、Φ35でベストだな、しっくりくる。

届いてみて、ブルーのアルマイトってのがちょっと小僧っぽいかなと思ったけれど、
実際付けてみたらそんなに悪くないな。
ちょっと使ってればどうせすぐ慣れて気に入っちゃうから・・・

やっぱ一番触れる部分が、気に入ったものになる満足感はデカイな。


モモは昔から好きなんだ、握りが太いのがいいんだよ。
もともとFRでカウンター切りまくる乗り方だったんで、太い方がしっかり握れて回しやすいんだよな。

ナルディの方がお洒落だけどね・・・
デザインのナルディ、操作性のモモってイメージかな。
ま、ヲレの勝手なイメージだけど。




ま・・・色々言ってるけれど、ステアリングってヲレ今まで買ったことないんだよw


中古とは言え、人生で初めて購入だ。


2万も3万もするイメージだからね、イタリー正規品は高い。
でも、バッタもんじゃダサいし、国産品とかショップオリジナルみたいなものすらダサいと思った。
捨てるクルマにキレーなナルディとか付いてると嬉しかったもんだ。


「社長~、このハンドル貰っていいスか~?」

「勝手に取ってけよw」



みたいなw


昔はそんなの買う金があったら、タイヤだブレーキだガソリンだって言ってたからね。
その価値観のまま大人になったよw


因みにカーオーディオとかカーナビとかってのも買ったことがないな・・・

兎に角この辺の物は、クルマ屋時代に事故車とか廃車とかから外してくるもの・・・
ってイメージだったもんで。

高い金払って色々付けても、事故したりして廃車にする時に素人は自分で外せないので、
大概そのまま引き取らせてしまうからね。
ちょっと前の型にはなりがちだけど、充分使えるものばかり。
ハイエナのように捨てるクルマから外して使ったり、売りに行ったりw

貧乏性っていうより・・・

そもそも買うものって概念がなかったよ。



 あんな買ってもいないナルディを8年とか使うんだから、、、

自分で買ったモモなんか10年は使うんじゃないか?



モモのディープコーンΦ35、また当分よろしくな。



外したコンペⅡもレザーの張り替えでもして、ミニカに付けようかな。

明日も大雪確定か・・・
Posted at 2013/02/06 01:14:23 | コメント(9) | トラックバック(1) | GC8メンテナンス | クルマ

プロフィール

「皆さん運動会お疲れさまでした~^^
記事は近日中にUPします。」
何シテル?   11/21 06:28
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
bull_1969jpbull_1969jp * まなひろまなひろ
884_884_ 萌ラジ@ゆかりす萌ラジ@ゆかりす
Fukui@神戸Fukui@神戸 Pon/onPon/on

ファン

245 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる