• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2013年05月29日 イイね!

有給を取って。

有給を取って。家のミニカトッポの車検に行きました・・・
っていうのは、名目というか大義名分というか、ついでというか・・・

実際行ったんだけどね(^_^;)

そんなの行って帰ってで2時間ぐらいで終わっちゃうんだから、会社行けよって話だが。。。

午後からは、ももクロ初のAE(FC)限定イベント

「誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります♡~」 29日昼の部

に行かなくてはならないのだ。


何ソレキモイと思ったアナタ!



正解w



FC・エンジェルアイズに、今年の一月までに加入したアカウントでないと参加できない、本物率の高い宗教イベントだ。
全5公演中1回だけ、必ず当選出来る、必ず行けるイベント。


よく考えたら、ファンクラブに入っていながら、FC先行優先に一回も当たったことがないので、
今回が初めてじゃないかwwwww




マヂ宗教wwwww

FC会員のことを、運営はホワイトベレーと呼んでいて、
入会すると、アメックスのゴールドカード風の会員証と、白いベレー帽が送られてくる。

今回は入場の為にそれらの全ての提示が求められ、ベレー帽は着用義務。
写真付き公的身分証がなければ中には入れてもらえない、という徹底した本確ぶり。
何か一つがなくても入れないので・・・

小学生の遠足の準備のように、持ち物を確認したよw


今回のイベントは、27日夜の部28日昼の部28日夜の部29日昼の部29日夜の部
の5公演で構成され、チケット当選後日発表であったが、それぞれの日を、くじ引きで決めたメンバーが一人づつ監督するという内容だ。


自分と嫁が応募当選したのは、29日の昼の部。

なんと有安杏果監督の日じゃないか。



キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!



当然ヲレ歓喜。

その日の応募は、たったの4142人。
横アリで4千人だよ・・・日本青年館クラスじゃないか・・・
一番多いのは、その直後の回の千秋楽で、10237人。

ヤバイな・・・半分以下じゃないか・・・。



AEイベントと銘打ち、チケットも感謝価格の¥3.500‐
FC会員だけだから人数も少ないのに・・・
平日のみとは言え、会場が横浜アリーナの三日間。


コストは相当に抑えてくるというハナシだった。


どんな内容なのか、想像もつかなかった。
適当にスポンサーも入って、安定の広告茶番と寸劇と告知を長めにやって、数曲アガるヤツやって、
時間きっちりで締めるそんな感じだろう・・・。

それでもいい、この人数なら相当近いだろう。


数曲でも、このチケットの倍の価値はあるな。


っていうか、幾らだとかそんな話じゃないな、あのももクロちゃんたちがgdgdわちゃわちゃするところを、この肉眼で、見られたら充分じゃないか。

一曲でも本域でうりゃおいできればもう満足だな。


嫁とそんな話をしながら、入場のID認証へ。

運転免許証の類を持たない嫁は、この日の為に、わざわざ住基カードというものを作ったwww
顔写真がないとダメなのだ。

公的身分証でないとダメなので、社員証や、国内Bの競技ライセンスなどは当然不可。

住基カードの発行で最短2日だが、
それだと間に合わないという女の子が、前日に原付の免許を取り行ったという逸話まである。
一日で取れるのは原付だけか・・・勉強したことまで考えると・・


ももクロ愛すげえwwwww



開演前はこんな感じ。中は撮影禁止だが、ヲレが撮った写真じゃない。


ペアチケットなど存在しないので、嫁とは中でバイバイ。
全てのファンがぼっち参戦というやつだ。

アリーナDの4列目か・・・思ったほど近くないけれど、見やすくていい席だな。
近い通路側に色々期待できる。


隣は大学生くらいの青年で、完全なるしおり推しだった。
両手に持った2本の黄色のペンラは既に点灯しており、高まる気持ちを強引に押さえつけている感じだった。


「隣失礼します、いよいよですね。」

「ももか推しですか、良かったっすね!」


二枚目のしおり推しは、笑顔で返してくれた。


そして開演。





セトリ:有安杏果担当「 エソラ~みんなで感じる音~ 」

01:月と銀紙飛行船
02:サラバ、愛しき悲しみたちよ
03:BIONIC CHERRY
04:空のカーテン
MC:
05:Jasper
06:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
07:上球Maxx (上球物語 -Carpe diem-とChai MaxxのMIX)
MC:
08:ニッポン笑顔百景
09:ももクロのニッポン万歳!
10:スターダストセレナーデ
11:灰とダイヤモンド
12:ツヨクツヨク
13:行くぜっ!怪盗少女
14:ありがとうのプレゼント (ももクロZ)
SE:overture
EN1:words of the mind - brandnew journey -
EN2:ワニとシャンプー
EN3:白い風 (ピアノver)
EN4:コノウタ (ピアノ伴奏ver?)





 誰だよ、ローコストのぬるいイベントだなんてフカした野郎はよ・・・
ガチのガッツリライブじゃんか。


「何だよ・・・マジなやつじゃねぇかよ・・・。」




銀紙から始まって、サラバ・BC・空カー・・・
モリフに日本万歳に、灰ダイ、ありプレ、ワーズ・・・ワニシャンに白い風・・・。

ヲレの好きなヤツばっかじゃん。


なんで知ってるんだよ!って位、ど真ん中のセトリに体の震えが止まらなかったわ。


しかも、チャイマが始まって一気に大サビってところで上球物語に切り替わる「上球Maxx」なるものが披露され、全員が爆笑・昇天。

ありがとうのプレゼントは、パート割して全員で歌うバージョンだったし、

ワーズとワニシャンで上げまくっといて、ピアノ伴奏のみの白い風へ。
夏菜子パートが魂のアカペラになるという、レアな演出。


本当にジーンときて、これには流れる涙がこらえられなかった。
会場の全ての人間が、深い感慨に耽っているようだった。




白い風の演奏が終わったあとも誰も荒ぶらず、静かに拍手の海となった。




この演出を、こうなると狙ってももかが考えたのか・・・

だとしたら本当に凄いな。



自分も、そんなに沢山ももクロのライブに行った訳ではないが、
自分の中のベストライブになってしまった。

一切音源化・映像化されないのが辛いところだ。


すぐ間近の通路を、夏菜子や杏果が通っていった時は、隣のしおり推しも涙ぐんでいた。
前のあーりん推しの女の子などは歓声通り越して悲鳴だったよ。





他のメンバーの公演も良回だったと聞いています。

キングダム風感想戦1
キングダム風感想戦2



ヲレも杏果推しとは言っても・・・
実際選べないけれど、ホント、強いて言うなら・・・とかそんなレベルの杏果推し

他の回も観たかったなぁ・・・。



その回を観た人の、心の中にだけ残る本当のコンサート、そんな感じだろうか。


AE限定イベント。
ヲレの周りに地蔵などおらず、男も女もひと目でそれと判る本気の人だけ。
ただの私服のヤツなんて一人も見なかった。

公演が終わって、最初は恥ずかしげだった白いベレー帽も、脱ぐのが惜しそうだった。


そして、余韻に浸るように満面の笑顔だった。



ももクロって何なんだろう。

問答無用でみんなを笑顔にしてしまう。

大人になると忘れていってしまう、ピュア気持ちを思い出させてくれる。

きちんと挨拶をするだとか、

譲り合いだとか、

ゴミを捨てないだとか、

多分そんなこと。

コンテンツという幅を超えた啓発性含んでいる。



ももクロが好きで本当に良かったな・・・そんな風に〆たくなるコンサートでちた。


<object width="605" height="454"></object>
これが噂の「上球Maxx」
サビの応酬に体がついていかない。


<object width="605" height="340"></object>
西武の灰ダイ。
やはりももクロはヒャダインじゃなきゃダメだろ。


<object width="605" height="340"></object>
自然と涙が出てくる名曲だ。


やっぱももクロっていいよな。


















Posted at 2013/06/02 19:11:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | ホワイトベレーの方に限ります | 音楽/映画/テレビ
2013年05月29日 イイね!

楽しみすぐる。

楽しみすぐる。明日はAE(ファンクラブ)イベントで横アリの日。
あ、もう今日じゃんか。

奇しくも、ももかセトリの29日一部。

聞くところによると、どうもガッツリライブみたいだ。



あ~どうしよう、楽しみすぐる(´ρ`)




明日は午前中は、ミニカトッポの継続検査にいかないといけないのだ。
早く寝ないといけないのに・・・寝られないお。


<object width="605" height="340"></object>
三日間もやるのに全部平日て・・・
2013年05月26日 イイね!

真夏日

真夏日部品がなくて途中で止まってた、
レーサーのレガシィーを復活させてきました。

午前中で切り上げたかったので、朝9時前からスタート。

昼前から雨が降るかもなんて聞いてたけど、大丈夫だったね。むしろ炎天下が厳しかったよ。

そろそろ、雨でも炎天下でもいいように、作業用簡易テントが必要だね。



分離箇所のガスケットは全て新品。

高いもんじゃないしね。



しかし・・・インプでは見たことがないんだけど、
何故S402だとタービンガスケットが抜けるのかな~。


エンジンはEJ255で2.5リッターだけど、
見た感じ、タービンはGDBインプレッサのスペックCあたりと共通?

ツインスクロールターボと吸気IVCSの併用で、285PS/5600RPM・392Nm/2000‐4800という性能を叩きだす、特殊な出力特性を持っている。

超低速トルク型エンジンだ。


非常に排圧がかかるユニットのように感じたよ。

タービンも超高温化するだろうね。


今回の異音は、タービンガスケットブローの排気漏れに伴って、
割れ、ちぎれ、ボロボロになって脆弱化したガスケットが、排気にたなびいてパタパタ言ってるような状態だったようだ。

ガスケットも元々メタルだし、対策のしようがないな・・・。


あんな走り方をしょっちゅうしてたら、仕方がないか~。
LLCのリザーブも、ポコポコエアポンプ状態だし、ヘッドガスケットももうダメだろ~w

ユニットに対して、ラジエターも小さいし、インタークーラーも小さいし、別体オイルクーラーも付いてない・・・やはりインプレッサとは違って、本当の、本気の戦闘機として作られた訳ではないようだ。

あくまで低速重視、レスポンス重視のラグジュアリーなのではないか。


スバリストと呼ばれる人たちのハイクラスをターゲットに、心をくすぐるSTiパーツを、見えるところにふんだんに使い、300万程乗せて販売しただけのただのレガシィだと思うw


402台売ったというS402。

そのうちエンジンまで壊すアフォがどれだけいるか判らんが・・・恐らく両手もいないだろ。
そんなマイノリティなクズの為に、残りの400台に効果の実感できないチューンなどわざわざしないのがメーカーというもの。


エンジン自体はとてもいいと思うけど、レーサーが本気で使うなら、

熱交換器などのカロリーアップは必須のような気がするな・・・。


レーサーが乗って壊れないんだったら、誰もクルマなんて弄る意味ないじゃん。
ラジエター変えたり、オイルクーラー付けたりなんて、見た目チューンじゃん。



でもレーサーなんかだと、リセール考えて思い切った弄りもできず・・・ジレンマってトコだろうな~。




天気が良すぎて目がチカチカするよ~、帰ろーっと。



ん~、ロードスターの青がきれい。

Posted at 2013/05/27 02:06:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2013年05月19日 イイね!

予想外

予想外「ちょっとレガシィ見てもらえますか~、だ い さんなら恐らく数時間の簡単なお仕事です。」

「なんだよ・・・怪しいな・・・」

「エキマニ付近からガラガラ異音です。」

「エキゾーストの遮熱板割れか?」

「Dでもそう言うんでリフトで揚げて見てもらったんですが、判然としないです。」

「実際外して見てみないと特定は難しいよ。」



レガシィーS402

BP5と比べても二倍以上の中古相場を誇る、スバルの高級フラッグシップだが、
フタを開けてみれば、他のレガシィやインプレッサと何も違いはしない。

エンジンこそは珍しいEJ255と言う以外は、見慣れたコンポーネントで構成されているよ。


EJのエキマニなんて・・・
こんなに簡単に外せる集合管が他にあるだろうか。

アンダーカバーの方が面倒なくらいだよ。


サクサク外してみるものの・・・どこか割れたりしてるのかと思いきや・・・
見た感じ何でもないな。

遮熱板同士の繋ぎ目あたりにタッピングビスがねじ込まれてるトコがあったけど、
Dでの応急対策でやってくれたんだと・・・テキトーな・・・。


「これで何か変わったか?」

「何も変わらずです。」




じゃあ違うな・・・。

うーん、タービンサポートがクセエな・・・

遮熱板も割れやすいし、緩衝蛇腹も破損しやすい。
しかし、平成19年車で走行5マソのマシンではちょっと考えにくいけどな・・・


予定してなかったし、超絶面倒臭い作業だけど仕方がないか・・・





マヂ超絶だよ・・・タービン遮熱板外して、フロントパイプ分離。
エンジンマウントのナット取って、ジャッキで浮かせて、漸くタービンサポートが外れてきます。


そこから出てきたのは・・・



タービンガスケットが殆どグズグズになって吹っ飛んでてワロリンゴwwwww


ノーマルタービン車で初めて見たな。



Posted at 2013/05/24 01:22:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月17日 イイね!

下町のランボルギーニ

下町のランボルギーニ「バイク完成しました。ありがとうございました!」


LINEで送られてきた写真のDIOは、もらってきたリード90の異音が出てるエンジンをオーバーホールして換装。ランボルギーニのライムグリーンでオールペンして、細部まで丁寧に仕上げた一台だ。

仕事の合間に会社でちまちま仕上げたKENJIの自信作。

塗装やら加工やら、ベアリングの打ち換えやら、色々手伝ったりしていたのだけど、
ようやく完成したのか。


会社の若い衆KENJI。
ま、もう三十路になるんで若くもないか。


クルマ大好きバイク大好きで、何乗るにしてもノーマルなんてありえない。

オールペイントにボアアップ、限界シャコタンは基本だと。
( `・ω・) ウーム…

しかし、カッコ良く仕上げるんだよなぁ・・・


センスがイイ。



この間塗ってあげたキャリーも、丁寧に作ってあったね。

青空が似合うな。


自分で塗装のガンも持ってて、メタリックやパールはちょっと厳しいけれど、
ソリッド位は自分で塗っちゃう強者だよ。

キャビンの中とかフレームなんかは、ベッド外して自分で塗ってたし、なかなか感心だ。



リーフも逆組みして車高落として、マフラー入れて、荷台は傷にならないようにゴムシート敷いてるw
走行も3万逝ってない極上丸目キャリー。


10万円で買ってきたとは思えないなwwwww


これで通勤にしか使ってないから最高だ。




この間塗った、オリーブドラブのKLXも出来上がっていたみたい。
本当に軍用車みたいになっちゃった。

意外と悪くないな。

むしろ「らしい」か。



ヲレもKSRあたりを買って、この色にしようかな。



ま、こっから先はひとりごとだけどさ、

クルマとかバイクの仕上げ方って、本当にセンスだよなぁ・・・と思う。
勿論、そもそもが自己満足でしかないから、何が正解でもないし自由だよなとは思うけれど、
パッと見て、「コイツわかってるな。」という仕上げ方があるよ。

ジャンルとか関係ないよ。


峠屋でも、ドリフトでも、痛車でも・・
それこそ、VIP系もバニングも旧車でも何でもそう。
ただ目立つだけじゃなくて、渋くてカッコイイ仕上げ方ってのがあるよね。

洋服のファッションセンスとかと一緒でさ、ブランド品の高いものでなくても、組み合わせだけで格好よく見せられる人もいるし、やたらと高級品ばかり自慢げにゴテゴテつけてるだけで、似合ってなくてダサいとか。

外観なんて個人の自由でしかないけれど、

自由な分だけその人の本質が表れるというかね・・・


ヲレも拘る方じゃないけれど、ダサいのは嫌だ。


ダサさって何だろうと考えたことがあるんだけど、ひとつ解ったのは、
思慮の浅さとか、品性のなさが見えちゃってる時なんだね。

空気を読めないヤツが、少しも面白くない冗談をドヤ顔でやっちゃって周囲はドン引きなのに本人は気付いてないみたいな・・・そんなイタさ。


例えば、クルマに興味がない人が乗ってる只のノーマル車って別にダサくないでしょう?

そこには何の思慮もないからね・・・只のクルマだもん。


でも、クルマ好き好きオーラ全開で、取り敢えずすぐできる思いついた事は全部やりましたみたいなクルマは、仕上がりが残念なことになってる場合が多いね。

焦りが見えてもダサい。


ヲレの中にも、こういう風にしたら本当に格好いいよなっていうイメージはある。
でも、半端にしかできそうもないなら、何もしない方がいい。

クルマなんて、ホイールひとつでスゲー格好良くもなるし、超ダサくもなる。

何一つ弄っても諸刃の剣だからね。


「何それ」ってホイール付けるくらいならノーマルでいいです充分です、となる。


正直ね、センスって難しいんだよね。
意識して経験積まないと目が肥えてこないし、

センスはね、個性でもあるけれど磨くものでもあると思うよ。


クルマの仕上げ方を見るだけで、その人がこれまでどういう経緯を辿ってきて今に至るのか、
何に思い悩み、何を気にせず、このカタチになったのか。


オーナーの性格や人生観までが現れているとさえ思う。


だからこそ、どうだどうだ!金掛かってるぜ!とばかりに高いエアロ組んでオールペンしたのに、
あちこちの隙間からネオン管やらLEDランプやらF1ランプやらがチカチカ点滅。
ホイールははみ出しすぎてるとか、マフラーは音が割れてるとか・・・

ハイ&ローの折衷感が半端ないクルマって実際いるし見てられない。


コイツは実際何も見えていないんだろうなぁ・・・と思ってしまふ。



お洒落上級者に見られた時に、「分かってるナ」って思われたいんだろうな、って思わせないように一つくらいわざと「外し」をつくるとか・・・


架空の三手先を読む難しさwwwww




ヲレみたいな、こころない香具師に( ´,_ゝ`)プッ
とか笑われるのが怖いんで、パーツひとつの選択に非常に悩みますね。。。

結局自己満足なんだけどね。
Posted at 2013/05/18 01:05:51 | コメント(5) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
速水シュンジ速水シュンジ * hachi84hachi84 *
黒スカ黒スカ * マッキ--マッキ-- *
放課後SWタイム放課後SWタイム * Branos LatodaBranos Latoda *

ファン

242 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.