• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2013年10月27日 イイね!

あらら・・・。

あらら・・・。日曜日は消化試合。

ここの所、なかなか人のクルマの面倒を見ている時間がないんだけど、合間合間で何とか時間を工面。
この間オールペンしたクルーガーの車高調整なんだ。

なぜ車高調入れてベタ車高なんだろう・・・
SUVでやる事じゃないと思うんだよね。

こういうクルマは、車高高めでデカく見えるからカッコイイんだと思うんだけどな・・・。


この車高も、前オーナーの時のままで、段差で擦るわ乗り心地は悪いわで、上げたいんだと。



ウマで揚げてサスを調整しようとすると、何かおかしい・・・。

車高調のダブルナットで固定するシートのロックリングの方が、ところどころ無かったり、
割れて外れかけてたり・・・何で?

切ってあるネジスリーブの一番下までシートが落ちきってしまっている。


考えられる予想は、全てのダブルナットが緩んで車高が落ち切り、緩みによるガタでサスストロークの衝撃を受け続け、金属疲労で破断、脱落・・・そんなところだろうか。

その旨を、オーナーに伝えると、
前オーナーが友達だというので聞いてみますと電話。


すると・・・どうせ一番下まで下げたかったんで、そもそもロックさせてないとの回答。。。


ダメに決まってるだろw


こんな2トン近い車のサスの衝撃が、どれだけのものだと思っているんだよ。
足回りの部品が緩んだままでいいとか・・・流石にその発想は無かったわ。


聞けば、その友達、トヨタのディーラーのメカニックだとか。


こんな話ばっかりホント困ったなぁ・・・。 ダメだよ?こんなこと。


一ヶ所はロックリング脱落、二ヶ所リング半壊、
一ヶ所なんかは、完全固着で緩みゃしない。

つまり四ヶ所全滅。


どーせいっちゅうねん。


結局車高調整は断念。
その他の細々とした作業だけで終わってしまった。


そんなこんなやってる時に、携帯が鳴る。


「ちょっと面倒かけることになるけど、事故しちゃってさ・・・。」

「え・・・どしたの。」

「オカマ掘っちゃってさ、今事故処理中なんだよ・・・。」

「走れるのか?」

「分からない。」

「水やオイルの漏れがなくて、フロントタイヤが変な方向向いてなければ自走は出来るだろ。」

「確認してみるわ。」




ヘッドライトが点きっぱなしになっちゃってどうにもならないというので、
ウチに寄らせることに。

あ~、結構ヒデーな。


レバーで開かなくなってたボンネットを何とかこじ開ける。

ヘッドライト点きっぱなしは多分、食らってるあたりでアース線が短絡しちゃってるんだろうね。
ランプのソケットとヒューズを引っこ抜いて消します。


ちょっとデカイな・・・ヲレが合間でやってる暇ねーわ。


車両保険入ってるけど20万か・・・
全部は直らないな。

「板金屋の兄貴の所に電話しといてやるから、もう工場に置いてきちゃえよ。」


アシが出ないようにやるなら、
フレーム直して中古外装くっつけて、走るようには出来るけど最悪ペイントは出来ないだろうな。


あとで金貯められたら、あらためて塗ってあげる感じになるかな。

これくらいじゃ廃車にはしないぜ。

Posted at 2013/10/29 23:50:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2013年10月26日 イイね!

あまちゃん

あまちゃん今年ハマったものが幾つかある。

進撃の巨人、半沢直樹、
そして・・・あまちゃんである。

今更なんだこのバカ。

と、いったところであろうか。


鉄板中の鉄板ばかりで、またか、お前もか、みたいな感じになっちゃったけど。
ヲレは案外ミーハーで普通なのであるw

あれだけ騒がれてれば面白いんだろうなぁ・・・とは思っていた訳だけど、


やっぱり面白かった訳でw


ヲレが会社で、あまちゃんあまちゃん、納年ノーネンと呟いているのでノリさんが・・・



「だ い さん、今年は随分やられちゃいましたね・・・。」

「そうだね・・・進撃に半沢に・・・」

「ももクロはまぁ、仕方がないとして、今度はあまちゃんですか。」

「そうだね・・・クドカンだから鉄板だとは思ってたけど、アレはガチだね・・・。」

「そんなにかぁ・・・」

「二晩で30話くらい観たけど、5回泣いた。」

「それはヤバイですね。」

「贔屓目に見なくても、当分あまちゃん超えはないだろ。」

「マジですか。」

「ノーネンちゃんが可愛いというのもあるが、それだけの単純なドラマじゃ、全国が夢中にはならんだろ。」

「それに、ノリさんの好きな美保純も大事な役だわ。」

「帰って観ますわw」



昔は、流行りもの程嫌いだったけど、結局ひねくれてるだけで食わず嫌いだったのよね。
マジョリティーに反応しないことで、自分は特別なんだ的な選民意識が痛かったなぁ。

だけど、歳をとって、つまらない拘りも気がついたらなくなって、
いい言い方をすれば、ある程度視野が広くなってきたあたりで気が付くのは、
自分もただのオッサンだったってことw


いいものはいいと、素直に認めることが出来るようになったことは嬉しい。


なぜ昔は、それができなかったんだろうな。

みんなと同じなことが、恥ずかしかったんだろうか。

個性を主張しないと埋もれちゃう、と思ったのかもしれないな。


今じゃそんな余計なこだわりは全くなくなって、単純にいいものや面白いものを要求するようになった。



世界で最も正確な学問は統計学。

数は嘘つかないんだよな。



あまちゃん、まだ見終わってないんで・・・当分しあわせな時間が過ごせそうです。


アキちゃん可愛すぎて噴いた;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )



「それより今日の帰りお願いしますよ・・・」

「わかってるよクルマ屋だろ、納車だもんな。」

「いや~しかし、クルマ楽しみですよ~。」

「どれだけ遅いか・・・だろw」

「どれだけ遅いか楽しみですwww」


ノリさんの買ったクルマが今日納車だと言うんで、
会社の帰りにクルマ屋まで送っていくことになっていました。





今更なんだこのwww

クルマ受け取って、少し走り回ってちょっとコンビニ。


「どうだった?」

「遅いですwwwww」

「FDからの乗り換えだからな・・・でも、回せばそこそこだと思うよ。」


ちょっと自分が運転させてもらって、田舎道で踏んでみます。


うん・・・何ともいえませんwww

フライホイールのせいなのか、旧い電スロのせいなのか分からないケド、
アクセルのツキがクソだな・・・

パワーが無いから加速もイマイチだ。

速くはないけど、馬鹿にして唾かけるほど遅くもない。


乗った感覚だと・・・175馬力くらい?(爆
ターボ無しの13シルビア思い出したな。


でもまぁ、ここまでは想定内。

電スロも直結機械式にして、フライホイールの重さ半分位にすれば、
レーシングのレスポンスはだいぶマシになるだろ。

エンジンも予想通り、回すと結構トルクが出てきて意外といいよ。
デュアルVVTiのお陰なのかな、2000のNAにしてはいい方だと思う。

レスポンスだけ改善できれば、
我慢できるレベルにはもっていけそうだ。


それよりも、想定外に良かったのは、ハンドリングとLSDだね。


トヨタのくせにノーマルの足が意外と悪くない。


途中でサイド引いてサブロク決めてみたんだけど、十分回れるね。
インナーシューなのでサイドもガツンと効くし、純正トルセンのLSDもきちんとロックしてる。

少なめのオーバーハングと、ダブルウィッシュボーンのサスがいいのかな、
反応がいいのに、不安定な感じがしない。

いいタイヤ入れたら結構突っ込めるよコレ。


車重の割にパワーが無いということ以外は、何でも出来る感じ。



ハチロク乗り継いでたノリさんなら、結構速く走らすだろうね。

久々に面白いクルマだなと思ったよ。
もっとファンがいても良さそうだな。


そもそもヲレが焚きつけたんだよね。

またクルマ買おうと思ってるけど何がいいですかね、なんて言ってたから・・・
安くて壊れなくて、家族も乗せられて、そこそこ遊べるヤツってリクエスト。


今更旧めのインプだレガシーだって言ったって、壊れてあとで金は掛かるわ、
燃費は悪い方だわで、コスト重視でいくとぶっちゃけ割に合わない。

ターボなくてもそこそこで、マニュアルで、FRで、4枚セダンで、いじらなくてもまあまあ遊べる完成度・・・


アルテッツァ買っとけよみたいな。


実際今までに周りに乗ってる香具師いなかったし、ちゃんと乗ったことなかったんだけど、見た目の雰囲気と、コンポーネンツから想像できるパフォーマンスが・・・

エンジンが想像よりちょっとマイナスで、

ハンドリングが想像よりちょっと良かった。


ちょっとの手入れで結構楽しい車になりそうな気がする。

あと、壊れないだろうな。
エンジン3SのNAとか、壊す方が難しいだろ。


ミッション・デフもキャパありそうだし、何の心配もせずに全開で行けるわ。


もう自分も、とことんの速さを追求するトシじゃねーし、
正直、ヲレもこれで充分な気がするな。



クルマって単純に、速い=楽しいじゃないからね。


トルセンでも定常円できるんだなぁ・・・。



Posted at 2013/10/27 04:06:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ひとりごと | 音楽/映画/テレビ
2013年10月20日 イイね!

お片付け

お片付けいつからだっけかな。
さかのぼって調べるのも面倒臭いのでしないけど、随分玄関でほったらかしのEJ20Kストックエンジン。

実際邪魔なのだけど、忙しいのと面倒なのとで、そのままになっていました。

聞いてた使用距離もいくつだったか忘れちゃったけど、確か10万は使ってなかった筈。
きちんと作っておけば、不慮のブロー時にも直ぐに復活できるし、大事なストックだ。

しかし、アッセンブリーのまま飾って置けるほど家にはスペースもないので、分解して小分けにして押し入れにでも収納して置くしかない。

来ないであろう暇な時間に作り直して、
いつでも組める状態にしておくことが当面の目標である。


インマニに配管、配線類をバラしてタイミングベルトを取り外し、ヘッドとシリンダーを分離するだけで、それぞれひとりで持ち運びができるようになる。
収集コンテナなどに入れて押入れで保管しておけば、いつでも作業できるからね。


ヘッドカバーを開けてみると・・・あんまし綺麗じゃないな・・・
ま、普通はこんなもんか。

自分で言うのもなんだが、自分の使ってたエンジンがあまりに綺麗だったので、目が肥えてしまうな。

ま、岩海苔程度の汚れだから、すぐきれいになるかな。



エンジンスタンドにセットしてないと、ヘッドボルトの締め緩めは大変だよね。

どうせ片付けるエンジンスタンドを、
わざわざ引っ張り出して組み立てる気にならなかったので、
乗っかって押さえ込んで、無理やり緩めます。

とは言え、ただバラせばいいってもんじゃないので、対角緩めで慎重に外します。




う~ん・・・まだ邪魔だなぁ・・・

このまま仕舞うか、全バラにするか・・・ どうせメタルは新品で組み直すしなぁ・・・



でも、作り直す気になってからでいいかな。

でも今のエンジンが意外と壊れないw
Posted at 2013/10/21 02:24:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | EJ20壊して直す | クルマ
2013年10月14日 イイね!

三連休

三連休息子が産まれて早ひと月。

流石に、嫁が帰ってくるまで会えないとか無理なので、三連休で三度秋田へ行ってきました。
ふた月で秋田3回往復・・・


流石にそろそろオイル交換しないとな・・・
6000キロは走ってますw

ま、少し硬いの使ってるし、オイルクーラーで容量も増えてるから実際は10000キロくらい平気だけどね。

意外とオイルの交換時期に無頓着なヲレ。


距離というよりは、時期で交換が多いかな。
そろそろ冬前だし換えとくか~みたいな。

・・・で、計算してみると結構走ってたな・・・てな感じで。


実際年二回だな、春先と、冬前。


充分じゅうぶん、何の問題もナシ。


高速代を浮かせたいので、基本は深夜移動です。
5割引は大事。

東北道上で夜明けを迎えます。




ひと月でずいぶん変わるな・・・
しかもなんだろ、結構笑うんだよね。

笑うわけはないんだけど・・・


顔が結構しっかりしてきたよ。
髪もフサフサだし、最初から完成度高いなw


ヲレが来る前の日までは、毎晩グズってお母さんを困らせていたようだけど、
自分が来た日から、夜はぐっすり眠ってずいぶんいいコw

まったくいいコにしてろって言ったのによ・・・。



仕方ねえから風呂に入れてやるか。

なんだよチクショー、可愛いな。


うりうり動くけど、気持ちが良さそうにしてるな。


ひと月過ぎると、大人と同じ風呂でいいらしいので、
子供風呂に入れてあげるのはこれが最初で最後か・・・残念。

おむつの交換に、お風呂に着替え、抱っこしてあやして、一緒に寝る。

土曜の朝から、月曜の夕方までこの繰り返しだけだったので、
全くどこにも出かけなかったな・・・



あっという間だった。

忙しいと時間なんて一瞬だね。


今度会えるのは、正式に迎えに来る約一ヶ月後だよ。
その間は、仕事と家の片付け頑張らなきゃ・・・

玄関のエンジンも片付けなきゃ・・・



火曜から仕事なのに、月曜の夜7時まで秋田に居るっていう・・・www


もう慣れたもんだよ、(家↔嫁実家)片道6時間も。

前は道程が長いので、色々買い込んでから高速に乗ってたけれど、
今となってはブラックの缶コーヒー一本で到着。

最近は無駄に飛ばさないので、ガソリンもだいぶ浮くようになってきたしね。
(それでも9.6km/L)


栃木あたりまで戻ってきたトコロでレーサーからライン受信




全く、仕事の前の日までパトロールかよ。
忙しいヤツだなぁ・・・。



午前1時自宅着。
2時就寝。



これでいつもどおり。

何だかんだ新幹線で往復するよりは安上がり。



Posted at 2013/10/18 01:21:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | far away | 旅行/地域
2013年10月06日 イイね!

ワンダーフォーゲル

ワンダーフォーゲル自分やクネを中心に、自然に集まるようになった走り屋コミュニティー「ぺったんこ組」
ま、チームみたいにしっかりしたものではない。
クロカン屋の泥んこ組と区別する為にそう呼んでただけなんだけど、あれよあれよと変なのが集まるようになってしまった。

そんな連中の中で、何故か山登りやアウトドアを専門とする輩だけでワンダーフォーゲル部みたいなものが出来上がってしまった。

「ぺったんこ組ワンダーフォーゲル部」


もう正直何屋なのか判らないwww


ヲレはもともとそういうことが好きでやってきたんだけど、
クルマの連中とは分けて考えてたんだよね。

クルマ好きな奴なんてオタクが多いだろ。

人種が違うと思ってたんだよね。


ヲレはたまたまクルマもやるようになっただけで、
元来キャンプ張ったり、登山したり、スタンド・バイ・ミー派なんだ。(ま、オタクはオタクだけどな。)


本当にやりたい奴が勝手にやるようなことなんで、
絶対自分から声をかけたりしないんだけど、


意外と、連れってってくれという話が多いことに驚く。


一昨年くらいからキャンプをしたりというのはあったが、
昨年の富士登山隊編成が大きな発端だろうか。

そして瑞牆山(みずがきやま)登山で確信に変わる。


「意外とこいつらマジだな。」



登山口を8時スタートの予定だったので、談合坂に6時集合。

4時半に起きたよ。


レーサーの402と自分のGCの2台乗合で、5名が参加。



登り始めは深い霧。

本当は台風の影響で延期かと思ってたんだけど、長野には日が差す予報。
気象庁を信じてのスタートだ。





寒くなく、暑すぎず、いい気候だ。

相変わらず霧が続くけど、まだ麓付近だからね。
傾斜もなだらかで、身体を少しづつ慣らしていくのにちょうどいい。


山も少しずつ色づいてきているよ。



1800メートル付近。
約300メートルくらい上がってきたのかな。

ここからあと700メートルは登らなければなりません。


霧が少しずつ晴れてきている。



幻想的な木漏れ日に一同息を呑む。


太陽が近くなってきているよ。






カラマツはまだ紅葉が始まっていないけど、黄や赤がちらほら。
真っ青な空の色も映えるね。


やや調子が出ないクネがようやく上がってくる。
振り向いたらすごいぞ・・・


2000メートル辺りを境に、下界は雲がびっしり。
僕たちはその上に出ました。


雲海の向こうには、南アルプス連峰が。




しばしの休憩タイムでりょーちゅ君が魅せるw



東には世界遺産登録となった富士山も見えています。
いずれはペッタンコ組パーティで再チャレンジしないとね・・・。

混雑しない時期に、うまく登りたいものだ。




植生がカラマツからハイマツに変わり始め、傾斜が一気にきつくなる。

各々の運動性能がパワーウエイトレシオで量られ、クルマに例えられ出す。


軽量ボディーで、パワーもそこそこのヲレはハチロクで例えられ、余裕の先頭をひた走る。
この夏で絞られたボディ-は56.5キロで安定していた。

自分でも判るくらい登攀はラクで、ストライドも大きく取れる。


レーサーは自らをレガシィーツーリングワゴン(ターボ無し)と自覚。
フットワークは悪くないけど、いかんせんパワー不足なあたりが実に妥当w


三番手のりょーちゅくんを例えるなら、NCのロードスターって感じかな。
もともと良かったのに、ちょっと見ないうちにずんぐりしちゃった感じ。
でも、動きは悪くない。


クネがやや遅れてくる。
去年までは、81マークⅡのターボ位のパフォーマンスがあったのに、急にマークXくらいになってしまった・・・。
パフォーマンスの回復が待たれている。
係長などと呼ばれてしまっているwwwww


HIKO君はまんまGT-Rといった雰囲気。
パワーに任せて始めはガツガツ来ていたが、重量がネックになって後半はタイヤがたれてしまっている印象。



最後はみんな無事登頂。

八ヶ岳連峰最南端、編笠山(あみがさやま)標高2524メートル。
きちんと名前がつく主峰を日帰りでピストンできるコースの中で、面白そうな所を探したらここになった。

小淵沢ICからクルマで約15分の観音平から登り始め、
高低差960メートル、標準行程6時間の素人向けコースだ。


想像ほど長くはなかったけど、山頂直下の岩なだれの急登はかなり堪える。



権現岳や、赤岳、阿弥陀岳などの主峰を一望できる山頂は清々しく、
これは登った甲斐があったぞ!

山頂の天気が良くてよかった♪



最近は専用のスカートを履いた山ガールが沢山いるんだよ。

かわいいなぁ・・・

どうにかなんないものだろうかwww


昔は、汗臭いだけの男の世界という感じだったが、時代は変わったのだ。
目の保養というより、むしろ目の毒という気もする・・・。



もうひとつの楽しみは、バーナーなんかを出して作る昼食。
お湯を沸かして、ラーメンやコーヒーを作る。


真っ青な空や、険しい向こうの峰々を眺めながら、マグカップを啜ったりするわけだ。


登山の醍醐味は、この一瞬の為。
と言っても過言ではないような、至福の時間である。



山頂で2時間も過ごしてしまった。
予定よりも早くに着いた事もあるけれど、ついつい長居をしてしまう。


顔がサングラス焼けを起こしてしまった・・・。




またゴロゴロとした岩場を下って、観音平を目指す。
やたらと写真に映り込むのは、二番手を歩くレーサーだ。

走りとカネと名誉をこよなく愛するw変わった若手の一人だが、不思議なことに登山登山と言ってくる。
登山といえば、清貧とストイシズム・・・な印象があるんだが、


彼の中では方針と矛盾しないようだ。



このガレ場の下りは大変だったな・・・
でも、ダイナミックで面白いコースだと思う。

大気が澄んでいて、日差しが痛いほどだよ。




クネは前回までの登山靴が足に合わず買い直した。
ヲレのと同じキャラバンのC1というシューズで、ピンクをチョイスw

それぞれの靴で、土でグリップしないとか、岩場だと滑るとか、特性が顕著に出て面白い。

自分のC1は、特筆すべきところはない代わりにオールマイティといった感じで、安定感はあるかな。
当分はこれで行こうっと。


紅葉は、赤もきれいだけど、実は黄色の方がきれいだったりする。
カラマツ林なんかは真っ黄色になるもんね。


紅葉シーズンにも何処かへ行きたいもんだ。



何か、麓直前でレーサー達以降が何故か別ルートに・・・気がついたらひとりって・・・

合流路があったから良かったけれど、地図があるのはヲレだけなんだから、勝手に冒険してはダメ。




最後は予定の時間に降りてこられたね。
かなり休憩を取ったのに、これは優秀といえるレベル。

今回はメジャーで素人向けのコースにしたけれど、もう少し攻めたコースでも大丈夫かもしれないね。


選択肢の幅が広がるな。

帰りは小淵沢のスパ施設で露天風呂に入って、軽くゴロゴロしてから家路へ。
うーん、楽しいね・・・こういう遊びは。


誰かひとりでも無理してるとか、付き合いで来てるとか、
そういうのがあると一気につまらなくなるからね。



気を使わない連中が集まって、こんなふうに旅ができる。
気の合う仲間がいてこそだよね。


これも、満足度の高いクルマ遊びの一つだよ。





とっても贅沢だと思うんだ。 (*´∀`*)


帰りはレーサーとキャノンボール・・・



Posted at 2013/10/10 01:44:14 | コメント(6) | トラックバック(0) | far away | 趣味

プロフィール

「有安さん、今までありがとう。
お疲れ様でした。(*T^T)」
何シテル?   01/16 08:06
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
Fukui@神戸Fukui@神戸 * hachi84hachi84 *
ニコチンマニアニコチンマニア Night RiderNight Rider
884_884_ M39CZ75M39CZ75

ファン

247 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.