• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2015年01月24日 イイね!

あれから10万キロ

あれから10万キロヲレのGCももうすぐ18万キロ。

メタルブロー連発で腰下オーバーホールに奔走してたのが8万キロ手前だったから、あれからもう10万キロ使ったことになる。


持つもんだな・・・



ちゃんとエンジン組み直して、自分で当たりつけて、自分で乗ってる分には壊れない気がするよ。
パワーや圧縮が落ちてる感じもしないし・・・
マイナートラブルは多いかもしれないけれど、何だろう・・・意外と丈夫なエンジンなのかもw

自分が使う10万キロって、ほんと手加減なしのガチの10万キロだと思うんで、
結局いまだに問題なく使えてるってのは、なかなか立派なもんだと思う。


そうは言っても、蓄積していく年月の疲れはそこかしこに出現し、半年も放っておけば、ただのポンコツに成り下がってしまうだろう。

意外と細かいところをコツコツ直すのが大事なのである。



まず困っちゃったのは、中間パイプのフランジの割れ。
そのへんのVIPカーだってもうちょい静かだろって位の爆音に・・・。

ぐるっと一周割れてしまい只の直管パイプ状態で2週間乗ってましたwww



3年くらい前に一度溶接で直したところだったので、もう限界。
程度の良さそうな中古買ってきて、耐熱塗装やり直して交換することにしました。





ついでにコ汚かったSTiのリヤピースも、補修と磨きで復活させて、来月の車検に備えよう。
若干のクラックと排気漏れがあったので、エポキシ系金属パテ「コンクエスト」で補修。

溶接並みの接合力と強度で完全復活です。


マフラーも磨いたらピカピカになった。
これでエキゾーストは当分心配ないかな?


あちこちの排気漏れも、だいぶ以前からあったんだろうね・・・良品で組み戻したら、かなり静かになりました。



あとは、効かなくなっていたリヤウインドウの熱線デフォッカ。
よく見たら、端子のロウ付けが剥がれてました。

ハンダも垂らせないし、ここって何で貼ればいいのかな~なんて思ってたんですが、先ほどマフラーの修理で使用した「コンクエスト」これが良さそう。

この接着材は、アルミニウムパウダーがベースなので、導通もOK。


すっかり直りましたね。




正月に割ったバンパーウインカーも、家にストックが無かったので修理。

ガンタイプのエポキシ接着材で瞬間接着です。
3Mの34240 プラスチックリペア・セミリジッド という樹脂補修材の革命児。
たったの50秒で硬化が始まり、相手を選ばず強固に再形成します。

補修部分は、ホントに元より強靭に仕上がっています。


最近の接着材は直せない物がない気がします・・・凄い。



なんか、マフラー換えたばっかりのクルマみたいw


他にも色々直さないとなんだよなぁ~



Posted at 2015/02/05 00:01:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | GC8メンテナンス | クルマ
2015年01月17日 イイね!

1000分台の戦い

1000分台の戦いぎっくり腰に、ノロウイルス、兄貴の病気の絡みであちこち飛び回り、余りにも多くの問題が山積していた為、年末年始は生きた心地がしない程忙しかった。

バイクだのクルマだの直してる暇がなかったな・・・

漸く色々とカタがつきだしたので、少し余裕が出来てきました。


途中で放ったらかしだったKSRのエンジン・・・そろそろ直さないと。
インプでの長距離通勤はボディーブローのようにジワジワ効いてくるんだよ・・・。



引きずり下ろしたエンジン。
腰下の分解はいくつかの難関があり、そう容易ではない。



専用の逆ネジボルトなどもないので、プーラーで外してしまいます。
固くてなかなか外れてこなかったよ。


スプロケットとジェネレーターが外れたら、今度はクラッチ側です。




フリクションプレートASSYとハウジングは、スナップリング一つで丸ごと外れます。
ワッシャの入れ位置を忘れないように・・・


クラッチまわりの機構をひと通り外します。
時間を開けると組み方を忘れそうなので、細かく写真を撮っておきます。


クランクケース分割。

クランクベアリングの嵌りがきついので、なかなか割れてきませんでした。
ケースが意外と薄いので、無理をすると割れてしまいそう。
タガネで隙間を作りながら均等にコジって少しずつ作業しました。


結構ガタガタになっていたクランクベアリング。
錆なども目立ち、乗っていない期間が長かったのかも知れない。



乱暴に持ち上げたら、カウンターシャフトの一番上のギヤ(1速)が外れてしまい、特定条件でのスライドを抑制している極小のチェックボールがバラバラ飛んでしまった!

何とか見つけ出し、冷や汗をかきながら組み戻す・・・。


クランクベアリングのジェネレーター側はケース側に残って外れました。
6304のC3というベアリングが使われています。

C3というのは隙間の大きさを示す規格です。
熱膨張時に焼き付かないように、わざとキツキツにはしていないんですよ。

オートバイのエンジンなどには主にC3が使われています。

6304規格ならいいだろうとネットで安く買ったものを使うと、クリアランス規格が合わなくてすぐに焼き付いたりして壊れます。

ネットで買ってもいいけど、よく確認しようね。



何かが一個無くてももう組めないので、
半月キーや、スナップリングなど、判りやすく完璧に保管しましょう。


クランクのウォーターポンプ側に残っていたベアリングも、セパレーターやプレスを使って外します。
きつくて中々外れませんでした。

25年前のエンジンだもんな・・・当然か。




ベアリングとオイルシールを新しいものに打ち替えます。
ガスコンロに乗せて火炙りにすると、古いベアリングはポロポロと簡単に外れてきます。

入れるときはオイルシールを先に組むので焼けません。
ヒートガンでそこそこ温めて、軽い叩きで入れます。


クランクシャフトは圧入ピンでウエイトをつなぐ二分割。
こいつを分解しないと、コンロッドのビッグエンドのベアリングが交換できません。

難易度が高いので通常はDIYではやらず、そのまま再使用かクランク・コンロッドASSYで交換するもののようです。

しかし、アッセンは3万近くする・・・厳しいなぁ・・・

ピンとニードルベアリングだけなら3500円程度で済む。。

クランクの芯出しが熟練職人の仕事らしく、難しそうですが、
ヲレも一応板金屋の端くれだからな・・・叩いてイケる仕事なら何とかしなきゃな~(汗

マーキングや測定をひと通りしておき、仮組みの目安を作っておきます。



先ずはピンを抜かないといけないので、自宅の油圧プレスにかけます。
適当なボックスレンチを冶具にして、グイグイ~と押しますが、ちょっと動いたところから全く押せない・・・

あれれ・・下側がドッついてるのかな・・・と思って確認してみるがそんなこともない。
ウエイトの片側での固着が酷いらしく、12トンのプレスの門柱が上下にしなる程押しても動かない。

危ねぇ・・・。


これ以上は試せないナ。

自宅分解は断念。




翌日、会社で50トンまで押せる強烈なプレスがあるというので、借りてきました。
余裕でしたwww


世の中道具だなと思いました。



おっ外した大端ベアリングとピン。

どちらも摺動面に虫食い状の腐食跡があり、再使用が不可であったことを実感。
大変だからと割愛したら、またバラすことになりそうでした。



そしてもうひとつの山場。
クランクシャフトの芯出し作業。

V字マウントを作り、くるくる回しながらダイヤルゲージで軸ブレを計測。
銅ハンマーでウエイトを引っ叩きながら左右のシャフトの真芯を出していきます。

バラス前のマーキング通りに仮組みした積もりでしたが、話にならないほどブレブレ。
1/100ミリ以内の精度が欲しいトコロで1/5ミリのブレとか笑わせます。

渾身の叩きでウエイトを折檻しますが、ゲージの値は殆ど変わらず・・・


まだコツを掴んでないんだな・・・


押さえ方や叩く角度に気を遣い、手首のスナップで勢いよく打擲。
値が変わってきた。

なんとなく叩き方が分かってきたぞ。


コツを掴んだらあとは数発でした。

ブレブレだったクランクは、35/1000ミリまで収束。
これ以上は、どう叩いても離れる気がしたので、ここで妥協。
ヲレの簡易Vマウントだと只でさえガタがあるんで、実際の値よりは小さいかもね。

レース屋の職人はもっと小さく収めてくるんだろうけど、通勤用なんでココでイイッスw



いや~それにしても真芯が出ると気持ちがいいな。( ´艸`)


よーし、あとは組むだけじゃん。
Posted at 2015/01/31 02:45:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | KSR生活 | クルマ
2015年01月06日 イイね!

雨の日本青年館

雨の日本青年館6日から始まったスターダストの7日間連続イベント。
[ふじいとヨメの七日間戦争]初日。
唯一、ももクロだけのライブイベント[俺のももクロライブ]に当選していたヲレは、新年二日目にして余裕で有給休暇を申請し、夕方からのライブに備えていた。

ここまでの大スターに成長してしまったももクロちゃん達が、日本青年館(キャパ1300という超小箱!)に帰ってくるのである。

このチケットの当選はまさに奇跡といっていい。

もう、二度と無いかも知れない幸運を引き当ててしまったのである。


なので・・・うっかりのこのこ出社してトラブル残業で帰れないなどという事になっては、
年初から死んでも死に切れない禍根を残すことになる。

ここは素直にお休みを取る事が正解なのであるw



しかし、日中何もしないのも勿体無いんで、
正月に出来なかったKSRの修理を少しでも進めておこう・・・。


ギヤオイルを抜いたら、黒い鉄粉が結構出てきました。
クランクベアリングは完全に逝ってる証拠です。


エンジンだけでも降ろしておけば、あとは部屋で空いた時間にチョコチョコ進められるからね。。。

クラッチやジェネレーター周りも一気にバラそうかと思ったんですが、
結構派手に雨が降ってきたので、さっさと撤収。

駐輪場だから屋根はあるんだけど、結構床が水浸しになってくるんだよ・・・


そういえば、契約駐輪スペースなんで駐める場所は決まってるんだけど、区切りも何もないんで、外から来てるっぽいママチャリがガンガン隙間に押し込んであったりして、結構バイクが傷になる。

ブレーキレバーかなんかで乱暴に引っ掛けるみたいなんだよ。

今はコ汚いからまだいいけど、その内丸塗りしようと思ってるんで、
この無秩序状態を今のうちに何とかしないと・・・


と思って、「ガンガンぶつけられて迷惑している、次やったらわざとじゃなくてもただじゃおかない。」
との旨を書いた真っ赤な文字の張り紙を、自分のバイクに3日間貼っておいたら、誰も駐めなくなってましたw

真っ赤な文字で殴り書きってのに猟奇性を感じたんだろうな。
狙ったんだけど。


ぶつけなければ駐めてもいいのに・・・。




地下鉄銀座線外苑前から徒歩10分。
雨の神宮球場前は、寒々としていました。



国立競技場立て直しに伴い、近々取り壊しが決まっている日本青年館。

ももクロの箱イベントは、ここでのももいろクリスマス(2010年)からスタートしたのです。
いまや大箱で6万も7万も集めてしまうももいろクローバーZ。


それがこんな小さい市民ホール位の会場に帰ってくる!


胸熱!



しかし、インフルエンザで紅白を欠場した有安杏果(緑)が、本日もまさかの出演見送りに・・・(´д⊂)

ううう・・・仕方ない!

仕方ないけど・・・5人の日本青年館が観たかったようっっっ!(つд⊂)


早く良くなっておくれよ!!!


ま、そんなこんなで4人の日本青年館ライブ。
4人が間近で見られるだけでもありがたいと思うしかないな!

どうせ、強いて言うなら有安寄りってだけの基本は箱押し。



全力でやってくるしかないZ!


セットリスト

SE:overture
01:走れ!(バックに白い幕でももクリ青年館のオマージュ)
02:words of the mind ~brandnew journey~
あーりん杏果のお面を手袋代わりにスタート→もちろん投げる
03:Believe(杏果パートはあやかなこ)
MC:全員の杏果自己紹介でgdgd
あーりん「今日は、もともと五人でやることを考えて組んだ
      セトリなんですよ。だからビリーヴとかワーズとか、
      杏果フューチャーの曲を選んだんですよね」
04:My dear fellow(振り付け紅白ver.)
05:5 The POWER
06:きみゆき
MC:
しおりん「明日のイエローサミット、何やるか決まってないんですよ」
れに 「おみくじ引いたんだけど、一番最初に引いたのが吉で、
身を清めた後もう一度引いたら中吉。3度目の正直でもう一度
引いたら、また吉に戻っちゃった!」
07:Hello...goodbye
08:CONTRADICTION
09:Z女戦争
10:サラバ、愛しき悲しみたちよ
MC:あーりんQJ(佐々木彩夏号とあーりん号2冊)発売決定
   なお、前週は幕が上がる号の模様
  →れに雪(アナ雪パロ)寸劇→あーりんリンゴを握りつぶす
11:サンタさん
  れにちゃんのちょっといいとこ見てみたい~→れに脛バット
  あーりんのもっといいとこ見てみたい~♪
   →ローキックでバットへし折るあーりん
   かなこソロ「青年館じゃ通り過ぎたクリスマスー?」
   曲終わりにあーりんケツバット折り
12:ニッポン笑顔百景
13:オレンジノート

EN1:Chai Maxx ZERO
EN2:MOON PRIDE
MC:「ラストはあの空の予定だったけど、5人で歌いたいからどうする?」「これ以上来なかったらこの曲もらっちゃうぞってことでありがとうをプレゼントしちゃう?」
EN3:ありがとうのプレゼント(譜面台有り)
    →サビが場内大合唱&ペンラで緑に染まる会場
    杏果お面は客席にプレゼント
MC:れにちゃんチャイマゼロのコール&レスポンスするもgdgd
    れに「よいお年を―!」

まとめノフ抜粋



想像以上の近さと会場の狭さにビビる。
間近で見る4人の可愛さにビビる。
物足りないと感じさせない4人のパフォーマンスに圧倒。
杏果は居たんじゃないか。
というくらい緑のペンラとコールの嵐。

終わってみれば、4人でしかありえない稀有で熱いライブでした。

いや~、あーりん痩せてたなw



18日のDiverCityまでの復活よろしくお願いしまつ!<(_ _)> 



(*・Θ・*)
2015年01月02日 イイね!

シーズン戦開幕

シーズン戦開幕大晦日のぎっくり腰を、自己流ストレッチと温熱療法でなんとか押さえ込み、開幕戦に間に合わせることが出来ました。

ただ、心配なのは腰の具合よりも07年製のレボ1の方で、ぶっちゃけ去年で捨てようと思っていたタイヤですが、暮れにいろいろバタバタしたせいでそのまんま続投。

アンダーサイズ195幅の、8年落ち、5部山割りと三拍子揃った本気のダメなヤツですwww

どうせ今シーズンも、行けて2、3遠征程度だと思うので、一発走ってから考えます!



片道2時間で行けるいつものコースへ。
都内在住者にとって、雪山が片道2時間はもはやホームであるw


夏山に引き続き、アジアンの新品を導入してきたノリさんアルテッツァ。
ナンカンのESSN-1とかっていうスタッドレスのフラッグシップモデルらしい。

アジアンなのに一本¥8.000-!

これで遊べなかったら損しかしないな!!!


しかも何故か高速でルーフレールがブッ飛んでましたww
ゴミすぐるwwwww




まず一本。
一見食いそうな路面だけど、全然踏ん張らないアイスバーンでした。

日中天気良かったのに、夜はマイナス17度とかだったんで表層の下はカチカチの氷だね・・・。
昼間陽が当たるようなコースはこんな感じになるみたい。

只でさえアイスバーンの苦手な幅狭レボ1。

ダメっす、全然食いません。



はい、言わんこっちゃない。
バンパーとフェンダー、軽く逝かれました・・・。
別にミスも特にしていないのに、緩いコーナーの立ち上がりで右側ガサガサッてなっちゃった。

あれでもオーバースピードなのかよ!

テクニカルはまだいいんだけど、高速区間が鬼。
ブレーキが全く減速しない・・・
今までの感覚で、安牌の安牌くらいの見切り進入がもうオーバースピード!

限界が低い分楽しめるとかそんな次元じゃないです。
普通に走れない。
クネもノリさんも先に行かせて一人で走っててもこの体たらく。


間違えて夏タイヤで来ちゃったに近いコントロール性の低さ。


コイツはヤバイぜ。



ノリさんもちょいちょいスピンで刺してたけど、
タイヤのせいと言うよりはFRで追い込みすぎてるからって感じかな。

すごく楽しそう。

一回巻き込んでスゲー深く刺してたんだけど、ほぼ無傷。
さすがスノドラ、さすが雪壁って感じです。


これが夏山ならもう2台廃車になってますwwwww



しかし、ここまでで想像以上にどうにもならない感じに心折れそうになっているだ い 。
ここまで食わないのは初めてだな・・・。


ノリさんのナンカンが羨ましい・・・

クルマを失わない為に撤収もアタマをよぎります。



でもまぁ、こんなもんか!


今回は、桜の旅なんかでいつも一緒にいく近所の幼なじみコウヘイを隣に乗せて来ているので、
このしょっぱい走りのままじゃ帰れないよな。

とりあえずマイペースに徹してでも、今日というこの日を楽しまなければ!
ただ普通に走るだけでも超絶技巧を要するような不安定な車体。

更なる技術か・・・


いいよ・・・真骨頂を見せるぜ!



そこから更に山奥の、北側の峠区間へ移動。

むむ、ここはまだ走りやすいぞ。
多分、日中陽当りが悪そうな事と雪が掃けずにまだ結構残ってる事とで、まだグリップする。

フェイントからの思い切った卍にもクルマが応えてくれる。


結構狭いところもあるんだけど、全部卍で繋げられそうだ・・・コントロール出来る。
ここだったら、さっさとチギられてしまう事もなさそうだよ。


そうは言っても、4速で目イッパイ踏むところがあるんで、GDBにはついていけません・・・。
上りでこっちのメーター読みで○20キロ以上になるのに、ぐんぐん離れるんで○40キロあたりにはなってる筈だな・・・。

こんな狭い峠で止まる自信ねーよ(; ̄O ̄)


それ以前に、これ以上踏み込んでもタイヤが横にしか応えない。ヌルっとか言ってアブねー!
空力にトラクションが負けてるんだろうな。

これでコケたらさすがの雪壁も突き破るだろうな。


ノリさんがなかなか来ないんで、おそるおそるクネと下って見に行く。
ある程度のところまで下っていって、ここまでに居ないんじゃあそこで間違いないってコーナーがある。


伝説のレーサーコーナー

前走車が見えなくなって、追いつこうと必死になってると必ず読み違える危険なコーナーである。

いやぁ、刺し方が良かったね。
まさかの無傷でした。


手前のストレートが長くスピードが乗る。
これまでのリズムと間口の広さの感覚ギリで入ると奥がキツくて曲がれない。
昔、レーサーのBHが廃車寸前になったあの伝説のコーナー。


隣に乗っかってたのだめ太郎も肝を冷やしたハズだw


もう少し手前の電柱の所でオフセット衝突すると、あの伝説のクラッシュになるw



コースはトリッキーなんだけど、ここがヲレは一番走りやすかった。
まぁ、一番マシって話なんですけどね。


むしろここが残ってて良かったよ・・・。


5往復ぐらいしたかな。
結構雪も掃いちゃって大分食わなくなってたけど、最後までスピード乗せながらブンブン振っていけたんで楽しかったかな。

クルマが大分ブレるようになってきたんだけど、
もう路面のせいなのか操作のせいなのか判らなくなってきたな。


集中力が切れてきたのかも知れない。


雪上だけで150キロ以上、3時間掛けてガソリンも半分以上使ってしまったな。



潮時です。



いや~・・・怖かったぁw


ヲレは走りをスリルで楽しむ方じゃないんだけど、やっぱ難しいんで恐怖が拭いきれないな。

みんなと走ってるから、やっぱマイペースだけって訳にはいかないからね。
この状況下で、冷静・正確に自分の出来ること、出来ないことを判断し、ミスを最小限にしながら全力で追い込む。

途方もない遣り切った感・・・

マジでホント何の試合だよって感じ・・・。


多分、雪山やってると気持ちがもの凄く強くなりますw




とにかく無事走りきったな・・・みんなお疲れさまと言って解散です。




あらら・・・マッドガードが欠けた・・・
もう10年使ってるもんなぁ。

EVAシートで作り直せばいいのか・・・。


結構割れやがったな。

年明けからバンパーとフェンダー塗り直しかぁ~www
開幕戦の献上率高いな~

ま、この程度は転んで膝擦った位のもんで、ツバでもつけておけばいい。


しかし毎回ローコストで抑えようとして不備が多く、初戦でやっぱダメかのパターンが多いな。

もう分かってんだから学習しろよクズが・・・



地元に帰る頃にはちょうど朝焼け。


ついでだからちょっと寄っていこうぜと、コウヘイを連れて裏山の高台へ行ってみます。




この日の出直前の色が一番きれいなんだよね。

充分だな・・・



日の出を待たずに帰りました。



遅くなりましたが、皆様、

新年あけましておめでとうございます!
今年もぺったんこ組共々宜しくお願い致します。




タイヤどうしようか・・・

Posted at 2015/01/03 13:16:15 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雪まつり | クルマ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
萌ラジ@ゆかりす萌ラジ@ゆかりす * M39CZ75M39CZ75 *
マッキ--マッキ-- * Fukui@神戸Fukui@神戸
toshi_ae86toshi_ae86 くろぽこくろぽこ

ファン

242 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.