• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2016年07月10日 イイね!

ふたりで

ふたりでフロントのハブをオーバーホールして完調かと思われたイプ太郎でしたが、前が静かになると後ろの音が大きいような気がする。。。

夏は出掛けることも多いし、早めに換えとこうかな。

という事で、リヤのハブベアリング類発注。
とっとと換えることにしました。


もう既に日中は糞暑いし、貴重な休みを整備なんぞで潰したくないので、仕事から帰って家の事を済ませてからGCジャッキアップ。

夏は夜がいい。




サクサクとリヤナックルだけ外してベアリングだけ打ち替えておけば、明日午前中で組み終わるでしょ。
・・・てな具合にいつものどんぶり勘定。


若干予想外のトラブルに躓きつつ、何とかナックルアームを摘出。

外しただけでは半分とは言えないので、根性でベアリングの入れ替えまで今晩中にやろう・・・



リヤナックルのオーバーホールに必要な部品最低限。

サイドブレーキ多用する奴はこの機会にシュー新品とか、ハブガタで長期乗っちゃった場合はハブフランジもダメな場合が多いのでこれも交換とか、各自の判断で。
アクスルナットは前回新品にしてるので、今回は再使用。



プレスがあればハブベアリングなんて楽勝だ。

機材がなかった昔は叩いて抜いたり入れたり、何とかなるもんだけど・・・結構大変。
プレスを使うようになったらまず考えられないねw

ベアリングの入れ替えに、ブッシュの入れ替えに、エンジンのバルブガイドとかシートの交換に・・・
とにかく稼働率が高い油圧プレス。


自分の近辺のプライべーターでも導入の検討者が多く、今年に入って2名から相談を受けている。
安いものでいいので是非とも導入するべきだと回答している昨今である。



ベアリングを打ち換えてしまえば戻すだけなので、翌朝午前中に組み付けて終了である。




実は先日、下の子供が気管支炎で入院してしまったため、
休みの日には、自分か嫁が看病で病院に籠るか、上の子の面倒を見るかの二者択一の状況になっている。


小児病棟には感染症予防の為に、幼児は入れないのが一般的だからだ。


昼からは嫁が病院に籠るので、クルマなんぞ弄っていないで長男を見ていないといけない。


ベアリングごときで一日使う訳にはいかないという話だったのさ。



ポンと時間が出来ると、クネ太郎のところに遊びに行ったりもするんだけど、ちょっと時間が中途半端だったから、川に連れて行く事にしました。

パン屋で昼飯を買って、河原の木陰で椅子出して食事。


「去年も来たんだぞ、憶えてるか?」

「うん、たぶんおぼえてる。」

「多分って何だよ・・・」






もう保育園ではプールに入っているらしく、滔々と流れる道志川に臆することなくざぶざぶ入っていく長男。
迷いがないな・・・まだ二歳なんだから、もう少し怖がるもんだぞ。


「冷たくないのかよ。」

「ちょっとつめたい。」

「いきなりざぶんと入ると死んだりするからな、体操するんだよ。」

「たいしょーするの?」

「体操だたいそー。腕をこうやってブンブンして振り回すんだよ。」


ひとしきり変な踊りみたいな適当な体操をして、ちょっと深い所に入っていく。
そこで息子がつまづいて前のめりに着水する。

淵に向かって転んだので、身長より深い所で完全に水没した。

咄嗟に腕を掴みあげて浅瀬に引きずりあげる。



泣くかなと思ったら、軽い嗚咽だけで泣かなかった。


「大丈夫か?怖かった?」

「うん、こわかったけどだいじょうぶ。おとうさん。」

「お父さんがなんだよ。」

「おとうさんがいるから。」

「・・そうか、やるな。」




ひとしきり遊んで帰り支度。
トランクに積み込む椅子やらテントやらをクルマの後ろに並べる長男。


「お前何してんの?」

「おてつだい。」

「ううむ・・そうか、やるな。」





「そろそろお母さん迎えに行かないとな。」

「ねえ、ブンブンしてかえろうよ、もっとブンブン。」

「・・・ちょっとだけな。」



なんかリヤの音はハブじゃなかったな・・・デフのベアリングかなw

Posted at 2016/07/17 00:56:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | GC8メンテナンス | クルマ
2016年07月02日 イイね!

ブレンボの持病

ブレンボの持病先日ハブ交換やら、ブレーキパッドやローターの交換やらでリフレッシュしたクネのGDBだったが、どうやらキャリパーからじんわりとフルードが滲みだすようだ。

以前からニップルの締め込みが甘いと粗相を繰り返してきたブレンボキャリパー。

甘いとは言っても、ニップルのサイズに対して常識の範囲よりちょっと多めに締め込んでる位なのだが、油断すると滲みが出てくる。


構造的には、キャリパーの雌ねじの奥がテーパーシートになっていて、ニップルの先端も同じ角度でテーパーカットしてある。
これらをすり合わせて圧着させることでシールしている訳だけど、どうにもすり合わせが悪いのかかなり強めに締めないと漏れが止まらない。

でも、あまり強めに締め過ぎると、キャリパー側のアルミのネジ山が痛んでガバガバになったりネジ山が飛んだりしてしまう。

なかなか丁度いい所が難しい・・・というか、締める度に痛んでいくしかない、というような残念な構造だ。


ニップルを外してみるが、シール不良を彷彿とさせるような致命的な欠陥を見つけられない。
強いて言うなら、一度緩ませてしまえば手でくるくる回せるほどネジが軽い。

ネジ山がガバガバになってしまっているんだろう。


毎度強めに締め込んでいるせいなのは明白だが、漏れが止まらないんだから仕方がない。


最後の悪あがきでもう一段強めに締めてみようと、締め込んでいくと・・・
トルクが掛かることなくふもとで緩々と回ってしまった。

棚落ちしたネジ山がグズグズと上がってくる。


残念ながらネジ山が終了したみたいです。。。



取り敢えず修理か交換しかなくなったので、
シールテープぐるぐる巻きにしてフルードの自然落下を止めます。。



一週間の小休止




クネが適当に調達してきた訳ありブレンボを、リペアして交換することになりました。
1万円のリペアキットとリコイルを準備して作業に掛かります。



訳ありキャリパーは、走行中にボルトが脱落してホイールと干渉したという戦士の逸品。
キャリパーの外側がガリガリになっています。
キャリパー脱着時にねじ山を痛めたのに、改修せずに再使用してボルトが外れたのでしょう。

これはリコイルで充分に改修出来る内容。


ダストブーツなどはグズグズなので、シールキットを使ってきちんとリペアーします。

兎に角エア抜きのニップルが正常なら何の問題もありません。



と思ったら、問題発生。

持ってきたエアードリルのチャックが小径で、リコイル付属のドリルが咥えられない・・・
M12のリコイルだからね、下穴も10ミリ以上。

小型のハンドドリルなんて大概10ミリまでだから、ちょっとうっかりしてたな。。


家までデカいドリルをちょっと取りに行ってこようって距離でもないし、近くでドリルやチャックを買うのも馬鹿らしい。


何かないか何かないか・・・




丁度いいのがあったw

無理すれば叩き込める位のサイズ感が絶妙だった。
電動インパクトで下穴は無事貫通。


何とかなるもんだな。



これでリコイルによる強固なネジ山の再生と、ピストンシールのリペアも完了。
ブレンボキャリパーの改修は成功です。


しかしなぁ、エア抜きの際に締め加減で気を遣うのはこれからも変わらないなぁ・・・。

力で締め込むのはNGなんだよな。
テーパー座面にパッキンが入れられればとも思うけど、母材が軟らかいアルミだから本来必要はない筈。
やはり、ニップルのネジ山もリコイルで強固にし、トルクを掛けられるようにするのがベストなのかな。

ま、再び漏れるようなことがあったら考えようw





クネのGDBのブレーキ改修が済んだので、残りの時間でこの間塗ったセルジオ越後の磨き。

暗い中で吹いたせいでリヤバンパーのクリヤが結構垂れちゃったんだけど、
トレカットで凹凸を消して、バフレックスで目消し、#1200→#2000のコンパウンドで完璧に消えました。
(材料の話です)


今はいい道具や材料があるので、リカバリーが楽でいいですね。




腕が落ちますw



また色々と板金事案が舞い込んできている。。。

Posted at 2016/07/06 01:52:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
中部の猪中部の猪 * くろぽこくろぽこ *
TATSU.TATSU. * IIcx@赤GF8IIcx@赤GF8
萌ラジ@ゆかりす萌ラジ@ゆかりす なべ管理人っす!なべ管理人っす!

ファン

243 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.