• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だ いのブログ一覧

2017年03月25日 イイね!

デトネーション

デトネーション100キロの一段階目の慣らしが終了。
もう100キロ位無茶しないで大人しく走ろう・・・そんな感じだった。

80㏄用のキャブレターに付け替えて取り敢えず通勤。
雰囲気を見ながら、週末にでもジェットを付け替えてみようと考えていた。


何か中間があまり気持ちよくねーな・・・。

ビビるような共振域がある。
機械的によくないような振動が出る領域があるのだ。

慣らし中という事もありあまり回したくはないのだが、一定回転より上まで回すと共振が消えるので、かえってその辺で走った方がいいと思い、徐々にではあるが結構高回転まで引っ張っていたと思う。


「チリチリチリ・・・」


なんか、エンジンからチンチンチリチリ金属音がするな・・・
何の音だろ、またピストンリングかな、

それともミッション内部でトラブルかな。

アイドリングで金属片が遊んでる様な喧しい音がする・・・


エンジン終わったナ・・・



取り敢えず走れるので、神経を機械の内部に潜行させながらトラブルをイメージしてみる。

若干のパワーダウンがある。
抱き付きに似た症状だが、アイドリングは普通にしている。
ギヤチェンジは問題なくできる。
クラッチの切れやミートに違和感なし。


ほぼほぼピストンまわりだなぁ・・・


願わくばシリンダーとピストンペーパーで磨いてリング交換くらいで済ませたいなぁ・・・




ウヲヲ!
15000円のABピストンがヤバイ!!!

再利用出来る気がしない!



ヘッドもえらいことになっとる!!!
何だよこの破片の潰れ方・・・スキッシュ無さすぎ。


完璧にデトネーションによるピストン破損ですね。
リングはまだちゃんと居ましたw

ハイコンプピストンに対して燃料が薄すぎたか・・・
オイルも足りなかったのかも知れない。(50のオイルポンプでは全開でも不足であったか・・・)



シリンダーはホーニングやり直しでイケそうだな・・・

危ない危ない・・80のOSピストン廃盤の今、STDΦ47のシリンダーは宝。



破片を結構叩いたし、コンロッドのガタも気になるな・・・
クランクベアリングとコンロッド大端も交換かな。。

中間域のジャダーっぽい共振はここかも知れない。


また腰下OHか・・・




( ノД`)シクシク…




畜生、社外のハイコンプピストンは危険だな。
デトネーションも怖いし、スキッシュが狭すぎてトラブルの度にピストン交換になっちまう。

80の純正スタンダードピストンはまだ出るみたいだし、買い占めておくか。。。



それより何よりジェットの番手を上げてなかった事と、
100キロ慣らしが終わったことで混合燃料の割合を落とした事が原因なのかも知れない。
逆に完全に混合で行った方が良かったのかも知れないな。



相変わらず楽しませてくれるぜ。。。


とにかく腰下のやり直しが嫌すぎる・・・



Posted at 2017/03/26 06:38:23 | コメント(7) | トラックバック(0) | KSR生活 | クルマ
2017年03月21日 イイね!

キャブレター交換。

キャブレター交換。結局80㏄用のVM18を使う事にしました。

オークションで軽く競ったものの、4.000円程度で落札。

タマが少ないせいか鬼のように跳ねてる場合があって、ビビッてたんだけど・・
5.000円で突っ込んで放って置いたら落ちてましたw



ウチに連れて来た時からキャブレターが不調だった。
全分解して消耗パーツを全て換えてもアイドリングがおかしかった。
アイドルスクリューを全開まで締め込んでも、ぎりぎりアイドリング出来るかどうか程度の空気量。

信号待ちではやや開けてないと止まる時がある。


スクリューが減ってるのかと思ってチェックしてみても、ちゃんとバルブを押し上げてる。
上がり過ぎてる位だ。

パイロットジェットやメインジェット、ニードルが換えてあって濃すぎるのかと思って全て純正新品で交換してみたけど、そもそも来たジェットの番手が一緒、ニードルは廃盤w

何度もフロート調整をしたり、ニードルを上げたり下げたりしてみるものの、改善されることはなかった。


もう何だかよく判らないので、諦めてワイヤーで引っ張って無理やりアイドリングを上げて乗ってました。。。



50㏄用のVM16と80㏄用のVM18の比較。

左がVM18。
大きさも一緒で外観上の違いは確認できない。
吸入口径も一緒なので、純正のエアクリーナーがそのまま装着できるのはいい!



こうして見てみるとスロットルバルブが若干違う気がするが、打刻の数字などは一緒。
VM16側は目一杯スクリューを締め込んでいたので打点がかなり内側である。


あとは兎に角、唯一部品交換出来なかったニードルの太さが違う。
違い過ぎる。


VM16についていたものは 3DJ4 とあり、
VM18のものは 3FL17 とありましたが符号の意味は判らず・・・



写真はVM18を運用前に分解清掃したときの物です。
特に欠品や改造、不具合はありませんでしたが・・・

ある事に気付きます。


80の物は、メインジェットが#77.5というものでした。
50の標準が#90なのに対して随分小さい番手ですが、間違いなくこれが標準なようです。

排気量が大きいほど大きい番手が付くものだと思っていたので、???な感じです。


恐らく、排気量が大きい方が吸入流速が速いので大きな負圧が発生する為、番手が小さくても吸い出される燃料が多くなるという事なのでしょう。

VM18ではベンチュリー口径が2ミリ大きくなっていますので負圧もトントンになるのでは?
とも思いましたが、パイロットジェットはきちんと#20→#30にサイズアップされている事と、レイノルズ数の関係で正比例ではないのでしょうね。



流体は奥が深いなぁ・・・



と言う事は!
小排気量にVM18をそのまま流用すると、低負圧の為に燃料が薄くなって焼き付きやすくなるのかも知れない。

まぁ、排気量的には80㏄寄りにはなってるんでどうなんでしょうね。
単純に真ん中取って#85とかにしておいた方がいいのかも。


流石にツルシでポンという訳にはいかないか~



買っておいてよかったぁ~。


取り敢えず、キャブレターは無事流用完了。

もう少し慣らしをしたいので、やや濃い目でセッティングしておきます。
何の問題もなくアイドリング調整を出来るようになりました。


今までの苦労は何だったんだろう・・・



しかし、やはりと言うか・・キャブレターだけ大きくしてもパワーアップという感じにはなりませんね。
出て行かないものは入っても行かないんでしょう。

やはり2ストは排気が8割と言いますね・・・



チャンバー欲しいなぁ・・・



その前にアレを付けないと!





Posted at 2017/03/23 02:49:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | KSR生活 | クルマ
2017年03月19日 イイね!

夏足戻し

夏足戻し関東の桜の開花宣言が出た。

3連休が暖かかったからね、積算時間が一気に稼げたみたいです。
クネのGDBは恒例の足戻しと、エンジンオイル・LLCの交換、あとはフロア下の融雪剤対策を施してみました。


久々にポンさんちで作業。
家主もそろそろ長い冬眠から覚めた模様。


遂に12万キロを超えたGDBの下回り。

ほぼ走りに行く時にしか使わないクルマなのに、年1万キロ乗られている。
シャッターガレージ保管にも関わらず、流石に赤っぽくなってきている。

シーラーやアンダーコートが施されているフロアパネルやエプロン部分よりも、サブフレームやメンバー等の方が錆が出ている。

放っておけば錆が進行し、そのうち穴が開いて酷い事になる。


融雪剤がまかれた雪山に通うクルマの避けられぬ宿命だ。


これらへの防御は、定期的な下回りの徹底的な高圧洗浄がもっとも有効であるが、神経質なクネの車両でさえも完封できていないというのが現状である。

初年度より15年を迎えるGDBCであるが、
まだまだ現役として活躍してもらう為に更なる防御力を授けようと思う。



下回りを低圧ガンで吹くだけなので、あまり必要ないのだけど、ちょっと大げさにマスキングして外板への飛散を防ぎます。


バニシュ塗装と言って、外板に塗る美観用の塗装とは違う対候性を上げるための保護用の塗装を施します。
まぁ、概ねクリヤー塗装だと思っていいかな。



部分的に錆置換剤を使って進行を止め、3:1のクリヤー塗料で完全に固め、ケミカルアタックからの防御力を格段に高めます。




フロアパネルやフェンダーの内側、メンバーやアーム類にも万遍無く塗布します。
硬化後は強靭な塗膜が出来上がるので、飛び石などからも傷つきにくくなるでしょう。

光沢仕上げとなるので、付着物が脱落しやすくなり安定して清潔さを保てるようになります。
高圧洗浄で簡単に汚れが飛ぶようになるのはいい。


融雪剤に使われている塩化カリウムは、付着して乾燥すると水を掛けたくらいではなかなか落ちないので、効果は期待できますね。



ポンさんのシルビアもそろそろ掘り起こして車検の準備をしないとな・・・

足回りも、程度の良い純正に戻しているので車検が厳しい部分は無さそうだな~
気になってたのは、メーターの警告灯関連。


今年の2月から検査基準が厳しくなって、エンジンチェックランプやABS警告灯、エアバック警告灯などが点きっ放しだと検査ラインにも入れないという状況になっている。

キーオンで存在する警告灯の確認をされ、エンジンスタートでちゃんと消えるかどうかを確認される。


古いアメ車や、弄り過ぎてこの辺が直せないような怪しいクルマが軒並み廃車の危機に晒されているw


灯火類OK、警告灯OK、ブーツ類OK、バケットシートの背面カバーOK、マフラーの音量と最低地上高OK、インテークEGR関係OK!

このイチゴーは大丈夫そうだね。



帰ってから自分のGCも夏仕様に。







Posted at 2017/03/22 02:10:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 人のクルマも直します | クルマ
2017年03月12日 イイね!

復活(仮)

復活(仮)「シリンダーの加工に10日~14日掛かります。」

みたいな返事があったのだけど、ダメダメそんなに待てない!

「電車バスが厳しいエリアへの通勤に使ってるんで、出来る限りでいいんで早めに上げてくれると助かります。」の旨を伝えて一週間。

5営業日で着荷しましたw


言うだけなら只なので、言ってみるものだ。


AB社のピストンキットに合わせたシリンダーのボーリング加工となりました。

単純なボアアップは高回転型になってしまうので出来るだけ避けたかったのだが、
純正OSピストン廃盤、ピストンリング全て廃盤、


STDサイズピストンのみ在庫有り。

ピストンリング廃盤な時点で無駄だコラァ!


という四面楚歌な状況だったので・・・
唯一すぐ購入できるのが、AB社のピストンキットだったという訳です。

仕方がないか・・・単純に80のエンジンに乗せ換えればセッティングも何もなく超速になるのですが、何分タマが出てこない・・・

ていうか高すぎるよ。


中古で内容が信用できないエンジンが5マソとかするので、OHして搭載するまでに結局10マソとか掛かってしまいそうです。

社外ピストン組んでチマチマ調子出すしかないか・・・。


どうせ80に乗せ換えても純正部品は廃盤なんだし、乗り続けるには社外ピストンでボアアップしかないのなら胎をくくります。



それはいいけど、結局信用出来るか判らないのが他人の作業。

仕事とは言っても限られた時間の中でのこなす作業だからね・・・
安かったり、時間が無かったりで追い詰められてたら、雑な部分は必ず出てくる。


このシリンダーも、幸い真芯は出てそうだけどシリンダーに有効なクロスハッチが存在していない。
小排気量なんてこんなもんなんだろうか・・・弱いブラシで軽くさらった程度の跡があるだけだ。

これで組んでも短命に終わりそうだな・・・


これは心配なので、手持ちのホーニングツールでクロスハッチを付けます。


こんなもんかなぁ・・・(ちょっとやりすぎたかなぁ・・・)

まぁここは、ナラシに時間を掛ければいい内壁になりそう。




ピストンもちょっと心配なので、最低限の下ごしらえをしておこう。

色々とレビューを見ていくと、あそこのピストンを組んだらすぐ抱き付いた!とか、セッティングが全然出なかった!とか、先に見てしまったら買えなくなるような酷評がネット上には多く存在するのだが、

ヲレの持論では、組み付け方の悪さや、別の箇所の整備不良との相乗効果で壊れたりしてるのが殆どだと思うのだ。


エンジンなどは繊細にして至極単純な構造。
多少の精度の悪さや、組み付け誤差などは許容範囲だったりする。

ここがいい加減だとすぐ壊れるけど、ここの精度はそれほど影響してこない・・・

みたいなツボだけちゃんと押さえておけば、
あとは割といい加減でもそうそう壊れるものじゃない。


と思うのだ。


ヲレも、常に全てに100%だと疲れる性格なので、
抜いても殆ど影響してこない部分に関しては、割とラクしてしまいます・・・。
(特に自分のクルマ・バイクは誰からもお金もらえないのでw)


だからツボだけちゃんとやっとこう。



見るからに取って付けたようなサークリップ脱着の穴(溝?)
スカートや、トップの沿面もバリ取りが甘そうなので、#800のペーパーで仕上げておきます。



きちんと角取っとけば、取り敢えずいきなり齧ることはないでしょう。




前々から換えたかったフロート室のストップバルブ。
高いけど買っておきました。

これでコックをOFFにしておかなくても燃料ぽたぽたは無くなるでしょう。


このままVM16を装着していくかは判りませんが、サイズアップしても持ってけるでしょ。




ワニスや油汚れをガスケットリムーバーで一気に洗浄。
ピカピカになりました。



数ミリの差かなぁと思っていましたが、考えていたよりもデカいなぁ。
ピストントップも膨らんでいてちょっと心配になります。


リングも二段目はエキスパンダではなくて、通常のプレーンリングでした。
(80純正はエキスパンダリング)



ピストンの前後方向を確認して・・・
レッドラインのアッセンブリールブをいつもより多めに塗り込んで組み付けていきます。

クランクケースにピストンサークリップを落とさないように細心の注意を払います。
(クリップ取付時はウエスを突っ込みました。)


ふと、MR2のミッションの悪夢を思い出してしまいますw



成る程、沿面が一段下がって膨らみがツラになるのだね。


ジェットなどはまだ揃ってないので、ニードルだけでも一番上まで上げておこう。



段々暖かくなってきたからね、外での作業もだいぶ遣りやすくなってきたね~。
駐輪場の一角を占拠して一気に組み上げてしまいます。



これからは高いオイルを使おうw

最近は原油価格のせいか、この辺のオイルが1200~1300円しますね。
毎回毎回は厳しいな~^^;


でももう社外ピストンだし、壊すわけにはいかないからね・・・ケチらず逝こう。



ギヤオイルもヤマハの青缶で交換します。


以前白煙が多かったから、オイルポンプを絞ったんだよね・・・
そこに安いオイルを使ったのが良くなかったのかも知れない。

高回転でのエンブレを多用する方なんで、それも良くないのかもな・・・
よく考えたらアクセルオフ時はオイルポンプ閉弁だもんね。


当分は白煙見ながら基準値より多めに出しておこう。



取り敢えずエンジンの組み付けは完了!
LLCも全量交換しておきます。

キャブレターもマフラーもノーマルのままですが、慣らし運転中は回さないんでこのままでもいいでしょ。




慣らし中は分離給油はそのままで、100:1で混合にします。
慣らし後も若干混ぜてもいいかもね。

この辺は保険だから、加減が難しいなぁ。



エンジンの始動はOK!
取り敢えず長いアイドリングは出来ないね。

まだまだ抵抗が大きいです。


試運転がてらちょっと離れたところのスーパーまで卵と牛乳を買いに行きました。
回さないんで調子は判らないけれど、低回転でも前に進む感じはある。

トルク感はひしひしと感じる。



さてさてどうなる!?


エンブレを掛けないで乗るのって難しい・・・







Posted at 2017/03/14 04:55:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | KSR生活 | クルマ
2017年03月05日 イイね!

筑波山の梅

筑波山の梅もう気が付けば3月。
まだまだ寒いので、どうしても出かけるのが億劫になってしまうのだが・・・

梅はとっくに満開で、気が付くともう花桃が満開だったりする。

つい後手に回りがちな季節である。



子供や妻の昼寝の時間を考えると、片道二時間弱くらいは走りたいので、思いつきで筑波山まで行ってみることにしました。


よく走りのステージとして知られる筑波山。
一部でサスが壊れるんじゃないかと思う程の凸凹がわざと作られていたり、散々走られたんだろうという痕跡はある。

感覚的には伊豆スカイラインと奥多摩周遊を足して2で割ったような感じ。



アポロの最後の1っこが溶けてくっついて取れないとブツクサ言っている長男。



矢鱈と遅いS2にイラついてしまい、途中で抜いてしまったよ。

ロールバーにGTウイングに・・・

30~40キロ巡行って何だよ・・・嫌がらせなのか?
その前に居たセレナか何かが遥か先に見えなくなってるよ。


オープンにして身振り手振りで助手席の奴と楽しそうに会話するのは構わないけどさ、後ろが詰まってても何とも思わない感性がよく解らない。

手前の都合で極端に低速巡行してるんだったら、追いつかれたら譲ろうよ。
それに気付かない程周りを見ていないのなら、只の不注意だし、
気付いてて譲らないなら只の意地悪だし、どちらにせよ付き合ってはいられないので成敗である。



ご免なさい、そして左様なら。



抜いた後も割と長い峠道でしたが、漸く梅まつり会場へ。
駐車場待ちが凄いな~。


会場に一番近い駐車場待ちに並んだのだけど、一番待ったかも。
ちょっと行った先の駐車場なら直ぐに駐められたみたいだね。

少しくらい歩けば良かったな。


土地勘がないのでどうもよく判らない。。。





筑波山も、それ程標高の高い山ではないんだけど、独峰なので見晴らしがいい。
この日はあいにくの花曇りだったけれど、空気が澄んでいれば富士山まで見通せるらしい。

梅の時期っていうのは大体昼過ぎには雲が出て霞んでくるから、早朝とかに相当通わないと梅と富士山の組み合わせは難しいだろうな・・・。


そういうのは老後の楽しみにとって置こう。。。



若い外国人夫婦が梅まつりを見に来ている。
向こうの人は、日本のいぶし銀をどう捉えているんだろうね。


「華やか過ぎないのがいい」とか「侘び寂があるねぇ」とか思うんだろうか。





チビたちももう、今年で4歳と2歳になる。
下の小僧がそろそろ本気を出し始めたので、手に負えなくなってきている・・ヤバイ。

上の子は大人しかったんだなぁ・・・と思ってしまう。


長男は口が達者なのか、ガードレールから梅林を見下ろして遠い目をしながら素敵だねぇ・・とか言っている。


3歳が「素敵」って使うかな・・・。




ちょうど満開だったかな、
いつもはちょっと終わりかけだったりするので、突発で出かけて正解でした。


常磐道乗っても土浦なんて直ぐなので、茨城と言っても近いな。
道が空いていれば、横浜町田から一時間半くらいである。


でもこれまでは・・・
帰りの渋滞を考えたら、土日に三郷や浦安、川口の先に逝こうという発想には至らないことが、千葉や茨城方面に出向かない一番の要因であったが、圏央道の全線開通によって大きく変わった。


絶対混まない逃げ道が出来たのである。


首都高が終わってると、これまでは外環が唯一の迂回路であったが、多摩方面の人間にとっては練馬からが遠いので微妙だった。

それが、ひとつ外側とは言え成田から茅ヶ崎まで繋がってしまったのだ。



今回も行きこそは首都高6号線から常磐道に抜けたけど、帰りが柏あたりの事故渋滞がヤバかったので、初めから圏央道で高尾まで抜けました。

えらい遠回りに見えるんですが、全くのノンストップなので、空いてる時の首都高経由と変わらない位の時間で帰れました。


茅ヶ崎へ抜けるのも早いし、思ってたより便利ですねぇ圏央道。



もう少し通行料が安いといいんだけどね・・・。



もう暖かくなるね。






Posted at 2017/03/11 01:55:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | Nature's | 旅行/地域

プロフィール

「風邪が治らない。」
何シテル?   09/08 03:13
だ い です。空白が二つですw 板金塗装と整備をちょこっとかじってマス。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/3 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

人気ブログランキング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/13 00:37:18
 

お友達

ちょっと変なひとが好きです。そして変なひとに好かれます(汗)みなさま是非。
85 人のお友達がいます
なべ管理人っす!なべ管理人っす! * みやGC8+L880KみやGC8+L880K *
レガシィ5@BH5.BP5レガシィ5@BH5.BP5 * 中部の猪中部の猪 *
くろぽこくろぽこ TATSU.TATSU.

ファン

243 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサWRX イプ太郎 (スバル インプレッサWRX)
峠にサーキットにジムカーナに雪山に、ファミリーカーに、10年以上お世話になってます。 ...
カワサキ KSR-I カワサキ KSR-I
ずっと憧れだった川崎のスペシャル原付も気が付けば25年落ち。遂に買ってやりました! フ ...
スバル R2 スバル R2
妻の免許取得に伴い12年ぶりに増車しました。 なんとマニュアルですw 通勤&保育園送迎 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
三台目のハチロクで、92ヘッドのハイコンプで、ウェーバー仕様でした。GTVなので重ステで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.