• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぺこにゃんのブログ一覧

2017年12月13日 イイね!

JWL問題 その後のその後

自動車なんたら機構に問い合わせメール出したら、まもなく電話かかってきましたw

概要は、保安基準の私の解釈が間違っているという結果でした。

第五条平成十六年十二月三十一日以前に製作された自動車については、保安基準第九条
の規定並びに細目告示第十一条、第八十九条及び第百六十七条の規定にかかわらず、次
の基準に適合するものであればよい。
一 自動車の走行装置は、堅ろうで、安全な運行を確保できるものでなければならない。

一の「堅ろうで」あることを確認する手段として、審査手順としてはJWLマークを指標に確認しているということらしい。
しかし、同時にJWLマークは必ずしも必要ではないとの回答が得られた。
つまりJWLマークがない場合「堅ろう」であることを証明する何かがあればよいと言われた。
具体的には、今まで行われていたような「製造メーカーが確認できるもの」「強度証明」などがあればよいらしい。

ということで終了~(笑)
Posted at 2017/12/13 17:47:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年12月13日 イイね!

JWL問題 その後

保安基準と審査事務規定の整合性について独立行政法人自動車技術総合機構に問い合わせしてみました。
また社会に一石を投じてみました(笑)
どうなるかな?

内容は下記のとおり

保安基準 第9条 走行装置等 適用整理におきまして、
「第五条 平成十六年十二月三十一日以前に製作された自動車については、保安基準第九条の規定並びに細目告示第十一条、第八十九条及び第百六十七条の規定にかかわらず、次の基準に適合するものであればよい。」
とあります・
この条文に従えば、平成十六年十二月三十一日以前に製作車は、第八十九条の3及び第百六十七条の3に記述される

「3 軽合金製ディスクホィールであって、別添2「軽合金製ディスクホィールの技術基準」に基づき鋳出し又は刻印によりマークが表示されており、かつ、損傷がないものは、前項の「堅ろう」とされるものとする。」

という規定にもかかわることはないと解釈できます。

つまり、
「平成十六年十二月三十一日以前に製作された自動車の軽合金製ディスクホイールにはJWLマーク(その他刻印)が無くても適合するとみなす」
と読み取れます。
口頭ではありますが、中国陸運支局窓口にて、上記のような解釈で間違いないとの見解を得ています。

ところが、審査事務規定 走行装置 7-11-5 従前規定の適用① においては下記のようにあり
「(2)軽合金製ディスクホイールであって、次に掲げるマークが鋳出し又は刻印により表示されており、かつ、損傷がないものは、(1)の「堅ろう」であるものとする。(細目告示第11 条第1 項、細目告示第89 条第3 項関係)」

無条件でJWLマークの有無が審査されるように記述されています。
保安基準に従うならば、平成十六年十二月三十一日以前に製作車はJWLなどの刻印がなくとも堅牢であるとされ審査される必要が無いと考えられます。

私の保安基準の解釈が誤っているのか? 審査事務規定に誤りがあるのか? 整合性が取れていないと思うのですが、公式な正しい見解を示して頂きたいと思います。
Posted at 2017/12/13 16:01:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年12月06日 イイね!

OMG! フレームクラック

OMG! フレームクラックコルベットネタ

こないだガラガラ発生点を探すために下に潜ったとき、フロントクロスメンバーとスプリングポケットが繋がる付け根溶接部分にクラックらしきもの発見。
ここは遅かれ早かれクラックが入る運命
錆止め塗料のクラックだと信じたかったけど、気になるので確認。
やっぱ割れてた・・・

ロワアームの隙間からトーチを突っ込んで溶接するか、ロワアーム外すか? 悩むな。

とりあえずくっつけておきたい。。。
Posted at 2017/12/06 17:33:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2017年12月05日 イイね!

ムルシエラ号パンク修理

ムルシエラ号パンク修理今朝、ハイブリッドバイクのムルシエラ号 リアタイヤがペッタンコになってた(>_<)

アムロ 
「最小限度の修理だけでいいんです、作戦は始まってるんですから。とにかく出撃できるようにしてください!」

セイラ
「いけないわよ、アムロ。出撃命令が出ているわ。行きましょ」

寒くなってムシでも緩んだか? 空気入れてお出かけ。
一応空気は入る。大丈夫そう。

1時間ほどして帰ろうとしたらまたペッタンコ(>_<)

しょうがないのでガッコンガッコンしながら帰宅して修理
第3デッキに着艦

「ムルシエラ号・スレッガー機、帰還します。リアタイヤに被弾の模様」

「早くしろよ。10分で仕上げてみせろ!」



チューブはそこらじゅう穴だらけなのであります(>_<)
パッチ一枚しか残ってないし・・・
小さく切って貼り付け

タイヤ内側をチェックしてると・・・

アムロ
「遅かったか。いったいどんな奴だ?タイヤチューブをこんな風に破壊できるのは?」

なんか出てきたw
ムシのセット一袋


以前タイヤ交換した時に、買ったタイヤ内側に貼り付けてあったんだ・・・それを知らずに組んだんだ・・・
帰りにガッタンガッタンなってたのはコイツのせいだ(>_<)

何箇所かチューブの穴を塞いで組んで・・・
しばらくしてまたペッタンコになってる(>_<)

ガイア
「チューブの魂よ、宇宙に飛んで永遠によろこびの中に漂いたまえ」

マクベ
「キシリア様の推薦があった兵士とはいえ、いつまで無駄な時間を潰しておるのか!!」

「わかっておるわい。言われずとも仇討ちはさせてもらう」
もう一回チューブ出して、穴発見!
今度こそ~~

マクベ
「仇討ちではない。ムルシエラ号の後ろタイヤを乱そうとするパンクを叩く、これは作戦だ!」

細切れで貼ったパッチだからなぁ、またいつパンクするか・・・

Posted at 2017/12/05 12:51:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年12月03日 イイね!

ガラガラ

エキパイのどっかが当たってガラガラ音がするのでチェック。
遮熱板が外れてました。


盛大なガラガラ音はなくなったけど、サイドブレーキレバーになんかコツコツと当たる感触があるんだよな~。どこ当たってんの?

オイルが散ってきちゃない(>_<)


カメムシがリアガラスとスモーク板の間に入り込んでしもーとる(>_<)
Posted at 2017/12/03 17:54:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | | クルマ

プロフィール

「JWL問題 その後のその後 http://cvw.jp/b/2723738/40846302/
何シテル?   12/13 17:47
2016年11月にDEデミオ買いまして、みんカラにいっぱい情報があったので登録してみました。年式も古いので中古パーツも豊富で色々いじれそうです
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

パーツ品番検索サイト(主にトヨタなどの国産車の部品、外車も一部対応) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/13 16:52:09
アルミテープ効果の”見える化”と検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/09 10:42:00

お友達

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
2016年11月2日 2009年式 デミオ13-CV買いました。 直後1.3 SPORT ...
シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
24年目になりました 1995年 エンジンオーバーホール アルミヘッド化  2001 ...
カワサキ ZZR1100 カワサキ ZZR1100
こちらも27年乗ってます。各所、改装し現代化を図りながら現役です♪ バブリーなバイク。素 ...
ヤマハ DT200WR ヤマハ DT200WR
27年乗ってます まだまだ現役です♪ とってもバブリーで贅沢な設計

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる