• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ユイケのブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

FK2 撮影会

FK2 撮影会シビックタイプR FK2の撮影会をしました。

大黒PAに集合し、出発です。



まずは表参道を走ります。



そして秋葉原へ。



芝浦を走って~。



富士山を見に行きます。



渋谷経由で~。



千葉の佐原へ。



福島の向瀧で一泊します。



そしてイギリスへ。



ニュージーランドのガン湖畔行きます。



タウポ湖も走りました。



ついでにスイスに寄って~。



イタリア行きました。



フランスのモン・サン・ミッシェル。



最後はやはりドイツのニュルブルクリンクでしょう。



うひひ、楽しい。



Posted at 2017/11/19 20:46:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月11日 イイね!

ライト類LED化 (サイドウインカー編)

ライト類LED化 (サイドウインカー編)さて、車を弄るうえで最もメジャーで簡単な初歩的チューニング、ライト類のLED化。
いつかまとめようと思いながらも作業してはや一年近く立ってしまいましたが、
FK2のライトLED化について自己満ですがまとめたいと思います。
整備手帳に記載しようか迷いましたが、過去整備手帳を書いた経験がないのでまた今度ですかね。

LED化したライトは下記です。

・サイドウインカー
・フォグランプ
・ハイビーム(後にハロゲンに戻しました。理由は後日)
・バックナンバープレート灯
・室内灯
・バックランプ(予定)


今回はサイドウインカー編です。

FK2に限らず大半の車のサイドウインカーは、
純正で白熱電球のオレンジバルブが装着されています。

特徴としては、
①バルブが反射してライトがオレンジに見える。
②光り方がホワンホワン。
③消費電力がLEDに対して高い。


僕がサイドウインカーをLED化したいと思った一番の理由は①です。
元々、FK2を購入したのはコンセプトモデルのデザインに一目ぼれしたからです。

コンセプトモデル(2014)


しかし、市販モデルと印象が違う大きな理由はヘッドライトの形状だと思っています。
雰囲気だけでもこれに近づけたいと考えているわけです。

と、いうわけで外観上オレンジに見えるサイドウインカーをホワイトに見えるようにすることを目的にLED化しました。

デフォルトではこのようにオレンジに反射しています。



これが、


こうなりました。

外観上も白くなり、少し高級感がでました。
また、白熱電球の光り方とLEDの光り方も大きく違います。

白熱電球 :ホワァン、ホワァン、ホワァン
LED    :ピカッ、ピカッ、ピカッ

という感じで、じんわり光る白熱電球に対し、LEDはONOFFがはっきりしてます。
意識しないとわからないレベルですが(実際自分も知らなかったし気づかなかった)、
これを知っていると、ほかの車を見た時に「あ、あの車LEDウインカーだ!」と気づけます。
ベンツやレクサス等の高級車は純正でLEDが多いみたいです。

ちなみに、使用したLEDバルブはこれ。

フロント用。ホワイト/アンバーのダブルですが、アンバーのみ接続してます。


リア用。



また、有名ですが、サイドウインカーLED化の際に気をつけなくてはならないのが、
ハイフラッシャー現象、通称「ハイフラ」ですね。

ライトの点滅する間隔が極端に短くなる現象です。
白熱電球に対してLEDは消費電力が低いので、リレーが球切れしたと認識し発生します。

対策としては、ハイフラ防止抵抗器を途中にかますか、
対応したリレーに付け替える方法があります。

僕は輸入仕様車なのもあり、リレーが対応できるか不安でしたので
抵抗器をかます方法にしました。


さて、交換の方法です。


基本的には取説通りで対応可能ですが、タイヤは外した方がいいです。
また、ソケットホルダーハンドルがあるとバルブの取り外しがだいぶ楽になりますのでオススメ。


インナーフェンダーを外し、奥に手を突っ込んでバルブを取り出します。


純正バルブを外し、LEDバルブを取り付けます。


作動確認。ウインカー、ハザード共にハイフラ起きず問題なし。


抵抗器は適当にバンドで固定しました。

バンドが熱に耐えられるか不安ですがまぁそん時はそん時で。

LED装着完了。


インナーフェンダーを外す作業が面倒くさいですが、
見栄えも良くなり、光り方が変わったことで満足感がハンパないです。



次にリアのサイドウインカー。
こちらも取説に記載ありますし、とても簡単です。



カバーを外します。


コネクタを抜いてバルブを交換します。






作動確認。ハイフラなし。
リア用にも一応抵抗器を用意はしましたがなくても問題ありませんでした。
(フロントについているから?)


見栄えと光り方が変わりました。




些細な変更ですが、印象が結構変わります。ライトの明るさも濃くなった感じです。
特に純正バルブ装着車と並べて比較すると違いがわかりやすいですね。

作業は少し大変ですが、オススメです。


純正


LED化
Posted at 2017/11/11 17:56:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月28日 イイね!

【静岡県】伊豆半島キャンプツーリング

【静岡県】伊豆半島キャンプツーリング現在、ワケあって相棒のFK2が手元を離れてます。戻ってくるのは2か月後くらいですかね~。
しかしなんと代車でプジョーの206を借りてます。まさか人生でプジョーの車に乗れる機会がくるとは。
さすが輸入車取扱店。ホンダディーラーの代車は大抵フィットなので飽きてました。

さてさて、本題です。
GTR R32、XV、レヴォーグSTIの友人と10月8日(日)-9日(月)と泊まりで伊豆半島をぐるっと一周してきました。

一日目はレヴォーグの友人と、R32とXVの友人は二日目の朝に合流しました。
伊豆周辺は箱根ターンパイク、西伊豆スカイラインと僕のお気に入りのツーリングコースがあり、何度行っても楽しいところです。
今回は下記ルートでツーリングしました。

一日目。
「やまゆりライン」→「箱根スカイライン」→「伊豆スカイライン」→「西伊豆スカイライン」→「西天城高原線」→「西伊豆オートキャンプ場」


二日目。
「西伊豆スカイライン」→「西天城高原線」→「マーガレットライン」→「伊豆スカイライン」→「箱根ターンパイク」



初日朝5:00に海老名SAに集合し、秦野中井ICで下りてまずは「やまゆりライン」へ。
神奈川県の広域農道です。綺麗な田舎道で、走りやすい道でしたが短く、いまいち印象に残らない道でした。


西湘バイパスを走り「箱根ターンパイク」へ。今回の本命その1。




ここは何度来ても楽しい道です。
直線が長く、中高速コーナーが多いのでFK2お得意の道ですね~。
時間帯(夕方頃?)によっては観光客の車で渋滞になってしまうのと、少しお高い有料道路なのが難点ですが。

天気がとても良く、景色がきれいです。


早朝なので道はガラガラで、何度も往復している走り屋が多かったです。
スカイラウンジの駐車場も、そうそうたるメンツ。


FK2はいろんな人にジロジロ見られたり、写真を撮られたりしてました。
こーゆーところでもやはり目立つようです。


その後、「伊豆スカイライン」を走ります。ここも有名ですね。
道はとても綺麗で景色も良く、走っていて気持ちの良い道ですが、観光客が多く、家族連れの車が多いのが難点です。南の方は比較的空いており、スムーズに走れます。

「伊豆スカイライン」の「冷川IC」で降り、下道を走り「西伊豆スカイライン」に向かいます。
道中、道の駅「伊豆のへそ」に寄りましたが、なんとスーパーカーの集団が続々と入ってきました。
ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ、ベントレー等高級車が10台ほど。
しかもこの道の駅、他にもレトロな車など個性的な車がたくさん停まってました。
オフ会などで定番な場所なんですかね?



今回の本命その2、「西伊豆スカイライン」と「西天城高原線」です。繋がっているのでまとめて「西伊豆スカイライン」と呼んでいます。
来るのは2度目ですが、僕が伊豆周辺の中で一番気に入っている道です。


とても見晴らしの良い道路が長く続く”無料”のスカイラインです。
なぜ”無料”を強調するのかと言いますと、僕は走っていて気持ちの良い”無料”なコースを見つけることに特に楽しみを感じているからです。
伊豆周辺は「箱根ターンパイク」「箱根スカイライン」「伊豆スカイライン」と景色も良くて走りやすい有名な道がたくさんありますが、すべて”有料”です。
僕は有料道路は”良くて当たり前”という考えを持っていますので、良い道を発見した際の感動は無料道路の際と比較すると当然低くなってしまうわけですね。

そーゆー意味で、ここ「西伊豆スカイライン」は過去走った有料無料道路すべての中でもTOP5に入れて良いぐらい気に入っている道です。
箱根のある東側から離れた反対の西側なので、人が比較的少ないのもポイントです。




「西伊豆スカイライン」を超えて近くの「西伊豆オートキャンプ場」につきました。
今回は都合でツーリングには参戦できなかった御殿場住みのアクセラ乗りの友人もバーベキューだけ参戦しました。


このキャンプ場、受付のおばちゃんはとても親切で、施設は整っており綺麗でした。
が、おじちゃんの態度がとても高圧的なのと、
早朝の出入りが禁止(知りませんでした)されています。
いやいや、キャンプ場で早朝の出入り禁止って初めて聞いたんやが。
「西伊豆スカイライン」の朝日観に行く人とかたくさんおるやろ。
と、思いつつ、出るときに注意されましたがとりあえず朝5時に出発。
いろいろと後味の悪いキャンプ場でした。もう使うことはないでしょう。
施設や環境は良いのにもったいない。

気を取り直して、R32とXVの後発組との集合場所、「西伊豆スカイライン」の最北端「戸田峠展望台」に向かいます。


道中、「西伊豆スカイライン」で朝日と富士山がとても綺麗でしたので例のごとく撮影会。







富士山が見えるとは思いませんでした。ますます気に入りました。


「戸田峠展望台」で後発組と朝6:00頃合流。


ここでアクシデント。XVがパンクしているのを偶然発見し、応急処置。
これがまた作業がいろいろと大変でしたが、スポーツ走行しても漏れもなく結果的には問題ありませんでした。
標準装備されているパンク修理キットではなく、別売りのちゃんとしたパンク修理キットを使って正解でしたね。


気を取り直して皆で「西伊豆スカイライン」を走ります。
早朝なので、バイクは時々走っていましたが車はほとんどおらず。
そこでひょんなことから途中の駐車スペースに車を停め、友人を隣に乗せ、
FK2の体験会が始まります。
走っているところを遠くから撮影してもらいました。





XV友人「この車怖い」


楽しんでくれたようなので「西伊豆スカイライン」を下り、海岸沿いに向かいます。



伊豆半島西側を南下して「マーガレットライン」に入ります。ここは山道や海岸沿いを走るワインディングロードです。
途中、道を間違えたので1時間に1本のバス停に車を停め、道を再確認。




正規ルートに戻り、道中の「あいあい峠」で休憩します。
ここ、ぜひ立ち寄るのをオススメします。海がとても綺麗で雰囲気も良いです。






そして下田あたりで昼食。


そして東側海岸を走り、「伊豆スカイライン」→「箱根ターンパイク」経由で帰路につきました。
何度来ても伊豆は良いですね。特に「西伊豆スカイライン」はオススメです。

そういえば、伊豆ってアニメ「ラブライブ」の聖地なんですね。
「ラブライブ」の痛車を何度か見かけたのと、
一日目昼食時になんとなく寄った”見た目はとても普通な海岸沿いにある喫茶店”が、アニメにでてくる舞台なのかとても独特で、すごい場所でした。
あれは何気なく女子とデートで寄ってしまったら、とても気まずい雰囲気になるでしょう。
お店の名前は忘れましたが、お気を付けください。


Posted at 2017/10/28 22:36:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月12日 イイね!

プレオRS 納車!

プレオRS 納車!こっそり愛車紹介に増えてたのでお気づきの方も多いと思いますが、
通勤用に購入したセカンドカーが10月2日(月)に納車されました。

車種は「プレオRS(型式GF-RA2・2001年式)」です!
価格込々\18万、走行距離11.3万キロ。状態大変良好。

・直列4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン
・CVT 7速マニュアルモード・スポーツシフト
・4輪独立懸架式サスペンション
・4輪ディスクブレーキ
・ハイオク燃料

これだけ見ると軽自動車とは思えないスペックです。
スポーツワゴンであり重心が高いので峠攻めには不向きですが、加速も良く走行性能は充分高く感じます。
納車して10日1500㎞程(8割高速)走りましたが、時速100㎞走行エンジン回転数3000rpmで燃費約14km程と予想外に良い数字です。
(前評判で10㎞前後を覚悟していました。)


セカンドカーを購入すると決意したきっかけは、仕事の関係で当分はほぼ毎日往復160㎞の高速での通勤が確定したからです。

これまではFK2で通勤しており、普段は往復40㎞の事務所へ、時々高速使って往復160㎞の工場へ出張してましたが
ほぼ毎日出張することになりまして、FK2が1年3ヶ月で走行距離43000km超えた時に「このままではFK2に長く乗れない」と思いました。

そこで維持費の安い軽自動車を通勤用に用意することを決意し、予算20万前後としました。
とはいえ、どーせならある程度こだわりたいと思うのが車好きのさが、下記を最低条件として設定。

◇4WD
 →FK2がFFの為。
◇ターボ付
 →高速道路を頻繁に走る為。
◇AT or CVT
 →FK2がMTの為。
◇マイナー
 →ワゴンRとかよく見る車は嫌です。
◇ある程度かっこいい
 →こだわり。

となると、予算的にもある程度車種が絞られます。
その中で候補となったのは3車種。

・スズキ Kei


・ダイハツ テリオスキッド


・スバル プレオ



実物確認や試乗の為に、二日連続で群馬等に遠征しましたが、
最終的には走行距離10万キロ程度で状態の良かったテリオスキッド CLリミテッドとプレオRSで悩みました。

プレオRSはハイオク推奨なのがネックでしたがプレオRS \18万、テリオスキッド\25万でしたので
価格差を考慮したのと「気にし始めたらレギュラー入れればいいや」という気持ちもありプレオRSに決めました。
テリオスキッドのホイールが5ホールでサイズが大きかったことも今後の維持費の面でマイナスであり、
あとは諸手続きの少なさと納車の早さもプレオのお店が良かったのでそれも理由です。
スバル車に乗ってみたいという気持ちもあったり。


それにしても、予算20万円ではオンボロ車しか買えないと思っていましたが、充分程度の良い車が買えるもんなんですね。
今回低予算で中古車を探すにあたり、チェーン店のような大きな店から個人運営の小さな店まで回りましたが
気になった点は(当然な内容ではありますが)下記3点。

・同じ値段でもお店によって車の状態に大きな差がある。
・お店によって「こちらで事前に行う納車手続き準備」や、「納車前の整備内容」に大きな差がある。
・写真だけじゃわからない部分が多く実物確認(できれば試乗も)は必須。

基本大きな店ほどしっかりしていますが、小さなお店でも整備や手続きをしっかりやってくれる店もあります。
プレオRSは店長一人しか見当たらないような小さなお店で購入しました。


加速もリッターカー並みで悪くないので、ストレスもありません。
まだ通勤でしか乗っていませんが、近いうち筑波山でも走ってみますかね。



これで俺もスバリストの仲間入りやで~。
Posted at 2017/10/12 23:51:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月02日 イイね!

【茨城県】北茨城ツーリングと撮影会

【茨城県】北茨城ツーリングと撮影会友人が新車を購入し乗り換えました。先日のR32 GTRを購入した友人といい、現在僕の周囲に車ブームの風が流れています。ツーリング仲間が増えるのは嬉しいですねー!

納車されて早々、「愛車の撮影したい!!」と言われたので
「ならば茨城へ来るとよい」と、魅力のない県4年連続1位のマイテリトリーへ招待しました。

9月18日、友人の新たな相棒登場。

ばんっ!


ばばんっ!


どーん!


スバル レヴォーグSTI 1.6Lです!!

自分もちょっと興味があり購入候補だった車です。
なぜ1.6Lにしたのか未だに不思議ですが本人はとても満足してるので良しとしましょう。

内装


インパネのカラーリング、とても好みです。すごくかっこいい。



さっそく撮影の為に早朝からツーリングへ出発。

「筑波山」→「フルーツライン」→「ビーフライン」→「うぐいすライン」→「グルーンふるさとライン」→「多賀広域農道」

定期的に走っている、筑波山をスタートとした北茨城ツーリングのルートです。
結局まだ詳しく紹介できてませんが、走りの楽しさならこれまで走った道の中でも屈指の楽しさと爽快さを誇る道だと思っています。
筑波山は時間帯によっては走り屋が多く、タイトなコーナーが多いですが、それ以降はストレートや緩やかなカーブ、アップダウンが多く、キャッツアイもなく、無料で土日でも車が少ないのでとても走りやすいです。


まずは「筑波山」。台風が過ぎた直後でしたので道は大荒れでしたが、天気は大変良好。
早朝なので家族連れのバンも走り屋もおらず快適。


なんと遠くに富士山が見えるほどです。


これです、見えますかね?



「筑波山」を下山し、「フルーツライン」を走り「ビーフライン」へ。
その端っこにある、とある穴場で撮影。
地元の人しか知らなそうな隠れた道で、スペースもありいろいろと便利な場所です。
すぐ近くに「うぐいすライン」もあるので、ここに車停めてお互いの車を試乗とかもよくやります。


夜だとこんな感じになります。イニDの世界みたいです。かっこいい。



その後「グリーンふるさとライン」へ。


道路わきの高台にある駐車場のようなスペースで撮影会をします。
ここ、景色も良くて、風も気持ちよくとても癒されます。車も全くと言っていいほど通りません。
完全に穴場です。





少し進み、自分お気に入りの撮影場所へ。田舎道ならでは。


過去に撮ったFK2。



だいぶ北上して「多賀広域農道」道中の「小山ダム」へ。


ちまたで有名なカレーを食べに来ましたが本日休業・・・。運が悪かったです。
ダムだけ見て撤収。



最後に「里美牧場」に寄りました。




レヴォーグ、運転させてもらいましたが良い車ですね~。
停止時からの加速は車重もあり1.6Lターボなので
昔載ってたハイブリッドのインサイトとそんな差を感じませんでしたが、
中高速時の加速はそれなりで、安定性はさすが四駆というべきレベルでした。

ただ、運転者が近づくとスモールライト等が光るウェルカムライディングと、
乗降時に座席が自動でセッティング位置に稼働するシステム、と て も 良 い。
ガンダムみたいでかっこいい。

FK2にほしい・・・。

Posted at 2017/10/02 13:17:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「おもしろレンタカーで新型シビックタイプRがもうレンタルしてる(笑)」
何シテル?   11/20 22:10
茨城県つくば市在住のユイケです。 '16/12からみんカラ始めました。 始めたきっかけは、「愛車の歴史をなにかしらの形で残したい」と思ったからです。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

センターキャップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/05 09:59:24
新型 シビックタイプR(FK8)見学 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/31 12:55:05
FK2リアブレーキパッド交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/18 19:38:42

お友達

車好きな方、ツーリング好きな方、FK2好きな方、僕と友達になってください!
28 人のお友達がいます
さとげんさとげん * みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
橋蔵。橋蔵。 toshi_FK2toshi_FK2
にゃんこまるにゃんこまる かりそまかりそま

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
愛車はホンダ シビックタイプR FK2です。 イギリスから逆輸入したGT仕様に乗ってます ...
スバル プレオ スバル プレオ
FK2が1年3ヵ月で走行距離4万2千㌔とその過走行っぷりに長く持つか不安に思い、 通勤用 ...
ホンダ インサイト ホンダ インサイト
人生初のマイカーです。 思い出がたくさんありかっこよくてとてもいい車でした。 初回走行 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.