• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

橙650sSpiderのブログ一覧

2017年09月12日 イイね!

マクラーレン ブランチ 2017 その3「此処ぞとばかり新型チェック」

美味しそうな匂いがしてきました。
テラスに設置されたテントの中でシェフ自ら焼く料理が楽しみです。

席を確保、肉、海鮮と野菜の焼き物を待ちます。

スタートです、特にダッシュはかけませんでしたが早々にゲット。
長蛇の列にもならず皆さん粛々と。笑
さらにスープ、サラダ、など堪能させて頂きました。

お腹も満足、この為最後に出てきた鮑は諦めました。
パンも美味しく、糖質を少し減らしていますが思わずお代わりしてしました。

途中から生バンドの演奏も入って、とても良い雰囲気。

頑張って?愛でるに留めましたが、スイーツも当然有りました。
お約束のMCLと入ったチョコプレート。





さて未だ11時過ぎです。
マウスウォッシュでスッキリしたところで、発表会以来であった720Sを見ておきましょう。
あの手のイベントの最中はバタバタしていて、ゆっくりと見る場所では有りません。
しかしこの様な時間がゆっくりと流れるイベントの良いところ、通常街中やパーキングエリアで仔細に画像撮ったりし難い。
ライバル?もいないので、好き勝手にできる。

「ああ、おっさん頑張っているね」

この程度のあしらい。
此処ならば周りの方からも奇異には見られないので、ジックリ。
しかもお隣ですから、もっと気が楽。

荷物を助手席におき、iPhone片手に始まり〜。
P1に圧倒され興奮気味だった気持ちも血糖が上がって落ち着きました。

720S、散々雑誌など記事で紹介されていますので、今更的な部分が否めませんね。笑

この画像、
サイドインテークが無くなった上方吸気になると、リアフェンダー周りも全然違ってます。
凄くフェンダーのボリューム感が出て、自然でいい感じ。
FRチックにも見えますね。



そして大きく気になるのはサイドの処理、Aピラー根元のフロントフェンダー


P1とも違っています。


時代を感じる処理ですが、サイドのエアインテーク無し。
上方吸気?的な処理はありっすね。





こっちはP1ですから、さらに煮詰めたのかと思われます。
先ほど見た光景っつ〜のがこれだった様です。


MCLのfbにあった画像ですが570?はもっとつるんとしていますね。


リアウイング、これもさらに大型化しているもののP1よりは小さいし平坦。
後期型930Turboっぽいエッジの反り返りは無く、ボディに沿った曲線。



この辺りは保安基準適合か直線でのドラッグとかも考えての事でしょうか?




ここもP 1 チック


ブレーキもキッチリ


フロントの処理も一筋縄ではない。


720Sの個人的感想です。
まず最初に思ったのはヘッドライト下のエアインテーク。
正直なところ発表会の時は、まるで目の下のクマに見えた。
ですので「明るいボディーカラーなら同色、若しくは車体の色を暗めに」と、考えていました。
ですが、実車を見ればみるほど「馴染む」
この日見慣れたのもあって、実にかっこよく見えました。
一番気になっていた部分がクリアになったからには、もう何もいう事は無いです。

既に本社工場には存在するスパイダー、待つしか無いですね。
ただパワーアップに伴いバネレートが上がって、魔法の足がガチガチにならなよう祈るのみです。
これを書いていながら720Sにすっかり遣られている自分に気がついたのは、ご愛嬌ってことで。笑

気がつくと30台くらいのMCLが。


やはり650Sが多く、スポーツシリーズとで、ほぼ9割。


アルティメットシリーズはP 1が二台と675LTが1台の結局三台。


12Cは意外と少なく、自分がいた時間帯では一台だけ。


この日、もう一つ吃驚なのが既に720Sのデリバリーが始まっていた事。

色違いの720Sが二台に650S挟んでのMCL三重連。

思わず近くで誘導されていた荒木さんに「ディーラーもん?」と聞いちゃいました。

「もう納車始まっています、あちらのはファーストロットです」
そうなんだ、やる事早いぞMCL!

もっと見ていたいのも山々だったのですが、午後の予定がある。
後ろ髪引かれながらの帰路に。

MCLスタッフ、ミュゼオの皆さん。
楽しい時間ありがとうございました。

また、お邪魔したいと思います。
Posted at 2017/09/15 15:57:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月11日 イイね!

マクラーレン ブランチ 2017 その2「初 マクラーレンP 1 だあ」

この会、ブランチと命名されているくらいですから当然食事が出る。



それとは別料金ですが、プロによる撮影が入ります。

私は既に予約を入れてありましたが、天気も良かったからなんでしょう。
当日分はあったものの、ほとんど売り切れ。
しかも待ち時間がそこそこ発生した様です。



受け付け終了、お茶を頂きながら待ち。
そういえば暖かい系のが無かった、ちょいと残念。笑

私の暇を見越しての事なのか?それとも予約が立て込んできた為なのか?
20分ばかり早く撮影開始になりました。

撮影用と万が一寒かったらと薄手のジャケット持参。
それの着用と靴を運転してきたシューズから、お気に入りのスリップオンへ。
これで準備完了。

数カット、あれこれと撮影位置など変更しながら進んでいきます。
「スマイル」で、頑張りました。
この辺りは、30年近く家族写真を年賀状にするのがウチの仕来たりで慣れています。笑

困ったのが「どれが良いですか?」って言われても、相当数あるカット。
その中から選ぶなんて、自分のはよう分からん。爆
さて、どんな具合で上ってくるか?楽しみです。

そうそう、一枚だけある1回目の写真がこれです。


これ合成でなくアナログの銀塩写真なので、少し古くなってセピア色が入ってきた。
年齢がバレますね。
ちなみにこの車両、内装が気に入って車検前のF355(青いGTSでしたが初めてのF、マラネロの本社からファーストオーナーの手紙が来た時は感激したな)から乗り換え。
無いと思った青の新車を前述の荒木さんが引っ張ってきちゃったので、買う羽目に。笑

V12フロントエンジンベルリネッタ、大好き。
最後は365GTB/4でアガリ〜。

さて撮影は終了、あとは「ご飯だ」
未だ少々時間がある。

その間にも、ポツポツと皆さん集合。

そして一台の車両が入ってた。
パッと見た顔は650チックなのだが、車両から出る雰囲気が全く違っている事に気がつきました。

「なんだろう?」

横からもなんか違って、頭の中には疑問符だらけ?

675LTとも違うし、、、そこに頭の底でぴっと閃いた。

まさかP 1?

そのまさかでした。
しかも間髪入れずに2台色違いで集合。




ゴージャスな光景ですね。

このボディ凄いです。
パッとっ見つるんとしていますが、実は「よくぞここまで!」ってくらいです。
うねうねとした曲面、Rの出かたが堪らん、、、。





あまりミーハはやらないのですが、シゲシゲと眺め撮影しちゃいました。



しかし全く作りが違っています、うちのがごく普通の乗用車に見えました。

ど迫力、しかも臓物丸見え、ウイングバーも二本と桁違い。

いやほんと、細かなところまで作り込んでいますね〜。


じっくり見たつもりでも今から考えると「あの辺りよく見ておけば」が、ちょこちょこ。

一番P1見て思ったのが、空力関係の煮詰め方。



650Sとはボディディーテイル似通っていても、全くと言っても良いくらい違った物に仕上がっていました。ともかく凄かった。

この辺の処理もいけてますね〜。


なんかうる覚えで見た気がした。
あとで謎が解けます。


その後少し遅れて緑675LT迄も。

ノーマル代表って事でご一緒。








そろそろテラスに皆さん集まりだしました。
お楽しみのブランチが始まる様。
私も席を確保しに移動します。

「あ〜、お腹が空いた」
「食うどお〜」

この稿続く
Posted at 2017/09/13 12:16:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月11日 イイね!

マクラーレン ブランチ 2017 その1




文字通りの秋晴れ、練習はサボって御殿場まで行ってチョイと来ました。
勿論屋根は開けて行きましたよ〜。笑

10時からなので、時間的には余裕。
しかし渋滞が心配なのも事実。
まあ基本遅刻しても問題にはならないが、人生二度目の愛車(死語か?、汗)とのツーショット撮影の約束をして有ったので、余裕見て7時半にはガレージを出ました。

コーヒー片手に行くつもりで、7時に開くスタバさんで仕入れたものの、650Sダッシュボードの形状、きっちり固定はできるものの、運転中の出し入れに不向き。
運転中は諦め、ポットに入れたのをSAで飲む羽目に。
まあ危ないし、当然ですね。

交通量は多かったが、止まる様な事はなし。
ミーティングでもあるのか?
その中に32、33、34、35のGTRがちょいちょいと散見。
格好の標的だったのか?車間はキチンと開けてくれたものの追走された。笑

そんな時、私は基本走行車線キープっす。
予定時刻に御殿場インターでました、2時間弱前。笑

集合場所のミュゼオ、地図アプリで見る限り御殿場インター至近。
取り敢えず場所の確認しておこう。

実はこの場所、大昔(20年以上前)松田コレクションとして営業していた頃に数回訪れたことがある。
その時はFCJの集まりで行ったことがあるものの、位置は全く覚えていなかった。
なんでも当時の建物を改装して、レストランとしているらしい。

少し空腹だったので目に入ったコンビニでおにぎり調達。
ついでにMCL車載用にマウスウォッシュも購入。

腹の足しにした後、出発。
あっという間、ものの5分くらい。
気がついたら通過していた。笑
そのまま坂を上って行くとターンパイクに入っちゃう様なので、途中でUターン。

建物の上にある駐車場に車を停め、時間調整。
会場を見ると、すでに数台先着がいました。



おお、あれは720Sか。
実物見るのは発表会以来。

遠方からなのでそのプロポーションが良く分かる。
キャノピーが戦闘機のコクピットみたいでかっこええ。

開始には、まだまだ時間余裕がある。
各部の汚れ落とし。
650Sのお化粧直し、ついでだから自撮りでも。

何の気なしに停めた撮影済みの画像は、白線が入ってイマイチ。



そうこうするウチに、気配を察知したコーンズ以来の個人的担当である荒木さんが迎えに。
「早くても大丈夫です」
そうですか、ありがとうございます。
さらに誘導して頂いた現在担当して頂いている平野さん。
なんと、先ほどの720Sの横に並ぶポジションでした!


なんか、得した気分。笑

そして、この後とんでもない大物レア車が登場するんです。

この稿続く
Posted at 2017/09/11 15:43:49 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年09月04日 イイね!

半年総括、って大袈裟ですね。

650Sが、ガレージに収まるようになり半年が経過。

昨日の帰宅時、画像です。

一応メモがわりに帰宅後、忘れなければ撮影してます。

ご覧の如くちっともオドメーター進んでいません、、、。
1600km程度とは、なんともですね。


その間のトラブルといえば、700km手前に右ブレーキランプユニットが壊れたと警告灯。



速攻で対応してくれ、交換した?(との事でした)くらい。

気になるのが二点。
轍でチョロつくので危なっかしい。
足車のゴルフRは同じ場所走行しても、それ程気にならないので尚更。

もう一つ、ATで走っている時、下道1500回転程度4速か5速に入いる速度(40〜50km/h)で、ギアが上行くか下行くか?迷ってギクシャクする。
→ディーラーさんからは「ギアを下げるかして下さい」でした。
マップの熟成不足では無いですかね?

心配なのがクラッチがオーバーヒートするとの情報があった事。
場所が外環の山手トンネルの合流の急坂。
ここは十分通る可能性あり。
あの場所で止まらざるを得なかったミン友さん、大変お気の毒だったと思われます。

少ない機会ながら時に長めの距離一気走り。
軽井沢蕎麦ツアー、この夏お盆初日の墓参りで外房。

そして梅雨の晴れ間的な状況で天気が良かった9月3日、虫干し代わりに八景島まで。

さて肝心な(?)、ヘボ乗り手の感想。
一言で言うと以前も書きましたが「疲れ知らずのプロアクティブシャーシ」に尽きますね。
この点は12Cの方がより魔法が効いていますが、角の取れた異次元のライドクウォリティーは650Sでも味わえます。

個人的に大枚叩き購入した理由はこれだけ。
アガリ車のつもりで乗っていますが、さて?
買って良かったと思っているのは間違いない。

勿論アレコレと細かな欠点ある。
例えばドア開けるには2台分の駐車スペースが欲しくなる。→ぴったりつけられちゃうとマジ昇降不能になる?と思われる。
通常開閉型のような、少し隙間あるので「ギリ開けて」ってのが不可能ですもんね。
720はヒンジ位置を見直して、マシになったらしい。

でも良いのです。
私にはプロアクティブシャーシ➕屋根空きが全て。
これが有れば、あとは最低限でも構わない。

そして、この後ですが9月10日のMCL 箱根ブランチがありますね。
今のところ申し込むか思案中です。
締め切りはとっくに過ぎていますが、まだ大丈夫の様(確認済み)。



何方か行かれますか?

みーはーですが、オーナー撮影会もあるのでお願いしたいですね。
私といえば「むさ苦しいオッさん」です。
フォトジェニックでは無いのは判っているので、過去に自車とは殆ど撮らないのです。
ですが一度だけ550の時FCJの会が東プリであり、その時プロの撮影してもらって以来かな。
キャンギャルさんもいらっしゃって、同伴撮影の声もあったのですが「誤解されても」とご遠慮。

いつもの事ですが行ってたとしても、朝イチ参加で東名渋滞避けるべく昼前にはとっくに帰路に、かな。

ブランチには、お酒も提供とあるが当然呑まん。
美味しそうなご飯も運転中眠くなるから、軽くいただく程度になろうかと思われる。
甚だコスパ悪し。
無粋な奴ですみません。笑

思案中な理由「家庭の事情〜」がいちばん。
さらには最近の天気が?なのと、日頃やってる修行的な競技の練習(芝生の上での棒振りではありません、笑)を、全日本選手権と茅ヶ崎の国際大会前なのでしっかりやらねばなりません。

アマチュアしかも有休が取れない(取らしてもらえない、泣)ので、赤い字の曜日しか基本動けず。
朝イチ練習がmust、必然的にMCLのステアリング握る機会が少ない。

毎週日曜や祝日早朝、小一時間かけて練習場所へ足車で移動するのですが、「嗚呼650Sなら楽しそうだな」と思う事しきり。
ですが積みきれない用具の関係以外にも650Sで行ったとしたら、以降仲間からそういう目で見られてしましそうで、、、、。汗

秋から冬は、屋根空きの本領が発揮できる時期。
もう少し乗っておきたいですね。

お伊勢様の御礼に乗って行こうかな??
往復800km近い筈ですが、それ程疲れないと思われます。
Posted at 2017/09/05 17:33:50 | コメント(6) | トラックバック(0) | マクラーレン
2017年06月21日 イイね!

カーボンセラミックブレーキは、ホイール汚れない?

初のロングツーリングの後、やはり車体の汚れが気になりますね。

軽く水洗いでもするか?

そこで、車を洗う時。
最初に手をつけるのがホイール。
ダストが酷くこびり付くと厄介なんで「出来るだけマメに洗う」ってのが今迄のお決まりの流れでした。

ですが、650Sは標準でカーボンセラミックブレーキが装着されてきます。

「汚れなくて良いよ〜」

巷の既に装着されている方々から聞かされていました。

で、正直者の私は全く汚れない、ダストが出ないくらいに思っていました。

ですが、洗う前にふと指でホイール表面をなぞってみると、



当たり前ですが「汚れ難い」だけでダスト、でました。



やはりホイールのこまめなお手入れは必要だったんですねー。笑笑
Posted at 2017/06/21 09:34:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | マクラーレン | 日記

プロフィール

「ぼちぼちとマクラーレンとの生活 http://cvw.jp/b/2734399/39264993/
何シテル?   02/03 20:58
橙650sSpiderです。よろしくお願いします。 いろんな車種をサーキットも含め散々アレコレといじり倒してきましたが、マクラーレンMP4ー12Cのアクティブ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

お友達

新米650スパイダー乗りです。色々教えてください。
8 人のお友達がいます
みやもっちゃんみやもっちゃん * TOYO33TOYO33 *
RM029RM029 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
Hi-McHi-Mc ryuji(JTカーク)ryuji(JTカーク)

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

マクラーレン 650S スパイダー マクラーレン 650S スパイダー
マクラーレン 650S スパイダーに乗りはじめました。 ショップチューンドの限界を超えた ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる