• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Leonhart Wirnsbergerのブログ一覧

2017年12月16日 イイね!

福岡モーターショー 2017 vol.6



屋外の展示コーナーにはレーシングマシンが展示されていました。

ラリーが昔は好きだったので、とりあえずヤリスWRCに注目して見させて頂きました。




リアエンド周りは大変なことになっていますね。
軽くGTマシンチック。

私が夢中だった頃は市販車然としたものでバトルを繰り広げていましたので、
時代は大きく変わったものです。





ラトバラ、ハンニネンといった名前が連なっていてトヨタファンの皆さんは歓喜したことでしょう。




写真だとあまりよく伝わりませんが、このやり過ぎとも思えるリアウイングが凄かったです。
真ん中でも吊っていますね。
細かいのも合わせると三段になっていて実に複雑。

ブレーキはプロジェクトμっていうのが面白いです。





ここが最も人だかりが。
私はフォーミュラにしか興味が無いので、とりあえずパシャ、だけで終わり。
さすがに皆さんの注目度も高いですね。






古いフォーミュラニッポンのマシンでシートに座る体験を自由に出来るということで
私も座ってみました。
もっとギュウギュウで全く動けない死にそうな空間で腕の自由もそんなに無くて
こんな空間であんな長い時間、レースするの?!っていう感想を持つかと思いましたが、
意外と自由度があってちょっとびっくり。

姿勢だけは何とも慣れないとキツいですが、意外とハンドルやシフトの辺りの空間は
あったので、違う意味で驚きました。今の最新のはもっともっと絞ってあるでしょうけどね。

ちょっと大きめの方が乗ろうとするとすぐに横幅が問題となってしまって、
「あひゃっ!」ってなってしまいます。笑

サイドポンツーンの上端で脇を強打して痛そうにしている方も・・・





屋内展示場の2階へ。

九州の各大学、専門学校が製作した自作フォーミュラの展示が今年もありました。

えーと、うちの大学のが・・・ない・・・・





と思ったら、廊下ではなく、大会議室内に展示がありました。




この「いも九」みたいなノーズ、どうにかならんの?って一回り以上後輩の子らに話し掛けたら
笑っていました。

いも九っていうのは、私の母校には勉強ばかりして来た、ちょっとイモっぽい、田舎臭さのある
学生が多いということで自虐的に作ったスイートポテトのお菓子の名前のことで、
大学の生協で売られています。

その形に似ていたので、ちょっと・・・





自動車部も私が所属していた頃とは大きく様変わりしていくつもの部門に分かれて
活動しているみたいでした。

私の頃には大所帯でジムカーナやダートラ、ラリーをする連中、整備をひたすらやってる
連中、自作の自動車やこういったフォーミュラ製作を担当する連中、、、と漠然と分かれて
相互的に行ったり来たりしてやっていたものでしたが、今はそれぞれが完全に分かれて
活動しているようでした。

突然現れた一回り以上、上の先輩にも物怖じすることなく気さくに、そして楽しくお話
してくれて良い子らでした。素朴で、純粋で、変な淀みが無いけど、いつも何か分からんが
左斜め45度を向いてる感じの子ら。(?)

そんな校風だけは今も昔も変わっていないなとちょっと安心。

医療系学部の子らは変に垢抜けてる子が多くなって来たので時代が変わって来たなと
思っていましたが、、、周辺の私立大はオシャレな人が多いのに、うちだけはいつまでも
イモ九。

そんな所がうちの良さでもあるんですけどね。



私の頃はジムカーナもダートラもなかなかいい成績を収めていましたが、こと、
ラリーだけは絶対に勝てない、絶対王者のような人がいたのでその人には
まったく勝てませんでした。


そう、丹羽和彦氏。その人です。

学生ラリーで頭角を現したかと思ったらいきなり全日本ラリーに出場。
シリーズチャンピオンをいきなり取ったと思ったら、いきなりスズキ・イグニス スーパー1600で
ジュニアWRCにエントリーして度肝を抜いた。

まだまだスズキが参戦したばかりの大抜擢だったですし、本当に黎明期だったので
辛く、大変だったと思います。そしてその後のイグニスのシリーズチャンピオンに貢献
したことは間違いないでしょう。



2012年だったでしょうか、久しぶりに彼が全日本ラリーの唐津ラリーに出場すると聞いて
彼の走りを見に行ったことがありました。
余裕で優勝。

しかも、同じクラスには敵はおらず、1つ上のクラスのインテグラDC5の選手とタイムを
比べていたというので驚きました。総合タイムでは彼はDC5にコンマ数秒落ちという
だけでしたが、彼がフィットで参戦していたことを考えると驚き以外にありません。

久しぶりに彼はインテグラワンメイクレースに出場していたようですが、
長年出ているベテランを抑えて年間総合でもかなり上位に入っていたので
本当に凄い人だなと思いました。

現在のスイフトはなかなか良いな、新しいなとは思いますが、
乗るならやっぱりこの初代のスイフトが懐かしくて乗りたいと思っています。

インプレッサはやっぱりGC8しか興味ありません。

しかし、22Bは最早、購入出来ません・・・



22万km走った、修復歴有のボロボロので750万って・・・。(^^;






規模や台数などはやはりこれまでのモーターショーとは比べものにならないほど
ではありますが、それなりに楽しめました。

入場者の数もなかなかのものでしたので、ちょっと安心。
また来年のモーターショーも楽しみです。
Posted at 2017/12/16 13:31:01 | クルマ
2017年12月15日 イイね!

福岡モーターショー 2017 vol.5 マツダブース



マツダブースではコンセプトカーが展示されていました。

アクセラのスタディモデル?




こちらはスバルブースで展示されていました、VIZIVコンセプト。

クーペモデルも出してくれるのでしょうか?

スバルの現在のデザインフィロソフィーが「ダイナミック/ソリッド」ですから、それを
見事に表現していますね。

スバルと日産では謝罪文章の紙が来場者に手渡されていましたが、
本当の悪は平気な顔をして今も平然としているから瞋恚を抱きます。





CX-5にはそれほど人はおりませんでしたが、CX-8には凄い人だかり。
実に沢山の方々が興味津々にお車を見て触って体感されていましたので、
人気の高さを感じました。

その内、一時、生産停止になるって話を裏で聴いたから、
本当に欲しい方は駆け込みオーダーしてるでしょうね。
それでも納車は3月前後とお聞きしましたが。




私が刮目したのはヘッドライト先の立体的で複雑な造形。

これがまた美しい。そして素直に格好良いと思えた。
Posted at 2017/12/15 23:16:44 | クルマ
2017年12月15日 イイね!

福岡モーターショー 2017 vol.4 スズキ・ホンダブース



マリンメッセの方にやって来ました。
こちらは国産車メインの会場となっておりました。

最初はスズキブース。

GSX-R1000は見る度にコンパクトになっていく・・・
タイヤやマフラーが太かったり、フロントフォークがゴツいから見分けが付くけど、
シャーシだけだと分からないかも。




スズキらしいお色です。
これで204万円って、、、なかなかのものです。

話題のVストローム250がフルパニア状態で展示されていましたが、意外と大きさあって
パワーは無いけど、普通にトコトコ走るならこれで十分ではないかと跨って思ってしまいました。

購入するとしたら650か1000を選ぶでしょうけど。






トヨタブースは特に興味が無いので私はスルーするつもりでしたが、
クラウンコンセプトは一応、撮影して来ました。




なるほど、ノーズが気になると言えば気になります。




何やら怪しげなものが・・・
ふむふむ、HVスポーツコンセプトとやらが展示されていました。

フロント周りがとっても奇抜。
EVスポーツも前倒しに前倒しで開発が進められているでしょうね。






耐久マシンももっと以前は巨大だった気がしますが、ハイブリッド化してコンパクトに
なったのでしょうかね。以前に比べて少し小さくなったように感じました。




リアの処理はエグいものがあります。





謎のコンセプトカーが。

皆さんが群がって連写で撮っていらっしゃったので、何か凄いコンセプトカーなのかな?と
思って見てみたら、単純にお姉さん目当てのようでした。(-_-;)

ま、どさくさに紛れて私も一枚。





ホンダブースは最も目立つ位置にやはりNSXですね。






うーん、凄い・・・






これ眺められただけで次の日の辛い仕事も頑張れそう。

V10で出して欲しかったなあ・・・なんて。そんな時代ではないのは分かっていますが。





キャリパー、当たってるんじゃないの?と思うほどクリアランスが少なくて
よく見れば見るほど怖くなる。ギリギリ当たってない・・・





その裏にはシビックタイプRが。





シートに座るだけなのに長蛇の列が。凄いですねえ・・・





チャンピオンマシンを飾るのは恒例ですね。

今年もMotoGPではいろんな事件がありましたが、無事、定位置に。

もう一方の方は触れないでおきます。





シートカウルが昔のNR500みたいで面白い。
おっさんしか分からないでしょうけど、、、

毎回、思いますが、フロントに比べてリアのブレーキディスク、極端に小さい・・・。
フロントフォークは想像以上の太さ。
カウルは何となくレトロっぽくて、空力面では他社に先を行かれてそうではありますが、
何はともあれシリーズチャンピオン。

それでも、ロッシが勝ったレースは何となく面白いと感じてしまいます。
さて、来年はどうなるのでしょうかね。ちょっと楽しみです。







おっと、こんな所に初代インサイト?!と思いきや、・・・




クラリティPHEVでした。





CB1300 スーパーボルドール with 高校生。

今回は修学旅行の途中に寄ったと思われる高校生が大量にいました。
工業高校だったりすると修学旅行でモーターショーに行ったりするものなのですね。納得。






少し前にニュースで知って驚きましたが、本気出してゴールドウイング開発したら、
こうなりました、というモデル。

私ぐらいの年齢だとカッコいいなと思いますが・・・実際にこれを購入してツーリング行かれる
もっと上の世代の皆さんはこれを見てカッコいい!欲しい!ってなるんだろうか・・・

そこはちょっと疑問。

ゴールドウイングだけは別格で、どっしりとした感があって、パンヨーロピアンからは
峠でも寝かせられるスポーツツアラーだと思っていましたから、個人的には
パンヨーロピアンが欲しいなとずっと思っていました。




こんなカウルだと、ゴールドウイングというより、VTR1800という感じが・・・
いや、水平対向6気筒エンジンだからVTRではないですが。

真正面から見たらかなりやる気のある顔をしています。
メーターもフル液晶でとても明るく、賑やかな感じ。

フロントサスがデュオリンク、テレレバーなのが分かりますね。
これだけでも大きな進化だと思います。
Posted at 2017/12/15 22:21:09 | クルマ
2017年12月15日 イイね!

福岡モーターショー 2017 vol.3



BMWブースは圧巻のラインナップでした。
個人的にBMWで好きなのはZ4ぐらいなのでそのままスルー・・・




BMWのバイクの方に最近は興味があるので、フリーマンさんのブースの方へ。

R1200GSがありましたが、ちょっと近づいただけでお姉さんに
「あっ、お客様・・・」と言われて、展示だけなのに気が付く。

そんな時にホンダからBMWに移ったIさんに出会って、小話。
「どうぞどうぞ、跨って下さい」と言われましたが、丁重にご遠慮させて頂きました。

1200GSアドベンチャーに興味があるので、2~3年後には購入してそれで
遊んでられたらいいなと思っています。




ルノーブースへ。

今回はシトロエンもプジョーも出展は無し。
それにちょっとびっくり。

3008っていう久しぶりに訴求力に溢れたモデルが発売になったんですから、
それの展示があってもいいと思うのですが。。。そして5008も。

興味がある方、検討している方はもうディーラーに足を運ばれているにしても、
普段、フランス車に見向きもしない方々が「おっ?」って思うには良い機会だと思うのですが。






そんな中、ルノーはメガーヌGTの展示がありました。
スポーツツアラー、カッコいいですねえ。

ルーテシアやトゥインゴなども所狭しと展示されておりましたので、
フランス車の中でルノーだけなぜか力が入っておりました。





ジャガーのお隣のランドローバーブースで気になったのは
レンジローバー・ヴェラール。

ひ、低い・・・




フロントタイヤなんてフェンダーに被っ・・・てはいないか、という感じ。
イヴォークとスポーツの間のモデルですね。
私は個人的にはこんな大きなのは必要無いので、小型のイヴォークに興味を持っています。

シートはレザーの代わりにテキスタイルを使用しているのが特徴ですね。





アウディさん、力入り過ぎてスタッフの数が多過ぎ・・・
ちょっとでもブースに近づこうものならいきなりスタッフが数人寄って来てロックオンしてる
ものだから、ゆっくり自由に見れない。

R8スパイダーをゆっくり見させて頂こうと思いましたが、そこはスタッフ2人が待ち構えていて、
目が合いまくりなので、スルー・・・





クーペ好きな私が注目したのはS5。

この手のは小型からそこそこのサイズのまでBMWが力を入れていろんなモデルを
ラインナップして来ていますが、そんな中でアウディのクーペを選ぶ人ってお洒落だなって
思ってしまいます。A5が初めて出た時もいいなあと思って憧れたものです。

S5までは必要ないけど、A5を大切に乗られている男性はスマートで
カッコいいなと素直に思いますが、残念ながら変な方向にいじられてしまった車ばかり
街では見かけます、、、





アストンさんも展示のみ。




やっと福岡にも正規代理店が出来ましたので、今後に期待。
街で頻繁にアストンに出会えるような、余裕のある素敵な男性が増えたら良いなと思います。





同じ会社がマクラーレンも正規で扱うようになりましたので、
720Sと570Sスパイダーの展示がされておりました。

対照的なお色でした。




凄い色とテールエンドの形状。





マクラーレンには一定の憧れが常時ありますが、四輪の中で個人的に
最も憧れたマクラーレンF1GTRの維持費を聞いて腰を抜かしているところです。

当時は1億円という破格の値段で販売されていましたが(そのために赤字)、現在は
その中古車が軒並み15億円以上で取引されていますね。

タイヤ交換だけで600万円近く、燃料関係の修理をしようとしたら5年かかって
総額1200万円、全く乗らずに飾っておいただけでも点検などで最低年間600万円、
・・・

とんでもないです。

オーナーの方は「マクラーレンF1と比較したらフェラーリやランボは乗用車」と
おっしゃっていましたが・・・いやはや、参りました。

あれから四半世紀ほど経ちましたが、現在は2000万、3000万台で
マクラーレンに乗れるという良い時代になりました。

同じ業種の知り合いの女性の方でもMP4-12Cや540Cに乗られている方もいますので、
皆さん、頑張ってらっしゃるなといつも思っております。
Posted at 2017/12/15 19:21:53 | クルマ
2017年12月15日 イイね!

福岡モーターショー 2017 vol.2



フェラーリブースへ。

先ごろ、増産を発表して株価が大暴落していましたが、
世の中に大量にフェラーリが出回ると希少性、高い値段を維持出来なくなるとして
市場からは厳しい判断を頂いてしまったようです、、、





今年は現段階で8400台ほどのフェラーリがデリバリーされていますが、近い内に
年1万台の販売を目指すとのこと。ルカ時代には無かったことですね。

個人的な興味はポルトフィーノ一色。
でも、カリフォルニアの可愛い顔が好きで、いつか所有してみたいものです。

全体的にイタリアゾーンは遠くから眺めるのみの展示でした。





マーゼラッティのブースもグラントゥーリズモMCストラダーレとギブリ置いてあるだけで
ちょっと物足りませんでした。カブリオの方を置かれてたら優雅で宜しいのに、、、

今だとレヴァンテ展示するんだろうなと思っていましたので、ちょっと残念。
最近、同じマンションの方がグランルッソを購入して少しお話させて頂きましたが、
こういったメーカーもこういうものを出して来るなんて時代は変わったものだなと思いました。





最後にこれも。アルファロメオのジュリア。
私の父上が今、最も興味がある車だと言っておりました。

うーん、コクピット周りなどを見てみたかったけど、これも遠くから眺めるだけ。


代わりに後ろにあった広島製の外車、アバルト124スパイダーをしっかり見させてもらい、
とっても気に入りました。




座ったらNDロードスターですし、変なとこが壊れたりしないし、ミラー閉じようと思ったら
片方だけ閉じたりしないでしょうし・・・ (笑

個人的にはさっさと廃盤カラーになってしまったブルーなんかが
良いなと思っています。
Posted at 2017/12/15 16:28:36 | クルマ

プロフィール

「Ferrari Portofino World Premiere at the Portofino resort http://cvw.jp/b/2740270/40397210/
何シテル?   09/12 21:30
Never surrender. No compromise in works.         座右の銘:「人の行く裏に道あり花の山」
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達


ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
オープンはCR-Xデルソル、コペン、NAロドスタ、ビート、 206cc、Z4、SL350 ...
フェラーリ 612スカリエッティ フェラーリ 612スカリエッティ
初めて実車を見た時の第一声は「大きい!」。 動画や写真で見た印象に比べてとても大きく感じ ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
ディーラーさんのアプルーブドカーで程度が良さそうなものが 出て来て御連絡を頂き、素晴らし ...
ベントレー コンチネンタルフライングスパー ベントレー コンチネンタルフライングスパー
中古で多走行車、古い年式でしたので 購入時は非常にリーズナブルなお値段でした。 そんな ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.