車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月26日 イイね!



G6ファインアートラウンドで、名阪サーキットCコースを初めて走って思ったこと。



コース上のパイロンにどこまで寄せきれるか。


そして、路面を読んで、初走行のコースをどこまで踏み切れるか。




サーキットのタイムアタックの場合、クルマが仕上がり、ドライバーもコースに慣れてくると、1秒縮めるのはかなり大変なことです。

ですが、ジムカーナは、パイロン1本の回り方次第で1秒以上の大差が開くこともしばしばあります。

例えば、コース上にパイロンセクションが2箇所あり、2箇所でそれぞれ1秒以上の差が付けば、それは他で回収しようのない差になります。

そう考えると、脱出への理想的ラインに乗せながら、クルマの旋回性能と相談し、パイロンタッチせずにギリギリを抜けていくことがパイロンセクションをクリアする理想形の一つと言えます。



結局、パイロンへ寄せきれるかどうかは、パイロンターンの経験値の差かと思います。


私は限られたジムカーナのコースしか走行していませんので、憶測で書きますが、フルパイロンコースを比較すると、西日本はハイスピードからのターンセクションを織り交ぜたコースが多く、関東は低速でのパイロングリグリのコースが多いのかなと思います。



西と東のドライバーを比較すると、西の立場にある私から見れば、林の如く並んでいるパイロンを舐めるように旋回していくマシンの姿は、そういうセッティングをしっかりされているだけでなく、東のドライバーの高いスキルに「真似できねぇ~」って唸るしかありません。

東のドライバーの高い車両コントロールをもってすれば、パイロンへの寄せはどこでも通用するのかなと思います。



では、ハイスピードコースを中心に走っているドライバーがダメかというとそうでもありません。


ミニサーキットとフルサーキットを比較すると、常用速度域が違い、ブレーキングが難しくなって高いボトムスピードが求められるため、高速旋回中のマシンの安定性なども重要になります。


速度域が高くなれば、マシンセッティング(特に足)も当然違い、運転の仕方もストレートエンドでのブレーキングやステアリング操作などより繊細さが求められるということになります。



高い速度域のマシンコントロールは、低い速度域とは比べられない恐怖との闘いでもあるので、それが体に馴染んでいる人は強みがあると言えます。



私のビートは、地元TSタカタサーキットを楽しく走るところからセッティングを始めましたが、ここ数年はジムカーナ寄りのセッティングにしています。
こんな車両でフルサーキットを走ると「高速コーナーで吹っ飛んでいくだろうなぁ~」と思います(笑)


マシンセッティングもトータルで考えないといけないことではありますが、東のドライバーが持つ高いスキルは尊敬しますし、練習して「いつかあのようなテクニックも身に着けたいな~」と思います。











続いて、初走行のコースをどこまで踏み切れるか。



これは、結局、そのコースへの慣れが最重要課題かと思います。


ジムカーナは、パイロン1つの配置でコースが毎回変わり、メンタル面も含めて、そのコースをいかに攻略するかという競技だと思いますが、路面の読みやコース攻略のポイントを見抜く力だけは走り込んだ人には敵いません。




「地元スペシャリスト」という言葉がありますが、スペシャリストは走り込んでいるからこそ熟知していることってありますよね。


「見た目にはわかりにくいけど、このコーナーは滑る」とかは、初見の人はわからないことなので、イケイケバロメーターがあるとすれば、リスクを考慮してイケイケ100%というのは難しいんですよね。




マージンを多く残せばタイムは出ない。


だから、自身の腕とマシンを信用してどこまでアクセルを踏み切れるかどうか。


稀に頭のネジが切れたような人(笑)がいますが、キレているように見えるだけで、スキルの裏付けがあるからこそできることだと思います。


逆にホンマにキレてどこかに突っ込む人(初の姫センジムカで、全開で突っ込んでタイヤバリアを吹っ飛ばしたどこかのビート乗りとかw)も、ときどき見かけますけどね(爆)




速いクルマを作るのはお金を払えば作れますが、速いドライバーはお金を払ってすぐ完成ってハナシではありません。


私は後者に憧れるし、ネットや人の伝手でそんなシビれるドライバーの存在を知ることができ、そんなドライバーに少しでも近づきたいって思える今の環境は、いい環境だと思います。


Posted at 2017/04/26 12:39:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2017年04月25日 イイね!
2017 G6ファインアートラウンド/ビート【動画】
昨日は任意保険の更新のため、久しぶりに福田自動車へ行ってきました。

職場が遠くなってなかなか行けなくなりましたが、相変わらず福田自動車は居心地が良いし、あれやこれやハナシをしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。

お土産に筍までいただきました。ありがとうございます。







さて、本題のジムカーナ。

名阪スポーツランドのCコースに慣れ親しんでいる人に言わせれば「今回のコースはCコースらしくない」とか「逆回りは珍しい」という声がありましたが、私はCコースに関する予備知識と経験がゼロなので、変に意識することはなかったのですが、逆にどの縁石が危険とか、どこが滑りやすいとか、どのラインで行けばいいとかも未知。



加えて、Cコースと仕様変更した足回りとの相性も手探り状態だったので、他の人とは違う不安要素もありましたが、幸いドライ路面であったことと、コースレイアウトが複雑でなかったため助かりました。



コースレイアウトはシンプルでしたが、その分、2箇所ある3本巻のパイロンセクションの攻略方法と、ハイスピードで突っ込むコーナーのボトムスピードがタイムに影響したのかなと思います。


慣熟歩行中から3本巻きのパイロンセクションはグリップ走行ではなく、サイドでグリグリ回すと決めていたのですが、よくよく考えると、パイロン1本を置いてのターン練習はしていても、直角三角形のようなパイロンを回す練習はほとんどしていませんでした。


練習が不十分のままブッツケ本番に望むと、案の定、操作がワチャワチャになってしまいました(笑)




前向きに考えれば、「そういう練習もちゃんとやっとかなアカンで!」ということがわかったというように考えます(^^;


あと、1回焦ってシフトミスもやらかしてます(笑)



今回は車載カメラホルダーの位置を変更し、前方がよく見える位置に撮影場所を変更したので、外撮り(てっつんさん、撮影ありがとうございました)&車載で反省材料を残し、もっとスムーズな操作ができるよう今後の練習の課題にします。


 







ホントはとある人の動画を観て、自分の運転を晒すなんて恥ずかしくなったのですが・・・。


世の中、そういう上手い人がいるから、上を目指そうという気になるということで。

Posted at 2017/04/25 01:09:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2017年04月24日 イイね!
2017 G6ジムカーナシリーズ第2戦ファインアートラウンド

4月23日に名阪スポーツランドで開催された「G6ジムカーナシリーズ第2戦ファインアートラウンド」に参加し、てっつんさんと岡山まで帰路は一緒。






途中、龍野西SAで飯を食べ、岡山でてっつんさんと別れてからは、一気に眠気がキテ、フラフラになったので仮眠を取り、日付が変わった午前1時に無事、帰宅しました。



小市民が大好きなラーメン&カレーが胃袋への血流を促進させるとダメですね。


 



移動距離による疲労、先週末くらいからバタバタで続いていたことによる睡眠不足、早朝と夜間の寒さと日中の暑さの寒暖差などで思った以上に体力を奪われていました。












とにかく無事帰りましたので、前夜からの振り返り。




前日土曜日は大阪の民宿シェイクダウンに泊まらせていただき、シェイクダウンさん、とぐおーさん、私の3人で高槻へ繰り出しました。



シェイクダウンさんのお気遣いにより「個室を選びました。」と言われて入った小部屋の仕切り1枚隣から聴こえてくる音量規制のあるサーキットだと出入禁止レベルの爆音







「前から言おうと思うとってんけどな!アンタのそういうとこが気に入らんねん!」
という直菅マフラー級の女性の怒り声サウンドと共にグラスを机に叩きつける打撃音。



「ザ✩大阪」www






触媒レス直菅マフラーサウンドで脳天を直撃され、個室どこ吹く風状態に3人で顔を合わせで爆笑。





いろいろと楽しい会でした(笑)




シェイクダウンさんと飲むこと自体も楽しいのですが、何かしらこういうアレな出来事にも遭遇するドッキリイベントもあるので、民宿シェイクダウンは私のパワースポットなのです(*^∀^*)




翌朝、ミスコース常習犯の私のために、シェイクダウンさんも午前3時半に一緒に起きて、軽自動車軍団と待ち合わせをしている奈良の針テラスまで保護者同伴で送っていただきました。



毎度、シェイクダウンさんには感謝の念に耐えません。






午前6時ゲートオープン、午前7時受付という「どんだけ、早起きやねん!」と突っ込みたくなるほど早朝からのスケジュールに戸惑いながら準備を開始し、午前8時半から慣熟走行。


台数が110台くらいいたので、それくらい早い進行じゃないと間に合わないんでしょうね。

 






 





奈良県山辺郡山添村というところにある名阪スポーツランドは、標高海抜500mを超えるところにあるので、この時期の早朝はメッチャ寒い。


路温も冷えきっているうえ、タイヤラバーが乗った路面とところどころコンクリートのツギハギがある路面で想像以上にフロントタイヤが逃げる。



「うわぁ~(タイヤが)食わねぇなぁ~」と思っていたら、いきなりコースを間違え、禁断の6速を使用(ちーん)


パドックに戻ると・・・




「こんな簡単なコースで、まさか間違える人がいるとはw」


「ナニ、三味線引いてんのw!」


「やっぱ、(1日1回は必ず)ミスコースをヤルんやねw」


「バックオーライって10秒くらいかかってたよw」



・・・といった生暖かい声援を送っていただきました(爆)




皆さんのご期待に応える男なのでございます。










ミスコースはともかく、フロントが逃げる感じと跳ねる感じがするので、暫定仕様としていたフロントの減衰力を少し下げて、第1トライに望みました。



路温が少し上昇してきたとはいえ、気温はまだまだ低いので、エンジンは快調に回るものの、ドライバーのスキルがイマイチなので、コース攻略が中途半端。


 




特に2箇所ある3本巻パイロンセクションは、私のビートではフルグリップで回った方が速かったのかもしれませんが、デモランをされたファインアートお抱えドライバー(FR:ハチロク、FF:シビック、MR:NSX、4WD:ランサー)の走りを見ても全員、サイドを引いていたし、正解かどうかはともかく、サイドを引いての動きも確認したかったので、サイドで引っ張る作戦に決定。




ただ、コレがデモラン車のようにスムーズにいかない(汗)



最初のパイロン3本は、ブレーキングポイントで下りになっているので、失敗するとアンダーが出て、酷い目に遭う上、イビツな直角三角形のような配置なので、定常円っぽく回れないし、回転を落とすとMRはしんどい。



ゴール手前の3本は、定常円っぽく回れるものの、ゴールの角度がイヤらしく、脱出を失敗すると、規制パイロンを飛ばしてしまう恐れがある。


でも、アクセルを抜くとエンジン回転が下がってしまうので、アクセルは踏み切りで、ステアリングはワチャワチャ(笑)


同じリア駆動でもロードスターのようなFRの動きや、同じMRでもパワーのあるNSXのような動きをビートで再現するのは難しいですが、要は私がそのスキルが乏しいだけなので、今後、練習して課題にしたいです。





第1トライ終了のタイムをみると、超接戦。



間違いなく私が踏み切れていないところを踏んでいるのだと思いますし、ラインも違うのだと思います。



タイムアップの余地が各々あるようなので、2本目に向けてイメトレ。



その前に、昼休憩中にファインアートさんがいつも出されている無料の「やきそばコーナー」を直撃。


 





 



走りイベントだけど、走って見て楽しんで、胃袋の方も満足させたいという主催者の心意気を感じることができるのがファインアートさんのG6ジムカーナだと思いました。





第2トライは、慣熟歩行で再度、コーナーの入り方や脱出のイメージ、どこまで踏み切れるかを確認していたので、後はミスを恐れず思い切り走る。






結果・・・

















第1トライからコンマ3秒タイムアップし、1分23秒015で逃げ切り、クラス1位。



 





フロントの仕様変更で、ブッツケで望んだG6ファインアートラウンドでしたが、先週チェリッシュジムカーナで走ったときよりも、足の動きがよい方向に向かっているので、ドライバーが扱いきれるように頑張っていこうと思います。










余談ですが、ファインアートラウンドではじゃんけんによる「1万円の高級肉争奪戦」があります。



じゃんけん激弱な私にとっては無縁なハナシなのですが、なんと、同じK1クラスで参加されていたゼッケン29番のK川さんが獲得されました。










肉だけにゼッケン29番!


 



ゼッケン30番だった私・・・この時点で既に勝負がついていた気がします、ハイ。





ファインアート関係者の皆様、楽しいイベントありがとうございました。



G6ファインアートラウンドに参加された皆様、お疲れ様でした!
Posted at 2017/04/24 10:43:36 | コメント(7) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2017年04月23日 イイね!
G6ファインアートラウンド始まった!初めて見た名阪Cコース。


結構、縁石が高い所もあって、現地で見ると危ないのね〜って感じ。

練習走行1本目が先ほど終わったのですが、いきなり定番をやりました(笑)



ハイ、ミスコース(爆)



え!?

こんなに簡単なコースなのに、まさか〜(笑)って同じKクラスのみんなに速攻、突っ込まれました( ̄  ̄)




出走前にバタバタするといけませんね(T ^ T)


次は準備をちゃんとして臨みますo(`ω´ )o





Posted at 2017/04/23 09:19:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2017年04月22日 イイね!


昨晩、オイル交換まで済ませ、足回りの最後の点検をしていたら、ラジオから日付が変わることがわかる「ジェットストリーム」が流れました(^^;




幸い、土日の天気が良さそうなので、雨具の心配がないだけ非常に助かります。

 




そして、今朝、荷物の積み込みを始め、さきほど完了。


パドックスペースがそれほど広くないとの情報があり、ハードトップを外したらタープを広げるスペースがないかと思い、タープは持っていかないつもりでしたが、やっぱ持っていくことにしました。


ハードトップの置き場は、ご近所のK1クラスの皆さんに頼んでちょっとスペースを拝借しようと思います。



相変わらずビートに荷物を積むときはスキマ産業バンザイのテトリス状態(笑)


更に今晩は大阪の民宿シェイクダウンでお世話になり、ダンディーなお方に添い寝をしていただく予定なので、プチお泊りセットも必要ということもあり、車内は超エコノミー症候群状態デス(笑)






先週と変わったことといえば、足の仕様変更とステッカー(笑)


クルマに貼るステッカーは、競技で愛用している「広島高潤(HIROKO)」くらいしか貼っていませんでしたが、今戦では、今シーズンから投入した足のステッカーも顔に貼ってイキます。






ボチボチの大きさのステッカーなので、ステッカー1枚貼るだけで、ちょっと速そうなクルマに見えます(爆)

 


コレが世に聞くステッカーチューンってヤツか(笑)





そんなわけで、明日、名阪のG6ファインアートラウンドに参加予定な皆さん、よろしくお願いします!

Posted at 2017/04/22 11:50:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
プロフィール
「2017 G6ファインアートラウンド/ビート【動画】 http://minkara.carview.co.jp/userid/274366/blog/39663734/
何シテル?   04/25 01:10
車好きが集まる「みんカラ」に登録してみました♪ ランニングコストの安い軽自動車(ビート・カプチーノ・アルト)で、ジムカーナやサーキット走行など、スポーツ走...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
寄せきれるか、そして踏み切れるか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/26 12:42:04
2017ジムカーナ計画Ver2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/30 22:15:27
2017ジムカーナ計画Ver1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 20:41:39
お友達
車好きの方、特にモータースポーツを楽しんでいらっしゃる人、よろしくお願いします。
現地で見かけたら、気軽にお声をかけてください。

※コメント等なくいきなりのお誘いはお断りすることがあります。
176 人のお友達がいます
てんかすてんかす * MDiMDi *
hiroび~hiroび~ * ナビックナビック *みんカラ公認
nob@nob@ * GAMMAGAMMA *
ファン
107 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ ビート スローイン・コースアウトビート (ホンダ ビート)
ミッドシップに乗りたくてやっと巡り合えたクレタホワイトのビート。 最大出力64ps/8, ...
スズキ アルト スローイン・コースアウトアルト (スズキ アルト)
定番の「スローイン・コースアウト」の冠をアルトにも付け、「スローイン・コースアウトアルト ...
スズキ カプチーノ スローイン・コースアウトカプチーノ (スズキ カプチーノ)
手軽なFRを探していたところ、F6A搭載の軽自動車生粋のリアルスポーツFRターボ車のカプ ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
2016年4月25日、Keiワークスの後継ファミリーカーとしてやってきました。 普段は ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.