• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KAZUYAのブログ一覧

2015年06月30日 イイね!

NDロードスター試乗しました

NDロードスター試乗しました
6月28日(日)、チェリッシュジムカーナに参加した際、岡山のマツダさんが展示&試乗車としてNDロードスターを会場に用意されていました。


しかも6速ミッション。「こんなチャンスはない!」と思い、競技終了後に試乗させていただきました。







「このクルマを走らせれば、きっとだれもが、しあわせになる。」



これは、1989年に誕生した初代ロードスターのコピー。



時代のニーズと造り手(マツダ)の思いがうまく絡みあうところを狙い、NAからNBへ、続いて3ナンバー化したNCへと進化していったロードスターですが、みなさん周知のとおり、原点回帰したNDはスタイリッシュかつコンパクトなボディとなって生まれ変わりました。







根っからのロードスターファンも多いでしょうから、ロードスターの知識が乏しい私が中途半端にアレコレと仕様などは書かず、試乗した素直な感想だけを書くことにします。





ブログにも頻繁に書いていますが、私が憧れるクルマはロードスターとS2000。




だからこそ、文頭に書いた「きっとだれもが、しあわせになる。」という感覚になれるかどうかはNDロドには非常に興味がありました。






まず、見た目は、モロ好みです。特にフロントは文句なし。ななめの角度から見たフェンダーの張り出し具合やプレスラインもステキすぎます。








リアについては、テールランプの形状が、間 寛平さん演じる「なぜじゃー、だれがじゃー」のじーさんみたいに見えた(笑)のですが、まぁ、これはそのうち慣れるでしょう。

 





さて、試乗インプレ。


試乗コースは、なださきレークサイドパークのパドックを出て、直線をしばらく走り、途中で右折し、また直線。国道30号に入る手前のお店の駐車場で転回し、会場へ戻るというコースでした。
土地勘がないので、地名とか全然わかりません。


私が何か楽しそうなことをヤラかさないかと監視員として(笑)、助手席にはマツダの男性社員さんが同乗され、道順は指示されました。




試乗コースは、ほぼ直線しか走っていないので、ワインディングとか全然わかりません。




それでも「少し踏んでみてもいいですか?」と尋ねて了承していただいたので、少しアクセルを開けてみたので、加速フィーリングくらいは体感できました。





最初、窓を閉め切っていたので、こりゃ、流石にいかん!と思い、窓を開けさせてもらい走行したところ、やっぱ風が気持ちいいですネ。



しかもオープン~クローズにするまでの手順が、NDロドはホントに簡単で早いので、これは天候に左右されなければオープン走行をホントに楽しめるクルマだと思いました。

 






ただ、軽ではありますが、嫁さんからは白い目で見られるB(ビート)とC(カプチーノ)を飼う私としては、オープン走行どころでは驚きません。



手に触れるものや、ドライビングシートから視界に入るものは皆、上質で、私の中では「大人の乗り物」という印象がピッタリ!


 

 

 





ほぼ直線しか走っていませんが、路面のうねりや継ぎ目はありました。







走行中は、それらを全く感じさせない乗り心地で、まさに「いなす」という表現がピッタリ。





高級セダンでもない、ミニバンでもない、「運転を楽しむ」という視線での上質かつ快適にドライブができるクルマという印象を受けました。












・・・・さてと。






















ここからが、完全にKAZUYA目線です。
































それじゃ、運転していて心が躍ったか!?





























残念ながら、否。





試乗前から、NDロドに過剰な期待をしていたからかもしれません。




いや、一番の理由は直線しか走っていないので、このクルマの良さの半分も感じることができていないからだと思います。






私は、快適な乗り物を求めているのではないんです。



もちろん、苦痛を味わうクルマ(笑)よりは、快適な方が絶対にいいです。


でも、快適なら、それこそセダンでも荷物がもっと乗るステーションワゴンでもいい。







私にとって重要なのは、ハンドルを握って、心が躍るかどうかなんです。



もう一つ考えられるのは、試乗直前にビートで競技をしていて、アドレナリンが出まくりだったと思うので、比較対象が悪すぎたこともあると思います。



アクセル全開でクルマとの一体化を目指しながら運転していたのに、「直線だけまったり走ってください」という状況では、「ふ~ん、いいクルマだね。」という感想に落ち着かざるを得ません。




ちなみに、ロドといえば過去、TSタカタサーキットで、ごんぞーさんのNAロドを運転させてもらったとき、心が躍りました。


同じくタカタからテクノまでの道のりで、TaNoonさんのNAロドを運転させてもらったときも、一般道路だけの走行なのに、心が躍りました。



NDから見ればNAは古さを隠せないし、その2台とも世間一般的には決して快適とは言えませんが(笑)、運転しているときは、なんとなくニヤけてしまう私自身の心は、間違いなく快適でした。






NDロド試乗後、荷物満載で、狭苦しい自分のビートで、再び片道約3時間運転して帰りました。


頭の後ろで(ミッドシップのため)エンジン音がやかましく、路面からの突き上げもあり、とても試乗したNDロドのように快適ではありませんが・・・


















やっぱりビートの方がいい!



そう思いました。




私のインプレは、世間の感覚からは、確実にズレていると思うので、全く参考にならないと思います。






機会があれば、軽快に走れるコースで再度、(当然、ミッション車を)運転してみたいものです。
Posted at 2015/06/30 19:16:22 | コメント(7) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2015年06月29日 イイね!

チェリッシュジムカーナ2015Rd3/ビート【動画】

チェリッシュジムカーナ2015Rd3/ビート【動画】

今日は、昨日のチェリッシュジムカーナの走行動画をUPします。


ビートでジムカーナをするようになって数年が経過しますが、最近、私とビートとのシンクロというか「こうしてあげたらクルマがよく動く」という感じが掴めるようになってきました。




今回のコースは、V字コーナーが複数あるストップ&ゴー+αのようなゴチャゴチャした感じでしたが、久々に満足のいくドライビングができた感じがしました。

  
 




いつもそうであればいいのですが、そうはいかないのがジムカーナですけどね(笑)


だから毎回新鮮な気持ちで望め、うまくいかないときは悔しい思いもするんですよね。




ということで、今回のタイムアタック2本目の外撮り&車載動画です。

 


Posted at 2015/06/29 20:50:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | チェリッシュジムカーナ | クルマ
2015年06月28日 イイね!

チェリッシュジムカーナ2015Rd3

チェリッシュジムカーナ2015Rd3
晴天に恵まれた今日、なださきレークサイドパークで開催されたチェリッシュジムカーナに参加してきました。


オフィシャルの皆様、エントラントの皆様、暑い中、お疲れ様でした!





全33台中、Kクラスは全8台でなかなかの盛況ぶり。




8台の内訳は、ビートが2台、ワークスが2台、AZ-1が1台、そしてエッセが3台。


エッセ3台のうち、2台()は見た目から完全にアブノーマル(笑)なので、オフィシャルの競技長がどえらい反応していました(笑)






クルマからアレやコレやと荷物を下ろし、準備がちょうど終わったくらいで完熟歩行開始。



モアイ主義さんと京都から初遠征で来られたとぐおーさんと一緒に歩いたのですが、2人は2周歩いただけで「よし、完璧!」とパドックへ戻られましたが、物覚えの悪い私はメッチャ不安だったので、3周も歩きました。



流石に3周も歩くと、「あそこはあんな感じで入って、アクセル全開で~・・・」というように、走行イメージができました。




練習走行から、同じミッドシップのMRSで参加されているかるあおさんに撮影と走行後のダメ出しを依頼。





帰宅後、カメラの撮影状況を確認すると、自撮りされていたので、これは「ちゃんとアップしとけよ!」という命令だと思いますので、ちゃんとアップしときました(笑)

 



走行後、かるあお先生に「どうでしたか?」と訪ねたところ・・・・





「もっと、こう・・・ボーン、キュ、ボーンってガンガンいかんか~い!」ってダメ出しされるかと思いきや、「いや、えぇと思いますよ。」と一言。



同じビートで参加されていたタケウチさんには、いい走りをされていたのに、先生から「もっと死ぬ気で突っ込まんかーい!」ってダメ出しされていたので、他県から遠征してきた私には精神的ショックが残らないようソフトタッチな助言しかしてくださいませんでした。




次は、ゾクゾクするようなドSなダメ出しを期待したいです(違)








第3戦のコースは、あっちへ行き、こっちへ行きとなんだかヤヤコシイ感じでしたが、完熟歩行をしっかりしたおかげで無事、ミスコースもなく終了。



長いストレート区間がなく、テクニカルセクションが多かったので、どちらかというとターボ車には不利なレイアウトだったのかなと思います。





練習走行では、ツメの甘さが残ったので、タイムアタック1本目では、それを修正して約コンマ7秒タイムアップ。



昼休憩をはさみ、散歩がてらもう1度、コースを歩きました。




タイムアタック2本目は、最後のスラローム処理をもっと早くすることを意識して走行。



結果、タイムアタック1本目から、約コンマ7秒タイムアップし、ベスト更新。




後から外撮りと車載を振り返ると「あそこのギア選択は・・・」と思うところもありましたが、それは結果論であって、あの場でできることはできたかなと、久々に満足のいく走りができました。


動画は、また明日にアップできれば・・・と思います。





表彰式直前、仕込んでいたTシャツに早着替え。



私の中では「カープ黒田投手応援月間!」と位置づけているので、先週のGCUP同様、黒田選手の背番号カープTシャツを着用して表彰式に立ちました♪

 
 






景品は、お米とバーベキューコンロ等。




表彰後、「次はこれで焼肉しながら~♪」と言ったら、某とぐおーさんが「その(バーベキューセットの)画、メッチャまずそう(笑)」と速攻、突っ込んでこられたので、現地での焼肉計画は中止します(爆)

 





そして、パドックには今回岡山のマツダがブースを設けられていて、しかもNDロド(6速!)とデミオが展示してありました。



デミオもいいクルマなのはわかっていますが、家族車としては不適格なクルマばかりに目がイク残念な私は、当然ロドの方に釘付け!



嬉しいことに展示だけではなく、試乗も可能とのことで、ロドに乗っちゃいましたよ!

 


このインプレはあらためて書きます。





とにかくワイワイ楽しく過ごせた1日でした。


現地でいろいろとお話した皆さん、ありがとうございました(^0^)/
Posted at 2015/06/28 22:17:13 | コメント(7) | トラックバック(0) | チェリッシュジムカーナ | クルマ
2015年06月27日 イイね!

百聞は一見にしかず

百聞は一見にしかず


先日、公式戦のことを書いたところ、いろんな人からアドバイスをいただいたり、「Wエントリーしてみる?」というありがたいお話をいただいたりしました。





知らない世界ですから、いろんな情報を得られることは有益なんですが、結局、自分の目で見て、自分で体験してみないとわからないことなんですよね。




息子が今日、国語のことわざで「百聞は一見にしかず」を調べていたのですが、その言葉を耳にしたとき、まさに自分自身のことだと思いました。




自分の目で見て実際に体験し、それで求めるものがそこにあればもう少し入り込んでみようと思いますが、そうれでなければ、ムリするものでもないなと思っています。




とにかく、やってみなくちゃわからないですね。








さて、明日は岡山県で開催されるチェリッシュジムカーナ第3戦に参加します。


ビートは、ブレーキフルードとクラッチフフルードを交換し、荷物の積み込みをして準備完了。


同日、阿讃バトルカップ第2戦とブッキングしていたので、どうしようと悩んだのですが、チェリッシュジムカーナに参加することにしました。



ジムカーナとスプリントレースということで趣向が違いますが、両イベントともシリーズ戦になっているので、できれば両方参加したかったんですけどね。



阿讃バトルカップも残り2戦あるので、今シーズンもう1戦は参加できたらいいなと思っています。






ということで、明日、チェリッシュジムカーナに参加予定の皆さん、よろしくお願いします!
Posted at 2015/06/27 20:58:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2015年06月26日 イイね!

激しすぎるΣ(゚д゚lll)



仕事から帰宅後、息子の服を見て唖然・・・。


夏の制服は白いポロシャツみたいなのなんですが、胸とお腹あたりが真っ黒。






私「え~、ナニそれ!なんでそんなに真っ黒なんや。」


息子「習字の時間で墨がちょっとついた。」


私「いやいや、それちょっとじゃないって!メッチャ真っ黒やん。」


息子「筆もっとったときに、◎◎くんが後ろからドンって当たったときについたんよ。それで、水でゴシゴシ洗ったら、どんどん広がったんよ。」


私「いや、それ広がりすぎやし。白黒ツートンやないか。」


息子「◎◎くんのはもっとひどいよ。背中真っ黒じゃけ!」


私「背中?なんで背中やんや(笑)習字の時間だろ。」


息子「ほうよ、習字の時間なんだけど、◎◎くん背中が真っ黒になっとったよ。俺のはまだ、ましじゃけ。」


私「習字の時間、えらい激しいやなぁ(笑)しかし、オマエ、習字の授業のたびに服を黒くして帰ってくるなぁ(笑)まぁ、えぇわ。それ洗ろうてもゼッタイ黒いのん消えんで。」


息子「えぇよ。どうせまた、黒いの付けるけー。」


私「つけてくんなー(笑)!」







息子の小学校の習字の授業は、何を教わっているのか知りませんが、激しすぎです(笑)
Posted at 2015/06/26 21:32:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 子育て | 暮らし/家族

プロフィール

「2017JAF中国地区ジムカーナ第7戦/ビート&他クラス【動画】 http://minkara.carview.co.jp/userid/274366/blog/40431185/
何シテル?   09/18 21:45
車好きが集まる「みんカラ」に登録してみました♪ ランニングコストの安い軽自動車(ビート・カプチーノ・アルト)で、ジムカーナやサーキット走行など、スポーツ走...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

2017ジムカーナ計画Vol5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/15 22:21:10
2017ジムカーナ計画Ver4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/10 20:45:49
動きのイメージ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/18 23:16:41

お友達

車好きの方、特にモータースポーツを楽しんでいらっしゃる人、よろしくお願いします。
現地で見かけたら、気軽にお声をかけてください。

※コメント等なくいきなりのお誘いはお断りすることがあります。
178 人のお友達がいます
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 かなたん@かなたん@ *
マジマジマジマジ * SEIやんSEIやん *
KONKON * hotosahotosa *

ファン

106 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート スローイン・コースアウトビート (ホンダ ビート)
ミッドシップに乗りたくてやっと巡り合えたクレタホワイトのビート。 最大出力64ps/8, ...
スズキ アルト スローイン・コースアウトアルト (スズキ アルト)
定番の「スローイン・コースアウト」の冠をアルトにも付け、「スローイン・コースアウトアルト ...
スズキ カプチーノ スローイン・コースアウトカプチーノ (スズキ カプチーノ)
手軽なFRを探していたところ、F6A搭載の軽自動車生粋のリアルスポーツFRターボ車のカプ ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
2016年4月25日、Keiワークスの後継ファミリーカーとしてやってきました。 普段は ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.