• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KAZUYAのブログ一覧

2016年09月30日 イイね!

走行距離10万kmでクルマはダメになる!?



こんなことを聞いたことがありませんか。



「クルマは10万km走ったら、ボチボチ買い替え時」



昔と比べれば、各社、コスト削減に努めながらも製品の精度が上がっているので、私は「10万km走ったからといって、全然問題ないでしょ!」と思います。


ただし、「全然問題がない」というのは、定期的に必要なメンテナンスをしてあることが前提にはなります。


それにイマドキのクルマはよく出来ていると思いますし、コスト削減を徹底している割には、ゴム製品などの品質が物凄くよくなっていると思います。

驚いたのが、インマニなどが樹脂製品に代わっていること。


インマニなどが樹脂製などになっているのを初めて見たとき、熱害等の影響を受けて「コレ、ホンマに大丈夫!?」と思いましたが、大丈夫らしいです(^^;


もちろん、耐久性は金属製よりは劣ると思いますが、いかにゴムや樹脂製品の品質が向上しているかよくわかる事例だと思います。






なんでこんなことを書いたかというと、ここ数年、私が耳にしなかったのですが、とある人から「そろそろ(愛車が)10万越えそうなんだけど、どう思う?」と私に尋ねてきたからです。



「どう思う?」の含みは、「そろそろ買い替えた方がいい?」それとも「まだまだ大丈夫と思う?」ということなのですが、私は相手が答えてほしかった内容とは違う質問で返しました。



「そのクルマにまだ乗りたいんですか」






私はクルマ好きなので、そういう発想になるのですが、クルマを単なる移動手段としてだけ見ていないので、「そのクルマに乗り続けたいかそうでないか」は重要な判断材料になると思うのです。


乗り続けたいなら、修理箇所があっても直して乗り続ければいいと思います。


それに、新車から10年くらいのクルマなら修理部品がなくて困るという旧車的な悩みもないと思いますから。



あとは、修理内容次第では高額になるかもしれませんが、その金額を払ってでも乗り続けたいかそうでないかでも分かれてきますね。




結局、私の逆質問に対するその人の回答は「まだ、乗りたい」


オイル交換だけはコマメにしているということと、ディーラーへ定期的に点検に出しているとのことだったので、「それなら、十分乗れますよ」と回答しました。


加えて、冬季の塩カリも気にしている人なので、ボディの錆に対して無頓着な人と比べればかなりマシだと思います。


細かいことを言えば、10万kmも走行すると、新車のコンディションは徐々に失われていることは間違いないし、ブッシュやボディがヤレて軋み音が聞こえてくるとか、ドアの開閉がなんとなく悪いとか、パワーウィンドウの作動音がだんだん大きくなるとか、まぁ~いろいろあると思います(笑)




私なりの結論になりますが、信頼できる整備工場やディーラーで「定期的にメンテナンスをしているクルマであれば、10万kmは問題なし」と思います。




ただし、定期的なメンテナンス(油脂類交換など)以外の消耗品がいろいろと出始めてくるので、今までとは少し内容の異なる予防整備(たとえばゴム類、電装関係など)に努めれば、12万、13万・・・15万km・・・と乗り続けることができるのではないかと思います。













流石に20万km越えくらいのクルマになると、いろいろと故障ともオーナーは付き合っているハズ(笑)



その「域」になると、修理代をある程度惜しまない愛情だけでなく、「あ、この音はアソコが何かおかしい?」と察知する経験値も必要でしょうし、故障をネタにできるくらいの度胸も必要になってくると思いますね(笑)


Posted at 2016/09/30 17:04:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2016年09月29日 イイね!

hide BEST ~PSYCHOMMUNITY~

hide BEST ~PSYCHOMMUNITY~
ラウドネスなどのヘビメタが好きだった頃、初めてXのアルバムBLUE BLOOD(1989年)を聴いたときは衝撃的でした。


最初は単なるイロモノバンドだと思っていたら、その演奏力の高さとクラシカルで美しい旋律に、当時「日本にも、ラウドネス以外にこんなにスゲェバンドがいたのか!」と感動したのを今でもよく覚えています。







1993年にhideがソロデビューしたときは、他にも好きなバンドがいたため、ソロまでは追っていませんでしたが、1998年にhide with Spread BeaverでROCKET DIVEを発表したときは、Xのイメージからかけ離れていたけれども、hideの世界観が凄いことをあらためて知りました。



しかし、hideファンはもちろん、音楽業界だけでなく社会全体にもショッキングな出来事がhide with Spread Beaverとして起動した同年起きました。


ご存知のとおり、1998年5月、事故でhideが亡くなりました。






そのhideの音楽を無性に聴きたくなり、密林でベストアルバムPSYCHOMMUNITYを購入しました。










2000年に発売されたPSYCHOMMUNITY。


ROCKET DIVE、ピンクスパイダー、ever freeの代表的な3部作はもちろん、TELL ME、POSE、DICEなどの名曲や、ファンであれば知らない人はいないhideが難病の少女のために書いたMISERYなども入っています。





今聴いても、hideの音楽に古さは微塵も感じません。



いや、むしろ今でもhideの世界観と音にシビれる!




ここ数日、通勤中にずっと聴きまくっています♪

Posted at 2016/09/29 20:57:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日常 | 音楽/映画/テレビ
2016年09月28日 イイね!

ブレーキフルード交換&スライドピングリスアップ

ブレーキフルード交換&スライドピングリスアップ

先日、通勤マシンとして活躍中のスーパーカーのエンジンルームを開けると、ブレーキフルードがやや劣化した色になっていたことに気づきました。





ホントは雨が降る日にフルード交換作業はしたくなかったのですが、午前8時くらいのときは雨も降っていなかったので、「よし!やろう!」と即決。





雨雲レーダーを見ながら、「やっべぇ~雨が降るぅ~!急げ~!」とワンマンブリーダーとブレーキフルードリザーバータンクを使って、サクサクっと交換。



幸いエア噛みはしていなかったのでフルード全交換はサクッと済みました。






フルードタンクのキャップを閉めたあと、ついでにフロントブレーキキャリパーのスライドピングリスアップとパッドの清掃。

 





フルード交換、スライドピングリスアップ、パッド当たり面クリーニングなどでペダルタッチも良好になりましたが、そろそろパッドもローターもいい感じで使い込まれているので、ボチボチ、スーパーカー用のパッド&ローター貯金を始めないといけません(^^;






ちょうどブレーキフルード交換が終わったあたりで、カプチーノ乗りの某工場長がやってきたので、スーパーカーをガレージから出して赤カプチーノをインサート。

 





赤カプチーノのテールランプ作業をゴソゴソされている間、私はガレージ内のお片づけしてました。













昼食ははさんだ後、カプチーノの作業の続きをしようと思ったのですが、最近、ビートのリア周りから走行中ガチャガチャとイヤな音がしていたことを思い出し、ジャッキアップして点検。


コンコンとハンマーで叩いてどこか緩んでないか調べたり、ブレーキ周り、ロアアーム周り、エンジンルーム周りを調べたりしたのですが、全然わからん(-_-)

 



仕方なくアッパーのトップナットを締め込み。
コレで問題解決すればラッキーなんですけど・・・。







んで、思いつきでプラグチェック(・∀・)







3本引っこ抜いて新品の予備プラグと電極部分の比較してみたところ、まだ大丈夫そうで安心しました♪

 





昔も今も変わらず、プラグは手っ取り早い健康診断ですね。

Posted at 2016/09/28 20:53:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | アルト | クルマ
2016年09月28日 イイね!

赤と黄色のカプチーノ

赤と黄色のカプチーノタイトルのとおりっす(笑)

当秘密基地に、黄色と赤色のカプチーノが並ぶのは初のことですな(*^_^*)





今日は生憎の雨ですが、公私ともにヤルセナスな出来事があったので、丁度いい気分転換になります♪





Posted at 2016/09/28 12:02:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | カプチーノ | クルマ
2016年09月27日 イイね!

マイナス評価について



ど~でもいいことなんだけど、本音はど~でもいいとは思っていないことなので、アルコール燃料の力のを借りて書く事にしました。



YouTubeに動画をアップしている人であれば、経験したことがある人も多いハズ。





それは、動画へのマイナス評価。



世の中にはいろんな動画がありますが、「え?この動画にマイナス評価を付ける意味がわからん!マイナス付ける人って病んでいるとしか思えん!」って動画もたくさんあると思いませんか。





私の場合、YouTubeへアップする動画のほとんどが、自分自身の走行動画なので、動画公開の目的は、私自身の振り返りの記録のため。



あとは、軽自動車で走っている人や同じ趣味の人にとって、何かの参考になればいいと思っているくらい。





ジムカーナでは、走行の度にコースが変わるだけでなく、路面状況、気温など加味すれば、過去の走行状況と全て同条件で走るということは、基本、ありえません。



それを言い訳にするわけではありませんが、限られた走行回数であったり、ブッツケ本番だったりする中で、私自身「今回は納得のいく走りができた!」と思ったことはほとんどありませんし、明らかに失敗した箇所は自分自身でもわかっています。





ブログでは悪ノリで書いているところがありますが、SPEC-Dの土居さんは口は悪い(失礼!)ですが、「◎◎が下手クソやな~」とハッキリ言ってくれるのでわかりやすいし、同じビート乗りとして尊敬しているNイチさんも「◎◎はダメでしたね!」と的確な助言もしてくださるので、こういう方たちは本当にありがたい存在です。



そんな感じで、自分でも気づいていない失敗や改善方法を、真正面から指摘してくださる人は本当にありがたいと思っていますが、バレないからいいだろう的なYouTubeの「低評価」は内心穏やかではありません。




「気にしなくていいんじゃない?」


「ネットの世界なんだから、顔がわからないと思って好き勝手なこと書く奴いるし、無視した方がいいよ。」



前にもこんなことを書いて、そんな助言をしてくださった人もいた気がします。





これが「◎◎の走らせ方がよくない。ココをこうすれば・・・」といったコメントなら、諸手を挙げて大歓迎なのですがね・・・。




走行動画の内容が危険運転を晒すような内容だったらともかく、自分よりも運転が未熟な人の動画を見つけて「低評価」をつけるなんて、趣味が悪いとしか思えません。






誰だって、最初から高度なドライビングスキルを身につけているわけじゃないし、私も少しでも上手くなりたいと思っているから、この趣味を続けているのに、それを上から目線なのか妬みなのか知りませんが、執拗に追いかけてくる人って、「どうなの!?」って思います。





低評価をつけるお決まりのパターンは、ビートの走行動画。


加えて、TSタカタサーキットの走行動画だったら、異常に食いつくというパターン。







◎◎◎さん!



あなたのことですよ!










・・・って思い当たる人を晒すような大人げないことはしませんが、私の走りがヘタクソだと思って「低評価」を付けるだけだったら、得るものはないでしょうから、二度と観に来ないでください。




私はユーチュバーでもネットで飯を食っている人でもありませんし、アクセス件数を伸ばすことに躍起になっている人でもありません。




単純に、同じ趣味を共有できて、走る会場で出会ったらワイワイやったり、クルマのハナシで盛り上がったりできる人が観に来てくださればいいだけなのです。




そして、出会ったときに「◎◎の動画を観たけど、あそこは◎◎が良かったよ。でも、あそこは◎◎した方がよかったんじゃない?」なんて助言をしてくださるような人であれば、動画を公開した喜びも噛み締めることができます。


























日々楽しいことばかりじゃなく、悔しいことや辛いこともたくさんあります。




だけど、それを発散させるに「全力で趣味を楽しんでいる」だけなのに、その趣味のことで悪趣味な輩に心悩まされるのは悲しい・・・。



走っているときは、そんなツマランことは忘れられますが、動画を振り返って編集後にアップしようかどうしようか・・・と思い悩むこと自体、気が滅入ります。





はぁ・・・


なんだかねぇ・・・。






すみません。






自惚れないよう、精進します。


Posted at 2016/09/27 01:04:21 | コメント(8) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ

プロフィール

「チェリッシュジムカーナ2017Rd6【動画】 http://minkara.carview.co.jp/userid/274366/blog/40707787/
何シテル?   11/13 21:25
車好きが集まる「みんカラ」に登録してみました♪ ランニングコストの安い軽自動車(ビート・カプチーノ・アルト)で、ジムカーナやサーキット走行など、スポーツ走...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

JAF CUPタイムスケジュール&荷物チェックリスト&(覚書) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/31 20:56:50
2017JAF CUPエントリーリスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/21 22:17:04
2017ジムカーナ計画Vol5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/15 22:21:10

お友達

車好きの方、特にモータースポーツを楽しんでいらっしゃる人、よろしくお願いします。
現地で見かけたら、気軽にお声をかけてください。

※コメント等なくいきなりのお誘いはお断りすることがあります。
178 人のお友達がいます
ジャンジャンジャンジャン * Koji GSⅡKoji GSⅡ *
ICRT OvertakersICRT Overtakers * いぃいぃ *
朝陽朝陽 * はやとはやと *

ファン

108 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート スローイン・コースアウトビート (ホンダ ビート)
ミッドシップに乗りたくてやっと巡り合えたクレタホワイトのビート。 最大出力64ps/8, ...
スズキ アルト スローイン・コースアウトアルト (スズキ アルト)
定番の「スローイン・コースアウト」の冠をアルトにも付け、「スローイン・コースアウトアルト ...
スズキ カプチーノ スローイン・コースアウトカプチーノ (スズキ カプチーノ)
手軽なFRを探していたところ、F6A搭載の軽自動車生粋のリアルスポーツFRターボ車のカプ ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
2016年4月25日、Keiワークスの後継ファミリーカーとしてやってきました。 普段は ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.