• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

EG-SAMBARのブログ一覧

2017年06月06日 イイね!

茶畑のブルース

今までの趣味を止めた訳ではない。

相変わらず、銀塩写真は続けているし、
テディ・ベア & 手作りボコ ( 知っている人なら判る、ぼこぼこのテディ・ベア )も
1部屋占領中。

天体写真も天気次第で続けているし、
カートを含む車整備も忘れていない。

ただ、( 他の人に対して ) 趣味で何も出来ないおっちゃんになりたくない! と、
思って、誕生日から、おっちゃんの手習いを始める事にした。

当然ながら、○○学校とか○○教室なんて仕事で通えない。
知っている人に聞いて、本を読んでの独学である。

ガラクタ扱いされていた喇叭を磨いて、
これまた独学で修理して、
何とか音が出せる状態にまでした所。


何で喇叭(ラッパ)なのかって?

基本、木管、低音系の楽器の方が好みなのだが、大きいし、値段も高い。
手習いなのだから、手頃な値段で買える物でないといけない。

弦楽器、木管楽器は管理が大変。しかも左指が上手く動かない。
いくら頑張っても、テケテケサウンドも鍵盤も挫折しましたから。

で、見つけたのが、
リサイクルショップでショーケースの中で棚にされていた
錆びて、汚れて、固まって動かない、
信号ラッパ1本とトランペット1本、合わせて5000円。
歌口 ( マウスピース ) は、ハードオフのジャンク品。
メンテナンスキットとその他用品は、楽器店の購入。

仕事休日の昼休み頃、一人車の中で練習中。
しかも、回りは一面の茶畑の真ん中を通る道の傍らで。

他の楽器を持っている、歌口の使い方を教えて頂いた方に、
この状況を話すと、こう言われました。


そりゃ、『 茶畑のブルース 』 だね と。
Posted at 2017/06/06 21:45:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 悩める趣味 | 趣味
2017年06月06日 イイね!

ガラガラ音の元?

えっと、御無沙汰しております。

車より、自分の体調管理が大変でして。
極度の睡眠不足とビタミン不足で血管はボロボロ、体重はアップダウンの繰り返し。
漸く落ち着いてきた所です。

自分の事はおいといて。

フィアット126 (かえるちゃん)なのですが、
4月の終わりに、マロニエ・オート・ストーリー・フォーラムに行って来て、
その足で、少し足を延ばして、
那須テディ・ベア・ミュージアムまで。

合計750キロの長旅。

無事、マロニエのコースは走り終え、
モタモタと那須のミュージアムも行って来て、快調そのもの。

好事魔多しとは、この事か?

帰りの厚木のサービスエリアで、出発しようとしたら、

『ガラガラガラガラ・・・・・・・・!!!!!』

金属を叩くと言うか、金属の接触と言うか、
リアバンパーに紐つけてシンバルを引き摺っている様な音。

暗がりの目視では限界。当たっている箇所も判別できない。

クラッチを繋ぐと音が鳴り出す。

日を改めて、お店に電話して、5月末日に入庫。
珍しく、今回は代車を借りた。
ター坊仕様なんだけど、ター坊がお昼寝中のパジェロ・ミニ。
これまた珍しいパンクを経験させてもらいました。
駐車場でサイドウォールのパンク。

応急処置でお店に伝えて、用事を済ませて、1泊2日。

故障?ガラガラの原因は、

オルタネーターのベルトは新品だったのだが、
錆の付いたプーリーでベルトが磨耗し、
ベルトが遊んでオルタネーターのベアリングを傷めたとの事。

最初の状態では、
オルタネーターの先に付いている冷却ファンの変形で
冷却カバーにヒットしているのでは?だったのだが。
冷却ファンは変形しておらず、ベアリングの損傷だったとの事。

ベアリング6万円するので、
交換せずに補強してもらいました。

ついでに、車検の時、一度直してもらった排気漏れも直してもらいました。
こちらは、漏れていた所のパテに穴が開いてしまったので、
ガスケット全交換。

オイルは休憩を入れながら走っても、
20W-50のオイルはシャバシャバ。これも全交換。

そう言う訳で、想定以上の修理費で、今月は貧乏さんです。
2017年03月06日 イイね!

不調・・・車検・・・何とか通りました。

画像撮っているヒマなし。

すみませえ~ん!!

少し前からかえるちゃん、不調・・・

かえるちゃん、他の方から付いたあだ名は、かるろべろーちぇ。

やたら始動に梃子摺る。

思い当たる節は触ってみるのだが、
復調せず。

セルの回しすぎでバッテリーは上がるは、
ライトリレーが壊れるは、
CDデッキが只のラジオに化けるは、
故障と言うか、不調と言うか、てんこ盛り。

バッテリーの補充電、代用リレーの設置、
アイドリング調整とスローの燃料コントロール・・・
出来る範囲の応急処置で、
何とか始動。

2000回転以下はアイドリングのばらつき、
1気筒壊れた?と思いたくなるほど加速しない。
2500回転超えるといきなり復調する。

CDデッキは・・・ちょっとおいといて!

で、

本日朝1番から車検。

富士宮から、静岡まで。
ブブブブブブッ・・・ブブブバン!・・・ブブブバン!ブブブブブブッ・・・
止まりそうになるエンジンを
アクセルワークで回避しながら、
サイドブレーキ坂道発進風にスタート、
トルクピークの3000回転以上をキープしながら、
こまめにシフトを繰りかえす。

エンジンに気を取られ過ぎて、
タイヤのエアチェック忘れた~!

事前に車検の予約を入れておいたのだが、
買ったお店に持って行くと、
不調の状況を知ると、

???ガスケットが抜けた???

それにしては、
トルクピーク付近は安定しているし、
パワー抜けもしていない。

プラグの交換が簡単そうで、とても大変なので、迂闊に触れないのも事実である。
焼け色判断すら出来ない状態での車検。

15時。

全ての点検と補修が終わったので、車検場に滑り込み搬入したと
連絡を頂く。

で、
車検、通りました。

原因は、シリンダー固定ボルトの緩みでした。

この為、バルブクリアランスが狂い、少ししか吸入されず、
シリンダー内部にオイル混入、
プラグはオイルまみれ、
ヘッドカバー内部は恐ろしく綺麗で、
ガスケットは無事でしたとさ。

簡単に言うと、
鼻づまり状態で息が苦しくて口を開けてたら、
インフルエンザが飛び込んできた?。

リレーのボッシュの同型リレーに交換。
ポーランド語は読めないのよ。
配線図は難無く理解出来るんだけど。

CDは無理っぽいから、帰りは、
ラジオも付けずに、空冷2気筒のサウンドと、
異音チェックの指示依頼。
(ドライブシャフトの片方が固まっていて、グリスアップしたばかりなので、
コツコツと音がする。固まったままだと、溝をなめてしまうので。)

復調したかえるちゃんの音は、梅雨時の雨振る前の蛙の声。
2016年12月25日 イイね!

折れた!注文した、取り付けた。

長年サンバーに乗っていると、
故障しやすい所が見えてくる。

マイナー中のマイナートラブル。

実は、スライドドアのノブのテコが折れてしまうのだ。

そう簡単に折れるものではないのだが、
特車サンバーも既に10余年。
経年劣化だけは否めない。

で、早速ディーラーさんにパーツのみ注文して、
知恵の輪作業でロックボタン部分を外して、
ドア外ノブにアクセス。
2時間ほどで交換完了。

この作業、
もう1台のサンバーでも度々起きており、
何度か交換しているので、こんな時間で作業できるのである。

しかし、
特車サンバー(車椅子リフト仕様)は、
バッテリー点検がやりにくいのも、困り者である。

バッテリー繋がりで、
もう1台のサンバーのバッテリーがとうとう壊れた。
約10年持ったのだから、たいしたもんだ。
2016年11月15日 イイね!

やっと届けました。

画像撮影している暇もなし。

トゥデイ用のリペアパーツがやっと入手できたので、
筑波まで届けてきました。

以前からものすごく気になっていた部分。
シフトアップ直後のもたつき。今の所原因すら不明。

原因が判るまでは一苦労しそう。

エンジン込みなので約150キロ。
片道200キロちょっと走って燃費10キロ以下。
帰りは軽いのでハンドルが暴れ気味だが、14キロ以上の燃費は出ている。

夜駆けなので、もう寝ます。

プロフィール

「茶畑のブルース http://cvw.jp/b/274554/39892901/
何シテル?   06/06 21:45
サンバー・バン660cc初期型の1ユーザーで、 『ボロッチ-の!!』と言われながらも、 日常の足として活躍しています。 最近バタついているので、巡回、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

覗いて行かれるだけでなく、お越し戴いた記念にお友達になって下さいね。
66 人のお友達がいます
よこよこ(y5y5)よこよこ(y5y5) * たっしたっし *
サンクラサンクラ squash12vsquash12v
コウヨウコウヨウ えふえふえふえふ

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー スバル サンバー
サンバー・バン660cc《KV-3 SDX 過渡期モデルなので、トライRJの別名も持って ...
スバル サンバー スバル サンバー
介護仕様の側面電動車椅子リフト付きの為、8ナンバー車両である。
フィアット 126 フィアット 126
こだわりの外国製の軽自動車 動力系は60~70年代の先代500を基本踏襲。 外装はこの ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
2007年11月30日 みんカラお友達サイトの方から譲って頂きました。 画像は2008 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.