• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ジョー@愛知の愛車 [スバル サンバー]

おかしな冷却水交換①

カテゴリ : エンジン廻り > 冷却系 > 冷却水交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2011年08月07日
1
サンバーの冷却水交換はオーバーヒートする危険が大きい作業なのでですが、なぜ?と思い調べてみると前にラジエータ、後ろにエンジンと、冷却水配管が長いため、エアーが抜けにくいという特徴がありました。
逆にサンバーしかない特徴は、エアー抜き弁が多く(ラジエータ上部、エンジン上部、ヒーターコア、そしてラジエータキャップ)、末端にあるということ。ってことでこれを利用してどう交換するか考えたところ…

・ラジエータードレン弁からは排出しない。

・ブレーキフルードを交換するように、ラジエータ上部から新液を注入しつつ、ヒーターコア、エンジン上部から排出すればエアーの混入は最小限で済むのでは?

と考えたので、交換してみることにしました。


ちなみに、水は精製水を使用します。水道水は殺菌のために塩素が含まれているし、採水地によってはミネラルが豊富なのが災いして水路にミネラルが結晶化して詰まらせる可能性もあります(硬水のミネラルウォーターを使用してはいけないのはこの為)。
他に、

・負圧で引き抜くアストロプロダクツのオイルエキストラクター

・φ6mmのチューブ5m

・φ6の2又ジョイント×3(ヒーターコアはφ8mmのため、実際は2個でいいです。)


を準備しました。



※自己責任でお願いします。

※青色のスバルクーラントは11年、22万キロ無交換でいけるので本来この作業は必要ありません。
2
まずはリザーブタンク内の交換から。

リザーブタンクの取り外し方が検索しても分からず、バッテリー外したら何とかなるかな?と思って外してみると、どう見ても外れない様子。仕方ないのでオイルエキストラクターで抜きました。

オイルエキストラクターはオイル交換に使用したもの(廃液を再利用することは無いので)なのでホースで直接抜くのは避け、レベルゲージのゴムホースを外し、2又ジョイントを装着、チューブをつないでからオイルエキストラクターのホースを接続(押し込むだけ)しました。

水で1回洗浄し、新液を入れました。
3
レベルゲージがつながっているラジエーターキャップは負圧で吸い込みます。オイルエキストラクターで液を排出するとき、水路は負圧方向となりエアーを吸う可能性もあるので先端にホースを接続し、折り曲げて蓋をしておきます。

※ラジエータキャップも閉めておきます。
4
ラジエータ上部のエアー抜き弁を開けて2又ホースを接続し、1mぐらいのチューブを接続しました。ラジエータ上部は水を吸うところなので精製水タンクに入れます。

ちなみに、排出中に新液供給チューブが水面から出るとエアーを吸ってアウトです。下から確実に吸えるように針金にチューブを固定して精製水タンクに収めました。
他の弁を開けたときに吸う可能性があるのでこのチューブも蓋をしておきます。

エンジン上部も弁を開け、2又ホースを接続し、2mぐらいのチューブを接続しオイルエキストラクターに接続します。ここも一応蓋をしておきます。

ちなみに、ヒーターコアはφ8mmでホースが無かったので、ここからは抜かないことにしました。
5
ラジエータ上部と、エンジン上部の蓋を外します。

オイルエキストラクターで負圧を発生させ、廃液をエンジン上部から排出します。このとき、同時に精製水が上がっていくことを確認します。
6
4L抜いたところで排出を止めました。

ちなみに、本当は2Lぐらい抜けたところで排出を止めたほうがいいです。というのは、アッパー部のみしか交換できないからです(後で新液を注入したときに1.5Lで色が変わり始めたので)。


1回目はこんな色でした。
7
精製水側のチューブを閉め、ラジエータキャップを開けてみると、空っぽ。ホース内に残ったエアーの混入や、バルブを開けたときにこぼれたのでその分減ったようです。精製水を補充したところ、800cc入りました。

再びラジエータキャップを閉めておきます。
8
オイルエキストラクターに溜まった廃液を一度捨てます。

精製水側のチューブを開けて、エンジンをかけてヒーターMAXで動かし、冷却水を循環させます。
このとき、ウォーターポンプの力で廃液が自然に抜けていきます。キャビテーションでホース内は泡だらけです(汗)

生ぬるい風が出てきたらエンジンを止めます。

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

ラジエーターファンの交換その2

難易度:

クーリングファンユニット及びサーモスタット交換

難易度: ★★

タイミングベルト&ウォーターポンプ交換 100972キロ

難易度: ★★★

冷却ホースの交換

難易度:

クーラント補充(230571)

難易度:

ラジエターキャップ

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「さすがに車検受からない位タイヤが摩耗してるのでタイヤ交換中。
アドバンフレバが工場火災で入荷困難なためDZ102にしました。」
何シテル?   10/22 11:56
ドミンゴが乳母車代わり、ポーターキャブの荷台で暴れまわり、タイタンの助手席でお昼寝…。そんな幼少期をすごしたたため、クルマが自然と好きになりました。 一風...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

【PCサイト】ブログ投稿画面 追加画像のアップロード方法の変更に関して 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/30 20:04:55
【重要】インターネット通信の暗号化方式(SSLサーバ証明書)の変更について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/05 04:01:16
【障害】セキュリティ証明書の警告表示に関するお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/16 21:12:39

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

日産 パルサー 日産 パルサー
・グレード VZ-R ・平成21年中古で購入 スイフトをトラブルによって失ったため急遽新 ...
マツダ デミオ デミスケ (マツダ デミオ)
・グレード:GL ・平成12年新車で購入 ・別名「デミスケ」 一番最初に自分が乗る予定 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
・グレード:スポーツ ・平成16年新車で購入 keiを単独事故で失って急遽車が必要にな ...
スズキ Kei スズキ Kei
・グレード:Xターボ ・平成14年中古で購入 「社会人になるんだからクルマは必要でしょ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.