• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月10日

電動化と内燃機関が対立しないマツダの方程式

 
スカイアクティブDも良い技術だが、さらにガソリンエンジンの究極追及も

以下は記事です。

電動化と内燃機関が対立しないマツダの方程式

「我々は逆の方から申し上げているだけ」

 「要はボルボとかが言っていることと同じこと。我々は逆の方から申し上げているだけです」と説明するのは、マツダの執行役員商品戦略本部長。

 8月に発表した技術開発の長期ビジョンで、2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量を50%削減すると宣言。「達成には何らかの電動デバイスを組み合わせないと無理」だという。

 一方でマツダ小飼雅道社長は「内燃機関の徹底的な理想追求を行うことで世界一を目指し、内燃機関の可能性を追求する」とし、電動車両化の流れが加速する中で、内燃機関にかける思いを強調する。

 2019年に燃費を従来比で最大20―30%高めた新型エンジンを導入。肝になるのは、「HCCI(予混合圧縮自動着火)」という技術で、非常に薄い混合気をディーゼルエンジンのように自己着火させて、効率的でクリーンな燃焼を可能にする。

 HCCIを実用化段階に進めるために、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」技術を開発。従来のガソリンエンジンにおける圧縮着火(CI)の実用化で課題となっていたCIの成立範囲を拡大することで、火花点火とCIのスムーズな切り替えを実現した。同技術は自動車業界ではどの完成車メーカーも実用化していない技術だ。

 しかしいずれはマツダ車にもすべてモーターが乗る時代が来るだろう。全車が電動化するにしても「まずは内燃機関を極めることで、電動デバイスを小さく安くできる」と工藤氏。冒頭の言葉の意味するところだ。

ブログ一覧 | マツダ | 日記
Posted at 2017/10/10 22:14:13

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ついにきたーマツダ次世代エンジンH ...
シロナガスさん

マツダ 世界初のガソリンエンジン圧 ...
タケラッタさん

『ロータリーから半世紀のマツダ、再 ...
hata-tzmさん

マツダが「SKYACTIV-X」の ...
ライチュウ@滋賀さん

SKYACITV-Xの衝撃
タッチ_さん

『マツダ、次世代ガソリンエンジン「 ...
hata-tzmさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

イマヤン2です。よろしくお願いします。 車なら全般的に好きです。 ステーションワゴン、SUV,背の低いミニバン  国産・輸入車問わず、中古車、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

旧サブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/31 02:16:51
 

お友達

宜しくお願い致します。
36 人のお友達がいます
巨峰サワーひとつ巨峰サワーひとつ * ボルボRボルボR *
全力ジューシー全力ジューシー * まっつ@RSまっつ@RS
HIRO!!HIRO!! どんみみどんみみ

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ラフェスタ 日産 ラフェスタ
日産ラフェスタ所有の中年おっさんです。
マツダ デミオ マツダ デミオ
デミオを所有しています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる