• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mukupapaのブログ一覧

2017年10月21日 イイね!

晩秋から冬に行きたい山旅 ~丹沢山編~

晩秋から冬に行きたい山旅 ~丹沢山編~自宅のある埼玉県は今日10/21も一日中雨です。
本来なら、気持ちの良い晴天が続いて紅葉が楽しめる季節なのですが、どうしてしまったのでしょう?
みなさん同じ想いだと思いますが、自然相手なので仕方ありません。

気を取り直して、今回は以前、晩秋に登って絶景が望めた山旅風景をご紹介します。

場所は神奈川県の丹沢山で、この時のコースは、
大倉~塔ノ岳~丹沢山
日帰り往復です。

以前は埼玉県から神奈川県は近くて遠い場所でしたが、2014年6月に中央自動車道と東名高速道路が圏央道で繋がり、埼玉県からは都内の渋滞路を避けて神奈川へ行ける様になり、時間的にかなり近くなりました。
そこで、この年の12月に丹沢へ行ってきたという次第です。



2
花立山荘付近
大倉登山口から登ること約3時間、富士山の大展望が待っていました。


3
更に30分程登って塔ノ岳山頂です。
ここから富士山山頂までは約40km程。
富士山とその周辺の山々を写真に収めるには丁度良い距離感です。
また、右側には南アルプスの峰々もくっきり見え、この写真には納まりきっていませんが、標高第二位の北岳、第三位の間ノ岳(あいのだけ)も見えて、何とも贅沢な景色を堪能できました。


4
更に1時間程行って、丹沢山山頂です。
ここは薄っすら積雪がありましたが、アイゼンを付ける程ではありませんでした。


5
丹沢山~塔ノ岳間


6
丹沢山~塔ノ岳間
このルートを勝手に、「丹沢富士見三昧コース」と名付けました。
森林地帯をぬけて見晴らしのきく尾根まで登ると、ずーっと富士山の雄大な姿が見えるのです。
また、この山域は午前中であれば富士山を順光で撮影でき、逆光条件となる八ヶ岳や日本アルプスと違って富士山をくっきり鮮明に撮ることができる魅力もあるのです。


7
塔ノ岳からの下りでは、海に向かって歩を進めます。
小田原の街、真鶴半島、伊豆半島・・・
と、海沿いの景色も楽しめます。

私は雪山には登れませんが、これからの空気が澄む季節、こんな景色を望める低山を楽しみたいと思います。
あとは晴れてくれることを待つのみです。




Posted at 2017/10/21 23:19:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月07日 イイね!

2017年山旅 ~火打山編Ⅱ~

2017年山旅 ~火打山編Ⅱ~火打山(ひうちやま)の続き編です。

通常、山旅のお伴をするカメラが5D MkⅢの場合、レンズはEF 24-70mm F4L一本を付けたままなのですが、今回はEF 17-40mm F4Lも持って行きました。
24~40mmは重複しますが、広角側の-7mmの効果を期待しての出動です。
登りは24-70mm、山頂で交換して下りでは17-40mmをそれぞれ付けたままでの撮影です。



2
火打山2260m付近からの妙高山方面です。
小さな池が点在する手前の湿原が天狗の庭です。



3 (パノラマ)
山頂からの南~南西方向です。
高妻山からこちらへ向って続く稜線、そしてその奥には北アルプスの峰々がそびえ立ち、最高の景色を見ることができました。



4 (パノラマ)
山頂からの西南西~西方向です。
近くで見る活火山の焼山は圧巻でした。



5
天狗の庭
焦点距離20mmでの撮影です。
こんな風景にはやはり、広角が威力を発揮します。



6
標高1980m付近ですが、登山道の上部を覆っており、こんな所を通過する時は周辺一帯が黄色になっています。



7
標高1600m付近でのブナです。
部分的に色付き始めていました。



8
この日の終点、笹ヶ峰登山口付近のブナ林です。
ここはとても気持ちの良い場所で、いつ来ても心身ともにリフレッシュできます。

今回は、高谷池~天狗の庭にかけて紅葉が見頃となっており、更にお天気にも恵まれて、ベストタイミングでの山旅となりました。
でもここの魅力は秋だけではありません。
次回の火打は、残雪のある季節に訪れてみたいと思います。

Posted at 2017/10/07 06:50:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月04日 イイね!

2017年 中秋の名月を撮ってみた!

2017年 中秋の名月を撮ってみた!本日10月4日は中秋の名月。
実際の満月は2日後の10月6日ですが、曇りか雨の予報のため、本日撮影。
たっぷり月の風情を楽しみました。





使用機材は

Canon EOS 5D MkⅢ
EF 70-200mm F2.8L
2Xエクステンダー

で、焦点距離400mmでの撮影です。

画は1280*720でトリミングしています。

風景なども入ればよかったのですが、時間の都合上、月だけの画になりました。
Posted at 2017/10/04 22:01:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月01日 イイね!

2017年山旅 ~火打山編~

2017年山旅 ~火打山編~今回訪れた山は、新潟県の(他県と接しない)最高峰、火打山(ひうちやま・2462m)です。

ここは南北の地獄谷に噴気を上げる妙高山と、時々入山規制がかかる焼山にはさまれながらも、静かにそびえている百名山。また、花の百名山でもあります。
山名とはイメージが異なり、火山活動はなく、高山植物が多く育ち、夏は沢山の花を見ることができます。

こんな火打山、山頂を踏むのは今回で6回目となります。
初めて登ったのは、当時通っていた地元の中学校の夏の行事によるもので、一学年全員参加の集団登山でした。
笹ヶ峰でキャンプをし、自分たちで朝食のおにぎりを作り、午前2時頃出発という、大人でもかなりハードな行程で、途中で脱落する者も何人かいた様な気がします。

あれから45年、今でも大好きな山のひとつです。

さて、今回のコースは、
牧場がある笹ヶ峰から黒沢~高谷池~天狗ノ庭~山頂
の往復コースで、約8時間の行程です。



富士見平付近(2080m)
登山口から登ること1時間45分、麓では見られなかった紅葉が目を引きます。



更に20~30分程歩を進めると、今回の目的地がようやく姿を見せてくれます。
東から南にかけて雲があるため、まだ日が当っていませんが、上空は晴れているので、徐々に雲が無くなることに期待します。



そして高谷池ヒュッテ直前、西側の視界が開け、北アルプスの白馬岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳等の後立山連峰が見えます。



東から南側にあった雲がなくなり、日が色付いた木々の葉をてらします。




高谷池からの火打山
ここは標高が2100m程。
紅葉が見頃となっています。



池の周辺にはテントも幾はりか見られました。



今回のコースのハイライト、天狗の庭(標高2125m)です。
ここは地塘(高層湿原に点在する小池)があるのですが、そこに映る「逆さ火打」がとても美しいのです。



火打山頂からの焼山。
左隣奥は雨飾山(あまかざりやま)、更に奥が北アルプスです。



山頂直下(2380m付近)からの妙高山。
紅葉の絨毯がここ火打山から妙高山へと続いています。

(次回へ続く)
Posted at 2017/10/01 20:35:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月28日 イイね!

むくのポートレート ~屋外編~

むくのポートレート ~屋外編~久しぶりに我家のミニチュアダックス愛犬、「むく」の登場です。

今回は、我が家の庭、屋外でのポートレートです。

所用があって有給休暇をもらい、用が済んだ夕方の日没前、あまり条件的には良くない時間帯での撮影です。



ベンチに伏せて、真逆光で撮りました。
前日にシャンプーをしたため、毛にふわふわ感がたっぷりあり、更に輪郭が光ることで毛並みを綺麗に表現できたと思います。



瞳にキャッチライトが入る様、カメラのアクセサリーシューにLEDライトを付けています。
以前は手作りのレフ板を使っていましたが、加齢と共にむくが眩しがって目を細めてしまうため、LEDライトを使う様になりました。
やや光量不足ですが、今のところむくには我慢できる様で、カメラ目線になってくれます。



日が西側の隣家に隠れ、むくに直接日光は当たっていませんが、背後が暗いこともあり、頭部の輪郭がぎりぎり明るく撮れました。



この日の最後のショットです。
少し暗くなり始めています。

この時期は暗くなるスピードが速いです。
「秋の日は釣瓶落とし」
実感!です。

今回もカメラ目線でお利口なむくでした。

Posted at 2017/09/28 23:06:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「晩秋から冬に行きたい山旅 ~丹沢山編~ http://cvw.jp/b/2759764/40606013/
何シテル?   10/21 23:19
mukupapaと申します。 2017年2月からみんカラを始めました。 よろしくお願いします。 マメな更新ができないかもしれませんが、ゆるーくやって楽しめ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

初大阪環状線とADE後遺症 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 08:35:55
ちょっと懐かしいGTI画像 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/17 22:05:35
"アウディ A4 (セダン)"の愛車アルバム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/17 13:05:54

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)に乗っています。 2015年モデルで、カラー ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
GOLF2、GOLF3に乗るも、 ずっと憧れだった"GTI"を遂に"5"で実現! 期待通 ...
アウディ A4 (セダン) アウディ A4 (セダン)
A4としては第2世代の1.8T quattro。 初代A4の同一グレードからの買い替えで ...
オペル アストラ オペル アストラ
主に家内が乗っていた通勤車で、ヤナセが一時期、Volkswagen/Audiの販売から撤 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.