• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

バディ男のブログ一覧

2017年07月25日 イイね!

純正DOP 9inchナビ(NSZT-Y66T)の率直な感想

前にもブログネタにしたと記憶していますが、純正ナビにした理由は「プローブ情報による渋滞情報の取得」が最大の理由です。
しかし、プローブ情報はルート設定した際に「状況が変わった際のリルート時」とか「20分おき」とか、とてもプッシュ情報とは言えずホンダのインターナビほど使える物ではありません。
それでも日産のカーウィングスのようにオペレータを呼び出せて利用できるのはかなり便利です。
先日も目的設定でエージェントに対して「神奈川県ABC市の○×△小学校を目的地設定」と話しかけましたがABC市の小学校すべての一覧が表示されて対象が多すぎて使い物になりません。(絞り込み条件がこれ以上狭くならないみたい。追加条件を伝えても結果は同じ)
このようなときにオペレータを呼び出すと便利ですね。
純正ナビ使っている人は積極的に使いましょう。
トークボタンを押して「オペレータ」と叫ぶだけです。
ちなみにお店に電話を掛けるときも電話番号検索はオペレータが探してセットしてくれますよ。
(オペレータが情報を探す速度は日産のサービスの方が断然早い。トヨタはちょっとのんびりしてる感じです)

さて、ナビ機能は良し悪しあって差し引き悪くないのですが、ことオーディオに関してはあまりよくないです。
まず、選曲。
これはトヨタ純正ナビ使っている人すべての総意だと思うんですが、「選曲中にかかる音楽は、なんでリストの先頭の曲がかかるの?」です。
ある曲を聴きながら他を探すとき選曲リストの先頭の曲が常に流れるのでリスト送りしてるとイラダチMAXです。
ハッキリ言いますけど、これ不具合。仕様とかぬかしやがったらプロジェクトリーダは左遷でいいですわ。こんな仕様、マイノリティ過ぎて万人にはうけません。
あとアルバムやアーティストなどの検索タブですけど「なんでアルファベットなの?」(iPodワイヤード接続時)
お前は「欧米か?」と言いたい。
日本のアーティストは「Z」のところに集約されてて、結局、リスト一覧をページ送りする必要がある。そしてリスト一覧使うと先頭の曲が・・・・
私みたいにコンピレーション(いわゆるテーマ別ベスト盤)を数多く入れてると芸能人図鑑のようなリスト表示になります。
細かなイラダチ箇所は数多くありますけど、この2点だけで純正ナビのオーディオの評判を落としています。
正直、ナビのオペレータ機能に魅力を感じないなら純正ナビはお勧めしません。
よく「純正ナビじゃないとバックカメラのガイドラインが使えない」とか聞きますけど、動くガイドラインも社外ナビで普通に使えますので。(動くガイドラインはナビ側の機能なので対応ナビをCAN通信に接続すればOKなはず。非対応でも他車の純正後付ユニットを加工取り付ければいけるかも?)
オーディオの詳細設定については、まだ許容レベル。(勿論、追い込みが出来るほど詳細ではありませんがパラメトリックイコライザーが付いてるだけまし)
前車のホンダMOPナビですが「トレブル/バス」「左右前後レベル」しか調整できないクソ仕様w
これに比べれば何でもマシなんですけどねw
アンプもバイパスが出来ないのも音に拘るなら致命的ですね。
現在、C-HRに付く社外ナビは結構あります。
取付方法も基本出揃った感じなのでこれから買われる方は十分にご検討されることをお勧めします。


(余談)
昔のカロッツェリアのサイバーナビは良かったです。
(よく落ちましたけどね)
音響についても音響測定で自動調整したり、外部アンプ対応してたり、ナビもスマートループというプローブ情報を扱っていました。
あとスマートコマンダーとかヘッドマウントディスプレイの採用もパイオニアじゃなかったでしたっけ?
自宅の近くにパイオニア本社があったんですが、今は富士通が入ってますね。
経営が苦しいんだと思うんですが、新しい商品の開発費が無いんでしょうか。
ナビ製品の革新的技術の導入が止まってしまいました。
昔なら迷わずカロッツェリアだったんですが、現在はナビ機能が普通過ぎて食指が動きません。
オーディオに主眼をおくならありですけど、そう言う場合はダイヤトーンかと。

Posted at 2017/07/25 07:58:57 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年07月24日 イイね!

サウンドトレーニング

せっかく購入したC-HRも週末ぐらいしか乗らないので納車時に入れたガソリンが無くなりません。
1ヶ月で600Kmとか少なくありませんか?(いや、1ヶ月と3週間か・・・)

先週、何時間もサウンドチューニングをしたのに今週車に乗って最初に感じたのが「何なん? この音w」
ボーカルが引っ込んでるのは理解してたのですが持上げた中音域が気持ち悪くて全くダメ。
先週、何時間も同じ音を聞いてチューニングしてたので「慣れ」が出てたのかもしれません。
(CDを替えるといい感じで聴ける曲もあるんですが)
今週は、みん友さんが「多分、効果ある」とおっしゃってるエージングをするのが目的だったので普段聞く音量の半分ぐらいの音で曲を流しっぱなしにしてました。
したがって音はとりあえず放置。

さて、人間の耳は「慣れる」ことがあるのを実感したので機械に頼ってみようかと思います。
ちょうどグループ内のオーディオスレッドで音響測定のアプリケーションの話題が挙がってたのが幸いしました。
私も研究開発に身を置くものしてスペクトラムアナライザーは使ったことあるのですが、あんな高価なものがスマホのアプリなんかで実現できるとか思ってもいませんでしたので存在を知った時は衝撃でしたよ。
私のスマホはiPhone。Apple
Store内でFFTの有名なソフトを探すとズバリ「FFT」というヤツを発見。早速、ダウンロードしてみたのですが・・・



音響測定のやり方が判りませんw

いや、なんとなく判るのですがやっている事が正しいのかどうかが良く判らないということです。
最近の私のトレンドなんですが、音響で困ったときはお世話になっているみん友さんの整備手帳とパーツレビューを読み漁るんですよ。
そうすると出てきますよね。ヒントが。



今回はオーディオ談義の中で紹介された「サウンドチューニングマスター」というCD音源付の入門書を購入することにしました。
まずは、基礎から勉強します。

音のチューニングなんて「好み」があるので最後は「人の耳」なんですけど、今回のように迷宮に入り込んで時間を無駄にする前に大方の調整は機械に頼ろうかと思いました。
これから度々、素人丸出しの整備手帳やブログがアップされますがご容赦ください。

何でもそうなんですが、自分の専門分野以外のところは見る物、聞く物すべてが新しいので楽しいですわ。
これが電装系だとすぐに答えにたどり着くので、技術的欲求を満たすネタは難易度が高すぎてもうリスキーな領域になってしまいます。
気軽に始められませんね。
Posted at 2017/07/24 11:11:20 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年07月21日 イイね!

最初に運転した車

最初に運転した車って覚えてますか?

一般的には教習所で乗る車が「ソレ」にあたると思うのですが、和歌山とか関西圏に多いと思うんですけど教習所行かずに飛び込みで受験するのが一般的なところだと初運転の車は違うのかもしれません。

私は教習所の車を覚えてないのですw
セドリック(日産)だった気もするのですが、教習所でこんな大きな車を運転したかと言われると違う気がしますね。
免許取得後の最後の教習で乗った車はソアラ(トヨタ)です。これは覚えてる。
ソアラは当時大人気のクーペ車両でしたので。
ちなみにバイク教習もしてるんですが、最初に乗ったバイクはホーク(ホンダ)。少し運転が慣れてくるとCBX(ホンダ)。
たまに1台しかないCBR(ホンダ)に乗せてもらったこともありましたね。
全てのバイクでコケてるのでよく覚えてますよ。
(色々訳があって教習所行くときには普通に運転出来てましたので曲芸みたいな乗り方で遊んでいてコケてます。言い訳w)

話を戻します。教習車は覚えてませんが実家で最初に運転したのはオヤジが所有してた6thスカイライン。


俗にニューマンスカイラインって言います。同一系にはFJ20エンジンを搭載した鉄仮面というRSモデルがあった世代です。
私は推薦入学で大学に行ったこともあり同級生の受験より早く解放されていました。
さらに当時、オヤジは重病(後に誤診と判明。無駄に1年も入院してましたw)だったことで車は使いたい放題w
高校生に自由になる車を与えるとどうなるかわかります?
まずは家に帰りませんw
遠出しますw
調子こいてナンパしまくりですわw
そして学校で噂になって呼び出しですわw
「推薦取り消すぞ」って脅されましたわw
高校卒業まで丸3ヶ月間ほど車漬けの生活。のべ5000Kmほど走ったと思います。
丁度、パワーウィンドウが流行り出した時期で運転席側から助手席の窓が開けられるメリットを実感した時期でもあります。
(路肩歩いてる娘に声を掛けるのに最適w)
当時のシルビア(クーペ)なんか、運転席側から助手席のシートが倒せる構造でした。
何のためでしょうかねw
あ、ガソリン代は車についてたツケ用のガソリンカード(おやじ用)で支払いw
もう「Heaven」です。




生涯で一番はじけた時期かもw

大学に入り親元を離れてすぐに買おうと思ったのが、ブルーバードSSS(日産)のハードトップ仕様。



910系と言われる傑作でした。沢田研二がCMやってましたよ。
フル装備という言葉がステータスです。パワーウィンドウ、パワーハンドル、ステレオラジカセ搭載の車をフル装備と言います。
これにアルミホイールとサンルーフが付くと完璧でした。これナンパ車ですよねw
本物の車好きはケンメリ(4thスカイライン)の中古を安く仕入れていじってた気がします。
いわゆる「族」も同じ傾向でしたがw
アルバイトは車触れるガソリンスタンド中心に働いてました。
ま、車買えるほどお金は貯まるわけでもなく整備に対する一生懸命さを買われて某チームから誘われて50ccのバイクレース(草レース)に身を投じるんですけどw
なので最初に手にした車は中古の軽トラックw
確か本体価格は10万円でしたわw
今思うと恐ろしいのですが任意保険なし。駐車場も路駐ですw
この頃大事件がありまして、、、、
レース場のピットでキャブレターを灯油で洗ってたんですよ。
横にあったバケツに水が入ってたと思ったんですが、こちらも灯油w
ピットは禁煙だったのに煙草を消そうと横のバケツに投げ入れたら引火しましたw
マーシャルに呼ばれてこの日のエントリーは失格w
チームもクビ(出禁)になる大参事です。買った軽トラも必要なくなり廃棄処分です。
それから社会人になりお金が貯まるまで車は所有できませんでした。
この頃欲しかった車は5thシルビア(日産)。
180SXベースの通称「シルエイティ」(アニメ「イニシャルD」で碓氷峠を走る女の子の車)とは違います。
K'sというクーペ仕様(S13)のターボ車が欲しかったです。



車を買える頃には異常なスキーブーム。もうクーペではなく多人数が乗れる車が人気になってました。
Hilux Surf(トヨタ)、パジェロ(三菱)、デリカ(三菱)などのSUVの時代です。
映画「私をスキーに連れてって」「彼女が水着に着替えたら」などのカジュアル映画に車がタイアップされてファッションの一部になっていました。



なので私の所有車もRVR→エルグランド、、、と繋がっていくんですけどね。





すでにキャブレターなんかは搭載されてないので吸気、排気系をいじることはなかったですね。
そもそも4サイクルエンジンは複雑で触れませんw

今の車の整備マニュアルを見るとセンサの多いこと。車のチューニングは電子チューニングに移行したことを実感します。
今はマニホールド内を鏡面研磨するようなアナログチューニングとかやってるんでしょうかね。
私の世代は「車がステータス」の時代だったので記憶も車がインディックスになっています。
「あの出来事のときはアレを乗っていた」って感じです。
今の若い人たちの記憶は何に紐付いているのでしょうか。
ケータイ? 「あの出来事の時はiPhone4だった」とか?
ま、ベル世代の人は携帯ベルなんでしょうけどね。
Posted at 2017/07/21 10:38:12 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年07月19日 イイね!

超音波リモコン(笑)

私の整備手帳「車内LANの勧め」はE8372(HUAWEI)に関するまとめ記事として先行してたこともあり「HUAWEI推し」のユーザが掲示板で暴れると「バディ男降臨」とかハンネが独り歩きしています。
決してE8372を推してませんので。
それに某掲示板は書き込みしてませんので。

しかし、整備手帳にも書きましたが車内LANで4G使いたい理由は「Fire TV stickを使って動画コンテンツを楽しみたい」でした。
FireTVstickはあまりに便利なので家用と車用の2つを購入し、車には常時刺さってます。
そのためHDMI端子は助手席下に移動してます。
つまりFireTVstickも助手席の下に居るんですが、もしリモコンが赤外線リモコンだったら車載には全く不向きでした。
Bluetooth様様です。

前振りが長くなりした。
Bluetoothの登場でワイヤーレスの環境は劇的に便利になりましたね。
そしてリモコンが便利になると必ず思い出すのが



サンヨーのズバコンw
私の父親は新しい物好きのイノベータだったので珍しい物は家に多かったのですが、そんな環境で育った私ですらこれを幼稚園時代の友達の家で見た時は衝撃でした。
離れた所からテレビのチャンネルが変えられるんですよw
仕組みは複雑w
超音波でテレビに信号を送るとモーターでチャンネルロータリーがガチャガチャ動く仕組みです。もう力技ですわw
まだ電子チューナーがありませんでしたからね。
友人はラーメン屋の息子でテレビが高い棚の上に乗ってたんです。それでこれが必要だったみたい。
もう戦隊モノの武器でしたよ、これは。
スキを見てガチャガチャ!
振り向いてガチャガチャ!
どれだけラーメン屋のオヤジに怒られたかw
流石にこの話題には着いてこれないと思いますが懐かしい話です。

サンヨーはこういう尖った商品開発が得意でしたね。
そう言えば先日、炊飯器を替えました。
鳥取三洋の下澤さんが作った最後の炊飯器だったんですが寿命です。
この炊飯器も尖っていましたね。

懐かしいついでに次回は「ローラースルーゴーゴーで田んぼに落ちた」話でもしましょうかw
(しませんw)

Posted at 2017/07/19 08:31:26 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年07月18日 イイね!

車載オーディオの音

車載オーディオの音車載オーディオは、お金をかける人は何十万円とかかけてますよね。
それを否定するつもりは毛頭ありませんが、車内は劣悪な音響環境なので費用対効果の分岐点が存在するはずです。
費用をかけて専門家がインストールすれば高い料金の方がいい音を奏でるとは思いますが、それを求めるか否かです。
さらに怖いのは「人は音に慣れる」ということ。いい音で聴いていても「慣れる」ため、求め始めるとさらにお金が掛かるという事です。これが怖いところですね。

私の耳は高級な音を求めていないようです。
実家には60万円ぐらいするスピーカーが置いてありますが、もうデジタル化された現在の音源を聴く上でこのスピーカーが必要なのかと思う事がよくありますね。
アンプも真空管のアンプなので球が入手できなくて音もボケてるのでほぼ放置です。
この環境で音楽を聴きたいという欲求がもうありません。

さて、私が音の追い込みをする時にチョイスするシンガーは決まっています。

(スガシカオ)
 もっとも良く聞くシンガーなのでこれが全ての中心です。散々、聞きまくってるので音源の状態は良く理解してます。なので環境判断するのには最適なんですよ。
細かい学問的なことは分かりませんが、スガの楽曲は変わったコード(デミニッシュなど)が効果的に出てきます。指が攣りそうで弾き語り泣かせなんですがハマると気持ちいいんですよ。楽曲的にもお勧め。もっとファンが増えてもいいと思うんだけどなぁ。

(MISA)
 ソプラノ音域から通常の女性音域までカバーし、かつクラブ系のセッティングされた音源が多いことから低音の鳴りとボーカルのバランスを見るのに多用しています。
嫁が最近お気に入りなことも外せない理由です。

(ドリカム)
 単に吉田美和の声が好きなだけです。基本的に音域の広いシンガーを中心にセッティングすることが多いですね。特にボーカルを前面に出すセッティングで音源化されていますのでボーカルの聞きやすさを判断するのに丁度いいです。

(カシオペア)
 カシオペアはボーカルなしのグループです。個々の演奏パートの音を聞き比べます。低音(特にベースの音)はこの音源で良し悪を決めています。少し専門的なのですがカシオペアのドラムパート(譜面)は「基地外」なので下手なスピーカーだとバスドラの音などは潰れて聴くに堪えません。MISAがバランスを見るのに対して音自体の鳴りを見るのがこの音源です。
ちなみにメンバーは何度か入替が行われていて、私が音源に使用するのは野呂一生(ギター)、櫻井哲夫(ベース)、向谷実(キーボード)、神保彰(ドラム)の時の物のみです。
櫻井と神保が居ないカシオペアはカシオペアではありません。

(矢沢永吉)
 最近聴くことが増えました。年をとって良さが判ってきた感じです。えーちゃんの声が篭って聞こえるようだと全くダメです。セッティングに使うと言うより良し悪しの最終判断用ですかw
ま、この楽曲に行きつく前にセッティングは終わっていますけどね。
この他、山下達郎、松任谷由美、宇多田ヒカル、小田和正あたりを軽く聞き流して引っかかりがないか確かめてお終いです。

(おまけ)
 所属のグループのサブタイトルになっている「Keep Yourself Alive」(Queen)。
盛り上るアゲアゲの曲ですけど、音セッティングには使えませんw
基本、魂に訴えかける曲はダメです。低音重視のセッティングになってしまいますので。
Posted at 2017/07/18 22:16:42 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「那須アウトレットガーデンなう。
今日から那須で避暑。
東京と気温湿度ともほぼ変わらずw」
何シテル?   07/27 11:16
過去、DIYも結構したしパーツもいっぱい付けたけど1回付けると忘れちゃうんだよね。備忘録必要。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

インテリアイルミネーション(2モードタイプ)高輝度化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/26 16:22:53
LEDデイライト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/17 11:47:28
リアスピーカー交換 その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/03 17:38:08

お友達

私のブログとかダラダラとストリームに挙がるのは申し訳無いので、私からお友達申請はしませんが拒んでいるわけではありません。
頂いた申請は断りませんのでご安心を。

基本、車ネタを更新するよう心掛けしてますが十分で無いので「このラーメンウメェ」とか流れたらごめんなさい。
31 人のお友達がいます
やまさ~んやまさ~ん * 赤π(あかぱい)赤π(あかぱい) *
C-HR FANC-HR FAN * 赤雲母赤雲母 *
かひこかひこ * kitakazekitakaze *

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ C-HRハイブリッド トヨタ C-HRハイブリッド
6月3日に納車されました。 5月28日登録なので税金が少し上がりましたが。 偶然にも前車 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.