車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月26日 イイね!
先日、会社のとある部署から「とある分野に対するAI(人工知能)の可能性について意見を求められました。
私は「まずは人が見て判断する作業はAIにとって変わる」とコメントしました。
別に新聞見てれば新人社員でも答えられるコメントですが、私のコメントの根拠は「株の世界でトレーダーがAIに置き換わる速度が加速している」と言う記事の印象が強烈に残っていたからです。
現在のAIは「ディープラーニング」と呼ばれる手法です。大量のメガデータを記憶させその差分をAI自ら学習していきます。
例えば車。車の画像を大量に与え外観の特徴で分類、次に窓がある、ランプがあるなどと階層的に絞り込んで「これは車である」と判断できる様になっていきます。
要は結果に行き着くまでに違いのあるデータが大量にあればAI自ら判断できる様になるわけです。
これが車の自動運転に活用されてますね。車の運転の「経験」に相当するデータを誰が早く実用レベルまで覚えさせる事が出来るかの勝負になっています。もう、ほかのハードウェア要素は実用レベルに達していますから。
話を元に戻しますが、事象の差分を経験する事で得られる専門職は仕事が駆逐されていくでしょうね。
それがトレーダーの記事だったわけです。
医療の分野でもAIの導入が始まっています。患者の病気(結果)と遺伝子配列の損傷(差分)のデータベースを利用して病気の診断に使っていこうと言う試みですね。
AIを生かせる事業分野をいち早く見つけた人が勝ちあがれる時代になって来ました。

ただ、専門家でも無い私に将来の金脈について意見を求める「彼」(友人ですが)は、私と同じ凡人なのかもしれません。
(その方が親しみやすい)
いや、単なる暇つぶしだったのでしょう。



Posted at 2017/05/26 13:00:32 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月25日 イイね!
来週末は納車なので、今週末は現車に感謝して洗車でもしようかと思っています。
現車が納車されて某プロショップにコーティングに出したのが6年前。
洗車機は一度も使ってませんがコーティングは見る影もなくグタグタです。
現車に感謝するなら研磨もやるべきところですが、鉄粉取りとか下地処理が面倒な上、持ってるポリッシャーがゴミ過ぎて時間が掛かりそうです。
その上、何年か前に買った研磨剤(3Mのいいヤツ)が量が多過ぎて使い切れず放置してたので多分ダメになっていそう。
どうすっかなぁ〜。
(既に感謝から遠くなってるw)

どうせ、買取業者に渡せばポリッシングすると思うので洗車→バリアスコートでいいかもしれません。
ま、KeePer技研の爆白で水垢処理ぐらいはしてもいいな。

と、洗車嫌いな私は早くもトーンダウンですw



Posted at 2017/05/25 11:06:55 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月23日 イイね!
カーセキュリティに無知な私ですが、少なくとも一般的な知識ぐらいは知って置こうとネットで情報収集を始めました。
近日取付予定のViperなら、こじ開けやジャッキアップなどの力技には効果があるようですが、キーレス連動オプションを付けた場合、最新の「リレーアタック」は防げない事が分かりました。
リレーアタックとは、私がキーロックして車を離れる瞬間に私に近寄り、スマートキーから出ている微弱電波を犯人が持っている装置でキャッチ、犯人は私の行動の近くに居続けて常にスマートキーの電波を増幅して仲間に送り続けます。
仲間は送られてきた電波を使ってロックを解除。更にエンジンまでかけて立ち去ります。
自分のスマートキーの電波を使われるのでViperもキーレス連動してれば、解除されてしまいますね。
キーレス連動を止めれば良いんですが、複数のリモコンを使い分けるのが面倒なので困りました。
スマートキーが近くに無ければエンジン止まって欲しいけど、誤操作でエンジンが急に止まるのも怖いので痛し痒しです。

今、Wi-Fiドングルの車両埋め(場所検討中)と音楽用のiPod Touchの(比較的容易に脱着出来る位置で)場所隠蔽を検討中です。
エンジンかかって盗難された時にiPhoneを探す機能でトラッキング出来ないか考えたためです。
元々、ドングルもiPodも装着予定だったので場所の工夫だけですね。
結果はお伝え出来ませんが出来ると良いと思っています。



Posted at 2017/05/23 08:18:34 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年05月22日 イイね!
国道1号線の川崎ー横浜間(子安台付近)にヒッソリと出入り口が追加された首都高神奈川7号線(通称K7)ですが、行けない方向が有るので試せずにいました。
昨日、チャレンジしてきました。

結論から言うと、国道1号線の岸谷生麦ICから入ると、羽田方面も横浜方面も湾岸線方面も行けます。(かなり拍子抜け)
しかし想像通り、第三京浜方面には行けません。
岸谷生麦IC出口へは、横浜方面からは行けますが、羽田方面や湾岸線線方面からは未確認です。
また第三京浜の港北ICから入ると岸谷生麦ICへは出られません。
ここ結構重要で、将来、第三京浜や東名から国道1号線に抜けられない事を示しています。
こんな横浜付近でトラックが大量に出てきてもらっては困ると言う事でしょう。
とは言え、2019年にはK7の途中に馬場出入り口が出来たり、今でもK7から国道15号や産業道路には出れるようです。

あとは料金問題。首都高も距離別従量制を導入したのでポンポンと料金が上がって困ります。ETC2.0を使った渋滞回避割引を期待しますね。
東名青葉ICから生麦JCTまで繋がると本当に大きなルート革命が起きそうです。

追記:
羽田方面から、湾岸線大黒方面からこのK7に入れるか情報求みます。「きたせん」たよりだと通過出来るようですが首都高ドライバーズサイトでは料金案内が出ません。
これ利用で来るなら、首都高から三ツ沢線使わずに第三京浜に入れるので横浜新道利用者も恩恵受けると思います。




Posted at 2017/05/22 09:52:04 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月21日 イイね!
本日、カーセキュリティのプランについてショップに2回目の相談に行ってきました。

今住んでるところは自宅に駐車場がなく、近くの月極駐車場を借りています。
これまではピットと呼べるぐらいの立派なガレージのある所に居たので結構不満。この駐車場が今、物議を醸しています。
住んでいるところは比較的外国人が多く住んでいる地域で、夜中でも叫び声が聞こえる治安が悪そうな感じのところ。いや、叫んでるのは日本人だなw
駐車場は駅前にある人通りの多いところにありますが、自宅から300mぐらい離れています。しかも、マンションに囲まれてる。カーセキュリティを付けても誤報すると近所に迷惑かけるだけでなく、すぐに解除できないのが最大の悩みです。
そこでアンサーバック機能付きのセキュリティにして発報はサイレントにしようと考えていました。
ところが、Viperの電波は意外に弱いらしく直線で300mぐらい、鉄筋に囲まれると電波が届かないかもとショップで言われました。実際、Viper付の車で電波が届くか確認したいところですが、ショップでは対応してくれなかった。
みん友から提案されたのが平行輸入のViper5906V。日本の正規品と比べ電波の到達距離が遠いとのことです。この情報をショップに投げてみたら取り扱いはあるとのこと。通常はない保証もショップ保障を付けてくれるとのことです。
ただ、並行輸入モノって技適取れてるのかなぁ?
たぶん電波法に引っかかって駄目だよね?
でも電波の強さはカタログ値で倍ぐらいあるみたい。
一応、6/30に取付予約だけ入れて、モデルについてはもう少し悩んでみます。

※トヨタ車は純正ホイールの盗難も多いとのことで傾斜センサーの追加も提案されました。セキュリティは知らないことばかりなので言われるがままだな。
Posted at 2017/05/21 22:52:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「今日、プレミアムフライデーじゃね?
消費しないと非国民?
帰ろ帰ろw」
何シテル?   05/26 17:18
過去、DIYも結構したしパーツもいっぱい付けたけど1回付けると忘れちゃうんだよね。備忘録必要。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
50系プリウス用リヤドアウエザストリップ装着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/25 10:36:34
トヨタ純正フォグへの換装の参考に… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/25 08:30:42
Data System 車種別サイドカメラキット / SCK-33A1N 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/20 19:53:57
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ C-HRハイブリッド トヨタ C-HRハイブリッド
納車時期が判りません。 早ければ6/3納車になる模様。(5/13時点)
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.