• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-Hiroo-のブログ一覧

2017年12月29日 イイね!

ポリシーかなぐり捨てて GT SPORT カーリバリー

ポリシーかなぐり捨てて GT SPORT カーリバリー
ゲームでの痛車作りは、女性キャラを描かない主義でした。元々、アニメの萌えキャラに全く興味が無く、描こうと思った事がなかったのですが、今回は元素材がアニメ・イラストではない実写からの初の痛車作りとなります。





自作で準備したSVGファイルはこれだけ。15kb制限をクリアするため、あえて髪や服は黒で塗りつぶしています。それでも、2~3分割する必要がありました。素材がアニメだと輪郭の下に色を枠内に塗っていき、陰影もべた塗りでOKなのですが実写素材だと、そうはいきません。細かく色づけしながらもグラデーションを多用しなければなりません。これが地獄の始まりでした。
GT SPORT SVGデカール


たった1台作るのに、これまでの最長となる3週間を費やすことになりました。最初は試行錯誤の連続で全然進まず挫折していたのですが、何とか自分なりの方法を確立させ完成させました。準備した自作SVGデカール以外は他ユーザーさんのデカールを使わせて頂いています。
GT SPORT カーリバリー BABYMETAL痛車


ボンネット
GT SPORT カーリバリー BABYMETAL痛車


右サイド
GT SPORT カーリバリー BABYMETAL痛車


左サイド
GT SPORT カーリバリー BABYMETAL痛車


ボンネットのレイヤーの内容ですが、こんな感じでグラデーションデカールを使い制限数もギリギリ。やはり、もう倍の数は欲しいところです。
GT SPORT カーリバリー BABYMETAL痛車


ボディのレイヤー内容はこちら。
GT SPORT カーリバリー BABYMETAL痛車


しかし評価数は、たったの一桁。その後、小一時間で作ったリッジレーサー5のデビルカー13th Racingにも下回る結果になろうとうは…
GT SPORT カーリバリー リッジレーサー デビルカー 13th Racing



くっ、
くっ、
くっ、
悔しいです(T_T)



多分、知らない方が多いと思うのですが、ゲーム中のディスカバーで検索対象となるのはフォトでは一か月くらいですが、カーリバリーでは殿堂入りしなければ、たったの一日間しかありません。しかし、PCやスマホで、GT SPORTのオフシャルサイトにPSアカウントでサインインして検索すると「古いコンテンツ」で過去のデータまで探せるようになります。web上で「コレクションに追加」すると即座にゲームのほうにも反映されます。便利で、掘り出し物のカーリバリーやデカールも取得できるのでお勧めです。
GT SPORT コミュニティ
2017年12月10日 イイね!

TDU2からのGT SPORT

TDU2からのGT SPORTPS3版のTest Drive Unlimited 2というゲームですが当時ハマっていて、いわゆるペイントカー(実際はステッカー貼り付け)作りに時間を消費していました。
ペイントデザインではFORZAが有名ですが、Xboxを持っていないのでTDU2というわけです。TDU2で習得したペイントスキルをPS4のグランツーリスモスポーツにも生かそうという趣旨です。



まずは、TDU2で制作した過去のペイントカーの一部を紹介。
レッドブル仕様の2CV
alt


定番のMartiniのデルタ
TDU2では気の利いたメーカーロゴステッカーは一切なくロゴマークは全て手作りしないといけません。自分で作ったロゴも登録できず、部分ごと作っていくという敷居の高いものでした。
alt


458チャレンジ
しかし、作ってペイントショップから出て実際に反映されたものを見るとステッカーが、ずれる・ボケる・色滲むわでクオリティーの低いものとなります。レイヤー制限がないのですが手数が多ければ多いほどこういった症状になります。また再度ペイントショップに行って修正をすると前回の工程が100%必ずボケるという症状が出ます。なので一回で済ませるということが必須でした。
alt


SUPER GT WedsSportセリカからのデザイン移植。
alt


パイクスピークのモンスター田嶋仕様。
alt


懐かしのF1
alt


こちらは運送会社でもありますが。
alt


JTC R32リーボック GT-Rからの移植。
他に似合う車がなかったので。
alt


インプらしさではこれ、ケンブロック仕様。
alt


WRC仕様は、あまりにも多くの方が作っていたので、こちらもチョイス。
リアスポの翼端版のデザインに泣きました。
alt


パトカー作りも定番で、各国のパトカー作ってました。
まずは、イタリアのパトカー。
alt


ドイツのパトカー。
alt


オランダのパトカー。
alt


日本のパトカー その1
やっぱりノーコメント。
alt


日本のパトカー その2
こんなオチですみません。
alt


ここからは、ネタ車と痛車となります。レース車作りと痛車作りとで作り手が専門となる傾向がありますが、自分はどちらもやる派です。しかし女性キャラは描かない主義です。
USJ仕様のジェラシックパークゲスト車。
alt


リッジレーサーのデビルカー。
alt


紙兎ロペ。
alt


アキラの金田のバイク仕様。
alt


パックマンカー。
alt


熊出没注意。
alt


ケータハムは、いじられ車として有名。その特徴的なノーズの形が何かに見えた時がアイデアの根源となります。
その1 スティックガムに見えたので。
alt


その2 歯磨きチューブに見えたので。
終盤で描いたものなので色々と小技使って、それっぽく見せるようにもなりました。
alt


TDU2では多くの良い出会いがあって、ここでPSフレンドとなった方々は今でも良好なお付き合いさせてもらってます。そんなフレンドとの記念撮影。兄弟車でありますが、違いが分かるでしょうか。
alt


ここからは、GT SPORTのカーリバリーで再現していきます。
まず簡単だった2台から。作り方も熟知しているので楽でした。しかし、同じ事をしているのに仕上がりのクオリティーの差が歴然。
GT SPORT カーリバリー


パックマンカーもこうなりました。
GT SORT カーリバリー パックマン


裏はこうです。
GT SPORT カーリバリー パックマン


新たに作ったドラゴンボール。
GT SPORT カーリバリー ドラゴンボール


でも、レイヤー制限数が厳しいので陰影は4段階から2段階に縮小。もう倍は欲しいところ。
GT SPORT カーリバリー ドラゴンボール


がきデカ痛車仕様のパトカー。
GT SPORT カーリバリー 痛車パトカー


後ろから。
GT SPORT カーリバリー 痛車パトカー


WedsSport 爆走坂東組。
GT SPORT カーリバリー WedsSort86


デモの中で走らせて見ると、より本物らしく見えます。
自分の公開しているカーリバリー中、他ユーザーから最も評価の高かったのがこれになります。
GT SPORT カーリバリー WedsSort86


リーボックはR35へ移植。
GT SPORT カーリバリー Reebok R35 GT-R


これは2番目に評価の高いものでした。1・2番とも9割以上は海外からの評価。しかし、WedsSportは過去のGTで何度も登場したので馴染み深いというのは予測できるが、リーボックは確かGTでは登場しなかったはず。何故知っているのだろうか謎ではあるが。
GT SPORT カーリバリー Reebok R35 GT-R


制作中のアルファベットの文字ですが、小さくするとボケてしまいます。これは、TDU2でも発生していました。
alt


しかし、何故かデモ画面だとクッキリ・ハッキリ。文字の表示はモードによって差があることが分かりました。デモ>スケープスフォト>レースフォト の順に差が出ます。レースフォトではギザギザでした。ロゴデカール中の文字はSVG素材なので、どのモードでもクリアに出るようです。
alt


最後に金田のバイク仕様。
GT SPORT カーリバリー 痛車 AKIRA 金田のバイク仕様
実はこれ、全ユーザーにSVGファイルのアップロードが開放されたのでフリーソフトのInkscapeを使って輪郭線だけファイル2枚分取って、輪郭線以外を透明化させ下のレイヤーに色を貼っただけで作りました。フルカラーの画像でインポートしてSVG化させるには15kb制限がありますので元の画像を分割する必要があります。しかしボディが完全な平面など無いので分割枚数が多いほど繋ぎ目で苦労することになります。でも使いこなすことができれば誰でも簡単に痛車やデカールを作ることが可能となります。
2017年10月10日 イイね!

MAZDA COLLEZIONE 2017

MAZDA COLLEZIONE 2017
もう先週の日曜の話になるのですが、10/1のマツダコレッチィオーネに行ってみました。









このイベントを知ったのはDemi坊さんのブログでした。
地元であるにも関わらず、こんなイベントが毎年開催されているとは思いませんでした。(地元メディアで一度も宣伝されるのを見たことがなかったこともありますが。)
規模や参加人数は、大きくも小さくもなく丁度いい感じでした。参加されている方々も家族連れも多く年配の方々等、正に老若男女問わず幅広い年齢層が参加されていました。ただし、ペットは連れて行けません。マツダ車での参加は全体の2~3割程度でマツダ車以外でも参加は全然OKなのです。
他のモーターイベントとは、ちょっと違う雰囲気なのですが、何故かアットホームな感じがするとてもいいイベントでした。
家族連れにはラジコン大会やミニ四駆大会。シートベルトコンビンサーという時速5キロでの模擬衝突体験機。パトカーと白バイ、自衛隊車両、バス、消防車両といった展示があり実際に乗ることもできます。



でも、消防車両はハシゴ車。高所恐怖症だと絶叫マシンかも。


展示車両より凄いのが、一般参加されている車。あらゆる年代の希少車が集まっています。(自分は旧車ばかり撮っていました。)
三菱 コルト  トヨタ2000GT 画像や動画で見ただけの数多くの車が目の前にあります。全てがナンバー付きで、ここまで(元MINEサーキット)自走して来られています。現役な車というのが凄い。


2代目FIAT 500 (チンクエチェント) ルパン三世 カリオストロの城でルパンが乗っていた車といった方が分かり易いか。


DATSUN FAIRLADY 2000


マツダ サバンナクーペ 輸出名RX-3


お昼は山賊焼きと牛盛り弁当。


デザートに定番バニラ。
(左 狆が好き@33さん  右 Demi坊さん)
食後に、ふと目をやると人だかりが!


カウンタックLP400S登場!!
実は私も過去3台持ってました。


1台はタミヤ製 プラモデルですね。
後はトミカ製 ミニカーですね。
最後はメーカー不明のスーパーカー消しゴムですね。
実車なんて買えるわけないじゃないですか。(^^;
キン消しの前に流行ったスーパーカー消しゴムですが、カウンタックがダントツのクオリティでした。今思うに直線的なデザインのため再現が簡単だったのでしょうね。当時の小学生の同級生、自分も含めてカウンタックだけは誰も手放さなかったです。他の車なら交換に応じてたのですが、それ程その頃の少年にとっては思い入れの深い車でもあります。
よく見ると、カウンタック・リバースしなくてもいいようにバックカメラ付けてますね。


サーキット走行も可能ですが事前登録が必要です。
愛車走行は募集開始と同時に申請しないと走行できませんが、交通安全パレードは当日に希望者先着順で走行できます。愛車走行はヘルメットが義務化されて、一列走行、追い抜き無しで通常(ハイペース)とゆったり走行の2種類あります。
交通安全パレードはヘルメットの必要は無く、二列走行でゆったり走行となります。


RQのトークショーではありません。
じゃんけん大会です。
私とDemi坊さんは全敗でしたが、狆が好き@33さんは2勝で商品ゲット!流石です。


最初は安全パレードの参加予定はしてなかったのですが、急きょ主催者側が30台から倍の60台に枠を拡大して募集を開始したため、私とDemi坊さんは速攻で受付へ。狆が好き@33さんは朝一で登録を済ませて最初の30台枠に入られていました。
ドラレコの画像ですが、ナンバーファイルがまさか映り込んでいるとは思いも知らず。反転3のところがDemi坊さんです。狆が好き@33さんは自分より後方です。受付順にコースインではなくてピットレーン入り口に近い順に止めた車からコースインとかもうね早々に受付済ませた方々に悪い気がするが…


車載ビデオより。
二列走行ですが、コース真ん中に薄っすらと舗装の継ぎ目のラインがありますので、それをセンターライン替わりにして走れば一般道のように走ることができます。
でも右コーナーのゼブラゾーンは無性に踏んでしまう。


交通安全パレードが終わると同時にイベントも閉会となります。
今日一日同行して頂いた狆が好き@33さんとDemi坊さんと車を並べて記念撮影。


お気付きでしょうか、Demi坊さんのデミオのフロントグリルはカスタムでCX-3のグリルが入っていて唯一無二のデミオなんです。(デミオ界では超有名人)


Demi坊さんのおかげで、この楽しいイベントを知ることができ、尚且つ御一緒させて頂き感謝感激です。ありがとうございました。m(_ _)m


自分がCX-3を契約する前からずっと憧れて、みんカラで拝見していた狆が好き@33さんのCX-3。
到着したと同時に出迎えまでして下さって本当にありがとうございました。


やはり並べると、ダイナミックブルーの鮮やかさには敵わない。
でも、こうやって会って車を並べるなんてみんカラ登録前では想像もしてなかった。
本当、登録して良かったと、つくづく思います。

(例のアレは不発でしたが使い道は御自由に!)



参加してみて印象に残ったのが、御年配の方々(70歳前後)が非常に情熱的で何にでも愛情に満ち溢れていました。そういった方々はレストアされた車を購入したのではなく、その当時からずっと乗り続けられています。自分なんかは長く乗っても故障修理が度重なると買い替えという選択肢を選んでしまいますが、そこを乗り越え自分が気に入って買った車を愛し続け困難も乗り越え大切にして維持し続ける。これにはもう脱帽ものです。また夫婦揃って参加されている御年配の方々も多く、車も奥さんも分け隔てなく大切にしてるのをみると素敵でカッコイイと思いました。
車について話をしてみると気さくに笑顔で答えてくれます。
アットホームな感じがしたのは、こういったことからかもしれません。
このイベントに参加して損は無いと思います。というか考えられません。
あなたも来年からでもどうでしょうか!!
関連情報URL : http://www.c-able.ne.jp/~t_kazuto/mazdacollezione/mazdacollezione.html
Posted at 2017/10/10 13:51:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年09月28日 イイね!

GRAN TURISMO SPORT

GRAN TURISMO SPORTいよいよ今月発売となるGTの最新作。(流石にもう延期は無い?!)PS4では初となりますが収録車種が激減してるなど批判もありますが、シリーズを欠かさずにプレイされてる方にとっては自分も含め期待してる方も多いと思います。





私の場合、GT1の前のモータートゥーングランプリ1・2から欠かさずプレイし続けています。
モータートゥーングランプリは、知る人ぞ知る山内一典氏の出世作です。


納戸からハンコン&プレイシートを出して準備中。しかし、今までの使用歴は純正パッドでゴールドを取ることが不可能だった二つのイベントだけでした。


それは、GT5のXチャレンジのニュルと鈴鹿。
パッドが有利になるアップデート後でも自分には、この二つは無理でした。それでハンコンを導入して苦労しながらもゴールド取得できて…


この様な結果となっています。
GT6はハンコンの出る幕無しで、パッドのみでオールゴールド。


シリーズ中、一番ハマってしまったGT5は、初期のBスペックドライバーを全員解雇し、リネーム1万回超えの執念で作り直してました。


ここで本題なのですが、今現在私のPSフレンドでは圧倒的にゲーム好きでGTをしてる方が多く、実際に車を所有していて車好きでもありゲーム好きという方は少数派となっています。けれどタイム的には、車好きでもありゲーム好きという方のほうがタイムは別格に抜けています。
この場をお借りして、車&ゲーム好きという方をPSフレンドでも拡大したいと思っています。興味のある方がおられましたら、メッセージでPSフレンド登録希望と、こちらに送信されて頂けば折り返しに、こちらのPSアカウントを送信致します。
GT6のようなフレンド機能がSPORTにも継承されていれば、ライセンスや配信イベント等でフレンドのタイム・走行ライン・ゴーストが共有でき切磋琢磨して、お互いに更なる上に行けると考えています。
2017年08月30日 イイね!

KYB NEW SR SPECIAL

KYB NEW SR SPECIALいつ出るのかと待ちわびてたが、やっと発売になったようだ。
車高変えたくない派にとっては朗報。







でも、自分は純正ショックが抜けたら交換するつもり。(^^;
Posted at 2017/08/30 13:56:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

プロフィール

「ポリシーかなぐり捨てて GT SPORT カーリバリー http://cvw.jp/b/2785165/40904109/
何シテル?   12/29 02:50
-Hiroo-です。今後ともよろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

やっと聴けるようになりました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/19 04:07:53
HELIX USBモジュール(P-SIX Mk2)その後 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/11 13:24:50

お友達

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-3 マツダ CX-3
2017/03/09に納車 CX-3 XD PROACTIVE AWD 6MT エタ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
RSS RSS2.0
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.