• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豊田蜂六のブログ一覧

2017年11月12日 イイね!

お化け工業団地…((((;゜Д゜)))

忙しいです…

日曜も仕事で全然休まらない…

そんな週末ですが、その配達先の某工業団地すふふでも、紅葉が進んでおります🎵



この工業団地、宇都宮市の某所とだけ言っておきますが、実は激烈心霊スポットです…
((((;゜Д゜)))

うちの怪社には毎日ここに配送するドライバーが3人います… 

豊田蜂六は日曜しか行かず、日曜だと待機が無いのでオバケさんの洗礼も受けたことは無いのですが… 

3人いるドライバーはみんなそれぞれに不思議体験をしております… 

一番酷いのは北村氏(仮名)… 

彼は早く着いたので、配達先の門が開くまで、工業団地の道路で仮眠を取っておりました… 

すると、突然車に誰かが乗り込んで来るような揺れ… 

大型トレーラーです…

もちろん鍵もかかってます…

しかし、その誰かはそのまま載って来て、シート後ろのベッドで寝てる北村氏(仮名)の上にマウントポジションで乗っかり、首を絞めて来たそうです…

北村氏(仮名)は金縛りに遇ったワケでも無いので、力ずくではね除けたそうです…

首を絞めてたのは40代くらいの女性だったとか…
((((;゜Д゜)))

で、それからすぐに、またそこで仮眠を取ってたら、車の周囲に人が徘徊する音が聞こえたそうです…

なにやらお菓子の袋からスナック菓子をバリバリ食べるような音も聞こえて来たとか… 

で、また鍵がかかってるのに誰かが乗り込んで来るような揺れ… 

今度は小学校高学年から中学生くらいの男子二人だったとか…

やはり首を絞めて来たそうです…

でも前回同様に北村氏(仮名)がはねのけて、ついでに「今日はババァじゃないのかよ!」と怒鳴ったそうです…

北村氏(仮名)、やるなぁ…

すると少年二人…

「今日はババァいねぇよ!」と返して去って行ったそうです…
((((;゜Д゜)))

北村氏(仮名)、初めてオバケと話したと語ってましたが、いやいや、大人しそうな人なのに度胸すわってますね🎵

また、別の日には、仮眠してたら外から女性の声で「北村さん助けて~!」と叫び声も聞いたそうです…

名乗ったことは無いそうだけど、やはりお化けには名前までバレちゃうんですね…
((((;゜Д゜)))

でも北村氏(仮名)、今も別に何の問題も無く仕事してますwww

次に、女性ドライバーの上村氏(仮名)… 

この方は、やはり仮眠してたら両腕を何者かに押さえられて、シートに押し付けるようにされたらしいです… 
((((;゜Д゜)))

北村氏(仮名)と違うのは、明らかに何者かに押さえられて押し付けられておるのに、相手は全く見えなかったとのこと…
((((;゜Д゜)))

コレは単純に聞いた氏(仮名)のほうが霊感が強かったと言うことなのでしょうかね…

あと一人、高齢トレーラードライバーの谷村氏(仮名)…

この方は、最初は北村氏(仮名)の話を全く信用してなかったのですが、自身が金縛りに遇うに至って、待機場所変更等の働きかけを必死になって行うようになりました… 

谷村氏の働きかけによって、今は待機場所が変更になり、怪奇現象も解消されたそうです…

どうなの?

宇都宮市のK工業団地…
((((;゜Д゜)))

さすがにわざわざここで仮眠取るかにはなりませんが、心霊スポットとかに興味ある方にはオヌヌメしますよwww

なにせうちのドライバー3人いる中で全員怪奇体験ですから…

いわくとかそうゆうのは全然わからないですけどね…
(*´∀`)
Posted at 2017/11/12 18:00:44 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年11月05日 イイね!

東京モーターショー2017行てきました(*´∀`)

今回のモーターショー、事前に雑誌等でチェックする限り、あまり期待してませんでした。

だって完全にエコ路線。

電気自動車とAIによる自動化、ロボ化のような物ばかり。

時代錯誤なハチロク乗りにとっては楽しみがありません… 
・・・(;´Д`)

でも、モーターショーってそれだけでなく、ベアリングとか金属加工とか塗料とか、様々な部品を造る会社の展示物が楽しいじゃないですか🎵

今回はそこに期待して、ひとまず行くだけ行くことにしました。

ところで今回、結構写真も撮りまくって、色んな角度から言いたいことが山ほどあったのですが、不幸にもSDカードのトラブルで全ての写真を無くしてしまいました。

よって、画像は全て拾い物になります。

その点御了承ください。

さて、今回、自動車メーカーにはほとんどがガッカリだったのですが、マツダには注目してました。

前回のコンセプトカーのRX-visionに対し、今回のvisionクーペは4枚ドア。

ロータリーのロの字も出てないし、前々から噂になっていた市販ベースのロータリースポーツではない可能性が高いです。

もうひとつの噂では次期アテンザとも言われるこの車… 

実は、豊田蜂六はアテンザが好きです。

強いて言うなら現行アテンザはFFなので、FRフリークの豊田蜂六には興味の対象外なのですが、あれでFRだったら素敵だとは思ってました。

で、次期アテンザはFRとの噂も聞いていたので、もしもそうなら気になります。

で、今回のvisionクーペと、現行アテンザ、前回のRXvisionを比較してみましょう。

現行アテンザ



visionクーペ



RX-vision



やはり前回のモデルとも同じ線上のデザインだと思いますが、アテンザとも近い気が… 

角度を変えて現行アテンザ



visionクーペ



RX-vision



やはり次期アテンザ説は濃厚ではないでしょうか?

最近のマツダは「マツダ顔」を全車に与えているように思います。

なのでRX-visionとも共通性は感じますが、やはり4枚ドアなのはアテンザの証でしょう。

しかもです。

このvisionクーペには、一応転がし用のエンジンが載っていて走らせることは可能とのこと。

でもそのエンジンは市販ベースになる頃には変更される可能性が高い物だそうです。

で、後ろから下廻りを覗いて見たら、リヤにデフがありました🎵

間違いなくFRです🎵
(*´∀`)

いや、四駆の可能性もゼロではないですけどね。

でもマツダなら四駆は無いでしょう。

とりあえずのエンジンとは、きっとロードスターかRFあたりの物で、駆動系もそれをとりあえず採用してるのではないでしょうか?

ともあれ、これが次期アテンザである可能性は低くないと思うし、それがFRであるのも間違い無いかと思います。

アテンザのFRかぁ… 

これは試乗しなくちゃ🎵
(*´∀`)

ちなみにもう1台のコンセプトカー。

魁concept。

こちらは次期アクセラとも言われます。

現行アクセラ



魁concept



横から見た現行アクセラ



魁concept



これもほぼ間違い無いかと。

もちろんどちらのモデルも市販になる頃にはもう少し現実的なデザインになることでしょう。

ちなみに魁conceptは後ろの下廻りがフラットボトム化されてたので、多分FFです。

ともあれ、展示車を見てもマツダはアクセラやアテンザ、CX系等でもMT車を置いてます。

そして電気自動車どころかハイブリッドすら無い。

なんて気持ち良いのでしょう… 
(*´∀`)

古き良き自動車時代を捨てられない者にとっては、マツダブースは実に居心地の良い物でした🎵

他のメーカーでは、ホンダはモトGP、インディーカー、F1等の色を濃く出して、そこは良い感じでしたが、モトGPはマルケスさんがポイントリーダー。

インディーカーは佐藤琢磨さんが日本人初の優勝してるけど、F1は結構悲惨です。

そのあたりはちょっと見るの辛かった… 

ヤマハもスズキもモトGP色は強かったですね。

カワサキも人気があって、バイク屋は凄く勢いがあると感じました。

一番ワケわからんかったのはトヨタです。

ZN6ベースのタルガトップみたいな車はイマイチなスタイルだし、しかも元々がスバル製だし… 

スポーツ系はそのくらいしか見えなくて、FSRもそのまま消えてしまったのか…?

スタッフはなにやら医者のインターンか怪しい宗教団体みたいなカッコしてるし、動き怪しいし… 

広いスペース使ってるのに、申し訳ないけど一番見るとこ無かったのがトヨタでした。

もちろん個人的見解であることは付け加えます。

で、他に注目したのがコレでした。




チューニングパーツ&レース屋のイケヤフォーミュラです。




IF02-RDFとか言うマシンだそうで、宇都宮ナンバーが付いていて公道走行可能らしいです。

すぐそばに4リッターV10のエンジンが展示されていました。



てっきりコレが載ってるのかと思ったら、そうではなくて搭載エンジンは2リッターのターボらしいです。




馬力は300~350くらいだそうな。

コレはカッコ良かったですね。

売るのかどうか聞いたら、3千万くらいで売ってくれるらしいです。

う~ん… 

確かにサスペンションなんかはレーシングマシン並みのクオリティーだろうし、速いのは間違い無いでしょうけど、3千万は高いですね… 
((((;゜Д゜)))

ミッションはイケヤが開発した、MTベースのシングルクラッチ式の2ペダルだそうで、俗に言うDCTより軽くてシンプルで安いのだそうです。

しかもシフトは速いとか。

素晴らしいです。

けど、豊田蜂六は普通のMTで良いなぁ… 

まぁ、買えませんけどね。

てか、結局ハチロク降りないヤツが何を他の車について語ってるのか?って話ですが… www

まぁ、なんですね。

全部見て、帰りにハチロクに乗った時に、やはり「コレが最高💕」と思いました🎵

でもね、期待してなかった割にはとても楽しく、満足できたモーターショーで良かったですよ🎵
(*´∀`)v

次はまたロータリーエンジンの復活路線でお願いしますよ、マツダさん🎵
Posted at 2017/11/05 19:38:06 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年10月11日 イイね!

ウェザーストリップ・・・(;´Д`)

ストリップですって…

やらしい…
・・・(;´Д`)=3ハアハア…

最近、トレノ号が雨漏りします…

錆びて穴が開いたせいかも知れませんが、とりあえず、ウェザーストリップを交換して様子見ましょう…

とは言え、結構高いんですよね…



外側の雨よけのレール状の物と、内側のドア開口部をグルッと囲った物がありますが、今回は経済的事情で外側だけです…

部品はまだ出ました🎵

この通り🎵




左右で品番違います…

まぁ、当然ですがwww

両方で8千円くらいでしたかね…


で、運転席側…


古いのを外したら錆が酷い…
((((;゜Д゜)))

とてもウェザーストリップだけ交換して終わるレベルではありません…
((((;゜Д゜)))

仕方ないのでここは、ノックスドールを吹き付けて、改めて錆落としするしか無さそう…

今回はあえて古いウェザーストリップをまた取り付けました…

助手席側は恐らく雨漏りの元凶なので、こちらは交換しましたが…

こっちも…


なかなかに酷いです…
((((;゜Д゜)))

やはりこちらも改めて処理が必要…

なので、ウェザーストリップの内側には固定用の両面テープがあるのですが、あえてそれは使わずにハメただけ…

古いウェザーストリップもそれなりに柔らかさも保ってるし、それほど交換の意味が無いのではないかと思ったのですが、新しいのと比べるとやはり差は歴然です…

とりあえず、隙間や錆部分にはノックスドール吹き付けまくって、今回は終了…

仕事が忙しいので改めて時間のある時に対処しましょう…
・・・(;´Д`)

それと、先日はレビン号のエンジンのフロント回りの修理をしましたが…

いよいよ水回りにも着手したいので、ラジエターホースとサーモスタットを発注したんですよ…

サーモは76度で開くタイプ…

エアコンはコンデンサーまで取り外してるし、アルミ3層ラジエターを使う予定なので、(もしくは銅2層)あまり低温で開くヤツだとオーバークールになりそうなので、その選択です…

で、ひとまずラジエターホースが届きました🎵

ビリオンとかだと高いんですよね…

でもコレは名も無きシリコン製で3千円🎵


トレノ号にはコレの赤が装着されてますが、レビン号は青です🎵

理由はたまたま入札したのが青だっただけで深い意味はありませんwww

byヤフオク!www

これでまたレビン号の手直しが一歩進むね🎵

来年中にはナンバー取得にこぎつけられたら嬉しいのですけどね🎵

まぁ、頑張ってみますよ🎵
(*´∀`)b
Posted at 2017/10/11 20:35:10 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月08日 イイね!

トラブルな休日…(ToT)

今日は本当なら、群馬のお山でツーリング大会に参加しているはずの日でした…
(ToT)

トラブルにより、参加できなくて現在に至ると言う悲しい現状です…

せめて、できることをしなければ辛すぎるので、色々頑張りました…

で、放置車両と化してるレビン号の修理をします…

レビン号は、豊田蜂六の若い頃の愛車で、現在はナンバー無しの放置車両と化してます…

けど、書類もあるし、また復活させて乗りたい気持ちが炸裂してます…

今回は、エンジンのフロント廻りの修理と行きましょう🎵

まず、これが現在のレビン号の状況です…



廃車感ハンパ無い…www

今回はまず、クランクのオイルシールを交換します🎵

まずはクランクプーリーを外すのですが、お約束で外れません…

ここはすかさず、愛用しているアストロプロダクツの電動インパクトレンチにお願い…🎵



アストロちゃんのインパクト。

本当にいつも助けられてます🎵

そしてクランクプーリー抜きとり…

これまたアストロプロダクツのクランクプーリープーラー🎵



別にアストロプロダクツの回し者ではありませんwww

しかし、アストロプロダクツで安価に揃う専用ツールの数々には本当に助けられてます🎵

エンジンクレーンもアストロだし、本当にアストロには助けられてます🎵

大好きなショップ、アストロプロダクツ🎵
(*´∀`)b

そして、クランクのオイルシールを交換します🎵

レビン号は色んな補機が外しっぱなしになってたので、バラしは比較的楽勝です🎵

古いオイルシールを外し、新品に組み替え🎵



新品には内側にラバーグリースを塗ります🎵

純正でオイルシール買うとそうなってるので、とりあえず同じくします🎵

ちなみにこのラバーグリースもアストロプロダクツのモリブデン入りだったりwww

本当にアストロの回し者かよwww

オイルシールは、ツライチになるように打ち込みます🎵

均等に打ち込むのは少し技がいります🎵

オイルシールにアーマオールなんか塗って打ち込むと凄く簡単に入るのですが、簡単に入る=抜けやすいことになるのでオヌヌメはしませんwww

豊田蜂六は自己責任でアーマオールを使いましたwww

良い子はマネしちゃダメよwww

そして、ウォーターポンプも新品にします🎵

このレビンが走っていた当時、別にウォーターポンプに不具合は無かったですが、長年の歳月を経ての復活なので、ここはあえて新品にします🎵

古いウォーターポンプを外すと、まだクーラントが残っていたのが流れ落ちました…



そして新品のウォーターポンプ組み付け🎵

ガスケットも付属してたので、念のためポンプ側とエンジン側に液体ガスケットを塗りまくりつつ、新品ポンプを組み付けます🎵

後に説明書見たら、液体ガスケット使うなとか書いてあったwww

まぁ、意味としては、付属のガスケットを使えと言う意味合いだったので、豊田蜂六は付属のガスケットを使った上で液体ガスケットを補佐的につかったので、まぁ問題無いことにしますwww

だって、液体ガスケットも使った方が絶対漏れないんだもん…
・・・(;´Д`)

ともあれ、ウォーターポンプはオッケーね🎵

続いてカムのオイルシールです🎵

カムのオイルシールは、実はカムキャップの1番を外すと凄く簡単に交換できます🎵

けど、カムキャップは1個だけ外す物ではなく、均等に全部緩めないとカムシャフトが曲がってしまったりするかも知れない部分です…

でも、とりあえずコレ、ノーマルのカムシャフトだしな…
・・・(;´Д`)

ノーマルなら何本も持ってるしな…

ま、いっか…

そんな適当な考えから、1番のカムキャップのみを外してオイルシールを交換しますwww



適当大王…www

良い子はマネしたらダメですよ…www

そんな感じでカムのオイルシールも新品になりましたwww

こうして、クランクとカムのオイルシール、そしてウォーターポンプが新品になったエンジン🎵



このエンジンは、その昔、捨ててあったAE92のスーパーチャージャーのエンジンを拾って来て、そのブロックをベースにマツダのBPピストンでボアアップした、俗に言う4.5AGです🎵

圧縮はマトモにあるようなので、このまま作業を続けます🎵

プレートを組み付け、カムプーリーの組み付け🎵

カムがノーマルなので、カムプーリーもノーマルです🎵

カムは基本的に、1番のカム山が IN、EXとも外側に向くようにします🎵

その状態でカムプーリーはプレートの合いマークとプーリーの合いマークが合うようにしなければなりません🎵

プーリーは裏返しにもなり、それぞれに合いマークもあるので、位置に気をつけて組み付けないとタイミングが合わなくなるので気をつけてください…
・・・(;´Д`)

そして、クランクのキープーリーも組み付け、タイミングベルトの組み付けに進みます🎵

今回、タイミングベルトとアイドラプーリーは新品を使用します🎵

しかし、テンショナーのスプリングはもう新品部品が出ないらしいです…

スプリングは無くさないように気をつけてくださいね🎵

テンショナーを思いっきり緩めた位置で固定して、ベルトをかけ、テンショナーの固定を緩めます…

するとテンショナーが張り、タイミングベルトが適度な張りになります🎵

そこでテンショナーを締めて、クランクプーリーを回転させてベルトの落ち着きを見ます🎵

回転させて落ち着かせても、カムプーリーの合いマークから合いマークまでのベルトの山は13個です🎵

多くても少なくてもやり直しなので注意してください🎵



その際、クランクプーリーの合いマークもブロックの合いマークと合致してなければなりません🎵

要は1番シリンダの圧縮上死点ですね🎵



写真ではプーリー側の合いマークがわかりづらいです…

通常はホワイトペン等でマーキングしながらやるとわかりやすい部分です🎵

回転させても全ての合いマークが合致してるので、今回はタイミングばっちりです🎵

念のためもう一度テンショナーのボルトを緩め、張りを確保してふたたびテンショナーを締めます🎵

ここら辺は豊田蜂六のオリジナルなやり方で、正しいマニュアル通りではないと思うので、真似するもしないもあなた次第ですwww




あとはタイミングカバーを取り付け、今回はここまで🎵

次回はエキマニとかラジエターの取り付けですかね🎵

ラジエターホースが無いので、組付ける前に仕入れなければなりません🎵

シリコンの赤か青のヤツにしようと目論んでます🎵

レビン号、まだ動かすまでにはやること多いのですが、少しずつ前進してます🎵

我が青春のレビン号…🎵

早く走る姿が見たいです🎵

まぁ、運転してたら走る姿って見れないですけどねwww

とにかく夢が膨らみます🎵

タイミングカバーも付けて、汚いのでカバーだけラバーコートで磨いてみました🎵



素敵だよ…レビン号…
(*´∀`)

早くまた一緒に走ろうね…🎵




Posted at 2017/10/08 19:26:03 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年09月30日 イイね!

HONDA車に乗って来たよ(*´∀`)🎵

9月も終わります…

月末は大変忙しく、寝不足で死にかけながら何とか事故も起こさずに走りきれましたが、疲れが抜けません…
・・・(;´Д`)

返信等々、何もできなかったことをお許しください…

なにせスマホ画面見つめただけで眠りに落ちてしまうような状態でしたので…
・・・(;´Д`)

大型トレーラー、走る凶器のドライバーとしては、とにかく安全に徹するべく、スマホ閲覧を控えておりました…

どうか御容赦を…

さて、そんなワケで、ようやく9月の仕事日も終わり、少しだけダラダラ睡眠を取れた本日です🎵

いくら寝ても寝足りないような状況でもありますが、そうも言ってられません。

今日は近所のHONDAデーラーに行って来ました🎵

何故って?

一番の理由は、自動車評論家の皆様からベタボメされてるS660と言う車のカタログをいただくためです🎵

大切に保存してたらそのうち値段付きそうぢゃないですか?

そんな薄汚い気持ちでやって来ましたHONDAデーラー…

ありましたありました🎵

S660✨✨



せっかくなので試乗もさせていただきました🎵

実に興味はあります🎵

自動車評論家が絶賛する車なんて最近珍しいし…

で、さっそく乗り込みます🎵

しかし…

これは…



おーたまちっくではありませんか…
((((;゜Д゜)))

スポーツカーでしょ?
何故におーたまちっく??

しかし、デーラーの人いわく、S660ですら、今は7割の人はおーたまちっくで購入なさるらしいです…
((((;゜Д゜)))

これも時代なのでしょうか…

乗ってみました…

ミッションはCVTのようです…

一応パドルが付いてて、パドル操作すると、さもギヤが変わったようになりますが、車速がゼロになるとまた元に戻るようです…

つまり、1速の状態から発進てのはできないんでしょうかね…

信号待ちで止まったらエンストしました…
((((;゜Д゜)))

隣に乗ってる息子が言いました…

「アイドリングストップぢゃね?」

確かに…
((((;゜Д゜)))




コレって、古い車しか乗らない人から見たらかなりのドッキリですね…
((((;゜Д゜)))

アイドリングストップ…

いらね…

そんな試乗も終わり、続いてシビックです…

1500ccターボで180馬力を叩き出してるらしいです…

幅は1800ですって…

一昔前ならセルシオ並みの幅ですね…

S660は2シーターなので息子と二人でしたが、シビックは5人乗りなので営業さんが隣に乗ってます…

シビックももちろんおーたまちっく…
((((;゜Д゜)))


今は、S660ですら、おーたまちっくの割合が7割らしいです…

このデーラーさんにはおーたまちっくのS660があるので、わざわざ乗りに来て決めてくださるお客様もいると力説されました…
((((;゜Д゜)))

シビックのおーたまちっくにはS660と違い、Sレンジと言うのがあります…

そこに入れるとパドルでしかシフト操作ができないそうです…

とは言え、CVTなのにシフト操作って何なの?
((((;゜Д゜)))

デーラーの人も申してましたが、Dレンジが一番良いそうです…

ワケわかんないよ…
((((;゜Д゜)))

このシビック、排気量は1500ccで、ターボが付いてて180馬力を絞り出してます…

足回りも質感は高いです…

ただし、過去のシビックが4輪ダブルウィッシュボーンなのに対し、フロントがストラットでリヤがトーションバーとのことです。

デーラーマンいわく、「スペースとコスト」らしいですが、スペースは幅が1800もあるのだから、コストだけだと考えて良いのでしょうね…

とょっと残念です…

このシビック、1600回転あたりからトルクはフルに出てるそうです…

デーラーマンいわく

「昔は3千回転あたりからターボが効きましたよね?いわゆるドッカンターボ。」

それをドッカンと感じたことはありませんけどね…
((((;゜Д゜)))

デーラーマン
「このシビックはもっと低い回転からターボが効いて、それが上まで続くんです。

それってタービンが小さいってことですよね?

デーラーマン「違います❗️コンピュータの細かなセッティングで実現してます。」

いやね…
・・・(;´Д`)

それはあるかも知らんが、1500で低速からブーストかかるのはタービン小さいからだろ…
((((;゜Д゜)))

大体、1500のV-TECターボで180馬力ってのがタービンサイズも物語っているでしょ…

その証拠に、同じシビックでもタイプRは、2リッターで320馬力を発揮します。

ミッションは6速MTのみ。

ニュルのFF最速タイム保持車らしいです…


HONDAは昔から、性能的には素晴らしい物を出して来ます。

けど、価格も妥協ありません…

今回のタイプRも…




450万??
((((;゜Д゜)))

普通のシビックが200万とか250万あたりの価格設定なことを考えても高すぎますね…

速いのは間違い無いでしょうけどね…

でも、今回の目的はカタログ収集なので、とりあえずは目的達成とします
(*´∀`)b

2台の試乗を終えて、ハチロクに乗って帰るときに思ったこと…

やっぱハチロクはいい…
(*´∀`)💖

20年以上も惚れ込んで維持してる車です。

やはりどんな新車を持ってしても越えられませんね🎵

で、今回、HONDAデーラーマンさんと話して思ったこと。

今は、とにかく電子制御でコントロールしないと車が売れないらしいです…

CVTにしたって、本来CVTは遠心クラッチで、アイドリングでクリープ現象は起きないはずなのに、わざわざCVTの前にトルクコンバーターを設置してクリープ現象を誘発してます…

コレって無駄ぢゃない??

けど、デーラーマンいわく、「昔のCVTはアクセル踏まなければ発進しなかったから乗りにくかったけど、今はこの通り乗りやすいです」とのこと…
((((;゜Д゜)))

クリープ現象なんて、マニュアルしか乗らない人には無駄と恐怖のシステムでしかありませんけどね…
((((;゜Д゜)))

でも、それを言ったら「今は違うんです。クリープ現象が無いとシステムとして足りないんです」とか…
((((;゜Д゜)))

CVTに、クリープも7速マニュアルモードもいらんでしょ‼️
((((;゜Д゜)))

それと、坂道で後退しないシステムも付いてるんだそうです…

なに?

運転て誰がやるの?

ドライバーでしょ?

機械がや?のでは無いでしよ?…

本当にワケわかりません…
((((;゜Д゜)))

これが今の感覚なのでしょうね…
・・・(;´Д`)

若くても元気に車を乗り回してる人もいるのにね…

なにか残念な気持ちで一杯な試乗怪でした…
・・・(;´Д`)

まぁ、でも乗ってないけどタイプRは凄い車みたいですね。

買わないけどちょっと楽しくなります。

そして、豊田蜂六はやはりAE86をやめて他の車に乗ることは無いのだろうなてんと再認識しました🎵

でも新車試乗、ちょっと楽しいですね🎵
(*´∀`)b

これからとょっと色々な新車に乗るだけ乗ってやろうかと思ってしまったりもします🎵
Posted at 2017/09/30 21:42:38 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「@こぺねっと。
火曜日に新潟行くよ🎵

仕事でだけど… 
・・・(;´Д`)」
何シテル?   11/05 14:18
AE86って嫌いでした。 でもFRに乗ってみたくて、オンボロのハチロクを捨て値で譲ってもらったのが20年ちょっと前。 それからハチロクにドップリ浸かったハチ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
ファミリーカーなのでフル内装にエアコンも作動しますが効き悪いです♪ 通勤&ファミリーカー ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
20年前の愛車。 でもナンバー無しのボロボロながら、現在も所有♪ 来年あたりには2シータ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
相方の愛車ですが、メカニック担当してるので大好きな車です🎵
日野 スーパードルフィン 日野 スーパードルフィン
お仕事の相棒です🎵 大型なら日野が一番🎵 プロフィアラブです🎵

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.