• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豊田蜂六のブログ一覧

2017年09月25日 イイね!

小ネタです・・・(;´Д`)

うちのトレノ号はGT-APEXです。

レビン号もGT-APEXです。

でも、トレノ号にはオート防眩ミラーがついてます…

トレノ号はもともとサンルーフ車だったけど、埋めてノーマルルーフにした仕様なのですが、そんなこんなでミラー近辺にはサンルーフ操作用のスイッチも付いてたりします。

もちろん動きませんが…

でね、そのオート防眩ミラーなのですが、多分ハチロクの中では一番高級な物だと思うのですよ…

けど、30年以上が経過した今となっては…

なんか異様に粉が落ちる…
((((;゜Д゜)))

こんなです…



触っただけで表面から劣化した粉がボロボロ落ちるんですよ…

レビン号のミラーは極めてオーソドックスなミラーでしたが、ロールバー組んだら装着できなくなり、捨ててしまったと記憶してます…

取っておけば良かったよね…
((((;゜Д゜)))

まぁ、でも今はトレノ号のお話…

オークションとかでハチロクのミラー探すと、やはり高いんですよ…

ならば、他の車種のでも良くないかな?と考えてしまうのは必然…

取り付けのネジ穴さえ合えば…

もしくは合わなくても開け直してさえやれば…

そんなことを考えてたのですが、ふと目に止まった物がありました…🎵

豊田蜂は、仕事で日野のグランドプロフィアに乗っております…

コレですね🎵


今年の2月に乗り始めた新車で、ミラーを外してドラレコに換えられてます…

なのでプロフィアのミラーが車内に転がってたのですが…

コレって使えないのかな…

かくして、ハチのミラーを外してみました…

ステーの部分だけ使用して、プロフィアのミラーが合体できれば良いのです。

そしてバラす…




ステー部分だけプロフィアのミラーと合体させてみます。

結果はこと通り…




鏡面側から見たらこんな感じ。


実に簡単に付きました🎵
(*´∀`)b

あとは車体に取り付けるだけです🎵

こんな簡単ならもっと早くやれば良かたよ…🎵

これで粉がボロボロ落ちることもありません。

レビン号は現在はロールバーありませんが、また装着用する予定なので、結局ノーマル位置にミラーは付かないでしょうから、また考えます🎵

とりあえずトレノ号はこれでおK🎵
(*´∀`)v
Posted at 2017/09/25 17:00:20 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年09月17日 イイね!

センターサポートベアリング交換、その後・・・(;´Д`)

前回までのおさらい… 

デフのスパイダーがフロアトンネルに当たるトラブル解消のため、ゴムがボロボロに朽ち果てていたプロペラシャフトのセンターサポートベアリングを交換しました… 

で、デフが「ゴン❗️」と突き上げる症状は無くなりましたが、今度は「シャラシャラシャラ~」と、こすれるような音がします… 

多少改善はしたの?
・・・(;´Д`)

でもこんなんでは走れないよ… 

さて、センターサポートベアリングを注文した時のディーラーマンの言葉を思い出します。

「デフマウントは大丈夫ですか?」

とか… 

デフマウント??
((((;゜Д゜)))

ハチロクにありましたっけ?
((((;゜Д゜)))

いや、確かにデフがフロアに当たるのだから、デフマウントがダメで、それを交換して直りました🎵みたいな解決は素敵です…

でもハチロクのリヤサスって…



コレですよ…

デフが何らかの外部と接触を持つのは、まずコントロールアーム4本…

ラテラルロッド…

プロペラシャフト

サスペンションとショックアブソーバ

そしてドラシャ➡️タイヤ…

それしかありません…

どこを探してもデフマウントなんか有りはしませんよ…
((((;゜Д゜)))

でも、センターサポートベアリングを交換してまだデフが上向いてスパイダーがフロアに当たると言うことは…

デフが前後に傾斜する要素…

まぁ、普通に考えたらコントロールアームでしょうね。

このハチロクには前オーナーさんがクスコのアームを付けてました。

でも、うちに来てから結構長いし、そりゃあヘタッてても当たり前ですね…

で、交換です🎵

本当なら新品のブッシュに交換したいとこなのですが、アソコは圧入で、プレスも冶具も無い我が家では交換不可能です…

なので、そこそこ程度の良いブッシュが入ってるコントロールアームと交換して誤魔化すことにします。

残念なのは、上の短いアームにはTRDのブッシュが入っているのですが、下の長いアームはノーマルブッシュです…
・・・(;´Д`)

それでも、現在のクスコアームを手で揺するとガタガタするので、ノーマルでもガタが無い方が絶対に良いはずです…

で、外してみたクスコアーム…


完全にブッシュ破断してます…
((((;゜Д゜)))

真ん中のカラーも突っ込んで撮影はしてますが、完全に抜けてしまっています…

これはデフが暴れるのも当たり前か…

長いアームと比べると、短いアームはまだマシでカラーも抜けません。

でもクラックが入ったりはしてます…



かくしてアーム交換となりました。

アームのボルト穴は、ショック外してデフをフリーにしてやらないと位置が合いません。

で、どうせなら少しでもデフが当たらないように、リヤ車高をほんの少し上げてやろうかと考えました。

このハチには元々、フロント8キロでリヤ6キロかなんかのバネがついてましたが、個人的趣味でリヤも手持ちの8キロに換えてます。

当然、6キロバネより自由長は短いのです。

で、そのまま組んだら少し思ってたより低くなったので、1cmのアルミスペーサーをかまして調整してました。

で、その外したバネと元々の6キロバネを並べてみたら、スペーサーまで入れると自由長はほぼ同じ…

理屈で考えれば、同じ自由長なら硬いバネのほうが車高は落ちません。

なのでここは元通りの8キロバネ&1cmスペーサーで組み直します。

これが使わなかった6キロバネ…


だと思ってたのですが、もしかしたら昔、レビンで使ってたkgmの4キロとかかも…

記憶が曖昧です
・・・(;´Д`)

今回はリヤのコントロールアームだけだったけど、リヤスタビのブッシュもガタガタでした…

要交換…

てことは、フロントだってガタガタなんですよね…
((((;゜Д゜)))

やること多いな…

まぁ、徐々にやってきます🎵

で、交換後の試乗の結果ですが、デフがフロアトンネルに当たる症状は見事に解消しました🎵
(*´∀`)b

やはり根本原因はコントロールアームだったのね🎵

でも、ゴムが破れたセンターサポートベアリングも交換できたのは結果オーライです。

変な話、これでシフトフィーリングとかクラッチのタッチまで良くなりました。

まぁ、クラッチはマスターシリンダー交換したのも理由だと思いますが、本当にフィーリングが良くなりました🎵
(*´∀`)b

よく、ミッションマウントがダメだとギヤが入らないとか、振動やガタにまつわる操作性の不良については言われますが、今回それをリアルに体感しましたよ🎵

忙しすぎてなかなか面倒見てやれないんですけどね…

でもやはり、このような消耗パーツは定期的に交換してやらなければいけませんね🎵

と言うところが今回のお話でした🎵

ではまたね~(*´∀`)/

Posted at 2017/09/17 19:54:38 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年09月16日 イイね!

プロペラシャフトのセンターサポートベアリング❗️

ハチロク並びにFR乗りの皆様、気にしたことあります?

プロペラシャフトには、センターサポートベアリングなんて物がついてたりします。

とても大切な物ですが、やはりそれも経年劣化でダメになります。

ここからはAE86限定の話になりますが、同様の車も多いと思いますので、進めます。

センターサポートベアリングは、プロペラシャフトの中間部分を支える部分です。

このベアリングの周囲のゴムブッシュ的な部分が壊滅的にヤレてしまい、それが致命的トラブルとなっていました。




走ってる時、フロアトンネルにデフのスパイダー部分が突き上がって当たるんですね…
・・・(;´Д`)

で、センターサポートベアリングの交換です。

幸いなことに部品はまだ出ます。

カシメナットも忘れずに❗️

で、作業開始です。

現在はセンターサポートのゴムが破綻したプロペラシャフトは外してあって、実家倉庫に保存してた中古プロペラシャフトに交換してあります。

そちらはまだ程度が良いのですが、製造から30年も経過してるのは変わりません。

なので、それに交換してもデフの突き上げは直りませんでした。

やはり新品のベアリングにしないとダメなようです。

で、元々付いていた、現在は外れてるシャフトをバラしにかかります。

まずはフランジ部分の切り離し。

これは単に12mmのボルトナットを外すだけ。

でもそれだけでは離れません。

固着してるので、マイナスドライバーをプラハンで叩き込んで分離しました🎵

そして、フランジ取りはずし。

ちなみに、シャフトからデフまでは一体でバランス取られているらしく、外す時はホワイトペン等で合いマークを付けて、組む時にも元通りに合わせるのがセオリーです。

なのでシャフトには合いマークを付けました。

しかし、現在付いているシャフトは実家に転がってた中古なので、一体バランスなど取られてるハズもないのでそのまま付けました。

どうせまたベアリング換えて元のシャフトに戻すのだから、とりあえずデフのスパイダーにも合いマークを付けておけば良かったのですが、完璧に忘れて適当に取り付けられております。

なので今回、シャフトの中間には合いマーク付けてちゃんとやりましたが、デフ側は極めていい加減だったりもしますwww

さて、フランジ部分が分離しますと、ベアリングの上から被さるフランジを固定してるカシメナットが見えて来ます。

カシメナットは、まずカシメを広げてやらないといけません。

でも、いきなりそこでしくじりました・・・(;´Д`)

カシメが取れない…

これではナットが緩みません…

で、結局、今回も力技…

カシメ部分の強制撤去です…


グラインダーで削ってカシメを取って、インパクトレンチで強制ナット外し…


とにかくコレでカシメナットは外れました🎵

フランジの取り外しは、修理書によれば万力でフランジを固定して、プラハンで軽く叩いて外すとのこと。

しかし、ここはクランクプーリープーラーで強制抜き取り。


実に簡単に抜けました🎵

ベアリングもコレで抜いてしまいましたが、軽く抜けたのでプーラーいらないかも知れません。

で、センターサポートベアリング取り付け。

外側の金属の枠みたいのの切り欠きがある部分をフランジ側にして入れます。

そして、フランジ装着してワッシャーとナット装着。


ナットの切り欠き部分とフランジも元通りの位置にしなければならないので気をつけます。

ベアリングは、一度1850キロのトルクで締め付けて圧入し、ナットを緩めて、再度300キロで締め付けると修理書に書かれています。

しかし1850キロを測れるトルクレンチ持ってないよ… 
((((;゜Д゜)))

ハイ、インパクト出動🎵

もうこのあたりは適当すぎますが、躍起になって圧入とか言わなくても、元のベアリングがすんなり抜けてくれたので、そんなものだと割り切って作業しますwww

皆様は真似しないでください🎵

で、組み上がったシャフトを車体に取り付けたワケですが… 

ここで、カシメナットをカシメてないことを思い出してしまいます… 
((((;゜Д゜)))

面倒なのでこのまま終わらす?

いや、それは怖い… 

また次の機会に外してカシメる?

いや、性格的にその次の機会はきっと訪れない… 

面倒でも今やるしか無いのです… 
・・・(;´Д`)

まぁ、まだちゃんと固定してないのでシャフトは簡単に抜けます。

フランジの切り離しでまた少し苦労しましたが、一度外れた部分なので、まぁまぁ簡単に外れました。

そしてカシメナット… 



カシメたからね‼️

ちゃんとカシメたからね‼️
((((;゜Д゜)))

こうして、ようやく出来上がったシャフトを組み直して、ひとまず完成です🎵

さすがにこれでデフがフロアトンネルに当たる症状も改善されるでしょう🎵

と、試走してみたところ… 

(*゜Q゜*)今までは「ガン!」と突き上げて来ていたのが、「シャラシャラシャララ~」とフロアトンネルと擦れるような音に変わりました… 

まだ当たってるぢゃん… 
((((;゜Д゜)))

残念ながら直りませんでした。

と言うワケで、この日はそれで挫折。

次回に続きます… 
((((;゜Д゜)))

Posted at 2017/09/16 23:20:38 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年09月08日 イイね!

またしてもオルタネータ・・・(;´Д`)

ヤフオクで購入した格安の新品オルタネータ…
強化版80A仕様とのことなのですが、確かに見比べてみると純正よりゴツい…
そして回りも重い…

とりあえず取り付けてみたら…

電圧が13より上がらない…

たまに13切る…

ヤバいでしょ…

と、ここまでが前回でした。

で、今回はその、自称(?)80Aオルタの電圧を上げてみたいと思います。

オルタが回った状態、特にアイドリング状態でフルに電装品を使ってみても、それまで差してる13付近の電圧から落ちることも無いので、とりあえずこの電圧不足の原因はICレギュレターであると仮定します。

となると、家に転がってる中古オルタのレギュレターが移植できれば電圧は上がることになります。

とは言え、うちにあるオルタ、全部13.5あたりまでしか上がりません。

14くらい出て欲しいんだけどな…

でもまぁ、13切られるよりはマシなので、ひとまずバラしにかかります。

で、自称(?)80Aオルタと純正の比べっこ🎵



形状を見る

限りは移植可能な感じです。

とりあえずバラして交換してみます🎵

で、はい、この通り🎵



今まで使ってた純正オルタのレギュレターが、見事にボルトオン装着できました。

実はその前に、レギュレター部分だけ新品部品が出ないか聞いてたんですよ。

すると、新品まだ出ます🎵

けど、約2万円…
((((;゜Д゜)))ガクブル…

新品で1万6千円のオルタに2万円のレギュレターを移植すると言うのが何か悲しくて、今回は手持ちのレギュレターから移植で誤魔化すことにしたのです…

まぁ、でもそうだよね…

普通、リビルトでも1万6千円では買えないもんね…

それが新品だもんね…

そんなクオリティーと言うことなんですよね…
・・・(;´Д`)

で、これが、今まで使ってた純正オルタのブラシと、この新品に付いてたブラシ…



今までの純正もブラシは新品にしたばかりなので、この通りまだバリバリに残ってます。

で、どうせならと、その今まで使ってたブラシをレギュレターと一緒に移植したワケです…

まさかそれが失敗になるとも知らずに…
((((;゜Д゜)))

とりあえず、組み付けてエンジンかけてみます。

やはり予想通りと言うか、13.5V出てます。

そりゃそうです。

今までもそこで頭打ちだったレギュレターです。

オルタの発電量が足りないなら別ですが、そこが足りてれば電圧の上限はレギュレターで決まりますので。

で、「完成~(*´∀`)🎵」って思って、残った純正オルタに念のため残ったレギュレターとブラシを組み付けて保管することにしたんです…

しかし、レギュレターは付いたけどブラシが付かない…
((((;゜Д゜)))

理由は、簡単に言うと構造の違いです。

ブラシは使えば磨耗します。

するとブラシの粉末が飛び散ることになるので、それを防止するためにカバーがあるのですが…

純正オルタは元々の形状にカバーがあります。



それに対し、自称(?)80Aオルタにはカバーがありません。



オルタ本体にはカバーが無くて、ブラシ部分に樹脂製カバーが付いてるワケ。

なので、純正オルタにこのブラシを装着しようとすると、純正のカバーに自称(?)80Aオルタのブラシの樹脂カバーが当たってしまい、組み付けられないワケです。

別にそれは良いんですけどね…

でも考えてみたら、現在組み付けてる自称(?)80Aオルタには、本体にカバーが無くて、しかもブラシは純正用のカバー無しなワケですよ…

てことは、そのまま使ってれば、いずれはブラシが磨耗して飛んだ粉末が内部に飛び散るのね…
・・・(;´Д`)

さすがにそのまま見過ごせないので、またしてもオルタを外してブラシを本来この、自称(?)80Aオルタに付いてた樹脂カバー付きのブラシに交換します…

本当に…

この車、オルタの脱着、何回やるんだよ…
・・・(;´Д`)

とにかく無駄な脱着地獄もようやく終わり、やっと納得の行く形になりました。

で、かれこれ2週間くらい乗ってますが、ライトon、エアコンon、電動ファン2機onでも、今のところ13.5Vは確保してます。

とりあえずは計画通り🎵

なんか、9月17日の日曜日は群馬県の邑楽タワーでハチロクが集まるとか言います…

休めるかな…
・・・(;´Д`)

壊れないで行けるかな…
・・・(;´Д`)

どうなるかわかりませんが、休めたら行きたいです…

最悪、ハチロクが壊れて動かなくても軽でも良いから行きたいです…
・・・(;´Д`)

何故って?

パーツのフリマ…

俗に言うスワップミーティングもあるらしいので…

そうゆう場所でパーツを探すのは本当に至福の瞬間ですからね…
(*´∀`)🎵

それで欲しいパーツに出逢ってしまった日にゃあ…🎵

小僧の頃には好きな車のパーツが手に入るのが一番嬉しかったけど、オサンになっても変わらないとか、結構痛いヤツなのかも知れません…
((((;゜Д゜)))

でも、やはり車は楽しいですね🎵

ハチロクのパーツが手に入るとか思うと本当にテンション上がってしまいます🎵

困った性分ですwww
Posted at 2017/09/09 00:32:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年08月20日 イイね!

オルタネーター地獄

お盆中のことです。
クラッチマスターを新品にしたトレノ号で家族ドライブに出かけました…

で、通りすがりのアップガレージを覗いて、また車に戻り、エンジンかけようとすると、セルがウンともスンとも言わない…
((((;゜Д゜)))ナゼ…

電圧見たら、バッテリー11V弱くらい…

天気は雨で、エアコンonで、スモール点灯状態の一般道でした。

でもそんなに渋滞してたワケではないし、電圧もわりかし見てたんだけどな…

ともあれ、バッテリーもまだ新しいので、少し休ませれば回復するかも知れません。

で、やってみたら思惑通り、電圧が12Vに回復し、セルも回ったので、もう高速乗って戻ってしまいました…
・・・(;´Д`)

で、色々考えました。
電圧さえ出てればセルは回るので、セル本体のトラブルではないと思われる。

高速で帰ったらバッテリーもフル充電だし、落ちた時も時間経ったら回復したし、なにより新しいので、バッテリーも問題無いと推察…

オルタだけど、最近、手持ちのオルタの中で一番シャフトの減りが少ないヤツに新品ブラシを組んだヤツなので、ブラシ磨耗とかはまず無し。

走ってれば充電もするので、基本的には問題無しと推察。

原因は、うちのトレノ号はカップリングファンを廃止して電動ファン2機がけにしていることと、エアコンonによる温度上昇でファンも2機とも回さないと水温が上がること。

つまり、エアコンonでも電気食うのに、本来ハチロクには無い電動ファンが2機も回ってることで、オルタの低回転域の発電量が足りてない可能性がある…

しかも最近、アイドリングが不安定で、エアバルブを頼んだらもう部品が出ないとか、色々あって、アイドリング域の不安定からオルタもキッチリ回ってなくて発電してない可能性…

そんな結論に行きつきました…

で、とりあえず、ヤフオクで新品なのにやけに安い80Aオルタと言うヤツを購入してみました…

コレです。



で、取り付けてみました…

まずは今までのオルタを外します。

なんか80Aの方が微妙にデカい…



外したヤツはオンボロレビンで使う予定。

あっちはエアコンすら外してしまってるので、恐らくコレで充分でしょう…

ひとつ気になるのは、やはり普通のオルタの方が回りが軽いんです。

80Aは手で回すと明らかに重い…

この重さでアイドリングが続かなくなったらどうしよ…

それと、恐らく馬力も多少なりとも落ちるでしょうね…

まぁ、安定してエアコン使うためです…

昔はエアコン付いてても、「パワー食われるから使わない‼️」とか言ってたのに…

レビンに至ってはエアコン外してしまったくらいなのに…

オッサンになるとヘタレになりますwww

でも今となってはエアコンが効くなら、やはり使わずにいられないのです…

ヘタレです…

ともあれ作業を進めます。

オルタ取り付け。

取り付けます。

作業性を良くするためにエアクリーナーを外しました。

で、新品オルタ装着…しようと思ったのに、ステーにハマりません…

思えば前のオルタもそれで少し削ったんだよね…

で…

今回も削った…


ああ…

これでもう返品できないよ…
・・・(;´Д`)

かくして取り付け完了🎵



で、ついでにスロットルボディーを見たら、コレがもうギトギトに汚い…



ブレーキクリーナー吹いてみたら、面白いように落ちるので、ひとまず清掃します。

ちゃんとオルタに汚れがかからないようにカバーしてからやったあたりは、少しは大人になりました…
(*´∀`)

で、アイドル系統の穴の中にも細い管を突っ込んでブレーキクリーナーを吹きまくったら、これまた茶色い液体がドボドボ出てきました…
((((;゜Д゜)))

とりあえず、茶色が透明になるまで吹きまくります。

で、こんな…



サージタンクの中にもクリーナーが入ったと思うので、始動するか心配ですが、とりあえずエアクリーナーを取り付けます。

このトレノにはアペックスのエアクリがついてたのを、無理に先っちょだけパワーフローに交換してます。

で、ステーを止めたら、やらかしました…
((((;゜Д゜)))

10ミリの頭をネジ切っちゃった…
((((;゜Д゜)))

しかし、コレをなんとか、登頂部にラジペン押し付けて少しずつ回して、なんとか取りはずし…
ヤタッ🎵



こうしてなんとか組み上がりました🎵

で、エンジンかけたらやはり初爆が来ません…

しばらくクランキングしてたらようやく来ました。

あれ?

アイドリング高い…

しかも安定してる…

あぁ、近頃のアイドリング不安定って、色々考えてたんだけど実は単にスロットルの汚れだったみたいですwww

で、肝心のオルタですが…

アイドリングの時から高回転まで、電圧が下がりません。

しかし、最大で13V…

低くない⁉️⁉️

できれば14くらいは出て欲しかった…

まぁ、コレはレギュレターのせいですね。

ハチロクのオルタは何個も持ってるけど、どれも上がっても13.5くらいなんですよ…

14まで上がるレギュレターが欲しいのですが、ハチロクの頃ってそんなもんなのでしょうか…

たまに人のブログとか見ると、14まで上がるようなこと書いてる人もいるんですけどね…

電圧計も数種類試したり、テスタも使って調べてるので多分数値に間違いはありません。

とりあえず、このオルタも削っちゃったから返品できないし…

他のオルタのレギュレターを移植すれば、とりあえず13.5くらいまでは上がるでしょ。

なのでコレはまた後日ね。

てか、アイドリングが安定した今となっては、今までのオルタでも余裕で発電するかもね…www

とにかく、次回はこの80Aオルタに手持ちのレギュレターを移植してみます。

その時にまたお会いしましょう🎵
(*´∀`)/
Posted at 2017/08/20 17:25:29 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@こぺねっと。
大人ぢゃ~ん🎵

おいらはスーツ着て仕事行ったことが一度も無いよwww
(*´∀`)v」
何シテル?   09/25 15:50
AE86って嫌いでした。 でもFRに乗ってみたくて、オンボロのハチロクを捨て値で譲ってもらったのが20年ちょっと前。 それからハチロクにドップリ浸かったハチ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

愛車一覧

トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
ファミリーカーなのでフル内装にエアコンも作動しますが効き悪いです♪ 通勤&ファミリーカー ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
20年前の愛車。 でもナンバー無しのボロボロながら、現在も所有♪ 来年あたりには2シータ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
相方の愛車ですが、メカニック担当してるので大好きな車です🎵
日野 スーパードルフィン 日野 スーパードルフィン
お仕事の相棒です🎵 大型なら日野が一番🎵 プロフィアラブです🎵

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.