車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月22日 イイね!
コカングーとデカングー。
大きさや顔は変わっても、人の顔に見えるウインドウグラフィックはさほど変わってないと思っていました。

けれども、コカングーを見た時のしっくり感に比べると、デカングーは何度見ても不思議ちゃんに見えてしまうというか、いつも新鮮な驚きがある。

で、軽井沢で撮った写真をボーッと見てると、Aピラー周辺の造形がまるで違うことに気づきました。コカングーのAピラーは細く直線的で華奢、デカングーは太く曲線的でマッシブ。ココだけ見てると全く違うクルマみたい。








それと関連して、コカングーのルーフはフロントウインドウからせり上がりハッチバック派生のフルゴネットっぽいのに対し、デカングーのルーフはフロントウインドウから自然につながりミニバンっぽい。

というか、フロントウインドウと前ドアウインドウの天地が、コカングーは揃っているのに対して、デカングーは無理くり折衷して見えますね。おそらくフロントウインドウ自体がデカングーの方が複雑な曲面を持っているのでは?

また、コカングーのサイドウインドウはフラッシュサーフェスを目指しているのに対し、デカングーはサイドウインドウ下端を膨らませています。ところがリアウインドウになると逆転して、デカングーは左右のリアウインドウを一体化して見せ、コカングーは観音開きを強調しています。

おそらくコカングーがしっくり見えるのは旧来的なクルマのデザイン文法だからでしょうが、デカングーの不思議ちゃん感は全く新しいデザイン文法で成り立たせようとしているから? そんなところはムルティプラ似とも言えますね。

ところで、軽井沢でもらったDからの電話を確認したら、5月のカングージャンボリーで何か発表があるかも、とのこと。一旦忘れたマイカー生活への復帰ではありますが、軽井沢でカングーシャワー浴びた今は、樹脂バンパーのEDCでアースカラーなら即決!の気分なんだけどなぁ〜。
フリードで長距離ドライブすると腰が痛くなるのは息子も同じらしく、だ〜か〜ら〜。>カミさん 笑
Posted at 2017/03/22 19:57:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | カングー | 日記
2017年03月10日 イイね!
終の「色」終の住処、終のマイカー、終の自転車と、むやみに終の◯◯と形容していますが、英語に直すと定義がはっきりしますね。終の◯◯というのは、THE LASTではなく、LASTING。永遠の、永続的な。

そこで、改めてマイカーや自転車の「終の色」について考えているのです。毎日見て見飽きない、生活の場や風景の中で目障りでない色。同じ外形フォルムであっても、色が違うとしっくりこないということもありますよね。

自分の場合、誕生曜日カラーが青ということもあるのか、なぜかブルー系のものを無意識のうちに選ぶ傾向がありました。

新車購入したクルマで言えば、ガンメタ(濃紺)、シルバー、ケアンズブルー。その後に買った自転車ポケロケは当初はキャンディブルーにするつもりが直前にシルバーミストに変更。今回のアップライト自転車も、基本色唯一のブルー系であるパナールブルーを希望しつつ、諸事情あって抹茶グリーン。
クルマ以上に自転車において、無意識にブルーを選んでしまう自分が変わろうとしているのかも?

加えて、メタリックではなくソリッドカラーにしたいと意識が芽生え始めている気もします。もちろん、ソリッドカラーの方がLASTINGとは一概には言えないとは思いますが。

で、写真はジープのデューンCCというカラー。デューンですから砂丘の色。カングーのベージュカマルグもたしかフランスの砂浜の色でしたね。風景に溶け込むアースカラーだと、やはりソリッドカラーの方がしっくりくるように思います。昔のジムニーに辛子色があった記憶がありますが、最近だとトヨタのFJクルーザーのアースカラーにも惹かれますね。使い古した農機具のような存在感?
Posted at 2017/03/10 23:14:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー | 日記
2017年03月02日 イイね!
本日発売日ですが、EDC70台は瞬殺で無くなったそうで、落選であります。(T_T)

カミさんは「最初に欲しいと言ってたコカングーじゃダメなの?」となだめてくれますが、振り上げた拳(デカングーのEDC)の降ろしどころが…。

1.2Lターボ&EDCだと、初ターボ、初DCT、初可倒式助手席という、初モノに期待するところもあったのでね。

終のマイカー、男は黙って仕切り直しじゃ。
Posted at 2017/03/02 12:49:05 | コメント(9) | トラックバック(0) | カングー | 日記
2017年02月28日 イイね!
いつでも貨客混載これからもマイカーを持つならと、終の住処ならぬ終のマイカーの条件を考え、カングー(1.2Lターボ、6速EDC)に的を絞ったところに、クルール第6弾の発表という巡り合わせ。
しかもボディ色は好きなブルー系ということなので、とりあえず申し込みだけして、限定70台の先着順に入ればマイカーを持ってヨシという天の思召し、と考えることにしました。

言いかえれば、マイカーを持ち続けることの意味は何だろうとぐるぐる考えても、確たる答えが出なかったのであります。

車両代は置いておくとしても、悩ましいのが毎月毎年の固定費。都心部だと駐車場、税金、保険だけで毎年50万近くかかるというのはいかがなものか。都心部マンション住民は公共交通を使いなさいということ?
レンタカーやカーシェアリングも視野には入れましたが、なぜか我が家から徒歩で行ける範囲ではまだまだ環境が整っておらず、過渡期のようです。

で、逆にマイカーが一番活躍するシーンは何かと考えると、私の場合は、「猛暑や雨風をしのいで貨客混載でドアツードアの移動が自由にできる」ということでした。この当たり前のようでいて、代替手段のないマイカーという存在の有り難みは、生活の質に対する(良くも悪くも)こだわりがあるからこそ。

特に老親や孫を抱えた娘、膝を痛め始めたカミさんという移動弱者が、安心して快適に移動するのを助けたいという想いがなければ、無きゃ無いで何とかなる世界なのです。

更に、助ける人(自分)を助ける為には、助ける人が苦痛でない、むしろ楽しく乗りたくなるクルマでないと、その想いを継続することができなくなるのじゃないか?

「終のマイカーの条件」も、そんな想いが背景にあったに違いありません。アッシー君の矜持とも言う?笑

で、そのままカミさんにファミリーLINEでプレゼンテーション。返事は、

「結婚した時に博多のお母さんから、この子は欲しいと思ったものは何でも買おうとするから甘い顔しちゃダメよ、と言われたのを思い出したわ。……当たるとイイね。(^^)」

ん?やっぱり単なる欲しがりに思われてる?オッカシイなぁ〜。先着に漏れたらあっさり引き下がれる気分ではあるんだけどなぁ。笑
Posted at 2017/02/28 10:33:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | カングー | 日記
2017年02月24日 イイね!
カングークルール(マルセイユ)年末にDisco4さんと一緒に訪れたルノー練馬で知った、クルールの第6弾が発表されました。画像はCARTOPのニュースサイトより拝借。

紺色と聞きましたが、マルセイユの海をイメージしたという鮮やかで深いブルー。現行ZENのブルーエトワールともブルーコスモスとも違うし、かつてのエクスプレスにあったマルセイユブルー(ソリッド)とも違う。そして、1.2Lターボ&EDCも70台用意されるという。

「終のマイカー」の条件にはぴったりだし、この先は新車購入する機会はなくなりそうだし。発売日は3月2日。うーむ、どうすっぺ?
ただ、娘のフリード用の駐車場が見つかってないのが気になるしなぁ。カミさんへのプレゼンはこれまで全勝だけど、今回はどうしても必要!という動機が…。息子の乗るクルマと言う言い訳くらいしか…。笑
Posted at 2017/02/24 14:15:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー | 日記
プロフィール
「マジですか!羨ましい〜@さん坊@N.E.J.St-Bow 」
何シテル?   03/15 07:41
車は好きですが、メカには弱いです。自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 
お友達
自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
41 人のお友達がいます
かねやんjetかねやんjet * 大根おろし大根おろし *
さん坊@N.E.J.St-Bowさん坊@N.E.J.St-Bow * cc_buttercc_butter *
toshiharutoshiharu Gris BorealGris Boreal
ファン
24 人のファンがいます
愛車一覧
その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。 折り畳むことが出来て、自分のサイズでオーダーできる小径ロードバイク ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れた欧州車、特に伊・仏・英車が好きです。 ■05年~: ランドロー ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かり、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二。
ランチア テーマ ランチア テーマ
家族4人でのロングツーリングの為の初ワゴン車。 ゼニアの生地を使ったシートは疲れ知らずで ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.