• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-waterのブログ一覧

2017年12月06日 イイね!

日東アップハンドルバーを見比べる

日東アップハンドルバーを見比べるアップライト自転車のハンドルバーと言えば、日東302AAノースロードバー(幅490mm)。※トップ画像

漠然とドロップハンドルよりも「手前に来て高くなる」としか考えていませんでしたが、日東だけでもノースロード以外に5種類あるみたい。(リーベンデールやブルーラグによる特注含む、グリップ部がほぼ平行で途中に曲げが入っているタイプに限定)

写真の撮影角度が違うから正確ではないけれど、曲げが深い順に並べてみると…

m016 mustache bar
幅:515mm


B352 albatross bar
幅 : 550mm


b352 all rounder bar
幅 : 550mm


B356 M's bar
幅 : 550mm


b357 Rivendell choco bar
幅:540mm


m016だけは幅が狭いですが、その他はクランプ位置からどれくらい手前にハンドルが来るかの違い。ステムの長さとの組み合わせで、乗車ポジションが変わるということですね。

素材は最初のアルファベットが、小文字がアルミ、大文字がクロモリ。ふむふむ。
Posted at 2017/12/06 22:28:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2017年11月25日 イイね!

チューブラータイヤを嵌める

注文したチューブラーのタイヤが届いたので、4Catsさんのアドバイスに従って「本番の貼り付け」を楽にする準備をば。


届いたタイヤはこんな感じでゴワゴワと縮こまっており、


このまま嵌めようとすると、全然長さが足りなくて嵌る気がしません。確かに準備なくいきなりやっていたら、こりゃ焦りますね。



で、2barくらい空気を入れるとぷっくり膨れるので、これで一晩寝かせるとゴムが伸びて嵌めやすくなる算段。


challengeのタイヤはハンドメイドですが、空気を入れてタイヤのカタチになると良いタイヤなんだろうなと思わせる顔してますね。楽しみ〜。



で、翌朝空気を抜いて、バルブ側を自分の腹部に押し付け、手袋をした両手でタイヤをリムに沿って伸ばしながら嵌め、空気を入れると準備完了。
嵌める時に手袋がないと、指のダメージが大きそうと言うことも実感。



これで再び2-3日寝かせ、本番を待ちます。
が、肝心のフレームは、まだ届かない〜。悲
Posted at 2017/11/25 01:34:30 | コメント(6) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2017年11月19日 イイね!

チューブラータイヤを注文

アップライト自転車の常用タイヤはクリンチャー(WO)のつもりですが、ハブは一度預けてあるから、ホイールの組み立てはフレームなどが来てからになります。

で、ホイールだけ先に作っていたチューブラー用ホイールにタイヤを嵌めたいわけですが、なにせ初体験。

自分でタイヤを嵌められるのか、っちゅうことで調べたところ、今ではセメントではなく両面テープ(ミヤタの開発!)で嵌められるんですね。これなら「自分でできるもん」。笑


http://www.viking-the-maintenance.com/tubular-install


念のため、クリンチャーとチューブラーの違いを確認してみると…。

まず、クリンチャータイヤの構造とリムへの嵌り方。


次に、チューブラータイヤの構造とリムへの嵌り方。


チューブラータイヤは、空気入りタイヤがダンロップによって発明された時と同じ構造なんですね。ケーシングとチューブが一体になり、断面が円のままリムに乗っかっています。技術的に見ても無理がないタイヤ設計ですが、リムへの接着はしっかりする必要があります。

一方クリンチャーはリムの縁に引っ掛けて(クリンチ)空気圧で圧着しており、リムの縁の中にチューブが押し潰されるためリム打ちパンクを起こしやすい構造です。

※最近出てきたチューブレスはクルマのタイヤと同じで、クリンチャーからチューブを失くした構造。

ただ、パンクした時はチューブだけ交換すればいいクリンチャーに比べ、チューブラーは丸ごと交換するか修理するしかないので、手間やコストがかかると言うわけです。


今回のアップライト自転車は、カングーと同じく「終の自転車」なので、乗り心地の違いや多少の手間も愉しみのうち。

が、28-30mm幅のチューブラータイヤはそもそも少なく(21-25mmが主流、30mm以上のグラベル仕様ならばシクロクロス用に増えている模様)、店頭で確認することが困難と判断し、先ほどネットでミヤタのテープと共に注文(challengeのパリルーベ、27c)。

※30cのエロイカは市中在庫を見つけられず。廃盤かな?27cのパリルーベも、空気を入れた実測幅は30mmと言う話もあり。

次の週末に嵌めてみましょう。
それまでには、フレームも届く、はず。ビシッ。
Posted at 2017/11/19 15:01:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2017年11月10日 イイね!

アップライトツーリング車のタイヤ幅

来週辺りにようやくアップライトツーリング車が(ホイールを除いて)出来上がってくるようです。

ということで、タイヤについて改めて検討しようかと。

アップライトツーリング車は、フロントフォークを差し替えることでクリンチャーでもチューブラーでも履けるように、またセンタープルブレーキも28-32mm幅のタイヤと泥除け、リアキャリアを想定してお願いしてあるので、タイヤも二種用意します。(ホイールサイズは700c)

で、チューブラーはエロイカ(30mm幅)かパリルーベ(27mm幅)を想定して既にホイールを作ってあるので、後はタイヤを買って嵌めるだけ。
http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/279801/blog/31004699/

問題は常用となるクリンチャーのタイヤのほう。市街地から里山の地道までを想定したツーリングに安心快適に使いたいので、やはり28-32mm幅が良さそう。

加えて、アップライトは重心がリアに偏るので、前後で幅を変えるのも有効と聞きます。

クリンチャーとチューブラーを同じタイヤ幅で乗り比べるならば、フロント28mm、リア30/32mmで揃えるというのもアリか。


で、クリンチャーの候補タイヤは、グランボアかリーベンデール。いずれも中身はパナソニックの製造でZSGコンパウンドですが、トレッドパターンなどの設計が違うのが見どころ。

グランボアは杉目パターン
セールヴェルテ 28mm,280g



リーベンデールは市松パターン
ラッフィータッフィー 28mm,298g

ベロクラフトは両方のタイヤを扱ってたはずだから、本家パナレーサーとの違いやホイール組みも含めて相談してみますか。
Posted at 2017/11/10 22:47:01 | コメント(6) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2017年03月07日 イイね!

アップライト自転車 再始動?

アップライト自転車 再始動?終のマイカーを一旦お預けしたタイミングで、あじこぼさんがアップライト自転車を作り始めたとのニュース。

一方、koro1さんはスポルティーフを完成させ、比企丘陵辺りでサイクリングを希望されています。比企丘陵の主、Makoさんにも随分お会いしてないし、アップライト自転車揃い踏みで古墳めぐりも楽しかろうと、花粉症でボーッとした頭で考えていました。

そこへR&Fさんより朗報が届きました。確定申告が終われば取り掛かれると。そして懸案のカンチブレーキは、センタープルに変えることで他のブレーキに変えることもできチューブラーホイールにも対応できる、輪行の邪魔にもならないとのこと。
※写真はグランボアのセンタープルですが、今回採用するわけではありません。

もともとカンチブレーキはカンパのそれに興味があり、泥除けに対応しやすそうと言う理由からの選択だったので、カンパでなければカンチブレーキにこだわる必要はありません。泥除けとリアキャリアの邪魔にならなければいいだけです。サイドプル以外のブレーキ形式の利点を私があまり理解していなかったことで、作り手を煩わせてしまったかな?

ともあれ、諸事情により難航していた終の自転車が、終のマイカーより先にやってきてくれれば、この数年遠ざかりがちだったサイクリングを取り戻すことが出来そう。

なにせ、週末を孫たちと楽しんでるうちにポケロケにもほとんど乗れておらず、股関節が硬くなったせいか最近は腰まで痛み始めているので。笑

アップライト自転車で比企丘陵!
花粉シーズンが終わった頃にできるといいなぁ。
Posted at 2017/03/07 23:00:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記

プロフィール

「グリルだけじゃなくバンパーも脱着することになって高くなったみたいですね。私は中古のホーン代込みで2万でした@さん坊@STARBIKES 」
何シテル?   12/06 22:35
車は好きですが、メカには弱いです。 自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。 愛車遍歴は、カーデザイナーからデザインや機能性、文化や...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

バッテリー交換してみる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/18 12:30:14
3M / 住友スリーエム スコッチプリント ラップフィルム シリーズ1080 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/12 22:48:48
NUTEC カーボン除去作業 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/05 22:14:33

お友達

自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
64 人のお友達がいます
examineexamine * 大根おろし大根おろし *
kakikukenkenpakakikukenkenpa * cc_buttercc_butter *
さくまろさくまろ * Disco-4@東京Disco-4@東京 *

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。カラーは廃番のシルバーミスト。 折り畳むことが出来て、自分のサイズで ...
ルノー カングー ルノー カングー
孫と老親と自転車のある生活の中で「働くクルマ」として選んだ、終のマイカー(7台目)は、カ ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れ、生活に溶け込む欧州車が好きで、その集大成と思って買った初の英国車 ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かった、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる